TED日本語 - リヴ・ボエリー: ポーカーの達人が教える決断の3つの秘訣

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - リヴ・ボエリー: ポーカーの達人が教える決断の3つの秘訣

TED Talks

ポーカーの達人が教える決断の3つの秘訣
3 lessons on decision-making from a poker champion
リヴ・ボエリー
Liv Boeree

内容

実力だけでなく運も必要なものなのでしょうか?重要な決断をするときには直感を信じるべきか、それとも確率と細心の分析に頼るべきか?この短い講演では、プロのポーカープレーヤーであるリヴ・ボエリーが、勝負の世界で学んだ3つの戦略と、その日常への応用について語ります。

Script

So I'm a professional poker player, and today, I want to talk about three things that the game has taught me around decision-making that I find apply to everyday life.

Now the first of these things is about luck. Now, like poker, life is also a game of skill and luck, and when it comes to the biggest things we care about -- health, wealth and relationships -- these outcomes don't only depend on the quality of our decision-making, but also the roll of life's dice. For example, we can be perfectly health-conscious and still get unlucky with something like cancer. Or we can smoke 20 a day and live to a ripe old age, and this kind of ambiguity can make it hard for us to know how good our strategies are, sometimes, especially when we're experiencing a lot of success.

For example, back in 2010, I won a really big poker tournament known as the European Poker Tour. And because I'd only been playing full-time for about a year, when I won, I assumed I must be rather brilliant. In fact, I thought I was so brilliant that I not only got rather lazy with studying the game, but I also got more risky, started playing in the biggest tournaments I could against the very best in the world. And then my profit graph went from a thing of beauty to something kind of sad, with this worrying downhill trend for a long time, until I finally realized that I was overestimating my skill level, and got my act together.

And this kind of reminds me of what we've been seeing in the cryptocurrency space, at least in 2017, where the only thing that's been going up faster than the markets themselves is the number of "senior investment specialists" who have been appearing out of nowhere. Now I'm not saying it's not possible to have a strategic edge, but at the same time, it's very easy to feel like a genius when you're in a market that's going up so fast that even the worst strategies are making a profit. So when we're experiencing success, it's important to take a moment to really ask ourselves how much of it is truly down to us, because our egos love to downplay the luck factor when we're winning.

Now, a second thing poker taught me is the importance of quantifying my thinking. When you're playing, you can't just get away with going, "Eh, they're probably bluffing." That's just going to lose you a bunch of money, because poker is a game of probabilities and precision, and so you have to train yourself to think in numbers. So now, whenever I catch myself thinking vaguely about something really important, like, "It's unlikely I'll forget what I want to say in my TED Talk," I now try to estimate it numerically.

(Laughter)

Trust me, it helps a lot with the planning process. And the thing is, almost anything that could possibly happen here today, or at any point in the future, can also be expressed as a probability, too.

(Laughter)

So now I also try to speak in numbers as well. So if someone asks me, "Hey, Liv, do you think you're going to come along to that thing tonight?" instead of just saying to them, "Yeah, probably," I actually give them my best estimate -- say,60 percent. Because -- I know that sounds a little odd -- but the thing is, I ran a poll on Twitter of what people understand the word "probably" to mean, and this was the spread of answers. Enormous! So apparently, it's absolutely useless at actually conveying any real information.

So if you guys catch yourselves using these vague words, like "probably" or "sometimes," try, instead, using numbers, because when we speak in numbers, we know what lands in the other person's brain.

Now, the third thing I want to touch on today is intuition. How often have you seen these kinds of inspirational memes in your Facebook feed?

[ Always trust your gut feeling and never second-guess. ]

They're nice, right? It's lovely. Yes. "Trust your soul." Well, they're terrible advice. These are some of the best poker players in the world right now. Do they look like people who live purely off feelings and intuitions?

(Laughter)

Look at them! Obviously, these guys are about slow, careful analysis, and that's because the game has outgrown the days where pure street smarts and people-reading can get you to the top. And that's because our intuitions aren't nearly as perfect as we'd like to believe. I mean, it'd be great, whenever we're in a tough spot, to just have an answer appear to us from some magical source of inspiration. But in reality, our gut is extremely vulnerable to all kinds of wishful thinking and biases.

So then, what is our gut good for? Well, all the studies I've read conclude that it's best-suited for everyday things that we have lots and lots of experience in, like how we just know that our friend is mad at us before we've even said anything to them, or whether we can fit our car into a tight parking spot. But when it comes to the really big stuff, like what's our career path going to be or who should we marry, why should we assume that our intuitions are better calibrated for these than slow, proper analysis? I mean, they don't have any data to be based off.

So my third lesson is, while we shouldn't ignore our intuitions, we shouldn't overprivilege them either. And I'd like to summarize these three lessons today with my own set of memes, with more of a poker-player twist.

"Success is sweetest when you achieve it across a large sample size."

(Laughter)

"Your gut is your friend and so is a cost-benefit analysis.

(Laughter)

"The future is unknown, but you can damn well try and estimate it."

Thank you.

(Applause)

私はプロのポーカー プレーヤーですが 今日はポーカーの 勝負が教えてくれた 日常に応用できる決断の秘訣を 3つお話しします

1つ目は運に関することです ポーカーと同じように 人生もまた腕と運が物を言います 私達が最も気にかけていること ― 健康 お金 人間関係 こういったものの結果は 決断の善し悪しだけでなく 運にも左右されます たとえば 健康にとても 気を遣っていても がんのような不運に 見舞われることがあるし 一方で毎日20本タバコを吸っていても 長生きする人がいます このような不確かさのため 自分の戦略が良いのかどうか 分かりにくく 成功しているときは 特にそうです

たとえば私は2010年に 「欧州ポーカーツアー」という すごく大きな大会で優勝しました ポーカーに専念するようになって まだ1年足らずの時で 自分は才能があるに 違いないと思いました 自分はすごいと思ったため 試合をちゃんと 研究しなかっただけでなく 大きな賭に 出るようになりました できるだけ大きな大会に出て 世界最高のプレーヤーたちを 相手にしました そして私の収入のグラフは 素晴らしいところから 残念な感じになっていき 懸念すべき下落が 長く続いて ようやく自分の力を 過大評価していたことに気付き しっかり考え直したのです

これは2017年に 暗号通貨で見られたことを 思い起こさせます 相場よりも早く上がっていた 唯一のものは 自称「投資の上級スペシャリスト」 の数くらいで どこからともなく 現れたものです 戦略的優位を得るのは不可能だと 言うのではありませんが 最悪の戦略でも利益が出るほど 相場が上がっている時には 自分は天才だと 簡単に錯覚してしまいます だから成功している時には 少し立ち止まって 自分の実力による部分が どれくらいなのか 考えることが大切で 私達のエゴは 勝っている時に 運の要素を小さく見がちだからです

ポーカーが教えてくれた 2つ目のことは 数値化して考えるのが 大切だということです 勝負しているときは 「どうせハッタリだろう」と言って 済ますわけにはいきません たくさんのお金を 失うことになります ポーカーというのは 確率と精度のゲームであり 数字で考えるよう 自分を鍛える必要があります 自分が何か 重要なことについて ― たとえば「TEDトークで話す内容を 忘れたりしないよね」みたいに 漠然と考えていることに 気付いたら 数値的な推定を試みます

(笑)

これは計画段階で とても有用なんです 今日のこの場や 将来の時点では あらゆることが 起きえるものなので それも確率的に 表しておくと良いでしょう

(笑)

話す時も数字を 使うようにしています 「ねぇ今晩来られそう?」 と聞かれたら 「たぶん」みたいに 答える代わりに 最善の推定値を出します 「60%ね」とか 変に聞こえる かもしれませんが みんな「たぶん」を どう解しているのか Twitterでアンケートしてみたら 答えが こんな分布に なったんです すごいでしょう これでは情報を 伝えるという点で 意味をなしません

「たぶん」とか「ときどき」みたいな 曖昧な言葉を使っているのに気付いたら 代わりに数字を 使ってみてください 数字であれば 本当に考えていることが分かります

今日お話ししたい3つ目は 直感です こういう心に 訴えようとするミームを Facebookで よく見かけませんか?

[自分の直感を信じ グズグズ考えない 直感はいつだって正しい」

いいですよね 素敵です 「自分の魂を信じましょう!」 ひどいアドバイスです これは現在最高の ポーカープレーヤーたちです 感覚と直感だけで 生きているように見えますか?

(笑)

よく見てよ! この人たちは時間をかけて 注意深く分析します 抜け目なさや勘だけで トップに立てたのは 昔の話です 直感は私達が 思っているほど 完璧なものでは ありません 困難に直面したとき 魔法の霊感の源から 答えが パッとやってくるのならいいですが 現実には 直感というのは 希望的観測や先入観に対して 弱いものなんです

では直感が働くのは どんなときなんでしょう? 研究によると 直感が当てにできるのは 日常的に多くの 経験がある事柄 何か言う前から 友達が怒っていることに気づくとか ギリギリの駐車スペースに 停められそうか といったことです でも大きなことになると別です 自分のキャリアパスが どうなるかとか 誰と結婚すべきかとか どうして そういった ことについて 時間をかけてきちっと分析するよりも 直感の方がいいと思うのでしょう? 何のデータにも基づいて いないというのに

私の3つ目の教訓は 直感を無視すべきではないが 過信してもいけない ということです ミームを使って 今日の3つの教訓の まとめをしましょう ポーカー流に捻ってあります

「成功が最も甘美なのは 大きな標本数で成し遂げた時である」

(笑)

「直感は強い味方だ 費用便益分析と同じように」

(笑)

「未来のことは分からない でも推測を試みることはできる」

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画