TED日本語 - ダニー・ドーリング: (場所を示すだけではなく)私達が何者かを示す地図

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ダニー・ドーリング: (場所を示すだけではなく)私達が何者かを示す地図

TED Talks

(場所を示すだけではなく)私達が何者かを示す地図
Maps that show us who we are (not just where we are)
ダニー・ドーリング
Danny Dorling

内容

データを使って地図を作ったら世界はどのように見えるでしょう?社会地理学者ダニー・ドーリングは地球の本当の姿を映す、魅惑的で洞察に富んだ地図で、改めて世界を見直すよう誘います。― 私達が属する、繋がり合い、絶えず変わり続ける魅力的な地球。地図というものの見方が全く変わってしまうことでしょう。

Script

I'd like you to imagine the world anew. I'd like to show you some maps, which have been drawn by Ben Hennig, of the planet in a way that most of you will never have seen the planet depicted before.

Here's an image that you're very familiar with. I'm old enough that I was actually born before we saw this image. Apparently some of my first words were "moona, moona," but I think that's my mom having a particular fantasy about what her baby boy could see on the flickering black and white TV screen. It's only been a few centuries since we've actually, most of us, thought of our planet as spherical. When we first saw these images in the 1960s, the world was changing at an incredible rate. In my own little discipline of human geography, a cartographer called Waldo Tobler was drawing new maps of the planet, and these maps have now spread, and I'm going to show you one of them now. This map is a map of the world, but it's a map which looks to you a little bit strange. It's a map in which we stretched places, so that those areas which contain many people are drawn larger, and those areas, like the Sahara and the Himalayas, in which there are few people, have been shrunk away. Everybody on the planet is given an equal amount of space. The cities are shown shining bright. The lines are showing you submarine cables and trade routes. And there's one particular line that goes from the Chinese port of Dalian through past Singapore, through the Suez Canal, through the Mediterranean and round to Rotterdam. And it's showing you the route of what was the world's largest ship just a year ago, a ship which was taking so many containers of goods that when they were unloaded, if the lorries had all gone in convoy, they would have been 100 kilometers long. This is how our world is now connected. This is the quantity of stuff we are now moving around the world, just on one ship, on one voyage, in five weeks.

We've lived in cities for a very long time, but most of us didn't live in cities. This is Catalhoyuk,one of the world's first cities. At its peak 9,000 years ago, people had to walk over the roofs of others' houses to get to their home. If you look carefully at the map of the city, you'll see it has no streets, because streets are something we invented. The world changes. It changes by trial and error. We work out slowly and gradually how to live in better ways. And the world has changed incredibly quickly most recently. It's only within the last six,seven, or eight generations that we have actually realized that we are a species. It's only within the last few decades that a map like this could be drawn. Again, the underlying map is the map of world population, but over it, you're seeing arrows showing how we spread out of Africa with dates showing you where we think we arrived at particular times. I have to redraw this map every few months, because somebody makes a discovery that a particular date was wrong. We are learning about ourselves at an incredible speed. And we're changing. A lot of change is gradual. It's accretion. We don't notice the change because we only have short lives,70,80, if you're lucky 90 years. This graph is showing you the annual rate of population growth in the world. It was very low until around about 1850, and then the rate of population growth began to rise so that around the time I was born, when we first saw those images from the moon of our planet, our global population was growing at two percent a year. If it had carried on growing at two percent a year for just another couple of centuries, the entire planet would be covered with a seething mass of human bodies all touching each other. And people were scared. They were scared of population growth and what they called "the population bomb" in 1968. But then, if you look at the end of the graph, the growth began to slow. The decade -- the '70s, the '80s, the '90s, the noughties, and in this decade, even faster -- our population growth is slowing. Our planet is stabilizing. We are heading towards nine,10, or 11 billion people by the end of the century. Within that change, you can see tumult. You can see the Second World War. You can see the pandemic in 1918 from influenza. You can see the great Chinese famine. These are the events we tend to concentrate on. We tend to concentrate on the terrible events in the news. We don't tend to concentrate on the gradual change and the good news stories.

We worry about people. We worry about how many people there are. We worry about how you can get away from people. But this is the map of the world changed again to make area large, the further away people are from each area. So if you want to know where to go to get away from everybody, here's the best places to go. And every year, these areas get bigger, because every year, we are coming off the land globally. We are moving into the cities. We are packing in more densely. There are wolves again in Europe, and the wolves are moving west across the continent. Our world is changing.

You have worries. This is a map showing where the water falls on our planet. We now know that. And you can look at where Catalhoyuk was, where three continents meet, Africa, Asia, and Europe, and you can see there are a large number of people living there in areas with very little water. And you can see areas in which there is a great deal of rainfall as well. And we can get a bit more sophisticated. Instead of making the map be shaped by people, we can shape the map by water, and then we can change it every month to show the amount of water falling on every small part of the globe. And you see the monsoons moving around the planet, and the planet almost appears to have a heartbeat. And all of this only became possible within my lifetime to see this is where we are living. We have enough water.

This is a map of where we grow our food in the world. This is the areas that we will rely on most for rice and maize and corn. People worry that there won't be enough food, but we know, if we just ate less meat and fed less of the crops to animals, there is enough food for everybody as long as we think of ourselves as one group of people.

And we also know about what we do so terribly badly nowadays. You will have seen this map of the world before. This is the map produced by taking satellite images, if you remember those satellites around the planet in the very first slide I showed, and producing an image of what the Earth looks like at night. When you normally see that map, on a normal map, the kind of map that most of you will be used to, you think you are seeing a map of where people live. Where the lights are shining up is where people live. But here, on this image of the world, remember we've stretched the map again. Everywhere has the same density of people on this map. If an area doesn't have people, we've shrunk it away to make it disappear. So we're showing everybody with equal prominence. Now, the lights no longer show you where people are, because people are everywhere. Now the lights on the map, the lights in London, the lights in Cairo, the lights in Tokyo, the lights on the Eastern Seaboard of the United States, the lights show you where people live who are so profligate with energy that they can afford to spend money powering lights to shine up into the sky, so satellites can draw an image like this. And the areas that are dark on the map are either areas where people do not have access to that much energy, or areas where people do, but they have learned to stop shining the light up into the sky. And if I could show you this map animated over time, you would see that Tokyo has actually become darker, because ever since the tsunami in Japan, Japan has had to rely on a quarter less electricity because it turned the nuclear power stations off. And the world didn't end. You just shone less light up into the sky.

There are a huge number of good news stories in the world. Infant mortality is falling and has been falling at an incredible rate. A few years ago, the number of babies dying in their first year of life in the world fell by five percent in just one year. More children are going to school and learning to read and write and getting connected to the Internet and going on to go to university than ever before at an incredible rate, and the highest number of young people going to university in the world are women, not men. I can give you good news story after good news story about what is getting better in the planet, but we tend to concentrate on the bad news that is immediate. Rebecca Solnit, I think, put it brilliantly, when she explained: "The accretion of incremental, imperceptible changes which can constitute progress and which render our era dramatically different from the past" -- the past was much more stable -- "a contrast obscured by the undramatic nature of gradual transformation, punctuated by occasional tumult." Occasionally, terrible things happen. You are shown those terrible things on the news every night of the week. You are not told about the population slowing down. You are not told about the world becoming more connected. You are not told about the incredible improvements in understanding. You are not told about how we are learning to begin to waste less and consume less.

This is my last map. On this map, we have taken the seas and the oceans out. Now you are just looking at about 7.4 billion people with the map drawn in proportion to those people. You're looking at over a billion in China, and you can see the largest city in the world in China, but you do not know its name. You can see that India is in the center of this world. You can see that Europe is on the edge. And we in Exeter today are on the far edge of the planet. We are on a tiny scrap of rock off Europe which contains less than one percent of the world's adults, and less than half a percent of the world's children. We are living in a stabilizing world, an urbanizing world, an aging world, a connecting world. There are many, many things to be frightened about, but there is no need for us to fear each other as much as we do, and we need to see that we are now living in a new world.

Thank you very much.

(Applause)

世界を改めて見てみてください ベン・へニングが描いた地球の地図を いくつか皆さんに お見せしたいと思います おそらくほとんどの方が見たことのない 地球の描かれ方でしょう

こちらの画像は おなじみですね 私はこの画像が撮られる前に 生まれています 私の初めて発した言葉に 「ムーン(月)」がありましたが 白黒テレビの チカチカしている画面に 赤ん坊の私が月を見いだしたと 母が都合よく空想したのではないかと 思っています 私達が地球を球体だと 考えるようになってから まだ数世紀しかたっていません このような画像が出た1960年代 世界は信じられない速さで 変化していました 私のささやかな人文地理学の知識では ウォルド・トブラーという地図製作者が 世界の新しい地図を描き それが広まりました そのうちの1つをお見せします この世界地図は ちょっと奇妙に見えるかもしれませんね この地図では 人が多く住んでいる地域は 大きく描かれ サハラとかヒマラヤなど 人があまり住んでいない地域は 小さくなり なくなっています 世界中の人々に等しくスペースが 割り当てられているのです 都市は明るく輝いています 描かれている線は海底ケーブルや 貿易ルートです そして中国の大連港から シンガポールや スエズ運河を通り 地中海を経てロッテルダムに至る線があります これは たった一年前に 世界で一番大きな船が 多くの商品を載せたコンテナを 運んだルートです その荷を下ろして それ等を全部トラックに積んだなら その列は100キロにもなったでしょう このように私達の世界は繋がっているのです これがたった一度の航海で 1隻の船が5週間かけて 世界中を移動する物の量なのです

私達は都市に長らく住んでいますが その昔は そうではありませんでした これはチャタル・ヒュユク 世界最古の都市の一つです 9000年前の全盛期には 人々は他人の家の屋根を歩いて 自分の家に帰らなければなりませんでした 都市の地図を注意深く見れば 通りがないのがわかるでしょう 通りは私達が発明したものだからです 世界は変わっています 試行錯誤を重ねながら 私達はゆっくりと 徐々に より良く生きる方法を 見つけてきました そして世界は 特に最近は 信じられないくらい早く変化しています 私達が実際 ヒトが動物の一種であると 理解したのは たったの6、7、8世代前からのことです このような地図が描かれるようになったのは ここ2、30年の事です この地図もまた 世界の人口を表しています アフリカから人類がどのように広まったかが 矢印で示され ある場所に到達したと考えられる時期が 示されています 私はこの地図を数カ月ごとに 描き変えなくてはいけません 誰かが 時期が間違っていたことを 発見する為です 私達は信じられないスピードで 自分自身のことを学んでいます 私達は変化しています 多くの変化はゆっくりで その積み重ねです 私達はその変化に気付きません 寿命が短く 70か80年 運が良くても90年ぐらいしか 生きられないからです このグラフが示すのは 世界人口の年増加率です 1850年までは増加率は 非常に低かったのですが 人口増加率は上がり始め 私が生まれた頃までには つまり月からの映像を 初めて見ることができるようになった頃には 地球の人口は毎年2%ずつ 増えるようになりました もし このように年2%の人口増加が続けば あとほんの2、3世紀で 地球全体が人で それも 密着するような状態で あふれかえることでしょう 人々は 人口増加を 恐れていました 1968年には『人口爆発』という 本が恐怖を煽りました しかし グラフの最後を見れば その増加は緩やかになってきています この10年間 ― 70年代、80年代、90年代、2000年代 この10年の人口増加は より 遅くなっています 地球は安定してきています 今世紀の終わりには 90、100、110億人になる傾向を 示しています 変化の中には混乱も見えます 第二次世界大戦が見えます 1918年の インフルエンザ感染爆発が見えます 中国の大飢饉が見えます このような出来事は 注意を引きます 私達はニュースに出てくるひどい出来事に 注目しがちです 徐々に起こる変化やいいニュースには あまり注目しません

私達は人間について心配します 人口について心配します どうやって ひとりになれるかと考えます でもこちらは人がまばらな地域ほど 広く見えるように 描いてある世界地図です 人が少ない場所を知りたいなら こういう所が一番いい場所です 毎年これらの地域は拡大しています なぜなら世界的に 地方から人々が出てきているからです 都市に移ってきて より密集して暮らしています ヨーロッパには狼が戻り 大陸を横切り西の方に移動しています 世界は変わっています

心配事もあります これは地球のどこに雨が降っているかを 示す地図です 最近それがわかってきました チャタル・ヒュユクが どこにあったかが見えます アフリカ、アジア、ヨーロッパの三大陸が ぶつかった所 その水が非常に少ない地域に 大勢の人々が住んでいるのが見えます 降雨量が非常に多い地域も見えます もっと高度な地図もできます 人間によって地図を形作るのではなく 水によって地図を形作ったり 地球の隅々まで降る 雨の量によって 毎月地図を変えることもできます 地球上のモンスーンの動きも 見ることができます まるで地球には心拍があるかのようです 私が生きるこの時代になって やっと このような見方が可能になりました 私達は十分な水があります

これは世界で農作物を栽培している 場所の地図です これらは主に米や穀物を作るのに 頼っている地域です 将来食べ物が不足すると 心配している人もいます しかし 私達が食べる肉の量を減らせば 家畜の餌にする作物は減らせます 私達が皆 同じグループに所属すると 考える限り 全ての人々に十分な食物が 行き渡るでしょう

私達が非常にまずいことを 今日していることも わかってきました この世界地図を見たことがありますね 人工衛星の写真を元にした地図です 初めにお見せしたスライドで 月のあたりから見た地球の姿を 思い出してください 地球が夜に どのように見えるかという地図です このような地図を見たら 私達が見慣れている普通の地図で 人が住んでいる所を示していると思うでしょう 通常光っている所は 人が住んでいる場所です でもこの世界のイメージは 地図が引き伸ばされていることを 思い出して下さい この地図はどこも 人口の密度は同じです 人がいない地域は 消えてしまうまで 縮めてあります 人々を平等に表すように 描いてあります どこにでも人がいる為 光はもはや人の居場所を 示していません 地図上の光は ロンドンの光、カイロの光、東京の光 アメリカの東部沿岸地域の光です 人工衛星がこのようなイメージを作れるほど エネルギーが浪費され 空を電気で輝かせるほど お金があり 余裕がある人々が 住んでいる場所です 地図の暗い地域とは 電力が楽に手に入らない地域 または電力を手に入れられても 電気の無駄遣いをやめることを学んだ地域です この地図を時系列に連続動画にすると 東京が暗くなったことが分かるでしょう 日本では津波が起きて以来 原子力発電所を止め 電力の4分の1を節約して賄っています 世界の終わりではなく ただ より少ない光で 照らしているのです

世界にはいいニュースが 数多くあります 乳児死亡率は信じられない速さで 急速に減ってきています 数年前には 1歳前に亡くなる赤ちゃんの数が わずか1年で5%も減りました より多くの子供達が 学校に行き 読み書きを学んだり インターネットに繋がったり 大学に行ったりしています 世界中で大学に行く若者の数は 男性よりも 女性の方が多くなりました 地球が段々良くなっているという いいニュースがいくつもありますが 私達が注目しがちなのは 瞬間的な悪いニュースです 哲学者レベッカ・ソルニットが 見事に表現していると思います 「感知できないほどのゆっくりした変化が 私達の時代を 過去と全く違うものに 変化させている」 過去の方がはるかに安定していました 「変化が徐々に起こるとき 過去との対比は不明瞭となり 折に触れての騒動だけ注目される」 時折 ひどい事も起こりますが テレビでは毎晩 ひどいニュースを見せられます 人口増加が緩やかになったことは 報じられません 世界が段々繋がってきていることも 教わりません 科学技術の理解に対する 素晴らしい改善についても 私達が無駄遣いや消費を減らしていることも 聞かされることはないのです

これが最後の地図です この地図から私達は 海を消しました 今見ているのは 74億の世界人口に占める割合によって 描かれている地図です 中国には10億人以上の人がいて 世界一大きな都市があるのが見えますが その都市の名前は分からないでしょう インドが 世界の中心にあるのが見えます ヨーロッパが端の方にあるのが見えます そして今日イギリス エクセターにいる私達は 地球の本当に端の方にいます 私達は世界の成人の1%未満 子供の0.5%以下を占める ヨーロッパ沖の ちっちゃな岩のかけらの上にいます 私達は安定化が進む世界 都市化が進む世界 高齢化社会 繋がっている世界に住んでいます 恐れるべき事は本当にたくさんあるけど お互いに怯えているだなんて 実際は必要のないことです 私達は今 新世界に住んでいることを 理解しなければなりません

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画