TED日本語 - シェリーン・エルフェキ: HIV ― 悪法の伝染といかに闘うか

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - シェリーン・エルフェキ: HIV ― 悪法の伝染といかに闘うか

TED Talks

HIV ― 悪法の伝染といかに闘うか
How to fight an epidemic of bad laws
シェリーン・エルフェキ
Shereen El-Feki

内容

HIV感染の大流行は、悪法の大流行とともにある ― 悪法というのは、HIV陽性であることを事実上犯罪者扱いするような法律のことです。ドーハで行われたTEDxSummitで、TEDフェローのシェリーン・エルフェキが、こうした法律は侮辱に基づいているだけでなく、この病気の蔓延を助長しているのだと力強く論じます。

Script

Let's begin with a story. Once upon a time -- well actually less than two years ago -- in a kingdom not so very far away, there was a man who traveled many miles to come to work at the jewel in the kingdom's crown -- an internationally famous company. Let's call it Island Networks. Now this kingdom had many resources and mighty ambitions, but the one thing it lacked was people. And so it invited workers from around the world to come and help it build the nation. But in order to enter and to stay these migrants had to pass a few tests. And so it was, our man presented himself to authorities in the kingdom, looking forward to settling into his new life.

But then something unexpected happened. The medical personnel who took blood samples from the man never actually told him what they were testing for. He wasn't offered counseling before or after the test, which is best medical practice. He was never informed of the results of the test. And yet, a couple of weeks later, he was picked up and taken to prison where he was subjected to a medical exam, including a full-body search in full view of the others in the cell. He was released, but then a day or two later, he was taken to the airport and he was deported. What on earth did this man do to merit this treatment? What was his terrible crime? He was infected with HIV.

Now the kingdom is one of about 50 countries that imposes restrictions on the entry or stay of people living with HIV. The kingdom argues that its laws allow it to detain or deport foreigners who pose a risk to the economy or the security or the public health or the morals of the state. But these laws, when applied to people living with HIV, are a violation of international human rights agreements to which these countries are signatories. But you know what? Matters of principle aside, practically speaking, these laws drive HIV underground. People are less likely to come forth to be tested or treated or to disclose their condition, none of which helps these individuals or the communities these laws purport to protect.

Today we can prevent the transmission of HIV. And with treatment, it is a manageable condition. We are very far from the days when the only practical response to dread disease was to have banished the afflicted -- like this, "The Exile of the Leper." So you tell me why, in our age of science, we still have laws and policies which come from an age of superstition.

Time for a quick show of hands. Who here has been touched by HIV -- either because you yourself have the virus or you have a family member or a friend or a colleague who is living with HIV? Hands up. Wow. Wow. That's a significant number of us.

You know better than anyone that HIV brings out the best and the worst in humanity. And the laws reflect these attitudes. I'm not just talking about laws on the books, but laws as they are enforced on the streets and laws as they are decided in the courts. And I'm not just talking about laws as they relate to people living with HIV, but people who are at greatest risk of infection -- people such as those who inject drugs or sex workers or men who have sex with men or transgendered persons or migrants or prisoners. And in many parts of the world that includes women and children who are especially vulnerable.

Now there are laws in many parts of the world which reflect the best of human nature. These laws treat people touched by HIV with compassion and acceptance. These laws respect universal human rights and they are grounded in evidence. These laws ensure that people living with HIV and those at greatest risk are protected from violence and discrimination and that they get access to prevention and to treatment. Unfortunately, these good laws are counter-balanced by a mass of really bad law -- law which is grounded in moral judgement and in fear and in misinformation, laws which specifically punish people living with HIV or those at greatest risk. These laws fly in the face of science, and they are grounded in prejudice and in ignorance and in a rewriting of tradition and a selective reading of religion.

But you know what? You don't have to take my word for it. We're going to hear from two people who are on the sharp end of the law. The first is Nick Rhoades. He's an American. And he was convicted under the U.S. State of Iowa's law on HIV transmission and exposure -- neither of which offense he actually committed.

(Video) Nick Rhoades: If something is against the law then that is telling society that is unacceptable, that's bad behavior. And I think the severity of that punishment tells you how bad you are as a person. You're a class B felon, lifetime sex offender. You are a very, very, very bad person. And you did a very, very, very bad thing. And so that's just programmed into you. And you go through the correctional system and everyone's telling you the same thing. And you're just like, I'm a very bad person.

Shereen El-Feki: It's not just a question of unfair or ineffective laws. Some countries have good laws, laws which could stem the tide of HIV. The problem is that these laws are flouted. Because stigma gives unofficial license to treat people living with HIV or those at greatest risk unlike other citizens. And this is exactly what happened to Helma and Dongo from Namibia.

(Video) Hilma: I found out when I went to the hospital for a pregnancy check-up. The nurse announced that every pregnant woman must also be tested for HIV that day. I took the test and the result showed I was positive. That's the day I found out. The nurse said to me, "Why should you people bcome pregnant when you know you are HIV positive? Why are you pregnant when you are living positive?" I am sure now that is the reason they sterilized me. Because I am HIV positive. They didn't give the forms to me or explain what was in the form. The nurse just came with it already marked where I had to sign. And with the labor pain, I didn't have the strength to ask them to read it to me. I just signed.

SE: Hilma and Nick and our man in the kingdom are among the 34 million people living with HIV according to recent estimates. They're the lucky ones because they're still alive. According to those same estimates, in 2010 1.8 million people died of AIDS related causes. These are terrible and tragic figures. But if we look a little more broadly into the statistics, we actually see some reason for hope.

Looking globally, the number of new infections of HIV is declining. And looking globally as well, deaths are also starting to fall. There are many reasons for these positive developments, but one of the most remarkable is in the increase in the number of people around the world on anti-retroviral therapy, the medicines they need to keep their HIV in check.

Now there are still many problems. Only about half of the people who need treatment are currently receiving it. In some parts of the world -- like here in the Middle East and North Africa -- new infections are rising and so are deaths. And the money, the money we need for the global response to HIV, that is shrinking. But for the first time in three decades into this epidemic we have a real chance to come to grips with HIV. But in order to do that we need to tackle an epidemic of really bad law.

It's for this reason that the Global Commission on HIV and the Law, of which I'm a member, was established by the agencies of the United Nations -- to look at the ways that legal environments are affecting people living with HIV and those at greatest risk, and to recommend what should be done to make the law an ally, not an enemy, of the global response to HIV.

Let me give you just one example of the way a legal environment can make a positive difference. People who inject drugs are one of those groups I mentioned. They're at high risk of HIV through contaminated injection equipment and other risk-related behaviors. In fact,one in every 10 new infections of HIV is among people who inject drugs. Now drug use or possession is illegal in almost every country. But some countries take a harder line on this than others.

In Thailand people who use drugs, or are merely suspected of using drugs, are placed in detention centers, like the one you see here, where they are supposed to clean up. There is absolutely no evidence to show that throwing people into detention cures their drug dependence. There is, however, ample evidence to show that incarcerating people increases their risk of HIV and other infections.

We know how to reduce HIV transmission and other risks in people who inject drugs. It's called harm reduction, and it involves, among other things, providing clean needles and syringes, offering opioid substitution therapy and other evidence-based treatments to reduce drug dependence. It involves providing information and education and condoms to reduce HIV transmission, and also providing HIV testing and counseling and treatment should people become infected. Where the legal environment allows for harm reduction the results are striking.

Australia and Switzerland were two countries which introduced harm reduction very early on in their HIV epidemics, and they have a very low rate of HIV among injecting drug users. The U.S. and Malaysia came to harm reduction a little later, and they have higher rates of HIV in these populations. Thailand and Russia, however, have resisted harm reduction and have stringent laws which punish drug use. And hey, surprise, very high rates of HIV among people who are injecting drugs.

At the Global Commission we have studied the evidence, and we've heard the experiences of over 700 people from 140 countries. And the trend? Well the trend is clear. Where you criminalize people living with HIV or those at greatest risk, you fuel the epidemic. Now coming up with a vaccine for HIV or a cure for AIDS -- now that's rocket science. But changing the law isn't. And in fact, a number of countries are starting to make progress on a number of points. To begin, countries need to review their legislation as it touches HIV and vulnerable groups. On the back of those reviews, governments should repeal laws that punish or discriminate against people living with HIV or those at greatest risk.

Repealing a law isn't easy, and it's particularly difficult when it relates to touchy subjects like drugs and sex. But there's plenty you can do while that process is underway. One of the key points is to reform the police so that they have better practices on the ground. So for example, outreach workers who are distributing condoms to vulnerable populations are not themselves subject to police harassment or abuse or arbitrary arrest. We can also train judges so that they find flexibilities in the law and so that they rule on the side of tolerance rather than prejudice. We can retool prisons so that HIV prevention and harm reduction is available to prisoners.

The key to all this is reinforcing civil society. Because civil society is key to raising awareness among vulnerable groups of their legal rights. But awareness needs action. And so we need to ensure that these people who are living with HIV or at greatest risk of HIV have access to legal services and they have equal access to the courts. And also important is talking to communities so that we change interpretations of religious or customary law, which is too often used to justify punishment and fuel stigma.

For many of us here HIV is not an abstract threat. It hits very close to home. The law, on the other hand, can seem remote, arcane, the stuff of specialists, but it isn't. Because for those of us who live in democracies, or in aspiring democracies, the law begins with us.

Laws that treat people living with HIV or those at greatest risk with respect start with the way that we treat them ourselves: as equals. If we are going to stop the spread of HIV in our lifetime, then that is the change we need to spread.

Thank you.

(Applause)

まず ある物語をお話ししましょう 昔々 といっても 2年も経たない昔の話ですが ― それ程 遠くない王国に 1人の男が はるばる遠くから 王国の主産業である 国際的に有名な会社で 働くためにやってきました 仮に「アイランド・ネットワークス」としましょう さて この王国には豊富な資源と 大きな野望がありましたが 人手が不足していました そこで世界各国から労働者を呼び集め 国家建造を手伝ってもらうことにしました しかし 入国し滞在するためには 彼らはいくつかの検査に 合格しなければなりませんでした そのようなわけで 先程の男性も 新生活を楽しみに 王国の当局に出頭しました

しかし 予期せぬことが起こりました この男性の血液を採取した医療従事者は 何の検査であるかを 彼に告げませんでした 推奨されているカウンセリングも 検査の前後に行われませんでした 男性は血液検査の結果も 知らされませんでした しかし 数週間後になって 突然 彼は刑務所に送られ 健康診断をさせられました 同じ房の人々の目の前で 全身のボディーチェックもさせられました 彼は釈放されましたが その1日か2日後に 空港に連れて行かれ 国外退去処分になりました この男性は 一体何をしたために こんな仕打ちを受けたのでしょうか? 彼の犯した罪は何だったのでしょう? 彼はHIVに感染していたのでした

この王国は世界におよそ50ほどある HIV感染者の入国もしくは滞在を制限する 国々のひとつです 王国の主張は ― 法律で 国の経済や安全 ― 公衆衛生や倫理観を脅かす外国人を 留置したり国外追放できる 法律があるのだということでした しかし こうした法律を HIV感染者に適用することは これらの国々が批准している 国際人権規約に 違反することになります でも どうでしょう 理念はさておき 実際には この法律によって HIVは 地下に潜伏してしまいました 人々は自ら進んで 検査や治療を受けたり 病状を公にしなくなりました しかし こうした行動は 法律が保護せんとしている 個人やコミュニティの役には立たないのです

現在では HIVの感染を防ぐことができます 治療を受けていれば 症状を抑えることもできます 病気を食い止める唯一の方法が 感染者を隔離することであったのは 遠い昔のことなのです この『ハンセン病患者の追放』の絵のように なぜ この科学の時代に生きている私たちが いまだに迷信の時代に由来する 法律や政策を固持するのでしょう

手を挙げてもらいましょう HIVに触れたことがある人 ― あなた自身が感染しているか HIVと共に生きる家族や友人 同僚のいる人は? 挙手してください まぁ なるほど 私たちの中に結構いますね

あなた方は誰よりもご存知でしょう HIVが人間性の 素晴らしい部分と 醜悪な部分を引き出すことを そして 法律はこうした態度を 反映しているのです 私がお話しているのは 本に記されている法律だけでなく 街中で執行されている法律や 法廷で決められる法律のことです そして HIVと共に生きる人々に関係する 法律のことだけを言っているのではなく 感染の危険にさらされている人々 ― ドラッグ使用者や性産業で働く人々 あるいは男性同士でセックスをする人々や トランスジェンダーの人々 移民や囚人などに関わるものです そして 世界の多くの場所では とりわけ弱い立場にある 女性や子供たちも含まれます

世界の多くの場所には 人間性の 素晴らしさを反映した法律があります こうした法律は HIV感染者を 思いやりをもって 受け入れます こうした法律は すべての人の人権を尊重し 実証に基づいています こうした法律は HIVと共に生きる人々と 危険にさらされている人々が 暴力や差別から保護され 予防や治療を受けられるようにします 残念ながら こうした良い法律は 非常に多くの悪法によって その良さが打ち消されています 道徳的判断や恐れ ― 誤った情報に基づいている法律です HIVと共に生きる人々や 危険にさらされている人を 特に罰するような法律です こうした法律は 科学に真っ向から反対し 偏見や無知に基づいており 伝統の歪曲や 宗教の選択的な解釈に基づいています

私の言葉を信じなくても構いません 法律に不当にも厳しく罰せられている側の 2人の声を聞くことにしましょう 1人目はニック・ローズ 彼はアメリカ人です 彼は合衆国アイオワ州の HIV伝染および感染法で 有罪となりましたが 彼はいずれの罪も犯していません

(ビデオ) ニック・ローズ: 何か法に触れることをしたとすれば 社会に向かって それは受け入れがたく悪い行いだと 言ったことでしょうか 罰則の厳しさによって 人間として いかにだめであるかを 教えられるのです 「お前はB級犯罪者だ 生涯 性犯罪者だ お前はものすごく悪い人間なのであり お前はものすごく悪いことをしたんだ」と そのように刷り込まれてしまうのです 更生プログラムを経験する中で 皆に同じことを言われます だから 「自分は悪い人間なんだ」と 思ってしまうのです

エルフェキ:これは単に 不公平で無益な法律の問題ではありません 良い法律を持つ国もあります HIVの流行の波を止められるような法律です 問題はこうした法律が 軽視されているということです なぜなら刻印することによって HIVと共に生きる人々や 感染の危険にさらされている人々を 他の市民とは違う扱いをする 非公式の許可を与えてしまうからです まさにこれを経験したのが ナミビアのヒルマとドンゴです

(ビデオ) ヒルマ:わかったのは 妊婦健診で病院に行ったときです 看護師が 妊婦は全員その日に HIV検査を受ける必要があると言ったのです 検査を受けた結果は陽性でした それが感染を知った日です 看護師は「HIV陽性だと知っているのに なぜ妊娠なんかするの? 陽性なのに どうして妊娠したの?」と言いました そのせいで不妊手術をされたのだと 今はわかります HIV陽性だったからです 書類もくれなかったし そこに何が書かれているのかも 教えてくれませんでした 看護師はサインする場所に 印がつけてある書類を ただ持ってきただけでした 陣痛の痛みで 何と書いてあるか読んでほしいと 頼む余裕もありませんでした ただサインしたのです

エルフェキ:ヒルマとニック そしてこの王国にやってきた男性は 最近の統計によると HIVと共に生きる3千4百万人の一部です それでも彼らは幸運な人々です なぜなら まだ生きているからです この統計によると 2010年には180万人が エイズに関連した病気で亡くなりました これは恐ろしく悲しい数字です しかし 統計をもう少し大きな目で見ると いくつかの希望も見出すことができます

世界的にみると 新しいHIV感染者は減っています また世界的には 死亡者数も減りつつあります こうした改善の裏には 多くの理由がありますが もっとも注目すべきなのは 世界で抗レトロウイルス治療を 受けている人々が 増えていることです これは体内のHIVを抑制するための薬剤です

今でも多くの問題が残っています 治療を必要としている約半分の人しか 実際に治療を受けていません 世界のいくつかの地域では ― ここ中東や北アフリカなどですが ― 新たな感染は増えており 死亡者数も増加しています そしてお金です 世界的に HIVに対応するために必要とされる資金が 減少しています しかし 30年間におよぶ 感染の流行以来初めて HIV撲滅に正面から取り組む 本当の機会を手にしています でも そのためには 非常に悪い法律の広がりに 取り組まなければなりません

そして これを目的として 私自身がメンバーである HIVと法律に関する世界委員会が 国連機関によって設立されました HIVと共に生きる人々や 感染の危険にさらされている人々への 法環境の影響の仕方を見定め 法律を世界的なHIV対策における 敵ではなく 味方にするためには どうしたらよいかを助言するものです

法環境が前向きな変化を 起こしうるという例を 1つ挙げてみましょう ドラッグを注射で使用する人々は 言及したグループの1つです 彼らは汚染された注射器や その他のリスクのある行為によって HIVに感染するリスクが高いのです 事実 HIVに新たに感染する例の1割は ドラッグを注射する人々なのです ドラッグの使用や所有は ほぼすべての国で違法とされています しかし 他の国よりも厳しい制限を 設けている国々もあります

タイでは ドラッグ使用者や ドラッグ使用が疑われるだけでも ご覧のような留置所に入れられ そこでドラッグから 足を洗うのだとされています 留置所に入れられた人々が ドラッグ依存から抜けられたという 証拠はまったくありません しかしながら 十分な証拠によって 収監された人々の HIVやその他の感染症のリスクが 増加することがわかっています

ドラッグを注射する人々における HIVやその他の感染症のリスクを 抑える方法はわかっています 「ハーム・リダクション」と呼ばれており 様々な方法がありますが 清潔な針や注射器を供給したり オピオイド代替療法を行ったり ドラッグ依存を減少させるための 科学的根拠に基づく治療を 行うものなどがあります HIVの感染を減らすために 情報や教育 コンドームなどを提供しており HIV検査やカウンセリング ― そして 感染してしまった人々には 治療を施します ハーム・リダクションが行える 法環境での 成果には目を見張るものがあります

オーストラリアとスイスは HIVが流行し始めたかなり初期に ハーム・リダクションを導入した2つの国です それらの国ではドラッグ使用者における HIV感染率はかなり低いのです アメリカやマレーシアは 少し遅れてハーム・リダクションを始めたので HIV感染率はやや高いです しかしながら タイやロシアは ハーム・リダクションを拒否し ドラッグ使用を罰する 厳しい法律を有しています そして 驚くなかれ ― ドラッグ使用者のHIV感染率が とても高いのです

世界委員会では根拠を研究し 140ヵ国におよぶ 700人もの人々の経験に 耳を傾けてきました 動向は? とても明白です HIVと共に生きる人々や 感染の危険にある人々を 犯罪者扱いするところでは 流行に拍車がかかっています HIVに効くワクチンの開発や エイズの治療法の開発 ― これはロケットを打ち上げるようなものです ですが 法の改正は違います 実際 多くの国々が 様々な時点で 進歩しているのです まず HIV感染者や弱者グループに関わる 法律を国が精査しなければなりません それに引き続いて 政府はHIVと共に生きる人々や 感染の危険にある人々を 罰したり 差別するような法律を 撤回しなければなりません

法律の撤回は容易ではありませんが ドラッグやセックスなどの 微妙な問題に関わる場合は 特に困難です しかし こうした過程が踏まれている間にも できることがたくさんあります ひとつ重要なことは 警察の刷新です 現場でより適切な判断がなされるように しなければなりません たとえば 福祉活動として 危険にさらされている人々に コンドームを配る人が 警察の嫌がらせや侮辱を受けたり 不当に逮捕されないようにすることです 裁判官を訓練することもできます 彼らが法律に柔軟性を見出して 偏見に基づかず 寛容な立場で 判断を下すことが できるようにするためです 刑務所の設備改善をし HIV予防とハーム・リダクションが 囚人にも行えるようにすることもできます

これらすべてのカギとなるのは 公民的な社会を強化することです なぜなら公民的な社会は 弱者グループの法的権利に関する 意識を高める上で重要だからです ですが 認識は行動を必要とします ですから 私たちは HIVと共に生きる人々や HIV感染の危険にある人々が 法的サービスを受けられるように そして法廷に訴える権利を等しく 持てるようにしなければなりません 同じく重要なのはコミュニティと対話することです そうすれば あまりにも度々 罰を正当化したり 刻印をあおるのに用いられる 宗教や慣行法の解釈を 変えることができます

ここにいる 私たちの多くにとって HIVは抽象的な脅威ではありません とても近くまで迫っているのです その一方で 法律は 遠く わかりにくい存在で 専門家のものであるように思えますが それは違います なぜなら 私たち民主主義の国々 ― あるいは民主主義を目指す国々に 生きる者にとって 法律は私たちから始まるものであるからです

HIVと共に生きる人々や 感染の危険にある人々を 尊厳をもって扱う法律は 私たち自身を彼らを同等に 扱うところから始まるのです 私たちが生きている間に HIVの広がりを止めようと思うなら この変化こそを広げなければならないのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画