TED日本語 - スティーブン・アディス: 一枚一枚の写真で綴る父娘の絆

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - スティーブン・アディス: 一枚一枚の写真で綴る父娘の絆

TED Talks

一枚一枚の写真で綴る父娘の絆
A father-daughter bond, one photo at a time
スティーブン・アディス
Steven Addis

内容

ずっと以前、とあるニューヨークの街角で、1歳の娘を抱えて立つスティーブン・アディスを妻がスナップ写真に収めました。それが父と娘の年中行事の始まりでした。アディスは娘といっしょに毎年同じ街角で同じ写真を撮り続けています。アディスはその宝物の写真15枚を見せながら、このささやかな行事の繰り返しがなぜ大きな意味を持つのかを語っています。

Script

Photography has been my passion ever since I was old enough to pick up a camera, but today I want to share with you the 15 most treasured photos of mine, and I didn't take any of them. There were no art directors, no stylists, no chance for reshoots, not even any regard for lighting. In fact, most of them were taken by random tourists.

My story begins when I was in New York City for a speaking engagement, and my wife took this picture of me holding my daughter on her first birthday. We're on the corner of 57th and 5th. We happened to be back in New York exactly a year later, so we decided to take the same picture.

Well you can see where this is going. Approaching my daughter's third birthday, my wife said, "Hey, why don't you take Sabina back to New York and make it a father-daughter trip, and continue the ritual?" This is when we started asking passing tourists to take the picture.

You know, it's remarkable how universal the gesture is of handing your camera to a total stranger. No one's ever refused, and luckily no one's ever run off with our camera.

Back then, we had no idea how much this trip would change our lives. It's really become sacred to us. This one was taken just weeks after 9/11, and I found myself trying to explain what had happened that day in ways a five-year-old could understand.

So these photos are far more than proxies for a single moment, or even a specific trip. They're also ways for us to freeze time for one week in October and reflect on our times and how we change from year to year, and not just physically, but in every way. Because while we take the same photo, our perspectives change, and she reaches new milestones, and I get to see life through her eyes, and how she interacts with and sees everything. This very focused time we get to spend together is something we cherish and anticipate the entire year.

Recently, on one trip, we were walking, and she stops dead in her tracks, and she points to a red awning of the doll store that she loved when she was little on our earlier trips. And she describes to me the feeling she felt as a five-year-old standing in that exact spot. She said she remembers her heart bursting out of her chest when she saw that place for the very first time nine years earlier. And now what she's looking at in New York are colleges, because she's determined to go to school in New York. And it hit me: One of the most important things we all make are memories.

So I want to share the idea of taking an active role in consciously creating memories. I don't know about you, but aside from these 15 shots, I'm not in many of the family photos. I'm always the one taking the picture. So I want to encourage everyone today to get in the shot, and don't hesitate to go up to someone and ask, "Will you take our picture?" Thank you. (Applause)

初めてカメラを手にした時から 写真は 私がずっと情熱を傾けてきたものです 今日は 私が一番大切にしている 15枚の写真を お見せしますが いずれも? 私が撮ったものではありません アート・ディレクターもスタイリストもいなければ 撮り直すチャンスもなく光の加減すら気にしていない 実のところ ほとんどは 見知らぬ人に撮ってもらったものなんです

この物語の始まりは ニューヨークへ講演で行った折りに 1歳の誕生日を迎えた娘を抱える私を 妻が写真に撮った時でした57丁目と5番街の角のところです ちょうどその1年後に たまたまニューヨークに行くことになり また同じ写真を撮ることにしました

その後どうなったのか予想が付くでしょう 娘の3歳の誕生日が近づいたとき 妻が言ったんです「サブリナとまた ニューヨークに行ったらいいんじゃない? 父娘旅行を恒例にしたら?」 この時から 行きずりの人に写真を頼むようになりました

赤の他人にカメラを渡すジェスチャーは 驚くくらい誰にでも通じます 一度も断られたことはありません幸い カメラを持って逃げる人もいませんでした

これが 私たちの人生を変えることになるとは 当時は予想だにしませんでした 私たちにとって 本当に神聖なものになったのです これは9.11の何週間か後に撮ったものです その日 起こった出来事を私は どうにか 5歳の子にも分かるよう説明しようとしていました

これらの写真にはある一瞬や 特定の旅行の記録という以上の価値があります ある10月の1週間という― 時間を閉じ込め 自分たちが過ごした時を思い返し 肉体的にも その他の面でも 年々どう変わってきたのか見直す方法でもあるのです 同じ写真を撮っていても 私たちの ものの見方は変わっていきます 娘は新たな節目をいくつも迎え 私は娘の目を通してものを見るようになりました 娘が周りと どう関わりどんな見方をするか 分かるようになりました 共に過ごす この特別な時間を私たちは大切にし 一年中待ち望むようになりました

最近の旅行でのことですが 通りを歩いていると 娘が凍り付いたように立ち止まり とある店の赤い日よけを指さしました 幼い頃 訪れた際に見つけて すごく気に入った人形の店です 5歳の自分がその場で どんな風に感じたか話してくれました 9年前に訪れて初めてその店を見たとき 心臓が胸から飛び出しそうなくらいドキドキしたのを はっきり覚えていると 今 娘が この街に見ているのは 大学です ニューヨークの大学に行くと心に決めているのです それで気付かされました 私たちが作る最も大切なものは思い出なのだと

だから私は皆さんにも積極的に 思い出を作ってほしいと伝えたいのです 皆さんはどうか分かりませんが 私はこの15枚を別にすると 自分の写真があまりありません 私はいつも撮る側です 自分も写真に入ることを お勧めします ためらわずに頼みましょう 「写真を撮ってもらえませんか?」と ありがとうございました(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画