TED日本語 - リーヴズ: 「朝4時」のミュージアム

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - リーヴズ: 「朝4時」のミュージアム

TED Talks

「朝4時」のミュージアム
The Museum of Four in the Morning
リーヴズ
Rives

内容

気をつけて。リーヴズが抱く「午前4時」への執着には感染力があります。詩人である彼はTED2007で、どこにでも現れる午前4時という時間へのちょっとしたこだわりを披露しました。ところがその後、メールがどんどん届き始めます。それは、目立たないけれど笑いを誘う、編み物専門誌から『原始家族フリントストーン』と『宇宙家族ジェットソンズ』に至る引用の数々でした。彼の「朝4時のミュージアム」をのぞくと、そこは宝物であふれているのです。

Script

The most romantic thing to ever happen to me online started out the way most things do: without me, and not online. On December 10,1896, the man on the medal, Alfred Nobel, died. One hundred years later, exactly, actually, December 10,1996, this charming lady, Wislawa Szymborska, won the Nobel Prize for literature. She's a Polish poet. She's a big deal, obviously, but back in '96, I thought I had never heard of her, and when I checked out her work, I found this sweet little poem, "Four in the Morning."

"The hour from night to day. The hour from side to side. The hour for those past thirty ..."

And it goes on, but as soon as I read this poem, I fell for it hard, so hard, I suspected we must have met somewhere before. Had I shared an elevator ride with this poem? Did I flirt with this poem in a coffee shop somewhere? I could not place it, and it bugged me, and then in the coming week or two, I would just be watching an old movie, and this would happen.

(Video) Groucho Marx: Charlie, you should have come to the first party. We didn't get home till around four in the morning.

Rives: My roommates would have the TV on, and this would happen.

(Music: Seinfeld theme)

(Video) George Costanza: Oh boy, I was up til four in the morning watching that Omen trilogy.

Rives: I would be listening to music, and this would happen.

(Video) Elton John: It's four o'clock in the morning, damn it.

Rives: So you can see what was going on, right? Obviously, the demigods of coincidence were just messing with me. Some people get a number stuck in their head, you may recognize a certain name or a tune, some people get nothing, but four in the morning was in me now, but mildly, like a groin injury. I always assumed it would just go away on its own eventually, and I never talked about it with anybody, but it did not, and I totally did.

In 2007, I was invited to speak at TED for the second time, and since I was still an authority on nothing, I thought, what if I made a multimedia presentation on a topic so niche it is actually inconsequential or actually cockamamie. So my talk had some of my four in the morning examples, but it also had examples from my fellow TED speakers that year. I found four in the morning in a novel by Isabel Allende. I found a really great one in the autobiography of Bill Clinton. I found a couple in the work of Matt Groening, although Matt Groening told me later that he could not make my talk because it was a morning session and I gather that he is not an early riser. However, had Matt been there, he would have seen this mock conspiracy theory that was un-freaking-canny for me to assemble. It was totally contrived just for that room, just for that moment. That's how we did it in the pre-TED.com days. It was fun. That was pretty much it.

When I got home, though, the emails started coming in from people who had seen the talk live, beginning with, and this is still my favorite, "Here's another one for your collection: 'It's the friends you can call up at 4 a.m. that matter.'" The sentiment is Marlene Dietrich. The email itself was from another very sexy European type, TED Curator Chris Anderson. (Laughter) Chris found this quote on a coffee cup or something, and I'm thinking, this man is the Typhoid Mary of ideas worth spreading, and I have infected him. I am contagious, which was confirmed less than a week later when a Hallmark employee scanned and sent an actual greeting card with that same quotation. As a bonus, she hooked me up with a second one they make. It says, "Just knowing I can call you at four in the morning if I need to makes me not really need to," which I love, because together these are like, "Hallmark: When you care enough to send the very best twice, phrased slightly differently."

I was not surprised at the TEDster and New Yorker magazine overlap. A bunch of people sent me this when it came out. "It's 4 a.m.? maybe you'd sleep better if you bought some crap."

I was surprised at the TEDster/" Rugrats" overlap. More than one person sent me this.

(Video) Didi Pickles: It's four o'clock in the morning. Why on Earth are you making chocolate pudding?

Stu Pickles: Because I've lost control of my life.

(Laughter)

Rives: And then there was the lone TEDster who was disgruntled I had overlooked what he considers to be a classic.

(Video) Roy Neary: Get up, get up! I'm not kidding. Ronnie Neary: Is there an accident?

Roy: No, it's not an accident. You wanted to get out of the house anyway, right?

Ronnie: Not at four o'clock in the morning.

Rives: So that's "Close Encounters," and the main character is all worked up because aliens, momentously, have chosen to show themselves to earthlings at four in the morning, which does make that a very solid example. Those were all really solid examples. They did not get me any closer to understanding why I thought I recognized this one particular poem. But they followed the pattern. They played along. Right? Four in the morning as this scapegoat hour when all these dramatic occurrences allegedly occur. Maybe this was some kind of cliche that had never been taxonomized before. Maybe I was on the trail of a new meme or something.

Just when things were getting pretty interesting, things got really interesting. TED.com launched, later that year, with a bunch of videos from past talks, including mine, and I started receiving "four in the morning" citations from what seemed like every time zone on the planet. Much of it was content I never would have found on my own if I was looking for it, and I was not. I don't know anybody with juvenile diabetes. I probably would have missed the booklet, "Grilled Cheese at Four O'Clock in the Morning." (Laughter) I do not subscribe to Crochet Today! magazine, although it looks delightful. (Laughter) Take note of those clock ends. This is a college student's suggestion for what a "four in the morning" gang sign should look like. People sent me magazine ads. They took photographs in grocery stores. I got a ton of graphic novels and comics. A lot of good quality work, too: "The Sandman," "Watchmen." There's a very cute example here from "Calvin and Hobbes." In fact, the oldest citation anybody sent in was from a cartoon from the Stone Age. Take a look.

(Video) Wilma Flintstone: Like how early?

Fred Flintstone: Like at 4 a.m., that's how early.

Rives: And the flip side of the timeline, this is from the 31st century. A thousand years from now, people are still doing this.

(Video): Announcer: The time is 4 a.m. (Laughter) Rives: It shows the spectrum. I received so many songs, TV shows, movies, like from dismal to famous, I could give you a four-hour playlist. If I just stick to modern male movie stars, I keep it to the length of about a commercial. Here's your sampler.

(Movie montage of "It's 4 a.m.")

(Laughter)

Rives: So somewhere along the line, I realized I have a hobby I didn't know I wanted, and it is crowdsourced. But I was also thinking what you might be thinking, which is really, couldn't you do this with any hour of the day?

First of all, you are not getting clips like that about four in the afternoon. Secondly, I did a little research. You know, I was kind of interested. If this is confirmation bias, there is so much confirmation, I am biased. Literature probably shows it best. There are a couple three in the mornings in Shakespeare. There's a five in the morning. There are seven four in the mornings, and they're all very dire. In "Measure for Measure," it's the call time for the executioner. Tolstoy gives Napoleon insomnia at four in the morning right before battle in "War and Peace." Charlotte Bronte's "Jane Eyre" has got kind of a pivotal four in the morning, as does Emily Bronte's "Wuthering Heights." "Lolita" has as a creepy four in the morning. "Huckleberry Finn" has one in dialect. Someone sent in H.G. Wells' "The Invisible Man." Someone else sent in Ralph Ellison's "Invisible Man." "The Great Gatsby" spends the last four in the morning of his life waiting for a lover who never shows, and the most famous wake-up in literature, perhaps, "The Metamorphosis." First paragraph, the main character wakes up transformed into a giant cockroach, but we already know, cockroach notwithstanding, something is up with this guy. Why? His alarm is set for four o'clock in the morning. What kind of person would do that? This kind of person would do that.

(Music)

(4 a.m. alarm clock montage) (Video) Newcaster: Top of the hour. Time for the morning news. But of course, there is no news yet. Everyone's still asleep in their comfy, comfy beds.

Rives: Exactly. So that's Lucy from the Peanuts, "Mommie Dearest", Rocky, first day of training, Nelson Mandela, first day in office, and Bart Simpson, which combined with a cockroach would give you one hell of a dinner party and gives me yet another category, people waking up, in my big old database.

Just imagine that your friends and your family have heard that you collect, say, stuffed polar bears, and they send them to you. Even if you don't really, at a certain point, you totally collect stuffed polar bears, and your collection is probably pretty kick-ass. And when I got to that point, I embraced it. I got my curator on. I started fact checking, downloading, illegally screen-grabbing. I started archiving. My hobby had become a habit, and my habit gave me possibly the world's most eclectic Netflix queue. At one point, it went, "Guys and Dolls: The Musical," "Last Tango in Paris," "Diary of a Wimpy Kid," "Porn Star: Legend of Ron Jeremy." Why "Porn Star: Legend of Ron Jeremy"? Because someone told me I would find this clip in there.

(Video) Ron Jeremy: I was born in Flushing, Queens on March,12,1953, at four o'clock in the morning.

Rives: Of course he was. (Laughter) (Applause) Yeah. Not only does it seem to make sense, it also answers the question, "What do Ron Jeremy and Simone de Beauvoir have in common?" Simone de Beauvoir begins her entire autobiography with the sentence, "I was born at four o'clock in the morning," which I had because someone else had emailed it to me, and when they did, I had another bump up in my entry for this, because porn star Ron Jeremy and feminist Simone de Beauvoir are not just different people. They are different people that have this thing connecting them, and I did not know if that is trivia or knowledge or inadvertent expertise, but I did wonder, is there maybe a cooler way to do this?

So last October, in gentleman scholar tradition, I put the entire collection online as "Museum of Four in the Morning." You can click on that red "refresh" button. It will take you at random to one of hundreds of snippets that are in the collection. Here is a knockout poem by Billy Collins called "Forgetfulness."

(Video) Billy Collins: No wonder you rise in the middle of the night to look up the date of a famous battle in a book on war. No wonder the moon in the window seems to have drifted out of a love poem that you used to know by heart.

Rives: So the first hour of this project was satisfying. A Bollywood actor sang a line on a DVD in a cafe. Half a globe away, a teenager made an Instagram video of it and sent it to me, a stranger.

Less than a week later, though, I received a little bit of grace. I received a poignant tweet. It was brief. It just said, "Reminds me of an ancient mix tape."

The name was a pseudonym, actually, or a pseudo-pseudonym. As soon as I saw the initials, and the profile pic, I knew immediately, my whole body knew immediately who this was, and I knew immediately what mix tape she was talking about. (Music)

L.D. was my college romance. This is in the early '90s. I was an undegrad. She was a grad student in the library sciences department. Not the kind of librarian that takes her glasses off, lets her hair down, suddenly she's smoking hot. She was already smoking hot, she was super dorky, and we had a December-May romance, meaning we started dating in December, and by May, she had graduated and became my one that got away.

But her mix tape did not get away. I have kept this mix tape in a box with notes and postcards, not just from L.D., from my life, but for decades. It's the kind of box where, if I have a girlfriend, I tend to hide it from her, and if I had a wife, I'm sure I would share it with her, but the story -- (Laughter) -- with this mix tape is there are seven songs per side, but no song titles. Instead, L.D. has used the U.S. Library of Congress classification system, including page numbers, to leave me clues. When I got this mix tape, I put it in my cassette player, I took it to the campus library, her library, I found 14 books on the shelves. I remember bringing them all to my favorite corner table, and I read poems paired to songs like food to wine, paired, I can tell you, like saddle shoes to a cobalt blue vintage cotton dress.

I did this again last October. I'm sitting there, I got new earbuds, old Walkman, I realize this is just the kind of extravagance I used to take for granted even when I was extravagant. And then I thought, "Good for him."

"PG" is Slavic literature. "7000" series Polish literature. Z9A24 is a collection of 70 poems. Page 31 is Wislawa Szymborska's poem paired with Paul Simon's "Peace Like a River."

(Music: Paul Simon, "Peace Like a River")

(Video) Paul Simon: Oh,four in the morning. I woke up from out of my dream.

Rives: Thank you. Appreciate it. (Applause)

大体 何でもそうですが 私がオンライン上で経験した ― 一番ロマンチックな出来事は 私がいない オフラインから始まりました 1896年12月10日 アルフレッド・ノーベルが 亡くなりました その ちょうど100年後 ― 1996年12月10日に この魅力的な女性 ヴィスワヴァ・シンボルスカが ノーベル文学賞を受賞しました 彼女はポーランドの詩人で 偉大な人物ですが 当時の私は名前すら 知りませんでした でも作品を読んでみて こんな素敵な詩を見つけたんです 『朝の4時』

「夜が昼になる時間 ― 右から左に移る時間 ― 30歳を過ぎた人々の時間・・・」

こんな風に続きますが 読んだ瞬間に すっかりはまってしまい 以前どこかで 出会ったのではないかと 思うほどでした エレベーターで 一緒になった? どこかの喫茶店でこの詩を 口説いた? 思い出せず イライラしましたが 1~2週間後に 古い映画を見ていると こんな場面に遭遇しました

(グルーチョ・マルクス) パーティーに来ればよかったのに 朝の4時頃まで盛り上がったよ

ルームメイトが テレビをつけると こんなシーンでした

(『となりのサインフェルド』の テーマ音楽)

(ジョージ・コスタンザ) 『オーメン』3部作を 朝の4時まで見てたよ

音楽を聴くと こんな曲が・・・

(エルトン・ジョン)クソ! もう朝の4時じゃないか

もうわかったでしょう きっと「偶然」という半神が 私をからかっていたんです 数字が頭から離れない人もいるし それが名前や音楽だという人もいます 何も感じない人もいるけれど 私の中では 「朝の4時」がうずいていました まるで股間を 蹴られた後みたいに 放って置けば そのうち 消えるだろうと思って 誰にも言いませんでしたが 消えないので 全部話すことにしました

2007年に2度目のTEDに 招かれましたが これといった専門もなかったので こう考えたのです すごく限られた 取るに足らない つまらないものについて マルチメディアのプレゼンを するのはどうだろう? そこで私が集めた「朝4時」の例を いくつか話したんです その年の出演者の 作品からも取り上げました イサベル・アジェンデの小説にも 朝の4時を見つけました ビル・クリントンの自伝にも 素晴らしい例を見つけました マット・グレイニングの作品にも 2つ見つけました ただ彼から後で聞いたのですが 私の講演が 午前のセッションだったせいで 見られなかったそうです 早起きは苦手なんでしょう でも もしマットが来ていたら 何とも奇妙でまとまらない 陰謀論もどきの話を 聞くはめになっていたでしょう その話は その会場 ― その瞬間のためだけに 作られたものでした TED.com が現れるまでは みんなそうだったんです すごく楽しかった

ところが私が家に帰ると 参加していた人達から メールが届き始めたんです 初めの1通は 今でもお気に入りです 「コレクションに加えてください 『朝の4時に呼び出せるのが親友』」 マレーネ・ディートリッヒの言葉です このメールの送り主も セクシーな ヨーロッパ風の人物 ― TEDキュレーターの クリス・アンダーソンでした (笑) コーヒーカップか何かに 書いてあったそうです この人は 価値のあるアイデアの感染源ですが 私が彼を感染させたんです 私の感染力は 1週間も経たないうちに 証明されました ホールマーク社の社員が 同じ引用がのった ― グリーティングカードを スキャンして送ってきたんです おまけに会社が作った 別バージョンも教えてくれました 「朝の4時に電話してもいいと わかっているだけで 電話なんか しなくてもよくなる」 2つ合わせると こんな感じでしょう 「ホールマーク 自分の気持ちを 微妙に違う言葉で 2度送るくらい 大切なあの人へ」

TEDの参加者が ニューヨーカー誌を読んでいても 驚きはしません 発行された途端 大勢 送ってくれました 「午前4時 ― 買っちまえば よく眠れたのに」

ただTEDの参加者が『ラグラッツ』を 見ていたとは驚きでした 数人がこれを送ってくれました

(ディディ・ピクルス) まだ朝の4時よ なんでチョコ・ プディングなんか作ってるの?

(ステュ・ピクルス) 人生が思い通りにならないからさ

(笑)

それから あるTED参加者は 古典と言ってもよいシーンを 私が見落としたことに怒っていました

(ロイ・ニアリー)起きろよ!本気だ (ロニー・二アリー)事故?

(ロイ)いや 事故じゃない どのみち家から出たかったんだろ?

(ロニー)朝の4時よ かんべんして

これは『未知との遭遇』 主人公は興奮しています だって宇宙人が 姿を現した時間が まさに 午前4時 ― そのせいで真実味が増しています どれも素晴らしい例です でも私が あの詩に 見覚えがあった理由は 明らかになりません ただ どの例も パターンをなぞっています だって あらゆる劇的な出来事が この時刻のせいで 起こったことに なっているんですから おそらく今まで 分類されたことのない お決まりの表現なのでしょう たぶん私は新しい伝承の流れに のっていたのでしょう

物事に興味がわいてくると 面白くなってくるものです その年にTED.comが始まり 私の過去の講演も 公開され 私の元に「朝4時」にまつわる 引用が集まり始めました 地球上のあらゆる地域からです そのほとんどは 仮に一人で探したとしても 見つけられなかったでしょうし 探してもいませんでした 若年性糖尿病の 知り合いなどいないので こんなブックレットなど 気づかないでしょう 『朝4時のチーズサンド』 (笑) 『今日の編み物』誌だって 購読していません 面白そうですが (笑) 時計の時刻を見てください こちらは ある大学生が教えてくれた ― 朝の4時を表すギャング・サインです 雑誌の広告を送ってくれた人や スーパーで写真を 撮ってくれた人もいました グラフィックノベルや コミックもたくさん集まりました レベルの高い作品も多いです 『サンドマン』や『ウォッチメン』 ― 『カルヴィン&ホッブス 』の 愛らしい場面もあります 投稿の中で 一番時代が古いのは 石器時代のマンガです ご覧ください

(ウィルマ・フリントストーン) 朝早くって どの位?

(フレッド・フリントストーン) 朝の4時とかだよ

時間を逆方向に進めて 31世紀からの引用です 千年たっても やっていることは今と同じです

(アナウンサー)時刻は午前4時 (笑) 変化に富んでいますね 私の元には駄作から名作まで 大量の歌や テレビ番組や映画が集まりました 4時間分のプレイリストだって作れます ただ 現代の映画俳優に限れば CMくらいの 長さに収められます 一部をご覧ください

(映画の場面 「午前4時だ」)

(笑)

いつの間にやら 趣味になっていましたが 本当にやりたかったのかは微妙です しかもクラウドソーシングを 使った趣味です 一方 誰でも考えそうなことを 私も考えました 別の時刻で 同じことを できないだろうか?

でも「夕方の4時」だと こんな映像は手に入らないでしょう さらに興味があったので 少し調べてみました これを先入観のせいと言うなら 大量の証拠が 先入観の源です 一番はっきりしているのは文学です シェイクスピアには 朝の3時が2回 ― 朝の5時は1回登場します 朝の4時は7回登場し どれも恐ろしい場面です 『尺には尺を』では 死刑執行人が現れる時間です トルストイの『戦争と平和』では ナポレオンは戦闘直前の 朝4時に不眠症になります シャーロット・ブロンテの 『ジェーン・エア』でも エミリー・ブロンテの 『嵐が丘』でも 朝の4時は重要な場面です 『ロリータ』では 不気味な朝4時 ― 『ハックルベリー・フィン』では なまりのきつい 朝4時が登場します ある人はH.G.ウェルズの 『透明人間』を 別の人はラルフ・エリソンの 『見えない人間』を送ってくれました 『グレート・ギャツビー』は 人生最後の 朝4時を 現れない恋人を待ちながら過ごします そして おそらく文学上 最も有名な目覚めは カフカの『変身』です 最初の段落で 主人公が目を覚ますと 巨大なゴキブリになっていますが それを抜きにしても この男に 何かが起きていることがわかります 朝の4時に目覚まし時計が セットされているからです そんなことを 誰がするでしょうか? こういう人達です

(音楽)

(午前4時に鳴る 目覚まし時計のモンタージュ) (ニュースキャスター)4時ちょうどだよ 朝のニュースの時間だけど ニュースなんて あるはずないよね まだ みんなベッドで 気持ちよく眠っているんだから

そうなんです 『ピーナッツ』のルーシーも 『愛と憎しみの伝説』でも トレーニング初日のロッキーも 初登庁日のネルソン・マンデラも バート・シンプソンも 例のゴキブリとともに 素晴らしい例を 大量に提供してくれたので 私の巨大なデータベースに 「目覚める人」という 新ジャンルができたほどです

想像してください ぬいぐるみの白クマを あなたが集めていると 家族や友人が聞いて 送ってくれたとします たとえ あなたは本気でなくても 白クマが大量に集まれば すごいコレクションに なっていることでしょう 私は そうなった時点で すべてを受け入れました 学芸員のように 事実関係を調査し ダウンロードし 違法にスクリーンショットを撮り アーカイブしはじめました 単なる趣味は習慣へと変わり その習慣のせいで 宅配DVDのレンタルカートは たぶん世界で一番 バラエティに富んだものになりました こんな映画が並んだこともあります 『野郎どもと女たち』 『ラストタンゴ・イン・パリ』 『グレッグのダメ日記』 『ポルノ・スター ロン・ジャーミーの伝説』・・・ なぜ『ロン・ジャーミーの伝説』かというと こんな場面があると 誰かが教えてくれたからです

(ロン・ジャーミー)俺は クイーンズのフラッシングで生まれた 1953年3月12日の 朝の4時だ

当然ですね (笑)(拍手) 納得しただけでなく こんな疑問にも答えが出せます 「ロン・ジャーミーと ボーヴォワールの 共通点は?」 ボーヴォワールの自叙伝は 最初の文はこうです 「私は朝4時に生まれた」 これはメールをもらって 知ったのですが おかげで私のコレクションの レベルが1段上がりました ポルノ男優のロン・ジャーミーと フェミニストのボーヴォワールは 違う世界の人間ではない 違いはあっても この1点でつながっていたのです これが雑学なのか 知識なのか それとも いつの間にか得た専門知識なのか わかりませんが これをクールにまとめる方法を 考えました

それで去年の10月に 学問の伝統に則って コレクションを全部 ネットで公開しました 「朝4時のミュージアム」です 赤いリロードボタンをクリックすると 数百件の引用から ランダムに見ることができます これはビリー・コリンズ作の 鮮烈な詩 『忘却』です

(ビリー・コリンズ)夜中に 目を覚まし 戦争の本を開いて 有名な戦闘の日付を 探すのも無理はない 窓から見える月が かつては そらで言えた恋愛詩から 抜け出したかのように 見えるのも無理はない

(リーヴズ)このプロジェクトの 出だしには 満足しました カフェで流れるDVDで ボリウッド俳優が歌う様子を 地球の裏側にいる1人の若者が インスタグラムでビデオにして 見も知らぬ私に 送ってくれたりしました

ところが1週間もしないうちに ちょっとした幸運に恵まれました 胸を打つような ツイートを受け取ったんです 短いツイートでした 「昔のミックステープみたいね」

名前はニックネームを さらにひねったものでした でもイニシャルと プロフィールの写真を見た瞬間 ― 送り手の正体を 全身で感じとりました 彼女が言っていた ― ミックステープのことも・・・ (音楽)

L.D.は大学時代の ロマンスそのものでした 時は90年代初頭 私は学部生で 彼女は図書館学部の大学院生 メガネをとって髪を下ろすと 急にセクシーになる タイプではなく 最初からセクシーで とてつもなく美人でした 私達は「12月~5月」の恋をしました 12月につき合い始め 5月に彼女が卒業して 私の元を 去って行ったのです

でも彼女がくれたミックステープは 手元に残りました 私はそれをメモや絵はがきと一緒に 箱にしまっています L.D.からのものだけでなく 人生を通じて集めたもので 数十年分あります ガールフレンドには きっと隠すでしょうが 妻がいたら一緒に見るでしょうね さて ― (笑) テープの話ですが 片面に7曲ずつ入っていて タイトルは書いてありません L.D.は その代わりに 米国議会図書館分類表の 記号とページ数を書いて ヒントを残してくれました このテープをもらった私は カセットプレイヤーに入れ 彼女の図書館である 大学図書館に持って行って 本棚から14冊の本を見つけました 私は本を全部 お気に入りの 隅のテーブルに持っていき 曲に対応する詩を読んでいきました 食事に合わせたワインのように あるいは サドルシューズに合わせた コバルトブルーの ヴィンテージのコットンドレスのように・・・

去年の10月にもう一度やってみました 席につき 新しいイヤホンを 古いウォークマンにつけて 気付いたんです 私は贅沢過ぎるほど贅沢で それを当然と思っていたんです 当時の自分が うらやましく思えました

「PG」はスラヴ文学の記号で 7000番台はポーランド文学 「Z9A24」は70編からなる詩集で 31ページは ヴィスワヴァ・シンボルスカの作品でした 曲はポール・サイモンの 『平和の流れる街』でした

(音楽 ポール・サイモン 『平和の流れる街』)

(ポール・サイモン) 朝の4時に ぼくは夢から覚めた

どうもありがとう (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画