TED日本語 - イワン・バーン: 創造的な家が見つかる場所

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - イワン・バーン: 創造的な家が見つかる場所

TED Talks

創造的な家が見つかる場所
Ingenious homes in unexpected places
イワン・バーン
Iwan Baan

内容

トーレ・デ・ダビはベネズエラ、カラカスの中心に建つ45階建ての未完の廃ビルです。8年前から、人々がこのビルに移り住み始めました。写真家イワン・バーンが、トーレ・デ・ダビのアパートや、ナイジェリアにある水上の街、中国の地下の村などを案内しつつ、どのように人々が思いもよらない場所に家を建てているかを教えてくれます。これらの素晴らしい写真の数々は、人がどんな環境でも生活できること、家を作れることを物語っています。

Script

Throughout my career, I've been fortunate enough to work with many of the great international architects, documenting their work and observing how their designs have the capacity to influence the cities in which they sit. I think of new cities like Dubai or ancient cities like Rome with Zaha Hadid's incredible MAXXI museum, or like right here in New York with the High Line, a city which has been so much influenced by the development of this.

But what I find really fascinating is what happens when architects and planners leave and these places become appropriated by people, like here in Chandigarh, India, the city which has been completely designed by the architect Le Corbusier. Now 60 years later, the city has been taken over by people in very different ways from whatever perhaps intended for, like here, where you have the people sitting in the windows of the assembly hall. But over the course of several years, I've been documenting Rem Koolhaas's CCTV building in Beijing and the olympic stadium in the same city by the architects Herzog and de Meuron. At these large-scale construction sites in China, you see a sort of makeshift camp where workers live during the entire building process. As the length of the construction takes years, workers end up forming a rather rough-and-ready informal city, making for quite a juxtaposition against the sophisticated structures that they're building.

Over the past seven years, I've been following my fascination with the built environment, and for those of you who know me, you would say that this obsession has led me to live out of a suitcase 365 days a year. Being constantly on the move means that sometimes I am able to catch life's most unpredictable moments, like here in New York the day after the Sandy storm hit the city.

Just over three years ago, I was for the first time in Caracas, Venezuela, and while flying over the city, I was just amazed by the extent to which the slums reach into every corner of the city, a place where nearly 70 percent of the population lives in slums, draped literally all over the mountains. During a conversation with local architects Urban-Think Tank, I learned about the Torre David, a 45-story office building which sits right in the center of Caracas. The building was under construction until the collapse of the Venezuelan economy and the death of the developer in the early '90s. About eight years ago, people started moving into the abandoned tower and began to build their homes right in between every column of this unfinished tower. There's only one little entrance to the entire building, and the 3,000 residents come in and out through that single door. Together, the inhabitants created public spaces and designed them to feel more like a home and less like an unfinished tower. In the lobby, they painted the walls and planted trees. They also made a basketball court. But when you look up closely, you see massive holes where elevators and services would have run through.

Within the tower, people have come up with all sorts of solutions in response to the various needs which arise from living in an unfinished tower. With no elevators, the tower is like a 45-story walkup. Designed in very specific ways by this group of people who haven't had any education in architecture or design. And with each inhabitant finding their own unique way of coming by, this tower becomes like a living city, a place which is alive with micro-economies and small businesses. The inventive inhabitants, for instance, find opportunities in the most unexpected cases, like the adjacent parking garage, which has been reclaimed as a taxi route to shuttle the inhabitants up through the ramps in order to shorten the hike up to the apartments.

A walk through the tower reveals how residents have figured out how to create walls, how to make an air flow, how to create transparency, circulation throughout the tower, essentially creating a home that's completely adapted to the conditions of the site. When a new inhabitant moves into the tower, they already have a roof over their head, so they just typically mark their space with a few curtains or sheets. Slowly, from found materials, walls rise, and people create a space out of any found objects or materials.

It's remarkable to see the design decisions that they're making, like when everything is made out of red bricks, some residents will cover that red brick with another layer of red brick-patterned wallpaper just to make it a kind of clean finish.

The inhabitants literally built up these homes with their own hands, and this labor of love instills a great sense of pride in many families living in this tower. They typically make the best out of their conditions, and try to make their spaces look nice and homey, or at least up until as far as they can reach. Throughout the tower, you come across all kinds of services, like the barber, small factories, and every floor has a little grocery store or shop. And you even find a church. And on the 30th floor, there is a gym where all the weights and barbells are made out of the leftover pulleys from the elevators which were never installed. From the outside, behind this always-changing facade, you see how the fixed concrete beams provide a framework for the inhabitants to create their homes in an organic, intuitive way that responds directly to their needs.

Let's go now to Africa, to Nigeria, to a community called Makoko, a slum where 150,000 people live just meters above the Lagos Lagoon. While it may appear to be a completely chaotic place, when you see it from above, there seems to be a whole grid of waterways and canals connecting each and every home. From the main dock, people board long wooden canoes which carry them out to their various homes and shops located in the expansive area. When out on the water, it's clear that life has been completely adapted to this very specific way of living. Even the canoes become variety stores where ladies paddle from house to house, selling anything from toothpaste to fresh fruits. Behind every window and door frame, you'll see a small child peering back at you, and while Makoko seems to be packed with people, what's more shocking is actually the amount of children pouring out of every building. The population growth in Nigeria, and especially in these areas like Makoko, are painful reminders of how out of control things really are.

In Makoko, very few systems and infrastructures exist. Electricity is rigged and freshest water comes from self-built wells throughout the area. This entire economic model is designed to meet a specific way of living on the water, so fishing and boat-making are common professions. You'll have a set of entrepreneurs who have set up businesses throughout the area, like barbershops, CD and DVD stores, movie theaters, tailors, everything is there. There is even a photo studio where you see the sort of aspiration to live in a real house or to be associated with a faraway place, like that hotel in Sweden.

On this particular evening, I came across this live band dressed to the T in their coordinating outfits. They were floating through the canals in a large canoe with a fitted-out generator for all of the community to enjoy.

By nightfall, the area becomes almost pitch black, save for a small lightbulb or a fire.

What originally brought me to Makoko was this project from a friend of mine, Kunle Adeyemi, who recently finished building this three-story floating school for the kids in Makoko. With this entire village existing on the water, public space is very limited, so now that the school is finished, the ground floor is a playground for the kids, but when classes are out, the platform is just like a town square, where the fishermen mend their nets and floating shopkeepers dock their boats.

Another place I'd like to share with you is the Zabbaleen in Cairo. They're descendants of farmers who began migrating from the upper Egypt in the '40s, and today they make their living by collecting and recycling waste from homes from all over Cairo. For years, the Zabbaleen would live in makeshift villages where they would move around trying to avoid the local authorities, but in the early 1980s, they settled on the Mokattam rocks just at the eastern edge of the city. Today, they live in this area, approximately 50,000 to 70,000 people, who live in this community of self-built multi-story houses where up to three generations live in one structure. While these apartments that they built for themselves appear to lack any planning or formal grid, each family specializing in a certain form of recycling means that the ground floor of each apartment is reserved for garbage-related activities and the upper floor is dedicated to living space. I find it incredible to see how these piles and piles of garbage are invisible to the people who live there, like this very distinguished man who is posing while all this garbage is sort of streaming out behind him, or like these two young men who are sitting and chatting amongst these tons of garbage. While to most of us, living amongst these piles and piles of garbage may seem totally uninhabitable, to those in the Zabbaleen, this is just a different type of normal. In all these places I've talked about today, what I do find fascinating is that there's really no such thing as normal, and it proves that people are able to adapt to any kind of situation. Throughout the day, it's quite common to come across a small party taking place in the streets, just like this engagement party. In this tradition, the bride-to-be displays all of their belongings, which they soon bring to their new husband. A gathering like this one offers such a juxtaposition where all the new stuff is displayed and all the garbage is used as props to display all their new home accessories. Like Makoko and the Torre David, throughout the Zabbaleen you'll find all the same facilities as in any typical neighborhood. There are the retail shops, the cafes and the restaurants, and the community is this community of Coptic Christians, so you'll also find a church, along with the scores of religious iconographies throughout the area, and also all the everyday services like the electronic repair shops, the barbers, everything.

Visiting the homes of the Zabbaleen is also full of surprises. While from the outside, these homes look like any other informal structure in the city, when you step inside, you are met with all manner of design decisions and interior decoration. Despite having limited access to space and money, the homes in the area are designed with care and detail. Every apartment is unique, and this individuality tells a story about each family's circumstances and values. Many of these people take their homes and interior spaces very seriously, putting a lot of work and care into the details. The shared spaces are also treated in the same manner, where walls are decorated in faux marble patterns.

But despite this elaborate decor, sometimes these apartments are used in very unexpected ways, like this home which caught my attention while all the mud and the grass was literally seeping out under the front door. When I was let in, it appeared that this fifth-floor apartment was being transformed into a complete animal farm, where six or seven cows stood grazing in what otherwise would be the living room. But then in the apartment across the hall from this cow shed lives a newly married couple in what locals describe as one of the nicest apartments in the area.

The attention to this detail astonished me, and as the owner of the home so proudly led me around this apartment, from floor to ceiling, every part was decorated. But if it weren't for the strangely familiar stomach-churning odor that constantly passes through the apartment, it would be easy to forget that you are standing next to a cow shed and on top of a landfill. What moved me the most was that despite these seemingly inhospitable conditions, I was welcomed with open arms into a home that was made with love, care, and unreserved passion.

Let's move across the map to China, to an area called Shanxi, Henan and Gansu. In a region famous for the soft, porous Loess Plateau soil, there lived until recently an estimated 40 million people in these houses underground. These dwellings are called the yaodongs. Through this architecture by subtraction, these yaodongs are built literally inside of the soil. In these villages, you see an entirely altered landscape, and hidden behind these mounds of dirt are these square, rectangular houses which sit seven meters below the ground. When I asked people why they were digging their houses from the ground, they simply replied that they are poor wheat and apple farmers who didn't have the money to buy materials, and this digging out was their most logical form of living.

From Makoko to Zabbaleen, these communities have approached the tasks of planning, design and management of their communities and neighborhoods in ways that respond specifically to their environment and circumstances. Created by these very people who live, work and play in these particular spaces, these neighborhoods are intuitively designed to make the most of their circumstances. In most of these places, the government is completely absent, leaving inhabitants with no choice but to reappropriate found materials, and while these communities are highly disadvantaged, they do present examples of brilliant forms of ingenuity, and prove that indeed we have the ability to adapt to all manner of circumstances. What makes places like the Torre David particularly remarkable is this sort of skeleton framework where people can have a foundation where they can tap into. Now imagine what these already ingenious communities could create themselves, and how highly particular their solutions would be, if they were given the basic infrastructures that they could tap into.

Today, you see these large residential development projects which offer cookie-cutter housing solutions to massive amounts of people. From China to Brazil, these projects attempt to provide as many houses as possible, but they're completely generic and simply do not work as an answer to the individual needs of the people.

I would like to end with a quote from a friend of mine and a source of inspiration, Zita Cobb, the founder of the wonderful Shorefast Foundation, based out of Fogo Island, Newfoundland. She says that "there's this plague of sameness which is killing the human joy," and I couldn't agree with her more.

Thank you.

(Applause)

キャリアを通じて 私は幸運にも世界中のすぐれた建築家の 仕事を記録し 彼らの仕事がどのように 都市に影響を及ぼすか 観察することができました ドバイのような新しい都市や ローマのような古代都市に建つ ザハ・ハディッドの 国立21世紀美術館 そして ここ ニューヨークは ハイラインの開発によって 大いに影響を受けました

しかし 私が最も感銘を受けるのは 建築家や都市開発者が去ったときに 人々が都市を作り変えることです 例えば インドのチャンディーガルは 建築家ル・コルビュジエが 隅々まで設計した都市です それから 60年を経た今人々は街を 当初設計された目的とは 全く別の方向で使用しています 例えば この人たちは 集会所の窓を椅子代わりにしています また 数年間にわたって北京に建てられた レム・コールハースの 中国中央電視台本部ビルや ヘルツォーク&ド・ムーロンの オリンピックスタジアムの建設現場を追いました これら中国の大規模な建設現場では 労働者が 建設期間中 住みこむための臨時宿泊施設を作ります 建設期間が何年にもわたると 雑然としていながらも街としての機能を備えた 労働者の集落ができます 彼らが建築している洗練された建物とは対照的です

この7年間 私は 作られた環境の魅力にとりつかれてきました 私を知っている人なら「そんなものに魅せられているから 年中スーツケース暮らしなんだ」と言うでしょう 常に移動しているということは 非日常を捉える機会に恵まれているということでもあります 例えばここ ニューヨークが ハリケーン・サンディに襲われた翌日などです

3年前 私は初めてベネズエラのカラカスに行きました 上空から街を見て 私は 隅々までスラムが 広がっていることに驚きました この街では人口の70%が 文字通り 山を覆っている スラムに住んでいます 地元の建築家やシンクタンクの方から トーレ・デ・ダビの話を聞きました カラカスの中心に位置する 45階建てのオフィスビルです このビルは 90年代初頭に ベネズエラの経済が崩壊し 開発者が亡くなるまで建設が続けられていました 8年ほど前からこの廃墟ビルに 人々が移り住み始め― この作りかけのビルの 支柱の間に家を作り始めたのです この建物には 小さな入口が1つあるだけで そこを 3,000人もの住人が 1つのドアから出入りします 住人たちは 力を合わせて共同のスペースを作り 未完成のビルではなく 居心地の良い家になるよう工夫しています ロビーの壁を塗り替え木を植えました バスケットボールコートも作られました しかし よく見ると エレベーターなどの機能があったはずのところに 穴が開いていることがわかります

この未完成のタワーで 生活していく上で 出てくる諸問題に対して 住人たちは様々な解決策を編み出しました このタワーは 建築や設計に関する知識のない 住人たち自身により 独特のやり方で設計されたエレベーターのない 45階建のビルです 住人たちがそれぞれ独自の適応方法を見出すことで このタワーはミクロ経済と中小ビジネスが活発な 生きた街のようになるのです 才のある人たちは 予想もしないところに商機を見出します 例えば この立体駐車場は 住人たちが部屋まで歩く距離を 短くするための タクシーの通り道になりました

タワーの中を散策すると 住人たちが どのようにして タワーの内部に仕切りや換気ルートを作り 内部の透明性や物流を 確保したかを見ることができます すなわち 与えられた環境に 完全に適応した家を作り出したのです タワーに新しく越してくる人は 屋根はすでにあるので 住みたい場所を カーテンや敷物で区切ります そして徐々に 拾いものを使って 壁が作られありあわせのもので出来た スペースが出来上がります

デザインをする上での彼らの下す決断には目を見張ります 例えば 赤い煉瓦で家が出来ている場合 煉瓦の上に さらに煉瓦の模様の壁紙を貼って 綺麗に見えるようにする人たちもいます

この住人たちは文字通り 自らの手で家を建てます そして この愛情に満ちた努力が このタワーに住む多くの家族の誇りになるのです 彼らは与えられた環境の中で 自分たちのスペースをなるべく 綺麗で居心地よくしようとします タワーの中では 色々なサービスを 目にします たとえば理髪店や 小さな工房 そして各階に 小さな食料品店や店があります 教会さえあります 30階にはジムがあり 重りやバーベルには 備え付けられることのなかった エレベーターの滑車を使っています 外から見ると 目まぐるしく変わる外観の裏で 固定されたコンクリートの梁が 自分たちの必要に合わせて 住人たちが 自然な直感に従い家を建てるための 枠組みになっていることがわかります

さて アフリカはナイジェリアの マココというコミュニティーに話を移しましょう ラゴス・ラグーンの水上で 15万人の人々が生活をしているスラムです 完全に秩序のないところに見えるかもしれませんが 上空から見ると 何やら 全ての家をつなぐ整然とした 水路と運河が見えます 人々はメインデッキから長い木のカヌーに乗り 自分の家やお店のある 広大な地域を移動します 水上に出れば 彼らの生活が この特別な生活様式に 完全に順応しているとわかります カヌーが雑貨店となって 女性たちが家から家へと 歯みがき粉から果物まで何でも売りまわっています 窓やドアの向こうから 幼い子供たちがこちらを覗き見ており マココは人で溢れている一方で 実は 何より驚くのが 全ての建物が子供で溢れていることです 特にマココのような地域でのナイジェリアの人口増加は 物事が手に負えない状態に なってきていることを象徴しています

マココでは ほとんどインフラ設備が整っていません 電力は間に合わせ程度で新鮮な水は あちこちに作られた自作の井戸からしか手に入りません ここの経済活動は全て 水上での生活に適応してきたため 漁業やボート作りが 一般的な職業です この地域にビジネスを構える 実業家たちもいて 理髪店やCD・DVDショップ 映画館や仕立て屋などあらゆるものが揃っています 写真館まであり そこを覗けば 陸上の家に住みたいという憧れや スウェーデンのホテルのような遠い場所への憧れが垣間見えます

この夜はたまたま お揃いのTシャツを着た バンドに遭遇することができました 彼らは運河の中を 発電機を乗せた大きなカヌーで移動しながら コミュニティーの人々を楽しませていました

日が沈むと あたりはほぼ真っ暗です 小さな電球や 松明の灯りを除けば

私がマココを訪れたそもそもの理由は 友人のクンレ・アデイェミが マココの子供たちのために立ち上げた 三階建ての水上校舎を作る プロジェクトに参加するためでした 村全体が水上に作られているため 公共の場は限られていたのですが この学校が出来たおかげで 1階は子供たちの遊び場になりました 学校が終われば 甲板は町の広場さながら 漁師たちが網を直し 水上の商人が船を泊める場所になります

次に ご紹介するのは カイロに住むザバリーンです 彼らは40年代に北エジプトから 移住してきた農民の子孫です 現在 彼らは カイロの住人から収集したゴミをリサイクルして 生計を立てています 長年の間 ザバリーンの人々は仮設の村に住み 地方行政を避けるため 遊牧民のような生活をしてきました しかし 1980年代初頭に カイロの東の辺境に位置する モカタム岩に定住しました 現在 この地域には 5万から7万人の人々が住んでいます 彼らは自分たちで建てた 複数階の家に住み 多くて3世代までがひとつ屋根の下に暮らしています 彼らが建てたアパート群を見ると 計画性や正式な区分けがないように思えますが それぞれの家庭がある種のリサイクル事業に特化していて 各アパートの1階は リサイクル用のゴミ置き場に そして 上の階は生活スペースと決まっているのです ここの住人たちが まるで ゴミの山がないかのように生活しているのはすごいと思います 例えば この威厳のある男性はゴミが背後から 溢れ出している中でポーズをとってくれました そして この二人の青年は 大量のゴミに囲まれながら座っておしゃべりをしています 私たちのほとんどは これだけのゴミに囲まれては 暮らせないでしょうが ザバリーンの人々にとって この状態は普通なのです 今日紹介した これらの場所を見ると 実は「普通」などないということに 感銘を受けます そして 人はどのような環境にも 適応できることを証明しています 一日を通して 婚約パーティーのような小規模なパーティーに 路上で行き会うことがあります ここの伝統では 花嫁になる女性が 花婿の男性のもとに持っていく 全ての持ちものを展示するのです このような集まりは興味深い対比を浮き彫りにします 新品が飾られている一方で 新居の調度品を展示するための 小道具としてゴミが混在しているのです マココやトーレ・デ・ダビのように ザバリーンにも 典型的な町にある施設は全て揃っています 販売店やカフェ レストランなどそしてこのコミュニティは キリスト教コプト派なので 教会はもちろんのこと 至るところで宗教関連の図像を 目にすることができます あらゆる日常のサービス― 電化製品の修理店や 理髪店まで 何でもあります

ザバリーンの家々を訪ねると さらなる驚きが待っています 外から見ると これらの家は街のどこにでもある 手作りの建造物ですが 一歩足を踏み入れると多様な部屋の設計と 内装を見ることができます 空間もお金も限られているにもかかわらず この地域の家は緻密に注意深く 設計・装飾されています アパートはそれぞれ個性的で 各家庭が置かれている環境 そして大切にしている価値観を物語っています 多くの人は自分の家と その内装に関して真剣で細部までこだわり 労力と気配りを惜しみません 共有スペースにも同じようにこだわりが見られ 壁が大理石調に塗られたりしています

しかし これらの手の込んだ装飾とは裏腹に これらのアパートは時折予期せぬ使われ方をしています 例えば 私の注意を引いたのは 泥や草が文字通り 玄関からはみ出ている部屋でした 中に入れてもらうと どうやらこの5階建てアパートは 畜産場に改造されていたようです 6~7頭の牛が元々 リビングだった部屋で草を食べていました しかし この牛小屋の向かいにある 部屋には新婚の夫婦が住んでおり 地元の人曰く この地域で最も素敵なアパートらしいです

細部に凝った装飾には驚きました この家の主人が誇らしげに 案内してくれたアパートの中は 床から天井まで装飾が施されていました もし 変に嗅いだ覚えのある 気持ちの悪くなるような臭いさえ 部屋の中に入ってこなければ 牛小屋の隣 かつ ゴミの埋め立て地の上にいることは 簡単に忘れることが出来るでしょう さらに私を感動させたのはこの一見― 住むのに適さない環境の中でも 彼らは私を 愛情と気配り そして惜しみない情熱が注がれた家に あたたかく迎え入れてくれたことでした

少しまた場所を変えて 中国の 山西省 河南省 甘粛省を見てみましょう 柔らかく多孔性の黄土高原の 土で有名なこの地域では ごく最近まで約4千万人が地中の家に住んでいました この住居はヤオドンと呼ばれています この引き算の建築物 ヤオドンは文字通り地面に埋め込まれています これらの村では 完全に人工的に作られた光景を目にします これらの土山に隠れているのは 地下7メートルに位置する 正方形や長方形の家です なぜ このように家を地中に 作るのかと尋ねると 貧しい小麦やリンゴ農家である 彼らには建築資材を 買うお金がなく土を掘り出すことが 最も合理的な暮らし方なのだと答えました

マココからザバリーンまでこれらのコミュニティーは 自分たちや近隣の地域の 計画や設計 管理を 自らが置かれた 環境や状況に上手く適応する形で行っていました これらの特殊な空間に 暮らし 働き 遊ぶ人々によって作られているため こうした地域はその環境を十分生かすように 直感的に設計されています これらの地域のほとんどは 無政府状態で 住人達には あるものだけで生活する以外の選択肢はありません これらの地域は不利益を被っている一方で 素晴らしい創造性を示しており 私たちには どんな状況にも 適応する能力があることを証明してくれています トーレ・デ・ダビのような場所が 特に注目に値するのは このような骨組みだけの構造物が 人々が創造力を発揮する 基礎を提供するからです もし このすでに創造力あふれたコミュニティーが 基本的なインフラを与えられたら 何を生み出しどれほど的確な解決策を― 見出すか想像してみてください

現在では 大勢の人々に 規格化された住宅を提供する 大規模な住宅開発計画を目にします 中国からブラジルまで これらの計画は なるべく多くの住居を提供しようとしていますが それらの住居は極めて典型的で 人々の個々の要求に応えうる 解決策にはなりえません

最後に 私の友人であり インスピレーションの源である ジータ・コブというニューファンドランドの フォーゴ島を拠点にする ショアファスト基金の創設者の言葉を引用したいと思います 彼女はこう言いました「均一性という病が― 生きる喜びを奪っている」 まさにその通りだと思います

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画