TED日本語 - ライアン・ホラデイ: 今そこにしかない音楽

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ライアン・ホラデイ: 今そこにしかない音楽

TED Talks

今そこにしかない音楽
To hear this music you have to be there. Literally
ライアン・ホラデイ
Ryan Holladay

内容

デジタル化が進む現在、音楽業界は、自らの新しい姿を見出すべく奮闘しています。このプレゼンテーションでは、ライアン・ホラデイが「位置認識アルバム」と呼ばれる実験的なプロジェクトについて説明します。このプログラミングと音楽的な機能では、数百もの楽曲部分が地理的にタグ付けされ、リスナーがいる実際の場所でしか聴くことのできない音楽が構成されます。(TED@BCGで撮影)

Script

(Music) For any of you who have visitedor lived in New York City, these shots might start to look familiar. This is Central Park,one of the most beautifully designed public spaces in America. But to anyone who hasn't visited, these images can't really fully convey. To really understand Central Park, you have to physically be there. Well, the same is true of the music, which my brother and I composed and mapped specifically for Central Park. (Music)

I'd like to talk to you today a little bit about the work that my brother Hays and I are doing -- That's us there. That's both of us actually - specifically about a concept that we've beendeveloping over the last few years, this idea of location-aware music.

Now, my brother and I, we're musicians and music producers. We've been working together since, well, since we were kids, really. But recently, we've becomemore and more interested in projects where art and technology intersect, from creating sight-specific audio and video installation to engineering interactive concerts.

But today I want to focus on this concept of composition for physical space.

But before I go too much further into that, let me tell you a little bit about how we got started with this idea. My brother and I were living in New York City when the artists Christo and Jeanne-Claude did their temporary installation, The Gates, in Central Park. Hundreds of these brightly-colored sculptures decorated the park for a number of weeks, and unlike work that's exhibited in a more neutral space, like on the walls of a gallery or a museum, this was work that was really in dialogue with this place, and in a lot of ways, The Gates was really a celebration of Frederick Olmsted's incredible design. This was an experience that stayed with us for a long time, and years later, my brother and I moved back to Washington, D.C., and we started to ask the question, would it be possible, in the same way that The Gates responded to the physical layout of the park, to compose music for a landscape? Which brought us to this.

(Music)

On Memorial Day, we released "The National Mall," a location-aware album released exclusively as a mobile app that uses the device's built-in GPS functionality to sonically map the entire park in our hometown of Washington, D.C. Hundreds of musical segments are geo-tagged throughout the entire park so that as a listener traverses the landscape, a musical score is actually unfolding around them. So this is not a playlist or a list of songs intended for the park, but rather an array of distinct melodies and rhythms that fit together like pieces of a puzzle and blend seamlessly based on a listener's chosen trajectory. So think of this as a choose-your-own-adventure of an album.

Let's take a closer look. Let's look at one example here. So using the app, as you make your way towards the grounds surrounding the Washington Monument, you hear the sounds of instruments warming up, which then gives way to the sound of a mellotron spelling out a very simple melody. This is then joined by the sound of sweeping violins. Keep walking, and a full choir joins in, until you finally reach the top of the hill and you're hearing the sound of drums and fireworks and all sorts of musical craziness, as if all of these sounds are radiating out from this giant obelisk that punctuates the center of the park. But were you to walk in the opposite direction, this entire sequence happens in reverse. And were you to actually exitthe perimeter of the park, the music would fade to silence, and the play button would disappear.

We're sometimes contacted bypeople in other parts of the world who can't travel to the United States, but would like to hear this record. Well, unlike a normal album, we haven't been able to accommodate this request. When they ask for a C.D. or an MP3 version, we just can't make that happen, and the reason is because this isn't a promotional app or a game to promote or accompany the release of a traditional record. In this case, the app is the work itself, and the architecture of the landscape is intrinsic to the listening experience.

Six months later, we did a location-aware album for Central Park, a park that is over two timesthe size of the National Mall, with music spanning from the Sheep's Meadow to the Ramble to the Reservoir.

Currently, my brother and I are working on projects all over the country, but last spring we started a project, here actually at Stanford's Experimental Media Art Department, where we're creating our largestlocation-aware album to date,one that will span the entirety of Highway 1 here on the Pacific Coast.

But what we're doing, integrating GPS with music, is really just one idea. But it speaks to a larger vision for a music industry that's sometimes struggled to find its footing in this digital age, that they begin to see these new technologies not simply as ways of adding bells and whistles to an existing model, but to dream up entirely new ways for people to interact with and experience music.

Thank you.

(Applause)

(音楽) ニューヨークのマンハッタンに行ったことのある人なら この場所は ご存じと思います セントラルパークです アメリカで最も美しい 公共空間の 1つです しかし 実際に訪れたことのない人にとっては この映像では その素晴らしさを十分伝えられないでしょう セントラルパークを本当に理解するには 実際に足を運ばなければなりません それは音楽でも同じです 私たち兄弟は セントラルパークでしか聴けない 音楽を制作しました (音楽)

今日は 私たちのプロジェクトについて 少しお話ししたいと思います 私たち兄弟です2人一緒に写っていますが これまで何年か私たちは位置認識を使った音楽という アイデアを発展させてきました

私たち兄弟はミュージシャンです プロデュースもやっています 子供のときから ずっと一緒に 色々なことをやってきました 最近はアートとテクノロジーを融合させる プロジェクトに大きな 興味を持っています 場所に固有のオーディオと ビデオのインスタレーションや インタラクティブなコンサートなどです

今日は 特定の空間に合わせた楽曲という 概念について説明します

細かいことを説明する前に このアイデアを思いついたきっかけを 説明しましょう 私たち兄弟はマンハッタンに住んでいたときに アーティストのクリストとジャンヌ=クロードが セントラルパークで行った「ザ・ゲート」という インスタレーションを体験しました このような明るい色をした無数の展示物が 何週間かセントラルパークに展示されました それはギャラリーや美術館の展示物とは まったく違っていて いつもの見慣れた空間が別のものになっていました それはセントラルパークという場所でしか体験できない アートでした 色々な意味において「ザ・ゲート」は フレデリック ・ オルムステッドが 設計したセントラルパークに新しい意味を与えたのです このときの経験は忘れられないものでした それから何年か後 ワシントン DC に移った私たちは 色々と考えました 「ザ・ゲート」がセントラルパークという 場所で実現したのと同じ方法で 特定の場所でしか体験できない音楽を作ることは 可能かと思うようになったのです その結果が これです

(音楽)

5月に 新たな位置認識アルバム 「ナショナル ・ モール」をリリースしました これはモバイルアプリとしてリリースされ デバイスに搭載されたGPS機能を使用して ワシントン DC の象徴であるこの国立公園全体の それぞれの場所にマッピングされています 何百もの楽曲部分が公園全体で 地理的にタグ付けされているので リスナーが公園内を移動するのに合わせて 楽曲が変化していきます ですから プレイリストや従来のアルバムとは違い この公園でしか体験できない音楽です これはリスナーの移動に合わせて 個々のメロディーやリズムが パズルのピースを組み合わせるように 継ぎ目なくブレンドされます ですから曲の構成は リスナーごとに異なります

詳しく説明しましょう デモを用意してきました アプリを使用して ワシントン・モニュメント付近に向かって 歩いて行くと ウォーミングアップの楽曲が聞こえてきます それからシンプルなメロディーを奏でる メロトロンになり バイオリンの音が重なります 歩き続けるとコーラスが加わります 最後に丘の頂上に辿り着くと ドラムと花火の音が聞こえて クライマックスを迎えます すべての音はナショナル・モールの中心にある この巨大なモニュメントから放射状に 広がる形で構成されています 逆の方向に歩くと このシーケンスは逆の順序になります 公園を出てしまうと 音楽がフェードアウトして終わります この時に再生ボタンが消えます

他の場所に住んでいてアメリカまで行けないという人から このアルバムを聴いてみたいという 問い合わせがくることもあります しかし 通常のアルバムとは違って そのようなリクエストには応えることができません CD や MP3 バージョンのリクエストもありますが 残念ながら それも無理です その理由は これが通常のレコードの プロモーションを目的としたアプリや ゲームではないからです この場合 アプリは作品そのもので その場所の風景が 音楽体験の一部になります

6ヶ月後 私たちはセントラルパーク用の 位置認識アルバムを作りました 広さはナショナル ・ モールの2倍以上で 音楽はセントラルパークのこちら側から 向こうの端までに広がっています

現在 私たち兄弟は 全米各地でプロジェクトを行っていて この春に新しいプロジェクトとして このスタンフォード大学の メディア芸術学部で 今までで最大の位置認識アルバムを制作しています これは太平洋岸を走る長大なハイウェイ1号の 全線を網羅する予定です

私たちがやっている GPS と音楽の融合は 1つのアイデアに過ぎません しかし これは現在のデジタル時代において 音楽業界が直面している課題に 1つのビジョンを提示するものです このような新しいテクノロジーを これまでのモデルを付け焼き刃的に 変えるためのものではなく 音楽を体験する まったく新しい方法を 実現するために活用できればと思います

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画