TED日本語 - ヴェルナ・マイヤーズ: 人種の偏見を乗り越えるには?彼らに堂々と歩み寄って行くのです

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ヴェルナ・マイヤーズ: 人種の偏見を乗り越えるには?彼らに堂々と歩み寄って行くのです

TED Talks

人種の偏見を乗り越えるには?彼らに堂々と歩み寄って行くのです
How to overcome our biases? Walk boldly toward them
ヴェルナ・マイヤーズ
Verna Myers

内容

私たちの持つ偏見は、危険なものになる可能性もあります ― ミズーリ州ファーガソンでのマイケル・ブラウンや、ニューヨーク州スタテンアイランドのエリック・ガーナーの事件に見たように、時に死を招くことにさえも。人種多様性提唱者のヴェルナ・マイヤーズは、私たちが「余所者」に抱く無意識下の態度に注意深く目を向け、こう懇願します ― 「あなたの持つ偏見を知って下さい。そして逃げ腰になるのではなく、偏見の対象のグループや人種に歩み寄って行って下さい。」この重要なトークで、彼女は、コミカルに熱く、どうすれば良いのかを紹介します。

Script

I was on a long road trip this summer, and I was having a wonderful time listening to the amazing Isabel Wilkerson's "The Warmth of Other Suns." It documents six million black folks fleeing the South from 1915 to 1970 looking for a respite from all the brutality and trying to get to a better opportunity up North, and it was filled with stories of the resilience and the brilliance of African-Americans, and it was also really hard to hear all the stories of the horrors and the humility, and all the humiliations. It was especially hard to hear about the beatings and the burnings and the lynchings of black men. And I said, "You know, this is a little deep. I need a break. I'm going to turn on the radio." I turned it on, and there it was: Ferguson, Missouri, Michael Brown, 18-year-old black man, unarmed, shot by a white police officer, laid on the ground dead, blood running for four hours while his grandmother and little children and his neighbors watched in horror, and I thought, here it is again.

This violence, this brutality against black men has been going on for centuries. I mean, it's the same story. It's just different names. It could have been Amadou Diallo. It could have been Sean Bell. It could have been Oscar Grant. It could have been Trayvon Martin. This violence, this brutality, is really something that's part of our national psyche. It's part of our collective history. What are we going to do about it? You know that part of us that still crosses the street, locks the doors, clutches the purses, when we see young black men? That part.

I mean, I know we're not shooting people down in the street, but I'm saying that the same stereotypes and prejudices that fuel those kinds of tragic incidents are in us. We've been schooled in them as well. I believe that we can stop these types of incidents, these Fergusons from happening, by looking within and being willing to change ourselves.

So I have a call to action for you. There are three things that I want to offer us today to think about as ways to stop Ferguson from happening again; three things that I think will help us reform our images of young black men; three things that I'm hoping will not only protect them but will open the world so that they can thrive. Can you imagine that? Can you imagine our country embracing young black men, seeing them as part of our future, giving them that kind of openness, that kind of grace we give to people we love? How much better would our lives be? How much better would our country be?

Let me just start with number one. We gotta get out of denial. Stop trying to be good people. We need real people. You know, I do a lot of diversity work, and people will come up to me at the beginning of the workshop. They're like, "Oh, Ms. Diversity Lady, we're so glad you're here" -- (Laughter) -- "but we don't have a biased bone in our body." And I'm like, "Really? Because I do this work every day, and I see all my biases."

I mean, not too long ago, I was on a plane and I heard the voice of a woman pilot coming over the P.A. system, and I was just so excited, so thrilled. I was like, "Yes, women, we are rocking it. We are now in the stratosphere." It was all good, and then it started getting turbulent and bumpy, and I was like, "I hope she can drive." (Laughter) I know. Right. But it's not even like I knew that was a bias until I was coming back on the other leg and there's always a guy driving and it's often turbulent and bumpy, and I've never questioned the confidence of the male driver. The pilot is good. Now, here's the problem. If you ask me explicitly, I would say, "Female pilot: awesome." But it appears that when things get funky and a little troublesome, a little risky, I lean on a bias that I didn't even know that I had. You know, fast-moving planes in the sky, I want a guy. That's my default. Men are my default. Who is your default? Who do you trust? Who are you afraid of? Who do you implicitly feel connected to? Who do you run away from?

I'm going to tell you what we have learned. The implicit association test, which measures unconscious bias, you can go online and take it. Five million people have taken it. Turns out, our default is white. We like white people. We prefer white. What do I mean by that? When people are shown images of black men and white men, we are more quickly able to associate that picture with a positive word, that white person with a positive word, than we are when we are trying to associate positive with a black face, and vice versa. When we see a black face, it is easier for us to connect black with negative than it is white with negative. Seventy percent of white people taking that test prefer white. Fifty percent of black people taking that test prefer white. You see, we were all outside when the contamination came down.

What do we do about the fact that our brain automatically associates? You know,one of the things that you probably are thinking about, and you're probably like, you know what, I'm just going to double down on my color blindness. Yes, I'm going to recommit to that. I'm going to suggest to you, no. We've gone about as far as we can go trying to make a difference trying to not see color. The problem was never that we saw color. It was what we did when we saw the color. It's a false ideal. And while we're busy pretending not to see, we are not being aware of the ways in which racial difference is changing people's possibilities, that's keeping them from thriving, and sometimes it's causing them an early death.

So in fact, what the scientists are telling us is, no way. Don't even think about color blindness. In fact, what they're suggesting is, stare at awesome black people. (Laughter) Look at them directly in their faces and memorize them, because when we look at awesome folks who are black, it helps to dissociate the association that happens automatically in our brain. Why do you think I'm showing you these beautiful black men behind me? There were so many, I had to cut them. Okay, so here's the thing: I'm trying to reset your automatic associations about who black men are. I'm trying to remind you that young black men grow up to be amazing human beings who have changed our lives and made them better.

So here's the thing. The other possibility in science, and it's only temporarily changing our automatic assumptions, but one thing we know is that if you take a white person who is odious that you know, and stick it up next to a person of color, a black person, who is fabulous, then that sometimes actually causes us to disassociate too. So think Jeffrey Dahmer and Colin Powell. Just stare at them, right? (Laughter) But these are the things. So go looking for your bias. Please, please, just get out of denial and go looking for disconfirming data that will prove that in fact your old stereotypes are wrong.

Okay, so that's number one: number two, what I'm going to say is move toward young black men instead of away from them. It's not the hardest thing to do, but it's also one of these things where you have to be conscious and intentional about it. You know, I was in a Wall Street area one time several years ago when I was with a colleague of mine, and she's really wonderful and she does diversity work with me and she's a woman of color, she's Korean. And we were outside, it was late at night, and we were sort of wondering where we were going, we were lost. And I saw this person across the street, and I was thinking, "Oh great, black guy." I was going toward him without even thinking about it. And she was like, "Oh, that's interesting." The guy across the street, he was a black guy. I think black guys generally know where they're going. I don't know why exactly I think that, but that's what I think. So she was saying, "Oh, you were going, 'Yay, a black guy'?" She said, "I was going, 'Ooh, a black guy.'" Other direction. Same need, same guy, same clothes, same time, same street, different reaction. And she said, "I feel so bad. I'm a diversity consultant. I did the black guy thing. I'm a woman of color. Oh my God!" And I said, "You know what? Please. We really need to relax about this." I mean, you've got to realize I go way back with black guys. (Laughter) My dad is a black guy. You see what I'm saying? I've got a 6'5" black guy son. I was married to a black guy. My black guy thing is so wide and so deep that I can pretty much sort and figure out who that black guy is, and he was my black guy. He said, "Yes, ladies, I know where you're going. I'll take you there."

You know, biases are the stories we make up about people before we know who they actually are. But how are we going to know who they are when we've been told to avoid and be afraid of them? So I'm going to tell you to walk toward your discomfort. And I'm not asking you to take any crazy risks. I'm saying, just do an inventory, expand your social and professional circles. Who's in your circle? Who's missing? How many authentic relationships do you have with young black people, folks, men, women? Or any other major difference from who you are and how you roll, so to speak? Because, you know what? Just look around your periphery. There may be somebody at work, in your classroom, in your house of worship, somewhere, there's some black young guy there. And you're nice. You say hi. I'm saying go deeper, closer, further, and build the kinds of relationships, the kinds of friendships that actually cause you to see the holistic person and to really go against the stereotypes. I know some of you are out there,

I know because I have some white friends in particular that will say, "You have no idea how awkward I am. Like, I don't think this is going to work for me. I'm sure I'm going to blow this." Okay, maybe, but this thing is not about perfection. It's about connection. And you're not going to get comfortable before you get uncomfortable. I mean, you just have to do it. And young black men, what I'm saying is if someone comes your way, genuinely and authentically, take the invitation. Not everyone is out to get you. Go looking for those people who can see your humanity. You know, it's the empathy and the compassion that comes out of having relationships with people who are different from you. Something really powerful and beautiful happens: you start to realize that they are you, that they are part of you, that they are you in your family, and then we cease to be bystanders and we become actors, we become advocates, and we become allies. So go away from your comfort into a bigger, brighter thing, because that is how we will stop another Ferguson from happening. That's how we create a community where everybody, especially young black men, can thrive.

So this last thing is going to be harder, and I know it, but I'm just going to put it out there anyway. When we see something, we have to have the courage to say something, even to the people we love. You know, it's holidays and it's going to be a time when we're sitting around the table and having a good time. Many of us, anyways, will be in holidays, and you've got to listen to the conversations around the table. You start to say things like, "Grandma's a bigot." (Laughter) "Uncle Joe is racist." And you know, we love Grandma and we love Uncle Joe. We do. We know they're good people, but what they're saying is wrong. And we need to be able to say something, because you know who else is at the table? The children are at the table. And we wonder why these biases don't die, and move from generation to generation? Because we're not saying anything. We've got to be willing to say, "Grandma, we don't call people that anymore." "Uncle Joe, it isn't true that he deserved that. No one deserves that." And we've got to be willing to not shelter our children from the ugliness of racism when black parents don't have the luxury to do so, especially those who have young black sons. We've got to take our lovely darlings, our future, and we've got to tell them we have an amazing country with incredible ideals, we have worked incredibly hard, and we have made some progress, but we are not done. We still have in us this old stuff about superiority and it is causing us to embed those further into our institutions and our society and generations, and it is making for despair and disparities and a devastating devaluing of young black men. We still struggle, you have to tell them, with seeing both the color and the character of young black men, but that you, and you expect them, to be part of the forces of change in this society that will stand against injustice and is willing, above all other things, to make a society where young black men can be seen for all of who they are.

So many amazing black men, those who are the most amazing statesmen that have ever lived, brave soldiers, awesome, hardworking laborers. These are people who are powerful preachers. They are incredible scientists and artists and writers. They are dynamic comedians. They are doting grandpas, caring sons. They are strong fathers, and they are young men with dreams of their own.

Thank you.

(Applause)

私はこの夏長い旅に出ており そこで素晴らしい経験をしました イザベル・ウィルカーソンの名著 『他の太陽のぬくもり』を聴いたのです 1915年から1970年の間に 6百万人もの黒人たちが 南アメリカでの暴力から逃れようと 北アメリカに希望を求めてやってきた時代を記録した ドキュメンタリーです それはアフリカン・アメリカンたちの 逞しさと輝きに満ちていました そして同時に、痛ましさ、卑屈な思い、屈辱の数々 それらを聞くのはとても辛いことでした 黒人男性への暴行、火による拷問、リンチは 特に聞くに耐えませんでした 私は思わず 「ああ もういいわ」 「ちょっと休憩が必要ね ラジオでも聞こう」 そしてラジオをつけたら ミズーリ州のファーガソンで マイケル・ブラウン 18歳の黒人の少年 丸腰の彼は白人警官に打たれて 地面に倒れ 血を流し続けた ― 4時間も おばあさん 幼い子供 近所の人が 怯えながら見守る中で そして思ったのです まただわ

黒人男性たちに対する 暴力や残忍な行為は ずっと続いてきたのだと つまり同じことが起きているのです 犠牲者の名前が違うだけ それはアマドゥ・ディアロだったり ショーン・ベル 時にはオスカー・グラント そしてトレイヴォン・マーティン かもしれない この暴力 そしてこの蛮行は 私たちの国の精神の一部です 私たちが重ねてきた歴史です 私たちはどうすべきなのでしょうか? 黒人青年を見ると 向かい側の通りへ避け ドアの鍵を閉めきり 財布を握りしめる いまだにそんな人々もいるのを 知っていますか? この点です

もちろん私たちは道で 人を撃ち倒したりはしません しかし数々の悲劇を引き起こすような 同じ類いのステレオタイプや偏見は 確かに私たち自身の中に あるのではないでしょうか そのように教え込まれても来た このような事件の数々を 新たなファーガソンでの悲劇を 食い止めることができると信じています 自らの内省と 自らを変えたいと 願う気持ちによって

そこで私からの提案です 今日皆さんに考えてほしいことは 3つあります ファーガソンの悲劇を繰り返さないために そして黒人青年たちに対するイメージを 一新するためにね これらのアイデアは 彼らを守るだけではなく 彼らが豊かに生きるために 世界を開いてあげることでもあります どうでしょうか? 私たちの国が 彼らを優しく包みこみ 未来の一部としてとらえ 開かれた世界を与え 愛する人に対するような慈しみを捧げるのが 想像できますか? 私たちの生活はどんなに素晴らしくなることでしょう? 私たちの国はどんなに素敵になる?

まず1つ目のアイデアは 否定からの脱却です 「いい人」になろうとしないで下さい 必要なのはリアルな人間そのものです 私は人間の多様性に関する たくさんの仕事をしてきました ワークショップの前に人々は 私に近づいてきます 「こんにちはミズ・ダイバーシティ お会いできて嬉しいです」 (笑) 「でも私たちは偏見なんてありません」 私はこう答えます「ええ!?本当に? 私はこの仕事を毎日しているけれど 私自身の中にも偏見はよく見つかるわ」

つい最近飛行機に乗っていた時のことです 機内アナウンスで 女性パイロットの声を聞いたのです 私はとても興奮して 「ああ女性なのね すごい」 「私たち成層圏にいるわ」 すべて順調でしたが突然揺れ始めました 私は思わず 「彼女運転できるといいんだけど」 (笑) ええそうなんです 私は帰りの飛行機に乗るまで それが偏見だと気づきもしませんでした そこにはいつもの通り 男性のパイロットがいて しばしばガタガタと揺れたけれど パイロットの技術を 疑問に思うことはなかった パイロットには問題ありません 問題はこうです もし誰かに面と向かって質問されたら私はこう言うでしょう 「女性のパイロットは素晴らしい」 しかし事態が落ち着かず なにか厄介で 危険になりそうなとき それとは自分で気付かない偏見が 顔を出すのです 空を高速で動く飛行機では 男性のパイロットがいい これは私の中のデフォルトです 男性が基準値 あなたのスタンダードは誰ですか? あなたは誰を頼り 誰を恐れますか? 内心では 誰と関わりたいと思っていて 誰を避けているのでしょう?

私が学んだことをお伝えしようと思います 自覚のない偏見を測定する 潜在意識の連想テストを オンラインで受けることができます 5百万人が実施した結果 私たちのスタンダードは白人ということが 明らかになりました 私たちは白人が好きなのです 私たちは白人を好む どういうことでしょうか? 黒人と白人の画像を見せられた時 人々は黒人の画像に かける時間よりも素早く 白人の画像からポジティブな 言葉を連想することができます 反対もまた然り 私たちは黒人の顔を見た時には 白人の顔の時よりも容易に ネガティブな言葉と結びつけるのです このテストを受けた70パーセントの白人が 白人を好意的に捉え 50パーセントの黒人も白人に好意的でした 偏見がある時 私たちは無意識でした

脳が無意識に連想するというこの事実に対し 私たちはどうするべきでしょうか? おそらく 皆さんが考えているのは 多分こんな風なことでしょう ― 自分は肌の色への偏見なんて 無い振りを続けるよ またそうすればいい あなたたちに薦めるか? ノーです 私たちは 偏見を無くそうと 出来る限り取り組んできました 肌の色など見えないとでも言うかのように 問題は私たちに肌の色が見えたことでなく そのことについて私たちがどうしたかということです 肌の色を無視するなんて偽りの理想です 私たちが肌の色の違いが 見えないかのように振舞っている間 私たちは 人種の違いが 人々の可能性に影響を与え 豊かに生きる可能性を奪っていたり 時には早過ぎる死をもたらしていたりするという その様々なあり方に気づいていなかったのです

実際 科学者たちが言っているのは とんでもない 肌の色を無視するなんてとんでもない 彼らが推奨するのは ― 素晴らしい 黒人達を凝視しよう ということです (笑) 彼らの顔を正面からよく見て 記憶するのです なぜなら 素晴らしい人々であり 黒人である人々を見つめることで 脳が勝手に行う連想を 断つことができるからです 何故私はみなさんに後ろの素晴らしい 黒人男性達をお見せしているのでしょう? ようやく選り分けて ここまでの数になりました さあ いいですか これから皆さんの黒人を見た時の 自動連想をリセットします ご存知ですか あの黒人青年達は 素晴らしい人格を持った人間に成長し 私たちの生活を より良いものにしてくれました

さて 科学的な方法の一つでは 一時的にこの自動的な偏見に 影響を与えられます でもこうなんです もしあなたにとって憎らしい白人を 有色人種 ― 黒人で 素晴らしい人の隣に 立たせたら それによっても 自動連想は止められます (連続殺人鬼の)ジェフリー・ダーマーと (政治家の)コリン・パウエルを思い出して ほら 効果があったでしょう?(笑) こういうことなんです あなたの偏見に気づいてみて どうかお願い 頑なにならず 心を開いて 今まで抱いていた 古いステレオタイプが間違っていたと 教えてくれるデータを探してみてください

それがまず1つ目です 2つ目は ― 黒人の若者たちから離れていくのでは無く 彼らの方へ歩み寄って行って下さいということです そんなに難しいことではありません でもこれは あなたが気をつけて 意図的にやろうとする そんなことの一つです 私は数年前ウォールストリートに 人種の多様性についての取り組みを 一緒に行っている 韓国人の素晴らしい同僚といました 私たちは夜遅く外を歩き 道に迷ってウロウロしていました すると道の向こう側に黒人男性がいて 私は「ああ 良かった黒人だわ」と 考えもせずに彼の方へ歩いて行きました 彼女の反応は「あら…話しかけるの?」 道の向こうの彼は 黒人で 黒人男性は大体 道をよく知っているものだわ なんでそう思うのかわからないけど ― とにかくそう思っています 彼女は「あなたの反応 『ヤッタ! 黒人男性だわ!』という感じだったけど」 「私は『しまった 黒人男性だわ!』 という感じだったわ」 私たち2人は全く逆方向へ向かったのです 道に迷って 同じ男性を見て 同じ時間 同じ道なのに 全く違う反応をしたのです そして彼女は「ああ 酷いことをしたわ 私は多様性のコンサルタントなのに 黒人男性に偏見を持ってしまった 私も有色人種なのに!」 私は「ちょっとお願いだから肩の力を抜いて」 と言いました ほら 私と「黒人男性」とは 長い付き合いですもの (笑) 私の父も黒人なんですから ― 分かる? 私には190cmの黒人の息子もいるし 夫も黒人よ 私は黒人男性をよく分かっているから 黒人男性を見かけたら 大体どんな人だか分かる それで その彼も親切な人でした 彼は「お二人の行き先に案内しましょう」 と言ってくれました

偏見とは 私たちが人々を 知る前に創り上げてしまう物語です でも 彼らに気をつけて できるだけ避けるように と言われて育った私たちは どうやって彼らを知ることが出来るでしょう? だから 不安でも 彼らの方に 歩いて行って下さい もちろん 時と場合によりけり 危険を冒してと言っているんじゃなく 友人知人関係を見つめ直してみて 社交の そして仕事上の付き合いの輪を 広げてみて下さい 誰があなたの社交の輪にいて 誰がいませんか? 若い黒人の男性や女性との間に いくつ純粋な友人関係を持っていますか? あるいは あなたとは 「大分感じが違う」友達は? 少し周りを見渡してみたら 職場で クラスで 教会で ― 黒人青年達はそこにいるのだから あなたはいい人だし 挨拶したりするでしょう でも私が言っているのは もっと深く、近く それ以上に歩み寄っていって 人物の全体像 全てを目にすることが 出来るくらいの関係を築いて ステレオタイプが無くなる位の関係を築いて ということなんです 共感してくれる人たちがいるのは

知っているし 特に私の白人の友達たちは こう思っています 「私が不器用なの知らないでしょう こんな難しいこと無理だわ! 絶対に失敗する!」 ええ そうかもね でもこれは完璧にしなきゃいけないこと じゃなくて 人と繋がるということです そして失敗を恐れていては 成功は無いんです つまり ただやるしかないの 黒人青年達に伝えたいのは 誰かが心を開いて正々堂々と歩み寄ってきたら その招きを受け入れて下さいということです 皆が皆あなたを懲らしめようと 思っている訳ではないのだから あなたの人間性を見ている人たちを 見つけて下さい 自分とは違う人たちとの関係からは 共感と心遣いが生まれるのです そしてとても力強く 素晴らしい事が起こります 次第にあなたは気づき始めるのです 彼らはあなたであり 彼らはあなたの一部で 彼らは家族の一員であるあなた自身だと 私たちは傍観者でいることを止めて 行動する人 影響を与える人に なっていくのです そして私たちは仲間になっていきます だから 安全圏から踏み出して もっと大きな 明るいものに踏み込んでいってみてください それがまたファーガソンのような事件が 起こる悲劇を回避することになるのだから そうして私たちは 誰もが 特に 黒人青年たちが 活きることの出来る コミュニティを創るのです

最後は少し難しくなります そうとは分かっていますが それでも言いますね 何かを見かけた時 それを口に出す勇気を持たなければなりません 愛する人々に対してもです 祝日がやって来ますね 私たちは皆 夕食のテーブルについて 楽しい団欒のひとときを過ごすでしょう 私たちの多くが 家で家族と祝日を過ごす中 あなたは 夕飯のテーブルでの会話に耳を傾け 「おばあちゃんは偏見の持ち主ね」 なんて言い出すのです (笑) 「伯父さんは人種差別主義者だ」 でもね 私たちはおばあさんも 伯父さんも愛しているんです もちろん 確かにいい人たちだけど でも 間違ったことを言っているんです それについて指摘するべきです なぜなら テーブルには 子供たちもついているのだから こうした偏見が無くならず 世代を超えて伝わるのは何故だろうって思いますか? 何故なら私たちが何も言わないからです 皆積極的にこう言わなければなりません 「おばあちゃん もうそんな風にはいわないのよ」 「伯父さん あの人はそんな扱いは 受けるべきじゃないんだよ 誰もそんな扱いは受けては いけないんだから」 私たちは子どもたちを 人種差別の醜さから 守り隠してしまわないことが肝心です 黒人の両親達には そんな贅沢は無いのだから 若い息子たちがいる家庭では特にね 私たちは愛する子どもたち 私たちの未来に 私たちには素晴らしい理想を持つ 偉大なる国があり その為に私たちは信じられない程の 努力をしてやっと少し前進した けれどもそれはまだ 終わりではないと伝えるのです 私たちは皆まだ 人種間の優劣の感情を持ち それは未だに 常識観念や社会そして 幾世代にも渡り根を下ろし 絶望を生み 不公平を助長し 黒人青年達の価値を 破壊的に損なっています 子どもたちには 私たちがまだ 黒人青年たちの肌の色を見る時 人格も同時に見ることが 難しいのだと伝えるのです でもあなたは彼らに この社会を良く変えていく力になり 不正義に立ち向かい 何より 黒人青年達が肌の色よりどんな人間かで 判断される社会にするよう教えてください

多くの素晴らしい黒人男性たち 最も素晴らしい政治家だったり 勇敢な兵士だったり 働き者の労働者達だったり ― この人達は力強い宣教師達です 彼らは才能ある科学者、芸術家、作家達だったり ダイナミックなコメディアンだったり 愛情深いおじいさんだったり 心優しい息子だったり 彼らは力強い父親であったり それぞれの夢を持った 若者達だったりするのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画