TED日本語 - A・J・ジェイコブズ: 私の朝のコーヒーを担うすべての人々に感謝する旅

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - A・J・ジェイコブズ: 私の朝のコーヒーを担うすべての人々に感謝する旅

TED Talks

私の朝のコーヒーを担うすべての人々に感謝する旅
My journey to thank all the people responsible for my morning coffee
A・J・ジェイコブズ
AJ Jacobs

内容

作家A・J・ジェイコブズは、本質的にはシンプルに見えるアイディアの探求に乗り出しました。彼が朝飲む一杯のコーヒーに携わったすべての人に、直接お礼を言うのです。千回以上「ありがとう」と言い終えて、ジェイコブズは探求に伴い世界中を旅したことを振り返ります。そして、旅の途中で学んだ人生を変えるような教訓を教えてくれます。ジェイコブズは言います。「いつもは気にかけない何百もの人々がいなかったら、私の手元にコーヒーは届かなかったことに気付いたんです。」

Script

So, I don't like to boast, but I am very good at finding things to be annoyed about. It is a real specialty of mine. I can hear 100 compliments and a single insult, and what do I remember? The insult. And according to the research, I'm not alone.

Unfortunately, the human brain is wired to focus on the negative. Now, this might have been helpful when we were cave people, trying to avoid predators, but now it's a terrible way to go through life. It is a real major component of anxiety and depression.

So how can we fight the brain's negative bias? According to a lot of research,one of the best weapons is gratitude. So knowing this, I started a new tradition in our house a couple of years ago. Before a meal with my wife and kids, I would say a prayer of thanksgiving. Prayer is not quite the right word. I'm agnostic, so instead of thanking God, I would thank some of the people who helped make my food a reality. I'd say, "I'd like to thank the farmer who grew these tomatoes, and the trucker who drove these tomatoes to the store, and the cashier who rang these tomatoes up."

And I thought it was going pretty well, this tradition. Then one day, my 10-year-old son said, "You know, Dad, those people aren't in our apartment. They can't hear you. If you really cared, you would go and thank them in person." And I thought, "Hmm. That's an interesting idea."

(Laughter)

Now I'm a writer, and for my books I like to go on adventures. Go on quests. So I decided I'm going to take my son up on his challenge. It seemed simple enough. And to make it even simpler, I decided to focus on just one item. An item I can't live without: my morning cup of coffee. Well, it turned out to be not so simple at all.

(Laughter)

This quest took me months. It took me around the world. Because I discovered that my coffee would not be possible without hundreds of people I take for granted. So I would thank the trucker who drove the coffee beans to the coffee shop. But he couldn't have done his job without the road. So I would thank the people who paved the road.

(Laughter)

And then I would thank the people who made the asphalt for the pavement. And I came to realize that my coffee, like so much else in the world, requires the combined work of a shocking number of people from all walks of life. Architects, biologists, designers, miners, goat herds, you name it.

I decided to call my project "Thanks a Thousand." Because I ended up thanking over a thousand people. And it was overwhelming, but it was also wonderful. Because it allowed me to focus on the hundreds of things that go right every day, as opposed to the three or four that go wrong. And it reminded me of the astounding interconnectedness or our world. I learned dozens of lessons during this project, but let me just focus on five today.

The first is: look up. I started my trail of gratitude by thanking the barista at my local coffee shop, Joe Coffee in New York. Her name is Chung, and Chung is one of the most upbeat people you will ever meet. Big smiler, enthusiastic hugger. But even for Chung, being a barista is hard. And that's because you are encountering people in a very dangerous state.

(Laughter)

You know what it is -- precaffeination.

(Laughter)

So, Chung has had people yell at her until she cried, including a nine-year-old girl, who didn't like the whipped cream design that Chung did on her hot chocolate. So I thanked Chung, and she thanked me for thanking her. I cut it off there. I didn't want to go into an infinite thanking loop.

(Laughter)

But Chung said that the hardest part is when people don't even treat her like a human being. They treat her like a vending machine. So, they'll hand her their credit card without even looking up from their phone. And while she's saying this, I'm realizing I've done that. I've been that a-hole. And at that moment, I pledged: when dealing with people, I'm going to take those two seconds and look at them, make eye contact. Because it reminds you, you're dealing with a human being who has family and aspirations and embarrassing high school memories. And that little moment of connection is so important to both people's humanity and happiness.

Alright, second lesson was: smell the roses. And the dirt. And the fertilizer. After Chung, I thanked this man. This is Ed Kaufmann. And Ed is the one who chooses which coffee they serve at my local coffee shop. He goes around the world, to South America, to Africa, finding the best coffee beans. So I thanked Ed. And in return, Ed showed me how to taste coffee like a pro. And it is quite a ritual. You take your spoon and you dip it in the coffee and then you take a big, loud slurp. Almost cartoonishly loud. This is because you want to spray the coffee all over your mouth. You have taste buds in the side of your cheeks, in the roof of your mouth, you've got to get them all. So Ed would do this and he would -- his face would light up and he would say, "This coffee tastes of Honeycrisp apple and notes of soil and maple syrup." And I would take a sip and I'd say, "I'm picking up coffee.

(Laughter)

It tastes to me like coffee."

(Laughter)

But inspired by Ed, I decided to really let the coffee sit on my tongue for five seconds -- we're all busy, but I could spare five seconds, and really think about the texture and the acidity and the sweetness. And I started to do it with other foods. And this idea of savoring is so important to gratitude. Psychologists talk about how gratitude is about taking a moment and holding on to it as long as possible. And slowing down time. So that life doesn't go by in one big blur, as it often does.

Number three is: find the hidden masterpieces all around you. Now,one of my favorite conversations during this year was with the guy who invented my coffee cup lid. And until this point, I had given approximately zero thought to coffee cup lids. But I loved talking to this inventor, Doug Fleming, because he was so passionate. And the blood and sweat and tears he put into this lid, and that I had never even considered. He says a bad lid can ruin your coffee. That it can block the aroma, which is so important to the experience. So he -- he's very innovative. He's like the Elon Musk of coffee lids.

(Laughter)

So he designed this lid that's got an upside-down hexagon so you can get your nose right in there and get maximum aroma. And so I was delighted talking to him, and it made me realize there are hundreds of masterpieces all around us that we totally take for granted. Like the on-off switch on my desk lamp has a little indentation for my thumb that perfectly fits my thumb. And when something is done well, the process behind it is largely invisible. But paying attention to it can tap into that sense of wonder and enrich our lives.

Number four is: fake it till you feel it. By the end of the project, I was just in a thanking frenzy. So I was -- I would get up and spend a couple hours, I'd write emails, send notes, make phone calls, visit people to thank them for their role in my coffee. And some of them, quite honestly -- not that into it. They would be like, "What is this? Is this a pyramid scheme, what do you want, what are you selling?" But most people were surprisingly moved. I remember, I called the woman who does the pest control for the warehouse where my coffee is served -- I'm sorry -- where my coffee is stored. And I said, "This may sound strange, but I want to thank you for keeping the bugs out of my coffee." And she said, "Well, that does sound strange, but you just made my day." And it was like an anti-crank phone call. And it didn't just affect her, it affected me. Because I would wake up every morning in my default mood, which is grumpiness, but I would force myself to write a thank-you note and then another and then another. And what I found was that if you act as if you're grateful, you eventually become grateful for real. The power of our actions to change our mind is astounding. So, often we think that thought changes behavior, but behavior very often changes our thought.

And finally, the last lesson I want to tell you about is: practice six degrees of gratitude. And every place, every stop on this gratitude trail would give birth to 100 other people that I could thank. So I went down to Colombia to thank the farmers who grow my coffee beans. And it was in a small mountain town, and I was driven there along these curvy, cliffside roads. And every time we went around a hairpin turn the driver would do the sign of the cross. And I was like, "Thank you for that.

(Laughter)

But can you do that while keeping your hands on the wheel? Because I am terrified." But we made it. And I met the farmers, the Guarnizo brothers. It's a small farm, they make great coffee, they're paid above fair-trade prices for it. And they showed me how the coffee is grown. The bean is actually inside this fruit called the coffee cherry. And I thanked them. And they said, "Well, we couldn't do our job without 100 other people." The machine that depulps the fruit is made in Brazil, and the pickup truck they drive around the farm, that is made from parts from all over the world. In fact, the US exports steel to Colombia. So I went to Indiana, and I thanked the steel makers. And it just drove home that it doesn't take a village to make a cup of coffee. It takes the world to make a cup of coffee.

And this global economy, this globalization, it does have downsides. But I believe the long-term upsides are far greater, that progress is real. We have made improvements in the last 50 years, poverty worldwide has gone down. And that we should resist the temptation to retreat into our silos. And we should resist this upsurge in isolationism and jingoism.

Which brings me to my final point. Which is my hope that we use gratitude as a spark to action. Some people worry that gratitude has a downside. That we'll be so grateful, that we'll be complacent. We'll be so, "Oh, everything's wonderful, I'm so grateful." Well, it turns out, the opposite is true. The research shows that the more grateful you are, the more likely you are to help others. When you're in a bad state, you're often more focused on your own needs. But gratitude makes you want to pay it forward. And I experienced this personally. I mean, I'm not Mother Teresa, I'm still a selfish bastard a huge amount of the time. But I'm better than I was before this project. And that's because it made me aware of the exploitation on the supply chain. It reminded me that what I take for granted is not available to millions of people around the world.

Like water. Coffee is 98.8 percent water. So I figured I should go and thank the people at the New York reservoir, hundreds of them, who provide me water, and this miracle that I can turn a lever and get safe water. And that millions of people around the world don't have this luxury and have to walk hours to get safe water. It inspired me to see what I could do to help people get more access, and I did research and found a wonderful group called Dispensers for Safe Water. And I got involved. And I'm not expecting the Nobel Prize committee to knock down my door, but it's a baby step, it's a little something. And it's all because of gratitude. And it's why I encourage people, friends, family, to follow gratitude trails of their own. Because it's a life-transforming experience.

And it doesn't have to be coffee. It could be anything. It could be a pair of socks, it could be a light bulb. And you don't have to go around the world, you can just do a little gesture, like make eye contact or send a note to the designer of a logo you love. It's more about a mindset. Being aware of the thousands of people involved in every little thing we do. Remembering that there's someone in a factory who made the fabric for the chairs you're sitting in right now. That someone went into a mine and got the copper for this microphone so that I could say my final thank you, which is to thank you. Thank you a thousand for listening to my story.

(Applause)

(Cheering)

自慢する気はありませんが 私は嫌なことを見つける天才です 私の特技と言ってもいいでしょう 100個の誉め言葉と 1つの侮辱を聞いて 思い出すのは? 侮辱の方です 研究によると 私だけではないようです

残念ながら人間の脳は 悪いことに注目するようにできています 原始時代だったら 捕食動物を避けるのに 役立ったかもしれません でも現在では こんな生き方は最悪です 不安やうつの主な要因ですから

では脳に染み付いた マイナス思考とどう闘うか? 様々な研究によると 最適な方法は感謝だそうです それを知って 数年前 私の家では新たな心掛けを始めました 家族との食事の前に 感謝のお祈りを捧げることにしたんです お祈りという言い方は 正しくありません 私は不可知論の立場なので 神への感謝というより 食事が私に届くまでに 関わった人々への感謝です こんな感謝の言葉でした 「このトマトを育てた農家の方々 ― トマトをお店まで運んでくれた トラックの運転手さん ― トマトのお会計をしてくれた 店員さんに感謝します」

これはいい習慣だと思っていました ある日10歳の息子に言われました 「ねぇパパ その人たち ここにいないよ パパの言葉は聞こえてない 本当に感謝してるなら直接言いなよ」 面白いアイディアだと思いました

(笑)

私はライターなので 本を書くために冒険するのが好きで 探求の旅に出ます ですから息子の挑戦を受けて立ちました 簡単そうに思えました さらにシンプルにするために 1つの食品に絞ることにしました 私にとって なくてはならないもの 朝のコーヒーです ところが実際には 全然 簡単ではなかったのです

(笑)

この冒険には何か月もかかり 世界中を旅しなければなりませんでした なぜなら いつもは気にかけない 何百もの人々がいなかったら 私の手元にコーヒーは 届かなかったことに気付いたからです まず コーヒー豆をお店まで運んだ 運転手にお礼を言いました でも 運転できるのは 道路があるおかげです だから 道路を舗装した人々に お礼を言いました

(笑)

それから 舗装に使うアスファルトを 作った人々にお礼を言いました そこで気付いたのです 私のコーヒーは 世の中にある他の様々なものと同様に あらゆる業種の 驚くほど多くの人が 力を合わせて初めてできるのです 建築家、生物学者、デザイナー、鉱夫、ヤギ飼い ― 本当にあらゆる職業の人々です

私はプロジェクトを こう名付けました 「本当にありがとう」です 最終的には千人以上に 感謝の気持ちを伝えたからです とてつもなく大変でしたが 素晴らしい経験でした このプロジェクトを通して 普段 目につく うまくいっていない 3つや4つのことではなく うまくいっている何百ものことに 目を向けるようになったからです また世界が驚くほど密接に 繋がっていることも感じました いくつもの教訓を得ましたが ここでは5点に絞ります

1点目は 視線を上げること 私の感謝の道は 地元のカフェのバリスタから始まりました ニューヨークのジョー・コーヒーです バリスタの名前はチャング 誰よりも明るい人です 笑顔が素敵で 熱烈なハグをしてくれます しかし彼女でも バリスタは大変な仕事です 危険な状態な人と関わるからです

(笑)

そう 朝のコーヒーを待ちきれない人々です

(笑)

客に怒鳴られて 涙を流すこともあります 9歳の女の子に ホットチョコレートに浮かべた クリームの形が気に食わないと怒られたことも 私はチャングにお礼を言い 彼女も私のお礼に対して お礼をしてくれました そこでやめておきました 永久の感謝ループにしたくなかったので

(笑)

チャングにとって一番辛いのは 人間として扱われないことだそうです みんな 彼女を自販機のように扱います クレジットカードを渡す時も 携帯から視線を上げようともしません 話を聞いていて 自分もそうだと気づきました 私も嫌な客の一人だったんです その瞬間 誓いました 人と関わるときは 2秒間かけて 相手に顔を向け きちんと目を合わせること 人間と向き合っていることを 実感するためです 相手は 家族がいて 夢を持ち 高校時代の恥ずかしい思い出もある 人間なんです その一瞬の関わりは 自分と相手 両方の人間性や幸せにとって すごく大切なことです

2点目は バラの香りをかぐこと それと土や肥料の香りも チャングの次に この男性 エド・カウフマンにお礼を言いました エドはカフェで売る コーヒーを選ぶ仕事をしています 南米やアフリカなど 世界中を歩いて 最高品質の豆を探します 私はエドにお礼を言い お返しに プロがコーヒーを味わう時の 方法を教えてくれました これが なかなかの儀式なんです まずコーヒーをスプーンですくい 大きな音を立てながらすすります マンガみたいに大きな音で これは口の中 全体に 霧状のコーヒーを行き渡らせるためです 味蕾は頬の内側や 口蓋にもあるので 全体で味わう必要があるんです エドはこのように飲み そして 表情を明るくして こう言いました 「このコーヒーは ハニークリスプ種のリンゴ それから土と メープルシロップの風味があるね」 私もひとすすりして 言いました 「私が感じるのは コーヒーの味だ

(笑)

コーヒーらしい味がする」

(笑)

でもエドの影響を受けて 私もコーヒーを5秒間 舌の上に留まらせるようにしました 忙しいのは誰だって同じですが 5秒くらいはとれます 舌触りや酸度や甘みについて じっくり考えるんです 他の食べ物でも 同じような味わい方をはじめました 味わうことは感謝に直結します 心理学者によると 感謝とは 少しだけ時間をとって それを できるだけ長く保つこと そして時間の流れを 遅くすることだそうです 人生がブレた映像みたいに過ぎ去ることも よくありますが そうならないように

3点目は 身の回りにある 隠れた傑作に気付くことです 今年 最も印象的だった会話は コーヒーカップのフタを 発明した人との会話です それまでは コーヒーカップのフタについて 考えることなんて ほぼ皆無でした でも 発明家のダグ・フレミングと 話すのはとても楽しかったです とても熱く語ってくれたからです このフタのために流した血と汗と涙は 私の想像を絶するものでした ダメなフタはコーヒーを 台無しにするそうです コーヒーを楽しむ時に非常に重要な 香りを遮ってしまいかねません 彼はとても革新的です まるでフタ界のイーロン・マスクです

(笑)

彼がデザインしたこのフタには 逆さの六角形があり そこに鼻を近ずけて 香りを最大限楽しむことができます 彼と話すのは楽しかったうえに 見渡せば 数え切れないほど 傑作があることに気づかされました 誰も意識しませんが 例えば 私のデスクランプのスイッチには 親指にぴったりフィットする くぼみがあります よく出来ていると その背後にあるプロセスは ほとんど見えないんです でも そこに注目すると 畏敬の念が湧いてきて 人生を豊かにできるんです

4点目は 実際に感じるまでフリをすること プロジェクトの終盤で 私は感謝熱に浮かされていました 起きてから数時間は メールを書いたり 手紙を送ったり 電話をかけたり 相手に会ったりして 私のコーヒーに関わってくれた お礼を伝えました 正直に言うと それほど乗り気でない人もいて こんな感じでした 「一体 何なんだ? マルチ商法か? 何が欲しいんだ?何を売ってる?」 でも大半の人は 驚くほど感動してくれました コーヒーが保管される倉庫で 害虫駆除を担当する女性に 電話をしました 私は言いました 「おかしな話と思われるかもしれませんが 私のコーヒーを虫から守ってくれる お礼が言いたくて」 彼女は「確かに変だけど とても嬉しい」と言ってくれました 迷惑電話と正反対でした この電話は彼女だけでなく 私にも影響を与えました 私は毎朝いつも 寝起きは不機嫌なのですが 無理をして 感謝の手紙を一通書き さらに次 さらに次と書いていって そのうちに気づいたんです 感謝しているように振る舞えば やがて本当に感謝の気持ちが 芽生えるということに 私たちの心を変化させる 行動の力は本当にすごいものです 私たちは思考が行動を変えると 思いがちですが 行動が思考を変えることだって よくあるんです

最後にお伝えしたいことは 「六次の感謝」を実践することです この感謝の道を辿っていると どの場所でも どこに停まろうと 感謝すべき人が新たに100人でてきます 私はコーヒー豆農家にお礼を言いに コロンビアまで行きました 農場は山中の小さな町にあり カーブだらけの 崖っぷちの道路を行くことになりました すると急カーブを曲がるたびに 運転手が十字を切るんです 私は言いました 「十字を切ってくれてありがとう ―

(笑)

ただ ハンドルは ちゃんと握ってくれるかい? すごく怖いよ」 でも 何とか着きました そこで農家の グアニーゾ兄弟に会いました 小さな農場で おいしいコーヒーを作っています フェアトレード以上の値段で 売れるそうです コーヒーの栽培の仕方を見せてくれました 豆は コーヒー・チェリーという 果実の中にあります 兄弟に感謝し 彼らは「他の大勢がいなかったら コーヒー作りはできなかった」と言いました 豆から果肉を取る機械は ブラジルで作られ 農園を走り回るトラックは 世界中で作られた部品で できています 実はアメリカからコロンビアへ 鉄も輸出されています そこで私はインディアナに行き 鉄の生産者にお礼を言いました それで強く感じたんです 1杯のコーヒーを 作るために必要なのは 村1つでは足りなくて 世界なんだって

今のグローバル経済や グローバル化には 欠点がたくさんあります でも長期的な利点は すごく大きいし 本物の進歩が起きていると思います 過去50年 私たちは いろいろな面で向上しました 世界で貧困が減りつつあります だからこそ 私たちは 自分たちだけの世界に 引きこもりたいという誘惑に 抵抗すべきなんです 孤立主義や自国至上主義の台頭に 抵抗すべきなんです

これが最後の話につながります 感謝を実践のきっかけにすることです 感謝には欠点があるのではと 心配する人もいます 感謝ばかりしていると 現状に満足してしまって 「すべて最高 本当にありがたい」 という気持ちになりやしないかと でも実際に起こるのは逆のことです 調査によると 感謝すればするほど 他者を助けようとするようになります 自分の調子が悪いと 自分にしか集中できません 一方 感謝されると 他の誰かに手を差し伸べたくなるんです 私自身 これを経験しました もちろん 私はマザー・テレサではないし 自己中心的な時が まだ かなり多いです ただこの冒険の前よりは マシになっています なぜなら この冒険を通して サプライチェーンの途中で 搾取が行われていることに気付いたからです 私にとって当たり前のものでも 世界中 何百万人もの人々の 手には届かないことに気づきました

例えば水です コーヒーは98.8% 水です だからニューヨークの貯水池で働いて 私に水を届けてくれる数百人と 蛇口をひねれば 安全な水が使えるという奇跡に お礼を言いに行くべきだと思いました 世界中の何百万人という人々には そんな贅沢は与えられず 何時間も歩かないと 安全な水が手に入らないのですから そして 人々が水を得る支援をするため 自分に何ができるか考えるようになり 調べて「Dispensers for Safe Water(安全な水を施す会)」という 素晴らしい団体を見つけ 参加するようになりました ノーベル賞を取れるとは 思っていませんが ほんの小さな一歩 ちょっとした実践です それも すべて感謝のおかげです だから私は 周りの人や 友人や家族に 自分なりの感謝の道を 辿るように勧めるのです なぜなら それは人生を変える 経験だからです

コーヒーでなくても 何でもいい 靴下や電球でもいいのです 世界を旅しなくたって ちょっとした感謝の印は表せます 目を合わせたり 好きなロゴを デザインした人に感謝の手紙を書いたり これは考え方の問題です 私たちのあらゆる小さな行為に 大勢の人が関わっていることに気付いてください そして忘れないでください あなたが今 座っている椅子の布地を 誰かが工場で作っていること ― 誰かが鉱山に入って銅を掘り このマイクを作れたおかげで 私が皆さんに感謝の言葉を 伝えられたことを 私の話を聞いてくれて 本当にありがとう

(拍手)

(歓声)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画