TED日本語 - 9・11テロの苦しみからの解放―許しと友情を見つけた母たち

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

大切な家族を思いもよらない形で失ったことで、フィリス・ロドリゲスとアイーシャ・エルファフィは強い絆で結ばれました。2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件で、ロドリゲスは息子を亡くし、エルファフィの息子であるザカリアス・ムサウイはテロの関与から有罪判決で終身刑となりました。平和を願う思いから、この二人の母親はお互いを理解し、尊重するようになりました。

Script

今日 私たちがここにいる理由は 普通の方ならば 珍しいと思う友情を 築いているからです たしかに珍しいですが 今の私たちには 当然のように感じます

私の息子が ワールドトレードセンターにいたことを知ったのは 2001年9月11日の午前中でした 事件から36時間経つまで 息子の安否は わかりませんでした その時点でわかっていたのは これは政略的な事件であるということ 私たちはアメリカ政府が 私たち家族に代わって 何をするのか心配でした でも 息子が犠牲になり とてつもないほどの ショックを受け 文字通りの意味で 私たちの生活は爆破されましたが 復讐心はありませんでした それから数週間して ザカリアス・ムサウイが テロに関与したとされる6つの訴因で起訴されました アメリカ政府は有罪判決が下された場合 死刑を求刑しましたが 夫と私は反対であることを 公に述べました これがきっかけで また 人権団体を通して 私たちは 他の犠牲者の家族と会いました

アイーシャの息子が起訴されたとき テレビに出ている彼女を見て “なんて勇敢な女性なんでしょう 私も強くなれた時に彼女に会いたい” と思いました 当時はまだ深い悲しみに包まれ その気力がありませんでした でも いつか彼女とは 出会えると思っていました なぜなら 私の息子が犠牲になったことを周囲の人が知ったとき 私はすぐに同情されました でも 彼女の息子が 起訴されたと報道されたとき 彼女は同情されませんでした でも 私たちは同じくらい苦しんでいるのです

私たちは2002年11月に会いました アイーシャから その時のことを お話ししてもらいます

皆さま こんにちは ザカリアス・ムサウイの母です 私は ある人権団体にお願いをして 犠牲者の家族の方々と 連絡をとれるように 掛け合ってもらいました 人権団体は 合計5家族を 紹介してくれました その中にいたフィリスに目がとまりました グループの中で母親は 彼女だけでした 他の方々は 兄弟や姉妹の方たちでした 彼女の目から 彼女が私のように母親であることがわかりました 私は母親として つらい思いをたくさんしてきました 14歳のとき 結婚をしました 15歳のとき 一人目の子を亡くし 16歳のとき 二人目の子を亡くしました ですから ザカリアスのことは耐えられませんでした 私のつらい思いは消えていません なぜなら 私の息子は 生き埋めにされたようなものです 彼女が息子さんを失った悲しみで泣いたことは知っています でも 息子さんの居場所はわかります 私は 我が子の居場所がわかりません 生きているのか 拷問されているのか 何もわからないのです

それで 私自身の話をすることにしました 他の女性には 私の苦しみから何かを得てほしいのです すべての女性へ 命を生む母親たち皆へ伝えたいのは 人として社会に報いるのも 変化を起こすのも 私たち女性次第だということです なぜなら 私たちは女性であり 子どもたちを愛しているからです 手をつなぎ合って 共に何かをしなくてはいけません 女性に不利にはなりません 私たちのため 女性のため 子どもたちのためです 私は暴力やテロには反対です 学校に行って ムスリムの女の子たちに話をします 彼女らの意に反して 若いうちに結婚させられないようにするためです 一人でも若い女の子を救って 望まない結婚から逃れ 私が経験した苦しみを避けることが できればいいと思っています それをお伝えしに来ました

他の家族の方たちと共に 私たちが初めて会ったときから 私はアイーシャから たくさんのことを 学びました 初めての対面は警備がつき 人目を避けて行われました 2002年11月のことだったので 私たちは アメリカ国内の熱狂的な愛国心には 恐れを感じていました でも 私たちは まったく心が落ち着かず なぜ彼女が私たちに会いたいのかと思っていました 彼女も不安を感じていました 私たちが彼女に会いたい理由や お互いに対して何を望んでいるのか 思いが巡りました お互いの名前などを言う前に 私たちは抱擁をして 涙を流していました それから 皆で輪になって座りました このような和解を経験した人たちが 支援のために同席してくれました まず アイーシャが声を出し こう言いました “自分の息子が有罪なのか無罪なのか 私にはわかりません でも 皆さんの家族のことを思うと 胸がしめつけられる思いです 苦しみとは何かはわかっています 罪を犯した人は 公正に裁かれて 罰せられるべきだと思っています” 彼女はこのように接してきました それによって 緊張がほぐされたように感じました 私たちは それぞれの家族に起きたことを話し 人間として皆がつながりました 昼食をとって 3時間ほどのことでしたが その午後の終わりには 旧知の仲だったように感じました

私が彼女から学んだのは このような現状で 寛大でいることができる女性 というだけではなく これ以前のことや 彼女の息子に 何がされたのかということです でも 彼女が送ってきた人生は 私が知っている文化や 環境とは まったく異なり これほど辛い人生を送ってきた方は見たことがありません また 私たちは 特別なつながりがあると 感じています とても光栄です 私が思うのは 結局のところ 他者を恐れることがあっても アイーシャがしたように行動してみると “それほど難しくないわ” とか “自分とは違う立場にいる人と 他に誰と友達になれるかしら” と気づくのです

ねぇ アイーシャ 締めくくりに 伝えたいことはあるかしら もう時間がないわ

(笑い声)

私が言いたかったことは 他者を知る努力をしなくてはいけないということです 思いやりの心をもってください 寛大な心と気持ちを 持っていなくてはいけません 辛抱強くあってください 暴力を許してはいけません 誰もが平和で お互いを尊重しながら 暮らせる日が来ることを願っています これが私のメッセージです

(拍手)

Phyllis Rodriguez: We are here today because of the fact that we have what most people consider an unusual friendship. And it is. And yet, it feels natural to us now.

I first learned that my son had been in the World Trade Center on the morning of September 11th, 2001. We didn't know if he had perished yet until 36 hours later. At the time, we knew that it was political. We were afraid of what our country was going to do in the name of our son -- my husband, Orlando, and I and our family. And when I saw it -- and yet, through the shock, the terrible shock, and the terrible explosion in our lives, literally, we were not vengeful. And a couple of weeks later when Zacarias Moussaoui was indicted on six counts of conspiracy to commit terrorism, and the U.S. government called for a death penalty for him, if convicted, my husband and I spoke out in opposition to that, publicly. Through that and through human rights groups, we were brought together with several other victims' families.

When I saw Aicha in the media, coming over when her son was indicted, and I thought, "What a brave woman. Someday I want to meet that woman when I'm stronger." I was still in deep grief; I knew I didn't have the strength. I knew I would find her someday, or we would find each other. Because, when people heard that my son was a victim, I got immediate sympathy. But when people learned what her son was accused of, she didn't get that sympathy. But her suffering is equal to mine.

So we met in November 2002, and Aicha will now tell you how that came about.

(Translator) Aicha el-Wafi: Good afternoon, ladies and gentlemen. I am the mother of Zacarias Moussaoui. And I asked the Organization of Human Rights to put me in touch with the parents of the victims. So they introduced me to five families. And I saw Phyllis, and I watched her. She was the only mother in the group. The others were brothers, sisters. And I saw in her eyes that she was a mother, just like me. I suffered a lot as a mother. I was married when I was 14. I lost a child when I was 15, a second child when I was 16. So the story with Zacarias was too much really. And I still suffer, because my son is like he's buried alive. I know she really cried for her son. But she knows where he is. My son, I don't know where he is. I don't know if he's alive. I don't know if he's tortured. I don't know what happened to him.

So that's why I decided to tell my story, so that my suffering is something positive for other women. For all the women, all the mothers that give life, you can give back, you can change. It's up to us women, because we are women, because we love our children. We must be hand-in-hand and do something together. It's not against women, it's for us, for us women, for our children. I talk against violence, against terrorism. I go to schools to talk to young, Muslim girls so they don't accept to be married against their will very young. So if I can save one of the young girls, and avoid that they get married and suffer as much as I did, well this is something good. This is why I'm here in front of you.

PR: I would like to say that I have learned so much from Aicha, starting with that day we had our very first meeting with other family members -- which was a very private meeting with security, because it was November 2002, and, frankly, we were afraid of the super-patriotism of that time in the country -- those of us family members. But we were all so nervous. "Why does she want to meet us?" And then she was nervous. "Why did we want to meet her?" What did we want from each other? Before we knew each others' names, or anything, we had embraced and wept. Then we sat in a circle with support, with help, from people experienced in this kind of reconciliation. And Aicha started, and she said, "I don't know if my son is guilty or innocent, but I want to tell you how sorry I am for what happened to your families. I know what it is to suffer, and I feel that if there is a crime, a person should be tried fairly and punished." But she reached out to us in that way, and it was, I'd like to say, it was an ice-breaker. And what happened then is we all told our stories, and we all connected as human beings. By the end of the afternoon -- it was about three hours after lunch -- we'd felt as if we'd known each other forever.

Now what I learned from her, is a woman, not only who could be so generous under these present circumstances and what it was then, and what was being done to her son, but the life she's had. I never had met someone with such a hard life, from such a totally different culture and environment from my own. And I feel that we have a special connection, which I value very much. And I think it's all about being afraid of the other, but making that step and then realizing, "Hey, this wasn't so hard. Who else can I meet that I don't know, or that I'm so different from?"

So, Aicha, do you have a couple of words for conclusion? Because our time is up.

(Laughter)

(Translator) AW: I wanted to say that we have to try to know other people, the other. You have to be generous, and your hearts must be generous, your mind must be generous. You must be tolerant. You have to fight against violence. And I hope that someday we'll all live together in peace and respecting each other. This is what I wanted to say.

(Applause)

Phyllis Rodriguez:/ We are here today/ because of the fact/ that we have/ what most people consider an unusual friendship.//

今日 私たちがここにいる理由は 普通の方ならば 珍しいと思う友情を 築いているからです

And it is.//

たしかに珍しいですが

And yet,/ it feels natural/ to us now.//

今の私たちには 当然のように感じます

I first learned that/ my son had been in the World Trade Center/ on the morning of September 11th,/ 2001.//

私の息子が ワールドトレードセンターにいたことを知ったのは 2001年9月11日の午前中でした

We didn't know/ if he had perished yet/ until 36 hours later.//

事件から36時間経つまで 息子の安否は わかりませんでした

At the time,/ we knew/ that it was political.//

その時点でわかっていたのは これは政略的な事件であるということ

We were afraid of what our country was going to do/ in the name of our son --/ my husband,/ Orlando,/ and I and our family.//

私たちはアメリカ政府が 私たち家族に代わって 何をするのか心配でした

And when I saw it --/ and yet,/ through the shock,/ the terrible shock,/ and the terrible explosion/ in our lives,/ literally,/ we were not vengeful.//

でも 息子が犠牲になり とてつもないほどの ショックを受け 文字通りの意味で 私たちの生活は爆破されましたが 復讐心はありませんでした

And a couple of weeks later/ when Zacarias Moussaoui was indicted on six counts of conspiracy/ to commit terrorism,/ and the U.S. government called for a death penalty/ for him,/ if convicted,/ my husband/ and I spoke out/ in opposition/ to that,/ publicly.//

それから数週間して ザカリアス・ムサウイが テロに関与したとされる6つの訴因で起訴されました アメリカ政府は有罪判決が下された場合 死刑を求刑しましたが 夫と私は反対であることを 公に述べました

Through/ that and through human rights groups,/ we were brought together/ with several other victims/' families.//

これがきっかけで また 人権団体を通して 私たちは 他の犠牲者の家族と会いました

When I saw Aicha/ in the media,/ coming over when her son was indicted,/ and I thought,/ "What a brave woman.//

アイーシャの息子が起訴されたとき テレビに出ている彼女を見て “なんて勇敢な女性なんでしょう

Someday/ I want to meet/ that woman/ when I'm stronger."//

私も強くなれた時に彼女に会いたい” と思いました

I was still in deep grief;/ I knew/ I didn't have the strength.//

当時はまだ深い悲しみに包まれ その気力がありませんでした

I knew/ I would find her someday,/ or we would find each other.//

でも いつか彼女とは 出会えると思っていました

Because,/ when people heard that/ my son was a victim,/ I got immediate sympathy.//

なぜなら 私の息子が犠牲になったことを周囲の人が知ったとき 私はすぐに同情されました

But when people learned/ what her son was accused of,/ she didn't get that sympathy.//

でも 彼女の息子が 起訴されたと報道されたとき 彼女は同情されませんでした

But her suffering is equal/ to mine.//

でも 私たちは同じくらい苦しんでいるのです

So we met in November 2002,/ and Aicha will now tell you/ how that came about.//

私たちは2002年11月に会いました アイーシャから その時のことを お話ししてもらいます

(Translator)/ Aicha el-Wafi:/ Good afternoon,/ ladies and gentlemen.//

皆さま こんにちは

I am the mother of Zacarias Moussaoui.//

ザカリアス・ムサウイの母です

And I asked the Organization of Human Rights/ to put me/ in touch/ with the parents of the victims.//

私は ある人権団体にお願いをして 犠牲者の家族の方々と 連絡をとれるように 掛け合ってもらいました

So they introduced me/ to five families.//

人権団体は 合計5家族を 紹介してくれました

And I saw Phyllis,/ and I watched her.//

その中にいたフィリスに目がとまりました

She was the only mother/ in the group.//

グループの中で母親は 彼女だけでした

The others were brothers,/ sisters.//

他の方々は 兄弟や姉妹の方たちでした

And I saw in her eyes/ that she was a mother,/ just/ like me.//

彼女の目から 彼女が私のように母親であることがわかりました

I suffered a lot/ as a mother.//

私は母親として つらい思いをたくさんしてきました

I was married/ when I was 14.//

14歳のとき 結婚をしました

I lost a child/ when I was 15,/ a second child/ when I was 16.//

15歳のとき 一人目の子を亡くし 16歳のとき 二人目の子を亡くしました

So the story/ with Zacarias was too much really.//

ですから ザカリアスのことは耐えられませんでした

And I still suffer,/ because my son is/ like he's buried alive.//

私のつらい思いは消えていません なぜなら 私の息子は 生き埋めにされたようなものです

I know she really cried for her son.//

彼女が息子さんを失った悲しみで泣いたことは知っています

But she knows/ where he is.//

でも 息子さんの居場所はわかります

My son,/ I don't know/ where he is.//

私は 我が子の居場所がわかりません

I don't know/ if he's alive.// I don't know/ if he's tortured.//

生きているのか 拷問されているのか

I don't know/ what happened to him.//

何もわからないのです

So that's/ why I decided to tell/ my story,/ so that my suffering is something positive/ for other women.//

それで 私自身の話をすることにしました 他の女性には 私の苦しみから何かを得てほしいのです

For all the women,/ all the mothers/ that give life,/ you can give back,/ you can change.//

すべての女性へ 命を生む母親たち皆へ伝えたいのは 人として社会に報いるのも 変化を起こすのも

It's up to us/ women,/ because we are women,/ because we love our children.//

私たち女性次第だということです なぜなら 私たちは女性であり 子どもたちを愛しているからです

We must be hand-in-hand/ and do something together.//

手をつなぎ合って 共に何かをしなくてはいけません

It's not against women,/ it's for us,/ for us women,/ for our children.//

女性に不利にはなりません 私たちのため 女性のため 子どもたちのためです

私は暴力やテロには反対です

I go to schools/ to talk to young,/ Muslim girls/ so they don't accept to be married against their will very young.//

学校に行って ムスリムの女の子たちに話をします 彼女らの意に反して 若いうちに結婚させられないようにするためです

So/ if I can save one of the young girls,/ and avoid/ that they get married/ and suffer as much/ as I did,/ well/ this is something good.//

一人でも若い女の子を救って 望まない結婚から逃れ 私が経験した苦しみを避けることが できればいいと思っています

This is/ why I'm here/ in front of you.//

それをお伝えしに来ました

PR:/ I would like to say/ that I have learned so much/ from Aicha,/ starting with that day/ we had our very first meeting/ with other family members --/ which was a very private meeting/ with security,/ because it was November 2002,/ and,/ frankly,/ we were afraid of the super-patriotism of that time/ in the country --/ those of us/ family members.//

他の家族の方たちと共に 私たちが初めて会ったときから 私はアイーシャから たくさんのことを 学びました 初めての対面は警備がつき 人目を避けて行われました 2002年11月のことだったので 私たちは アメリカ国内の熱狂的な愛国心には 恐れを感じていました

But we were all so nervous.//

でも 私たちは まったく心が落ち着かず

"Why does she want to meet/ us?"//

なぜ彼女が私たちに会いたいのかと思っていました

And then/ she was nervous.//

彼女も不安を感じていました

"Why did we want to meet/ her?"//

私たちが彼女に会いたい理由や

What did we want from each other?//

お互いに対して何を望んでいるのか 思いが巡りました

Before we knew each others/' names,/ or anything,/ we had embraced and wept.//

お互いの名前などを言う前に 私たちは抱擁をして 涙を流していました

Then/ we sat in a circle/ with support,/ with help,/ from people experienced in this kind of reconciliation.//

それから 皆で輪になって座りました このような和解を経験した人たちが 支援のために同席してくれました

And Aicha started,/ and she said,/ "I don't know/ if my son is guilty or innocent,/ but I want to tell/ you how sorry/ I am for what happened to your families.//

まず アイーシャが声を出し こう言いました “自分の息子が有罪なのか無罪なのか 私にはわかりません でも 皆さんの家族のことを思うと 胸がしめつけられる思いです

I know/ what it is to suffer,/ and I feel/ that if there is a crime,/ a person should be tried fairly and punished."//

苦しみとは何かはわかっています 罪を犯した人は 公正に裁かれて 罰せられるべきだと思っています”

But she reached out to us/ in that way,/ and it was,/ I'd like to say,/ it was an ice-breaker.//

彼女はこのように接してきました それによって 緊張がほぐされたように感じました

And/ what happened/ then is we/ all told our stories,/ and we/ all connected as human beings.//

私たちは それぞれの家族に起きたことを話し 人間として皆がつながりました

By the end of the afternoon --/ it was about three hours/ after lunch --/ we'd felt/ as if we'd known each other forever.//

昼食をとって 3時間ほどのことでしたが その午後の終わりには 旧知の仲だったように感じました

Now/ what I learned from her,/ is a woman,/ not only/ who could be so generous/ under these present circumstances/ and what it was then,/ and what was being done to her son,/ but the life/ she's had.//

私が彼女から学んだのは このような現状で 寛大でいることができる女性 というだけではなく これ以前のことや 彼女の息子に 何がされたのかということです でも 彼女が送ってきた人生は

I never had met someone/ with such a hard life,/ from such a totally different culture and environment/ from my own.//

私が知っている文化や 環境とは まったく異なり これほど辛い人生を送ってきた方は見たことがありません

And I feel/ that we have a special connection,/ which I value very much.//

また 私たちは 特別なつながりがあると 感じています とても光栄です

And I think/ it's all/ about being afraid of the other,/ but making/ that step/ and then/ realizing,/ "Hey,/ this wasn't so hard.//

私が思うのは 結局のところ 他者を恐れることがあっても アイーシャがしたように行動してみると “それほど難しくないわ” とか

Who else can/ I meet/ that I don't know,/ or/ that I'm so different from?"//

“自分とは違う立場にいる人と 他に誰と友達になれるかしら” と気づくのです

So,/ Aicha,/ do you have a couple of words/ for conclusion?//

ねぇ アイーシャ 締めくくりに 伝えたいことはあるかしら

Because our time is up.//

もう時間がないわ

(笑い声)

(Translator)/ AW:/ I wanted to say/ that we have to try to know/ other people,/ the other.//

私が言いたかったことは 他者を知る努力をしなくてはいけないということです

You have to be generous,/ and your hearts must be generous,/ your mind must be generous.//

思いやりの心をもってください 寛大な心と気持ちを 持っていなくてはいけません

You must be tolerant.//

辛抱強くあってください

You have to fight/ against violence.//

暴力を許してはいけません

And I hope/ that someday/ we'll all live together/ in peace/ and respecting each other.//

誰もが平和で お互いを尊重しながら 暮らせる日が来ることを願っています

This is/ what I wanted to say.//

これが私のメッセージです

(拍手)

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

unusual

『普通でない』,異常な;まれな,珍しい(rare)

独特の,特有の

friendship

〈U〉友情,親交

〈C〉交友,交際

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

perish

《おもに文,新聞の見出しなどで》(…で)『死』:

(一般に)『消滅する』,滅びる,消びる,消え去る,腐敗する

〈寒さ・雨風ガ〉…‘を'苦しめる,だめにする:

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

shock

〈C〉(衝突・爆発などの)『衝撃』,(地震の)震動,電撃

〈C〉〈U〉(精神的)『打撃』,ショック

〈U〉ショック症

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『ぎょっとさせる』,ひどく驚かせる

(治療のため)〈人・動物〉‘に'電気ショクを与える

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

explosion

(火薬などの)『爆発』,破裂《+『of』+『名』》

爆発音

《an~》(怒り・笑いなどの)爆発《+『of』+『名』》

急激な増加

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

vengeful

(人が)復しゅう心のある,執念深い;(行為が)復しゅうの

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

indict

(…の罪で)…‘を'起訴する,共発する《+『名』+『for(on)』+『名』》

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

conspiracy

陰謀,たくらみ;陰謀団

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

terrorism

(政治的な)行為,テロ;恐怖政治

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

penalty

『刑罰』,処罰

(ある行為・状態に伴う)不利益

『罰金』,違約金,反則金

(スポーツ・競技で,反則に対する)『罰則』,ペナルティー;(前回の勝者に対する)ハンディキャップ

convict

(…の罪状で)〈人〉‘に'『有罪を宣告する』《+『名』+『of』+『名』(do『ing』)》

《文》《しばしば受動態で》(罪・誤りなどを)…に悟らせる《+『名』+『of』+『名』》

『罪人』,囚人

opposition

〈U〉〈C〉(…に)『反対すること』,(…に対する)反対,対立,抵抗,敵対《+『to』+『名』(a person's do『ing』)》

《時にO-》《the~》野党,反対党

publicly

公に,公然と;おおっぴらに

公的に,公衆によって

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

victim

(…の)『犠牲者』,被害者(物)《+of+名》

『だまされる人』;(…の)食いもの,えじき《+of+名》

(神にささげる)いけにえ

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

brave

『勇敢な,勇ましい』

《文》はなやかな…みごとな

勇士

北市インディアンの戦士

〈困難など〉‘に'勇敢に立ち向かう,〈危険〉'を'ものともしない

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

someday

(将来の)『いつか』,そのうち

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

grief

〈U〉(…についての)『深い悲しみ』,悲嘆《+『at』(『for』,『over』,『about』)+『名』》

〈C〉(…にとっての)悲しみのもと,嘆きの種《+『to』+『名』〈人〉》

strength

(身体的な)『力』,体力,強さ

(精神的な)『力』,強,能力

(物の)『耐久力』,抵抗力

(酒などの)濃度,(電流などの)強さ,(薬などの)効力

兵力,兵員;(一般に)人数;定員

力(頼り)となる人(もの),強み,長所

immediate

『即座の』,即時の

当座の,当面の

(時間・空間的に)すぐ近くの

直接の,じかの(direct)

sympathy

〈U〉『共感』,思いやり

〈U〉《時に複数形で》(…に対する)『同情』,哀れみ《+for(with)+名》

〈U〉《時に複数形で》(…に対する)弔慰,お見舞《+for+名》

〈U〉《時に複数形で》(…に対する)『共鳴』,賛成,好意《+with+名(wh-節)》

accuse

(…の罪で)〈人〉'を'『告発する』,告訴する《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

(…であると)〈人〉'を'『非難する』,責める《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

suffering

〈U〉(肉体的・精神的)『苦痛』

〈C〉《しばしば複数形で》苦悩している状態,苦難

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

November

11月(《略》Nov.)

translator

(特に専門の)翻訳者,翻訳家

good afternoon

『こんにちは』(午後のあいさつ)

《古》(上昇調で)さようなら(午後別れるとき)

lady

(教養・礼儀を身につけ,洗練された趣味をもつ)『淑女』,貴婦人

《女性(woman)に対する丁寧な言い方として》『婦人』

《L-》《英》…『夫人』,…令夫人(SirまたはLordの称号をもつ貴族の夫人,また公(侯,伯)爵の令嬢に対する敬称)

(一般に)女性,婦人(woman)

human rights

人権(発言・行動・労働などの自由を保障する権利)

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

marry

…‘と'『結婚する』,‘を夫(妻)にする;《しばしば比喩(ひゆ)的に》〈金・人の財産など〉‘と'結婚する

〈牧師などが〉…‘を'結婚させる

〈特に両親が〉(…に)…‘を'嫁にやる,嫁がせる《+『off』+『名』+『to』+『名』》

〈いくつかの…〉‘を'結合させる,融合させる;(…と)…‘を'結びつける《+『名』+『with』+『名』》

『結婚する』

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

bury

〈死体〉'を'『埋葬する』,土葬する,水葬する

(見えないように)…'を'『おおい隠す』

…'を'深く突っ込む

(…に)〈人〉'を'没頭させる《+『名』〈人〉+『in』+『名』》

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

women

woman の複数形

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

Muslim

イスラム教徒,回教徒

イスラム教の,回教の

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

security

〈U〉『安全』,無事(safety)

〈U〉『安心』

〈U〉(犯罪・被害などに対する)警備,防衛(保護)手段《+『against』(『from』)+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)担保,低当[物件]《+『for』(『against』)+『名』》

〈C〉》複数形で》株券,有価証券

frankly

『率直に』;あからさまに

率直に言えば

nervous

『神経の』

『神経質な』,神経過敏な

『心配な』,不安な

embrace

(愛情の表れとして)…‘を'『抱きしめる』,抱擁する

《文》〈物が〉…‘を'取り巻く,囲む(surround)

《文》〈機会など〉‘を'捕らえる,〈申し出など〉‘を'喜んで受ける

…‘を'含む

『抱き合う』

『抱擁』,抱き合い

wept

weepの過去・過去分詞

circle

『円』

(劇場などの)半円形のさじき

(…の)円形のもの《+『of』+『名』》

(活動・勢力などの)範囲

《時に複数形で》(共通の利害・活動などで結ばれた)『仲間』,団体,…界

一巡;循環

『円を描く』,旋回する

…'を'『円で囲む』;…'を'取り囲む

…‘の'回りを回る

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

reconciliation

『和解』;甘んじること;調停;調和

guilty

『罪を犯した』

『有罪の宣告を受けた』

やましい,身に覚えのある

innocent

(人が)『無罪の』,潔白な

(心の)純潔な,無邪気な,天真らんまんな

(物事が)悪意のない,額のない

単純な,おめでたい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)欠いている,(…が)全然ない《+『of』+『名』》

無邪気な人,(特に)あどけない子供

お人よし,単純な人

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

human being

人,人間

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

generous

『気前のよい』;『心が大きい』,『寛容な』

大きい;豊富な,十分な

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

totally

全く,完全に

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

hey

おや,おい,へえ,ちょっと(注意を促したり,喜び・驚き・困惑などの突然わき起こった感情の発声)

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

conclusion

〈C〉〈U〉『終わり』,終結,結末

〈C〉『結論』,決定,判断;(三段論法の)断案

〈U〉〈C〉(条約などの)締結,妥結

laughter

『笑い』,笑い声

aw

(抗議・嫌悪などを表して)おお,うわあ

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

tolerant

寛大な,寛容な;(…に)寛大な《+of(to)+名》

(薬品・毒物などの作用に)耐性がある,抵抗力のある

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

peace

『平和』

《しばしばP-》『講和』[『条約』]

《通例the ~》(社会の)『治安』,秩序

(場所の)静けさ,穏やかさ

(心の)静けさ,穏やかさ

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画