TED日本語 - エリザベス・ダン: 人を助けることで幸せになれる ― でもそのやり方が重要 TED Talk

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - エリザベス・ダン: 人を助けることで幸せになれる ― でもそのやり方が重要 TED Talk

TED Talks

人を助けることで幸せになれる ― でもそのやり方が重要 | TED Talk
Helping others makes us happier -- but it matters how we do it | TED Talk
エリザベス・ダン
Elizabeth Dunn

内容

他の人を助けることで、人は幸福を感じることが研究で示されています。しかし社会心理学者のエリザベス・ダンは、その寛大さと喜びに関する画期的な研究で、そこには落とし穴があることを見つけました。助けるやり方が重要だということです。人を助けるやり方で鍵となる点を1つ変えることで、より多くの効果を生み出し、自分の幸福度も高められることを学びましょう。ダンは言います。「与えることを単なる道徳的責任ではなく、喜びの源として考えてみてください」

Script

So, I have a pretty fun job, which is to figure out what makes people happy. It's so fun, it might almost seen a little frivolous, especially at a time where we're being confronted with some pretty depressing headlines. But it turns out that studying happiness might provide a key to solving some of the toughest problems we're facing. It's taken me almost a decade to figure this out.

Pretty early on in my career, I published a paper in "Science" with my collaborators, entitled, "Spending Money on Others Promotes Happiness." I was very confident in this conclusion, except for one thing: it didn't seem to apply to me.

(Laughter)

I hardly ever gave money to charity, and when I did, I didn't feel that warm glow I was expecting. So I started to wonder if maybe there was something wrong with my research or something wrong with me. My own lackluster emotional response to giving was especially puzzling because my follow-up studies revealed that even toddlers exhibited joy from giving to others.

In one experiment, my colleagues Kiley Hamlin, Lara Aknin and I brought kids just under the age of two into the lab. Now, as you might imagine, we had to work with a resource that toddlers really care about, so we used the toddler equivalent of gold, namely, Goldfish crackers.

(Laughter)

We gave kids this windfall of Goldfish for themselves and a chance to give some of their Goldfish away to a puppet named Monkey.

(Video) Researcher: I found even more treats, and I'm going to give them all to you.

Toddler: Ooh. Thank you.

Researcher: But, you know, I don't see any more treats. Will you give one to Monkey?

Toddler: Yeah. Researcher: Yeah?

Toddler: Yeah. Here.

Researcher: Ooh, yummy. Mmmm.

Toddler: All gone, he ate it.

Elizabeth Dunn: Now, we trained research assistants to watch these videos and code toddlers' emotional reactions. Of course, we didn't tell them our hypotheses. The data revealed that toddlers were pretty happy when they got this pile of Goldfish for themselves, but they were actually even happier when they got to give some of their Goldfish away.

And this warm glow of giving persists into adulthood. When we analyzed surveys from more than 200,000 adults across the globe, we saw that nearly a third of the world's population reported giving at least some money to charity in the past month. Remarkably, in every major region of the world, people who gave money to charity were happier than those who did not, even after taking into account their own personal financial situation. And this correlation wasn't trivial. It looked like giving to charity made about the same difference for happiness as having twice as much income.

Now, as a researcher, if you're lucky enough to stumble on an effect that replicates around the world in children and adults alike, you start to wonder: Could this be part of human nature? We know that pleasure reinforces adaptive behaviors like eating and sex that help perpetuate our species, and it looked to me like giving might be one of those behaviors.

I was really excited about these ideas, and I wrote about them in the "New York Times." One of the people who read this article was my accountant.

(Laughter)

Yeah. At tax time, I found myself seated across from him, watching as he slowly tapped his pen on the charitable giving line of my tax return with this look of, like, poorly concealed disapproval.

(Laughter)

Despite building my career by showing how great giving can feel, I actually wasn't doing very much of it. So I resolved to give more.

Around that time, devastating stories about the Syrian refugee crisis were everywhere. I really wanted to help, so I pulled out my credit card. I knew my donations would probably make a difference for someone somewhere, but going to the website of an effective charity and entering my Visa number still just didn't feel like enough.

That's when I learned about the Group of Five. The Canadian government allows any five Canadians to privately sponsor a family of refugees. You have to raise enough money to support the family for their first year in Canada, and then they literally get on a plane to your city. One of the things that I think is so cool about this program is that no one is allowed to do it alone. And instead of a Group of Five, we ended up partnering with a community organization and forming a group of 25. After almost two years of paperwork and waiting, we learned that our family would be arriving in Vancouver in less than six weeks. They had four sons and a daughter, so we raced to find them a place to live. We were very lucky to find them a house, but it needed quite a bit of work. So my friends came out on evenings and weekends and painted and cleaned and assembled furniture.

When the big day came, we filled their fridge with milk and fresh fruit and headed to the airport to meet our family. It was a little overwhelming for everyone, especially the four-year-old. His mother was reunited with her sister who had come to Canada earlier through the same program. They hadn't seen each other in 15 years.

When you hear that more than 5.6 million refugees have fled Syria, you're faced with this tragedy that the human brain hasn't really evolved to comprehend. It's so abstract. Before, if any of us had been asked to donate 15 hours a month to help out with the refugee crisis, we probably would have said no. But as soon as we took our family to their new home in Vancouver, we all had the same realization: we were just going to do whatever it took to help them be happy.

This experience made me think a little more deeply about my research. Back in my lab, we'd seen the benefits of giving spike when people felt a real sense of connection with those they were helping and could easily envision the difference they were making in those individuals' lives.

For example, in one experiment, we gave participants an opportunity to donate a bit of money to either UNICEF or Spread the Net. We chose these charities intentionally, because they were partners and shared the same critically important goal of promoting children's health. But I think UNICEF is just such a big, broad charity that it can be a little hard to envision how your own small donation will make a difference. In contrast, Spread the Net offers donors a concrete promise: for every 10 dollars donated, they provide one bed net to protect a child from malaria.

We saw that the more money people gave to Spread the Net, the happier they reported feeling afterward. In contrast, this emotional return on investment was completely eliminated when people gave money to UNICEF. So this suggests that just giving money to a worthwhile charity isn't always enough. You need to be able to envision how, exactly, your dollars are going to make a difference.

Of course, the Group of Five program takes this idea to a whole new level. When we first took on this project, we would talk about when the refugees would arrive. Now, we just refer to them as our family. Recently, we took the kids ice skating, and later that day, my six-year-old, Oliver, asked me, "Mommy, who is the oldest kid in our family?" I assumed he was talking about his plethora of cousins, and he was talking about them, but also about our Syrian family.

Since our family arrived, so many people and organizations have offered to help, providing everything from free dental fillings to summer camps. It's made me see the goodness that exists in our community. Thanks to one donation, the kids got to go to bike camp, and every day of the week, some member of our group tried to be there to cheer for them. I happened to be there the day the training wheels were supposed to come off, and let me tell you, the four-year-old did not think this was a good idea. So I went over and talked to him about the long-term benefits of riding without training wheels.

(Laughter)

Then I remembered that he was four and barely spoke English. So I reverted to two words he definitely knew: ice cream. You try without training wheels, I'll buy you ice cream. Here's what happened next.

(Video) ED: Yes. Yeah!

Kid: I'm gonna try.

ED: Oh my God! Look at you go!

(Squealing) Look at you go! You're doing it all by yourself!

(Audience) (Laughter)

(Video) ED: Good job!

(Audience) (Laughter)

(Applause)

ED: So this is the kind of helping that human beings evolved to enjoy, but for 40 years, Canada was the only country in the world that allowed private citizens to sponsor refugees.

Now -- Canada!

(Applause)

It's pretty great.

Now Australia and the UK are starting up similar programs. Just imagine how different the refugee crisis could look if more countries made this possible.

Creating these kinds of meaningful connections between individuals provides an opportunity to deal with challenges that feel overwhelming. One of those challenges lies just blocks from where I'm standing right now, in the Downtown Eastside of Vancouver. By some measures, it's the poorest urban postal code in Canada. We actually debated whether to bring over a family of refugees, because there are so many people right here already struggling. My friend Evan told me that when he was a kid and his parents drove through this neighborhood, he would duck down in the back seat. But Evan's parents never would have guessed that when he grew up, he would open up the doors of a local restaurant and invite this community inside to enjoy three-course dinners. The program that Evan helped build is called "Plenty of Plates," and the goal is not just to provide free meals but to create moments of connection between people who otherwise might never make eye contact. Each night, a local business sponsors the dinner and sends a team of volunteers who help make and serve the meal. Afterward, the leftovers get distributed to people who are out on the street, and importantly, there's enough money left to provide a thousand free lunches for this community in the days that follow.

But the benefits of this program extend beyond food. For the volunteers, it provides an opportunity to engage with people, to sit down and hear their stories. After this experience,one volunteer changed his commute so that instead of avoiding this neighborhood, he walks through it, smiling or making eye contact as he passes familiar faces.

All of us are capable of finding joy in giving. But we shouldn't expect this to happen automatically. Spending money helping others doesn't necessarily promote happiness. Instead, it matters how we do it. And if we want people to give more, we need to subvert the way we think about charitable giving. We need to create opportunities to give that enable us to appreciate our shared humanity. If any of you work for a charity, don't reward your donors with pens or calendars.

(Applause)

Reward them with the opportunity to see the specific impact that their generosity is having and to connect with the individuals and communities they're helping.

We're used to thinking about giving as something we should do. And it is. But in thinking about it this way, we're missing out on one of the best parts of being human: that we have evolved to find joy in helping others. Let's stop thinking about giving as just this moral obligation and start thinking of it as a source of pleasure.

Thank you.

(Applause)

私は 何が人を幸せにするのか探るという すごく楽しい仕事をしています あまりに楽しくて ちょっと軽薄に見えるくらいで 暗いニュースばかり 目にする時には特にそうです でも 幸福について研究することは 私達が直面している 最も難しい問題のいくつかを 解決する鍵になるかもしれません そのことが分かるのに 10年近くかかりました

研究者になりたての頃 共同研究者とともに 「お金を人のために使うことは 幸福度を高める」という論文を サイエンス誌で発表しました 研究結果には 自信がありましたが 1つだけ問題だったのは それが自分には 当てはまらないことでした

(笑)

寄付をしたことは ほとんどなかったし 寄付しても 期待していたような 温かい満足感はありませんでした それで何か問題があるのではと 疑い始めました ― 私の研究結果か それとも私自身に 与えることに対する自分のパッとしない 感情的反応に とりわけ困惑したのは 幼児でさえ 他人に与えることに 喜びを示すことが その後の研究で 分かったからです

同僚のカイリー・ハムリンと ララ・アクニンとでやった ある実験では 2歳の子どもたちに 実験室に来てもらいました 分かると思いますが 幼児が本当に惜しいと思うような物を 使う必要がありました それで幼児にとっては 金に等しい ― ゴールドフィッシュ・クラッカーを 使いました

(笑)

子供に このクラッカーを いっぱいあげて それから おサルの ぬいぐるみにも 少し分けてあげる 機会を与えました

(研究者)おやつがあったから 全部あげるね

(幼児)うわー ありがとう

(研究者)おやつは もうないけど おサルさんにも ひとつあげようか?

(幼児)うん (研究者)いい?

(幼児)うん はい

(研究者)わーい むしゃむしゃ

(幼児)みんな たべちゃった

研究助手に ビデオを見てもらい 幼児の感情的反応を 記録してもらいました もちろん実験の仮説は 教えていません そのデータから 分かったのは 幼児はクラッカーをもらった時に すごく喜びましたが 分けてあげた時に 一層の喜びを示したのです

この温かい喜びの気持ちは 大人になっても続きます 世界の20万人以上の 成人を対象にした 調査結果を 分析したんですが 3分の1近くの人が この1ヶ月の間に いくらかでも寄付をしていました 目を引いたのは 世界の主要な地域のすべてにおいて 寄付した人は 寄付しなかった人よりも幸せで 本人の経済状況を考慮に入れた後でも そうだったことです この相関は小さなものではなく 寄付は 収入として その倍を手に入れるのと 同じくらいの幸福感を もたらしているようなのです

研究者として 幸運にも世界中で 子供にも大人にも見られる 現象を見つけたなら 思い始めるでしょう これは人間の本性の 一部なのではないか? 喜びが適応行動を強化することを 私達は知っています たとえば 食べることやセックスは 種の保存に繋がります 与えることも そのような行動の 1つに思えたのです

私はこの考えが気に入って それについて ニューヨークタイムズ紙に寄稿しました その記事を読んだ人の中には 私の税理士もいました

(笑)

そうです 納税時期に その税理士と 向かい合って座っていると 彼がゆっくりと ペンで 確定申告書の 慈善への寄付の欄を叩きながら 非難の色を隠せずにいるのが 分かりました

(笑)

与えることがどんなに良い気持ちかを示すことで キャリアを築いてきたにもかかわらず 自分では それをほとんど やっていなかったのです もっと寄付しようと決めました

その頃 シリア難民の悲惨な話を あらゆるところで 耳にしていました 私は力になりたいと思い クレジットカードを 取り出しました 自分の寄付で どこかの誰かの人生を 変えられるだろうことは分かっていましたが 良さそうな慈善団体の ウェブサイトに行って カード番号を入れながら 何か物足りなく感じました

グループ・オブ・ファイブのことを 知ったのは この時です カナダ政府は 誰でもカナダ国民が5人いれば 難民の家族を私的に 支援できるようにしています 家族のカナダでの 最初の1年の生活を支えるのに 十分なお金を集めれば 難民の家族が文字通り飛行機で 自分の町にやってくるんです このプログラムの良いところは 単独ではできないことです 私達は結局5人ではなく コミュニティ組織と協力して 25人のグループになりました 手続きをし 2年近く待って 家族が6週間以内に バンクーバーに 到着するという連絡を受けました 男の子4人と 女の子1人がいる ということだったので 私達は急いで 住む場所を探しました さいわい家は 見つかりましたが 結構手を入れる 必要がありました 友達が夜や週末に 手伝いに来てくれて ペンキ塗りや 掃除や 家具の組み立てをしました

いよいよ その日がやってきて 私達は家族の冷蔵庫を ミルクや果物で満たし 空港へ迎えに行きました 誰にとっても 圧倒されるような瞬間でした 特に4歳の子には その子のお母さんは 同じプログラムを通して カナダに来ていたお姉さんと 実に15年ぶりの 再会を果たしました

シリアを逃れた難民が 560万人以上いると耳にしても 人間の脳は その悲劇を実感として理解するようには 進化してきませんでした まったく抽象的です もし以前に 難民危機への支援のため 月15時間提供して もらえないかと言われたら 私達はたぶん 断っていたでしょう でも家族をバンクーバーの 新しい家に迎え入れたとたん みんな気付きました この人達の幸せのためなら 自分は何だってすると

この経験から 自分の研究について より深く 考えるようになりました 人は自分が助けている人との 繋がりを実感し 相手の生活にもたらされる変化を 容易に思い描けるとき 与えることの効果が 急上昇することは 実験で目にしていました

たとえば ある実験では 参加者に少額のお金を ユニセフか スプレッド・ザ・ネットに 寄付する機会を与えました この2つは意図的に 選んだもので どちらもパートナーであり 子供の健康を守るという 共通の重要な目的を持っています ただユニセフの方は すごく大きく 広範な基金なため 自分の小さな寄付が どんな違いが生むのか 想像しにくい ところがあります それに対してスプレッド・ザ・ネットは すごく具体的なことを約束しています 10ドルの寄付ごとに 子供をマラリアから守る蚊帳が 1つ提供されると

スプレッド・ザ・ネットでは 寄付額が大きくなるほど その後の満足感は 大きくなっていました 一方 ユニセフへの寄付では 感情的な「投資収益率」 が まったくなくなっていました これが示しているのは 価値ある慈善に寄付するだけでは 必ずしも十分ではない ということです 自分のお金で正確に どんな違いが生まれるのか はっきりイメージできる 必要があるんです

グループ・オブ・ファイブは この考え方を まったく新たな次元に引き上げています このプロジェクトでは最初に 難民がやってくる 時期について話し合うんです 私達は今では彼らを 「私達の家族」と呼んでいます 最近 子供達をスケートに 連れて行ったんですが 後で 6歳の息子のオリバーが 聞いたんです 「ねえ うちの家族で 一番年上の子は誰?」 私はたくさんいる 従兄弟のことかと思ったんですが オリバーは従兄弟と それにシリアの家族も 含めて聞いていたのです

私達の家族が到着して以来 たくさんの人や組織が 援助を申し出てくれました 歯牙充填から サマーキャンプまで 無料で提供してくれたのです このことで 自分のコミュニティにある 善意が見えるようになりました そういう寄付のおかげで 子供達が自転車合宿に参加でき その週の間は毎日 グループの誰かが 応援に行きました 私が行ったのは たまたま 補助輪を外す日でしたが 4歳児にはそれが 良い考えとは思えなかったようです それで私は 補助輪なしで乗ることの 長期的利点を説きました

(笑)

それから その子が4歳で まだ英語が ほとんどできないことを思い出し その子に間違いなくわかる 一言にまとめることにしました 「アイスクリーム」です 補助輪なしで頑張ったら アイスを買ってあげる これがその結果です

(エリザベス)ほら どう

(子供)やってみる

(エリザベス)すごーい

乗れてるよ ひとりで乗ってるよ!

(笑)

えらいぞー!

(笑)

(拍手)

こういう助け方こそ 人間が喜びを 感じるよう進化したものですが カナダは 40年間 市民が個人的に 難民の後援者になることを許している 唯一の国でした

イェーイ カナダ!

(拍手)

素晴らしいことです

今やオーストラリアやイギリスも 同様のプログラムを始めようとしています もっと多くの国がこういうことを 可能にしていたら 難民危機がどう違っていたか 想像してみてください

個人の間に このような 深い繋がりを作ることで 圧倒されるような難問にも 対処できるチャンスが出てくるのです そういう難問のひとつが ここからほんの数ブロックのところにあります バンクーバーの ダウンタウン・イーストサイドです ある指標によると カナダの都市部で 最も貧しい地区です 私達は実際 難民の家族を 連れてくるべきなのか議論しました 困っている人たちが ここには既にいるわけですから 友人のエヴァンは 子供の頃 この界隈を車で通るとき 車の後部座席で 身を隠していたと言います エヴァンの両親が 思いもしなかっただろうことは その彼が成長して この地区の人々を 地元のレストランに招いて コース料理を 振る舞っていることです エヴァンは「たくさんの皿」という 基金の設立に関わったんですが その目的は単に無料の食事を 提供するだけではなく これがなければ 目も合わせなかっただろう人たちに 繋がりを持てる機会を 用意することです 毎晩 地元企業が ディナーを提供し 調理や給仕をする ボランティアを派遣します 余った食事は 路上にいる人々に配られます さらに余ったお金で 翌日以降に 無料のランチが千食分 地域の人々に提供されます

このプログラムの恩恵は 食事だけではありません ボランティアの人たちは 人々と関わり 腰を据えて 耳を傾ける 機会が得られます この経験の後 あるボランティアは 通勤路を変えて この地区を避けていたのが 中を通って 馴染みの顔に 微笑みかけたり アイコンタクトしたり するようになりました

私達はみんな 与えることに 喜びを見いだすことができますが それが無条件に起きると 期待すべきではありません お金を使って他人を助けることが 必ず幸福度を高めるわけではありません どうやるかが重要なんです もっと寄付してもらいたければ 寄付の考え方を すっかり変える必要があります 私達が共有する人間性の 素晴らしさを 実感できる機会を 作り出す必要があります 慈善団体で働いている人は 寄付した人にペンやカレンダーで 報いようとはしないでください

(拍手)

その人達の寛大さが 具体的に どんな効果を生んだのかを目にでき 助けている人やコミュニティと接することのできる 機会によって報いてください

私達は与えることを 「すべきこと」として考えてきました それはその通りです でも そういう捉え方は 人間であることの一番素晴らしい部分を 見落とすことになります 人間は他の人を助けることに 喜びを感じるよう進化してきたのです 与えることを単なる 道徳的責任ではなく 喜びの源として 考えてみてください

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画