TED日本語 - マヤ・ペン: 若き起業家、アニメ作家、デザイナー、そして活動家

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - マヤ・ペン: 若き起業家、アニメ作家、デザイナー、そして活動家

TED Talks

若き起業家、アニメ作家、デザイナー、そして活動家
Meet a young entrepreneur, cartoonist, designer, activist …
マヤ・ペン
Maya Penn

内容

マヤ・ペンは、8歳のときに初めて起業し、どうすればお客さん、そして地球のためになるか深く考えています。アニメーションあり、デザインあり、まわりも巻き込むようなエネルギーありのこの魅力的なトークで、彼女は自分の物語を聞かせてくれます。

Script

Server: May I help you, sir?

Customer: Uh, let's see.

Server: We have pan seared registry error sprinkled with the finest corrupted data, binary brioche, RAM sandwiches, Conficker fitters, and a scripting salad with or without polymorphic dressing, and a grilled coding kabob.

Customer: I'd like a RAM sandwich and a glass of your finest Code 39.

Server: Would you like any desserts, sir? Our special is tracking cookie.

Customer: I'd like a batch of some zombie tracking cookies, thank you.

Server: Coming right up, sir. Your food will be served shortly.

(Applause)

Maya Penn: I've been drawing ever since I could hold a crayon, and I've been making animated flip books since I was three years old. At that age, I also learned about what an animator was. There was a program on TV about jobs most kids don't know about. When I understood that an animator makes the cartoons I saw on TV, I immediately said, "That's what I want to be." I don't know if I said it mentally or out loud, but that was a greatly defining moment in my life.

Animation and art has always been my first love. It was my love for technology that sparked the idea for "Malicious Dishes." There was a virus on my computer, and I was trying to get rid of it, and all of a sudden, I just thought, what if viruses have their own little world inside the computer? Maybe a restaurant where they meet up and do virusy things? And thus, "Malicious Dishes" was born.

At four years old, my dad showed me how to take apart a computer and put it back together again. That started my love for technology. I built my first website myself in HTML, and I'm learning JavaScript and Python.

I'm also working on an animated series called "The Pollinators." It's about bees and other pollinators in our environment and why they're so important. If plants aren't pollinated by the pollinators, then all creatures, including ourselves, that depend on these plants, would starve. So I decided to take these cool creatures and make a superhero team. (Applause) (Foot stomp) (Music) (Roar) Pollinator: Deforestsaurus! I should have known! I need to call on the rest of the Pollinators! (Music)

Thank you. (Applause)

All of my animations start with ideas, but what are ideas? Ideas can spark a movement. Ideas are opportunities and innovation. Ideas truly are what make the world go round. If it wasn't for ideas, we wouldn't be where we are now with technology, medicine, art, culture, and how we even live our lives. At eight years old, I took my ideas and started my own business called Maya's Ideas, and my nonprofit, Maya's Ideas for the Planet. (Laughter) And I make eco-friendly clothing and accessories. I'm 13 now, and although I started my business in 2008, my artistic journey started way before then. I was greatly influenced by art, and I wanted to incorporate it in everything I did, even my business. I would find different fabrics around the house, and say, & quot; This could be a scarf or a hat, & quot; and I had all these ideas for designs. I noticed when I wore my creations, people would stop me and say, "Wow, that's really cute. Where can I get one?" And I thought, I can start my own business.

Now I didn't have any business plans at only eight years old. I only knew I wanted to make pretty creations that were safe for the environment and I wanted to give back. My mom taught me how to sew, and on my back porch, I would sit and make little headbands out of ribbon, and I would write down the names and the price of each item. I started making more items like hats, scarves and bags. Soon, my items began selling all over the world, and I had customers in Denmark, Italy, Australia, Canada and more.

Now, I had a lot to learn about my business, like branding and marketing, staying engaged with my customers, and seeing what sold the most and the least. Soon, my business really started to take off. Then one day, Forbes magazine contacted me when I was 10 years old. (Laughter) They wanted to feature me and my company in their article.

Now a lot of people ask me, why is your business eco-friendly? I've had a passion for protecting the environment and its creatures since I was little. My parents taught me at an early age about giving back and being a good steward to the environment. I heard about how the dyes in some clothing or the process of even making the items was harmful to the people and the planet, so I started doing my own research, and I discovered that even after dyeing has being completed, there is a waste issue that gives a negative impact on the environment. For example, the grinding of materials, or the dumping of dried powder materials. These actions can pollute the air, making it toxic to anyone or anything that inhales it. So when I started my business, I knew two things: All of my items had to be eco-friendly, and 10 to 20 percent of the profits I made went to local and global charities and environmental organizations. (Applause) I feel I'm part of the new wave of entrepreneurs that not only seeks to have a successful business, but also a sustainable future. I feel that I can meet the needs of my customers without compromising the ability of future generations to live in a greener tomorrow.

We live in a big, diverse and beautiful world, and that makes me even more passionate to save it. But it's never enough to just to get it through your heads about the things that are happening in our world. It takes to get it through your hearts, because when you get it through your heart, that is when movements are sparked. That is when opportunities and innovation are created, and that is why ideas come to life.

Thank you, and peace and blessings.

(Applause)

Thank you. (Applause)

Pat Mitchell: So, you heard Maya talk about the amazing parents who are behind this incredible woman. Where are they? Please, Mr. and Mrs. Penn. Would you just -- Ah! (Applause)

(給仕) ご注文は?

(客) うーん どうしようかね

(給仕) レジストリ・エラーの炙り 最高級破損データ添え 二進法ブリオッシュ RAMサンドイッチ コンフィッカーのフリッターがございます スクリプトのサラダには 多形ドレッシングをおつけできます コーディング・ケバブのグリルも ございます

(客) RAMサンドイッチと 最高級コード39をいただこうか

(給仕) ご一緒にデザートは いかがですか? トラッキング・クッキーがおすすめです

(客) トラッキング・クッキー ゾンビ味で

(給仕) かしこまりました すぐにお持ちします

(拍手)

私はクレヨンを手にした時から 絵を描き続けています 3歳の時からパラパラ漫画も 作り続けています アニメーターがどんな仕事かを 知ったのも3歳の時です 色んな仕事を紹介する 子供向けの テレビ番組で見たのです テレビで見ているアニメを作っているのは アニメーターだと知って 「私もこれがやりたい」と思いました 口に出したか 心で思ったのかは 覚えていませんが この時に私の人生が 大きく動き出しました

それ以来ずっとアニメーションと アートが大好きです テクノロジー好きの私は 『意地悪レストラン』を 思いつきました パソコンがウイルスに感染し 除去しようとしているうちに 突然 思いついたのです パソコンの中にウイルスの 小さな世界があったらどうだろう? ウイルスっぽいものを出す レストランで待ち合わせたりするのかな? それで『意地悪レストラン』が 生まれたのです

4歳の時 父が私に パソコンを分解して 組み立てる方法を教えてくれました そこからテクノロジーが 好きになりました HTMLで初めて自分のウェブサイトを作り 今はJavaScriptとPythonを勉強しています

『ポリネーターズ』という アニメーションにも 取り組んでいます ハチなどの受粉を媒介する 生き物についてのアニメで なぜ彼らが重要なのかを 描いています 植物が受粉媒介者によって 受粉できなければ 私たち人間も含めて 植物に依存している あらゆる生き物は飢えてしまいます そこで 私はこれらの かっこいい生き物を題材に スーパーヒーローのチームを 作ろうと思いました (拍手) (大きな足音) (音楽) (うなり声) (ポリネーター) 森林破壊サウルス! 油断したわ! ポリネーターのみんなを呼ばなくちゃ! (音楽)

ありがとうございます (拍手)

私のアニメーションは全て アイデアから生まれていますが アイデアとは何でしょうか? アイデアによって 行動が生まれることがあります アイデアは機会であり 革新でもあります アイデアがあるから 世界がまわっているのです アイデアがなければ 私たちの 現在のテクノロジーや医療― 芸術 文化 そして私たちの生き方は 存在しなかったでしょう 8歳の時 私は自分のアイデアを集めて 「マヤのアイデア」というビジネスと 「地球のためのマヤのアイデア」 という非営利事業を始めました (笑) 環境にやさしい衣服や アクセサリーを作っています 今私は13歳で ビジネスを始めたのは 2008年のことですが 私のアートの道は そのずっと前から始まっていました 私はアートに大きく影響を受けたので 私のすること全て ビジネスにも アートを取り入れたいと思いました 家でたくさんの種類の布を見つけては 「これはスカーフや帽子にできるわ」 と言ったものです デザインのアイデアがたくさんありました 自分で作ったものを身に着けると 皆 立ち止まってこう言ってくれました 「わぁ すごくかわいい どこで買えるの?」 そこで 私のビジネスを 始められると思いました

ほんの8歳だった私は 何のビジネス・プランも 持っていませんでした 環境に対して安全な かわいいものを作って お返しがしたいという 思いだけでした 母がお裁縫を教えてくれ 私は家の裏のポーチに座って リボンでヘアバンドを作り それぞれに名前や値段をつけました 帽子やスカーフや かばんのようなものを 作るようになりました やがて私の作ったものが 世界で売れるようになり デンマークやイタリア オーストラリアや カナダや他の国々の お客さんができました

そして私はビジネスについて たくさん学ばねばなりませんでした ブランディングやマーケティング 顧客とのつながりを保つこと 売れ筋をわかるようになることなどです やがて 私のビジネスは 軌道に乗り始めました ある日 10歳の時 雑誌の『フォーブス』から連絡がありました (笑) 私と私の会社について 記事にしたいというのです

多くの人に聞かれるのは どうして私のビジネスが 環境にやさしいのか?ということです 私は幼い頃から環境や生き物を 守ることを熱心に考えていました 両親は私が幼い頃に 恩返しをすることや 環境に責任を持つことを教えてくれました 衣服の染料や 製品を作る工程の中には 人や地球に有害なものもあると聞き 私は自分で調べ始めました そして わかったのは 染色が終わった後でも その廃棄物が環境に よくない影響を与えるという 問題があるということです たとえば 原料を挽くときや 乾燥した粉状の原料の廃棄などです これらは空気を汚染し その空気を吸う人や動物に 有害なのです ですから 私は起業したとき 2つのことを考えました 製品は全て環境に やさしくなければならないこと そして 10~20パーセントの利益は 地元や世界の慈善活動や 環境保護団体に寄付することでした (拍手) 私はビジネスを成功させるだけでなく 持続可能な将来に貢献する 新しい起業家の1人だと感じています 未来の世代が より緑にあふれた明日を 生きることをあきらめることなく 顧客のニーズに応えることは できると思います

私たちは大きく多様で美しい世界に 生きています ですから この世界を守りたいとより強く思うのです ですが この世界で起きていることを ただ考えるだけでは 十分ではありません 心で理解する必要があるのです なぜなら 心で理解すれば 行動が生まれるからです その時こそ 機会や 革新が生まれるのであり そうやって私のアイデアは 現実のものになるのです

ありがとうございました 平和と恵みがありますように

(拍手)

ありがとうございました

パット・ミッチェル:この素晴らしい女性― マヤを支えている 素晴らしいご両親について 話がありましたね ご両親はどこでしょうか? どうぞ ペンご夫妻 あぁ! (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画