TED日本語 - ガブリエル・バルシア=コロンボ: 僕の「DNA自動販売機」

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ガブリエル・バルシア=コロンボ: 僕の「DNA自動販売機」

TED Talks

僕の「DNA自動販売機」
My DNA vending machine
ガブリエル・バルシア=コロンボ
Gabriel Barcia-Colombo

内容

普通、自動販売機ではソーダやキャンディーやポテトチップスを売っています。でもTEDフェローのガブリエル・バルシア=コロンボが作った自販機は違います。アーティストである彼が考えた自販機では、人間から抽出したDNAをチューブに詰め、提供者のコレクション用の写真と一緒にパッケージに詰めて販売しているのです。チャーミングで少し風変わりな自販機ですが、実はバイオ・テクノロジーに触れる機会が増えることで生じる倫理上の問題を浮き彫りにしているのです。

Script

This is a vending machine in Los Angeles. It's in a shopping mall, and it sells fish eggs. It's a caviar vending machine.

This is the Art-o-mat, an art vending machine that sells small artistic creations by different artists, usually on small wood blocks or matchboxes, in limited edition.

This is Oliver Medvedik. He's not a vending machine, but he is one of the founders of Genspace, a community biolab in Brooklyn, New York, where anybody can go and take classes and learn how to do things like grow E. coli that glows in the dark or learn how to take strawberry DNA. In fact, I saw Oliver do one of these strawberry DNA extractions about a year ago, and this is what led me onto this bizarre path that I'm going to talk to you right now. Because strawberry DNA is really fascinating, because it's so beautiful. I'd never thought about DNA being a beautiful thing before, before I saw it in this form. And a lot of people, especially in the art community, don't necessarily engage in science in this way. I instantly joined Genspace after this, and I asked Oliver, "Well, if we can do this strawberries, can we do this with people as well?" And about 10 minutes later, we were both spinning it in vials together and coming up with a protocol for human DNA extraction. And I started doing this on my own, and this is what my DNA actually looks like.

And I was at a dinner party with some friends, some artist friends, and I was telling them about this project, and they couldn't believe that you could actually see DNA. So I said, all right, let's get out some supplies right now. And I started having these bizarre dinner parties at my house on Friday nights where people would come over and we would do DNA extractions, and I would actually capture them on video, because it created this kind of funny portrait as well. (Laughter) These are people who don't necessarily regularly engage with science whatsoever. You can kind of tell from their reactions. But they became fascinated by it, and it was really exciting for me to see them get excited about science.

And so I started doing this regularly. It's kind of an odd thing to do with your Friday nights, but this is what I started doing, and I started collecting a whole group of my friends' DNA in small vials and categorizing them. This is what that looked like. And it started to make me think about a couple of things. First of all, this looked a lot like my Facebook wall. So in a way, I've created sort of a genetic network, a genetic social network, really.

And the second thing was,one time a friend came over and looked at this on my table and was like, "Oh. Why are they numbered? Is this person more rare than the other one?" And I hadn't even thought about that. They were just numbered because that was the order that I extracted the DNA in. But that made me think about collecting toys, and this thing that's going on right now in the toy world with blind box toys, and being able to collect these rare toys. You buy these boxes. You're not sure what's going to be inside of them. But then, when you open them up, you have different rarities of the toys. And so I thought that was interesting. I started thinking about this and the caviar vending machine and the Art-o-mat all together, and some reason, I was one night drawing a vending machine, thinking about doing paintings of a vending machine, and the little vial of my DNA was sitting there, and I saw this kind of beautiful collaboration between the strands of DNA and the coils of a vending machine. And so, of course, I decided to create an art installation called the DNA Vending Machine. Here it is.

(Music)

[ "DNA Vending Machine is an art installation about our increasing access to biotechnology." ]

[ "For a reasonable cost, you can purchase a sample of human DNA from a traditional vending machine." ]

[ "Each sample comes packaged with a collectible limited edition portrait of the human specimen." ]

[ "DNA Vending Machine treats DNA as a collectible material and brings to light legal issues over the ownership of DNA." ]

Gabriel Garcia-Colombo: So the DNA Vending Machine is currently in a couple galleries in New York, and it's selling out pretty well, actually. We're in the first edition of 100 pieces, hoping to do another edition pretty soon. I'd actually like to get it into more of a metro hub, like Grand Central or Penn Station, right next to some of the other, actual vending machines in that location.

But really with this project and a lot of my art projects I want to ask the audience a question, and that is, when biotechnology and DNA sequencing becomes as cheap as, say, laser cutting or 3D printing or buying caviar from a vending machine, will you still submit your sample of DNA to be part of the vending machine? And how much will these samples be worth? And will you buy someone else's sample? And what will you be able to do with that sample?

Thank you.

(Applause)

LAにある自動販売機です ショッピングモールで 魚の卵を売っています キャビアの自動販売機なんです

これは『アート・オ・マット』 ― いろいろなアーティストの 小さな作品を販売しています 小さい木片や マッチ箱に描かれた ― 限定品です

彼は自販機ではなく オリバー・メドヴェディク NY州ブルックリンにある バイオ実験室 ― Genspaceの創始者の一人です そこでは誰でも授業を受けられ 発光する大腸菌を育てる方法や イチゴのDNAを 抽出する方法などを学べます 私も1年ほど前 オリバーが イチゴDNAを抽出するのを見て この奇妙な道に足を踏み入れました そのことについて話します イチゴのDNAは とても美しく魅力的です こんな形で見るまでは DNAが 美しいとは 思いもしませんでした それに一般の人 特にアーティストは このような形で 科学に触れる事はありません 私はすぐ Genspaceに加わり オリバーに聞きました 「イチゴで できるなら 人間でもできるかな?」 10分後には2人で 一緒に試験管を振って ヒトDNAの抽出手順を作りました 自分一人でも始めました これが私のDNAです

パーティーの時 アーティストの友達に このプロジェクトについて話すと DNAが見られるなんて 誰も信じなかったので すぐに機材を出して見せました こうして金曜の夜ごとに 奇妙なパーティーを始めたのです 皆 家に来て DNAを抽出し 私は その様子を ビデオで撮影しました 表情が面白かったからです (笑) 皆 科学に関心があるような タイプではありません 反応を見ればわかります でも皆が興味をもちはじめ ― 次第に科学に 夢中になるのを見て 私もワクワクしました

こうして定期的に 集まるようになりました 金曜の夜にやるには ヘンなことかもしれませんが とにかくスタートして 友達のDNAを チューブに入れて集め 分類し始めたんです こんな感じです これが きっかけになって 考え始めました まず これがFacebookの ウォールに似てるという点です 私は遺伝情報の ネットワークを作っていると 言ってもいいかもしれません

次に考える発端になったのは 友人が小瓶を見て 言ったことです 「なんで番号が振ってあるの? 珍しい人だから?」 それは考えてもいませんでした 番号は採取した 順番だったのです 私は おもちゃの収集に 似ていると思いました 今でもよく見かける ― 小箱に入った おもちゃで レアなアイテムが 出るようなものです 買う時に 中身はわかりませんが 開けると色々な種類の おもちゃが手に入ります 面白いと思いました これと キャビアの自販と アートの自販を思い出して ある晩 自動販売機の スケッチを描きました 絵画にするつもりだったのです 小さなDNAのチューブが並んでいて DNAの配列と自販機のコイルが 響き合い 美しいと思いました そして『DNA自動販売機』という ― 作品を作ることにしたのです こちらです

(音楽)

[『DNA自動販売機』は 生命工学を テーマにしたインスタレーション]

[ごく普通の自動販売機から 手ごろな価格で ヒトDNAの標本を購入できる]

[標本には 提供者の 限定版ポートレートが付いている]

[『DNA自動販売機』は DNAをコレクションの 対象にすることで その所有権にかかわる 法律上の問題を明るみに出す]

『DNA自動販売機』は現在 ― NYの画廊に設置されています 売れ行きは上々です 今は初版100個を販売中で 次を考えているところです グランドセントラル駅や ペンシルバニア駅のような ― 地下鉄の中核駅で 普通の自販機に並べて 設置したいですね

こういった色々なアート・ プロジェクトを通して 皆さんにたずねたいことがあります 生命工学やDNA解析技術が レーザー加工や3Dプリントや 自販機でキャビアを買う位 安価になったら ― 自分のDNAを この自販機に提供しますか? 標本の価値は いくらになるでしょう? 他人の標本は買うでしょうか? 買った標本を使って 何をしますか?

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画