TED日本語 - メリッサ・フレミング: ただ生き残るだけでなく 難民が豊かに生きる手助けを

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - メリッサ・フレミング: ただ生き残るだけでなく 難民が豊かに生きる手助けを

TED Talks

ただ生き残るだけでなく 難民が豊かに生きる手助けを
Let's help refugees thrive, not just survive
メリッサ・フレミング
Melissa Fleming

内容

今日世界では、5千万人の人々が強制的に故郷から避難を余儀なくされています。これは第二次世界大戦以降見られなかった規模です。今現在、3百万人以上のシリア難民が、近隣諸国に避難所を探し求めています。レバノンでは、難民の半分が子どもで、そのうち学校に通っているのはわずか20%です。国連難民高等弁務官事務所のメリッサ・フレミングが、難民キャンプは自分たちの故郷を再建するために必要なスキルを身につけることができる癒やしの場所であるべきだと呼びかけます。

Script

So I started working with refugees because I wanted to make a difference, and making a difference starts with telling their stories. So when I meet refugees, I always ask them questions. Who bombed your house? Who killed your son? Did the rest of your family make it out alive? How are you coping in your life in exile? But there's one question that always seems to me to be most revealing, and that is: What did you take? What was that most important thing that you had to take with you when the bombs were exploding in your town, and the armed gangs were approaching your house?

A Syrian refugee boy I know told me that he didn't hesitate when his life was in imminent danger. He took his high school diploma, and later he told me why. He said, "I took my high school diploma because my life depended on it." And he would risk his life to get that diploma. On his way to school, he would dodge snipers. His classroom sometimes shook with the sound of bombs and shelling, and his mother told me, "Every day, I would say to him every morning, 'Honey, please don't go to school.'" And when he insisted, she said, "I would hug him as if it were for the last time." But he said to his mother, "We're all afraid, but our determination to graduate is stronger than our fear."

But one day, the family got terrible news. Hany's aunt, his uncle and his cousin were murdered in their homes for refusing to leave their house. Their throats were slit. It was time to flee.

They left that day, right away, in their car, Hany hidden in the back because they were facing checkpoints of menacing soldiers. And they would cross the border into Lebanon, where they would find peace. But they would begin a life of grueling hardship and monotony. They had no choice but to build a shack on the side of a muddy field, and this is Hany's brother Ashraf, who plays outside.

And that day, they joined the biggest population of refugees in the world, in a country, Lebanon, that is tiny. It only has four million citizens, and there are one million Syrian refugees living there. There's not a town, a city or a village that is not host to Syrian refugees. This is generosity and humanity that is remarkable. Think about it this way, proportionately. It would be as if the entire population of Germany,80 million people, would flee to the United States in just three years. Half of the entire population of Syria is now uprooted, most of them inside the country. Six and a half million people have fled for their lives. Over and well over three million people have crossed the borders and have found sanctuary in the neighboring countries, and only a small proportion, as you see, have moved on to Europe. What I find most worrying is that half of all Syrian refugees are children. I took this picture of this little girl. It was just two hours after she had arrived after a long trek from Syria into Jordan.

And most troubling of all is that only 20 percent of Syrian refugee children are in school in Lebanon. And yet, Syrian refugee children, all refugee children tell us education is the most important thing in their lives. Why? Because it allows them to think of their future rather than the nightmare of their past. It allows them to think of hope rather than hatred.

I'm reminded of a recent visit I took to a Syrian refugee camp in northern Iraq, and I met this girl, and I thought, "She's beautiful," and I went up to her and asked her, "Can I take your picture?" And she said yes, but she refused to smile. I think she couldn't, because I think she must realize that she represents a lost generation of Syrian refugee children, a generation isolated and frustrated. And yet, look at what they fled: utter destruction, buildings, industries, schools, roads, homes. Hany's home was also destroyed. This will need to be rebuilt by architects, by engineers, by electricians. Communities will need teachers and lawyers and politicians interested in reconciliation and not revenge. Shouldn't this be rebuilt by the people with the largest stake, the societies in exile, the refugees?

Refugees have a lot of time to prepare for their return. You might imagine that being a refugee is just a temporary state. Well far from it. With wars going on and on, the average time a refugee will spend in exile is 17 years. Hany was into his second year in limbo when I went to visit him recently, and we conducted our entire conversation in English, which he confessed to me he learned from reading all of Dan Brown's novels and from listening to American rap. We also spent some nice moments of laughter and fun with his beloved brother Ashraf. But I'll never forget what he told me when we ended our conversation that day. He said to me, "If I am not a student, I am nothing."

Hany is one of 50 million people uprooted in this world today. Never since World War II have so many people been forcibly displaced. So while we're making sweeping progress in human health, in technology, in education and design, we are doing dangerously little to help the victims and we are doing far too little to stop and prevent the wars that are driving them from their homes.

And there are more and more victims. Every day, on average, by the end of this day,32,000 people will be forcibly displaced from their homes -- 32,000 people. They flee across borders like this one. We captured this on the Syrian border to Jordan, and this is a typical day. Or they flee on unseaworthy and overcrowded boats, risking their lives in this case just to reach safety in Europe. This Syrian young man survived one of these boats that capsized -- most of the people drowned -- and he told us, "Syrians are just looking for a quiet place where nobody hurts you, where nobody humiliates you, and where nobody kills you." Well, I think that should be the minimum. How about a place of healing, of learning, and even opportunity? Americans and Europeans have the impression that proportionally huge numbers of refugees are coming to their country, but the reality is that 86 percent, the vast majority of refugees, are living in the developing world, in countries struggling with their own insecurity, with their own issues of helping their own populations and poverty. So wealthy countries in the world should recognize the humanity and the generosity of the countries that are hosting so many refugees. And all countries should make sure that no one fleeing war and persecution arrives at a closed border.

(Applause)

Thank you.

But there is something more that we can do than just simply helping refugees survive. We can help them thrive. We should think of refugee camps and communities as more than just temporary population centers where people languish waiting for the war to end. Rather, as centers of excellence, where refugees can triumph over their trauma and train for the day that they can go home as agents of positive change and social transformation.

It makes so much sense, but I'm reminded of the terrible war in Somalia that has been raging on for 22 years. And imagine living in this camp. I visited this camp. It's in Djibouti, neighboring Somalia, and it was so remote that we had to take a helicopter to fly there. It was dusty and it was terribly hot. And we went to visit a school and started talking to the children, and then I saw this girl across the room who looked to me to be the same age as my own daughter, and I went up and talked to her. And I asked her the questions that grown-ups ask kids, like, "What is your favorite subject?" and, "What do you want to be when you grow up?" And this is when her face turned blank, and she said to me, "I have no future. My schooling days are over." And I thought, there must be some misunderstanding, so I turned to my colleague and she confirmed to me there is no funding for secondary education in this camp. And how I wished at that moment that I could say to her, "We will build you a school." And I also thought, what a waste. She should be and she is the future of Somalia.

A boy named Jacob Atem had a different chance, but not before he experienced terribly tragedy. He watched -- this is in Sudan -- as his village -- he was only seven years old -- burned to the ground, and he learned that his mother and his father and his entire family were killed that day. Only his cousin survived, and the two of them walked for seven months -- this is boys like him -- chased and pursued by wild animals and armed gangs, and they finally made it to refugee camps where they found safety, and he would spend the next seven years in Kenya in a refugee camp.

But his life changed when he got the chance to be resettled to the United States, and he found love in a foster family and he was able to go to school, and he wanted me to share with you this proud moment when he graduated from university.

(Applause)

I spoke to him on Skype the other day, and he was in his new university in Florida pursuing his Ph.D. in public health, and he proudly told me how he was able to raise enough funds from the American public to establish a health clinic back in his village back home.

So I want to take you back to Hany. When I told him I was going to have the chance to speak to you here on the TED stage, he allowed me to read you a poem that he sent in an email to me.

He wrote: "I miss myself, my friends, times of reading novels or writing poems, birds and tea in the morning. My room, my books, myself, and everything that was making me smile. Oh, oh, I had so many dreams that were about to be realized."

So here is my point: Not investing in refugees is a huge missed opportunity. Leave them abandoned, and they risk exploitation and abuse, and leave them unskilled and uneducated, and delay by years the return to peace and prosperity in their countries. I believe how we treat the uprooted will shape the future of our world. The victims of war can hold the keys to lasting peace, and it's the refugees who can stop the cycle of violence.

Hany is at a tipping point. We would love to help him go to university and to become an engineer, but our funds are prioritized for the basics in life: tents and blankets and mattresses and kitchen sets, food rations and a bit of medicine. University is a luxury. But leave him to languish in this muddy field, and he will become a member of a lost generation. Hany's story is a tragedy, but it doesn't have to end that way.

Thank you.

(Applause)

私が難民のために 働き始めた理由は 状況を改善したかったからです そして 状況の改善は 皆さんに 彼らの話を伝える事から始まると思います まず 難民の方に会うと 私はいつもこんな質問をします 誰があなたの家を爆撃したのですか 誰があなたの息子さんを殺したのですか ご家族の無事は確認出来ましたか どうやって難民生活を 送っているのですか しかし いつもハッとさせられる 質問が一つあります それは あなたは 何を持って行きましたか? あなたの町で爆弾が炸裂し 家に武装集団が近づいてきた時 あなたが肌身離さずにいた 一番大切なものは何でしたか? というものです

シリア難民の男の子はこう言いました 身の危険が差し迫った時 ためらわず 高校の卒業証書を手にとったのだと 後に その理由を教えてくれました 「僕は高校の卒業証書を掴んだんだ だって 僕の人生はそれで決まるからね」 彼は卒業証書をもらうために 命を賭けていました 登校する途中で 彼は狙撃兵から素早く身をかわし 時折 教室は爆弾や 砲撃の音で揺れました 彼の母親はこう言いました 「毎日 朝になると息子に言っていました ハニー お願いだから 学校に行かないで」 そして 彼がどうしても学校に行くと言うと 母親はそれが最後かもしれないというように 息子を抱きしめた と言いました しかし 彼は母親に言ったんです 「みんな怖いのは同じだよ でも 僕たちの卒業するという決意は 恐怖なんかより ずっと強いんだ」

しかし ある日その家族に ぞっとする知らせが届きました ハニーのおばさん おじさん いとこが 殺されたのです 家を離れることを拒否した結果でした 彼らは喉を切り裂かれていました もう逃げるしかありません

彼らはその日 すぐに車で逃げ出しました ハニーは後部座席に隠れました 恐ろしい兵士のいる検問所が 迫っていたからです そして 国境を越えレバノンへ行きました そこで 平和に暮らせると信じていたのです しかし ひどく困窮した 単調な生活が待っていました 彼らには ぬかるんだ原野に 粗末な小屋を 建てるしかありませんでした これはハニーの弟のアシュラフ 外で遊んでいます

その日 彼らは世界最大の人数を有する 難民キャンプの一員となりました レバノンは小さな国です 人口はわずか4百万人 そこに百万人の シリア難民が暮らしています シリア難民を歓迎しない町も市も村は 一つとしてありませんでした この寛大さと慈悲深さは 素晴らしいものです こんな風に比較して考えてみてください それはちょうど ドイツの全人口である 8千万人の人々が わずか3年でアメリカに 逃げていくようなものです シリアの全人口の半分が今 住居を追われています 大部分が国内避難民です 650万人の人々が 命からがら逃げ 3百万人をはるかに超える人々が 国境を越えて 近隣国に避難所を見いだしました ご存じのとおり ごく少数の人々だけが ヨーロッパに移住しています 私が一番心配しているのは シリア難民の半数が 子供だということです これは私が撮った女の子の写真です 彼女がシリアからヨルダンまでの 長い道のりを必死で歩き 到着して ちょうど2時間後の姿です

一番の悩みは シリア難民の子供の20%しか レバノンの学校に 通えていないということです それにもかかわらず シリア難民の子供たちや 全ての難民の子供たちは言います 教育が自分たちの人生にとって 最も重要だと それはなぜか 教育のお陰で 彼らは過去の悪夢でなく 未来について 考えられるようになるからです 憎しみではなく希望について 考えられるようになるのです

私は北イラクのシリア難民キャンプに 最近訪問したことを思い出しています この女の子に会いました かわいい子だと思い 近づいて聞きました 「写真撮ってもいい?」 いいよ と彼女は答えました しかし 笑うことは拒否しました 笑えなかったのだと思います なぜなら 彼女は 自分がシリア難民の子供の 失われた世代 つまり 隔離され不満を抱いた世代の 代表だと分かっていたからです 彼らが後にしてきた場所を見てください 徹底的に破壊されています 建物 産業 学校 道路 家 ハニーの家も破壊されました これは建築家や技術者や電気技師によって 再建される必要があるでしょう コミュニティには復讐ではなく 和解に意欲的な教師 弁護士 政治家が 必要になるでしょう これは故郷を追われて 危機に瀕している難民の手によって 再建されるべきではありませんね?

難民には 帰還へ向けて準備を整える 多くの時間があります 皆さんは難民になることは 一時的な状態だと考えるかもしれません とんでもありません 内戦が延々と続き 難民が国外で過ごす平均年数は 17年におよびます 最近 ハニーに会いに行った時には 彼は不安定なまま 難民生活2年目に入っていました 私たちは英語で会話をしました 彼がどうやって英語を学んだかと言うと リーディングはダン・ブラウンの小説から リスニングはアメリカの ラップから学んだそうです 私たちは最愛の弟アシュラフを交えて 明るく楽しい時間を過ごしました 私はその日の会話の最後に 彼が話してくれたことを 忘れないでしょう 彼はこう言いました 「もし学生じゃなかったら 僕は無価値な人間だ」

ハニーは 今日世界で住居を追われた 5千万人のうちの1人です 第二次世界大戦以来の水準で 本当に多くの人が強制的に 故郷を追われています 医療やテクノロジー 教育やデザイン分野が めざましい進歩を遂げている一方で 私たちが犠牲者を 助けるためにしていることは 危機的にわずかですし 彼らを家から追い出している戦争を 止めたり防ぐためにしていることは あまりにもわずかなのです

犠牲者の数はどんどん増えています 毎日平均して 一日に3万2千人の人々が 強制的に自分の故郷から 避難を余儀なくされています 3万2千人です 彼らはこのように 国境を越えて逃れているのです これを記録したのは ヨルダンに向かうシリア側の国境付近です これが日常なのです 航海に適さない 超満員の船で逃げる事もあります ただヨーロッパの安全地帯に 到達するためだけに 命の危険を冒しているのです このシリア人の若い男性は 転覆した船から生き残った 人々の1人です ほとんどの人は溺れて亡くなりました 彼は私たちに言いました シリア人はただ静かなところを 探しているだけなのです 誰にも傷つけられないところ 誰にも侮辱されないところ 誰にも殺されないところをです 私が思うにそれは最低限のことです 癒しの場所はどうでしょう 学びの場所は そして機会が与えられる場所は アメリカとヨーロッパの人々は 比較的膨大な数の難民が 自分たちの国に来ているという 印象をもっています しかし 現実には 難民の大多数に当たる86パーセントが 開発途上国で生活しています そこでは いまだ自国民の援助の問題や 貧困による自国の不安定さに 喘いでいるのです 世界の裕福な国々は 多くの難民を受け入れている国々の 慈悲深さと寛容さを認識するべきです そして内戦や迫害から逃れた人は 誰一人として 国境閉鎖により 足止めされるべきではないと すべての国が徹底すべきです

(拍手)

ありがとうございます

しかし 単に難民の命を 守るだけではなく もっとできることがあるはずです 私たちには 彼らが 豊かに生きる手助けが出来るのです 私たちは難民キャンプやコミュニティを 内戦が終わるのを待ちながら 惨めに暮らす 単なる一時的な居住区として 捉えるのではなく むしろ トラウマを克服したり 帰郷の日に向けて準備ができる 卓越した場所として 又 有益な変化や社会的変容を 引き起こす主体として 捉えるべきです

それは とても理にかなっています しかし 私はソマリアで 22年間も激しく続いている 恐ろしい内戦を思い出します このキャンプで暮らすことを 想像してください 私はこのキャンプを訪れました ソマリアの隣のジブチという国です 辺境地のため ヘリコプターで 行かなければなりません 埃っぽく ひどく暑い所でした そして ある学校を訪ねました そこで子供たちと話をしていると 教室の向こうで 女の子を見かけました 私の娘と 同じくらいの歳に見えました 近づいて 彼女に話しかけました そして 大人がよく子どもにするような質問をしました 「好きな教科は何?」 「大人になったら何になりたい?」 そうしたら ぽかんとした表情になり 私に言いました 「私に未来はないの 私の学校生活は終わっちゃったの」 何か誤解があるに違いないと思い 同僚の方を向くと 彼女は私に説明しました このキャンプには 中等教育への財政的支援が ないのだと その瞬間 私はこう言えたら どんなにいいだろうと思いました 「私たちが学校を建ててあげるわ」 同時に なんてもったいないのかしら 彼女はソマリアの未来であるべきだし 実際にそうなのに と思いました

ジェイコブ・アテムという少年にも チャンスはありました しかし 彼が最初に経験したのは ひどい悲劇でした これは彼の村スーダンです まだ7歳でしたが 彼は目撃したのです その場所が 焼け落ちていくのを そして 母親 父親 家族のみんなを その日に殺されたと知ったのです いとこだけが生き残り 彼ら2人は 7ヶ月間歩き続け これは彼のような少年たちですが 野生動物や武装集団に 追いかけられ付きまとわれ ついに安全が確保される難民キャンプに たどり着いたのです その後7年間を ケニアの難民キャンプで過ごしました

しかし彼の人生は アメリカに再定住のチャンスを得た時 変わりました 里親の元で愛情に出会い 学校へ行くことができました 彼は 是非この瞬間を 皆さんに見てもらいたいそうです 彼が大学を卒業した この晴れ姿を

(拍手)

先日スカイプで話したのですが 彼はフロリダの新しい大学に入学しました 公衆衛生の分野で博士号を取るためです そして彼は誇らしげに語ってくれました 村に帰って診療所を設立するための 十分な資金を アメリカ市民から集めた方法を

さて ハニーに話を戻します 私がTEDのステージで 皆さんに お話する機会を得たと彼に話した時 彼は一篇の詩を読むことを 許可してくれました メールで私に送ってくれたんです

こう書いてありました 「自分自身が 恋しい 僕の友達が 小説を読む時間や 詩を綴る時間が 朝の鳥と紅茶が 僕の部屋 本 僕自身が そして 僕に笑顔をくれる すべてのことが恋しいんだ あぁ 僕にはたくさんの夢があった 叶うのを待ちわびた夢が」

私が言いたいのはここです 難民に投資しないのは 多大な機会損失です 彼らを放置し続ければ 彼らは搾取と虐待の危機に瀕します 彼らを未熟で 教養のないままにしておけば 彼らの国に平和と繁栄が戻るのが 何年も遅れてしまいます 私は難民をどう扱うかによって 世界の未来が決まると思います 戦争の被害者が 持続的な平和への鍵を握っています そして 暴力の連鎖を断ち切るのは 当事者である難民です

ハニーは転機にいます 私たちは彼が大学に行き 技術者になる 手助けをしたいと思っていますが 私たちは資金を 生活必需品に優先させています テントや毛布やマットレスや台所用品 食料配給や少しの薬などにです 大学に行くのは贅沢な事です しかし ぬかるんだ原っぱに 彼の苦しみを放置したら 彼は失われた世代の1人に なってしまうでしょう ハニーの物語は悲劇です しかし悲劇を悲劇のままで 終わらせるべきではありません

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画