TED日本語 - ジョセフ・ゴードン=レヴィット: 注目されたいという欲求は創造性を削ぐ TED Talk

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジョセフ・ゴードン=レヴィット: 注目されたいという欲求は創造性を削ぐ TED Talk

TED Talks

注目されたいという欲求は創造性を削ぐ - TED Talk
How craving attention makes you less creative - TED Talk
ジョセフ・ゴードン=レヴィット
Joseph Gordon-Levitt

内容

ジョセフ・ゴードン=レヴィットは、役者としてのキャリアを通じて、本来以上に多くの注目を集めてきました。しかし、ここ10年の間にソーシャルメディアが爆発的な人気を集めるなか、彼もまた私たちと同じように、中毒になってしまったのだと言います。フォロワーや「いいね!」がもっと欲しいと思っている内に、自分の不十分さばかりが気になり、創造性が減じてしまったのです。新鮮なまでに率直なトークで、彼は注目を集めたいという衝動に基づいた巨大テック企業のビジネスモデルが、私たちの創造性に影響を及ぼしている、と言います。そして注目を集めるよりももっと強力な感覚 ― 注意を向けること ― に目を向けさせてくれます。

Script

First of all, thank you for your attention. There's nothing quite like being in a room full of people like this, where all of you are giving your attention to me. It's a powerful feeling, to get attention. I'm an actor, so I'm a bit of an expert on, well, nothing, really.

(Laughter)

But I do know what it feels like to get attention -- I've been lucky in my life to get a lot more than my fair share of attention. And I'm grateful for that, because like I said, it's a powerful feeling. But there's another powerful feeling that I've also been lucky to experience a lot as an actor. And it's funny, it's sort of the opposite feeling, because it doesn't come from getting attention. It comes from paying attention.

When I'm acting, I get so focused that I'm only paying attention to one thing. Like when I'm on set and we're about to shoot and the first AD calls out "Rolling!" And then I hear "speed," "marker," "set," and then the director calls "Action!" I've heard that sequence so many times, like, it's become this Pavlovian magic spell for me. "Rolling," "speed," "marker," "set" and "action." Something happens to me, I can't even help it. My attention ... narrows. And everything else in the world, anything else that might be bothering me or might grab my attention, it all goes away, and I'm just ... there. And that feeling, that is what I love, that, to me, is creativity. And that's the biggest reason I'm so grateful that I get to be an actor.

So, there's these two powerful feelings. There's getting attention and paying attention. Of course, in the last decade or so, new technology has allowed more and more people to have this powerful feeling of getting attention. For any kind of creative expression, not just acting. It could be writing or photography or drawing, music -- everything. The channels of distribution have been democratized, and that's a good thing.

But I do think there's an unintended consequence for anybody on the planet with an urge to be creative -- myself included, because I'm not immune to this. I think that our creativity is becoming more and more of a means to an end -- and that end is to get attention. And so I feel compelled to speak up because in my experience, the more I go after that powerful feeling of paying attention, the happier I am. But the more I go after the powerful feeling of getting attention, the unhappier I am.

(One person claps)

And -- thanks.

(Laughter)

(Applause)

So this is something that goes way back for me. I think the first time I can remember using my acting to get attention, I was eight years old at summer camp. And I'd been going on auditions for about a year by then, and I'd been lucky to get some small parts in TV shows and commercials, and I bragged about it a lot, that summer at camp. And at first, it worked. The other kids gave me a bunch of extra attention, because I had been on "Family Ties." That's a picture of me on "Family Ties."

(Laughter)

Then, the tide turned -- I think I took it too far with the bragging. And then, the other kids started to make fun of me. I remember there was this one girl I had a crush on, Rocky. Her name was Rachel, she went by Rocky. And she was beautiful, and she could sing, and I was smitten with her, and I was standing there, bragging. And she turned to me and she called me a show-off. Which I 100 percent deserved. But you know, it still really hurt. And ever since that summer, I've had a certain hesitance to seek attention for my acting.

Sometimes, people would ask me, "Wait a minute, if you don't like the attention, then why are you an actor?" And I'd be like, "Because that's not what acting's about, man, it's about the art." And they'd be like, "OK, OK, dude."

(Laughter)

And then Twitter came out. And I got totally hooked on it, just like everybody else, which made me into a complete hypocrite. Because at that point, I was absolutely using my acting to get attention. I mean, what, did I think I was just getting all these followers because of my brilliant tweets? I actually did think that -- I was like --

(Laughter)

"They don't just like me because they saw me in 'Batman,' they like what I have to say, I've got a way with words."

(Laughter)

And then in no time at all, it started having an impact on my dearly beloved creative process. It still does. I try not to let it. But you know, I'd be sitting there, like, reading a script. And instead of thinking, "How can I personally identify with this character?" Or "How is the audience going to relate to this story?" I'm like, "What are people going to say about this movie on Twitter?" And "What will I say back that will be good and snarky enough to get a lot of retweets, but not too harsh, because people love to get offended, and I don't want to get canceled?" These are the thoughts that enter my mind when I'm supposed to be reading a script, trying to be an artist.

And I'm not here to tell you that technology is the enemy of creativity. I don't think that. I think tech is just a tool. It has the potential to foster unprecedented human creativity. Like, I even started an online community called HITRECORD, where people all over the world collaborate on all kinds of creative projects, so I don't think that social media or smartphones or any technology is problematic in and of itself. But ... if we're going to talk about the perils of creativity becoming a means to get attention, then we have to talk about the attention-driven business model of today's big social media companies, right?

(Applause)

This will be familiar territory for some of you, but it's a really relevant question here: How does a social media platform like, for example, Instagram, make money? It's not selling a photo-sharing service -- that part's free. So what is it selling? It's selling attention. It's selling the attention of its users to advertisers. And there's a lot of discussion right now about how much attention we're all giving to things like Instagram, but my question is: How is Instagram getting so much attention?

We get it for them. Anytime somebody posts on Instagram, they get a certain amount of attention from their followers, whether they have a few followers or a few million followers. And the more attention you're able to get, the more attention Instagram is able to sell. So it's in Instagram's interest for you to get as much attention as possible. And so it trains you to want that attention, to crave it, to feel stressed out when you're not getting enough of it. Instagram gets its users addicted to the powerful feeling of getting attention. And I know we all joke, like, "Oh my God, I'm so addicted to my phone," but this is a real addiction. There's a whole science to it. If you're curious, I recommend the work of Jaron Lanier, Tristan Harris, Nir Eyal.

But here's what I can tell you. Being addicted to getting attention is just like being addicted to anything else. It's never enough. You start out and you're thinking, "If only I had 1,000 followers, that would feel amazing." But then you're like, "Well, once I get to 10,000 followers," and, "Once I get to 100 -- Once I get to a million followers, then I'll feel amazing."

So I have 4.2 million followers on Twitter -- it's never made me feel amazing. I'm not going to tell you how many I have on Instagram, because I feel genuine shame about how low the number is, because I joined Instagram after "Batman" came out.

(Laughter)

And I search other actors, and I see that their number is higher than mine, and it makes me feel terrible about myself. Because the follower count makes everybody feel terrible about themselves. That feeling of inadequacy is what drives you to post, so you can get more attention, and then that attention that you get is what these companies sell, that's how they make their money. So there is no amount of attention you can get where you feel like you've arrived, and you're like, "Ah, I'm good now."

And of course, there are a lot of actors who are more famous than I am, have more followers than I do, but I bet you they would tell you the same thing. If your creativity is driven by a desire to get attention, you're never going to be creatively fulfilled.

But I do have some good news. There is this other powerful feeling. Something else you can do with your attention besides letting a giant tech company control it and sell it. This is that feeling I was talking about, why I love acting so much -- it's being able to pay attention to just one thing.

Turns out there's actually some science behind this too. Psychologists and neuroscientists -- they study a phenomenon they call flow, which is this thing that happens in the human brain when someone pays attention to just one thing, like something creative, and manages not to get distracted by anything else. And some say the more regularly you do this, the happier you'll be.

Now I'm not a psychologist or a neuroscientist. But I can tell you, for me, that is very true. It's not always easy, it's hard. To really pay attention like this takes practice, everybody does it their own way. But if there's one thing I can share that I think helps me focus and really pay attention, it's this: I try not to see other creative people as my competitors. I try to find collaborators. Like, if I'm acting in a scene, if I start seeing the other actors as my competitors, and I'm like, "God, they're going to get more attention than I am, people are going to be talking about their performance more than mine" -- I've lost my focus. And I'm probably going to suck in that scene.

But when I see the other actors as collaborators, then it becomes almost easy to focus, because I'm just paying attention to them. And I don't have to think about what I'm doing -- I react to what they're doing, they react to what I'm doing, and we can kind of keep each other in it together. But I don't want you to think it's only actors on a set that can collaborate in this way. I could be in whatever kind of creative situation. It could be professional, could be just for fun. I could be collaborating with people I'm not even in the same room with. In fact, some of my favorite things I've ever made, I made with people that I never physically met.

And by the way, this, to me, is the beauty of the internet. If we could just stop competing for attention, then the internet becomes a great place to find collaborators. And once I'm collaborating with other people, whether they're on set, or online, wherever, that makes it so much easier for me to find that flow, because we're all just paying attention to the one thing that we're making together. And I fell like I'm part of something larger than myself, and we all sort of shield each other from anything else that might otherwise grab our attention, and we can all just be there.

At least that's what works for me. Sometimes. Sometimes -- it doesn't always work. Sometimes, I still totally get wrapped up in that addictive cycle of wanting to get attention. I mean, like, even right now, can I honestly say there's not some part of me here who's like, "Hey, everybody, look at me, I'm giving a TED Talk!"

(Laughter)

There is -- there's, you know, some part. But I can also honestly say that this whole creative process of writing and giving this talk, it's been a huge opportunity for me to focus and really pay attention to something I care a lot about.

So regardless of how much attention I do or don't get as a result, I'm happy I did it. And I'm grateful to all of you for letting me. So thank you, that's it, you can give your attention to someone else now.

Thanks again.

(Applause)

まず ご注目くださり ありがとうございます こんな風に満席の会場にいるのは なかなかの気分です 全員に注目されているなんて 注目を集めるというのは 強力な感覚です 私は役者なので専門は... そうですね 特にありません

(笑)

でも注目されることについては よく知っています 幸運なことに 私は 本来 値する以上に 多くの注目を集めてきました それには感謝しています さっき言った通り すごい気分ですから でも もうひとつ こんな感覚があります 幸い 役者として 何度も経験しました 不思議なことに ほとんど反対の感覚なんです なぜならそれは 注目を集めることではなく 注意を向けることから 感じるものだからです

演じているときは 深く集中しているので たったひとつのことにしか注意を向けません セットに入って 撮影が始まろうとしていると 第1ADの「回りました」の後で 「スピード」「マーカー」「用意」 そして監督が「アクション!」と 声をかけます その流れを何度も耳にしてきたので パブロフの犬の反射のような 魔法の呪文になっています 「回りました」「スピード」「マーカー」 「用意」「アクション」 自分でも無意識のうちに 何かが起こります 自分の注意が... 狭まるんです 世の中の他のことは全部 ― 気になっていることや いつもなら気を取られてしまうことが すべて消え去って ただ 自分がそこに在る その感覚こそが 私が愛してやまないもので それこそが創造性だと思います 役者をやっていて良かったと 思うのは そんな瞬間です

ですから 強力な感覚は 2つあります 注目を集めること そして 注意を向けること もちろん 過去10年間で 新しいテクノロジーのおかげで より多くの人々が 注目を集めることが できるようになりました 演技に限らず クリエイティブな表現を使って 文章や写真や ドローイングや音楽など 色々です 流通のためのチャンネルが 民主化され それ自体はいいことです

でも 創造的でありたいと願う すべての人にとって 予期せぬ影響があったのではないかと 思わずにいられません 私自身もそうです 無関係ではありません 私たちの創造性が だんだんと ある目的のための 手段になっていると思います その目的とは 注目を集めることです だから 声を上げずには いられません 私の経験から言うと 注意を向けることで得られる感覚を 追い求めれば そうするほど 幸せを感じるからです 注目を集めることで得られる感覚を 追い求めれば そうするほど むなしい気持ちになります

(1人が拍手する)

ですから ― ありがとう

(笑)

(拍手)

この話は ずっと昔に さかのぼります 覚えている限り 役者であることを 注目を集めるのに 初めて利用したのは 8歳の時のサマーキャンプでした オーディションを受けるようになって 1年が経った頃で ラッキーなことに テレビ番組やコマーシャルで 小さな役をもらっていました サマーキャンプでは それを やたらに自慢しました 最初は 上手くいきました 他の子どもたちに もっと注目されたんです 『ファミリータイズ』に 出ていたからです 当時の写真です

(笑)

でも 雲行きが変わります 自慢しすぎたんでしょうね 他の子どもたちに からかわれ始めました ちょっと気になっていた ロッキーという女の子を覚えています 名前はレイチェルで 愛称がロッキーでした かわいくて 歌が上手くて 彼女に夢中な私は 自慢ばかりしていました 彼女は私の方を向いて 「目立ちたがり屋」と言ったのです 100% その通りです でも すごく傷付きました その夏以来 役者であることで注目を集めるのを ためらうようになりました

こう聞かれることもありました 「待って 注目されたくないなら なんで役者をやってるの?」 その頃の私は 「役者は注目されるためじゃなくて 芸術なんだってば!」 すると「わかったよ」と

(笑)

そこに Twitter が登場しました 他の人と同じように 私もすっかりハマりました すっかり偽善者になったわけです だって その時には 役者であることを利用して 注目を集めていたんですから どう考えたって こんなに たくさんフォロワーがいるのは 気の利いたツイートの おかげなんかじゃない そう思ったこともありましたが ―

(笑)

「フォローされるのは 『バットマン』に出てたからじゃない 発言が気に入られるからだ 僕が良いことを言うからさ」

(笑)

それから まもなく 私がこよなく愛する創作過程にも 影響するようになりました 今もそうです そうならないようにしますが 座って 台本を読んでいるとします 本来はこう考えるべきです 「どうしたら この役と 共通点を見いだせるか?」 「観客はこの物語を どう捉えるだろうか?」 そうではなく「この映画のことを Twitter でなんてつぶやこう?」 「なんて返信しようか? たくさんリツイートされるように 気が利いてて 適度に無愛想で 辛辣すぎないのがいいな みんな傷付きたくないし 仕事をキャンセルされたくないからね」 こんな考えがよぎります 台本を読んで アーティストであろうとすべきなのに

だからといって テクノロジーが創造性の敵だ とは言いません そうは思いません テクノロジーはツールです かつてないほどに人間の創造性を 高めうる可能性があります 私だって HITRECORD という オンラインコミュニティを作りました 世界中の人々が 様々なクリエイティブな企画で 協力できます ですから ソーシャルメディアや スマホなどのテクノロジーそれ自体が 問題だとは思いません でも ... 創造性が 注目を集めるための手段に なってしまう危険性を 語るのであれば 現代の巨大ソーシャルメディア企業の 注目を集めたい衝動に基づいた ― ビジネスモデルについて 語らねばなりません

(拍手)

よく見知ったことだと 言う人もいるでしょうが 非常に実際的な意味のある問題です 例えば Instagramのような ソーシャルメディアは どうやって利益を得ているのか? 写真共有サービスを 販売してはいません それは無料です 何を売っているのか? 「注目」を売ってるんです ユーザーの注目を 広告主に売っているんです 私たちが Instagram のようなものに 大量の時間を割いていることについては 多くの議論がなされていますが 私の疑問は こうです どうやって Instagram は こんなに注目を集めているのか?

私たちが 与えているんです 誰かが Instagram に 何かを投稿すると フォロワーから 一定の注目を集めます フォロワーが数人でも 数百万人でも一緒です 皆さんが より多くの注目を集めれば Instagram はより多くの 注目を売ることができます 皆さんが できるだけ たくさん注目を引くことが Instagram の利益になる というわけです だから 注目を欲しがり 渇望するように仕向けられ 注目されないと イライラするようになるのです Instagram は ユーザーを 注目を集めるという 強力な感覚におぼれさせます よく冗談で言いますよね 「あーあ すっかりスマホ中毒だよ」って でも これは本当に中毒なんです 科学的裏付けもあります 興味があるなら ジャロン・ラニアーや トリスタン・ハリス ニール・イヤールの本を薦めます

でも これだけは言えます 注目を集めることへの中毒は 他のものの中毒になるのと 全く同じことです 決して満たされません 最初はこう思うかもしれません 「フォロワーが1,000人いたら 気分がいいだろうな」 でも そのうちに「いや フォロワーが1万人になったら」 「10万人になったら ― 」 「フォロワーが100万人になったら 気分がいいだろうな」

私は Twitter で420万人に フォローされていますが だからって 気分がよくはありません Instagram のフォロワー数は お教えしません フォロワーの少なさを 心から恥ずかしく思うからです 『バットマン』の公開後に 始めたものですから

(笑)

他の役者を検索して 自分よりフォロワーが 多いのを見ると 自分はダメだと思います なぜなら フォロワー数というのは 全員に自分をダメだと 思わせるものだからです 自分を不十分だと思う気持ちが 投稿を促し 注目を集めようと思わせます 皆さんの集めた注目を 会社が販売して それで稼いでいるんです ですから どれだけ注目を集めても ついにやったぞ という気持ちには ― 「ああ これでよし」とは ならないのです

もちろん 私より有名で フォロワーの多い役者は 大勢いますが きっと 同じことを言うでしょう あなたの創造性が注目を集めたいという 願望に突き動かされるなら その創造性が 満たされることはありません

でも 良い知らせがあります 強力な感情は もうひとつあるんです あなたの注目の使い道は 巨大テック企業に支配され 販売される以外にもあるんです 先程お話ししていた 演じることが大好きな理由です ただひとつのことに 注意を向けられるということです

これにも科学的裏付けが あるということが分かりました 心理学者や神経科学者は 「フロー」という現象を 研究しています これは人の脳内で起こる現象で 人が ただひとつ ― 例えばクリエイティブなことに 注意を向けていて 他のことで気が散らないときに 脳で起こる現象です より頻繁にこれを経験すると より幸せを感じると言う人もいます

私は心理学者でも 神経科学者でもありませんが 心から真実だと思います いつも簡単にできるわけではないし 大変です しっかり注意を向けることには 練習が必要ですし やり方もそれぞれでしょう 集中して しっかり注意を向けるために お伝えできることがあるとすれば こんなことです 他のクリエイティブな人たちを 競争相手だと思わないことです 協力できる人を探します 例えば あるシーンの撮影で 他の役者を競争相手だと 考えたら こう思うでしょう 「彼らの方が自分より注目されたら 自分よりも彼らの演技の方が 話題になってしまう」 集中が途切れます そのシーンの出来は きっと散々でしょう

他の役者を 協力できる相手だと考えるなら 集中することが 容易になります 彼らに注意を向けるだけだからです 自分のやることを 考える必要はなく 私は彼らに反応して 彼らは私に反応することで 共にその場に在ることができます こんな風に協力できるのが セットで演じる役者だけだとは 考えてほしくありません どんなクリエイティブな場でも ありえるでしょう 仕事かもしれませんし 趣味かもしれません 同じ場所に居合わせない人と 協力することだってできるでしょう 気に入っている作品の中には 顔を合わせたことがない人と 作ったものもあります

ところで それこそが インターネットの醍醐味です 注目を集める競争をやめれば インターネットは協力できる相手を 探すのに素晴らしい場所になります 他の人と協力し始めれば それがセットであれ ネットであれ どこであれ ずっと容易にフローを 見いだすことができます なぜなら 一緒に作っているもの ― ただそれだけに 皆が 注意を向けているからです 自分より大きな何かの一部に なったような気持ちになります 気をそらされるものから お互いを守り合っているような気持ちで ただ そこに在ることができます

少なくとも 私はそうです 時には 時には ― いつも上手くはいきません 注目を集めたいという 中毒状態のサイクルに 入ってしまうこともあります だって 今この瞬間も こう言っている自分が どこかにいないとは言い切れません 「ねえ みんな見てよ TEDでトークしてるんだぜ!」

(笑)

いますとも どこかにはね ですが 心からこう思います このトークを考え お話しするという 創造的なプロセスは 自分が本当に大切に思っていることに 集中し 注意を向けるという 素晴らしい機会になりました

ですから これによって どれだけ注目されようが されまいが やって良かったと思います お話しさせてくださったことに 感謝します ありがとうございます 以上です 他の誰かに注意を向けていいですよ

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画