TED日本語 - サム・ヴァン・アーケン: 40種の実をつける1本の樹 TED Talk

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - サム・ヴァン・アーケン: 40種の実をつける1本の樹 TED Talk

TED Talks

40種の実をつける1本の樹 - TED Talk
How one tree grows 40 different kinds of fruit - TED Talk
サム・ヴァン・アーケン
Sam Van Aken

内容

アーティストのサム・ヴァン・アーケンが『40種の果実の樹』という現在進行中の活動の舞台裏を紹介します。

Script

100 years ago, there were 2,000 varieties of peaches, nearly 2,000 different varieties of plums and almost 800 named varieties of apples growing in the United States. Today, only a fraction of those remain, and what is left is threatened by industrialization of agriculture, disease and climate change.

Those varieties that are threatened include the Blood Cling, a red-flesh peach brought by Spanish missionaries to the Americas, then cultivated by Native Americans for centuries; an apricot that was brought by Chinese immigrants who came to work on the Transcontinental Railroad; and countless varieties of plums that originated in the Middle East and were then brought by Italian, French and German immigrants. None of these varieties are indigenous. In fact, almost all of our fruit trees were brought here, including apples and peaches and cherries. So more than just food, embedded within these fruit is our culture. It's the people who cared for and cultivated them, who valued them so much that they brought them here with them as a connection to their home, and it's the way that they've passed them on and shared them. In many ways, these fruit are our story. And I was fortunate enough to learn about it through an artwork that I created entitled the "Tree of 40 Fruit."

The Tree of 40 Fruit is a single tree that grows 40 different varieties of stone fruit. So that's peaches, plums, apricots, nectarines and cherries all growing on one tree. It's designed to be a normal-looking tree throughout the majority of the year, until spring, when it blossoms in pink and white and then in summer, bears a multitude of different fruit. I began the project for purely artistic reasons: I wanted to change the reality of the everyday, and to be honest, create this startling moment when people would see this tree blossom in all these different colors and bear all of these different fruit.

I created the Tree of 40 Fruit through the process of grafting. I'll collect cuttings in winter, store them, and then graft them onto the ends of branches in spring. In fact, almost all fruit trees are grafted, because the seed of a fruit tree is a genetic variant of the parent. So when we find a variety that we really like, the way that we propagate it is by taking a cutting off of one tree and putting it onto another -- which is kind of crazy to think that every single Macintosh apple came from one tree that's been grafted over and over from generation to generation. But it also means that fruit trees can't be preserved by seed. I've known about grafting as long as I can remember. My great-grandfather made a living grafting peach orchards in Southeastern Pennsylvania. And although I never met him, any time anyone would mention his name, they were quick to note that he knew how to graft as if he had a magical or mystical capability.

I decided on the number 40 for the Tree of 40 Fruit because it's found throughout Western religion as not the quantifiable dozen and not the infinite but a number that's beyond counting. It's a bounty or a multitude. But the problem was that when I started, I couldn't find 40 different varieties of these fruit, and this is despite the fact that I live in New York state, which, a century ago, was one of the leading producers of these fruit. So as they were tearing out research orchards and old, vintage orchards, I would collect branches off them and graft them onto trees in my nursery.

So this is what the Tree of 40 Fruit look like when they were first planted, and this is what they look like six years later. This is definitely not a sport of immediate gratification --

(Laughter)

It takes a year to know if a graft has succeeded; it takes two to three years to know if it produces fruit; and it takes up to eight years to create just one of the trees.

Each of the varieties grafted to the Tree of 40 Fruit has a slightly different form and a slightly different color. And I realized that by creating a timeline of when all these blossomed in relationship to each other, I can essentially shape or design how the tree appears during spring. And this is how they appear during summer. They produce fruit from June through September. First is cherries, then apricots, Asian plums, nectarines and peaches, and I think I forgot one in there, somewhere ...

(Laughter)

Although it's an artwork that exists outside of the gallery, as the project continues, it's been conservation by way of the art world. As I've been asked to create these in different locations, what I'll do is I'll research varieties that originated or were historically grown in that area, I'll source them locally and graft them to the tree so that it becomes an agricultural history of the area where they're located.

And then the project got picked up online, which was horrifying and humbling. The horrifying part was all of the tattoos that I saw of images of the Tree of 40 Fruit.

(Laughter)

Which I was like, "Why would you do that to your body?"

(Laughter)

And the humbling part was all of the requests that I received from pastors, from rabbis and priests who asked to use the tree as a central part within their service. And then it became a meme -- and the answer to that question is "I hope not?"

[ Is your marriage like the Tree of 40 Fruit? ]

(Laughter)

Like all good memes, this has led to an interview on NPR's "Weekend Edition," and as a college professor, I thought I peaked -- like, that was the pinnacle of my career -- but you never know who's listening to NPR. And several weeks after the NPR interview, I received an email from the Department of Defense. The Defense Advanced Research Project Administration invited me to come talk about innovation and creativity, and it's a conversation that quickly shifted to a discussion of food security. You see, our national security is dependent upon our food security. Now that we've created these monocultures that only grow a few varieties of each crop, if something happens to just one of those varieties, it can have a dramatic impact upon our food supply. And the key to maintaining our food security is preserving our biodiversity. 100 years ago, this was done by everybody that had a garden or a small stand of trees in their backyard, and grew varieties that were passed down through their family.

These are plums from just one Tree of 40 Fruit in one week in August. Several years into the project, I was told that I have one of the largest collections of these fruit in the Eastern United States, which, as an artist, is absolutely terrifying.

(Laughter)

But in many ways, I didn't know what I had. I discovered that the majority of the varieties I had were heirloom varieties, so those that were grown before 1945, which is seen as the dawn of the industrialization of agriculture. Several of the varieties dated back thousands and thousands of years. And finding out how rare they were, I became obsessed with trying to preserve them, and the vehicle for this became art. I would go into old, vintage orchards before they were torn out and I would save the bowl or the trunk section that possessed the original graft union. I started doing pressings of flowers and the leaves to create herbarium specimens. I started to sequence the DNA. But ultimately, I set out to preserve the story through these copper-plate etchings and letterpress descriptions. To tell the story of the George IV peach, which took root between two buildings in New York City -- someone walks by, tastes it, it becomes a major commercial variety in the 19th century because it tastes just that good. Then all but vanishes, because it doesn't ship well and it doesn't conform to modern agriculture.

But I realize that as a story, it needs to be told. And in the telling of that story, it has to include the experience of being able to touch, to smell and to taste those varieties. So I set out to create an orchard to make these fruit available to the public, and have the aim of placing them in the highest density of people that I could possibly find. Naturally, I started looking for an acre of land in New York City --

(Laughter)

which, in retrospect, seemed, like, rather ambitious, and probably the reason why nobody was returning my phone calls or emails --

(Laughter)

until eventually,four years later, I heard back from Governors Island.

So Governors Island is a former naval base that was given to the City of New York in 2000. And it opened up all of this land just a five-minute ferry ride from New York. And they invited me to create a project that we're calling the "Open Orchard" that will bring back fruit varieties that haven't been grown in New York for over a century. Currently in progress, The Open Orchard will be 50 multigrafted trees that possess 200 heirloom and antique fruit varieties. So these are varieties that originated or were historically grown in the region. Varieties like the Early Strawberry apple, which originated on 13th Street and Third Avenue. Since a fruit tree can't be preserved by seed, The Open Orchard will act like a living gene bank, or an archive of these fruit. Like the Tree of 40 Fruit, it will be experiential; it will also be symbolic. Most importantly, it's going to invite people to participate in conservation and to learn more about their food.

Through the Tree of 40 Fruit, I've received thousands and thousands of emails from people, asking basic questions about "How do you plant a tree?" With less than three percent of the population having any direct tie to agriculture, the Open Orchard is going to invite people to come take part in public programming and to take part in workshops, to learn how to graft, to grow, to prune and to harvest a tree; to take part in fresh eating and blossom tours; to work with local chefs to learn how to use these fruit and to recreate centuries-old dishes that many of these varieties were grown specifically for. Extending beyond the physical site of the orchard, it will be a cookbook that compiles all of those recipes. It will be a field guide that talks about the characteristics and traits of those fruit, their origin and their story.

Growing up on a farm, I thought I understood agriculture, and I didn't want anything to do with it. So I became an artist --

(Laughter)

But I have to admit that it's something within my own DNA. And I don't think that I'm the only one. 100 years ago, we were all much more closely tied to the culture, the cultivation and the story of our food, and we've been separated from that. The Open Orchard creates the opportunity not just to reconnect to this unknown past, but a way for us to consider what the future of our food could be.

Thank you.

(Applause)

100年前には 2000種類の桃があり ほぼ2000種ものいろんなプラムや りんごも800ほどの銘柄が アメリカ国内で栽培されていました 今では 残っているのは ごく一部だけで 生き残りも 農業の産業化や病気や 地球温暖化におびやかされています

危機に瀕する品種は たとえば ブラッド・クリングという果肉の赤い桃 スペイン人の伝道師がアメリカにもたらし ネイティブ・アメリカンが 何世紀も栽培を続けました 大陸横断鉄道を建設した中国人労働者が 持ち込んだアプリコット 数えきれないほど種類の多いプラムは 中東が原産で イタリアやフランスやドイツの移民が もたらしました どれもアメリカ原産の種ではありません もっと言えば 私たちの果樹は ほぼすべてが持ち込まれたものです りんごも桃も さくらんぼもそうなのです ただ食べ物であることを越えて これらの果実には 私たちの文化が埋め込まれています 果物の世話をして育てた まさにその人たちが 故国と自分をつなぐものとして それらが重要だと考えて この地に持ち込んだのです また 人々が果樹を継承し 分け与えてきたやり方もしかりです そんな果物は いろいろな面で 私たちの物語です 私は 自分の作品 『40種の果実の樹』を 制作していく中で そのことを学ぶ機会に恵まれました

『40種の果実の樹』は1本の樹ですが そこには 40種類のいろいろな核果が実ります 桃、プラム、アプリコット、ネクタリン、さくらんぼが 全部1本の樹に実ります 1年の大半の期間は この樹の見かけは 普通の樹になるように構成してありますが 春には ピンクや白の とりどりの花が咲き 夏になると とても多様な果実をつけます このプロジェクトに着手したときには 純粋にアートとみなしていました 日常の現実に 変化を与えたいと思ったのです もっと言えば この樹が 様々な色の 花を咲かせたり 様々な実をつけているのを見た人を 一瞬でも驚かせるためです

『40種の果実の樹』は 接ぎ木という方法で作りました 冬の間に挿し木を集め 保管します 春になったら 枝の末端に 挿し木を接合させて接ぎ木します そもそも ほぼすべての果樹は 接ぎ木されたものです なぜなら 果樹の種というのは元の樹に対して 遺伝的に多様体になっているのです そこで これが良いという遺伝型を見つけたら それを増やしていく方法は その樹の一部を切り取って 別の樹に繋ぐことなのです 考えてみるとすごい話です りんごのマッキントッシュはどの樹も 全部同じ樹をもとに 何世代にもわたって 接ぎ木を繰り返してきたものなのです 逆に言えば 果樹は種で保管することが できないということでもあります 私は ものごころ付いたころから 接ぎ木を知っていました 曽祖父は ペンシルバニアの南東部で 果樹園の桃の接ぎ木を生業としていました 実際に会ったことはないのですが 誰もが 曽祖父の名前を口にするやいなや いつも 魔法か秘儀のように 接ぎ木の方法を よく知っていた人だったと言います

『40種の果実の樹』において 40という数字を選んだ理由は この数が 西洋の宗教においては 量を把握できないほど多いわけでも 無限でもないけれど 数えるには大きすぎる数と されていたからです 十分な量であり 多数と言えます そして実際に始めてみると 問題となったのは これらの果樹が40種も 見つからないことでした ニューヨーク州に住んでいるにも かかわらずです この州は1世紀前には これらの果物の トップ生産地域だったのです そこで 研究用の果樹園や 古くて由緒ある果樹園が 根こそぎにされそうなときには 私はそこから枝を回収して 私の種苗場で接ぎ木します

『40種の果実の樹』は 最初に植えた時にはこんな姿で その後6年を経て こんな姿になりました 直ちに何らかの結果が 得られる活動ではありません

(笑)

接ぎ木が成功したか わかるまでに1年 その枝に実がなるかどうか わかるまでに2~3年 こういう樹を1本作り出すのに 最大では8年を要します

『40種の果実の樹』に接ぎ木された それぞれの品種は 少しずつ異なる形や 少しずつ異なる色をしています そして 1本の樹の中で それぞれの花が 咲く順の時系列を組み立てていくと この樹が春にどう見えるか 造形を設計できます 樹は 夏にはこんな姿になります 6月から9月までは実がつきます 最初はさくらんぼ 続いてアプリコット すもも、ネクタリン、桃 あれ 樹のどこかに 何か1つ忘れたようです

(笑)

これは芸術作品ですが ギャラリーの外に存在するものであり プロジェクトが続いている限り 芸術の世界を通じた 種の保護も兼ねています こんな樹をいろいろな場所に 生やしたいと頼まれたときに 私がやることは その地に由来する種や 歴史的にそこで育てられてきた種の調査です 地域ごとの種を調達して それを接ぎ木して その樹が 植えられた地域の 農業の歴史を表すようにします

そのうちに このプロジェクトは ネットで話題となり それは恐ろしかったり 謙虚な気持ちになったりしました 恐ろしいと言ったのは 『40種の果実の樹』の タトゥーの写真をいっぱい見たからです

(笑)

なんだって 自分の体に そんなことをするでしょう

(笑)

謙虚な気持ちになる部分とは 牧師やユダヤ教のラビや神父から その樹を自分たちの 儀式や祭礼の 中核としたいと言われたことです やがて ネット記事のネタにも ― 答えは「違うといいな」ですけど

[結婚って「40種の果実の樹」を 作るのと似ている?]

(笑)

ネットの流行として NPR のウィークエンド・エディションから インタビューを受け 大学の教員としては これが絶頂期なのかも キャリアの最高峰に来たのかも なんて考えました NPR は思いもよらない人が 聴いているものです NPR のインタビューの数週間後に 国防総省からメールが来ました 国防高等研究計画局から声がかかり イノベーションと創造性について 議論をすることになりました 話の内容は たちどころに 食料安全保障の話題に移りました そう 国家の安全保障は 食料安全保障の上に成り立つのです 我々の農業は それぞれの穀物ごとに わずか数種ずつだけを栽培する モノカルチャー状態となっており いったん その種のどれかに問題が生じたら 我々の食料供給に 劇的な変化が生じかねません 食料安全保障の鍵となるのは 生物多様性を保持することです 100年前には 庭のある人や 裏庭に何本かの樹を植えている人は誰でも 親の代から受け継がれてきた品種を 育てて この課題に応えていたのでした

ここにあるのは 『40種の果実の樹』の 1本から 8月の1週間で採れたプラムです このプロジェクトを数年続けると 私が保有する核果のコレクションは アメリカ東部で最大級と 言われるほどになりました 芸術家としては 戦慄すべき事態です

(笑)

意味もわからずに 何を集めてしまったのか ― 後からわかったのですが 私の集めた種の多くは 「家宝種」と呼ばれ 農業が産業化の夜明けを迎える前の 1945 年よりも以前に育ったものでした 何千年もさかのぼる種もありました それがどれほど珍しいか知ると私は それを保存すべしという 義務感にとらわれました その手段となったのがアートです 昔からの年代物の果樹園が 果樹を根こそぎにする前に訪れて 接ぎ木のもともとの接合部を含んだ樹幹 すなわち幹の部分を保存するようにしました 植物標本用のおし花や おし葉を作り始め DNA のシーケンシングも始めました ただ なんといっても一番は その物語を こんな銅板エッチングや凸版印刷で 記録することを始めたことです ジョージ4世という桃の話はこうです ニューヨーク市の2つのビルの 間に生えていたこの樹は 通りがかりの誰かが 味見したのをきっかけに 19世紀の商用品種として人気を博しました とても良い味だったのです それから すっかり姿を消しました それは 果実が輸送に不向きで 近代的な農業には適さなかったからです

その話を知ったら これはきちんと語るべきだと思いました その話を語ろうとすると その種に触れて匂いをかいで 味わうことのできる経験を 伴わなければいけません そこで これらの果実を栽培して 誰もが手に取れるように 果樹園を作る準備を始めました この果樹園は できるだけ 人口密度が高い場所に 設置しようと考え 当然のように ニューヨーク市で 1エーカー(4000平方メートル)の土地を探し始めました

(笑)

後から考えてみると かなり野心的と言えることです それが 電話やメールに対して誰も 返信してくれなかった理由かもしれません

(笑)

やがて 4年を経て ガバナーズ島から 返事をもらいました

ガバナーズ島は かつての海軍基地で 2000年にニューヨーク市に 譲渡された島です ニューヨークからフェリーで5分の この島の全域を市が開放しました ここで「オープン・オーチャード」と呼ぶ プロジェクトを実行して ニューヨークでは1世紀にわたって 栽培されなかった種類の果実を 復活させようというのです オープン・オーチャードは現在進行中で 多品種を接ぎ木した樹を50本育てて 家宝種や古い品種の果実を200種類 実らせる予定です その品種としては この地域が原産だったり かつて栽培されていた品種で たとえば アーリー・ストロベリー種のりんごは 13丁目3番街の角が原産です 果樹は種で保存することができないので オープン・オーチャードは これらの果樹の生きた遺伝子バンクとして すなわち 保管庫として 機能します 『40種の果実の樹』と同様に 実験的な取り組みで 象徴的な取り組みでもあります さらに強調したいのはこれを通じて 多くの人が 保存にかかわり 食料について学ぶようになることです

『40種の果実の樹』を通じて メールを何千通も受け取り 基本的なことを聞かれました 「樹はどうやって植えるんですか」 農業に直接的なつながりを持つ人が 3パーセントにも満たない中で オープン・オーチャードでは 人々が公開プログラムに参加したり ワークショップに参加して 接ぎ木や果樹の生育方法や 刈込みと収穫を学んだり もぎたての試食会や 花見ツアーに参加もできます 地元の料理人に この果実を料理に使う方法を教わったり 1世紀前の料理の再現も試みます そんな料理のために これらの種は育てられていたのです 果樹園のその場での活動にとどまらず そういうレシピ全部をまとめた レシピ本も作れるでしょう 果樹園のフィールドガイドは それぞれの品種の性質や特徴や起源と それぞれの物語を語るでしょう

私は農場で育ったので 「農業はわかったけど かかわりたくない」と考えて アーティストになってみると…

(笑)

自分のDNAに組み込まれた何かが 働いたようです それは私だけではありません 100年前には 私たちは 食べている物の 文化や栽培や物語と ずっと緊密に結びついていました でも今ではすっかり 距離が生じました オープン・オーチャードが生み出す機会は こういう知られざる過去を知るだけでなく 未来の食料の未来がどんなものになるかを 考えることにもつながることでしょう

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画