TED日本語 - ジャ・ジャン: 100日間拒絶チャレンジで学んだこと

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジャ・ジャン: 100日間拒絶チャレンジで学んだこと

TED Talks

100日間拒絶チャレンジで学んだこと
What I learned from 100 days of rejection
ジャ・ジャン
Jia Jiang

内容

ジャ・ジャンが果敢に挑むのは、私たちの多くが尻込みする領域「拒絶」です。知らない人に100ドル貸してと頼むことに始まって、果てはレストランで「ハンバーガーのお代わり無料サービス」をお願いするなど、100日間拒絶されるという挑戦を行うことで、ジャ・ジャンは、拒絶されたときに起こりがちな精神的な苦痛や恥ずかしさに対する免疫を身につけました。そしてその過程で、自分の希望をただ伝えることで、絶対に無理と思える状況に可能性の扉を開くことができると気づいたのです。

Script

When I was six years old, I received my gifts. My first grade teacher had this brilliant idea. She wanted us to experience receiving gifts but also learning the virtue of complimenting each other. So she had all of us come to the front of the classroom, and she bought all of us gifts and stacked them in the corner. And she said, "Why don't we just stand here and compliment each other? If you hear your name called, go and pick up your gift and sit down." What a wonderful idea, right? What could go wrong?

(Laughter)

Well, there were 40 of us to start with, and every time I heard someone's name called, I would give out the heartiest cheer. And then there were 20 people left, and 10 people left, and five left ... and three left. And I was one of them. And the compliments stopped. Well, at that moment, I was crying. And the teacher was freaking out. She was like, "Hey, would anyone say anything nice about these people?"

(Laughter)

"No one? OK, why don't you go get your gift and sit down. So behave next year -- someone might say something nice about you."

(Laughter)

Well, as I'm describing this you, you probably know I remember this really well.

(Laughter)

But I don't know who felt worse that day. Was it me or the teacher? She must have realized that she turned a team-building event into a public roast for three six-year-olds. And without the humor. You know, when you see people get roasted on TV, it was funny. There was nothing funny about that day.

So that was one version of me, and I would die to avoid being in that situation again -- to get rejected in public again. That's one version. Then fast-forward eight years. Bill Gates came to my hometown -- Beijing, China -- to speak, and I saw his message. I fell in love with that guy. I thought, wow, I know what I want to do now. That night I wrote a letter to my family telling them: "By age 25, I will build the biggest company in the world, and that company will buy Microsoft."

(Laughter)

I totally embraced this idea of conquering the world -- domination, right? And I didn't make this up, I did write that letter. And here it is --

(Laughter)

You don't have to read this through --

(Laughter)

This is also bad handwriting, but I did highlight some key words. You get the idea.

(Laughter)

So ... that was another version of me: one who will conquer the world.

Well, then two years later, I was presented with the opportunity to come to the United States. I jumped on it, because that was where Bill Gates lived, right?

(Laughter)

I thought that was the start of my entrepreneur journey. Then, fast-forward another 14 years. I was 30. Nope, I didn't build that company. I didn't even start. I was actually a marketing manager for a Fortune 500 company. And I felt I was stuck; I was stagnant. Why is that? Where is that 14-year-old who wrote that letter? It's not because he didn't try. It's because every time I had a new idea, every time I wanted to try something new, even at work -- I wanted to make a proposal, I wanted to speak up in front of people in a group -- I felt there was this constant battle between the 14-year-old and the six-year-old. One wanted to conquer the world -- make a difference -- another was afraid of rejection. And every time that six-year-old won.

And this fear even persisted after I started my own company. I mean, I started my own company when I was 30 -- if you want to be Bill Gates, you've got to start sooner or later, right? When I was an entrepreneur, I was presented with an investment opportunity, and then I was turned down. And that rejection hurt me. It hurt me so bad that I wanted to quit right there. But then I thought, hey, would Bill Gates quit after a simple investment rejection? Would any successful entrepreneur quit like that? No way. And this is where it clicked for me. OK, I can build a better company. I can build a better team or better product, but one thing for sure: I've got to be a better leader. I've got to be a better person. I can not let that six-year-old keep dictating my life anymore. I have to put him back in his place.

So this is where I went online and looked for help. Google was my friend.

(Laughter)

I searched, "How do I overcome the fear of rejection?" I came up with a bunch of psychology articles about where the fear and pain are coming from. Then I came up with a bunch of "rah-rah" inspirational articles about "Don't take it personally, just overcome it." Who doesn't know that?

(Laughter)

But why was I still so scared? Then I found this website by luck. It's called rejectiontherapy.com.

(Laughter)

"Rejection Therapy" was this game invented by this Canadian entrepreneur. His name is Jason Comely. And basically the idea is for 30 days you go out and look for rejection, and every day get rejected at something, and then by the end, you desensitize yourself from the pain. And I loved that idea.

(Laughter)

I said, "You know what? I'm going to do this. And I'll feel myself getting rejected 100 days." And I came up with my own rejection ideas, and I made a video blog out of it.

And so here's what I did. This is what the blog looked like. Day One ...

(Laughter)

Borrow 100 dollars from a stranger. So this is where I went to where I was working. I came downstairs and I saw this big guy sitting behind a desk. He looked like a security guard. So I just approached him. And I was just walking and that was the longest walk of my life -- hair on the back of my neck standing up, I was sweating and my heart was pounding. And I got there and said, "Hey, sir, can I borrow 100 dollars from you?"

(Laughter)

And he looked up, he's like, "No." "Why?"

And I just said, "No? I'm sorry." Then I turned around, and I just ran.

(Laughter)

I felt so embarrassed. But because I filmed myself -- so that night I was watching myself getting rejected, I just saw how scared I was. I looked like this kid in "The Sixth Sense." I saw dead people.

(Laughter)

But then I saw this guy. You know, he wasn't that menacing. He was a chubby, loveable guy, and he even asked me, "Why?" In fact, he invited me to explain myself. And I could've said many things. I could've explained, I could've negotiated. I didn't do any of that. All I did was run. I felt, wow, this is like a microcosm of my life. Every time I felt the slightest rejection, I would just run as fast as I could. And you know what? The next day, no matter what happens, I'm not going to run. I'll stay engaged.

Day Two: Request a "burger refill."

(Laughter)

It's when I went to a burger joint, I finished lunch, and I went to the cashier and said, "Hi, can I get a burger refill?"

(Laughter)

He was all confused, like, "What's a burger refill?"

(Laughter)

I said, "Well, it's just like a drink refill but with a burger." And he said, "Sorry, we don't do burger refill, man."

(Laughter)

So this is where rejection happened and I could have run, but I stayed. I said, "Well, I love your burgers, I love your joint, and if you guys do a burger refill, I will love you guys more."

(Laughter)

And he said, "Well, OK, I'll tell my manager about it, and maybe we'll do it, but sorry, we can't do this today." Then I left. And by the way, I don't think they've ever done burger refill.

(Laughter)

I think they're still there. But the life and death feeling I was feeling the first time was no longer there, just because I stayed engaged -- because I didn't run. I said, "Wow, great, I'm already learning things. Great."

And then Day Three: Getting Olympic Doughnuts. This is where my life was turned upside down. I went to a Krispy Kreme. It's a doughnut shop in mainly the Southeastern part of the United States. I'm sure they have some here, too. And I went in, I said, "Can you make me doughnuts that look like Olympic symbols? Basically, you interlink five doughnuts together ... "I mean there's no way they could say yes, right? The doughnut maker took me so seriously.

(Laughter)

So she put out paper, started jotting down the colors and the rings, and is like, "How can I make this?" And then 15 minutes later, she came out with a box that looked like Olympic rings. And I was so touched. I just couldn't believe it. And that video got over five million views on Youtube. The world couldn't believe that either.

(Laughter)

You know, because of that I was in newspapers, in talk shows, in everything. And I became famous. A lot of people started writing emails to me and saying, "What you're doing is awesome." But you know, fame and notoriety did not do anything to me. What I really wanted to do was learn, and to change myself. So I turned the rest of my 100 days of rejection into this playground -- into this research project. I wanted to see what I could learn.

And then I learned a lot of things. I discovered so many secrets. For example, I found if I just don't run, if I got rejected, I could actually turn a "no" into a "yes," and the magic word is, "why."

So one day I went to a stranger's house, I had this flower in my hand, knocked on the door and said, "Hey, can I plant this flower in your backyard?"

(Laughter)

And he said, "No." But before he could leave I said, "Hey, can I know why?" And he said, "Well, I have this dog that would dig up anything I put in the backyard. I don't want to waste your flower. If you want to do this, go across the street and talk to Connie. She loves flowers." So that's what I did. I went across and knocked on Connie's door. And she was so happy to see me.

(Laughter)

And then half an hour later, there was this flower in Connie's backyard. I'm sure it looks better now.

(Laughter)

But had I left after the initial rejection, I would've thought, well, it's because the guy didn't trust me, it's because I was crazy, because I didn't dress up well, I didn't look good. It was none of those. It was because what I offered did not fit what he wanted. And he trusted me enough to offer me a referral, using a sales term. I converted a referral.

Then one day -- and I also learned that I can actually say certain things and maximize my chance to get a yes. So for example,one day I went to a Starbucks, and asked the manager, "Hey, can I be a Starbucks greeter?" He was like, "What's a Starbucks greeter?" I said, "Do you know those Walmart greeters? You know, those people who say 'hi' to you before you walk in the store, and make sure you don't steal stuff, basically? I want to give a Walmart experience to Starbucks customers."

(Laughter)

Well, I'm not sure that's a good thing, actually -- Actually, I'm pretty sure it's a bad thing. And he was like, "Oh" -- yeah, this is how he looked, his name is Eric -- and he was like, "I'm not sure." This is how he was hearing me. "Not sure." Then I ask him, "Is that weird?" He's like, "Yeah, it's really weird, man." But as soon as he said that, his whole demeanor changed. It's as if he's putting all the doubt on the floor. And he said, "Yeah, you can do this, just don't get too weird."

(Laughter)

So for the next hour I was the Starbucks greeter. I said "hi" to every customer that walked in, and gave them holiday cheers. By the way, I don't know what your career trajectory is, don't be a greeter.

(Laughter)

It was really boring. But then I found I could do this because I mentioned, "Is that weird?" I mentioned the doubt that he was having. And because I mentioned, "Is that weird?", that means I wasn't weird. That means I was actually thinking just like him, seeing this as a weird thing. And again, and again, I learned that if I mention some doubt people might have before I ask the question, I gained their trust. People were more likely to say yes to me.

And then I learned I could fulfill my life dream ... by asking. You know, I came from four generations of teachers, and my grandma has always told me, "Hey Jia, you can do anything you want, but it'd be great if you became a teacher."

(Laughter)

But I wanted to be an entrepreneur, so I didn't. But it has always been my dream to actually teach something. So I said, "What if I just ask and teach a college class?" I lived in Austin at the time, so I went to University of Texas at Austin and knocked on professors' doors and said, "Can I teach your class?" I didn't get anywhere the first couple of times. But because I didn't run -- I kept doing it -- and on the third try the professor was very impressed. He was like, "No one has done this before." And I came in prepared with powerpoints and my lesson. He said, "Wow, I can use this. Why don't you come back in two months? I'll fit you in my curriculum." And two months later I was teaching a class.

This is me -- you probably can't see, this is a bad picture. You know, sometimes you get rejected by lighting, you know?

(Laughter)

But wow -- when I finished teaching that class, I walked out crying, because I thought I could fulfill my life dream just by simply asking. I used to think I have to accomplish all these things -- have to be a great entrepreneur, or get a PhD to teach -- but no, I just asked, and I could teach.

And in that picture, which you can't see, I quoted Martin Luther King, Jr. Why? Because in my research I found that people who really change the world, who change the way we live and the way we think, are the people who were met with initial and often violent rejections. People like Martin Luther King, Jr., like Mahatma Gandhi, Nelson Mandela, or even Jesus Christ. These people did not let rejection define them. They let their own reaction after rejection define themselves. And they embraced rejection.

And we don't have to be those people to learn about rejection, and in my case, rejection was my curse, was my boogeyman. It has bothered me my whole life because I was running away from it. Then I started embracing it. I turned that into the biggest gift in my life. I started teaching people how to turn rejections into opportunities. I use my blog, I use my talk, I use the book I just published, and I'm even building technology to help people overcome their fear of rejection.

When you get rejected in life, when you are facing the next obstacle or next failure, consider the possibilities. Don't run. If you just embrace them, they might become your gifts as well.

Thank you.

(Applause)

6歳のとき 私は贈り物を受け取りました 1年生の担任の先生が すばらしいアイデアを思いついて 先生は私たちに 贈り物をもらうだけではなく 互いに褒め合う美徳を学ぶことも 体験させたいと考えました 先生はクラス全員を 教室の前の方に来させ 買っておいた全員分の贈り物を 教室の隅に積み上げました そして先生は言いました 「ここに立って お互いに褒め合いましょう 褒められた人は 贈り物を取って席に戻ってください」 すばらしい考えでしょう? 問題なんて起きっこないと

(笑)

最初40人いました 誰かの名前が上がるたびに 私は心から応援しました そして残り20人となり 10人となり 5人となり そして3人が残りました 私はそのうちの1人でした そして褒め言葉が止みました その時点で 私は泣いていました 先生も慌て始めました 「この子たちに何か良いことを 言ってあげる人いないの?」

(笑)

「誰もいないの?だったら 贈り物を取って席に戻りなさい 来年は良い子にして 褒めてもらえるようになりなさい」と

(笑)

私の話を聞いて 私がこのことを すごくよく覚えているのが おわかりでしょう

(笑)

でも 気まずい思いをしたのは どっちでしょう? 私か先生か? 先生は 気づいたはずです チーム作りのために行った自分の行為が 6歳児を公開処刑する 羽目になったとね 笑える要素なしにです テレビで誰かが こき下ろされるのを見ますよね それは愉快です その日の出来事に 愉快な要素は皆無でした

それが私の一面をなしており そして私は死んでも 同じ目には2度と遭いたくない ― 2度と公けの場で 拒絶されたくないと思いました それが一面です 8年ほど早送りしましょう ビル・ゲイツが 私の住んでいた 北京にやってきて スピーチをしました 私はゲイツのメッセージを聞き この人物に惚れ込みました 私は やったね 夢ができたと思いました その夜 私は家族に手紙を書いて 伝えました 「25歳までに世界一大きな会社を作って マイクロソフト社を買収する」と

(笑)

世界征服という考えに 私は取り憑かれました 作り話じゃなく 実際に手紙も書きました これがその手紙です

(笑)

全部読まなくてもいいですよ

(笑)

ひどい字だし キーワードをマークしたので わかっていただけるかと思います

(笑)

だから ― それが 私のもう1つの面です 世界征服を企てる者です

それから 2年後 アメリカに来る機会が与えられて 私はそれに飛びつきました だってそこは ビル・ゲイツの住む国ですからね

(笑)

私はそれを自分の起業家人生の 始まりだと思っていました それから さらに14年早送りして 私は30歳になっていました 私は そんな会社を 築き上げてはおらず 起業すらしていませんでした 実際には マーケティング・マネージャーとして フォーチュン500企業で働いていました 私は行き詰まりを感じ どんよりしていました 何故でしょう? 14歳で この手紙を書いた人物は どこへ行ってしまったのか? やってみようとしなかったからではありません 新しいアイデアが浮かぶたび ― 新しいことをやってみたいと思たびに また職場においても 提案がしたいと思ったとき グループの人たちの前で 発言したいと思ったとき 常に葛藤を感じていました 14歳の私と 6歳の私との間の葛藤です 1人の私が 世界征服を望み 世界を変えたいと考え もう1人の私が 拒絶に恐れをなすのです そして その度に6歳の私が勝つのでした

そして 自分の会社を始めた後も この恐怖心はついて回りました 私が自分の会社を始めたのは 30歳のときでした ビル・ゲイツになりたければ 遅かれ早かれ 始めなきゃいけません 起業したとき 投資を受けられるチャンスが めぐってきましたが 却下されました 拒絶されて 私は傷つきました あまりにも傷が大きくて 即座にやめたくなりました でも そこでこう思いました 「1回出資を断られたくらいで ビル・ゲイツは諦めようと思ったか? 成功した起業家で こんなことでやめた人がいたか? そんなはずはない」 ここで パッとひらめいたんです 自分には もっと良い会社を作れるし もっと良いチームや製品だって 作れるけれど でも 1つ確かなことがある 自分は もっと良いリーダーになる必要がある もっと良い人間になる必要がある これ以上自分の人生を 6歳児の自分に振り回される訳にはいかない 6歳の自分に退場願わねばなりません

そこで 私は インターネットに助言を求めました Googleは私の友達です

(笑)

私が検索したのは 「拒絶への恐怖を克服する方法」でした ヒットしたのは 沢山の心理学の記事で 恐怖心や苦痛の原因について 書かれていました それから 沢山の脳天気で スピリチャルな記事もヒットし 「拒絶を個人的に受け取らず 乗り越えなさい」と書かれていました 言われなくたってわかります

(笑)

でも だったら何故それほど怖いのか? それから偶然このサイトを見つけました 題して「拒絶セラピー・ドットコム」(rejectiontherapy.com)

(笑)

「拒絶セラピー」は カナダ人起業家が発明したゲームです 彼の名はジェイソン・コームリーです 基本的なアイデアは 30日間 出かけて行って 自ら拒絶を求め 毎日 何かで拒絶されることを通じて 最終的には拒絶の痛みに対する 免疫をつけるというものです そのアイデアが気に入りました

(笑)

「そうだ これをやってやろう 100日間拒絶される気分を 味わってみせる」 拒絶されるネタを 考え出して それから 動画ブログを作りました

これが 私のやったことです ブログの体裁はこんな感じで 1日目・・・

(笑)

「初対面の人から100ドル借りる」 それはこんな感じでした 階下へ行くと 体格の良い男性が デスクにいるのが見えました 警備員のようないでたちです 私は 彼に近づいて行きました 歩いていただけですが 人生で一番長い道のりでした 首元で後ろ髪が逆立ち 汗が出て 心臓がバクバクしました たどり着くと 言いました 「こんにちは 100ドル貸してもらえませんか?」

(笑)

すると彼は 見上げて「まさか」と言います 「なんでまた?」

で 私は言いました 「ダメですか? ならいいです」 回れ右して 逃げ出しました

(笑)

ものすごく恥ずかしかったです でも 自分の姿を動画に撮っていたので その夜 拒絶されている自分の姿を見ました 自分の恐怖感の大きさが 分かりました まるで 映画『シックス・センス』に出てくる あの子供です 「死んだ人が見えるんだ」みたいな

(笑)

でも それから相手の男性を見ると 別に威圧的ではありません 彼は 太めの感じが良い人でした しかも 彼は 「なんで?」って 聞いてくれたんです つまり 私に説明の機会をくれた訳です 私は 色々言えたはずなのに 説明することも 交渉することだってできたのに 何もしませんでした やったのは 逃げることだけです 「すげえ 俺の人生の縮図みたいだ」と 思いました ちょっとでも 拒絶されそうだと感じるたびに 私は 速攻で逃げていたんです で どうしたと思います? 次の日は 何が起きても もう逃げない とどまろうと決めました

2日目 「ハンバーガーの無料のお代わりをリクエスト」

(笑)

ハンバーガー店に行ったときのことです お昼ごはんを食べ終えると カウンターへ行ってこう言いました 「ハンバーガーの無料お代わり お願いできますか?」

(笑)

店員は 困惑して 「ハンバーガーの無料お代わりって?」

(笑)

「ドリンクお代わり無料の ハンバーガー版みたいなやつです」と言うと 店員は 「すいませんが バーガーの無料お代わりはやっていません」

(笑)

拒絶されて いつもなら逃げ出す場面ですが 私はとどまりました そして言いました 「ここのバーガー大好きだし お店も大好きだけど ハンバーガーに無料お代わりがあったら もっと好きになるんだけど」

(笑)

すると店員が言いました 「では店長に伝えておきます 実現されるかもしれませんが 今日はお出しできません」 で 私はそこを立ち去りました ちなみに ハンバーガーの無料お代わりが 実現したとは思いません

(笑)

お店は元のままでしょう でも 私が 最初に感じた 生きるか死ぬかみたいな危機感は もうありませんでした そこにとどまって話し続け 逃げるのをやめただけで です 私は思いました「おおすごい もう教訓が得られた いいね」と

そして3日目 「オリンピックのドーナツを買う」 ここで 私の人生が ひっくり返りました クリスピー・クリームのお店に行きました ドーナツ屋さんで 主に アメリカの南東部にある チェーン店です ここにも 何店舗かあるはずです お店に入って 言いました「五輪マークの形をした ドーナツが欲しいんですが つまり 5つのドーナツを つなげたやつです・・・」 そんなの取り合うわけない と思うでしょ? ところが そのドーナツ屋さんは 真剣に受け止めたんです

(笑)

紙を取り出して 色と輪っかを書き出し 「どうしたらこれを 作れるかしら?」と そして 15分後 五輪の形をしたドーナツの箱を 持って出てきたんです 私はとても感動しました にわかには信じられませんでした このときの動画はユーチューブで 500万回以上見られました 世界中のみんなも信じられなかったんです

(笑)

これがきっかけで 私は新聞に載り トークショーなんかにも出演して 有名になりました 沢山の人から メールをもらうようになりました 「素晴らしい活動ですね」と でも 名声にも悪名にも 私は関心がありません 私が心から望んでいたのは 学ぶこと そして 自分を変えることでした そこで 私は100日間拒絶チャレンジの 残された期間を 活動の場に ― この調査プロジェクトに変更しました 自分に何を学べるか知りたかったのです

そして 私は多くのことを学びました とても沢山の秘訣を発見しました 例えば 一旦断られても 逃げ出さなければ 「いいえ」を「はい」へと 覆せる可能性も出てきて そのための魔法の言葉は 「なんで?」だということ

ある日 花を手に 知らない人の家へ行き ドアをノックして 言いました 「ねえ お宅の裏庭に この花を植えてもいいですか?」

(笑)

相手は 「ダメです」と言いました でも その人が行ってしまう前に尋ねました 「あの 理由を聞かせてもらえます?」 すると 「うちには犬がいて 裏庭に何を植えても 全部掘り返してしまうので あなたのお花を無駄にしたくないんです 植えたいなら この通りの向こうの コニーに聞いてみたら 彼女は花が大好きですから」 言われた通りにしました 通りを渡って コニーの家をノックしました そうしたら コニーはとても喜んでくれました

(笑)

そして30分後 コニーの裏庭に この花が植えられました 今は もっと見栄えが良いはずです

(笑)

でも もし最初の拒絶で その場を去っていたら 多分こう思っていたでしょう この人が断ったのは 私を信用していなくて 私を変な人だと思ったからだとか 身なりのせいで 印象が悪かったからだとか 実際はそんなことはなく 私の提案が 相手の希望と マッチしなかっただけです しかも 相手は私を信頼して 紹介までしてくれました セールス用語で言うと 私は紹介を顧客に変えたんです

それから別の時には あることを口にすることで 承諾の可能性が ずっと広がると学びました 例えば ある日私はスターバックスへ行き 店長に聞きました「ねえ スターバックスの 挨拶係にしてもらえませんか?」 「スターバックスの挨拶係って 何のことですか?」 「ウォルマートの入口で 挨拶している人がいますよね? 店に入る客に『こんにちは』って 言う係の人 ― 基本的に 万引を防止するための係ですけどね スターバックスの客にも ウォルマートの体験を提供したいんです」

(笑)

まあ あんまり良いアイデアか わかりませんが ― というか実際 かなりひどいアイデアです で 彼は言いました 「うーん」 こんな表情で 彼はエリックっていうんですが 迷った様子で聞いていました 「どうかな」と そこで私は訊きました 「変ですかね?」 すると「確かに変だね」と でも そう言った途端 エリックの態度ががらりと変わりました まるで 猜疑心を全部 振り払ったような感じでした 「いいですよ やっても ただ変になりすぎないで」

(笑)

その後1時間 私は スターバックスの挨拶係をやりました 来店するお客さん全員に 「こんにちは」と言って クリスマスの乾杯をしたんです ちなみに みなさんの経歴がどうあれ 挨拶係はおすすめしません

(笑)

本当に退屈な仕事でした でも その時「変ですか?」と聞いたから これが実現したのだと気づきました 私は彼が抱いていた猜疑心を 言葉にしたんです 「変ですか?」と口にしたことが 私は変でないことを示していた ― つまり 私が 挨拶係なんて変だと 彼同様に思っていた ということです そして 繰り返し私が学んだのは 相手が抱きそうな疑念を 聞かれる前に口にすれば 信頼を得られるということです 承諾してもらえる確率が上がるんです

それからただ聞いてみるだけで 夢の実現につながることも 私は学びました 私の家は4代にわたる 教師の家系ですが 祖母はいつも言っていました 「ジャ なんでもやりたいことをしなさい だけど 先生になってくれたら 最高だけどね」

(笑)

私は起業家になりたかったので 教師にはなりませんでした でも 何かを実際に教えることは いつも私の夢でした そこで思いました 「大学で授業を教えさせてと 頼んでみたらどうだろう?」 当時オースティンに住んでいたので テキサス大学オースティン校に行き 教授たちのドアをノックして尋ねました 「あなたの授業で教えてもいいですか」 最初の2回は 良い返事はもらえませんでした でも 逃げずに続けると 3度目の正直です 教授がとても感心してくれました 「そんなこと言ってきた人間は 初めてだよ」と 私は PowerPointで 授業内容の用意をしていました 教授が言いました 「ほう これは使えるね どうかね 2ヶ月後にもう一度来たら 君をカリキュラムに組み込んでおくから」 そして2ヶ月後 私は授業で教えていました

これが私です ― 画質が悪いので分かりにくいと思いますが 時には照明に拒絶されることもあります

(笑)

でも 授業を終えて外に出るとき 私は泣いていました なぜならこう思ったからです 「ただ聞いてみるだけで 一生の夢を叶えることができた」と 以前は 教えるためには 何か達成していなければと思っていました すごい起業家になるとか 博士号を取るとか でも 実際は ただ聞いてみるだけで 教えることができたんです

そして皆さんには見えない あの写真で 私は キング牧師の言葉を 引用していました というのも 調査の中で気づいたことですが 本当の意味で世界を変えた人たち ― 私たちの生き方や考え方を変えた人たちは 最初は一度ならず 暴力的な拒絶に遭っていました キング牧師や ガンジーや マンデラのような人たち そして イエス・キリストもそうです これらの人たちは 拒絶によって 自分の可能性を限定することなく 拒絶に対する自分の反応の仕方で 自分の道を決定していきました 拒絶に向き合ったんです

このような偉大な人にならずとも 拒絶について学ぶことはできます 私の場合は 拒絶が 呪縛であり 恐怖の対象でした 逃げ回ることで ずっと拒絶に苛まれていました それから拒絶に向き合い始め 拒絶を 人生最大の授かりものに変えたんです 私は 拒絶をチャンスに変える方法を 人に教えはじめました ブログや 講演や 最近出した本を使い そのための技術まで開発して 拒絶への恐怖心を克服する手助けをしています

人生で拒絶を経験したら 次に壁にぶつかり 失敗に直面したら 可能性について考えてみてください 逃げないで下さい ただ 向き合うだけで 賜物に変わるかもしれません

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画