TED日本語 - エル・シード: 希望と平和を訴えるストリートアート

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - エル・シード: 希望と平和を訴えるストリートアート

TED Talks

希望と平和を訴えるストリートアート
Street art with a message of hope and peace
エル・シード
eL Seed

内容

チュニジア人の両親のもとフランスで生まれ育ち、多様な文化・言語・アイデンティティを楽しんできたエル・シードは、アラビア語の詩をストリートアートとグラフィティを活かしたスタイルで表現します。穏やかながら情熱的な講演で、アーティストでありTEDフェローでもあるシードが目指すのは、翻訳すら必要のない美しいアートです。

Script

In 2012, when I painted the minaret of Jara Mosque in my hometown of Gabes, in the south of Tunisia, I never thought that graffiti would bring so much attention to a city.

At the beginning, I was just looking for a wall in my hometown, and it happened that the minaret was built in '94. And for 18 years, those 57 meters of concrete stayed grey. When I met the imam for the first time, and I told him what I wanted to do, he was like, "Thank God you finally came," and he told me that for years he was waiting for somebody to do something on it. The most amazing thing about this imam is that he didn't ask me anything -- neither a sketch, or what I was going to write.

In every work that I create, I write messages with my style of calligraffiti -- a mix of calligraphy and graffiti. I use quotes or poetry. For the minaret, I thought that the most relevant message to be put on a mosque should come from the Quran, so I picked this verse: "Oh humankind, we have created you from a male and a female, and made you people and tribe, so you may know each other." It was a universal call for peace, tolerance, and acceptance coming from the side that we don't usually portray in a good way in the media.

I was amazed to see how the local community reacted to the painting, and how it made them proud to see the minaret getting so much attention from international press all around the world. For the imam, it was not just the painting; it was really deeper than that. He hoped that this minaret would become a monument for the city, and attract people to this forgotten place of Tunisia. The universality of the message, the political context of Tunisia at this time, and the fact that I was writing Quran in a graffiti way were not insignificant. It reunited the community.

Bringing people, future generations, together through Arabic calligraphy is what I do. Writing messages is the essence of my artwork. What is funny, actually, is that even Arabic-speaking people really need to focus a lot to decipher what I'm writing. You don't need to know the meaning to feel the piece. I think that Arabic script touches your soul before it reaches your eyes. There is a beauty in it that you don't need to translate. Arabic script speaks to anyone, I believe; to you, to you, to you, to anybody, and then when you get the meaning, you feel connected to it. I always make sure to write messages that are relevant to the place where I'm painting, but messages that have a universal dimension, so anybody around the world can connect to it.

I was born and raised in France, in Paris, and I started learning how to write and read Arabic when I was 18. Today I only write messages in Arabic. One of the reasons this is so important to me, is because of all the reaction that I've experienced all around the world.

In Rio de Janeiro, I translated this Portuguese poem from Gabriela Torres Barbosa, who was giving an homage to the poor people of the favela, and then I painted it on the rooftop. The local community were really intrigued by what I was doing, but as soon as I gave them the meaning of the calligraphy, they thanked me, as they felt connected to the piece.

In South Africa, in Cape Town, the local community of Philippi offered me the only concrete wall of the slum. It was a school, and I wrote on it a quote from Nelson Mandela, saying, "[ in Arabic ]," which means, "It seems impossible until it's done." Then this guy came to me and said, "Man, why you don't write in English?" and I replied to him, "I would consider your concern legit if you asked me why I didn't write in Zulu."

In Paris, once, there was this event, and someone gave his wall to be painted. And when he saw I was painting in Arabic, he got so mad -- actually, hysterical -- and he asked for the wall to be erased. I was mad and disappointed. But a week later, the organizer of the event asked me to come back, and he told me that there was a wall right in front of this guy's house. So, this guy -- (Laughter) like, was forced to see it every day. At the beginning, I was going to write, "[ In Arabic ]," which means, "In your face," but -- (Laughter) I decided to be smarter and I wrote, "[ In Arabic ]," which means, "Open your heart."

I'm really proud of my culture, and I'm trying to be an ambassador of it through my artwork. And I hope that I can break the stereotypes we all know, with the beauty of Arabic script. Today, I don't write the translation of the message anymore on the wall. I don't want the poetry of the calligraphy to be broken, as it's art and you can appreciate it without knowing the meaning, as you can enjoy any music from other countries. Some people see that as a rejection or a closed door, but for me, it's more an invitation -- to my language, to my culture, and to my art.

Thank you.

(Applause)

2012年 ジャラ・モスクのミナレットに 絵を描きました チュニジア南部の 私の故郷ガベスです グラフィティで 故郷が注目されるとは 想像だにしませんでした

当初は ただ故郷の建物を 探していたのですが 94年に建てられたミナレットを見つけました 18年間も この57メートルの 建物は灰色のままでした イマームに最初に会った時 やりたいことを伝えました イマームは こう言いました 「神に感謝しよう やっと来てくれたか」 何年にもわたって 壁に何か施してくる人を 待っていたそうです このイマームの最高に素晴らしいところは 自由に描かせてくれたこと スケッチを見せてくれとか 何を書くんだとか聞かれませんでした

私が創り出す作品では メッセージを描きます やり方はカリグラフィティで カリグラフィーとグラフィティを合わせたものです 名言や詩を使います ミナレットには モスクという場所に 最もふさわしい コーランからの 文言を入れようと考えました そこで この一節を選びました 「人々よ 我は一人の男と 一人の女から あなた方を創り 民族と部族に分け隔てた 互いを知り合うようにさせるためだ」 万人への平和、寛容、許しを求めるもので 普段 メディアでは伝えられない イスラム教の善い面でしょう

現地の方々が 反応してくれたのは 驚きでした そして世界中のメデイアが ミナレットを取り上げる様子を見て 現地の人も誇りに思ってくれました イマームにとっては ただの絵ではありません もっと深い意味がありました このミナレットが街を象徴する 記念碑になればと願いました チュニジアの忘れられた場所に 再び息吹がもたらされればと メッセージの普遍性と 現在のチュニジアの政治背景 そして グラフィティという 新しい技法でコーランを描くことに 意味があったのです 現地の人々を再び結びつけました

アラビア語のカリグラフィで 人々や若い世代を集める これが私がやっていることです メッセージを書くのが このアートの本質です 面白いのは アラブ語を話す人たちでさえ 私のカリグラフィを 読み解くのに苦労します でも作品を感じるのに 意味が分からなくても大丈夫 アラビア語は目に訴える前に しっかり魂に響くと思います 意味が分からなくても そこには美しさがあります アラビア語は万人に訴える そう信じています あなたにも あなたにも あなたにも 全ての人々に そうして意味が分かれば それに繋がることができます メッセージを書く時に いつも気をつけているのは 絵を描く場所に まつわるものであることと 万人に訴える内容にすることで 世界中の誰もが 繋がるようにすることです

私はフランスのパリで 生まれ育ちました アラビア語の読み書きを 習い始めたのは18の時です カリグラフィでは アラビア語だけを使います これが私にとって 大切である理由の一つは 世界中から受けてきた さまざまな反響です

リオデジャネイロでは ポルトガル語の詩を訳しました ガブリエラ・トーラス・バルボサの詩で ファヴェーラに住まう 貧困にあえぐ方に捧げたもので これを屋根に描きました 地元の方々には 私がやっていることに 興味を持っていただきましたが カリグラフィの意味を 教えるやいなや 感謝されました 作品と繋がってもらえたのです

南アフリカのケープタウンで フィリピの人たちが 提供してくれたのは スラムにある コンクリートの壁だけでした そこは学校で 私が描いたのは ネルソン・マンデラの言葉です それは [アラビア語] 「何かをやり遂げるまでは 常にそれが不可能に見える」 すると ある人が近づいてきて 「何で英語で書かないんだい?」と 私はこう答えました 「もしこう尋ねたら ちゃんと答えるよ 『なぜズールー語で書かないんだい?』」

パリで ある催しがあって ある人が提供してくれた壁に 描くことになりました 私がアラビア語で描き始めると 感情むき出しで怒られました 壁の絵を消すようにと 私は憤り 失望しました 1週間後のことです 主催者に戻ってくるようにと頼まれて あの男性の家の前に 別の壁があると言うんです ですから あの人は ― (笑) 毎日 グラフィティを 見る羽目になりました 最初はこんな言葉を書こうとしました [アラビア語] 「ざまあみろ」って (笑) でも大人になろうと思って こうしました [アラビア語] 「心を開きなさい」という意味です

自分の文化に誇りを持っています 私が生み出す作品を通して それを伝えようとしています そして私たちの誰もが持ちうる ステレオタイプを アラビア語の美しさで壊したい 今ではアラビア語のメッセージを 壁に描きません カリグラフィの詩が 壊れて欲しくないのです これは芸術であって 意味が分からずとも大切にし 違う国の音楽のように 楽しんで欲しいからです 拒否しているとか 扉が閉ざされたと 思われる方もいるかもしれませんが 私にとっては 私の言葉 私の文化 私のアートへの 誘いだと考えています

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画