TED日本語 - メイ・エル=カリル: マラソンで平和を築く

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - メイ・エル=カリル: マラソンで平和を築く

TED Talks

マラソンで平和を築く
Making peace is a marathon
メイ・エル=カリル
May El-Khalil

内容

レバノンでは1年に1回、暴力とは無関係の銃声が聞こえます。ベイルート国際マラソンの号砲です。何十年も政治と宗教によって分裂していた国を、42.195キロのランニングで1つにできる、そう信じたのはなぜか。マラソンの創設者、メイ・エル=カリルの感動的な話です。

Script

I come from Lebanon, and I believe that running can change the world. I know what I have just said is simply not obvious.

You know, Lebanon as a country has been once destroyed by a long and bloody civil war. Honestly, I don't know why they call it civil war when there is nothing civil about it. With Syria to the north, Israel and Palestine to the south, and our government even up till this moment is still fragmented and unstable. For years, the country has been divided between politics and religion. However, for one day a year, we truly stand united, and that's when the marathon takes place.

I used to be a marathon runner. Long distance running was not only good for my well-being but it helped me meditate and dream big. So the longer distances I ran, the bigger my dreams became, until one fateful morning, and while training, I was hit by a bus. I nearly died, was in a coma, stayed at the hospital for two years, and underwent 36 surgeries to be able to walk again.

As soon as I came out of my coma, I realized that I was no longer the same runner I used to be, so I decided, if I couldn't run myself, I wanted to make sure that others could. So out of my hospital bed, I asked my husband to start taking notes, and a few months later, the marathon was born.

Organizing a marathon as a reaction to an accident may sound strange, but at that time, even during my most vulnerable condition, I needed to dream big. I needed something to take me out of my pain, an objective to look forward to. I didn't want to pity myself, nor to be pitied, and I thought by organizing such a marathon, I'll be able to pay back to my community, build bridges with the outside world, and invite runners to come to Lebanon and run under the umbrella of peace. Organizing a marathon in Lebanon is definitely not like organizing one in New York. How do you introduce the concept of running to a nation that is constantly at the brink of war? How do you ask those who were once fighting and killing each other to come together and run next to each other? More than that, how do you convince people to run a distance of 26.2 miles at a time they were not even familiar with the word "marathon"? So we had to start from scratch.

For almost two years, we went all over the country and even visited remote villages. I personally met with people from all walks of life -- mayors, NGOs, schoolchildren, politicians, militiamen, people from mosques, churches, the president of the country, even housewives. I learned one thing: When you walk the talk, people believe you. Many were touched by my personal story, and they shared their stories in return. It was honesty and transparency that brought us together. We spoke one common language to each other, and that was from one human to another. Once that trust was built, everybody wanted to be part of the marathon to show the world the true colors of Lebanon and the Lebanese and their desire to live in peace and harmony.

In October 2003, over 6,000 runners from 49 different nationalities came to the start line, all determined, and when the gunfire went off, this time it was a signal to run in harmony for a change.

The marathon grew. So did our political problems. But for every disaster we had, the marathon found ways to bring people together. In 2005, our prime minister was assassinated, and the country came to a complete standstill, so we organized a five-kilometer United We Run campaign. Over 60,000 people came to the start line, all wearing white t-shirts with no political slogans. That was a turning point for the marathon, where people started looking at it as a platform for peace and unity.

Between 2006 up to 2009, our country, Lebanon, went through unstable years, invasions, and more assassinations that brought us close to a civil war. The country was divided again, so much that our parliament resigned, we had no president for a year, and no prime minister. But we did have a marathon.

(Applause)

So through the marathon, we learned that political problems can be overcome. When the opposition party decided to shut down part of the city center, we negotiated alternative routes. Government protesters became sideline cheerleaders. They even hosted juice stations.

You know, the marathon has really become one of a kind. It gained credibility from both the Lebanese and the international community. Last November 2012, over 33,000 runners from 85 different nationalities came to the start line, but this time, they challenged very stormy and rainy weather. The streets were flooded, but people didn't want to miss out on the opportunity of being part of such a national day.

BMA has expanded. We include everyone: the young, the elderly, the disabled, the mentally challenged, the blind, the elite, the amateur runners, even moms with their babies. Themes have included runs for the environment, breast cancer, for the love of Lebanon, for peace, or just simply to run.

The first annual all-women-and-girls race for empowerment, which is one of its kind in the region, has just taken place only a few weeks ago, with 4,512 women, including the first lady, and this is only the beginning.

Thank you.

(Applause)

BMA has supported charities and volunteers who have helped reshape Lebanon, raising funds for their causes and encouraging others to give. The culture of giving and doing good has become contagious. Stereotypes have been broken. Change-makers and future leaders have been created. I believe these are the building blocks for future peace.

BMA has become such a respected event in the region that government officials in the region like Iraq, Egypt and Syria, have asked the organization to help them structure a similar sporting event. We are now one of the largest running events in the Middle East, but most importantly, it is a platform for hope and cooperation in an ever-fragile and unstable part of the world. From Boston to Beirut, we stand as one.

(Applause)

After 10 years in Lebanon, from national marathons or from national events to smaller regional races, we've seen that people want to run for a better future. After all, peacemaking is not a sprint. It is more of a marathon.

Thank you.

(Applause)

私はレバノンから来ました 私は 走ることで世界を変えられると信じています といっても ピンとこないでしょう

レバノンは 長く悲惨な内戦によって 荒廃しました 正直 なぜこれを内戦というのかわかりません 原因は国外から持ち込まれたのですから 北にシリア 南にイスラエルとパレスチナがあり 私たちの政府は今この瞬間でさえ バラバラで不安定です 長い間 レバノンでは政治や宗教によって 分断されてきました しかし 一年に一日だけ 一つになるときがあります マラソンがあるときです

私はマラソン選手でした 長い距離を走ることによって 健康になるだけでなく 心を落ち着けて大きな夢を描くことができました 走る距離が長ければ長いほど 私の夢は大きくなりました ある日の朝までは その日 私はトレーニング中にバスに轢かれました 昏睡状態になり 病院に2年間入院し 36もの手術を受けてやっと歩けるようになりました

意識が戻ってすぐ 私は昔のように走れないと気づきました だから私はこう決めました自分で走れないなら ほかの皆が走れるようにしようと 病院のベッドから 夫に協力を頼みました そして数ヶ月後 ベイルート・マラソン大会が生まれました

事故を受けて マラソン大会を企画するのは 変に聞こえるかもしれませんが 最も苦しい状態のときですら 私は大きな夢を持つ必要がありました 何か痛みを忘れさせてくれるもの前向きになれる目標が必要だったのです 私は自分を哀れみたくなかったし哀れんで欲しくもありませんでした そして マラソン大会を企画することで 社会に恩返しができる 外の世界との架け橋を作れる ランナーたちをレバノンに呼び 平和のもとで走らせることができると思いました レバノンでマラソン大会を企画するのは ニューヨークで企画するのとはわけが違います 走ることの意味を いつも戦争と隣り合わせの国にどうやって紹介するのか 一度は互いに戦い 殺し合っていた人々を どのように一緒に走らせるのか さらに 「マラソン」という言葉すら知らない人々に どうやって42.195キロ走らせるよう 説得するのか ゼロから企画する必要がありました

2年ほど 私たちは国中を周り 田舎の村でさえも訪ねました 私は あらゆる人々― 例えば市長 NGOの人々 学生 政治家 軍人 イスラム教徒 キリスト教徒 主婦から大統領まで話をしました そして あることを学びました 有言実行していれば信用を得ることができるということです 正直な気持ちを打ち明けることで 多くの人が私の話に感動し それぞれの話をしてくれました 私たちは 互いに心を通わせて話をしました 信頼が一度築かれると みんな マラソン大会に関わり レバノンとレバノン人の本当の個性と 平和と調和への望みを見せたいと言いました

2003年10月 49カ国から 6000人以上の人々が 決意と共にスタートラインに立ち そして銃声が鳴りました このときの銃声はみんなが一緒になり変化に向かって走り出す合図でした

マラソン大会は大きくなりましたが 政治の問題も大きくなりました しかし どんな困難な状況でも マラソンは人々を集めました 2005年 首相が暗殺されました 国は完全に行き詰まりました 私たちは5キロのピースランを企画し 6万人以上が 政治的な主張の書かれていない― 白いTシャツを着てスタートラインに立ちました それがマラソン大会のターニングポイントでした 人々が大会を平和と団結のための機会だと思い始めたのです

2006年から2009年まで レバノンは 不安定な情勢でした 侵略や暗殺があり 内戦が起こる瀬戸際でした 国はまた分裂し その結果 国民議会は解散し 1年間 大統領も首相もいませんでした でも マラソンはありました

(拍手)

マラソンを通して 政治問題は乗り越えられるとわかりました 野党が市の中心を閉鎖すると決めた時 私たちは代わりのルートを交渉し 政府へ反抗する人たちは 沿道で応援をするようになりました さらには補給所まで用意してくれました

マラソンは本当にかけがえのないものになりました レバノン人と国際社会の両方から信頼を得ました 2012年11月 85カ国から 3万3千人以上の走者がスタートラインに立ちました しかしこのとき 街には嵐が来ていました 通りは水浸しでしたが 人々はこんな国民的な1日を逃すまいと思っていました

ベイルート・マラソン協会(BMA)は拡大し若い人からお年寄りまで 様々な会員がいます 身体 精神障害者も 盲目の人 エリート アマチュアランナー 赤ちゃんとそのお母さんでさえもです 大会のテーマは様々です 環境や乳がん レバノンへの愛 平和 そしてただ走るため

地域で唯一の女性の権利のための定期レースは 数週間前に初めて行われました ファーストレディを含む 4,512人の女性が参加しました まだ始まったばかりです

ありがとう

(拍手)

BMAは皆を元気づけ レバノンを立て直そうとしている 慈善団体やボランティアを支援しています 良いことをするという習慣は 人々に伝染していきます 固定概念は壊され 変革者や未来のリーダーが生まれました こうしたことが積み重なって未来の平和が作られていくと信じています

BMAは地域の中でも評判が良く イラクやエジプト シリアなどの 政府の役人が 同じようなスポーツイベントを企画するのを手伝ってくれと頼みにきます 今では中東で最も大きなマラソン大会の一つですが 重要なのは この大会が 世界の中でも不安定な地域において 希望と協力の基盤となっているということです ボストンからベイルートまで私たちは一つです

(拍手)

10年間レバノンでマラソンを開催してきて 国民的なマラソンかイベントから 小さな地域のレースまで 人々がより良い未来のために走るのを見てきました 結局 平和を構築することは短距離走のようなものではなく むしろマラソンなのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画