TED日本語 - ギャビー・ギフォーズとマーク・ケリー: 情熱を捧げ、勇気を出し、ベストを尽くそう

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ギャビー・ギフォーズとマーク・ケリー: 情熱を捧げ、勇気を出し、ベストを尽くそう

TED Talks

情熱を捧げ、勇気を出し、ベストを尽くそう
Be passionate. Be courageous. Be your best.
ギャビー・ギフォーズとマーク・ケリー
Gabby Giffords and Mark Kelly

内容

2011年1月8日、ギャビー・ギフォーズ下院議員は、地元アリゾナ州ツーソンで有権者との集会に参加していたとき、頭を撃たれました。夫である宇宙飛行士のマーク・ケリーはすぐに彼女のもとに飛びました。パット・ミッチェルとの心通う対話で、この夫婦が事件前後で様変わりした人生を語ります。そして、銃規制に向けた働きかけについて紹介します。

Script

Pat Mitchell: That day, January 8,2011, began like all others. You were both doing the work that you love. You were meeting with constituents, which is something that you loved doing as a congresswoman, and Mark, you were happily preparing for your next space shuttle. And suddenly, everything that you had planned or expected in your lives was irrevocably changed forever.

Mark Kelly: Yeah, it's amazing, it's amazing how everything can change for any of us in an instant. People don't realize that. I certainly didn't. Gabby Giffords: Yes. MK: And on that Saturday morning, I got this horrible phone call from Gabby's chief of staff. She didn't have much other information. She just said, "Gabby was shot." A few minutes later, I called her back and I actually thought for a second, well, maybe I just imagined getting this phone call. I called her back, and that's when she told me that Gabby had been shot in the head. And from that point on, I knew that our lives were going to be a lot different.

PM: And when you arrived at the hospital, what was the prognosis that they gave you about Gabby's condition and what recovery, if any, you could expect?

MK: Well, for a gunshot wound to the head and a traumatic brain injury, they typically can't tell you much. Every injury is different. It's not predictable like often a stroke might be predictable, which is another TBI kind of injury. So they didn't know how long Gabby would be in a coma, didn't know when that would change and what the prognosis would be.

PM: Gabby, has your recovery been an effort to create a new Gabby Giffords or reclaim the old Gabby Giffords?

GG: The new one -- better, stronger, tougher. (Applause)

MK: That to say, when you look at the picture behind us, to come back from that kind of injury and come back strong and stronger than ever is a really tough thing to do. I don't know anybody that's as tough as my wonderful wife right here. (Applause)

PM: And what were the first signs that recovery was not only going to be possible but you were going to have some semblance of the life that you and Gabby had planned?

MK: Well, the first thing, for me, was Gabby was still kind of almost unconscious, but she did something when she was in the ICU hospital bed that she used to do when we might be out to dinner at a restaurant, in that she pulled my ring off and she flipped it from one finger to the next, and at that point I knew that she was still in there. PM: And there were certain words, too. Didn't she surprise you with words in the beginning?

MK: Well, it was tough in the beginning. GG: What? What? Chicken. Chicken. Chicken.

MK: Yeah, that was it. For the first month, that was the extent of Gabby's vocabulary. For some reason, she has aphasia, which is difficulty with communication. She latched on to the word "chicken," which isn't the best but certainly is not the worst. (Laughter) And we were actually worried it could have been a lot worse than that. PM: Gabby, what's been the toughest challenge for you during this recovery?

GG: Talking. Really hard. Really.

MK: Yeah, with aphasia, Gabby knows what she wants to say, she just can't get it out. She understands everything, but the communication is just very difficult because when you look at the picture, the part of your brain where those communication centers are are on the left side of your head, which is where the bullet passed through.

PM: So you have to do a very dangerous thing: speak for your wife.

MK: I do. It might be some of the most dangerous things I've ever done.

PM: Gabby, are you optimistic about your continuing recovery -- walking, talking, being able to move your arm and leg?

GG: I'm optimistic. It will be a long, hard haul, but I'm optimistic.

PM: That seems to be the number one characteristic of Gabby Giffords, wouldn't you say? (Applause)

MK: Gabby's always been really optimistic. She works incredibly hard every day.

GG: On the treadmill, walked on my treadmill, Spanish lessons, French horn.

MK: It's only my wife who could be -- and if you knew her before she was injured, you would kind of understand this -- somebody who could be injured and have such a hard time communicating and meets with a speech therapist, and then about a month ago, she says, "I want to learn Spanish again."

PM: Well, let's take a little closer look at the wife, and this was even before you met Gabby Giffords. And she's on a motor scooter there, but it's my understanding that's a very tame image of what Gabby Giffords was like growing up.

MK: Yeah, Gabby, she used to race motorcycles. So that's a scooter, but she had -- well, she still has a BMW motorcycle.

PM: Does she ride it? MK: Well, that's a challenge with not being able to move her right arm, but I think with something I know about, Velcro, we might be able to get her back on the bike, Velcro her right hand up onto the handlebar.

PM: I have a feeling we might see that picture next, Gabby. But you meet, you're already decided that you're going to dedicate your life to service. You're going into the military and eventually to become an astronaut. So you meet. What attracts you to Gabby?

MK: Well, when we met, oddly enough, it was the last time we were in Vancouver, about 10 years ago. We met in Vancouver, at the airport, on a trip that we were both taking to China, that I would actually, from my background, I would call it a boondoggle. Gabby would -- GG: Fact-finding mission.

MK: She would call it an important fact-finding mission. She was a state senator at the time, and we met here, at the airport, before a trip to China.

PM: Would you describe it as a whirlwind romance?

GG: No, no, no. (Laughter) A good friend.

MK: Yeah, we were friends for a long time.

GG: Yes. (Laughter)

MK: And then she invited me on, about a year or so later, she invited me on a date. Where'd we go, Gabby?

GG: Death row.

MK: Yes. Our first date was to death row at the Florence state prison in Arizona, which was just outside Gabby's state senate district. They were working on some legislation that had to do with crime and punishment and capital punishment in the state of Arizona. So she couldn't get anybody else to go with her, and I'm like, "Of course I want to go to death row." So that was our first date. We've been together ever since. GG: Yes.

PM: Well, that might have contributed to the reason that Gabby decided to marry you. You were willing to go to death row, after all.

MK: I guess.

PM: Gabby, what did make you want to marry Mark?

GG: Um, good friends. Best friends. Best friends.

MK: I thought we always had a very special relationship. We've gone through some tough times and it's only made it stronger. GG: Stronger.

PM: After you got married, however, you continued very independent lives. Actually, you didn't even live together.

MK: We had one of those commuter marriages. In our case, it was Washington, D.C., Houston, Tucson. Sometimes we'd go clockwise, sometimes counterclockwise, to all those different places, and we didn't really live together until that Saturday morning. Within an hour of Gabby being shot, I was on an airplane to Tucson, and that was the moment where that had changed things.

PM: And also, Gabby, you had run for Congress after being a state senator and served in Congress for six years. What did you like best about being in Congress?

GG: Fast pace. Fast pace.

PM: Well it was the way you did it. GG: Yes, yes. Fast pace.

PM: I'm not sure people would describe it entirely that way. (Laughter)

MK: Yeah, you know, legislation is often at a colossally slow pace, but my wife, and I have to admit, a lot of other members of Congress that I know, work incredibly hard. I mean, Gabby would run around like a crazy person, never take a day off, maybe a half a day off a month, and whenever she was awake she was working, and she really, really thrived on that, and still does today. GG: Yes. Yes.

PM: Installing solar panels on the top of her house, I have to say. So after the tragic incident, Mark, you decided to resign your position as an astronaut, even though you were supposed to take the next space mission. Everybody, including Gabby, talked you into going back, and you did end up taking.

MK: Kind of. The day after Gabby was injured, I called my boss, the chief astronaut, Dr. Peggy Whitson, and I said, "Peggy, I know I'm launching in space in three months from now. Gabby's in a coma. I'm in Tucson. You've got to find a replacement for me." So I didn't actually resign from being an astronaut, but I gave up my job and they found a replacement. Months later, maybe about two months later, I started about getting my job back, which is something, when you become this primary caregiver person, which some people in the audience here have certainly been in that position, it's a challenging role but at some point you've got to figure out when you're going to get your life back, and at the time, I couldn't ask Gabby if she wanted me to go fly in the space shuttle again. But I knew she was? GG: Yes. Yes. Yes.

MK: She was the biggest supporter of my career, and I knew it was the right thing to do.

PM: And yet I'm trying to imagine, Mark, what that was like, going off onto a mission,one presumes safely, but it's never a guarantee, and knowing that Gabby is --

MK: Well not only was she still in the hospital, on the third day of that flight, literally while I was rendezvousing with the space station, and you've got two vehicles moving at 17,500 miles an hour, I'm actually flying it, looking out the window, a bunch of computers, Gabby was in brain surgery, literally at that time having the final surgery to replace the piece of skull that they took out on the day she was injured with a prosthetic, yeah, which is the whole side of her head. Now if any of you guys would ever come to our house in Tucson for the first time, Gabby would usually go up to the freezer and pull out the piece of Tupperware that has the real skull. (Laughter)

GG: The real skull. MK: Which freaks people out, sometimes.

PM: Is that for appetizer or dessert, Mark?

MK: Well, it just gets the conversation going.

PM: But there was a lot of conversation about something you did, Gabby, after Mark's flight. You had to make another step of courage too, because here was Congress deadlocked again, and you got out of the rehabilitation center, got yourself to Washington so that you could walk on the floor of the House -- I can barely talk about this without getting emotional -- and cast a vote which could have been the deciding vote.

GG: The debt ceiling. The debt ceiling.

MK: Yeah, we had that vote, I guess about five months after Gabby was injured, and she made this bold decision to go back. A very controversial vote, but she wanted to be there to have her voice heard one more time.

PM: And after that, resigned and began what has been a very slow and challenging recovery. What's life like, day to day?

MK: Well, that's Gabby's service dog Nelson.

GG: Nelson.

MK: New member of our family. GG: Yes, yes.

MK: And we got him from a?

GG: Prison. Murder. MK: We have a lot of connections with prisons, apparently. (Laughter) Nelson came from a prison, raised by a murderer in Massachusetts. But she did a great job with this dog. He's a fabulous service dog.

PM: So Gabby, what have you learned from your experiences the past few years?

MK: Yeah, what have you learned? GG: Deeper. Deeper.

PM: Your relationship is deeper. It has to be. You're together all the time now.

MK: I imagine being grateful, too, right?

GG: Grateful.

PM: This is a picture of family and friends gathering, but I love these pictures because they show the Gabby and Mark relationship now. And you describe it, Gabby, over and over, as deeper on so many levels. Yes?

MK: I think when something tragic happens in a family, it can pull people together. Here's us watching the space shuttle fly over Tucson, the Space Shuttle Endeavour, the one that I was the commander on its last flight, on its final flight on top of an airplane on a 747 on its way to L.A., NASA was kind enough to have it fly over Tucson.

PM: And of course, the two of you go through these challenges of a slow and difficult recovery, and yet, Gabby, how do you maintain your optimism and positive outlook?

GG: I want to make the world a better place. (Applause)

PM: And you're doing that even though your recovery has to remain front and center for both of you. You are people who have done service to your country and you are continuing to do that with a new initiative, a new purpose. And Gabby, what's on the agenda now?

GG: Americans for Responsible Solutions.

MK: That's our political action committee, where we are trying to get members of Congress to take a more serious look at gun violence in this country, and to try to pass some reasonable legislation.

GG: Yes. Yes. (Applause)

MK: You know, this affected us very personally, but it wasn't what happened to Gabby that got us involved. It was really the 20 murdered first graders and kindergartners in Newtown, Connecticut, and the response that we saw afterwards where -- well, look what's happened so far. So far the national response has been pretty much to do nothing. We're trying to change that.

PM: There have been 11 mass shootings since Newtown, a school a week in the first two months of last year. What are you doing that's different than other efforts to balance rights for gun ownership and responsibilities?

MK: We're gun owners, we support gun rights. At the same time, we've got to do everything we can to keep guns out of the hands of criminals and the dangerously mentally ill. It's not too difficult to do that. This issue, like many others, has become very polarizing and political, and we're trying to bring some balance to the debate in Washington.

PM: Thank you both for that effort. And not surprisingly for this woman of courage and of a sense of adventure, you just keep challenging yourself, and the sky seems to be the limit. I have to share this video of your most recent adventure. Take a look at Gabby.

MK: This is a couple months ago.

(Video) MK: You okay? You did great. GG: Yes, it's gorgeous. Thank you. Good stuff. Gorgeous. Oh, thank you. Mountains. Gorgeous mountains. (Applause)

MK: Let me just say one of the guys that Gabby jumped with that day was a Navy SEAL who she met in Afghanistan who was injured in combat, had a really rough time. Gabby visited him when he was at Bethesda and went through a really tough period. He started doing better. Months later, Gabby was shot in the head, and then he supported her while she was in the hospital in Houston. So they have a very, very nice connection.

GG: Yes.

PM: What a wonderful moment. Because this is the TED stage, Gabby, I know you worked very hard to think of the ideas that you wanted to leave with this audience.

GG: Thank you. Hello, everyone. Thank you for inviting us here today. It's been a long, hard haul, but I'm getting better. I'm working hard, lots of therapy -- speech therapy, physical therapy, and yoga too. But my spirit is strong as ever. I'm still fighting to make the world a better place, and you can too. Get involved with your community. Be a leader. Set an example. Be passionate. Be courageous. Be your best. Thank you very much.

(Applause)

MK: Thank you. GG: Thank you.

(Applause) MK: Thank you everybody. GG: Bye bye. (Applause)

パット・ミッチェル: あの日― 2011年1月8日は いつものように始まり お二人は大好きな仕事に いそしんでいました あなたは 議員として 大事にしていた 有権者との集会に 参加していました そして マークは 期待に胸を膨らませ スペースシャトルの次の飛行に 備えていました でも 突然 二人が計画し― 思い描いていた 未来がすべて 跡形もなく 崩れ去ります

マーク・ケリー: 見事なまでに 一瞬にして 物事は変わってしまうのです そんなこと 夢にも思わないでしょう 私も そうでした ギャビー・ギフォーズ: そうです あの土曜日の朝 私はギャビーの 首席補佐官から 恐ろしい電話を 受けました とにかく情報が なかったようで 「ギャビーが銃撃された」 とだけ告げられました 数分後 私は電話をします 一瞬でも 思ってしまったのです あの電話は 夢だったのではないかと 首席補佐官に 電話をかけ直すと 「ギャビーは頭を撃たれた」 と言われました その瞬間から 私たちの人生は 大きく変わるんだ と理解しました

あなたが病院に 到着されたとき 病院からは どのような診断を 伝えられたのですか? ギャビーの容体や どれくらい回復の見込みがあるのか 聞かれたのでしょうか?

頭部の銃撃による 外傷性脳損傷の場合 医者も 何とも言えないことが 多いのです 傷にもよるので 予想がつかないのです 同じ外傷性脳損傷でも 予測がつきやすい脳卒中のようには 行かないのです 病院側でも ギャビーの昏睡状態が いつまで続くのか いつになれば 昏睡状態から抜け出し どんな後遺症が残るのか 分かりませんでした

ギャビー この回復は あなたにとって 新しいギャビー・ギフォーズに なることでしたか? それとも 昔のギャビー・ギフォーズを 復活させることでしたか?

新しい私です 前より良く 強く タフな (拍手)

そうですね 前の写真を ご覧いただければ こうしたケガを 乗り越え 立ち直り 以前よりも強くなることが どれほど大変か お分かりいただけるでしょう この最愛の妻ほど 強い人なんて 他にいないでしょう (拍手)

最初の兆し― 体の傷が 癒えるだけでなく ギャビーと二人で 思い描いていた人生を 少しでも取り戻せると 感じたのは どんなときでしたか?

私が最初に そう感じたのは ほぼ意識がなかった ギャビーが ICUのベッドで いつもの仕草を しているのを見たときです レストランで 食事をしているときに 彼女がよくしていた癖 なのですが 指輪を はずして 指から指へと 指輪を転がすのです あれを見たとき ギャビーは そこにいるんだ と確信しました ある言葉も 口にされたそうですが 最初に聞かれたときは 驚かれましたか?

最初は つらかったですね ―何、何? チキン、チキン、チキンって

ああ そうだったね 最初の1ヶ月 ギャビーが話せるのは それが精一杯でした どういうわけか 彼女は失語症になったのです 意思疎通が困難になる 病気です なぜか「チキン」という 単語は使えました 最高ではないですが 最悪でもないですよね (笑) 私たちは 実際 これよりも もっと悪い事態もある と思っていましたから ギャビー ここまで回復する上で 一番つらかったことは 何でしょうか?

話すこと とても難しい とても

失語症のギャビーは 言いたいことはあるのに それをうまく 伝えられない状態です すべて理解しているのに 意思疎通をするのが ただ難しいんです 写真をご覧いただければ 分かる通り 脳で意思疎通を つかさどる部分が 左側頭部にあるのですが そこを銃弾が 通過しています

だから 大きな危険を 冒さないといけないんですね 妻の代わりに 話すなんて

そうなんです 人生で最も危険なことですよ

ギャビー 今後の回復について 楽観的に お考えですか? もっと 歩いたり 話したり 腕や足を動かしたり できるようになると?

楽観的です 長く つらい道のりでしょう でも 楽観的です

これぞ ギャビー・ギフォーズですね そうでしょう?(拍手)

ギャビーはずっと 楽観的です 毎日 本当に 頑張っています

ルームランナー ルームランナーで歩いた スペイン語のレッスン フレンチ・ホルン

私の妻だからこそ― 銃撃前のギャビーを ご存知の方なら ご理解いただける と思いますが ケガを負って 意思疎通も ままならず 言語療法士の 治療を受けている― そんな彼女が 1ヶ月くらい前 「スペイン語を学び直したいわ」 と言うんですよ

この奥さんについて もう少し詳しく ご紹介しましょう こちらは― あなたが出会う前の ギャビーです スクーターに 乗っていますが 本当の ギャビー・ギフォーズより ずっと控えめな姿ではないか と思います

ギャビーは オートバイ・レースもしていましたからね あれはスクーターですが 持っていたのは― ギャビーは今でも BMWのオートバイを持っていますよ

乗るんですか? ―それは難しいですね 右腕を動かすことが できないですから でも 面ファスナーの ようなものがあれば また乗れるように なるかもしれません 面ファスナーで 右手をハンドルに固定するんです

今度 そんな写真を 見るような気がしますね ギャビー さて お二人が 出会ったとき あなたは 軍隊に 人生を捧げると決められていて 陸軍に入って そして 宇宙飛行士になりました お二人が 出会ったとき ギャビーのどこに 惹かれましたか?

初めて会ったのはバンクーバーで 不思議なことに― バンクーバーに来たのは それ以来です― 10年ほど前に バンクーバーの 空港で会いました 二人とも 中国に行くところでした 仕事柄 私に言わせれば 「公費の無駄遣い」ですが ギャビーは ―「実態調査」です

彼女に言わせれば 重要な実態調査なわけです 当時 彼女は 州の上院議員でした ここ 空港で 私たちは会い 中国に向かいました

すぐに恋に 落ちたのでしょうか?

いえ いえ (笑) 良いお友だち

長いこと お友だちのままでした

その通りよ(笑)

1年くらい経ってから ギャビーから誘いを受けました デートに 誘ってくれたんです どこに行ったんだっけ?

死刑囚監房

そう 初デートは アリゾナ州の フローレンス刑務所の 死刑囚監房でした ギャビーの州議員管轄区の すぐ外ですが アリゾナ州では 当時 犯罪と刑罰 それと 死刑制度に関する 議論がされていました ギャビーは 単に同行者を 探していただけですが 私は 「もちろん 死刑囚監房行きたい!」 という感じでした それが 初デートでした 以来ずっと一緒です ―その通りね

もしかすると このことも ギャビーが結婚を決めた 理由かもしれませんね あなたも死刑囚監房に 行きたかったわけですし

そうですね

ギャビー マークとの結婚を決めた理由は?

良いお友だち 親友 親友

やっぱり 私たちはずっと 特別な つながりが あったんだと思います 大変なことも 一緒に乗り越え 結びつきは強まるばかりでした ―より強く

ですが 結婚後も それぞれの生活を 続けられたようですね 一緒にお住みではありませんでした

いわゆる 通い婚でした 私たちの場合 ワシントンD.C、ヒューストン ツーソンを行き来しました 時には 時計回りで 時には 反時計回りで それらの場所を まわっていました 一緒に住むことに なったのは あの土曜日の朝が 初めてでした ギャビーが銃撃されて 1時間も経たないうちに ツーソン行きの 飛行機に乗り そのときに すべてが 変わったのです

ギャビー あなたは州議員を務めたあと 連邦議会議員に 立候補し そこで 6年働かれました 連邦議会で 一番良かったことは 何でしょう?

速いペース 速いペース

そんな風に仕事をしたんですね ―そう 速いペース

その表現は 議論のあるところでしょうけど (笑)

確かに 法律制定の過程は 途方もなく ゆっくりしたペースですね でも妻と― そして正直に言えば 知っている多くの 連邦議員の方も 必死に 仕事をされています ギャビーは 狂ったかのように走りまわり 1日たりとも 休みませんでした 休んでも せいぜい 1ヶ月に半日です 起きている間はずっと 仕事ばかりです ギャビーは それが生き甲斐でしたし 今でもそうです ―そう、そう

ご自宅にも ソーラーパネルを 設置されているんですね 悲惨な事件のあと マーク あなたは 宇宙飛行士を 辞めることを 決心されました 次の宇宙飛行を 間近に 控えていたにも かかわらずです ギャビーを始め 皆が― 戻るように 説得にかかり 結局 続けることに なりました

そうですね ギャビーが撃たれた翌日 私は上司に電話しました 主席宇宙飛行士の ペギー・ウィットソン博士に こう言いました 「ペギー 宇宙に飛び立つまで あと3ヶ月だと 分かっているのですが ギャビーが昏睡状態で 僕はツーソンにいます 僕の代わりを 見つけてください」 宇宙飛行士を 辞めたのではなく 予定していた仕事をあきらめ NASAは代理を見つけたんです 数ヶ月後 2ヶ月後だったでしょうか 私は 元の仕事に 戻ることにしました 主な介護者に なったときには それも重要なこと なんです ここにいる 皆さんの中にも 経験された方も いらっしゃることでしょう 大変な役割ですが いつかは 自分の人生を 取り戻さないといけないんです 当時 ギャビーには 聞けませんでした 私にもう一度 宇宙に行ってほしいかと でも わかっていました ―イエス、イエス、イエス

私のキャリアを 一番応援してくれたのは 彼女でしたから 何をすべきか分かっていたんです

でも マーク 想像もつかないのですが どのようなお気持ちで 宇宙に行かれたのでしょう? 安全とは言っても 保証はできませんよね 何と言っても ギャビーは―

あのミッションの 3日目は 妻は入院していただけでは ありませんでした 文字通り 私は 宇宙ステーションと共に 時速2万8千キロで航行しながら ランデブーする最中で 運転をして 窓の外を眺め コンピュータを 見ていたとき ギャビーは 脳の手術を受けていました それが 最後の手術でした 銃撃の日に 頭蓋骨の一部を 取り出して いたのですが 代わりの人工骨を入れる手術でした 頭の片側すべてに入っています ツーソンの 我が家に 初めて いらした方には ギャビーは 冷蔵庫の上から タッパーを 引っ張り出して 中にある本物の頭蓋骨を 見せるのがお決まりになっています(笑)

本物の頭蓋骨よ ―時々怖がらせてしまいます

マーク それは 前菜 それともデザートかしら?

話のネタには なりますからね

マークの搭乗後 ギャビーがしたことについて いろいろなお話が ありましたね あなた自身も 勇気を出さないといけませんでした また議会が こう着状態に陥り あなたは リハビリ施設を出て ワシントンまで 行くことになりました 下院本会議に出席し 議場を歩き― この話をすると とても感情的になってしまいます― 採決に票を投じました 決定票とも言えるものです

債務上限引き上げ

法案採決で 投票をしました あの事件から たった5ヶ月で 大胆にも こうして仕事に戻ったのです 議論を呼ぶ 投票でしたが 彼女は その場所に行き もう一度 自分の声を上げたかったんです

そして その後 辞職をされ とても緩やかで 大変な回復への道を 進み始めた というわけですね 日々 どんな風に 過ごされていますか?

こちらはギャビーの介護犬 ネルソンです

ネルソン

新しい家族です ―そう、そう

ネルソンがいた場所は―

刑務所 殺人犯 ―どうも私たちは 刑務所が 好きみたいで(笑) 刑務所から 引き取りました マサチューセッツの 殺人犯が飼っていた犬です でも 彼女が 立派な犬にしてくれて 今や 素晴らしい 介護犬です

ギャビー この数年の経験から どんなことを 学びましたか?

本当 何を学んだの? ―深く 深く

二人の関係は 深められたのですね それもそのはず お二人はいつも一緒ですからね

ありがたくも あるね?

ありがたい

家族やお友だちが 集まったときの写真ですね これらの写真が 好きなのは ギャビーとマークの関係が よく表れているからです ギャビーが 何度も話した通り あらゆる意味で 二人の関係は深まったのですね

家族に 何か悲惨なことが起こると その出来事で 皆が団結するんだと思います これは皆で スペースシャトルが ツーソン上空を飛ぶのを 見ているところです これは エンデバー号で 最終ミッションで 私が船長として搭乗したのですが 任務を終えた機体は ボーイング747に搭載され ロサンゼルスに 運ばれました NASAが好意で ツーソン上空を飛ばしてくれたのです

もちろん お二人は こうした 困難を乗り越え 緩やかで難しい 回復を遂げました でも ギャビー どうやって 楽観的に前向きで い続けられたのですか?

世界を より良くしたいんです (拍手)

まさに そうなさっていますね 回復することが 今のお二人にとって 目下 大切なことでしょうが お二人とも 国のために 尽力されてきて 今も続けられています それも新しいイニシアチブ 目的を持ってです ギャビー 今取り組んでいることは 何ですか?

「責任ある対策を 推進するアメリカ人」

私たちの 政治活動委員会で 連邦議会の議員たちに 米国における 銃による暴力の問題を もっと考えるよう働きかけています そして 適切な法律を通すべく 努力しています

イエス、イエス(拍手)

銃による暴力は 私たちに大きな影響を与えましたが ギャビーの事件が理由で 取組みを始めたのではありません コネチカット州ニュータウンで 小学校一年生や 幼稚園児20名が犠牲になった 銃乱射事件が きっかけです 私たちが見た 世間の反応は― 何が起こったかと 言いますと これまで 国民はほとんど 何もしていないんです 私たちは それを変えようとしています

ニュータウン以降 銃乱射事件は 11件起きています 昨年の1月、2月は 毎週1校です 他にも 銃所有の権利と責任の バランスを取ろうとする 取り組みはありますが 何が違う のでしょうか?

私たちは銃所有者で 銃を持つ権利は支持します ただ同時に できるだけのことをして 犯罪者や 危険な精神疾患を抱える人の 手に渡らないようにすべき と考えます それほど 難しいことではありません この問題は ほかの問題と同様 両極化して 政治的なものになっていますが ワシントンでの議論では バランスの取れた― 解決策を 見つけたいのです

お二人の尽力には 感謝します こちらの女性は 勇気も冒険心もありますから 驚くことでは ありませんが ずっと チャレンジを続けていて できないことは ないようです こちらのビデオを ご紹介しましょう 最近で一番の 冒険ですね ギャビーを ご覧ください

これは 2ヶ月前のことです

大丈夫? いいよ ―素晴らしいわ ありがとう すごい 素晴らしい ありがとう 山 素晴らしい山々 (拍手)

補足させていただくと ギャビーと一緒に 飛んだ人たちの中に 海軍特殊部隊員の人が 一人いました ギャビーが アフガニスタンで出会った人で 戦闘で ケガをして 非常に つらかったときに ギャビーは 見舞いに行きました メリーランド州ベセスダで つらい時期を過ごしている彼を 訪ねました 彼は次第に よくなりました 数ヶ月後 ギャビーが頭を撃たれ 今度は彼が彼女を 支えました ヒューストンで 入院をしていたときです 二人には とても良い つながりがあるんです

そうです

素晴らしいですね さて ここは TEDのステージです ギャビー 皆さんへのメッセージを 練って来られたと思います 最後に 皆さんに どうぞ

ありがとうございます 皆さん こんにちは 今日はお招きいただき ありがとうございました 長く つらい 道のりでしたが 私は良く なってきています 一生懸命 頑張っています いろんな治療を受けています 言語療法 理学療法 ヨガもです 私の心は 以前にも増して強いです 今でも 世界を良くするため 闘っています 皆さんにも できます 地域社会と もっと関わってください リーダーになって 手本を示してください 情熱を捧げ 勇気を持ってください ベストを尽くしてください ありがとうございました

(拍手)

ありがとうございました ―ありがとうございました

(拍手) 皆さん ありがとう ―バイバイ!(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画