TED日本語 - ファビアン・エーフナー: サイケデリック・サイエンス

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ファビアン・エーフナー: サイケデリック・サイエンス

TED Talks

サイケデリック・サイエンス
Psychedelic science
ファビアン・エーフナー
Fabian Oefner

内容

スイス人のアーティスト兼写真家のファビアン・エーフナーは日常の科学からキラリと光るアートを生み出すことを試みています。魅力的な講演で、音波と戯れる顔料の様子を捉えた写真など、最近撮影したサイケデリックな写真を紹介します。ライブデモでは、磁性液体と絵の具を混ぜたり、ウィスキーに点火したときに起こる現象にご期待ください。

Script

An image is worth more than a thousand words, so I'm going to start my talk by stop talking and show you a few images that I recently captured.

So by now, my talk is already 6,000 words long, and I feel like I should stop here.

(Laughter)

At the same time, I probably owe you some explanation about the images that you just saw. What I am trying to do as a photographer, as an artist, is to bring the world of art and science together. Whether it is an image of a soap bubble captured at the very moment where it's bursting, as you can see in this image, whether it's a universe made of tiny little beads of oil paint, strange liquids that behave in very peculiar ways, or paint that is modeled by centrifugal forces, I'm always trying to link those two fields together.

What I find very intriguing about those two is that they both look at the same thing: They are a response to their surroundings. And yet, they do it in a very different way. If you look at science on one hand, science is a very rational approach to its surroundings, whereas art on the other hand is usually an emotional approach to its surroundings. What I am trying to do is I'm trying to bring those two views into one so that my images both speak to the viewer's heart but also to the viewer's brain. Let me demonstrate this based on three projects.

The first one has to do with making sound visible. Now as you may know, sound travels in waves, so if you have a speaker, a speaker actually does nothing else than taking the audio signal, transform it into a vibration, which is then transported through the air, is captured by our ear, and transformed into an audio signal again. Now I was thinking, how can I make those sound waves visible? So I came up with the following setup. I took a speaker, I placed a thin foil of plastic on top of that speaker, and then I added tiny little crystals on top of that speaker. And now, if I would play a sound through that speaker, it would cause the crystals to move up and down. Now this happens very fast, in the blink of an eye, so, together with LG, we captured this motion with a camera that is able to capture more than 3,000 frames per second. Let me show you what this looks like.

(Music: "Teardrop" by Massive Attack)

(Applause)

Thank you very much. I agree, it looks pretty amazing.

But I have to tell you a funny story. I got an indoor sunburn doing this while shooting in Los Angeles. Now in Los Angeles, you could get a decent sunburn just on any of the beaches, but I got mine indoors, and what happened is that, if you're shooting at 3,000 frames per second, you need to have a silly amount of light, lots of lights. So we had this speaker set up, and we had the camera facing it, and lots of lights pointing at the speaker, and I would set up the speaker, put the tiny little crystals on top of that speaker, and we would do this over and over again, and it was until midday that I realized that I had a completely red face because of the lights pointing at the speaker. What was so funny about it was that the speaker was only coming from the right side, so the right side of my face was completely red and I looked like the Phantom of the Opera for the rest of the week.

Let me now turn to another project which involves less harmful substances. Has anyone of you heard of ferrofluid? Ah, some of you have. Excellent. Should I skip that part?

(Laughter)

Ferrofluid has a very strange behavior. It's a liquid that is completely black. It's got an oily consistency. And it's got tiny little particles of metal in it, which makes it magnetic. So if I now put this liquid into a magnetic field, it would change its appearance.

Now I've got a live demonstration over here to show this to you. So I've got a camera pointing down at this plate, and underneath that plate, there is a magnet. Now I'm going to add some of that ferrofluid to that magnet.

Let's just slightly move it to the right and maybe focus it a little bit more. Excellent.

So what you can see now is that the ferrofluid has formed spikes. This is due to the attraction and the repulsion of the individual particles inside the liquid. Now this looks already quite interesting, but let me now add some watercolors to it. Those are just standard watercolors that you would paint with. You wouldn't paint with syringes, but it works just the same. So what happened now is, when the watercolor was flowing into the structure, the watercolors do not mix with the ferrofluid. That's because the ferrofluid itself is hydrophobic. That means it doesn't mix with the water. And at the same time, it tries to maintain its position above the magnet, and therefore, it creates those amazing-looking structures of channels and tiny little ponds of colorful water paint. So that was the second project.

Let me now turn to the last project, which involves the national beverage of Scotland. (Laughter)

This image, and also this one, were made using whiskey. Now you might ask yourself, how did he do that? Did he drink half a bottle of whiskey and then draw the hallucination he got from being drunk onto paper? I can assure you I was fully conscious while I was taking those pictures.

Now, whiskey contains 40 percent of alcohol, and alcohol has got some very interesting properties. Maybe you have experienced some of those properties before, but I am talking about the physical properties, not the other ones. So when I open the bottle, the alcohol molecules would spread in the air, and that's because alcohol is a very volatile substance. And at the same time, alcohol is highly flammable. And it was with those two properties that I was able to create the images that you're seeing right now.

Let me demonstrate this over here. And what I have here is an empty glass vessel. It's got nothing in it. And now I'm going to fill it with oxygen and whiskey. Add some more. Now we just wait for a few seconds for the molecules to spread inside the bottle. And now, let's set that on fire.

(Laughter)

So that's all that happens. It goes really fast, and it's not that impressive. I could do it again to show it one more time, but some would argue that this is a complete waste of the whiskey, and that I should rather drink it.

But let me show you a slow motion in a completely darkened room of what I just showed you in this live demonstration. So what happened is that the flame traveled through the glass vessel from top to bottom, burning the mix of the air molecules and the alcohol. So the images that you saw at the beginning, they are actually a flame stopped in time while it is traveling through the bottle, and you have to imagine it was flipped around 180 degrees. So that's how those images were made.

(Applause)

Thank you.

So, I have now showed you three projects, and you might ask yourself, what is it good for? What's the idea behind it? Is it just a waste of whiskey? Is it just some strange materials? Those three projects, they're based on very simple scientific phenomena, such as magnetism, the sound waves, or over here, the physical properties of a substance, and what I'm trying to do is I'm trying to use these phenomena and show them in a poetic and unseen way, and therefore invite the viewer to pause for a moment and think about all the beauty that is constantly surrounding us.

Thank you very much.

(Applause)

百聞は一見にしかず と言います そこで お話しする前に いくつかの写真をご覧いただきます ごく最近撮影したものです

ここまでで 6時間分の講演に匹敵するでしょうか これで講演は終わりにしましょうか

(笑)

でも おそらく皆さんに説明する 必要がありますね 今ご覧いただいた写真についてです 写真家としてアーティストとして 私が やりたいことは アートと科学の融合です シャボン玉が弾ける まさに その瞬間を捕らえた こちらの写真 小さな油性ペンキの粒からなる 銀河もあります 特異な性質を持つ不思議な液体 遠心力が形作る絵の具などです 常に アートと科学の融合につとめています

両者の とても魅力的な点は どちらも 同じものを対象としていること いずれも周りの環境に反応しているものの その方法は とても異なります たとえば 科学について 科学は 周りの環境に合理的なアプローチを とっています 他方 アートは 通常 周りの環境に対する感情的アプローチをとります 私が やろうとしていることは この2つの観点を1つにすること そうすることで 私の作品が観客の心と ― 頭の両方に訴えるからです このことを 3つのプロジェクトを通してお見せします

最初は 音を可視化するものです 皆さん ご存知のとおり 音は波となって伝わります スピーカーを ご想像ください スピーカーは音声信号を受け取って 振動に変換するだけです その振動が空気に伝わって それを 私たちの耳がとらえると 再び音声信号に変換されて 音となって聞こえるわけです そこで考えたのは ― どうやったら音の波を可視化できるか? こんなことを思いつきました スピーカーを用意してその上に 薄いプラスチックホイルをのせます その上に 顔料をのせました スピーカーの上にです すると スピーカーを通して音楽を再生することで 振動で 顔料が上下に動きます 高速で行われるので 瞬く間の出来事です そこでLGエレクトロニクスと協力して 1秒あたり 3千フレーム以上とらえる カメラを用意しました その様子をご覧ください

(音楽:マッシヴ・アタック『Teardrop』)

(拍手)

どうもありがとう 本当に見事ですよね

ここで 面白いエピソードですが ロスで この撮影をしているとき 屋内で日焼けしたんです ロスといえばビーチなんかで 日焼けしますよね でも 私の場合は屋内でした なんだったかと言うと 1秒あたり 3千フレームもの撮影をするには ものすごく強い光が必要なんです スピーカーを用意して それに向けて カメラを設置し スピーカーに強力な照明を当て そのスピーカーの上に 私が顔料をのせるんですが これをひたすら繰り返しました しばらくして気付いたら 顔が真っ赤に日焼けしていました スピーカーに当てていた光のせいでした 面白かったのは スピーカーの音は右側から出ていたので 顔の右半分だけ真っ赤になって オペラ座の怪人のような姿で 1週間を過ごしました

では 次のプロジェクトです こちらは どちらかと言うと安全なものです 磁性流体という言葉を聞いたことがある人は? あー いらっしゃいますね 素晴らしい じゃあ この部分は飛ばして良いですか?

(笑)

磁性流体とは とても変わった動きをします 真っ黒の液体で 油のような流動性を持っていて 金属の微粒子が含まれるため 磁石に反応します この液体を磁場に置くことで 外観が変わります

ここでライブデモを ご覧いただきます このプレートにカメラをあわせましょう プレートの下に磁石を置いています ここに磁性流体を注ぎます

もう少し右に動かします もうちょっと焦点を絞って良いですね

今ご覧いただいているのは 磁性流体のスパイク現象です 液体に分散している個々の微粒子が 引きつけあったり反発しているのです これだけでも十分面白いですが 水彩絵の具を加えてみます 絵を描くときに使う 普通の水彩絵の具です 注射器を使って描かないでしょうけど使わなくても同じです ここで起こっていることは 水彩絵の具が磁性流体の構造に入っても 磁性流体とは混じりません 磁性流体が疎水性だからです つまり 水とは混じりません 同時に 磁場上の形態は 保とうとします すると このような素晴らしい外観を生み出します 色鮮やかな 水彩絵の具による運河や 小さな池が現れます これが2つ目のプロジェクトでした

では 最後のプロジェクトをご紹介します こちらは・・・ スコットランドを代表する飲み物 (笑)

これらの写真は ウィスキーを利用して生み出しました どうやったか不思議に思われていますか? 「ウィスキーボトルを 半分空にして泥酔状態で 紙に幻覚を描いたんだろうか?」なんて この写真を撮影したとき 間違いなく 意識はしっかりしていました

ウィスキーのアルコール度数は40%です アルコールは とても面白い性質があります 皆さんも ご経験があるかもしれません でも ここで言っているのは 物理的特性で 皆さんが ご想像されている特性ではありません ボトルを開封したときアルコール分子が 大気に放出されます アルコールは揮発性が高いうえ 非常に燃えやすいです 今ご覧いただいている この画像を生み出すことができたのも この2つの性質のおかげです

ここで デモをやってみましょう 空のガラス瓶を用意します 空っぽです ここに酸素とウィスキーを 入れます もう少し加えます 数秒 待ちます ビンの中にアルコール分子を充満させるためです では 火を放ちましょう

(笑)

これで終わりです 一瞬だったのでよく分からなかったでしょうか もう一回やってみても良いですが 皆さんの中にはウィスキーの無駄だから 飲んだ方がマシだと思われる方がいるかもしれません

ライブデモでお見せしたことを 暗室で再現した スローモーション映像でご覧ください ガラス瓶の中で 炎は上から下へ移動し アルコールが混ざった空気を燃やして行きます ですから 先ほど ご覧いただいた写真は 容器の中を 移動する炎を 瞬間的に捕らえたもので 上下逆にしてあるので 180度逆にしたものを想像してください この写真は こんな風に撮影されたのです

(拍手)

ありがとう

これで3つのプロジェクトをご紹介しました 皆さんはなんの役に立つんだ? この裏にあるアイデアとは? ウィスキーの無駄では? ただの変わった素材でしょ?なんて思われたでしょうか 3つのプロジェクトはとても単純な 科学現象である 磁性 音波 物質の物理的特性を基にしていて 私がやろうとしているのは これらの現象を 詩的で 前例が無いような方法で見せること 皆さんに 一瞬でもいいので 私たちの身の周りにある すべての美しいものについて 考えていただきたいのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画