TED日本語 - マリーナ・アブラモヴィッチ: 信頼、弱さ、絆から生まれるアート

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - マリーナ・アブラモヴィッチ: 信頼、弱さ、絆から生まれるアート

TED Talks

信頼、弱さ、絆から生まれるアート
An art made of trust, vulnerability and connection
マリーナ・アブラモヴィッチ
Marina Abramovic

内容

マリーナ・アブラモヴィッチの芸術は、観客と芸術家の境界を押し進めることで、意識を高め、個人レベルの変化を目指すものです。2010年の革新的な作品『The Artist Is Present』では、彼女は毎日8時間、ただ観客と向かい合って椅子に腰掛けることで、力強く感動的な経験を生みました。今後、さらに大胆な作品が生まれるかもしれません。それは、実験的な試みや細心の配慮のもとになされるシンプルな行為を目的とした、世界中に広がるアート施設という形をとりつつあります。マリーナの言葉です。「いつも同じことをしていても、何も起こりません。私の手法は、自分が恐れていることや未知のことに取り組み、誰も経験したことのない領域に足を踏み入れることなのです。」

Script

Now ... let's go back in time. It's 1974. There is the gallery somewhere in the world, and there is a young girl, age 23, standing in the middle of the space. In the front of her is a table. On the table there are 76 objects for pleasure and for pain. Some of the objects are a glass of water, a coat, a shoe, a rose. But also the knife, the razor blade, the hammer and the pistol with one bullet. There are instructions which say, "I'm an object. You can use everything on the table on me. I'm taking all responsibility -- even killing me. And the time is six hours."

The beginning of this performance was easy. People would give me the glass of water to drink, they'd give me the rose. But very soon after, there was a man who took the scissors and cut my clothes, and then they took the thorns of the rose and stuck them in my stomach. Somebody took the razor blade and cut my neck and drank the blood, and I still have the scar. The women would tell the men what to do. And the men didn't rape me because it was just a normal opening, and it was all public, and they were with their wives. They carried me around and put me on the table, and put the knife between my legs. And somebody took the pistol and bullet and put it against my temple. And another person took the pistol and they started a fight.

And after six hours were finished, I ... started walking towards the public. I was a mess. I was half-naked, I was full of blood and tears were running down my face. And everybody escaped, they just ran away. They could not confront myself, with myself as a normal human being. And then -- what happened is I went to the hotel, it was at two in the morning. And I looked at myself in the mirror, and I had a piece of gray hair. Alright -- please take off your blindfolds.

Welcome to the performance world. First of all, let's explain what the performance is. So many artists, so many different explanations, but my explanation for performance is very simple. Performance is a mental and physical construction that the performer makes in a specific time in a space in front of an audience and then energy dialogue happens. The audience and the performer make the piece together. And the difference between performance and theater is huge. In the theater, the knife is not a knife and the blood is just ketchup. In the performance, the blood is the material, and the razor blade or knife is the tool. It's all about being there in the real time, and you can't rehearse performance, because you can't do many of these types of things twice -- ever. Which is very important, the performance is -- you know, all human beings are always afraid of very simple things. We're afraid of suffering, we're afraid of pain, we're afraid of mortality. So what I'm doing -- I'm staging these kinds of fears in front of the audience. I'm using your energy, and with this energy I can go and push my body as far as I can. And then I liberate myself from these fears. And I'm your mirror. If I can do this for myself, you can do it for you.

After Belgrade, where I was born, I went to Amsterdam. And you know, I've been doing performances since the last 40 years. And here I met Ulay, and he was the person I actually fell in love with. And we made, for 12 years, performances together. You know the knife and the pistols and the bullets, I exchange into love and trust. So to do this kind work you have to trust the person completely because this arrow is pointing to my heart. So, heart beating and adrenaline is rushing and so on, is about trust, is about total trust to another human being.

Our relationship was 12 years, and we worked on so many subjects, both male and female energy. And as every relationship comes to an end, ours went too. We didn't make phone calls like normal human beings do and say, you know, "This is over." We walked the Great Wall of China to say goodbye. I started at the Yellow Sea, and he started from the Gobi Desert. We walked, each of us,three months,two and a half thousand kilometers. It was the mountains, it was difficult. It was climbing, it was ruins. It was, you know, going through the 12 Chinese provinces, this was before China was open in '87. And we succeeded to meet in the middle to say goodbye. And then our relationship stopped.

And now, it completely changed how I see the public. And one very important piece I made in those days was "Balkan Baroque." And this was the time of the Balkan Wars, and I wanted to create some very strong, charismatic image, something that could serve for any war at any time, because the Balkan Wars are now finished, but there's always some war, somewhere. So here I am washing two and a half thousand dead, big, bloody cow bones. You can't wash the blood, you never can wash shame off the wars. So I'm washing this six hours,six days, and wars are coming off these bones, and becoming possible -- an unbearable smell. But then something stays in the memory.

I want to show you the one who really changed my life, and this was the performance in MoMa, which I just recently made. This performance -- when I said to the curator, "I'm just going to sit at the chair, and there will be an empty chair at the front, and anybody from the public can come and sit as long as they want." The curator said to me, "That's ridiculous, you know, this is New York, this chair will be empty, nobody has time to sit in front of you."

(Laughter)

But I sit for three months. And I sit everyday,eight hours -- the opening of the museum -- and 10 hours on Friday when the museum is open 10 hours, and I never move. And I removed the table and I'm still sitting, and this changed everything. This performance, maybe 10 or 15 years ago -- nothing would have happened. But the need of people to actually experience something different, the public was not anymore the group -- relation was one to one. I was watching these people, they would come and sit in front of me, but they would have to wait for hours and hours and hours to get to this position, and finally, they sit.

And what happened? They are observed by the other people, they're photographed, they're filmed by the camera, they're observed by me and they have nowhere to escape except in themselves. And that makes a difference. There was so much pain and loneliness, there's so much incredible things when you look in somebody else's eyes, because in the gaze with that total stranger, that you never even say one word -- everything happened. And I understood when I stood up from that chair after three months, I am not the same anymore. And I understood that I have a very strong mission, that I have to communicate this experience to everybody.

And this is how, for me, was born the idea to have an institute of immaterial performing arts. Because thinking about immateriality, performance is time-based art. It's not like a painting. You have the painting on the wall, the next day it's there. Performance, if you are missing it, you only have the memory, or the story of somebody else telling you, but you actually missed the whole thing. So you have to be there. And in my point, if you talk about immaterial art, music is the highest -- absolutely highest art of all, because it's the most immaterial. And then after this is performance, and then everything else. That's my subjective way.

This institute is going to happen in Hudson, upstate New York, and we are trying to build with Rem Koolhaas, an idea. And it's very simple. If you want to get experience, you have to give me your time. You have to sign the contract before you enter the building, that you will spend there a full six hours, you have to give me your word of honor. It's something so old-fashioned, but if you don't respect your own word of honor and you leave before -- that's not my problem. But it's six hours, the experience. And then after you finish, you get a certificate of accomplishment, so get home and frame it if you want.

(Laughter)

This is orientation hall. The public comes in, and the first thing you have to do is dress in lab coats. It's this importance of stepping from being just a viewer into experimenter. And then you go to the lockers and you put your watch, your iPhone, your iPod, your computer and everything digital, electronic. And you are getting free time for yourself for the first time. Because there is nothing wrong with technology, our approach to technology is wrong. We are losing the time we have for ourselves. This is an institute to actually give you back this time.

So what you do here, first you start slow walking, you start slowing down. You're going back to simplicity. After slow walking, you're going to learn how to drink water -- very simple, drinking water for maybe half an hour. After this, you're going to the magnet chamber, where you're going to create some magnet streams on your body. Then after this, you go to crystal chamber. After crystal chamber, you go to eye-gazing chamber, after eye-gazing chamber, you go to a chamber where you are lying down. So it's the three basic positions of the human body, sitting, standing and lying. And slow walking. And there is a sound chamber. And then after you've seen all of this, and prepared yourself mentally and physically, then you are ready to see something with a long duration, like in immaterial art. It can be music, it can be opera, it can be a theater piece, it can be film, it can be video dance. You go to the long duration chairs because now you are comfortable. In the long duration chairs, you're transported to the big place where you're going to see the work. And if you fall asleep, which is very possible because it's been a long day, you're going to be transported to the parking lot.

(Laughter)

And you know, sleeping is very important. In sleeping, you're still receiving art. So in the parking lot you stay for a certain amount of time, and then after this you just, you know, go back, you see more of the things you like to see or go home with your certificate.

So this institute right now is virtual. Right now, I am just making my institute in Brazil, then it's going to be in Australia, then it's coming here, to Canada and everywhere. And this is to experience a kind of simple method, how you go back to simplicity in your own life. Counting rice will be another thing.

(Laughter)

You know, if you count rice you can make life, too. How to count rice for six hours? It's incredibly important. You know, you go through this whole range of being bored, being angry, being completely frustrated, not finishing the amount of rice you're counting. And then this unbelievable amount of peace you get when satisfying work is finished -- or counting sand in the desert. Or having the sound-isolated situation -- that you have headphones, that you don't hear anything, and you're just there together without sound, with the people experiencing silence, just the simple silence.

We are always doing things we like in our life. And this is why you're not changing. You do things in life -- it's just nothing happens if you always do things the same way. But my method is to do things I'm afraid of, the things I fear, the things I don't know, to go to territory that nobody's ever been.

And then also to include the failure. I think failure is important because if you go, if you experiment, you can fail. If you don't go into that area and you don't fail, you are actually repeating yourself over and over again. And I think that human beings right now need a change, and the only change to be made is a personal level change. You have to make the change on yourself. Because the only way to change consciousness and to change the world around us, is to start with yourself. It's so easy to criticize how it's different, the things in the world and they're not right, and the governments are corrupted and there's hunger in the world and there's wars -- the killing. But what we do on the personal level -- what is our contribution to this whole thing?

Can you turn to your neighbor, the one you don't know, and look at them for two full minutes in their eyes, right now?

(Chatter)

I'm asking two minutes of your time, that's so little. Breathe slowly, don't try to blink, don't be self-conscious. Be relaxed. And just look a complete stranger in your eyes, in his eyes.

(Silence) Thank you for trusting me.

(Applause)

Chris Anderson: Thank you. Thank you so much.

さあ… 時を遡りましょう 1974年です 世界のどこかに ギャラリーがあります その空間の中央には 23歳の娘が立っています 彼女の目の前にはテーブルがあります その上には 76個の物があります 快楽や苦痛を与える物です それらの中には グラスに入った水やコート 靴やバラがあります 一方 ナイフやカミソリの刃やハンマー 弾を1発込めた銃もあります こんな指示が書いてあります 「私は対象です テーブルの上にあるものはどれでも 私に対して使って構いません 私は すべての責任を負います それが私を殺すことへの責任であろうと 制限時間は6時間です」

パフォーマンスが始まった時は まだ楽でした みんな グラスの水を飲ませてくれたり バラをくれたりしました ところが その後すぐに ハサミを手にして 私の服を切る男性が現れ それからバラの棘を取って 私の腹に刺す人もいました ある人はカミソリの刃を手にとり 私の首に切りつけ 血を飲みました 今でも傷が残っています 女たちが 男たちに指示していました 男たちが私をレイプしなかったのは それが普通の展覧会のオープニングで すべて公開されていて 妻と一緒だったからです 男たちは 私を運んでテーブルの上に置き 脚と脚の間にナイフを置きました そして誰かが銃と弾を手に取り 私のこめかみに押し付けました 別の人が 銃を取り上げ 2人は喧嘩を始めました

6時間が過ぎて 私は ― 観客の方へ歩き始めました 私は滅茶苦茶でした 半裸で 血だらけで 涙を流していました 誰もが逃げ出しました みんな 普通の人間としての私に 向き合えなかったのです それから どうなったか 私はホテルに帰りました 午前2時でした そして 鏡の中の自分を見ると 髪が一筋 白髪になっていました それでは 目隠しを外してください

パフォーマンスの世界へようこそ まず最初に パフォーマンスとは何か 説明しましょう 様々なアーティストが 様々な説明をしますが 私の説明は とてもシンプルです パフォーマンスとは パフォーマーによって ある特定の時間内で 観客の目の前の空間に作り出される ― 精神と肉体によって構築されたもので そこからエネルギーの交流が生じます 観客とパフォーマーが 共に作品を作るのです パフォーマンスと演劇は 大きく異なります 演劇では ナイフは 本物のナイフではなく 血は ただのケチャップです パフォーマンスでは 血は素材であり カミソリの刃やナイフは 道具です パフォーマンスでは その瞬間 その場に在ることが すべてであり リハーサルはできません こういうことは 多くの場合 二度とできないのです これは とても重要です パフォーマンスとは… 人間は皆 とても単純なものを恐れます 苦しむことを恐れ 痛みを恐れ いつか死ぬことを恐れます だから 私は ― 観客の前で そんな恐れを上演します 私は あなたのエネルギーを利用し それを使って 自分の肉体を 可能な限り遠くへと駆り立てます そして そういった恐怖から 自分を解放します 私は あなたを映す鏡です 私が自分に対してできるなら あなたにもできます

私は生まれ故郷のベオグラードから アムステルダムへ行きました パフォーマンスを続けて もう40年になります そこで私はウライに出会いました 私が本当に愛した人物です 私たちは12年間 一緒にパフォーマンスをしました ナイフや 銃と弾丸を 愛情や信頼に替えたのです こういう作品では 相手を心から信頼する必要があります この矢は私の心臓を 狙っているのですから だから心臓の鼓動や アドレナリンの放出などは 信頼 つまりもう1人の人間への 全面的な信頼なのです

私たちの関係は12年続きました 男と女のエネルギーについて 本当に多くのテーマに取り組みました すべての関係が いつか終わるように 私たちの関係も終わりを告げました でも 普通の人のように 電話で 「もう終わりね」などとは 言いませんでした 別れるために 中国にある 万里の長城を歩いたのです 私は黄海から 彼はゴビ砂漠から 歩き始めました 私たちは それぞれ3か月間 2,500kmを歩きました 山道で とても苦労しました よじ登るところや 廃墟がありました 万里の長城は 12の省にまたがっていました 1987年に中国が 改革開放を始める前のことでした 私たちは中間地点で出会うことができ お別れを言いました これで2人の関係は終わりました

このことで 私の観客の捉え方は すっかり変わりました その頃 制作した とても重要な作品が 『バルカン・バロック』です 制作したのはユーゴ紛争の時期で 私は力強くカリスマ的なイメージ すなわち どんな時代の どの戦争にも当てはまるものを 作りたかったのです 今はユーゴ紛争は終わっていますが 常にどこかで戦争は起きているからです だから ここで私は2,500本の 死んだ牛の 大きな血だらけの骨を 洗っています 血を洗い流せないように 決して 戦争から恥を洗い流すことはできません 私は6日間 毎日6時間骨を洗いました 戦争が骨から剥がれ落ちるにつれ 生じるのは 耐えがたいほどの臭いです 一方で 記憶に残るものもあります

次にお見せしたいのは 私の人生を変えた作品です 最近ニューヨーク近代美術館で行った パフォーマンスです このパフォーマンスについて 私は キュレーターにこう言いました 「私がただ椅子に座り 正面にもう1つ椅子を置いて 来る人が誰でも 好きなだけ そこに座れるようにするつもり」 キュレーターは 答えました 「無理ですよ ここはニューヨークですよ 誰も座らないでしょう それほどヒマな人はいませんよ」

(笑)

それでも私は3か月 座りました 毎日8時間 開館時間中ずっとです 開館時間が10時間の金曜日は 10時間座り 微動だにしませんでした テーブルを取り払い まだ座っています これで すべてが変化しました 10~15年ほど前に このパフォーマンスをしても 何も起こらなかったでしょう でも人々は何か違うことを 実際に経験したがっていました 観客は もう集団ではなく 1対1の関係になったのです 私は この人たちを見ていました 人々は私の前に来て座るのですが この場所に座るまで 何時間も何時間も 待たねばならず それから やっと座るのです

そして 何が起きたか? 彼らは 他の人々に観察され 写真を撮られ ビデオに録画され 私に見られているため 自分の中にしか逃げ場はなくなります これが重要なのです 大きな痛みや孤独を感じるのです 他者の瞳を見つめていると すごいことが起こります 一言も言葉を交わさずに 赤の他人と見つめ合っていると あらゆることが起こるのです 3か月後に私が椅子から 立ち上がった時 私は変化していました そして この経験を あらゆる人に伝えるという 強い使命感に 駆られたのです

実体をもたない パフォーマンス・アートのための施設を 作るというアイデアは こうして生まれました 実体がないという点を考えると パフォーマンスは 時間に基づくアートです 絵画とは違います 絵を壁に掛ければ 翌日も そこにあります パフォーマンスは 見逃してしまうと 記憶や 誰かから聞いた話しか残らず 実際には すべて失われます その場にいる必要があるのです 私が強調したいのは 非物質的なアートを語る時 間違いなく音楽が あらゆる芸術の中で 最高だということです 音楽が最も非物質的だからです 次に来るのはパフォーマンスで その後 他の芸術が続きます 私の主観的な見方ですが

この施設はニューヨーク州北部 ハドソンに設立予定で レム・コールハースと共に アイデアを形にしようとしています とてもシンプルです 何か経験したいと思ったら あなたは私に時間を預ける必要があります 建物に入る前に 書類にサインしなくてはなりません 6時間に渡って そこで過ごすという 宣誓をしなければならないのです これは 少し古風ですが もし あなたが自分の誓いを破り 時間になる前に去っても 私は気にしません でも6時間で一つの経験です 終わった後には 認定証がもらえますから 家に帰って額に入れてもいいのです

(笑)

ここはオリエンテーション・ホール 人々が入場して最初にするのは 白衣に着替える事です これは 見る側から 実験する側へと 変わるためには重要です 次にロッカーへ行き 時計やiPhoneやiPodや コンピュータなど デジタル機器や電気製品を全部預けます こうして初めて 自分のための 自由な時間を手に入れるのです テクノロジー自体には 何も問題はありませんが その扱い方が間違っているからです 私たちは自分のための時間を 失っています この施設は その時間を あなたが取り戻すためのものです

ここでするのは まず ゆっくり歩いて ペースを落としていくことです そしてシンプルな状態に戻るのです ゆっくり歩いた後は 水の飲み方を学びます とてもシンプルです 30分ほどかけて水を飲むのです その後「磁気の部屋」に行き そこで 体に磁気の流れを 作ることになります 次に「水晶の部屋」に行きます その後は「見つめ合う部屋」 さらにその次の部屋では 横たわります 「座る」「立つ」「寝る」は 人体の基礎となる 3つの姿勢です ゆっくり歩くことも そうです 次に「音の部屋」があります これら すべてを見終わって 精神的にも肉体的にも準備ができると 非物質的なアートのような 長い時間がかかるものを 見る準備が整います それは音楽かもしれないし オペラや演劇かもしれない 映画やビデオ・ダンスかもしれません 心がゆったりしたあなたは 「長時間用椅子」に向かいます 長時間用椅子に座ったまま 広い場所に移され そこで作品を見ることになります もし眠ってしまったら ― 長い1日なので ありそうな話ですが そのまま駐車場に運ばれていきます

(笑)

眠りというのは とても重要です 眠っている間も アートを受け取っています 駐車場で しばらく 過ごすことになりますが その後は 戻ってきて 見たいものを好きなだけ 見ていってもいいし 認定証を持って 帰ってもいいのです

今のところ この施設は仮想のものです 私は今 ブラジルに施設を作っていて 次はオーストラリア そして ここカナダと あらゆる場所に作る予定です これは ある種のシンプルな方法を 経験すること ― つまり シンプルな生き方に 回帰する方法です 米粒を数えるというのもあります

(笑)

ただ 米粒を数えることでも 人生を作り出せます 6時間 米粒を数え続けるには? これは とても大切なことです 米粒を数え終わらないせいで 飽きたり 腹が立ったり イライラしたりと 一連の感情を経験しますが 十分な量の仕事を終えると 心がすごく安らぎます 砂漠の砂粒を数えるのもいいでしょう あるいは ヘッドホンをつけ 何も聞こえないようにして 音を遮断した状況を作ると 静寂を体感している人々と一緒に 完全なる無音の環境に ただ存在することになります

私たちは いつも 好きなことしかせずに生きています だから変化しないのです 生きていく中で いつも同じことだけしていると 何も起こりません 一方 私の手法は 不安に思うことや 恐れていること 未知のことに取り組み 誰も経験したことのない領域に 足を踏み入れることなのです

失敗することもあります 失敗は重要だと思います 前進や実験に 失敗はつきものだからです その領域に踏み込まず 失敗しなければ 何度も何度も 同じことを 繰り返しているにすぎません 現代の私たちには変化が必要だと 私は考えています そして 個人のレベルでしか 変化はもたらせないと思います 自分自身を変えなければならないのです なぜなら意識や 我々を取り巻く世界を 変化させる唯一の方法とは まず自分を変えることだからです 違っていると言って 批判するのは簡単です 世の中 全部が間違っているとか 政治が腐敗しているとか 世界に飢えた人々がいるとか 戦争 ― いや 人殺しがあるとか… ただ 私たちは個人レベルで そういうことに対して どう役に立てるでしょう

隣にいる あなたの知らない人と 向き合って 相手の目を2分間 見つめられますか?

(ざわめき)

2分間だけ 時間をください わずかな時間です ゆっくり息をして 瞬きをせず 自意識過剰にならないように リラックスして 知らない相手の目を ただ見つめてください

(静寂) 私を信頼してくれて ありがとう

(拍手)

(クリス・アンダーソン)ありがとう どうもありがとう

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画