TED日本語 - ホアキム・デ・ポサダ: マシュマロはまだ食べちゃダメ!

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ホアキム・デ・ポサダ: マシュマロはまだ食べちゃダメ!

TED Talks

マシュマロはまだ食べちゃダメ!
Don't eat the marshmallow!
ホアキム・デ・ポサダ
Joachim de Posada

内容

TED Uでのこの短い講演で、ホアキム・デ・ポサダが、楽しみを後に取っておくことに関する画期的な実験について、そしてその実験がどのように将来の成功を予見できるものかについて紹介します。子どもたちがマシュマロを食べないよう必死になっている、爆笑ビデオ付です。

Script

I'm here because I have a very important message: I think we have found the most important factor for success. And it was found close to here, Stanford. Psychology professor took kids that were four years old and put them in a room all by themselves. And he would tell the child, a four-year-old kid, "Johnny, I am going to leave you here with a marshmallow for 15 minutes. If, after I come back, this marshmallow is here, you will get another one. So you will have two." To tell a four-year-old kid to wait 15 minutes for something that they like, is equivalent to telling us, "We'll bring you coffee in two hours." (Laughter) Exact equivalent.

So what happened when the professor left the room? As soon as the door closed ... two out of three ate the marshmallow. Five seconds,10 seconds,40 seconds,50 seconds,two minutes,four minutes,eight minutes. Some lasted 14-and-a-half minutes. (Laughter) Couldn't do it. Could not wait. What's interesting is that one out of three would look at the marshmallow and go like this ... Would look at it. Put it back. They would walk around. They would play with their skirts and pants.

That child already, at four, understood the most important principle for success, which is the ability to delay gratification. Self-discipline: the most important factor for success. 15 years later,14 or 15 years later, follow-up study. What did they find? They went to look for these kids who were now 18 and 19. And they found that 100 percent of the children that had not eaten the marshmallow were successful. They had good grades. They were doing wonderful. They were happy. They had their plans. They had good relationships with the teachers, students. They were doing fine.

A great percentage of the kids that ate the marshmallow, they were in trouble. They did not make it to university. They had bad grades. Some of them dropped out. A few were still there with bad grades. A few had good grades.

I had a question in my mind: Would Hispanic kids react the same way as the American kids? So I went to Colombia. And I reproduced the experiment. And it was very funny. I used four,five and six years old kids. And let me show you what happened.

(Spanish) (Laughter)

So what happened in Colombia? Hispanic kids,two out of three ate the marshmallow; one out of three did not. This little girl was interesting; she ate the inside of the marshmallow. (Laughter) In other words, she wanted us to think that she had not eaten it, so she would get two. But she ate it. So we know she'll be successful. But we have to watch her. (Laughter) She should not go into banking, for example, or work at a cash register. But she will be successful.

And this applies for everything. Even in sales. The sales person that -- the customer says, "I want that." And the person says, "Okay, here you are." That person ate the marshmallow. If the sales person says, "Wait a second. Let me ask you a few questions to see if this is a good choice." Then you sell a lot more. So this has applications in all walks of life.

I end with -- the Koreans did this. You know what? This is so good that we want a marshmallow book for children. We did one for children. And now it is all over Korea. They are teaching these kids exactly this principle. And we need to learn that principle here in the States, because we have a big debt. We are eating more marshmallows than we are producing. Thank you so much.

私は 非常に大切なメッセージを 伝えに来ました 成功するために 最も重要なことを 見つけたと思うからです そして それはこの近くのスタンフォード大学で 見つかりました 心理学の研究者が、4歳の子どもたちを一人ずつ 大人たちの誰もいない部屋へ 入れました そして その4歳の子どもに こう言うのです 「ジョニー これからここに マシュマロを置いておくけど 15分して戻ってきた時に まだマシュマロがあったら もう一個 もらえるよ そうしたら二つ食べられるんだよ」 4歳児に 自分の好きなものを 15分間待て と 言い聞かせるのは 大人が「2時間後にコーヒーをお持ちします」と言われるようなものです (笑い) ぴったり同じです

では 教授が部屋を出た後 何が起こったのでしょう? ドアが閉まると同時に… パクっ 3人のうち2人が マシュマロを食べてしまいます 5秒 10秒 40秒 50秒 2分 4分 8分 14分半のところで食べてしまった子もいます (笑い) どうしても 待ちきれなかったのです 面白いことに 3人のうち1人が マシュマロを見ては このようにやるのです… マシュマロを見る 元に戻す 歩き回る スカートやズボンで遊ぶ

その子たちは4歳にして すでに 成功するために最も重要なことを 知っているのです それは 楽しみを後に取っておく という能力です 自制すること それは 成功するために最も重要な要素です 14年か15年経ってから 追跡調査を行いました 何が分かったか? 研究者たちは 18歳から19歳になったその子どもたちを見つけ マシュマロを食べなかった子どもたちはみんな 人生がうまくいっていることを 発見したのです 成績が良い 非常に良い出来である 幸せである 将来の見通しがある 先生や友達と よい人間関係を築いている とにかくうまくやっていた

マシュマロを食べた子どもたちの多くは 何かしら問題を抱えていました 大学に行けなかった 成績が悪い 何人かは中退 在学している一握りも 成績が悪い 成績が良かったのは ほんのわずかだけ

私は疑問を抱きました ラテンアメリカの子どもも― アメリカの子どもと同じ反応をするのか? そこで私はコロンビアで同じ実験をやってみました 非常に面白かったです 4歳から6歳が対象でした 何が起こったか お見せしましょう

(笑い)

コロンビアでは 結果はどうだったのか? コロンビアの子どもも 3人に2人はマシュマロを食べました 3分の1の子どもは 食べませんでした この女の子は 興味深いです この子は マシュマロの中を食べました (笑い) つまり 彼女は二つもらえるように 食べてないと見せかけようとした でも 食べたわけです だから 彼女は成功するでしょう でも見張っておく必要があります (笑い) 例えば 彼女は銀行だとか レジで働かせてはいけない でも この子は成功するでしょう

そして これは全てに当てはまります セールスにもです あるセールスマンが… 「これがほしい」と言う客に「どうぞ」と渡す このセールスマンは マシュマロを食べた側です もしこの人が「お聞かせいただけますか? もっとお客様に合うものがあるかもしれません」と言えば この人は もっと売上を伸ばせる どんな職業の人にも これは当てはまるのです

最後になりますが 韓国の人たちがこれをやったのです 結果は? とても素晴らしかった それで これを本にしたいという話になりました そして子どものための本が作られました それが今韓国中に広まっています この原理を そのまま子どもたちに教えているのです この原理を 合衆国でも教える必要があります 私たちには 大きな借金があるからです 我々は 作る以上のマシュマロを 食べているのです ご静聴ありがとうございました

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画