TED日本語 - ケイティ・フッド: 健全な愛情と不健全な愛情の見分け方 TED Talk

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ケイティ・フッド: 健全な愛情と不健全な愛情の見分け方 TED Talk

TED Talks

健全な愛情と不健全な愛情の見分け方 - TED Talk
The difference between healthy and unhealthy love - TED Talk
ケイティ・フッド
Katie Hood

内容

健全な人間関係というスキルを理解し、実践することについてのトークで、ケイティ・フッドは不健全な人間関係に陥っている可能性を示す5つのサインを教えてくれます。これは恋愛関係にも、友人関係にも、家族関係にも当てはまるものです。そして敬意と優しさと喜びをもって愛するために、日々できることを共有してくれます。「愛情というのは本能であり、感情です。しかし、よりよく愛することのできる能力は、時間をかけて育み、改善していくことのできるスキルなのです」と、彼女は言います。

Script

So when you think about a child, a close friend, or a romantic partner, the word "love" probably comes to mind, and instantly other emotions rush in : joy and hope, excitement, trust and security, and yes, sometimes sadness and disappointment. There might not be a word in the dictionary that more of us are connected to than love.

Yet, given its central importance in our lives, isn't it interesting that we're never explicitly taught how to love? We build friendships, navigate early romantic relationships, get married and bring babies home from the hospital with the expectation that we'll figure it out. But the truth is, we often harm and disrespect the ones we love. It can be subtle things like guilting a friend into spending time with you or sneaking a peak at your partner's texts or shaming a child for their lack of effort at school. 100 percent of us will be on the receiving end of unhealthy relationship behaviors and 100 percent of us will do unhealthy things. It's part of being human. In its worst form, the harm we inflict on loved ones shows up as abuse and violence, and relationship abuse is something that one in three women and one in four men will experience in their lifetime. Now, if you're like most people, when you hear those stats, you'll go, "Oh, no, no, no, that would never happen to me." It's instinctual to move away from the words "abuse" and "violence," to think that they happen to someone else somewhere else. But the truth is, unhealthy relationships and abuse are all around us. We just call them different things and ignore the connection. Abuse sneaks up on us disguised in unhealthy love.

I work for an organization called One Love started by a family whose daughter Yeardley was killed by her ex-boyfriend. This was a tragedy no one saw coming, but when they looked back, they realized the warning signs were there just no one understood what they were seeing. Called crazy or drama or too much drinking, his actions weren't understood to be what they really were, which was clear signs of danger. Her family realized that if anyone had been educated about these signs, her death could have been prevented. So today we're on a mission to make sure that others have the information that Yeardley and her friends didn't. We have three main goals: give all of us a language for talking about a subject that's quite awkward and uncomfortable to discuss; empower a whole front line, namely friends, to help; and, in the process, improve all of our ability to love better.

To do this, it's always important to start by illuminating the unhealthy signs that we frequently miss, and our work really focuses on creating content to start conversations with young people. As you'd expect, most of our content is pretty serious, given the subject at hand, but today I'm going to use one of our more light-hearted yet still thought-provoking pieces, "The Couplets," to illuminate five markers of unhealthy love.

The first is intensity.

(Video) Blue: I haven't seen you in a couple days. I've missed you.

Orange: I've missed you too. (# thatslove)

Blue: I haven't seen you in five minutes. It feels like a lifetime. What have you been doing without me for five whole minutes?

Orange: It's been three minutes. (# thatsnotlove)

Katie Hood: Anybody recognize that? I don't know. I do. Abusive relationships don't start out abusive. They start out exciting and exhilarating. There's an intensity of affection and emotion, a rush. It feels really good. You feel so lucky, like you've hit the jackpot. But in unhealthy love, these feelings shift over time from exciting to overwhelming and maybe a little bit suffocating. You feel it in your gut. Maybe it's when your new boyfriend or girlfriend says "I love you" faster than you were ready for or starts showing up everywhere, texting and calling a lot. Maybe they're impatient when you're slow to respond, even though they know you had other things going on that day. It's important to remember that it's not how a relationship starts that matters, it's how it evolves. It's important in the early days of a new relationship to pay attention to how you're feeling. Are you comfortable with the pace of intimacy? Do you feel like you have space and room to breathe? It's also really important to start practicing using your voice to talk about your own needs. Are your requests respected?

A second marker is isolation.

(Video) Orange 2: Want to hang out?

Orange 1: Me and my boyfriend always have Monday Funday.

Orange 2: Want to hang out?

Orange 1: Me and my boyfriend always have Monday Funday.

Orange 2: Tomorrow? Orange 1: It's our Tuesday Snooze Day.

Orange 2: Wednesday? Orange 1: No Friends Day.

KH: If you ask me, isolation is one of the most frequently missed and misunderstood signs of unhealthy love. Why? Because every new relationship starts out with this intense desire to spend time together, it's easy to miss when something shifts. Isolation creeps in when your new boyfriend or girlfriend starts pulling you away from your friends and family, your support system, and tethering you more tightly to them. They might say things like, "Why do you hang out with them? They're such losers" about your best friends, or, "They want us to break up. They're totally against us" about your family. Isolation is about sowing seeds of doubt about everyone from your prerelationship life. Healthy love includes independence,two people who love spending time together but who stay connected to the people and activities they cared about before. While at first you might spend every waking minute together, over time maintaining independence is key. You do this by making plans with friends and sticking to them and encouraging your partner to do the same.

A third marker of unhealthy love is extreme jealousy.

(Video) Blue 2: What are you so happy about?

Blue 1: She just started following me on Instagram!

Blue 2: What are you so nervous about?

Blue 1: She, she just started following me, like, everywhere.

(# thatsnotlove)

KH: As the honeymoon period begins to fade, extreme jealousy can creep in. Your partner might become more demanding, needing to know where you are and who you're with all the time, or they might start following you everywhere, online and off. Extreme jealousy also brings with it possessiveness and mistrust, frequent accusations of flirting with other people or cheating, and refusal to listen to you when you tell them they have nothing to worry about and that you only love them. Jealousy is a part of any human relationship, but extreme jealousy is different. There's a threatening, desperate and angry edge to it. Love shouldn't feel like this.

A fourth marker is belittling.

(Video) Blue: Wanna hang out? Orange: I gotta study.

Blue: You'll get an A anyway, A for amazing. (# thatslove)

Blue: Wanna hang out? Orange: I gotta study.

Blue: You'll get an F anyway, F for, F for ... stupid. (# thatsnotlove)

KH: Yeah, hmm. In unhealthy love, words are used as weapons. Conversations that used to be fun and lighthearted turn mean and embarrassing. Maybe your partner makes fun of you in a way that hurts, or maybe they tell stories and jokes for laughs at your expense. When you try to explain that your feelings have been hurt, they shut you down and accuse you of overreacting. "Why are you so sensitive? What's your problem. Give me a break." You are silenced by these words. It seems pretty obvious, but your partner should have your back. Their words should build you up, not break you down. They should keep your secrets and be loyal. They should make you feel more confident, not less.

Finally, a fifth marker: volatility.

(Video) Orange 1: I'd be sad if we broke up.

Orange 2: I'd be sad too. (# thatslove)

Orange 1: I'd so depressed if we ever broke up. I'd throw myself off this step. I would! Don't try to stop me!

(# thatsnotlove)

KH: Frequent breakups and makeups, high highs and low lows: as tension rises, so does volatility. Tearful, frustrated fights followed by emotional makeups, hateful and hurtful comments like, "You're worthless, I'm not even sure why I'm with you!" followed quickly by apologies and promises it will never happen again. By this point, you've been so conditioned to this relationship roller coaster that you may not realize how unhealthy and maybe even dangerous your relationship has become.

It can be really hard to see when unhealthy love turns towards abuse, but it's fair to say that the more of these markers your relationship might have, the more unhealthy and maybe dangerous your relationship could be. And if your instinct is to break up and leave, which is advice so many of us give our friends when they're in unhealthy relationships, that's not always the best advice. Time of breakup can be a real trigger for violence. If you fear you might be headed towards abuse or in abuse, you need to consult with experts to get the advice on how to leave safely.

But it's not just about romantic relationships and it's not just about violence. Understanding the signs of unhealthy love can help you audit and understand nearly every relationship in your life. For the first time, you might understand why you're disappointed in a friendship or why every interaction with a certain family member leaves you discouraged and anxious. You might even begin to see how your own intensity and jealousy is causing problems with colleagues at work. Understanding is the first step to improving, and while you can't make every unhealthy relationship healthy -- some you're going to have to leave behind -- you can do your part every day to do relationships better. And here's the exciting news: it's actually not rocket science. Open communication, mutual respect, kindness, patience -- we can practice these things every day.

And while practice will definitely make you better, I have to promise you it's also not going to make you perfect. I do this for a living and every day I think and talk about healthy relationships, and still I do unhealthy things. Just the other day as I was trying to shuttle my four kids out the door amidst quarreling, squabbling and complaints about breakfast, I completely lost it. With an intentionally angry edge, I screamed, "Everybody just shut up and do what I say! You are the worst! I am going to take away screen time and dessert and anything else you could possibly ever enjoy in life!"

(Laughter)

Anybody been there?

(Applause)

Volatility, belittling. My oldest son turned around and looked at me, and said, "Mom, that's not love."

(Laughter)

For a minute, I really wanted to kill him for calling me out. Trust me. But then I gathered myself and I thought, you know what, I'm actually proud. I'm proud that he has a language to make me pause. I want all of my kids to understand what the bar should be for how they're treated and to have a language and a voice to use when that bar is not met versus just accepting it. For too long, we've treated relationships as a soft topic, when relationship skills are one of the most important and hard to build things in life. Not only can understanding unhealthy signs help you avoid the rabbit hole that leads to unhealthy love, but understanding and practicing the art of being healthy can improve nearly every aspect of your life. I'm completely convinced that while love is an instinct and an emotion, the ability to love better is a skill we can all build and improve on over time.

Thank you.

(Applause)

子供や近しい友人 恋愛関係にあるパートナーのことを思うと 「愛情」という言葉が 思い浮かぶことでしょう そして すぐに他の様々な感情も 思い浮かぶはずです 喜びや希望 ワクワクする気持ち 信頼や安心感 そして 時には悲しみや失望も 含まれるかもしれません 「愛情」という言葉以上に 密接な結びつきを 感じる言葉はないかもしれません

私たちの生活にとって これほど重要であるのに 愛し方をはっきりと教わらないのは 興味深いと思いませんか? 友情を育み 若いときに恋をして やがて結婚し 我が子を 病院から連れ帰る中で そのうち 分かるだろうと 思うのです でも実際には 愛する者を傷つけ ひどい扱いをすることがあります 些細なことかもしれません 罪悪感を持たせて 友人を自分に付き合わせたり パートナーの携帯を盗み見たり 学校の成績が悪いと 我が子を責めたりします 不健全な愛情から出た行いを 誰もが受けることがありますし 私たちの誰もが 不健全なことをするものなのです 人間らしさゆえでもあります 最悪の場合 愛する者に与える傷は 虐待や暴力という形になって表れ 人間関係における虐待を 女性の3人に1人 男性の4人に1人が 一生のうちに経験します ほとんどの人がそうなのですが こうした統計を聞くと 「いやいや 私には関係ないことだ」 と思うでしょう 「虐待」や「暴力」という言葉を避けて どこかの 誰かに起こることだと 考えるのは本能的な反応です でも実は 不健全な人間関係は すぐそこにあるものなのです ただ そうだとは考えずに 結びつけないだけです 虐待は不健全な愛情という姿で 私たちに忍び寄ってきます

私が働いている One Loveという団体は 元恋人に娘のヤードリーを 殺された遺族が始めたものです 誰も予期しなかった悲劇でした でも 振り返ってみると 危険信号はあったのです 誰もそうと 理解していなかっただけです どうかしてるとか 激情的とか お酒の飲み過ぎだと言って 元恋人の行動は 見逃されてしまったのです 明らかな危険信号であったというのに 遺族はこうした危険信号について 誰かが知っていたら 娘の死を防げたかもと 考えました 現在の私たちの使命は ヤードリーや友人が 知らなかった情報を 広めることです 3つの主たる目標があります 話題にしにくく 話しにくい事柄について 語り合うための言葉を 皆が身につけること 前線にいる友人たちが 手を差し伸べられるようにすること そして よりよく愛する能力を 伸ばすことです

このためには 見逃しやすい 不健全な危険信号を 明らかにすることから 始めるのが大事です 若い人たちと対話をする きっかけになるような コンテンツを生み出すことに 焦点を当てています 私たちのコンテンツは 話題が話題だけに かなり真面目なものが ほとんどです 今日お見せするのは 考えさせられる内容ながら 比較的タッチの軽い 「カップルにまつわる対句」です 不健全な愛情を示す 5つのサインを教えてくれます

1つめは 「熱烈」です

(ビデオ)ブルー:ここ数日 会えなくて寂しかったよ

オレンジ:私も会いたかった (#健全)

ブルー:5分ぶりだよ 長すぎるよ 僕のいないところで 5分も何してたの?

オレンジ:3分でしょ (#不健全)

(ケイティ・フッド)分かりますか? 私は分かります 虐待的な関係は 最初からそうではありません 最初はワクワクして 興奮するものです 熱烈な愛情と感情が 駆け巡り 素晴らしく思えます 宝を探し当てたみたいに 幸運に感じるでしょう 不健全な愛情では この気持ちが徐々に変化します 興奮が 圧倒的な負担になり 息苦しくさえなります 直感的に分かるものです 自分がそう感じるよりも早く 新しい恋人が「愛してる」と 言ってきたり どこにでもついてきて メールや電話攻めにされたりします その日 他の予定があると 知っていながらも あなたの返事が遅いと 相手が苛立ったりします 大事なのは 人間関係の始まり方ではなく どう変化するかです 関係が始まってすぐは 自分の気持ちに 注意を向けることが大切です 親密になるペースに 無理はないですか? 自分が息をつく余裕は ありますか? それから 自分のしたいことを 自分の言葉で言えるよう 練習し始めるのも とても大事です 相手はお願いを 尊重してくれますか?

2つめのサインは「孤立」です

(ビデオ)オレンジ2:後で会おうよ

オレンジ1:月曜は 彼氏と過ごす日なの (#健全)

オレンジ2:後で会おうよ

オレンジ1:月曜は 彼氏と過ごす日なの

オレンジ2:明日は? オレンジ1:火曜もムリ

オレンジ2:水曜は? オレンジ1:ムリ (#不健全)

(ケイティ)孤立は 不健全な愛情のサインとして 最も見逃されやすく 誤解されているものです どうしてかって? 新たな関係はいつでも 一緒に過ごしたいという ― 激しい願望を伴うので 変化に気づきにくいのです 新しい恋人があなたを 友人や家族などの 周囲の支えから 引き離そうとすると 孤立が忍び寄ります 相手を自分に 縛り付けようとするのです こう言われるかもしれません 「なんであいつらと付き合うの? くだらないのに」と 親友をけなされたり 「別れるように仕向けてるよ 私たちに反対なんだ」と 家族をけなされたりします 付き合う前から 知っている人々全員に対して 疑いを向ける種が 孤立によって まかれます 健全な愛情には 自立がつきものです 2人で過ごすことを 好みながらも 前から大切にしている人たちや 活動とも結びつきを保つのです 当初は常に一緒に 過ごすかもしれませんが 時間が経つにつれ 自立が重要になります 友人と過ごす予定を立てて キャンセルしないようにし 相手にも同じようにするよう 促しましょう

3つめの不健全な愛情のサインは 「極端な嫉妬」です

(ビデオ)ブルー2:良いことあったの?

ブルー1:インスタで 彼女にフォローされた! (#健全)

ブルー2:何がそんなに心配なの?

ブルー1:彼女が どこにでもついてくるんだ

(#不健全)

(ケイティ)当初の 幸せな時期を過ぎると 極端な嫉妬に陥ることもあります パートナーの束縛が激しくなって 常にどこで誰といるかを 知りたがったり オンラインでも実生活でも つきまとい始めたりします 極端な嫉妬には 支配欲と不信がついて回ります 誰かに言い寄って 浮気していると頻繁に責めたり 「愛しているのはあなただけだから 心配ない」と言っても 聞く耳を持たなかったりします どんな人間関係にも 嫉妬はつきものですが 極端な嫉妬は 別です 脅迫的で 必死で 怒りに満ちています そんなのは愛情ではありません

4つめは「貶める」ことです

(ビデオ)ブルー:遊ばない? オレンジ:勉強しなきゃ

ブルー:君ならきっと 良い成績をとれるよ (#健全)

ブルー:遊ばない? オレンジ:勉強しなきゃ

ブルー:君なんか どうせ落第だよ 悪い成績しかとれないよ! (#不健全)

(ケイティ)どうでしょう 不健全な愛情では 言葉の暴力が行われます かつては楽しく 明るかった会話が 意地悪で困らせるものになります 傷付くような言い方で からかわれたり あなたをコケにして 笑い話をされたりします 気持ちが傷付いたと 説明しようとすると そんなの大げさだと はねつけるのです 「神経質だな」 「何だって言うんだ」「やめてくれ」 こうした言葉で 黙らされます わかりきったことですが パートナーは味方であるはずです 支えることはあっても 打ちのめすべきではないのです 秘密を守って 誠実であるべきです 自信をつけてくれても 失わせることがあってはなりません

最後の5つめは 「激しやすさ」です

(ビデオ)オレンジ1:別れたら悲しいだろうな

オレンジ2:私もそう思う (#健全)

オレンジ1:別れたら すごく落ち込んじゃう 階段から身投げしちゃう 本当だよ! 止めても無駄だから!

(#不健全)

(ケイティ)頻繁に別れと復縁を繰り返し 感情の起伏が激しいと 緊張感の高まりと同時に 激しやすさも増します 涙ながらの口げんかの後で 感情的な仲直りをしたりします こんなひどいことを言います 「あなたなんか最低 一緒にいる理由も分からない!」 そのすぐ後で 謝って 二度と言わないと約束するのです 関係のジェットコースターに すっかり慣れきっているので 2人の関係が いかに不健全で 危険ですらあるかに 気付けないこともあります

不健全な愛情が 虐待に変わるのに気付くのは とても難しいものです これらのサインが 多く見つかるならば あなたのいる関係が 不健全で危険かもしれないと 言えるでしょう 別れて 離れようと 思うかもしれませんし 不健全な人間関係にある友人には そう言ってしまいがちですが それが最善策とは限りません 別れが暴力の引き金を 引くこともあるのです 虐待を受けそうだったり 実際に受けているならば 専門家に相談して 安全な身の守り方を聞いてください

これは恋愛関係に 限ったことではなく 暴力に限った話でも ありません 不健全な愛情のサインを 理解することで どんな人間関係も チェックし 理解できるのです 友人関係に失望した理由や ある特定の家族と関わる度に 気落ちして 不安な気持ちになる理由を やっと理解することもあるでしょう 自分の熱烈と嫉妬のせいで 同僚を困らせていると 気づき始めることも あるかもしれません 理解することが 改善の第一歩になります 不健全な人間関係をすべて 健全にすることはできません 手放さねばならないものも ありますが 日々改善するよう 努力することはできます 良いニュースをお伝えしましょう そこまで難しいことじゃないのです 開かれた対話 互いへの尊重 親切心 忍耐強さ 毎日実践できることばかりです

実践を続ければ 絶対に上手くなりますが 完璧になることもないと 言い切ることができます 私はこれを仕事にして 毎日 健全な人間関係について 話していますが それでも不健全なことを してしまいます つい先日 4人の子供を 玄関から送り出していると 口々に言い合ったり 口論したり 朝食の文句を言ったりするので 私はキレてしまいました わざと怒った口調で 叫びました 「みんな黙って 言うことを聞いて! 悪い子ばっかり! ゲームもスマホもテレビも デザートも 楽しいことは全部 禁止にしちゃうからね!」

(笑)

共感できる人は?

(拍手)

「激しやすさ」と「貶め」です 長男が振り返って 私にこう言いました 「ママ それは愛情じゃないよ」

(笑)

直後は 私を非難する長男を とっちめたくなりました 本当です でも 気を取り直して 誇らしい気持ちだと 思い直しました 長男に私を立ち止まらせる言葉が あることが誇らしかったのです 我が子全員にどんな扱いを 受けるかについての基準を 知っていてほしいし その基準が満たされなかった時に 単に受け入れるのでなく 言葉と声で表明してほしいです 長いこと 人間関係は 軽い話題とされてきましたが 人間関係を扱うスキルは 人生において とても重要であり 育むのが難しいものです 不健全な愛情のサインを 理解することで 不健全な愛情に陥る危険を 避けられるだけでなく 健全であるための技術を 理解し 実践することで 人生のあらゆる側面が 改善しうるのです 私には確信があります 愛情は本能であり 感情ですが よりよく愛することのできる能力は 時間をかけて育み 改善できるスキルなのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画