TED日本語 - メリッサ・フレミング: 500人の難民を乗せた船が海に沈んだ ― 2人の生存者の物語

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - メリッサ・フレミング: 500人の難民を乗せた船が海に沈んだ ― 2人の生存者の物語

TED Talks

500人の難民を乗せた船が海に沈んだ ― 2人の生存者の物語
A Boat Carrying 500 Refugees Sunk at Sea. The Story of Two Survivors
メリッサ・フレミング
Melissa Fleming

内容

500人以上もの難民を乗せ重量を超過した船に乗っていた、ある若い女性が図らずも英雄となりました。国連難民高等弁務官事務所のメリッサ・フレミングによって語られる、この力強い物語を聞くと、人間らしい生活を求めて国を脱しようと試みる膨大な数の人々を語る数字に、ひとの顔が浮かんできます。難民を乗せた船は今この瞬間も押し寄せているのです。

Script

Every day, I listen to harrowing stories of people fleeing for their lives, across dangerous borders and unfriendly seas. But there's one story that keeps me awake at night, and it's about Doaa.

A Syrian refugee,19 years old, she was living a grinding existence in Egypt working day wages. Her dad was constantly thinking of his thriving business back in Syria that had been blown to pieces by a bomb. And the war that drove them there was still raging in its fourth year. And the community that once welcomed them there had become weary of them. And one day, men on motorcycles tried to kidnap her. Once an aspiring student thinking only of her future, now she was scared all the time.

But she was also full of hope, because she was in love with a fellow Syrian refugee named Bassem. Bassem was also struggling in Egypt, and he said to Doaa, "Let's go to Europe; seek asylum, safety. I will work, you can study -- the promise of a new life." And he asked her father for her hand in marriage.

But they knew to get to Europe they had to risk their lives, traveling across the Mediterranean Sea, putting their hands in smugglers', notorious for their cruelty. And Doaa was terrified of the water. She always had been. She never learned to swim.

It was August that year, and already 2,000 people had died trying to cross the Mediterranean, but Doaa knew of a friend who had made it all the way to Northern Europe, and she thought, "Maybe we can, too." So she asked her parents if they could go, and after a painful discussion, they consented, and Bassem paid his entire life savings -- 2,500 dollars each -- to the smugglers.

It was a Saturday morning when the call came, and they were taken by bus to a beach, hundreds of people on the beach. They were taken then by small boats onto an old fishing boat,500 of them crammed onto that boat,300 below,500 above. There were Syrians, Palestinians, Africans, Muslims and Christians,100 children, including Sandra -- little Sandra,six years old -- and Masa,18 months. There were families on that boat, crammed together shoulder to shoulder, feet to feet. Doaa was sitting with her legs crammed up to her chest, Bassem holding her hand.

Day two on the water, they were sick with worry and sick to their stomachs from the rough sea.

Day three, Doaa had a premonition. And she said to Bassem, "I fear we're not going to make it. I fear the boat is going to sink." And Bassem said to her, "Please be patient. We will make it to Sweden, we will get married and we will have a future."

Day four, the passengers were getting agitated. They asked the captain, "When will we get there?" He told them to shut up, and he insulted them. He said, "In 16 hours we will reach the shores of Italy." They were weak and weary. Soon they saw a boat approach -- a smaller boat,10 men on board, who started shouting at them, hurling insults, throwing sticks, asking them to all disembark and get on this smaller, more unseaworthy boat. The parents were terrified for their children, and they collectively refused to disembark. So the boat sped away in anger, and a half an hour later, came back and started deliberately ramming a hole in the side of Doaa's boat, just below where she and Bassem were sitting. And she heard how they yelled, "Let the fish eat your flesh!" And they started laughing as the boat capsized and sank.

The 300 people below deck were doomed. Doaa was holding on to the side of the boat as it sank, and watched in horror as a small child was cut to pieces by the propeller. Bassem said to her, "Please let go, or you'll be swept in and the propeller will kill you, too." And remember -- she can't swim. But she let go and she started moving her arms and her legs, thinking, "This is swimming." And miraculously, Bassem found a life ring. It was one of those child's rings that they use to play in swimming pools and on calm seas. And Doaa climbed onto the ring, her arms and her legs dangling by the side. Bassem was a good swimmer, so he held her hand and tread water. Around them there were corpses. Around 100 people survived initially, and they started coming together in groups, praying for rescue. But when a day went by and no one came, some people gave up hope, and Doaa and Bassem watched as men in the distance took their life vests off and sank into the water.

One man approached them with a small baby perched on his shoulder,nine months old -- Malek. He was holding onto a gas canister to stay afloat, and he said to them, "I fear I am not going to survive. I'm too weak. I don't have the courage anymore." And he handed little Malek over to Bassem and to Doaa, and they perched her onto the life ring. So now they were three, Doaa, Bassem and little Malek.

And let me take a pause in this story right here and ask the question: why do refugees like Doaa take these kinds of risks? Millions of refugees are living in exile, in limbo. They're living in countries [ fleeing ] from a war that has been raging for four years. Even if they wanted to return, they can't. Their homes, their businesses, their towns and their cities have been completely destroyed. This is a UNESCO World Heritage City, Homs, in Syria. So people continue to flee into neighboring countries, and we build refugee camps for them in the desert. Hundreds of thousands of people live in camps like these, and thousands and thousands more, millions, live in towns and cities. And the communities, the neighboring countries that once welcomed them with open arms and hearts are overwhelmed. There are simply not enough schools, water systems, sanitation. Even rich European countries could never handle such an influx without massive investment. The Syria war has driven almost four million people over the borders, but over seven million people are on the run inside the country. That means that over half the Syrian population has been forced to flee. Back to those neighboring countries hosting so many. They feel that the richer world has done too little to support them. And days have turned into months, months into years. A refugee's stay is supposed to be temporary.

Back to Doaa and Bassem in the water. It was their second day, and Bassem was getting very weak. And now it was Doaa's turn to say to Bassem, "My love, please hold on to hope, to our future. We will make it." And he said to her, "I'm sorry, my love, that I put you in this situation. I have never loved anyone as much as I love you." And he released himself into the water, and Doaa watched as the love of her life drowned before her eyes.

Later that day, a mother came up to Doaa with her small 18-month-old daughter, Masa. This was the little girl I showed you in the picture earlier, with the life vests. Her older sister Sandra had just drowned, and her mother knew she had to do everything in her power to save her daughter. And she said to Doaa, "Please take this child. Let her be part of you. I will not survive." And then she went away and drowned.

So Doaa, the 19-year-old refugee who was terrified of the water, who couldn't swim, found herself in charge of two little baby kids. And they were thirsty and they were hungry and they were agitated, and she tried her best to amuse them, to sing to them, to say words to them from the Quran. Around them, the bodies were bloating and turning black. The sun was blazing during the day. At night, there was a cold moon and fog. It was very frightening. On the fourth day in the water, this is how Doaa probably looked on the ring with her two children.

A woman came on the fourth day and approached her and asked her to take another child -- a little boy, just four years old. When Doaa took the little boy and the mother drowned, she said to the sobbing child, "She just went away to find you water and food." But his heart soon stopped, and Doaa had to release the little boy into the water.

Later that day, she looked up into the sky with hope, because she saw two planes crossing in the sky. And she waved her arms, hoping they would see her, but the planes were soon gone.

But that afternoon, as the sun was going down, she saw a boat, a merchant vessel. And she said, "Please, God, let them rescue me." She waved her arms and she felt like she shouted for about two hours. And it had become dark, but finally the searchlights found her and they extended a rope, astonished to see a woman clutching onto two babies.

They pulled them onto the boat, they got oxygen and blankets, and a Greek helicopter came to pick them up and take them to the island of Crete.

But Doaa looked down and asked, "What of Malek?" And they told her the little baby did not survive -- she drew her last breath in the boat's clinic. But Doaa was sure that as they had been pulled up onto the rescue boat, that little baby girl had been smiling.

Only 11 people survived that wreck, of the 500. There was never an international investigation into what happened. There were some media reports about mass murder at sea, a terrible tragedy, but that was only for one day. And then the news cycle moved on.

Meanwhile, in a pediatric hospital on Crete, little Masa was on the edge of death. She was really dehydrated. Her kidneys were failing. Her glucose levels were dangerously low. The doctors did everything in their medical power to save them, and the Greek nurses never left her side, holding her, hugging her, singing her words. My colleagues also visited and said pretty words to her in Arabic. Amazingly, little Masa survived.

And soon the Greek press started reporting about the miracle baby, who had survived four days in the water without food or anything to drink, and offers to adopt her came from all over the country.

And meanwhile, Doaa was in another hospital on Crete, thin, dehydrated. An Egyptian family took her into their home as soon as she was released. And soon word went around about Doaa's survival, and a phone number was published on Facebook. Messages started coming in.

"Doaa, do you know what happened to my brother? My sister? My parents? My friends? Do you know if they survived?"

One of those messages said, "I believe you saved my little niece, Masa." And it had this photo. This was from Masa's uncle, a Syrian refugee who had made it to Sweden with his family and also Masa's older sister. Soon, we hope, Masa will be reunited with him in Sweden, and until then, she's being cared for in a beautiful orphanage in Athens.

And Doaa? Well, word went around about her survival, too. And the media wrote about this slight woman, and couldn't imagine how she could survive all this time under such conditions in that sea, and still save another life. The Academy of Athens,one of Greece's most prestigious institutions, gave her an award of bravery, and she deserves all that praise, and she deserves a second chance. But she wants to still go to Sweden. She wants to reunite with her family there. She wants to bring her mother and her father and her younger siblings away from Egypt there as well, and I believe she will succeed. She wants to become a lawyer or a politician or something that can help fight injustice. She is an extraordinary survivor.

But I have to ask: what if she didn't have to take that risk? Why did she have to go through all that? Why wasn't there a legal way for her to study in Europe? Why couldn't Masa have taken an airplane to Sweden? Why couldn't Bassem have found work? Why is there no massive resettlement program for Syrian refugees, the victims of the worst war of our times? The world did this for the Vietnamese in the 1970s. Why not now? Why is there so little investment in the neighboring countries hosting so many refugees? And why, the root question, is so little being done to stop the wars, the persecution and the poverty that is driving so many people to the shores of Europe? Until these issues are resolved, people will continue to take to the seas and to seek safety and asylum.

And what happens next? Well, that is largely Europe's choice. And I understand the public fears. People are worried about their security, their economies, the changes of culture. But is that more important than saving human lives? Because there is something fundamental here that I think overrides the rest, and it is about our common humanity. No person fleeing war or persecution should have to die crossing a sea to reach safety.

(Applause)

One thing is for sure, that no refugee would be on those dangerous boats if they could thrive where they are. And no migrant would take that dangerous journey if they had enough food for themselves and their children. And no one would put their life savings in the hands of those notorious smugglers if there was a legal way to migrate.

So on behalf of little Masa and on behalf of Doaa and of Bassem and of those 500 people who drowned with them, can we make sure that they did not die in vain? Could we be inspired by what happened, and take a stand for a world in which every life matters?

Thank you.

(Applause)

命の安全を求めて 危険な国境や冷たい海を越えて 避難する人々の悲惨な話を 毎日 耳にします ですが 夜も眠れないような物語が ひとつあります ドーアの物語です

シリア難民で19歳の彼女は エジプトで日雇い労働をし その日暮らしの貧しい生活をしていました 彼女の父親は 爆撃により吹きとばされてしまった ― シリアで成功していた事業のことを 考えてばかりいました 彼らをエジプトへと追いやった戦争は 4年目に入り いまだに続いていました かつては温かく迎え入れてくれた コミュニティも 彼らに苛立ちを募らせるようになりました ある日 バイクに乗った男性が ドーアを誘拐しようとしました かつては自分の将来だけを考えていた 意欲的な学生だった彼女は 今や 四六時中おびえていました

それでも 彼女は希望に満ちていました というのも 同じくシリア難民の バセムと恋をしていたからです 同じくエジプトで苦労を強いられていた バセムはドーアに言いました 「ヨーロッパに行こう 保護と安全を求めるんだ 僕が働いて 君は勉強できる ― 新しい生活が約束されている」 そして彼はドーアの父親に 結婚の許しを求めました

しかし2人はヨーロッパに行くには 命の危険を冒して 地中海を越えなければならず 残酷なことで知られる密輸業者に 身を委ねなければならないと知っていました ドーアは水を怖がっていました 昔からそうでした 彼女は泳げなかったのです

その年の8月 すでに 2千人の人々が命を落としていました 地中海を横断しようとした為です しかしドーアには 北欧に辿り着いた友人がおり こう考えたのです 「私たちにもできるかもしれない」 彼女は行かせてほしいと 両親に頼みました そして苦しい議論を重ねた末に 両親は承諾しました バセムは全貯金をはたいて 1人当たり2,500ドルを 密輸業者に託しました

呼び出しがあったのは 土曜の朝でした バスで浜辺に連れて行かれると そこには何百人もの人々がいました 彼らは小舟で古い漁船に連れて行かれ 500人が船に詰め込まれました 下段に300人 上段に500人です シリア人、パレスチナ人やアフリカ人 イスラム教徒やクリスチャンなど様々で 100人の子供もいました その中に幼い6歳のサンドラと ― 1歳半のマーサもいました 多くの家族が乗り込んでおり 肩を付き合わせて 隙間なく 詰め込まれていました ドーアはぎゅっと両脚を 胸に抱えるように座り バセムは彼女の手を握っていました

海に出て2日目 彼らは不安から気分が悪くなり 荒波に酔って吐き気を催していました

3日目 ドーアは嫌な予感がしました 彼女はバセムにこう言いました 「たどり着けない気がするの この船は沈むような気がする」 バセムは彼女に 「辛抱してほしい 僕らはスウェーデンに行って そこで結婚するんだ 未来が待っているんだよ」

4日目 乗船者たちは 徐々に動揺し始めました 彼らは船長に尋ねました 「一体いつ着くんだ?」 船長は黙れと一喝し ひどい言葉を投げかけました 彼は「あと16時間で イタリアの海岸に着く」と言いました 乗船者たちは衰弱し 疲れ切っていました やがて あるボートが近づいてきました 小さなボートに10人乗っています 彼らは乗船者たちに向かって怒鳴り 罵声を浴びせて 棒を投げるなどして この船を降りて ― 海を渡れそうにもない より小さな船に移るよう言いました 親たちは子供たちを案じて 恐怖を感じ 彼らは集団的に下船するのを 拒否しました そのボートは怒りをあらわにしながら 去って行き その30分後に戻ってきました そして意図的にドーアの乗った船の側面に 故意に衝突し 穴を開け始めました ドーアとバセムの座っている場所の すぐ下にです ドーアは彼らの怒鳴り声を聞きました 「魚に食われてしまえ!」 船が転覆し沈んでいくのを見て 彼らは笑い始めました

下段に乗った300人の運命は 破滅に向かっていました ドーアは船が沈みゆく中で 側面にしがみつき 幼い子供がプロペラで ずたずたに 切り裂かれるのを恐怖に震えて見ていました バセムは彼女に言いました 「手を離すんだ さもないと 君までプロペラに巻き込まれて死んでしまう」 思い出してください 彼女は泳げないのです 彼女は手を離し 泳いでいるつもりで 手足をばたばたさせ始めました 奇跡的に バセムは 浮き輪を見つけました よくある子供用の浮き輪で プールや穏やかな海で 遊ぶためのものです ドーアは浮き輪の上によじ登り 手足を浮き輪の外に下ろしました バセムは泳ぎが得意であったため 彼は彼女の手を取って 立ち泳ぎをしました 周囲には死体がいくつも浮かんでいました 当初生き延びた100人位の人々は 一緒に集まって 救助が来るのを祈りました しかし1日が過ぎても 誰も現れないと 望みを捨てる人も出てきました ドーアとバセムは 遠くの方で救命胴衣を外して 水に沈んでゆく人々を目にしました

ある男性が幼い子供を肩に抱えて 彼らに近づいてきました 9ヶ月のマレクです 男性は浮き代わりのガスボンベに つかまっており 彼らに言いました 「私は生き延びられないと思う もうだめだ 精根尽き果てた」 男性は幼いマレクを バセムとドーアに託しました 彼らはマレクを浮き輪に乗せました そうして3人になりました ドーアとバセム そして幼いマレクです

ここでいったん話を中断して 質問をさせてください どうしてドーアのような難民は こんな危険を冒すのでしょうか? 何百万人もの難民が祖国を追われて 不安定な生活を送っています 彼らは4年間も続く戦争から逃れて 様々な国々で 暮らしています 戻りたくても 戻れません 彼らの家や仕事も 町も都市も完全に 破壊されてしまいました ここはユネスコの世界遺産にも 指定されている都市です シリアのホムスです 人々は近隣諸国に逃れ 私たちは難民キャンプを 砂漠に作りました 何十万もの人々が このようなキャンプに暮らしています そしてさらに何百万という人々が 町や都市に暮らしています それゆえ かつては 温かく迎え入れてくれた近隣諸国の コミュニティは 閉口しているのです 単に学校や浄水システム 下水設備が十分でないのです 豊かなヨーロッパの国々でさえ 多額の投資なしには これほどの難民の流入に 対処できないでしょう シリアの戦争はおよそ4百万人を 国境の外へと追いやりました しかし7百万人以上の人々が 国内で逃げ惑っています つまりシリアの人口の半分以上が 国外への避難を余儀なくされたのです 非常に多くの難民を受け入れている 近隣諸国に話を戻します 彼らは豊かな国々がほとんど 支援をしてくれないと感じています 数日が数ヶ月になり 数年へと延びています 難民の滞在は一時的なもので あるはずです

海に浮かんだドーアとバセムに 話を戻しましょう 2日目になって バセムはとても衰弱してきました 今度はドーアの方が バセムに向かって こう言う番でした 「希望と未来をあきらめないで 私たちはきっと大丈夫だから」 彼は彼女にこう言いました 「こんなことになってごめん 誰よりも君を愛しているよ」 そして彼は手を離し 水の中へと消えていきました ドーアは将来を誓った恋人が 目の前で溺れるのを目にしたのです

その日 後になって ある母親が1歳半の娘 マーサを連れて近づいてきました 最初に写真をお見せした 救命胴衣を着た ― 幼い女の子です お姉さんのサンドラは 溺れてしまったところで 母親は残された力を尽くして 娘を救わねばと思っていました 母親はドーアに言いました 「この子をお願いします どうか連れて行って 私は生き延びられないでしょう」 そして母親は去り 溺れてしまいました

19歳の難民であるドーアは ― 水が怖くて 泳げないのに ― 2人の幼子の命を預かったのです 子供たちは喉が渇いて 空腹で 苛立っていました 彼女はできる限り 子供たちをあやして 歌を歌ったり コーランの言葉を 聞かせたりしました 周囲の死体は水を含んで膨張し 黒ずんできました 日中には太陽が照りつけます 夜には冷たい月が照らし 霧が立ちこめます 非常に恐ろしい状況でした そして海の上での4日目 ― 浮き輪の上でのドーアと 2人の子供は このような様子だったでしょう

4日目にある女性が近づいてきて 子供をもう1人託しました 4歳の幼い男の子です ドーアは男の子を預かり 母親が沈んでいくと 泣いている子供に言いました 「お母さんはお水と食べ物を 探しに行ってくれたんだよ」 しかし この子の心臓も まもなく止まり ドーアはその男の子を 海に帰さなければなりませんでした

その日 後になって 彼女は希望を持って 空を見上げました 飛んでいく飛行機を2機 見かけたのです 彼女は見つけてもらいたいと 腕を振りましたが 飛行機は行ってしまいました

しかし その午後 太陽が沈みかけたとき 彼女は商業船を見かけました 「どうか神様 彼らが私を助けて くれますように」と願いました 彼女は手を振り 2時間は 叫び続けたように感じました そして暗くなってから サーチライトが ようやく彼女を見つけました 彼らはロープを投げ 女性が2人の子供を 抱えているのに驚きました

彼らは3人を船に引き上げると 酸素ボンベや毛布を与えました ギリシャのヘリコプターが 迎えに来て クレタ島へ連れて行きました

しかし ドーアは見下ろして尋ねました 「マレクはどうなったの?」 そこで この幼い子は 生きられなかったと告げられました 船の医務室で息を引き取ったのです しかし ドーアは救命ボートに 助けられたとき この女の赤ん坊がにっこり 笑っていたと確かに覚えていました

500人を乗せた船の難破を 生き延びたのはたった11人でした 事故の詳細について国際的な調査が 行われることはありませんでした 海の上での大量殺人についてや 悲惨な悲劇をメディアが 報じることはあっても それはたった1日のことです そしてニュースは次の話題へと 移っていきます

その間 クレタ島の 小児病院では 幼いマーサが死に瀕していました ひどい脱水症状で 腎臓が機能不全に陥りつつあり 血糖値が危険なまでに下がっていました 医師たちは医療でできることは 全て手を尽くしました ギリシャ人の看護師たちは そばを片時も離れず 抱きかかえたり 歌ってあげたりしました 私の同僚もお見舞いに行き アラビア語で優しい言葉をかけました 驚くべきことに 幼いマーサは生き延びたのです

やがてギリシャの報道陣は 奇跡の赤ちゃんのニュースを報じました 海の上で飲まず食わずで 4日間も生き延びたのだと マーサを引き取りたいという声は 国中から上がりました

その頃 ドーアはクレタ島の 別の病院にいました やせ細り 脱水症状でした 退院すると同時に エジプト人家族が彼女を迎えました まもなくドーアの物語は あっという間に広がり 電話番号がFacebookに 載るほどでした メッセージが届き始めました

「ドーア 私の兄がどうなったか 知っていますか? 姉は? 両親は? 友人は? 彼らは生き延びられたのでしょうか?」

そのメッセージの中に こういうものがありました 「私の幼い姪マーサを 助けてくれましたね」 そこにはこの写真がついていました これはマーサの叔父からで 彼自身スウェーデンに亡命した シリア難民で マーサのお姉さんも一緒でした マーサが早くスウェーデンで 叔父さんと再会できることを望んでいますが それまでマーサはアテネの 素晴らしい孤児院で世話を受けています

ではドーアは? 彼女の話も大いに広まりました メディアはこの華奢な女性が どうやって生き延びれば良いかも わからないまま 海の上のひどい状況下で もうひとつの命を救ったことを 報じました アテネ・アカデミーという ギリシャの最高権威のひとつが 彼女の勇気を称えました 彼女は賞賛されて然るべきであり 第2の人生を歩むに値します しかし彼女はまだスウェーデンに 行きたいと考えています そこで家族と再会したいのです 両親と年下のきょうだいも エジプトから連れて行きたいと 考えています 彼女はきっと成功するでしょう 彼女は弁護士か政治家など 不正と戦う手助けができる人に なりたいそうです 彼女は希有な生存者です

でも こう問わねばなりません そんな危険を冒す必要がなかったなら? なぜ彼女は辛い経験を せねばならなかったのでしょう? なぜ彼女が合法にヨーロッパで 勉強できる手立てはなかったのでしょう? なぜマーサはスウェーデンに 飛行機で行けなかったのでしょう? なぜバセムは仕事を 見つけられなかったのでしょう? どうしてシリア難民のための 大規模な移住計画がないのでしょう? 今世紀最悪の戦争の 被害者であるというのに? 1970年代にはベトナム難民のために 行われたのに なぜ今行わないのでしょう? どうしてあまりに多くの難民を 抱えている近隣諸国には ほとんど投資がなされないのでしょう? そして根本的な問いですが ― どうして これほど多くの人々を ヨーロッパ沿岸に引き寄せている ― 戦争や迫害 そして貧困を止める努力が ほとんどなされていないのでしょう? こうした問題が解決されない限り 人々は海に出続けて 保護と安全を求め続けるでしょう

次には何が起こるでしょうか? それは概ねヨーロッパの選択に 委ねられています 人々の恐れもよくわかります 人々は身の安全や経済 文化の変容を恐れています しかし それは人命を救うことよりも 重要なことでしょうか? なぜなら ここには他の問題を くつがえしてしまうような 根本的な問題があるからです 我々に共通する人間性の問題です 戦争や迫害から逃れる人々は 誰一人として ― 安全を求めて海を渡る際に 命を落としてはならないのです

(拍手)

ひとつ確かなことは 自分たちの居場所で生活できれば 危険な船で 海を渡る難民などいないということです 自分たちと子供たちのための 十分な食糧があれば そんな危険な旅路に出る 移民もいないでしょう 合法に移住できる方法があれば 悪名高い密輸業者に 全財産を渡したりしないはずです

幼いマーサと ドーアのために そしてバセムのために そして500人のうち 溺れてしまった人々のために 彼らの死を無駄にしないことができますか? 既に起こったことから 気付きを得て すべての命が大切にされる世界に 賛成の立場を取れるでしょうか?

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画