TED日本語 - リー・モコベ: 迫真の詩 ― トランスジェンダーでいることはどういう気持ちか

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - リー・モコベ: 迫真の詩 ― トランスジェンダーでいることはどういう気持ちか

TED Talks

迫真の詩 ― トランスジェンダーでいることはどういう気持ちか
A powerful poem about what it feels like to be transgender
リー・モコベ
Lee Mokobe

内容

アイデンティティーと過渡期という胸を揺さぶる詩的な探究の中、「私は解剖学の謎で、訊かれても答えられない疑問だった」と、TEDフェローで詩人のリー・モコベは言います。それは、自身の身体への洞察に富んだ内観と、それに注がれる意義なのです。

Script

The first time I uttered a prayer was in a glass-stained cathedral.

I was kneeling long after the congregation was on its feet,

dip both hands into holy water,

trace the trinity across my chest,

my tiny body drooping like a question mark

all over the wooden pew.

I asked Jesus to fix me,

and when he did not answer

I befriended silence in the hopes that my sin would burn

and salve my mouth would dissolve like sugar on tongue,

but shame lingered as an aftertaste.

And in an attempt to reintroduce me to sanctity,

my mother told me of the miracle I was,

said I could grow up to be anything I want.

I decided to be a boy.

It was cute.

I had snapback, toothless grin,

used skinned knees as street cred,

played hide and seek with what was left of my goal.

I was it.

The winner to a game the other kids couldn't play,

I was the mystery of an anatomy,

a question asked but not answered,

tightroping between awkward boy and apologetic girl,

and when I turned 12, the boy phase wasn't deemed cute anymore.

It was met with nostalgic aunts who missed seeing my knees in the shadow of skirts,

who reminded me that my kind of attitude would never bring a husband home,

that I exist for heterosexual marriage and child-bearing.

And I swallowed their insults along with their slurs.

Naturally, I did not come out of the closet.

The kids at my school opened it without my permission.

Called me by a name I did not recognize,

said "lesbian,"

but I was more boy than girl, more Ken than Barbie.

It had nothing to do with hating my body,

I just love it enough to let it go,

I treat it like a house,

and when your house is falling apart,

you do not evacuate,

you make it comfortable enough to house all your insides,

you make it pretty enough to invite guests over,

you make the floorboards strong enough to stand on.

My mother fears I have named myself after fading things.

As she counts the echoes left behind by Mya Hall, Leelah Alcorn, Blake Brockington.

She fears that I'll die without a whisper,

that I'll turn into "what a shame" conversations at the bus stop.

She claims I have turned myself into a mausoleum,

that I am a walking casket,

news headlines have turned my identity into a spectacle,

Bruce Jenner on everyone's lips while the brutality of living in this body

becomes an asterisk at the bottom of equality pages.

No one ever thinks of us as human

because we are more ghost than flesh,

because people fear that my gender expression is a trick,

that it exists to be perverse,

that it ensnares them without their consent,

that my body is a feast for their eyes and hands

and once they have fed off my queer,

they'll regurgitate all the parts they did not like.

They'll put me back into the closet, hang me with all the other skeletons.

I will be the best attraction.

Can you see how easy it is to talk people into coffins,

to misspell their names on gravestones.

And people still wonder why there are boys rotting,

they go away in high school hallways

they are afraid of becoming another hashtag in a second

afraid of classroom discussions becoming like judgment day

and now oncoming traffic is embracing more transgender children than parents.

I wonder how long it will be

before the trans suicide notes start to feel redundant,

before we realize that our bodies become lessons about sin

way before we learn how to love them.

Like God didn't save all this breath and mercy,

like my blood is not the wine that washed over Jesus' feet.

My prayers are now getting stuck in my throat.

Maybe I am finally fixed,

maybe I just don't care,

maybe God finally listened to my prayers.

Thank you. (Applause)

初めて私が祈りを口にしたのは ステンドグラスのある大聖堂だった

集会が引けたあと 長いこと膝まずき

聖水に両手を浸し

胸で十字を切った

私の小さな身体は 木製の信徒席の至るところで

疑問符のように沈んでいた

イエスに 「私を直して」と乞うたのに

その返事が返って来なかった時

私の罪は焼焦げ 舌の上の砂糖のように

私の口は溶けて鎮まるという希望を胸に 沈黙を友にしたのだ

でも恥辱はあと味として 尾を引いた

そして 私に高潔さを 再教育する中で

私がどんなものにでも なれるのだという奇跡を

母が教えてくれ

「よし、男の子になるぞ!」と決めたのだ

それは可愛げのあるもので

野球帽を頭に 歯抜けの笑顔や

擦り剥けた膝小僧を イケてるファッションとし

私の野心に残されたものと かくれんぼをした

他の子供たちが遊べないゲームの

私は勝者だった

私は解剖学の謎で

訊かれても答えられない疑問で

ぎこちない男の子と 痛々しい女の子の綱渡りをしながらも

12歳にもなると 男の子らしさは もはや可愛げのあるものではなかった

スカートからのぞいていた私の膝小僧を 懐かしむ感傷的な おばさんは

私のような振る舞いは 決して一家に「夫」をもたらさない ―

つまり 異性との結婚と出産のために 私が存在することを思い出させ

そんな彼らの矢継ぎ早の侮辱を 私はグッと堪えたのだ

当然 私はクローゼットから出ることはなかった

でも学校の子供たちは 否応なくこじ開けてきた

聞いたことのない名前で呼ばれもした

「レズビアン」

でも私はバービーというよりケンで 女の子というよりは男の子だった

自分の身体は嫌いだったけど

有るがままにさせておける程愛し

あたかも家のように扱っているのだ

家がバラバラになる時は

退去したりせず

その中で快適に過ごせるよう 努力するだろう

ゲストを招待できるように綺麗にして

皆が立てるくらいに 床を十分に強くするだろう

でも 母は 私が消え行くモノに 自らをなぞらえていると恐れている

母の耳に鳴り響いていたのは マヤ・ホール リラ・アルコーン ブレイク・ブルッキングトン

母は私が ひっそりと命を絶ち

界隈でのお悔やみの話題と なれ果てるのを恐れている

母はこう責め立てた 「お前は大霊廟に変わり果て

歩く棺となり

ニュースの見出しが お前のアイデンティティを見世物にし

ブルース・ジェンナーのように噂される その身体で生きることの無慈悲さは

公平性を期すためのページの ただの注記扱いなのに」と

生身の人間というよりも幽霊だから

私たちは人間とはみなされないのだ

人々は私のジェンダー表現は企みで

天邪鬼で

否応なく 罠にかけようとしていると恐れ

私の身体は 彼らの目や手に晒され

そのいかがわしさを貪ってしまえば

気に食わないものは全て 吐き出すのだろう

彼らは私をクローゼットに押し戻して 他の骸骨たちと並べ上げるのだ

私は最高の人寄せになるだろう

人々を棺に誘い出し 墓石の綴りを誤植するのが

どれ程 たやすいことか?

そして人々は未だ考えるだろう なぜ 生き絶えだえの少年達がいるのかと

彼らは高校の廊下から消え去り

瞬く間にSNSで話題の標的にされ

ありふれたクラスの討論が 最後の審判の日になることを恐れている

今や 来るべき潮流は親よりも トランスジェンダーの子供たちを受入れることだ

トランスジェンダーの遺書があふれ

私たちの身体が罪についての教訓だと気づき

その身体を愛する方法を学ぶまで

一体どれ程の時間が掛かるのか

この全ての魂や憐れみを 神が救わなかったように

私の血がキリストの足を洗う ワインではないように

私の祈りは 今や 咽喉につかえているのだ

多分 私は最後には直るのか

それとも どうでもよくなるのか

あるいは 神は私の祈りを 終に聞いて下さったのだ

ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画