TED日本語 - ハンス・ロスリング: HIV考察 – 新たな事実と驚愕のビジュアルデータ

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ハンス・ロスリング: HIV考察 – 新たな事実と驚愕のビジュアルデータ

TED Talks

HIV考察 - 新たな事実と驚愕のビジュアルデータ
New facts and stunning data visuals
ハンス・ロスリング
Hans Rosling on HIV

内容

世界で最も致命的であり、且つ最も誤解されている病気、それがHIVです。ハンス・ロスリングがその複雑なリスク要因を解き明かす新たなビジュアルデータを披露します。感染を終わらせる鍵は、薬による治療ではなく、伝染の予防にあると主張しています。

Script

(Applause) AIDS was discovered 1981; the virus, 1983. These Gapminder bubbles show you how the spread of the virus was in 1983 in the world, or how we estimate that it was. What we are showing here is -- on this axis here, I'm showing percent of infected adults. And on this axis, I'm showing dollars per person in income. And the size of these bubbles, the size of the bubbles here, that shows how many are infected in each country, and the color is the continent.

Now, you can see United States, in 1983, had a very low percentage infected, but due to the big population, still a sizable bubble. There were quite many people infected in the United States. And, up there, you see Uganda. They had almost five percent infected, and quite a big bubble in spite of being a small country, then. And they were probably the most infected country in the world. Now, what has happened? Now you have understood the graph and now, in the next 60 seconds, we will play the HIV epidemic in the world.

But first, I have a new invention here.

(Laughter) I have solidified the beam of the laser pointer. (Laughter)

(Applause)

So, ready, steady, go! First, we have the fast rise in Uganda and Zimbabwe. They went upwards like this. In Asia, the first country to be heavily infected was Thailand -- they reached one to two percent. Then, Uganda started to turn back, whereas Zimbabwe skyrocketed, and some years later South Africa had a terrible rise of HIV frequency. Look, India got many infected, but had a low level. And almost the same happens here. See, Uganda coming down, Zimbabwe coming down, Russia went to one percent.

In the last two to three years, we have reached a steady state of HIV epidemic in the world. 25 years it took. But, steady state doesn't mean that things are getting better, it's just that they have stopped getting worse. And it has -- the steady state is, more or less,one percent of the adult world population is HIV-infected. It means 30 to 40 million people, the whole of California -- every person, that's more or less what we have today in the world.

Now, let me make a fast replay of Botswana. Botswana -- upper middle-income country in southern Africa, democratic government, good economy, and this is what happened there. They started low, they skyrocketed, they peaked up there in 2003, and now they are down. But they are falling only slowly, because in Botswana, with good economy and governance, they can manage to treat people. And if people who are infected are treated, they don't die of AIDS. These percentages won't come down because people can survive 10 to 20 years. So there's some problem with these metrics now. But the poorer countries in Africa, the low-income countries down here, there the rates fall faster, of the percentage infected, because people still die. In spite of PEPFAR, the generous PEPFAR, all people are not reached by treatment, and of those who are reached by treatment in the poor countries, only 60 percent are left on treatment after two years. It's not realistic with lifelong treatment for everyone in the poorest countries. But it's very good that what is done is being done.

But focus now is back on prevention. It is only by stopping the transmission that the world will be able to deal with it. Drugs is too costly -- had we had the vaccine, or when we will get the vaccine, that's something more effective -- but the drugs are very costly for the poor. Not the drug in itself, but the treatment and the care which is needed around it. So, when we look at the pattern,one thing comes out very clearly: you see the blue bubbles and people say HIV is very high in Africa. I would say, HIV is very different in Africa. You'll find the highest HIV rate in the world in African countries, and yet you'll find Senegal, down here -- the same rate as United States. And you'll find Madagascar, and you'll find a lot of African countries about as low as the rest of the world. It's this terrible simplification that there's one Africa and things go on in one way in Africa. We have to stop that. It's not respectful, and it's not very clever to think that way.

(Applause)

I had the fortune to live and work for a time in the United States. I found out that Salt Lake City and San Francisco were different. (Laughter) And so it is in Africa -- it's a lot of difference. So, why is it so high? Is it war? No, it's not. Look here. War-torn Congo is down there -- two,three,four percent. And this is peaceful Zambia, neighboring country -- 15 percent. And there's good studies of the refugees coming out of Congo -- they have two,three percent infected, and peaceful Zambia -- much higher. There are now studies clearly showing that the wars are terrible, that rapes are terrible, but this is not the driving force for the high levels in Africa.

So, is it poverty? Well if you look at the macro level, it seems more money, more HIV. But that's very simplistic, so let's go down and look at Tanzania. I will split Tanzania in five income groups, from the highest income to the lowest income, and here we go. The ones with the highest income, the better off -- I wouldn't say rich -- they have higher HIV. The difference goes from 11 percent down to four percent, and it is even bigger among women. There's a lot of things that we thought, that now, good research, done by African institutions and researchers together with the international researchers, show that that's not the case. So, this is the difference within Tanzania.

And, I can't avoid showing Kenya. Look here at Kenya. I've split Kenya in its provinces. Here it goes. See the difference within one African country -- it goes from very low level to very high level, and most of the provinces in Kenya is quite modest.

So, what is it then? Why do we see this extremely high levels in some countries? Well, it is more common with multiple partners, there is less condom use, and there is age-disparate sex -- that is, older men tend to have sex with younger women. We see higher rates in younger women than younger men in many of these highly affected countries.

But where are they situated? I will swap the bubbles to a map. Look, the highly infected are four percent of all population and they hold 50 percent of the HIV-infected. HIV exists all over the world. Look, you have bubbles all over the world here. Brazil has many HIV-infected. Arab countries not so much, but Iran is quite high. They have heroin addiction and also prostitution in Iran. India has many because they are many. Southeast Asia, and so on. But, there is one part of Africa -- and the difficult thing is, at the same time, not to make a uniform statement about Africa, not to come to simple ideas of why it is like this, on one hand.

On the other hand, try to say that this is not the case, because there is a scientific consensus about this pattern now. UNAIDS have done good data available, finally, about the spread of HIV. It could be concurrency. It could be some virus types. It could be that there is other things which makes transmission occur in a higher frequency. After all, if you are completely healthy and you have heterosexual sex, the risk of infection in one intercourse is one in 1,000. Don't jump to conclusions now on how to behave tonight and so on. (Laughter) But -- and if you are in an unfavorable situation, more sexually transmitted diseases, it can be one in 100.

But what we think is that it could be concurrency. And what is concurrency? In Sweden, we have no concurrency. We have serial monogamy. Vodka, New Year's Eve -- new partner for the spring. Vodka, Midsummer's Eve -- new partner for the fall. Vodka -- and it goes on like this, you know? And you collect a big number of exes. And we have a terrible chlamydia epidemic -- terrible chlamydia epidemic which sticks around for many years. HIV has a peak three to six weeks after infection and therefore, having more than one partner in the same month is much more dangerous for HIV than others. Probably, it's a combination of this.

And what makes me so happy is that we are moving now towards fact when we look at this. You can get this chart, free. We have uploaded UNAIDS data on the Gapminder site. And we hope that when we act on global problems in the future we will not only have the heart, we will not only have the money, but we will also use the brain.

Thank you very much.

(Applause)

(拍手) エイズの発見は1981年、エイズウイルスの発見は1983年でした このギャップマインダーのバブルが示しているのは 1983年に世界でどれだけエイズウイルスが広がっていたか 振り返ってみたものです ここで表しているのは 縦軸に感染した成人の比率 そして縦軸に一人当たりのドル換算収入です バブルの大きさ、このような円の大きさは 各国で感染した人数を示しています 色はどの大陸にその国があるかを示しています

ではまず、1983年の米国の様子を見てみましょう まだ感染率は非常に低いですが 人口が大きいので、それなりの大きさのバブルになっています 米国ではかなりの人数が感染していたと言えます では次に、そこのウガンダを見てみましょう なんと5%もの人が感染しています 当時まだ小さな国であったにも関わらず、非常に大きなバブルとなっています 恐らくウガンダは世界で最も感染者数の多い国だったでしょう では一体、何が起こったのでしょうか? グラフの見方は理解して頂けましたね それでは、これから60秒間で 世界でのHIVの感染状況をお見せします

でもちょっと待って。私の新たな発明をお見せします

(笑) レーザーポインターのビームを固めたんです (笑)

(拍手)

では、ヨ~イ、スタート! まずは、ウガンダとジンバブエが急速な上昇を見せます このように上がっていっています アジアでは、最初にタイがひどい感染にあいます 感染率は1~2%に達します そして、ウガンダは戻り始めます 一方でジンバブエは急激に上昇 数年後には南アフリカで恐ろしいほどの上昇が起こります 見て下さい! インドでも多数の感染が生じました それでも低いレベルにあります ここでも同じようなことが起こっています ウガンダは低下し、ジンバブエも低下していきます ロシアは1パーセントに達しました

最近2~3年で 世界のHIV感染は定常状態に達したのです 25年かかりました ただし、定常状態といっても、良くなっているわけではありません 悪化することが止まったというだけです いまだに、定常状態とは言え、大体 世界の成人人口の1パーセントがHIV感染しています 3000万から4000万人ということです これはカリフォルニア全体に相当します。全員が感染しているということです それが今日の世界での状況なのです

ここでもう一度、ボツワナを見てみましょう アフリカ大陸南部の、中の上くらいの収入の国です 政府は民主的で、経済も悪くありません そして、これがそこで起こったことです 最初は低かったのですが、急激に上昇しました 2003年にあそこでピークを迎えます 現在は下がってきています でも、ゆっくりとしか下がらないのです ボツワナでは、経済と政府が良いので 感染者の治療ができるからです 治療を受けた感染者は、エイズでは死なないのです この比率は下がることはないでしょう 今後10年や20年は生き延びるのです ですので、この測定方法には問題があるということになります 一方でアフリカの貧しい国、この辺りの低収入国では 感染者比率はよほど早く落ちていきます それは感染者がまだ死んでいくからです 気前のよいPEPFAR(米国大統領エイズ救済緊急計画)にもかかわらず 全ての人に治療が行き届いてはいません 貧しい国々で治療を受けられた人々の中で 2年後も治療を受けられた人は60パーセントに過ぎません 一生治療を受けるのは現実的ではないのです 最貧国のすべての人にとって もちろん今行われていることはとても素晴しいことです

ただ、我々は今むしろ予防に注目しています 伝染を止めることなしには 世界はエイズにうまく対処することはできません 薬は高すぎます -- 例えワクチンができたとしても もっと効き目のあるワクチンが入手可能になっても 貧しい人には高すぎるのです 薬自体ではなく、それに合わせて必要な 治療と看護が問題なのです このパターンを見れば すぐにわかることがあります 青いバブルを見て下さい HIVはアフリカにとても多いと言われます でも本当は、アフリカの中でも全然違うんです 世界で最もHIV感染率が高いのは アフリカの国々だということがわかるでしょう でもね、セネガルという国は、ここにいますが 米国の感染率と同じなのです マダガスカルも同じです 他にもたくさんのアフリカ諸国があります 世界の他の国々と変わらない感染率の国々が アフリカはひとつ、というのは単純化しすぎです アフリカでは全て同じように物事が進むということも 我々はそういう考え方を止めなければなりません 敬意が足りませんし、 賢い人の考えることではありません

(拍手)

私も幸運なことに、一時米国で働く機会がありました そこでわかったのは、ソルトレークシティとサンフランシスコは違うということです (笑) アフリカも同じなのです。大きな違いがあるのです では何が原因なのでしょう? 戦争でしょうか そうではありません。ここを見て下さい 戦火にまみれたコンゴはここです。2、3、4パーセントです 一方で平和なザンビアはここです。隣の国ですが、15パーセントです コンゴからの避難民についての有効な調査がありますが その感染率は2~3パーセントでした 一方で、平和なザンビアでは、よほど高いのです たくさんの研究が示すように 戦争は恐ろしいものですし、レイプも恐ろしいものです でもそれはアフリカでの高い感染率の原因ではありません

では、貧困が原因なのでしょうか? マクロレベルで見れば 裕福な国ほどHIV感染率が高いようにも思えます でもそれは単純過ぎます では、タンザニアを見てみましょう タンザニアを5つの収入グループに分けます 最も高い層から、最も低い層まで では、いきます 最も収入の高い層、裕福とは言いませんが、まだましな人達です なんと彼らのHIV感染率は高いのです その違いは、11パーセントから4パーセントまでに渡ります そして女性においてはさらにその違いが大きいのです 今では、良い調査と考えられるものがたくさんあります アフリカの機関や研究者と 国際的な研究者が行ってきた調査が、そうではないと示しているのです これはタンザニア国内の違いでしたが

是非ケニアも見てもらいたいと思います ケニアはここにいます ケニアを地域ごとに分けます 見て下さい 一つのアフリカの国の中でも 非常に低いレベルから非常に高いレベルにまで分かれます そしてケニアの大半の地域ではごく普通なのです

では一体何が原因なのでしょうか? なぜ幾つかの国で極端に高い感染率になっているのでしょうか? そうですね。複数のパートナーを持つ国に多いと言えます コンドームの使用が少ない国 そして年齢差のあるセックスをする国 つまり、高齢の男性が若い女性とセックスをする国などです 若い男性よりも、若い女性の感染率が高いことがわかります 多くの感染率の高い国では

では、そのような国はどこに位置しているのでしょうか? 表のバブルを地図に切り替えます 見て下さい。高い感染率の国は世界総人口の4パーセントですが HIV感染者の実に50パーセントを占めます HIVは世界中に存在します 見て下さい。バブルは世界中にあるでしょ ブラジルにもたくさんのHIV感染者がいます アラブの国はそうでもないですが、イランは非常に多いです ヘロイン中毒者と売春が多いからです インドにも多いですが、それは人口が多いからです 東南アジアにもいますし、他もそうです しかしながら、やはりアフリカの一部なのです 難しいことに、一方では アフリカについての画一的な見方はしてはいけないし なぜそうなのかの単純なアイデアに飛びついてはいけないわけですが

他方では、これは重大なことだと言えます なぜならこのパターンについての科学的な統一見解があるからです UNAIDSはようやく有効なデータを公開しました HIVの広がり方についての 同時平行性にあると言えます ある種のウイルスとも言えます 他の要因もあるかもしれません 高い頻度で伝染を生じさせるのは 結局のところ、健康な人が異性とのセックスを行っている限り 一回の性交での感染リスクは千分の一です ちょっと待って下さいよ では今夜さっそく、とか思ってはダメですよ (笑) あなたは不運な状況にいる可能性もあります より性的に伝染しやすい病気は、百分の一の確率で感染します

でも我々がより重要と考えるのは、同時並行性です では、同時並行性とは何なのか? 我が母国スウェーデンでは、同時並行性はありません 我々には連なった一夫一婦制があります 大晦日にはウォッカを飲んで、春の新たな相手を見つける 夏のお祝い前夜にはウォッカを飲んで、秋のまた新たな相手を見つける ウォッカを飲んで、、、このように続きます。わかりますか? その内にたくさんの元恋人ができる それで、クラミジアが恐ろしいほどに流行していくんです 恐ろしいクラジミアの流行は何年も続きます HIVは感染後3~6週間でピークを迎えます その為、同じ月のうちに複数の相手と行為を行うことが 他の感染に比べて、HIVの伝染が遥かに危険な理由になるのです 恐らくは、これらの組み合わせが原因でしょう

でも私は進歩があることに大変満足しています こうしたチャートによってより事実に近づいていることに このチャートは無料で入手できます ギャップマインダー・ドットコムにUNAIDSのデータをアップロードしました 将来世界の様々な問題に取り組む際には 心だけではなく お金だけでもなく 頭を使うことを期待しています

どうもありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画