TED日本語 - ザック・エブラヒム: テロリストの息子に生まれて ― 平和への道を選んだ軌跡

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ザック・エブラヒム: テロリストの息子に生まれて ― 平和への道を選んだ軌跡

TED Talks

テロリストの息子に生まれて ― 平和への道を選んだ軌跡
I am the son of a terrorist. Here's how I chose peace.
ザック・エブラヒム
Zak Ebrahim

内容

教義をすりこまれ、憎むことを教えられて育てられたら、もうそれとは異なる道を選ぶことはできないのでしょうか?ザック・エブラヒムの父親が1993年の世界貿易センタービル爆破事件に手を染めた時、エブラヒムはまだ7歳でした。エブラヒムが語る衝撃的でパワフルな話は、最後に感動をもたらします。

Script

On November 5th,1990, a man named El-Sayyid Nosair walked into a hotel in Manhattan and assassinated Rabbi Meir Kahane, the leader of the Jewish Defense League. Nosair was initially found not guilty of the murder, but while serving time on lesser charges, he and other men began planning attacks on a dozen New York City landmarks, including tunnels, synagogues and the United Nations headquarters. Thankfully, those plans were foiled by an FBI informant. Sadly, the 1993 bombing of the World Trade Center was not. Nosair would eventually be convicted for his involvement in the plot. El-Sayyid Nosair is my father.

I was born in Pittsburgh, Pennsylvania in 1983 to him, an Egyptian engineer, and a loving American mother and grade school teacher, who together tried their best to create a happy childhood for me. It wasn't until I was seven years old that our family dynamic started to change. My father exposed me to a side of Islam that few people, including the majority of Muslims, get to see. It's been my experience that when people take the time to interact with one another, it doesn't take long to realize that for the most part, we all want the same things out of life. However, in every religion, in every population, you'll find a small percentage of people who hold so fervently to their beliefs that they feel they must use any means necessary to make others live as they do.

A few months prior to his arrest, he sat me down and explained that for the past few weekends, he and some friends had been going to a shooting range on Long Island for target practice. He told me I'd be going with him the next morning. We arrived at Calverton Shooting Range, which unbeknownst to our group was being watched by the FBI. When it was my turn to shoot, my father helped me hold the rifle to my shoulder and explained how to aim at the target about 30 yards off. That day, the last bullet I shot hit the small orange light that sat on top of the target and to everyone's surprise, especially mine, the entire target burst into flames. My uncle turned to the other men, and in Arabic said, "Ibn abuh." Like father, like son. They all seemed to get a really big laugh out of that comment, but it wasn't until a few years later that I fully understood what they thought was so funny. They thought they saw in me the same destruction my father was capable of. Those men would eventually be convicted of placing a van filled with 1,500 pounds of explosives into the sub-level parking lot of the World Trade Center's North Tower, causing an explosion that killed six people and injured over 1,000 others. These were the men I looked up to. These were the men I called ammu, which means uncle.

By the time I turned 19, I had already moved 20 times in my life, and that instability during my childhood didn't really provide an opportunity to make many friends. Each time I would begin to feel comfortable around someone, it was time to pack up and move to the next town. Being the perpetual new face in class, I was frequently the target of bullies. I kept my identity a secret from my classmates to avoid being targeted, but as it turns out, being the quiet, chubby new kid in class was more than enough ammunition. So for the most part, I spent my time at home reading books and watching TV or playing video games. For those reasons, my social skills were lacking, to say the least, and growing up in a bigoted household, I wasn't prepared for the real world. I'd been raised to judge people based on arbitrary measurements, like a person's race or religion.

So what opened my eyes? One of my first experiences that challenged this way of thinking was during the 2000 presidential elections. Through a college prep program, I was able to take part in the National Youth Convention in Philadelphia. My particular group's focus was on youth violence, and having been the victim of bullying for most of my life, this was a subject in which I felt particularly passionate. The members of our group came from many different walks of life. One day toward the end of the convention, I found out that one of the kids I had befriended was Jewish. Now, it had taken several days for this detail to come to light, and I realized that there was no natural animosity between the two of us. I had never had a Jewish friend before, and frankly I felt a sense of pride in having been able to overcome a barrier that for most of my life I had been led to believe was insurmountable. Another major turning point came when I found a summer job at Busch Gardens, an amusement park. There, I was exposed to people from all sorts of faiths and cultures, and that experience proved to be fundamental to the development of my character. Most of my life, I'd been taught that homosexuality was a sin, and by extension, that all gay people were a negative influence. As chance would have it, I had the opportunity to work with some of the gay performers at a show there, and soon found that many were the kindest, least judgmental people I had ever met. Being bullied as a kid created a sense of empathy in me toward the suffering of others, and it comes very unnaturally to me to treat people who are kind in any other way than how I would want to be treated. Because of that feeling, I was able to contrast the stereotypes I'd been taught as a child with real life experience and interaction. I don't know what it's like to be gay, but I'm well acquainted with being judged for something that's beyond my control.

Then there was "The Daily Show." On a nightly basis, Jon Stewart forced me to be intellectually honest with myself about my own bigotry and helped me to realize that a person's race, religion or sexual orientation had nothing to do with the quality of one's character. He was in many ways a father figure to me when I was in desperate need of one. Inspiration can often come from an unexpected place, and the fact that a Jewish comedian had done more to positively influence my worldview than my own extremist father is not lost on me.

One day, I had a conversation with my mother about how my worldview was starting to change, and she said something to me that I will hold dear to my heart for as long as I live. She looked at me with the weary eyes of someone who had experienced enough dogmatism to last a lifetime, and said, "I'm tired of hating people." In that instant, I realized how much negative energy it takes to hold that hatred inside of you.

Zak Ebrahim is not my real name. I changed it when my family decided to end our connection with my father and start a new life. So why would I out myself and potentially put myself in danger? Well, that's simple. I do it in the hopes that perhaps someone someday who is compelled to use violence may hear my story and realize that there is a better way, that although I had been subjected to this violent, intolerant ideology, that I did not become fanaticized. Instead, I choose to use my experience to fight back against terrorism, against the bigotry. I do it for the victims of terrorism and their loved ones, for the terrible pain and loss that terrorism has forced upon their lives. For the victims of terrorism, I will speak out against these senseless acts and condemn my father's actions. And with that simple fact, I stand here as proof that violence isn't inherent in one's religion or race, and the son does not have to follow the ways of his father. I am not my father.

Thank you. (Applause)

Thank you, everybody. (Applause)

Thank you all. (Applause)

Thanks a lot. (Applause)

1990年11月5日 エル・サイード・ノサイルという男が マンハッタンのホテルを訪れ ユダヤ防衛同盟の指導者 ラビ・メイル・カハネを殺害しました 当初 ノサイルは 殺人容疑では無罪とされ ほかの軽い罪状で 服役しましたが その間 仲間と 爆破計画を立て始めます ニューヨークの象徴的建造物を 狙ったもので トンネルやユダヤ教の教堂 国連本部も標的にされました 幸いにも これらの計画は FBI捜査官の手で 未遂に終わりましたが 残念なことに 1993年の 世界貿易センタービル爆破は 止められませんでした ノサイルは のちに この爆破計画に関与したとして 有罪判決を受けます エル・サイード・ノサイルは 私の父です

私は ペンシルバニア州ピッツバーグで 1983年 エジプト人技術者である父と 小学校教諭で 愛情深い アメリカ人の母のもとに生まれました 両親は 私の幸せを願い 懸命に育ててくれました しかし 私が7歳のとき 家族のあり方が変わり始めます 父は 私をイスラム教の ある一派に 引き入れました 一握りの人しか ― 大多数のイスラム教徒ですら 会うこともないような一派です 私の経験では 時間をかけて 人と よく話をすれば たいていの場合 すぐに 人生に求めることは 皆 同じだとわかります しかし どの宗教や民族でも 熱心な信奉者の数パーセントは どんな手段を使ってでも ほかの人たちにも 同じ生き方をさせねばと 思っているものなのです

父が逮捕される数ヶ月前 父は私を座らせて こう言いました 「ここ最近 週末は仲間とともに ロング・アイランドの射撃場に通って 射撃訓練をしていた 明日の朝は お前も行くんだ」 そして カルバートン射撃場に行きました 私たちは知りませんでしたが そこは FBIの監視対象でした 私が撃つ番になると 父は ライフルを肩にかけさせてくれ 30メートル先の標的の狙い方を 教えてくれました その日 私が最後に撃った弾は 標的の上にある 小さなオレンジ色のランプに命中し 誰もが ― 特に私自身が ― 驚いたことに 標的は見事に 燃え上がりました おじは ほかの仲間に向かって アラビア語で “Ibn Abuh” と言いました 「この父にして この子あり」 皆は これを聞いて 大笑いしていましたが 私は数年たってようやく その真の意味を 理解することとなりました 皆は 私の中に 破壊的な父の姿を見たのです この人たちは のちに有罪判決を受けますが 爆発物 約700キロを積んだバンを 世界貿易センタービルの ノース・タワーの地下駐車場に停車し 爆破させ 6名の命を奪い 千人以上の負傷者を出しました これが 私が尊敬し おじさん ― “ammu”と呼び 慕っていた人たちです

19歳になる頃には 私はすでに20回もの 引っ越しを経験していました 子どもの頃 住む場所を転々としたお蔭で 私は たくさんの友人を作る 機会に恵まれませんでした ようやく仲良くなったかと思えば もう次の町に 移らなければならなかったのです クラスでは 常に新入りだったこともあり よく いじめの対象になりました 同級生たちから いじめられないよう 素性は隠していましたが 物静かで ぽっちゃりした 新顔というだけで 十分な攻撃材料だったのです ですから 私は たいてい家で 本を読んだり テレビを見たり ビデオゲームをしたりして 過ごしました こういったわけで 控えめに言っても 私は 社交性に乏しい人間となり 偏った思想の家庭に育ち 現実社会に旅立つ準備も できないままでした 私は 恣意的な価値基準で 人を判断するよう 育てられてきました 人種や宗教などで 人を見ていたのです

では 何が私を 変えたのでしょう? この考え方を初めて 見直すことになる出来事は 2000年の大統領選のときに 起こりました 大学準備プログラムで 私は フィラデルフィアで 全国学生議会に参加しました 私のグループは 若者の暴力対策を柱に据えており 人生のほとんどを いじめられて過ごした私は 特に熱心に取り組みました グループには 様々な背景の人たちが 集まっていました 会議も終盤に差しかかった ある日 仲良くなった人たちの中に ユダヤ人の子がいると知りました 私たちは数日間 何も知らず 共に過ごしていたのです イスラム教徒とユダヤ教徒は 最初から憎み合う運命にはないのです それまでユダヤ人の 友だちがいなかった私は この障害を 乗り越えられたことを 素直に誇りに思いました これまでずっと 無理だと 思い込んでいた障害でしたから つぎに私を大きく変えたのは 「ブッシュガーデン」という遊園地で ひと夏 働いたときです そこでは 様々な信条や文化の 人たちに触れました その経験は 私の人格形成に 大きな影響を与えました それまでの人生では 同性愛は罪であり ひいては ― ゲイは 悪い影響を与えると 教えられてきました 幸運にも そこで行われたショーで ゲイのパフォーマーと 仕事をする機会に恵まれました すぐに 彼らの多くが 誰よりも優しく ― 相手を色眼鏡で見ない人たちだと わかりました いじめられっ子だった私は 他人の痛みに対して ある種の共感を ― 覚えたものですが 私が望む以上に とにかく優しい ― そんな人たちと 向き合うのは とても不思議な感覚でした そうした感覚が あったからこそ 私は子ども時代に 植え込まれた固定観念を 実生活での経験や交流と 突き合わせることができたのです ゲイであることの辛さは 想像もつきませんが 自分にはどうしようもないことで 判断される辛さは 身をもって知っています

そして 『ザ・デイリー・ショー』では 毎晩 ジョン・スチュワートを見て 私は 自らの偏見と 向き合わさせられました お蔭で 人種や 宗教 性的嗜好は 人の善し悪しを決めるものではないと 悟りました 父親をすごく欲していた私にとって ジョンは いろんな意味で 父親のような存在でした 啓示とは 時に 思いがけないところから来るものです 私の世界観は 極端な考えを持つ父親よりも 一人のコメディアンに大きな影響を受け 良い方向に導かれていったことは 私の目にも明らかでした

ある日 母とこんな話をしました 私の価値観が どう変わりつつあるのか そのときの母の言葉は 私が 後生大事にするものとなりました 母は 生涯を教条主義に染めた人に 特有の疲れ果てた目で 私を見やると こう言ったのです 「他人を忌み嫌うことに疲れたわ」 その瞬間 私は憎しみを持ち続けることが どれだけエネルギーを 無駄に消耗するのか悟りました

ザック・エブラヒムは 私の本名ではありません 家族が父との関係を断ち 新しい人生を歩むと 決めたときに 付けた名前です では なぜ私は こんな告白をして 自らを危険にさらすのでしょう? それは簡単なことです 暴力を強制されている人が 私の話を聞いて 他にも良い方法があると 気付いてほしいと願っているからです 私はこの暴力的で 偏狭なイデオロギーに さらされてきましたが それに染まることは ありませんでした その代わり 私はこの経験を生かして テロに抗い この偏見に抗うことを 選んだのです それは テロの犠牲者と その愛する人々のためであり 彼らがテロによって強いられた ― 激しい苦痛や喪失感のため でもありました テロの犠牲者の方々のために 私は立ち上がり こうした非情な行為に断固反対し 私の父の行いを非難します この単純明快な事実とともに 私は身をもって 暴力は 宗教や人種に 最初からあるものではないと証明します 息子だからといって 父親のやり方に 従う必要はありません 私は 父ではないのですから

ありがとうございました(拍手)

皆さん ありがとう(拍手)

ありがとうございます(拍手)

本当にありがとう(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画