TED日本語 - チャールズ・ロバートソン: 次はアフリカ―急成長を迎える大陸

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - チャールズ・ロバートソン: 次はアフリカ―急成長を迎える大陸

TED Talks

次はアフリカ―急成長を迎える大陸
Africa's next boom
チャールズ・ロバートソン
Charles Robertson

内容

この10年、アフリカ大陸は、緩やかで着実な経済成長を遂げてきました。でも、経済学者のチャールズ・ロバートソンは、「アフリカは今にも急成長する」と大胆な主張を展開します。アフリカにおける教育レベルの向上から、(中国からだけではなく)世界中から集まる多大な投資まで、いくつかの指標をひも解きながら、想像以上に早い10億人への急成長がもたらされると予測します。

Script

Africa is booming. Per capita incomes since the year 2000 have doubled, and this boom is impacting on everyone. Life expectancy has increased by one year every three years for the last decade. That means if an African child is born today, rather than three days ago, they will get an extra day of life at the end of their lifespan. It's that quick. And HIV infection rates are down 27 percent: 600,000 less people a year are getting HIV in sub-Saharan Africa. The battle against malaria is being won, with deaths from malaria down 27 percent, according to the latest World Bank data. And malaria nets actually are playing a role in that. This shouldn't surprise us, because actually, everybody grows. If you go back to Imperial Rome in the Year 1 A.D., there was admittedly about 1,800 years where there wasn't an awful lot of growth. But then the people that the Romans would have called Scottish barbarians, my ancestors, were actually part of the Industrial Revolution, and in the 19th century, growth began to accelerate, and you saw that get quicker and quicker, and it's been impacting everyone. It doesn't matter if this is the jungles of Singapore or the tundra of northern Finland. Everybody gets involved. It's just a matter of when the inevitable happens.

Among the reasons I think it's happening right now is the quality of the leadership across Africa. I think most of us would agree that in the 1990s, the greatest politician in the world was African, but I'm meeting brilliant people across the continent the entire time, and they're doing the reforms which have transformed the economic situation for their countries.

And the West is engaging with that. The West has given debt forgiveness programs which have halved sub-Saharan debt from about 70 percent of GDP down to about 40. At the same time, our debt level's gone up to 120 and we're all feeling slightly miserable as a result. Politics gets weaker when debt is high. When public sector debt is low, governments don't have to choose between investing in education and health and paying interest on that debt you owe. And it's not just the public sector which is looking so good. The private sector as well. Again, in the West, we have private sector debt of 200 percent of GDP in Spain, the U.K., and the U.S. That's an awful lot of debt. Africa, many African countries, are sitting at 10 to 30 percent of GDP. If there's any continent that can do what China has done -- China's at about 130 percent of GDP on that chart -- if anyone can do what China has done in the last 30 years, it'll be Africa in the next 30.

So they've got great government finances, great private sector debt. Does anyone recognize this? In fact, they do. Foreign direct investment has poured into Africa in the last 15 years. Back in the '70s, no one touched the continent with a barge pole. And this investment is actually Western-led. We hear a lot about China, and they do lend a lot of money, but 60 percent of the FDI in the last couple of years has come from Europe, America, Australia, Canada. Ten percent's come from India. And they're investing in energy. Africa produces 10 million barrels a day of oil now. It's the same as Saudi Arabia or Russia. And they're investing in telecoms, shopping malls. And this very encouraging story, I think, is partly demographic-led. And it's not just about African demographics. I'm showing you the number of 15- to 24-year-olds in various parts of the world, and the blue line is the one I want you to focus on for a second. Ten years ago, say you're Foxconn setting up an iPhone factory, by chance. You might choose China, which is the bulk of that East Asian blue line, where there's 200 million young people, and every year until 2010 that's getting bigger. Which means you're going to have new guys knocking on the door saying, "Give us a job," and, "I don't need a big pay rise, just please give me a job." Now, that's completely changed now. This decade, we're going to see a 20- to 30-percent fall in the number of 15- to 24-year-olds in China. So where do you set up your new factory? You look at South Asia, and people are. They're looking at Pakistan and Bangladesh, and they're also looking at Africa. And they're looking at Africa because that yellow line is showing you that the number of young Africans is going to continue to get bigger decade after decade after decade out to 2050.

Now, there's a problem with lots of young people coming into any market, particularly when they're young men. A bit dangerous, sometimes. I think one of the crucial factors is how educated is that demographic? If you look at the red line here, what you're going to see is that in 1975, just nine percent of kids were in secondary school education in sub-Saharan Africa. Would you set up a factory in sub-Sahara in the mid-1970s? Nobody else did. They chose instead Turkey and Mexico to set up the textiles factories, because their education levels were 25 to 30 percent. Today, sub-Sahara is at the levels that Turkey and Mexico were at in 1975. They will get the textiles jobs that will take people out of rural poverty and put them on the road to industrialization and wealth.

So what's Africa looking like today? This is how I look at Africa. It's a bit odd, because I'm an economist. Each little box is about a billion dollars, and you see that I pay an awful lot of attention to Nigeria sitting there in the middle. South Africa is playing a role. But when I'm thinking about the future, I'm actually most interested in Central, Western and Southern Africa. If I look at Africa by population, East Africa stands out as so much potential.

And I'm showing you something else with these maps. I'm showing you democracy versus autocracy. Fragile democracies is the beige color. Strong democracies are the orange color. And what you'll see here is that most Africans are now living in democracies. Why does that matter? Because what people want is what politicians try, they don't always succeed, but they try and deliver. And what you've got is a reinforcing positive circle going on. In Ghana in the elections, in December 2012, the battle between the two candidates was over education. One guy offered free secondary school education to all, not just 30 percent. The other guy had to say, I'm going to build 50 new schools. He won by a margin. So democracy is encouraging governments to invest in education. Education is helping growth and investment, and that's giving budget revenues, which is giving governments more money, which is helping growth through education. It's a positive, virtuous circle.

But I get asked this question, and this particular question makes me quite sad: It's, "But what about corruption? How can you invest in Africa when there's corruption?" And what makes me sad about it is that this graph here is showing you that the biggest correlation with corruption is wealth. When you're poor, corruption is not your biggest priority. And the countries on the right hand side, you'll see the per capita GDP, basically every country with a per capita GDP of, say, less than 5,000 dollars, has got a corruption score of roughly, what's that, about three? Three out of 10. That's not good. Every poor country is corrupt. Every rich country is relatively uncorrupt. How do you get from poverty and corruption to wealth and less corruption? You see the middle class grow. And the way to do that is to invest, not to say I'm not investing in that continent because there's too much corruption.

Now, I don't want to be an apologist for corruption. I've been arrested because I refused to pay a bribe -- not in Africa, actually. But what I'm saying here is that we can make a difference and we can do that by investing.

Now I'm going to let you in on a little not-so-secret. Economists aren't great at forecasting. Because the question really is, what happens next? And if you go back to the year 2000, what you'll find is The Economist had a very famous cover, "The Hopeless Continent," and what they'd done is they'd looked at growth in Africa over the previous 10 years -- two percent -- and they said, what's going to happen in the next 10 years? They assumed two percent, and that made it a pretty hopeless story, because population growth was two and a half. People got poorer in Africa in the 1990s. Now 2012, The Economist has a new cover, and what does that new cover show? That new cover shows, well, Africa rising, because the growth over the last 10 years has been about five and a half percent.

I would like to see if you can all now become economists, because if growth for the last 10 years has been five and a half percent, what do you think the IMF is forecasting for the next five years of growth in Africa? Very good. I think you're secretly saying to your head, probably five and a half percent. You're all economists, and I think, like most economists, wrong. No offense.

What I like to do is try and find the countries that are doing exactly what Africa has already done, and it means that jump from 1,800 years of nothing to whoof, suddenly shooting through the roof. India is one of those examples. This is Indian growth from 1960 to 2010. Ignore the scale on the bottom for a second. Actually, for the first 20 years, the '60s and '70s, India didn't really grow. It grew at two percent when population growth was about two and a half. If that's familiar, that's exactly what happened in sub-Sahara in the '80s and the '90s. And then something happened in 1980. Boom! India began to explode. It wasn't a "Hindu rate of growth," "democracies can't grow." Actually India could. And if I lay sub-Saharan growth on top of the Indian growth story, it's remarkably similar. Twenty years of not much growth and a trend line which is actually telling you that sub-Saharan African growth is slightly better than India. And if I then lay developing Asia on top of this, I'm saying India is 20 years ahead of Africa, I'm saying developing Asia is 10 years ahead of India, I can draw out some forecasts for the next 30 to 40 years which I think are better than the ones where you're looking backwards. And that tells me this: that Africa is going to go from a $ 2 trillion economy today to a $ 29 trillion economy by 2050. Now that's bigger than Europe and America put together in today's money. Life expectancy is going to go up by 13 years. The population's going to double from one billion to two billion, so household incomes are going to go up sevenfold in the next 35 years. And when I present this in Africa -- Nairobi, Lagos, Accra -- I get one question. "Charlie, why are you so pessimistic?"

And you know what? Actually, I think they've got a point. Am I really saying that there can be nothing learned, yes from the positives in Asia and India, but also the negatives? Perhaps Africa can avoid some of the mistakes that have been made. Surely, the technologies that we're talking about here this last week, surely some of these can perhaps help Africa grow even faster? And I think here we can play a role. Because technology does let you help. You can go and download some of the great African literature from the Internet now. No, not right now, just 30 seconds. You can go and buy some of the great tunes. My iPod's full of them. Buy African products. Go on holiday and see for yourself the change that's happening. Invest. Perhaps hire people, give them the skills that they can take back to Africa, and their companies will grow an awful lot faster than most of ours here in the West. And then you and I can help make sure that for Africa, the 21st century is their century.

Thank you very much.

(Applause)

アフリカは急成長を迎えつつあります 一人当たりの所得は2000年から 倍増しました そして この成長はすべての人に影響を与えています 平均寿命も過去10年の間 3年に1歳の割合で増えています つまり 今日アフリカで生まれた子は 3日前に生まれた子より 1日長生きするというわけです それほど速いスピードなのです そして HIV感染率も20%下がり サブサハラアフリカでHIVに感染する人は 年間60万人の割合で減っています マラリアとの戦いにも勝利をおさめつつあります マラリアによる死者数は27%減少しています これは 世界銀行の最新データです マラリア予防の蚊帳も効を奏してきています 驚くことではありません 皆 成長するんです ローマ帝国時代の紀元後1年から 1800年の間はたいした成長は見られません でも ローマ人が呼ぶところの スコットランドの野蛮人私の祖先によって 産業革命が引き起こされ 19世紀には成長が加速し始めます 成長は どんどん速くなり あらゆる人に影響を与えてきました シンガポールのジャングルであろうと フィンランド北部のツンドラであろうと すべての人にですもはや 成長の訪れは時間の問題でした

今 アフリカで成長が起こっている理由の一つに 質の高いリーダーシップがあげられます 皆さんもご承知の通り1990年代における 世界で最も素晴らしい政治家はアフリカ人でした でも 私はこれまでずっと大陸をまたがり 素晴らしい人々と会っています 彼らは改革を行い 各国での経済状況を変えてきました

西洋諸国もこれに関わっています 西洋諸国の債務免除プログラムにより サブサハラ諸国の負債は GDPの70%から40%まで半減しました その反面 私たちの負債レベルは120にまで上昇し 結果として 少しみじめに感じられます 負債が多ければ政治の力は弱くなりますが 公共部門の債務が少なければ 政府も どちらか選ぶことなく 教育・保健に投資をしながら 債務利息の支払いができます さらに 好況なのは公共部門だけではなく 民間部門でもです 西洋では民間部門の負債は GDPの2倍にも及びますスペインや イギリス アメリカでそうで 本当に大きな債務です でも アフリカ諸国における民間部門の負債は GDPの10~30%にとどまっています もし中国が成し遂げたことをできる大陸があるとすれば― このグラフ上では中国の民間債務はGDPの130%です― もし ここ30年で中国が成し遂げたことを できるところがあるとすれば 今後30年間のアフリカ大陸でしょう

アフリカには巨額の政府資金があり民間債務も少ないです 皆 知っているんでしょうか?もちろんです 外国直接投資は この15年 アフリカにどんどん流れ込んできています 1970年代には アフリカなんて誰も見向きもしませんでした この投資は西洋諸国が主導しているものです 中国についていろんな話を聞きますし 中国は多額の資金を貸与しています でも 過去2年間の外国直接投資の60%は 欧州、アメリカ、オーストラリアカナダからで 10%がインドからでした 投資は エネルギーに向けられています アフリカは 1日あたり1千万バーレルの石油を産出しており それは サウジアラビアやロシアの産出量に匹敵します さらに 電気通信や ショッピング・モールへの投資もあります こうした素晴らしい状況の背景には 人口動態があると考えています アフリカの人口動態だけではありません これは 世界各地の15歳から24歳の人口を表したもので 今 注目いただきたいのは青線です 10年前に例えば Foxconnが iPhoneの工場を立ち上げるとしたら 中国を選んでいたかもしれません 東アジアの青線が集まっているところで 2億人の若者がいて 2010年まで毎年 増加しています つまり 次々と若者がやってきては 「仕事がほしい」と言うばかりか 「高い給料なんていらないからただ仕事をくれ」という状況なんです でも 今は違います この10年で中国の15歳から24歳の若者は 20~30%も減少しています では どこに新しい工場を作るべきなのでしょう? 注目されているのは南アジア パキスタンやバングラデシュ そして アフリカです アフリカが注目されているのは あの黄色の線が示す通り アフリカの若者の数は ずっと増加を続け 2050年までその傾向は変わらないからです

確かに多くの若者が どんな市場にでも 押し寄せてくると困ることもあります 特に男性が増えるとそうですが 少し危険な場合もあります ただ そこで重要なのは その人たちがどう教育されているかです ここの赤線をご覧ください 1975年当時には サブサハラアメリカで 中等教育を受けていたのは 適齢期の子どものうちたった9%でした 1970年代半ばにサブサハラで 工場を建てようと思いますか? そんなことは誰もせず 代わりにトルコやメキシコで 繊維工場を立ち上げていました 当時 両国の教育レベルは 25~30%だったからです 現在 サブサハラの教育レベルは 1975年当時のトルコやメキシコと同じです 繊維関係の仕事を得て それにより貧困の世界から抜け出し 産業化や裕福さに向かって歩んでいけます

では 今 アフリカはどんな感じなんでしょう? これは 少し妙ですが 経済学者の私の目から見たアフリカです 小さな四角1つが10億ドルを表します ご覧の通り私が注目しているのは 真ん中にあるナイジェリアです 南アフリカも大事です でも 将来を考えたとき 私が最も関心があるのは 中央、西部、南部アフリカです アフリカを人口で見ると 東アフリカが最も大きく その可能性も甚大です

別の観点から見てみましょうこちらの地図は 民主主義国家と独裁国家を対比させています 民主主義国家でも不安定なものはベージュ 確立しているものはオレンジ色にしています この通りほとんどのアフリカ諸国は 今 民主主義のもとにあるのです なぜ それが重要なんでしょう? 人々が望むのは 政治家がしようとすること― 成功はしなくとも届けようとすることだからです 民主主義では好循環が強化されます ガーナで行われた2012年12月に選挙で 2人の候補者が議論を戦わせたのは 教育についてでした 片方の候補者は中等教育は 30%だけでなく皆に無料で提供すべきと主張し 他方が約束をしたのは 学校を新しく50校建てるということで 彼が僅差で当選しました 民主主義によって政府は 教育に投資するようになっています 教育によって成長や投資が促進され それが予算収入をもたらし 政府の財源も増えて 教育が成長につながっていくのです まさに好循環です

でも 私はこの質問を受けて とても悲しくなりました 「政治的腐敗はどうなの?」 「汚職があるのにどうしてアフリカに投資できるのか?」 何が悲しいかと言うと このグラフにある通り 汚職は 富と最も相関関係があります 貧しいときには汚職なんて気にしません 右側にある国々をご覧ください 一人当たりの国内総生産が 5千ドル以下の国ほぼ全てで 汚職度数は およそ3くらいです 10段階の3ですから良くないですね 貧しい国は皆 腐敗しています 豊かな国は比較的 腐敗していません どうしたら貧しく腐敗した状態から 豊かで腐敗が少ない状態になれるのでしょう? 中産階級を育てればよいのです そのためには投資をしないといけません 腐敗が横行しているからそこには投資しないなんて もってのほかです

汚職の擁護者になるつもりはありません 以前に 賄賂を断ったことで逮捕されたこともあります アフリカでのことではありませんよ でも 私がここで言いたいのは 状況は変えられるということです 投資することで自らの手で変えられるんです

半ば公然の秘密になっていることですが 経済学者は予測は得意ではありません 次に何が起こるか予想できません 2000年に時計の針を戻すと 当時 エコノミスト誌は 「絶望の大陸」という有名な表紙を作りました 彼らは ただアフリカでの過去10年の 成長率が2%というのを見て 今後10年に何が起こるかを予測したわけです 成長率2%と推測し 先が見えないとしたのです 人口は2.5倍に増えていたわけですから 1990年代にはアフリカは もっと貧しくなりました 2012年になってエコノミスト誌の表紙を 飾ったのは何だったでしょう? 新しい表紙は「前途有望なアフリカ」です 過去10年の成長率が 5.5%だったからという理由でです

皆さんも 経済学者になれるか試してみましょう 過去10年の成長率が 5.5%だったとして アメリカにおける今後5年の成長を IMFはどう予測するでしょうか? 聴衆: 5.5%CR: その通り 皆さん 次の成長率も5.5%と思われたでしょう 皆さんも立派な経済学者です でも ほとんどの経済学者同様間違っています 気を悪くしないでくださいね

さて アフリカがたどったのと 同じ軌跡をたどっている国を見つけたいと思います つまり 1800年もの何もない状態を経て グーンと急成長する国です インドも その一つです これは 1960~2010年のインドの成長を表したものです 下にある数字はちょっと忘れてください 実際 最初の20年間 つまり 60、70年代にはインドはたいして成長していません 成長率は2%ながら 人口は2.5倍にも膨らんでいます 聞いたことがある話でしょうこれは まさに 80、90年代にサブサハラで起こったことです そして 1980年に起こったのが 急成長!インドが爆発を始めます 「ヒンドゥー並の成長率」や 「成長できない民主主義」ではなくインドは急成長したのです サブサハラの成長を インドの成長物語に重ね合わせると 驚くべきほど似ています 20年間の停滞期 そして 傾向線が示すように サブサハラの成長は インドよりも良いのです これに 発展途上のアジアを重ねてみましょう インドは アフリカの20年先を行き 発展途上のアジアはインドの10年先を行くのが分かります ここから 今後30~40年の予測をしてみます これは過去を振り返って 予測をするのよりも良いと思います ここから言えるのはこうです アフリカ経済は 現在の2兆ドル規模から 2050年までに29兆ドル規模になり 現在の価値で換算すると 欧米経済より大きなものになります 平均寿命も13年延びます 人口も倍増して 10億から20億人になり 世帯収入も 今後35年で7倍になります これをアフリカで ナイロビ、ラゴス、アクラで発表したときある質問を受けました 「なぜ そんなに悲観的なのですか?」

考えてもみてください その指摘にも一理あるんです アジアやインドの良いところは もちろん 悪いところからも学ぶことができるでしょう きっと アフリカは過去の過ちを避けることができます もちろん この一週間ここで紹介された技術の中にも アフリカの成長の さらなる促進に役立つものもあるでしょう 私たちにもできることがあるんです 技術が それを可能にしてくれています 今すぐにでもインターネットで アフリカの素晴らしい文学を ダウンロードできます でも あと30秒待ってくださいね 素敵な音楽も買えます 私のiPodにも入っています アフリカの商品を買ってください 休暇に訪れて 自ら変化を感じ取ってください 投資してください そして 人を雇って アフリカに持ち帰れるスキルを与えてください 彼らが自分の会社を私たちが西洋でしたよりも もっと早く成長させられるように そして 一緒に21世紀が アフリカの世紀になるようにして行きましょう

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画