TED日本語 - ガース・レンツ: オイルの本当のコスト

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ガース・レンツ: オイルの本当のコスト

TED Talks

オイルの本当のコスト
The true cost of oil
ガース・レンツ
Garth Lenz

内容

環境破壊は実際にはどんなふうに見えるのでしょう?TEDxVictoriaで写真家のガース・レンツが、アルバータ州タールサンド採掘プロジェクトのショッキングな写真と、脅威に晒される美しく(大切な)生態系の写真をお見せします。

Script

The world's largest and most devastating environmental and industrial project is situated in the heart of the largest and most intact forest in the world, Canada's boreal forest. It stretches right across northern Canada, in Labrador, it's home to the largest remaining wild caribou herd in the world, the George River caribou herd, numbering approximately 400,000 animals. Unfortunately, when I was there I couldn't find one of them, but you have the antlers as proof.

All across the boreal, we're blessed with this incredible abundance of wetlands. Wetlands globally are one of the most endangered ecosystems. They're absolutely critical ecosystems, they clean air, they clean water, they sequester large amounts of greenhouse gases, and they're home to a huge diversity of species. In the boreal, they are also the home where almost 50 percent of the 800 bird species found in North America migrate north to breed and raise their young.

In Ontario, the boreal marches down south to the north shore of Lake Superior. And these incredibly beautiful boreal forests were the inspiration for some of the most famous art in Canadian history, the Group of Seven were very inspired by this landscape, and so the boreal is not just a really key part of our natural heritage, but also an important part of our cultural heritage.

In Manitoba, this is an image from the east side of Lake Winnipeg, and this is the home of the newly designated UNESCO Cultural Heritage site. In Saskatchewan, as across all of the boreal, home to some of our most famous rivers, an incredible network of rivers and lakes that every school-age child learns about, the Peace, the Athabasca, the Churchill here, the Mackenzie, and these networks were the historical routes for the voyageur and the coureur des bois, the first non-Aboriginal explorers of northern Canada that, taking from the First Nations people, used canoes and paddled to explore for a trade route, a Northwest Passage for the fur trade.

In the North, the boreal is bordered by the tundra, and just below that, in Yukon, we have this incredible valley, the Tombstone Valley. And the Tombstone Valley is home to the Porcupine caribou herd. Now you've probably heard about the Porcupine caribou herd in the context of its breeding ground in Arctic National Wildlife Refuge. Well, the wintering ground is also critical and it also is not protected, and is potentially, could be potentially, exploited for gas and mineral rights.

The western border of the boreal in British Columbia is marked by the Coast Mountains, and on the other side of those mountains is the greatest remaining temperate rainforest in the world, the Great Bear Rainforest, and we'll discuss that in a few minutes in a bit more detail.

All across the boreal, it's home for a huge incredible range of indigenous peoples, and a rich and varied culture. And I think that one of the reasons why so many of these groups have retained a link to the past, know their native languages, the songs, the dances, the traditions, I think part of that reason is because of the remoteness, the span and the wilderness of this almost 95 percent intact ecosystem. And I think particularly now, as we see ourselves in a time of environmental crisis, we can learn so much from these people who have lived so sustainably in this ecosystem for over 10,000 years.

In the heart of this ecosystem is the very antithesis of all of these values that we've been talking about, and I think these are some of the core values that make us proud to be Canadians. This is the Alberta tar sands, the largest oil reserves on the planet outside of Saudi Arabia. Trapped underneath the boreal forest and wetlands of northern Alberta are these vast reserves of this sticky, tar-like bitumen. And the mining and the exploitation of that is creating devastation on a scale that the planet has never seen before.

I want to try to convey some sort of a sense of the size of this. If you look at that truck there, it is the largest truck of its kind of the planet. It is a 400-ton-capacity dump truck and its dimensions are 45 feet long by 35 feet wide and 25 feet high. If I stand beside that truck, my head comes to around the bottom of the yellow part of that hubcap. Within the dimensions of that truck, you could build a 3, 000-square-foot two-story home quite easily. I did the math. So instead of thinking of that as a truck, think of that as a 3, 000-square-foot home. That's not a bad size home. And line those trucks/homes back and forth across there from the bottom all the way to the top. And then think of how large that very small section of one mine is.

Now, you can apply that same kind of thinking here as well. Now, here you see -- of course, as you go further on, these trucks become like a pixel. Again, imagine those all back and forth there. How large is that one portion of a mine? That would be a huge, vast metropolitan area, probably much larger than the city of Victoria. And this is just one of a number of mines,10 mines so far right now. This is one section of one mining complex, and there are about another 40 or 50 in the approval process. No tar sands mine has actually ever been denied approval, so it is essentially a rubber stamp.

The other method of extraction is what's called the in-situ. And here, massive amounts of water are super-heated and pumped through the ground, through these vasts networks of pipelines, seismic lines, drill paths, compressor stations. And even though this looks maybe not quite as repugnant as the mines, it's even more damaging in some ways. It impacts and fragments a larger part of the wilderness, where there is 90 percent reduction of key species, like woodland caribou and grizzly bears, and it consumes even more energy, more water, and produces at least as much greenhouse gas. So these in-situ developments are at least as ecologically damaging as the mines.

The oil produced from either method produces more greenhouse gas emissions than any other oil. This is one of the reasons why it's called the world's dirtiest oil. It's also one of the reasons why it is the largest and fastest-growing single source of carbon in Canada, and it is also a reason why Canada is now number three in terms of producing carbon per person. The tailings ponds are the largest toxic impoundments on the planet. Oil sands -- or rather I should say tar sands -- "oil sands" is a P.R.-created term so that the oil companies wouldn't be trying to promote something that sounds like a sticky tar-like substance that's the world's dirtiest oil. So they decided to call it oil sands. The tar sands consume more water than any other oil process,three to five barrels of water are taken, polluted and then returned into tailings ponds, the largest toxic impoundments on the planet.

SemCrude, just one of the licensees, in just one of their tailings ponds, dumps 250,000 tons of this toxic gunk every single day. That's creating the largest toxic impoundments in the history of the planet. So far, this is enough toxin to cover the face of Lake Eerie a foot deep. And the tailings ponds range in size up to 9,000 acres. That's two-thirds the size of the entire island of Manhattan. That's like from Wall Street at the southern edge of Manhattan up to maybe 120th Street. So this is an absolutely -- this is one of the larger tailings ponds. This might be, what? I don't know, half the size of Manhattan. And you can see in the context, it's just a relatively small section of one of 10 mining complexes and another 40 to 50 on stream to be approved soon.

And of course, these tailings ponds -- well, you can't see many ponds from outer space and you can see these, so maybe we should stop calling them ponds -- these massive toxic wastelands are built unlined and on the banks of the Athabasca River. And the Athabasca River drains downstream to a range of Aboriginal communities. In Fort Chippewa, the 800 people there, are finding toxins in the food chain, this has been scientifically proven. The tar sands toxins are in the food chain, and this is causing cancer rates up to 10 times what they are in the rest of Canada.

In spite of that, people have to live, have to eat this food in order to survive. The incredibly high price of flying food into these remote Northern Aboriginal communities and the high rate of unemployment makes this an absolute necessity for survival. And not that many years ago, I was lent a boat by a First Nations man. And he said, "When you go out on the river, do not under any circumstances eat the fish. It's carcinogenic." And yet, on the front porch of that man's cabin, I saw four fish. He had to feed his family to survive. And as a parent, I just can't imagine what that does to your soul. And that's what we're doing.

The boreal forest is also perhaps our best defense against global warming and climate change. The boreal forest sequesters more carbon than any other terrestrial ecosystem. And this is absolutely key. So what we're doing is, we're taking the most concentrated greenhouse gas sink, twice as much greenhouse gases are sequestered in the boreal per acre than the tropical rainforests. And what we're doing is we're destroying this carbon sink, turning it into a carbon bomb. And we're replacing that with the largest industrial project in the history of the world, which is producing the most high-carbon greenhouse gas emitting oil in the world. And we're doing this on the second largest oil reserves on the planet.

This is one of the reasons why Canada, originally a climate change hero -- we were one of the first signatories of the Kyoto Accord. Now we're the country that has full-time lobbyists in the European Union and Washington, D.C. threatening trade wars when these countries talk about wanting to bring in positive legislation to limit the import of high-carbon fuels, of greenhouse gas emissions, anything like this, at international conferences, whether they're in Copenhagen or Cancun, international conferences on climate change, we're the country that gets the dinosaur award every single day as being the biggest obstacle to progress on this issue.

Just 70 miles downstream is the world's largest freshwater delta, the Peace-Athabasca Delta, the only one at the juncture of all four migratory flyways. This is a globally significant wetland, perhaps the greatest on the planet. Incredible habitat for half the bird species you find in North America, migrating here. And also the last refuge for the largest herd of wild bison, and also, of course, critical habitat for another whole range of other species. But it too is being threatened by the massive amount of water being drawn from the Athabasca, which feeds these wetlands, and also the incredible toxic burden of the largest toxic unlined impoundments on the planet, which are leaching in to the food chain for all the species downstream.

So as bad as all that is, things are going to get much worse, much, much worse. This is the infrastructure as we see it about now. This is what's planned for 2015. And you can see here the Keystone Pipeline, which would take tar sands raw down to the Gulf Coast, punching a pipeline through the heart, the agricultural heart of North America, of the United States, and securing the contract with the dirtiest fuel in the world by consumption of the United States, and promoting a huge disincentive to a sustainable clean energy future for America.

Here you see the route down the Mackenzie Valley. This would put a pipeline to take natural gas from the Beaufort Sea through the heart of the third largest watershed basin in the world, and the only one which is 95 percent intact. And building a pipeline with an industrial highway would change forever this incredible wilderness, which is a true rarity on the planet today.

So the Great Bear Rainforest is just over the hill there, within a few miles we go from these dry boreal forests of 100-year-old trees, maybe 10 inches across, and soon we're in the coastal temperate rainforest, rain-drenched,1, 000-year-old trees,20 feet across, a completely different ecosystem. And the Great Bear Rainforest is generally considered to be the largest coastal temperate rainforest ecosystem in the world. Some of the greatest densities of, some of the most iconic and threatened species on the planet, and yet there's a proposal, of course, to build a pipeline to take huge tankers,10 times the size of the Exxon Valdez, through some of the most difficult to navigate waters in the world, where only just a few years ago, a B.C. ferry ran aground. When one of these tar sands tankers, carrying the dirtiest oil,10 times as much as the Exxon Valdez, eventually hits a rock and goes down, we're going to have one of the worst ecological disasters this planet has ever seen.

And here we have the plan out to 2030. What they're proposing is an almost four-times increase in production, and that would industrialize an area the size of Florida. In doing so, we'll be removing a large part of our greatest carbon sink and replacing it with the most high greenhouse gas emission oil in the future. The world does not need any more tar mines. The world does not need any more pipelines to wed our addiction to fossil fuels. And the world certainly does not need the largest toxic impoundments to grow and multiply and further threaten the downstream communities. And let's face it, we all live downstream in an era of global warming and climate change.

What we need, is we all need to act to ensure that Canada respects the massive amounts of freshwater that we hold in this country. We need to ensure that these wetlands and forests that are our best and greatest and most critical defense against global warming are protected, and we are not releasing that carbon bomb into the atmosphere. And we need to all gather together and say no to the tar sands. And we can do that. There is a huge network all over the world fighting to stop this project.

And I quite simply think that this is not something that should be decided just in Canada. Everyone in this room, everyone across Canada, everyone listening to this presentation has a role to play and, I think, a responsibility. Because what we do here is going to change our history, it's going to color our possibility to survive, and for our children to survive and have a rich future.

We have an incredible gift in the boreal, an incredible opportunity to preserve our best defense against global warming, but we could let that slip away. The tar sands could threaten not just a large section of the boreal. It compromises the life and the health of some of our most underprivileged and vulnerable people, the Aboriginal communities that have so much to teach us. It could destroy the Athabasca Delta, the largest and possibly greatest freshwater delta in the planet. It could destroy the Great Bear Rainforest, the largest temperate rainforest in the world. And it could have huge impacts on the future of the agricultural heartland of North America.

I hope that you will all, if you've been moved by this presentation, join with the growing international community to get Canada to step up to its responsibilities, to convince Canada to go back to being a climate change champion instead of a climate change villain, and to say no to the tar sands, and yes to a clean energy future for all. Thank you so much.

(Applause)

世界で最大かつ最も環境破壊的な 産業プロジェクトが 世界で最大の手つかずの森 カナダの亜寒帯森林のど真ん中で 進んでいます そこはラブラドール半島内で カナダ北部をまっすぐに横断し広がっており そこは 世に現存する野生カリブー ジョージ河のカリブー群の生息地であり その数およそ40万頭になります 運悪く滞在中 一群に遭遇出来ませんでしたが カリブーの角が証拠です

亜寒帯一帯では驚嘆すべき 湿地帯の豊かさを実感できます 湿地帯は地球規模で 最も危機に瀕している生態系のひとつです それは 何ものにも代え難い 生態系であり 空気を浄化し 水を浄化し 大量の温室効果ガスを取り込みます そこは極めて多種多様な種の 生息地なのです 亜寒帯はまた 北米で見られる800種類の鳥類の 約半数の鳥たちの生息地でもあり 亜寒帯に渡って産卵し 子育てをします

オンタリオ州では 亜寒帯は南方に下り スペリオル湖の北岸に達しています この驚嘆すべき 美き亜寒帯森林は カナダ史上の著名な芸術の インスピレーションの源で グループ・オブ・セブンは この風景に強く感化されました ですから 亜寒帯は自然遺産にとって 非常に重要な役割を担うだけでなく 私たちの文化遺産にとっても 重要な役割も担っています

マニトバ州ウィニペグ湖の 東側の写真です ユネスコ世界文化遺産に 新たに指定された場所です サスカチュワン州では 亜寒帯全域に渡って カナダの有名な河川が 流れる出る場所です 河川と湖が作る 驚異のネットワークが形成されていて 小学校で教わる ピース川、アサバスカ川 チャーチル川、マッケンジー川があります この河川ネットワークは 旅行者や猟師 即ち 最初にカナダ北部を探検した 非原住民たちが カナダ先住民から学び取り カヌーで川を漕ぎ進んで 交易路を開拓しました それが毛皮交易の「北西航路」です

北部は 亜寒帯地帯はツンドラと接しており そのちょうど南のユーコン準州には 素晴らしい渓谷 トゥームストーン渓谷があります トゥームストーン渓谷は ポーキュパイン・カリブー群の生息地です ポーキュパイン・カリブー群については 北極野生生物国家保護区が 繁殖地である事で有名です それで 越冬地が危機に瀕していて ここも保護されていません そのため もしかしたら 天然ガスと鉱物採掘権に 奪われてしまうかもしれません

ブリティッシュ・コロンビア州の亜寒帯の西側は コースト山脈があり その山脈の反対側には 現存する世界最大の温帯性雨林 グレート・ベア温帯雨林があります 現存する世界最大の温帯降雨林 グレート・ベア温帯雨林があります これについては後ほど 少し詳しくお話しましょう

そこは 亜寒帯全域に渡って 多種多様な先住民族と 豊かで多様な文化を育む地です そして 私が思うに こうした民族の非常に多くが 過去との繋がりを大切にして 母国語や 歌や踊りや伝統について知ります その理由は そこが辺境の地で 95パーセントの手つかずの生態系からなる 原野があるからです 私は思うのです 私達が環境危機の時代に 生きている故に この生態系の中で持続可能な生活を 一万年以上続けてきた彼らから 多くを学び取れるのです

この生態系の中心は 私達の持っている価値観と 全く正反対のものです それがカナダ人であることを誇れる事の 理由であると思うのです これがアルバータ州のオイルサンドです サウジアラビアを除けば 地球最大規模の石油埋蔵量を誇ります この粘稠なタールのような瀝青が アルバータ州北部の亜寒帯林と湿地帯に 大量に埋蔵されています この採掘と開発が 前代未聞のスケールで 環境破壊を促しています

これがどれ位の規模かということを 実感してもらいたいと思います このトラックをご覧ください これは地球上で最も巨大なトラックです 積載容量400トンのダンプカーで 全長約14メートル 車幅11メートル 車高は8メートルです 私がこのトラックの横に立つと 私の頭はだいたい 黄色いホイールキャップの下あたりです このトラックの大きさは 90坪近くの二階建て住宅を 軽々と建てられます ですから これをトラックだと考えずに 90坪の家だと考えて下さい わりと広めの家ですね これらのトラックを線で結んでみると こんな感じに 下から上へ こう見ると 一つの油田の小さい区画が いかに広大かがわかります

同じ発想でこれを見てください そうご覧の通り 当然 遠くから見ると トラックは米粒みたいなものです もう一度 これら全部について考えてください この鉱場ひとつ分の大きさは どれくらいでしょう? それは巨大な大都市地域に 匹敵する大きさで おそらくヴィクトリア市を はるかに上回る広さです これは数ある採掘場のうちの 一つに過ぎません 現在 採掘場は10ヶ所あります これは1つのコンビナートの 一区域ですが そのほかに約40~50が 認可の手続き中です これまでタールサンド鉱場が 否認された事例はありません 基本的に吟味されずに 認可されているのです

別の石油抽出の方法として インシチュー採収法があります このように 大量の水が 超高温状態で地下に注入され この巨大なパイプラインのネットワーク 地震測線、掘削路、圧縮ステーションへと行き渡ります これは採掘場ほどは ひどくなさそうに見えまますが ある面では より大きな被害を与えています 大部分の原野に 影響と崩壊をもたらし ウッドランド・カリブーや グリズリー・ベアのような主要種が90%減少し さらに多くの エネルギーと 水を消費し 少なくとも同量の 温室効果ガスを排出しています インシチュー採収法による 開発は少なくとも 採掘場と同じくらい 生態学的に悪影響があります

どちらの方法で生産されたとしても 他のどんなオイルよりも 多くの温室効果ガスを排出します これが 世界で最も汚いオイルと 呼ばれている理由の一つです また カナダで最大かつ最速に増えている 一つの炭素排出源である理由も ここにあります 今やカナダが一人当たり炭素排出量で 世界第三位である理由もこれです 尾鉱沈殿池は 地球上で最大の有毒な貯水池です オイルサンド ― いやむしろタールサンドと言うべきです 「オイルサンド」は宣伝用に作られて言葉で 石油会社が販促しているのが ねばねばした タールのような物質みたいで 世界で最も汚いオイルだと 思われないようにするためです それでオイルサンドと呼ぶことにしたのです タールサンドは他のどんな精油方法よりも たくさんの水を消費し 480~790リットルの水を使い 汚染し 最大規模の有毒な貯水池である 尾鉱沈殿池に戻します

セムクルード社は認可を持った会社の一つですが 尾鉱沈殿池にたった一つで 毎日25万トンの有毒な汚物を廃棄しています こうして地球史上最大の有毒な貯水池が 作り出されているのです 今のところ 有毒物質の量は エリー湖の湖面を 30センチの深さで覆うほどです 尾鉱沈殿池は9,000エーカーにまで達しています マンハッタン島全体の 三分の二に相当する大きさです 例えばマンハッタン南端のウォール街から おそらく120番街までに至るほどの広さです ですから 間違いなく これは最大級の尾鉱沈殿池なのです これってどうです? マンハッタン島の半分なんですよ そして お分かりのように これは比較的小さい区画で 10個の採掘場複合企業の一つに過ぎず 40~50個がすぐに承認される運びになっているのです

当然 尾鉱沈殿池というのは ― 多くの場合 大気圏外からは見えませんが これは見えるのです これを池と言うのはやめるべきです こんな大規模で 有害な不毛の地が 孤立した状態で アサバスカ川の岸辺に作られています そして アサバスカ川の下流は 先住民のコミュニティの範囲へ達しています 800人が住むフォート・チペワ村で 食物連鎖の中に 有害物質が発見され これは科学的に証明されました タールサンドの毒は食物連鎖の中にあって 癌の発生率を カナダの他の地域よりも10倍にしてます

それでも 人々は そこで生活せざるを得ず 生き残るために この食べ物を口にせざるを得ないのです この辺鄙な北方の先住民の村に 空輸される食料が 恐ろしく高価なことと 高い失業率が原因で 生きるために 仕方なくやっているのです 何十年も前の話では無いですが 先住民族の男性からボートを借りました 彼は言いました「川に出たら 絶対に魚を食べてはいけないよ 発癌性物質を含んでいるから」 でも その男の小屋の玄関には 4匹の魚がありました 家族を餓死させないために 食料として食べていたのです 一人の親として これがどれほど皆さんの 心を痛めるかは想像に絶えません そう 私達がやっていることは そういうことなんです

亜寒帯雨林はまた 地球温暖化と気候変動を防ぐための おそらく最善の防御物です 亜寒帯雨林は他のどんな地上の生態系よりも 二酸化炭素を吸蔵しています そしてこれが 絶対的な鍵なのです 私達が行っていることは 温室効果ガスの吸収源を それも 熱帯雨林よりも1エーカー辺り 2倍も温室効果ガスを封鎖している亜寒帯を その二酸化炭素吸収源を破壊し 二酸化炭素爆弾に作り替えようとしているのです 私達はそれを 歴史上最大の産業プロジェクトで 最大の高炭素温室効果ガスを排出するオイルを 生産してしまっているのです それを地球上で二番目に大きな 石油埋蔵地で行っているのです

これが原因の一つになって 本来気候変動の優等生であるカナダ 京都議定書で最初の調印国の一つである私達が 今や フルタイムのロビイストを E.U.やワシントンD.C.で雇って 特にこうした国々が話し合いで 高炭素燃料や温室効果ガス排出の 規制を積極的に持ち込もうとするときに 貿易戦争を威嚇するのです このような国際会議において コペンハーゲンであれ カンクンであれ 気候変動の国際会議において 私達は扱いにくい大賞を毎度得ているので この問題を発展させるための 最大の障害となっています

ちょうど112kmほど下流に 世界一大きな淡水の三角州 ピース・アサバスカデルタがあり 四方から渡り鳥がやってくる唯一の交差点です ここは地球規模で重要な湿地帯で 多分地球上で最大です 北米で見られる半数の鳥類にとって 欠くことのできない住処です そして野牛の最大の群れにとっての 最後の隠れ家でもあり 他の種目にとっても 重要な生息地なのです しかし そこもアサバスカから出る 大量の水の脅威にさらされており この湿地帯を潤しつつ 同時に地球上で最大の有毒な孤立貯水池の 恐ろしい有毒物質を運び あらゆる種目の末端に及ぶ食物連鎖へと 侵出しているのです

これだけひどい状況ですが 事態は益々ひどくなっています こちらは今日話した事の基礎構造です これは2015年の計画です これはキーストーン州にある 非精製のタールサンドを メキシコ湾岸にまで運ぶ パイプラインで 北アメリカの農業の中心部を突き抜け アメリカ合衆国が 世界で最も汚い燃料を使う契約を確保し アメリカの持続可能なクリーンエネルギーの未来に 多大な影を落としています

これはマッケンジー渓谷へ下るルートです これは天然ガスを送るパイプラインになる予定で ボーフォート海から天然ガスを得て 世界で三番目に大きい 水嶺の盆地の中心を通過します そこは95%手付かずの唯一の場所です 産業用高速道路を使った パイプラインの建設は この素晴らしい原生林 を永久に変えてしまいます そこは今日この地球上では本当に希少な所なのです

グレート・ベア温帯雨林の丘を超えると 数キロにわたって 直径25センチほどの 樹齢100年の樹木に囲まれています すぐそばにある海岸沿いの温帯性雨林には 雨で濡れた直径50センチの 樹齢千年の樹木が並んでいます そこには全く違う生態系があるのです グレート・ベア温帯雨林一般的には 世界最大の海岸沿いにある 温帯性雨林生態系だと言われています この場所には地球上の象徴的で 絶滅の危機にさらされている種が密集しています しかし そこには パイプライン建造の計画があります エクソン・バルディーズの 10倍の大きさの巨大タンカーを ほんの数年前までB.C.フェリーが往来していた 世界で最も航海が困難と言われる所に 運搬しようとしています このタールサンドの タンカーの1つが 最も汚れたオイルを エクソン・バルディーズの10倍の量で運び 最後に岩に座礁して沈没したとしたら この地球上で未だかつてない 生態系の最悪の惨事を招きます

これは2030年までの計画です 彼らは生産量を およそ4倍にして フロリダ州サイズに地域を 産業化しようと企んでいます それはつまり 最大の温室効果ガスの 吸収源を破壊して 最高濃度の温室効果ガスを 排出するオイルに変えるというこです 世界はこれ以上の タール採掘場を必要としていませんし 人々を化石燃料中毒にするような これ以上のパイプラインを必要としていません 更に最大の有毒な貯水池が大きく増殖し 下流の住民に脅威となることを 絶対に望んでいません 皆さん 目を背けないでください 私達は地球温暖化と気候変動の 真っ只中にいるのです

私達に必要なのは行動する事 カナダが豊富な淡水を有している事を 誇るようにする事です 私達は この湿地帯と森林こそが 地球温暖化を防ぐための 最善で最高で最重要な 防御であると心に銘記すべきです 大気圏に炭素爆弾を放つようなことしてはなりません そして 私達が一丸となって タールサンドにノーと言うべきです それは可能です 巨大ネットワークがあって このプロジェクト中止のために戦っています

単純に考えて これは カナダ一国で決めるべきことではありません この会場にいる皆さん カナダ中の人々 このプレゼンテーションを聞いている 皆さんにも 役割と責任があるはずです なぜならここでの行動は 私達の歴史を変えることになり 私達が生き残る可能性 そして私達の子供が生き残る可能性 そして豊かな未来の青写真を変えることになります

亜寒帯一帯という かけがえのない宝物が 最善の温暖化の防御を 保護する機会があるのに 私達はそれを 失おうとしているのです タールサンドは亜寒帯一帯の大部分に 脅威を与えるだけでないのです それが破壊しているのは 恵まれないもろい人々 つまり 私達が教わるべき多くのことを持つ 先住民族の命と健康なのです それはアサバスカ・デルタ ― 最大かつ最高の淡水三角州を 破壊してしまいます それはグレート・ベア温帯雨林を ― 世界中で最大の温帯性雨林を 破壊してしまいます そして北米の中央穀倉地帯に 多大な影響を与えることになります

もしこのプレゼンテーションで 心動かされるものあったら 是非 国際的活動をしている コミュニティに加わって カナダがさらに責任をもって カナダが気候変動の悪党ではなくて 気候変動のチャンピオンに返り咲き そしてタールサンドにノーと言い 全員のクリーンエネルギーの未来に イエスと言うようさせましょう ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画