TED日本語 - マイケル・シャーマー: 不思議なものを信じる

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - マイケル・シャーマー: 不思議なものを信じる

TED Talks

不思議なものを信じる
Why people believe weird things
マイケル・シャーマー
Michael Shermer

内容

なぜ人々はチーズサンドウィッチの上に聖母マリアが見えるのか。またなぜ「天国への階段」の中で悪魔の歌詞が聞こえるのか。音楽とビデオを用い、懐疑論者のマイケル・シャーマーがどのようにして私たちが自分自身を納得させ、事実を見落とすのかを説明する。

Script

Hey, I am Michael Shermer, the director of the Skeptics Society, the publisher of "Skeptic" magazine. We investigate claims of the paranormal, pseudo-science, and fringe groups and cults and claims of all kinds between -- science and pseudo-science and non-science and junk science, voodoo science, pathological science, bad science, non-science and plain old nonsense. And unless you've been on Mars recently, you know there's a lot of that out there.

Some people call us debunkers, which is kind of a negative term. But let's face it -- there's a lot of bunk, and we are like the bunko squads of the police departments out there, flushing out. Well, we're sort of like the Ralph Naders of bad ideas (Laughter) -- trying to replace bad ideas with good ideas.

I'll show you an example of a bad idea. I brought this with me. This was given to us by NBC Dateline to test. It's the -- it's produced by the Quadro Corporation of West Virginia. It's called the Quadro 2000 Dowser Rod. (Laughter) This was being sold to high school administrators for 900 dollars a piece. It's a piece of plastic with a Radio Shack antenna attached to it. You could dowse for all sorts of things, but this particular one was built to dowse for marijuana in students' lockers. (Laughter)

So the way it works is, you go down the hallway and you see if it tilts toward a particular locker, and then you open the locker. So it looks something like this. I'll show you. (Laughter) No, it -- well, it has kind of a right-leaning bias. So, I'll show -- well, this is science, so we'll do a controlled experiment. It'll go this way for sure. (Laughter)

Sir, you want to empty your pockets. Please, sir? (Laughter)

So the question was, can it actually find marijuana in students' lockers? And the answer is, if you open enough of them, yes. (Laughter) (Applause)

But in science, we have to keep track of the misses, not just the hits. And that's probably the key lesson to my short talk here, is that this is how psychics work, astrologers, and tarot card readers and so on. People remember the hits; they forget the misses. In science we have to keep the whole database, and look to see if the number of hits somehow stands out from the total number that you would expect by chance.

In this case, we tested it. We had two opaque boxes: one with government-approved THC marijuana, and one with nothing. And it got it 50 percent of the time -- which is exactly what you'd expect with a coin flip model. So that's just a fun little example here of the sorts of things we do.

"Skeptic" is the quarterly publication. Each one has a particular theme, like this one is on the future of intelligence. Are people getting smarter or dumber? I have an opinion of this myself because of the business I'm in, but, in fact, people, it turns out, are getting smarter. Three IQ points per 10 years, going up. Sort of an interesting thing.

With science, don't think of skepticism as a thing or even science as a thing. Are science and religion compatible? It's like, are science and plumbing compatible? These -- they're just two different things. Science is not a thing. It's a verb. It's a way of thinking about things. It's a way of looking for natural explanations for all phenomena.

I mean, what's more likely: that extraterrestrial intelligences or multi-dimensional beings travel across the vast distances of interstellar space to leave a crop circle in Farmer Bob's field in Puckerbrush, Kansas to promote skeptic.com, our webpage? Or is it more likely that a reader of "Skeptic" did this with Photoshop? And in all cases we have to ask (Laughter) -- what's the more likely explanation? And before we say something is out of this world, we should first make sure that it's not in this world. What's more likely -- that Arnold had a little extraterrestrial help in his run for the governorship? Or that the "World Weekly News" makes stuff up? (Laughter)

And part of that -- the same theme is expressed nicely here in this Sidney Harris cartoon. For those of you in the back, it says here: "Then a miracle occurs. I think you need to be more explicit here in step two." This single slide completely dismantles the intelligent design arguments. There's nothing more to it than that. (Applause) You can say a miracle occurs. It's just that it doesn't explain anything. It doesn't offer anything. There's nothing to test. It's the end of the conversation for intelligent design creationists.

Whereas -- and it's true, scientists sometimes throw terms out as linguistic place fillers -- dark energy or dark matter or something like that -- until we figure out what it is, we'll just call it this -- it's the beginning of the causal chain for science. For intelligent design creationists, it's the end of the chain. So again, we can ask this: what's more likely? Are UFOs alien spaceships or perceptual cognitive mistakes -- or even fakes?

This is a UFO shot from my house in Altadena, California, looking down over Pasadena. And if it looks a lot like a Buick hubcap, it's because it is. You don't even need Photoshop; you don't need high-tech equipment; you don't need computers. This was shot with a throwaway Kodak Instamatic camera. You just have somebody off on the side with a hubcap ready to go. Camera's ready -- that's it. (Laughter)

So, although it's possible that most of these things are fake or illusions or so on and that some of them are real, it's more likely that all of them are fake, like the crop circles.

On a more serious note, in all of science we're looking for a balance between data and theory. In the case of Galileo, he had two problems when he turned his telescope to Saturn. First of all, there was no theory of planetary rings. And second of all, his data was grainy and fuzzy, and he couldn't quite make out what it was he was looking at. So he wrote that he had seen -- "I have observed that the furthest planet has three bodies." And this is what he ended up concluding that he saw. So without a theory of planetary rings and with only grainy data, you can't have a good theory. And it wasn't solved until 1655.

This is Christiaan Huygens's book in which he cataloged all the mistakes that people made in trying to figure out what was going on with Saturn. It wasn't till -- Huygens had two things. He had a good theory of planetary rings and how the solar system operated. And then, he had better telescopic, more fine-grain data in which he could figure out that as the Earth is going around faster -- according to Kepler's Laws -- than Saturn, then we catch up with it. And we see the angles of the rings at different angles, there. And that, in fact, turns out to be true.

The problems with having a theory is that your theory may be loaded with cognitive biases. So one of the problems of explaining why people believe weird things is that we have things on a simple level. And then I'll go to more serious ones. Like, we have a tendency to see faces.

This is the face on Mars, which was -- in 1976, where there was a whole movement to get NASA to photograph that area because people thought this was monumental architecture made by Martians. Well, it turns out -- here's the close-up of it from 2001. If you squint, you can still see the face. And when you're squinting, what you're doing is you're turning that from fine-grain to coarse-grain. And so, you're reducing the quality of your data. And if I didn't tell you what to look for, you'd still see the face, because we're programmed by evolution to see faces.

Faces are important for us socially. And, of course, happy faces. Faces of all kinds are easy to see. (Laughter) You can see the happy face on Mars, there. If astronomers were frogs perhaps they'd see Kermit the Frog. Do you see him there? Little froggy legs. Or if geologists were elephants?

Religious iconography. (Laughter) Discovered by a Tennessee baker in 1996. He charged five bucks a head to come see the nun bun till he got a cease-and-desist from Mother Teresa's lawyer. Here's Our Lady of Guadalupe and Our Lady of Watsonville, just down the street, or is it up the street from here? Tree bark is particularly good because it's nice and grainy, branchy, black-and-white splotchy and you can get the pattern-seeking -- humans are pattern-seeking animals.

Here's the Virgin Mary on the side of a glass window in Sao Paulo. Now, here's the Virgin Mary made her appearance on a cheese sandwich -- which I got to actually hold in a Las Vegas casino, of course, this being America. (Laughter) This casino paid 28,500 dollars on eBay for the cheese sandwich. (Laughter) But who does it really look like, the Virgin Mary? (Laughter) It has that sort of puckered lips, 1940s-era look.

Virgin Mary in Clearwater, Florida. I actually went to see this one. There was a lot of people there -- the faithful come to be in their -- wheelchairs and crutches, and so on. And we went down, investigated. Just to give you a size -- that's Dawkins, me and The Amazing Randi, next to this two,two and a half story size image. All these candles, so many thousands of candles people had lit in tribute to this. So we walked around the backside, just to see what was going on here, where -- it turns out wherever there's a sprinkler head and a palm tree, you get the effect. Here's the Virgin Mary on the backside, which they started to wipe off. I guess you can only have one miracle per building. (Laughter) So is it really a miracle of Mary, or is it a miracle of Marge? (Laughter)

And then I'm going to finish up with another example of this with audio -- auditory illusions. There is this film, "White Noise," with Michael Keaton about the dead talking back to us. By the way, this whole business of talking to the dead, it's not that big a deal. Anybody can do it, turns out. It's getting the dead to talk back that's the really hard part. (Laughter)

In this case, supposedly, these messages are hidden in electronic phenomena. There's a ReverseSpeech.com web page from which I downloaded this stuff. Here is the forward -- this is the most famous one of all of these. Here's the forward version of the very famous song. (Music) Boy, couldn't you just listen to that all day? (Laughter)

All right, here it is backwards, and see if you can hear the hidden messages that are supposedly in there. (Music) What did you get?

Audience: "Satan."

Michael Shermer: "Satan?" OK, well, at least we got "Satan." Now, I'll prime your auditory part of your brain to tell you what you're supposed to hear, and then hear it again. (Music) (Laughter) (Applause)

You can't miss it when I tell you what's there. (Laughter)

All right, I'm going to just end with a positive, nice, little story about -- the Skeptics is a nonprofit educational organization. We're always looking for little, good things that people do.

And in England, there's a pop singer. Very -- one of the top popular singers in England today, Katie Melua. And she wrote a beautiful song. It was in the top five in 2005, called, "Nine Million Bicycles in Beijing." It's a love story -- she's sort of the Norah Jones of the U.K. -- about how she much loves her guy, and compared to nine million bicycles, and so forth. And she has this one passage here.

We are 12 billion light-years from the edge.

That's a guess.

No one can ever say it's true.

But I know that I will always be with you.

Well, that's nice. At least she got it close. In America it would be, "We're 6,000 light years from the edge."

(Laughter)

But my friend, Simon Singh, the particle physicist now turned science educator, and he wrote the book "The Big Bang," and so on. He uses every chance he gets to promote good science. And so, he wrote an op-ed piece in "The Guardian" about Katie's song, in which he said, well, we know exactly how old, how far from the edge. You know, it's 12 -- it's 13.7 billion light years, and it's not a guess. We know within precise error bars there how close it is. And so, we can say, although not absolutely true, that it's pretty close to being true.

And, to his credit, Katie called him up after this op-ed piece came out. And said, "I'm so embarrassed. I was a member of the astronomy club, and I should have known better." And she re-cut the song. So I'll end with the new version. We are 13.7 billion light years from the edge of the observable universe. That's a good estimate with well-defined error bars. And with the available information. I predict that I will always be with you. (Applause)

How cool is that? (Applause)

みなさんこんにちは 雑誌「スケプティクス」を出版している スケプティクスソサエティの所長をしています マイケルシャーマーです 我々は超常現象や疑似科学に関する主張 そして反主流派やカルト団体その他の 科学 疑似科学 非科学 安っぽい科学 ヴードゥー科学 病的科学 不道徳な科学 非科学 古くからある世迷言における主張を解明しています 最近になって人類が火星に行くまで 我々はそこにたくさんのものがあることを知りませんでした

我々のことを否定的な意味を持つ言葉で真実を暴くものと呼ぶ人もいます しかし考えても見てください 世の中にはたくさんのでたらめがあります だから我々はまるで警官隊の中に混ざるペテンの一団のようにその嘘を暴き出すのです 私たちは悪者であるラルフ・ネーダーのように (笑い声) 間違ったことを正しいことに訂正しようとしています

間違ったことの例をあげてみましょう 私は今日これを持ってきました これは我々にエヌビーシーデータラインが試験的にくださったものです バージニア州西部にあるくクオダコーポレーションが製造しました この商品は, クオダ2000ダウザーロッドと呼ばれています (笑い声) 900ドルで高校の管理者に販売されていました ラジオシャックアンテナがついたプラスチックのかたまりです これはありとあらゆるものを探すことができますが 私が今持っているこれは 生徒のロッカーの中にあるマリファナを探し出すために作られました (笑い声)

どのようにしてこれを使うか 廊下を歩いていき どれか特定のロッカーに反応しアンテナが傾くかどうか確認し傾いたロッカーを確認します こんな感じで使います お見せしましょう (笑い声) どうやら右寄りのバイアスがかかっているようですね ではもう一度 これが科学です 我々はこれからコントロールされた実験をお見せします これは絶対こちら側に傾きますよ (笑い声)

ほらポケットの中を空にしたいですか 空にしていただけますか (笑い声)

ここで疑問が一つ湧き上がってきます 本当にこれで生徒のロッカーの中のマリファナを見つけ出せるか そうです ロッカーを大量に開けれ見つけ出せるでしょう (笑い声) (拍手)

しかし科学的には見つけ出したものたちだけでなく, 見つけ出せなかった失敗にも注目し続けなければなりません. それが今日私がみなさんにお話するキーポイントです 心霊学占星学タロットカード占いなどがどのように実践されるのかについてお話します 人間は成功は覚えていますが失敗は忘れてしまいます 科学ではすべてのデータベースを管理し 成功率がすべての症例の中で際立つものであるのかどうか あるいは偶然なのかどうかを見極める必要があります

そして今回我々は実際に計測してみました 我々は不透明な箱を2つ用意しました 1つには合法のTHCマリファナがもう1つには何も入っていません この結果50%の確率でマリファナを確立でき それはコインをはじいてでる確率とまったく同じということです これは我々が何をやっているかをしめすちょっとした面白い例です

「スケプティク」は季刊誌です 今回は未来の知性というようにそれぞれがある特定のテーマを扱っています 人類は将来賢くなるのかそれともだめになるのか これに関しては私のしている職業上個人的な意見がありますが 実際人間は賢くなっていくということがわかっています 10年ごとにIQが3上がっています なかなか興味深いことです

科学的に見れば懐疑論はましてや科学でさえものではありません 科学と宗教は共存しうるのか それはつまり科学と配管工事は共存できるのかというのと同じことです これなの2つの異なるもの 科学というのはものではありません それは動作です 科学とはものに対する考え方のことです すべての現象に対して自然な説明を探し出すための方法なのです

つまり私が言いたいことは 地球外知的生命や多次元的な生き物の果てしなく長距離にわたる移動によって カンザスのパッカーブラッシュにあるボブの農園に残されたミステリーサークルは 我々のウェブサイトであるskeptics.comを広めるためだったでしょうか? それとも「スケプティック」の読者がフォトショップを使って作ったのでしょうか? すべての事例において我々はこれを確認しなくてはなりません (笑い声) さらに説明が必要になってくるのは 私たちは何かが非現実的であると言う前に それがこの世の中に存在しないということを確認しなければなりません つまり アーノルドは政治の場に復帰するために地球圏外からの助けを借りたということでしょうか それとも「ワールドウィークリーニュース」が情報をでっちあげたのでしょうか (笑い声)

さらに同じ類の内容が シドニーハリスの漫画の中にも素敵に表現されています 背中を向けている人たちに向かって「それから奇跡が起きるよ ここではもっとありのままでいなくちゃ」と言っています この1枚のスライドはインテリジェントデザインに関する議論を完全に取り除いています このスライドはここに書いてあることそのものを示しているのです (拍手) 奇跡が起きると言うことができます しかしこれは何も説明してはいません 何の情報も提供してはいないのです 何の根拠もないですしね 創造説論者に関する議論はここまでとします

それとは対照的に科学者たちはときどき言葉を 言語的な埋め合わせの場所として 暗いエネルギーや暗い問題などそんな感じに それがなんなのかがわかるまで放っておきます これは科学の因果関係を示す連鎖の始まりです 創造説論者にとって 一連の議論はここで終わりとなります ではもう一度この質問をしてみましょう いったいなんだろう UFOは地球外の乗り物なのかあるいは単なる認識の間違なのかさらにはフェイクという可能性もありますね

これはパサデナを見下ろすカリフォルニアのアトランタにある 私の自宅で撮影されたUFOの写真です ビューイックのホイールキャップに見えませんか そうです これはまさにビューイックのホイールキャップです フォトショップなしでも大丈夫 ハイテクナ道具もいりません パソコンだっていらないのです これはコダックのインスタントカメラで撮りました ホイールキャップをレンズの外側で持っていてくれる人さえいればいいのです カメラの準備ができました ほら写真ができました (笑い声)

この手のもののほとんどはフェイクか絵である可能性が あるいは本物である可能性もありますが むしろこれらのうちのすべてはミステリーサークルのように偽物である可能性が高いです

さらに深刻に言えばどの分野の科学においても 私たちはデータと理論のバランスを探しています ガリレオの場合でいけば 彼が望遠鏡を土星に向けるとき まず初めに惑星の環があるという理論はありませんでした そして2つめに彼のデータは粒状性であいまいで 彼は自分が何を見ているのか見分けることができませんでした ですから彼は 「私は最も遠い惑星は3つの本体があることを観察した」 そしてこれが彼の記録を締めくくりました 惑星の環の理論がなく粒状性のデータがあったとしたら 正しい理論を立てることはできません これは1655年まで解明されませんでした

これを解明したのは人々が土星に何が起こっているかを解明するときの全ての間違いが記された クリスティアーン・ホイヘンスの本でした これはホイヘンスが2つのことに気が付くまでずっと続きました 彼は惑星の環と太陽系の仕組みに関するまともな理論を立てていました それから彼はよりより望遠鏡を持ち ケプラーの法則通りに地球が土星よりも早く動いているということを見られるくらい より鮮明なデータも持っていて私たちはそのことを知りました 私たちはそれぞれの天使がそれぞれの天使の輪を持っているのを知っています そしてこれは実際に本当だということがわかります

理論を立てることの問題は あなたが立てた理論に感覚的バイアスがかかっているかもしれないということです ですから人々が奇妙なものを信じ込んでしまう理由を説明することに関する問題の1つは 私たちは非常にシンプルなところに持っているということです より深刻なものについてみていきます たとえば私たちが顔を見つけてしまう傾向です

これは1976年の火星の表面にある顔で そのころNASAがそのエリアの写真を撮る計画がありました なぜなら人々はその顔が 火星人によって作られた記念碑のような建築だと考えていたからです これは2001年のクローズアップ版です 目を細めてよく見てもその顔を見ることができます そして目を細めているときにあなたがしていることは きれいな粒子からきめの粗い写真への変換です それによってあなたの中での写真の画質を下げているのです もし仮に私がここに何が見えるかを言わなかったとしても顔が見えるでしょう なぜなら私たちは進化によって顔を認識してしまうように方向づけられているからです

私たちにとって社会的に顔は大切です そしてもちろん笑顔もです どのような種類の顔も簡単に見分けることができます (笑い) 火星の表面に笑顔が見えますよね もし宇宙飛行士たちがカエルだったとしたら彼らにはカーミットに見えるでしょう カーミットに見えますか? 小さなカエルの足が見えます ではもし地学者が象だったとしたら?

宗教的図像学です (笑い) 1996年にテネシー州のあるパン職人によって発見されました 彼はマザーテレサの弁護士から排除命令を受けるまで 5つのバケツをつかってパンを修道女に見せました 通りの向こうかあるいはここから見るとこちら側に グアダルーペの聖母とワトソンビルの聖母が見えます 樹皮は特にすばらしいです なぜなら樹皮はざらざらしていて枝も多く 白黒の斑点がありパターンを見出すことができるからです 人間はパターンを探してしまう生き物です

サンパウロにあるガラスの窓に聖母マリアを見ることができます さて ここで私が実際にラスベガスのカジノで手にした チーズサンドウィッチの表面に現れた聖母マリアの姿を見てみましょう もちろんこれはアメリカ製です (笑い) このカジノは$28,500をeBayにチーズサンドウィッチ代として支払いました (笑い) しかし実際誰が聖母マリアに似ているのでしょうか? (笑い) これは1940代のようなひだ状の唇らしきものを持っています

フロリダ州クリアウォーターの聖母マリアです 私は実際にこれを見に行きました そこにはたくさんの人々がいて 車いすに乗った人や 松葉づえをついた人など 信心深い人々がいました 私たちはそこに赴き調べました サイズを説明しましょう ドーキンズと私と偉大なるランディです この二つのとなりに 何千万ものろうそくがこの聖母マリアに向けてともされました それから私たちはそこで何が起きているのかをみるために裏側へまわりました そしてそこにはスプリンクラーのヘッドとヤシの木があることがわかりました その影響が出ていたのです 裏面にある聖母マリアです 消えかかってきていますが 私が思うに1つの建造物につき1つの奇跡しか起こらないのだと思います (笑い) これは本当にマリアの奇跡なのかあるいはマーガリンの奇跡なのか (笑い)

それではまた別の音声による錯覚の例を紹介して 終わりにしたいと思います 映画「サイレントノイズ」です マイケル・キートン主演の死者が私たちに話しかけてくるという内容の映画です 死者に話しかけるというのはここでは大きな問題ではありません 誰もができるんですから すぐにわかりますよ 返事をするために自分も死んでいくんです 難しいですね (笑い)

この場合ではおそらくこれらのメッセージは電子的な現象の中に隠れています 私はこれを ReverseSpeech.com というウェブページからダウンロードしました これが最も有名な電子的現象のうちのひとつの通常再生です とても有名な歌の通常再生です (音楽) ちょっと 一日中聞いていられそうだな (笑い)

それでは逆再生してみます そこに隠されたメッセージがわかるかどうか聞いてみましょう(音楽) なにが聞こえましたか?

聴衆: 悪魔

マイケル・シャーマー: 悪魔? そうです少なくとも私たちは悪魔という言葉を聞き取りました それでは私はあなたがたの聴覚に関連する脳に 何が聞こえてくるはずか前もって伝えたうえでもう一度聞いてみましょう(音楽) (笑い) (拍手)

そこに何があるのか前もって知らされているときあなたがたはそれを逃しません (笑い)

では最後に前向きで素敵なちょっとしたお話をして終わりにしましょう スケプティクスは非営利教育団体です 私たちは常に人々がするちょっとしたいいことを探しています

イギリスにあるポップシンガーがいます イギリスで最も人気のある歌手と一人でケイティ・ムルアと言います 彼女はとても美しい歌を書きました その曲は2005年にトップファイブに入りました 「北京の900万台の自転車」という歌です 彼女がいかに恋人を愛しているか それを9万台の自転車と比較した ラブソングです というのも彼女はイギリスのノラ・ジョーンズ的な存在ですから ここにある歌の一節があります

私たちは危機から12万光年も離れたところにいるの

想像だけどね

誰もそれが本当だとは言わないわ

それでも私はこれからずっとあなたのそばにいつもいるの

素敵でしょう 少なくとも彼女はこれを身近にしました アメリカでなら「私たちは危機から6千光年も離れたところにいるの」になるでしょうね

(笑い)

私の友人のサイモン・シンは微粒子物理学者から科学の教育者になり 「ビッグバン」などを執筆しました 彼は手にしたすべてのチャンスを優れた科学を奨励するために使いました そして彼はガーディアン紙にケイティの歌に関する論評を書きました その中で彼は私たちは宇宙の果てからどのくらいの時間と距離が離れているのか正確に知っているといいました それは12..ではなくて13.7千光年でそれは予想ではありません 私たちは精密なエラーバーの範囲内で分かっているのです ですからこれが完全な真実とは言えなくても真実に限りなく近いと言うことはできます

彼にとって名誉なことにケイティはこの論評が発行されてから彼に電話をかけました そして彼女はこう言いました 「私はとても恥ずかしいです 私は宇宙飛行士クラブのメンバーだったのですからもっとしっかりと知っておくべきでした」 そして彼女はこの歌を再編集しました ということで最後に新しいバージョンをお聞かせして終わりにしましょう 私たちは観測できる宇宙の端から 13.7億光年のところにいるの 精密なエラーバーと手に入る情報によって計測された 信頼できる数字なのよ 私はこれからあなたとずっとに一緒にいると予測するわ (拍手)

とっても素敵でしょう (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画