TED日本語 - ジム・ファロン: 殺人者の精神の探求

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジム・ファロン: 殺人者の精神の探求

TED Talks

殺人者の精神の探求
Exploring the mind of a killer
ジム・ファロン
Jim Fallon

内容

精神異常の殺人者が必見のテレビ番組に取り上げられることがありますが、一体何がそうさせるのでしょうか? 精神科学者のジム・ファロンが脳のスキャンや遺伝子分析について話をします。彼の話は、殺人者の遺伝性(や育った環境)についてのつまらない書物を明らかにするかもしれません。フィクションの意外な展開としては奇妙すぎる中、自身をぞっとさせる彼の興味深い家系について話をしてくれます。

Script

I'm a neuroscientist, a professor at the University of California. And over the past 35 years, I've studied behavior on the basis of everything from genes through neurotransmitters, dopamine, things like that, all the way through circuit analysis. So that's what I normally do. But then, for some reason, I got into something else, just recently. And it all grew out of one of my colleagues asking me to analyze a bunch of brains of psychopathic killers.

And so this would be the typical talk I would give. And the question is, "How do you end up with a psychopathic killer?" What I mean by psychopathic killer are these people, these types of people. And so some of the brains that I've studied are people you know about. When I get the brains I don't know what I'm looking at. It's blind experiments. They also gave me normal people and everything.

So I've looked at about 70 of these. And what came up was a number of pieces of data. So we look at these sorts of things theoretically, on the basis of genetics, and brain damage, and interaction with environment, and exactly how that machine works. So we're interested in exactly where in the brain, and what's the most important part of the brain. So we've been looking at this: the interaction of genes, what's called epigenetic effects, brain damage, and environment, and how these are tied together. And how you end up with a psychopath, and a killer, depends on exactly when the damage occurs. It's really a very precisely timed thing. You get different kinds of psychopaths.

So we're going along with this. And here's, just to give you the pattern. The pattern is that those people, every one of them I looked at, who was a murderer, and was a serial killer, had damage to their orbital cortex, which is right above the eyes, the orbits, and also the interior part of the temporal lobe. So there is the pattern that every one of them had, but they all were a little different too. They had other sorts of brain damage. A key thing is that the major violence genes, it's called the MAO-A gene.

And there is a variant of this gene that is in the normal population. Some of you have this. And it's sex-linked. It's on the X chromosome. And so in this way you can only get it from your mother. And in fact this is probably why mostly men, boys, are psychopathic killers, or are very aggressive. Because a daughter can get one X from the father,one X from the mother, it's kind of diluted out. But for a son, he can only get the X chromosome from his mother.

So this is how it's passed from mother to son. And it has to do with too much brain serotonin during development, which is kind of interesting because serotonin is supposed to make you calm and relaxed. But if you have this gene, in utero your brain is bathed in this, so your whole brain becomes insensitive to serotonin, so it doesn't work later on in life.

And I'd given this one talk in Israel, just this past year. And it does have some consequences. Theoretically what this means is that in order to express this gene, in a violent way, very early on, before puberty, you have to be involved in something that is really traumatic -- not a little stress, not being spanked or something, but really seeing violence, or being involved in it, in 3D. Right? That's how the mirror neuron system works.

And so, if you have that gene, and you see a lot of violence in a certain situation, this is the recipe for disaster, absolute disaster. And what I think might happen in these areas of the world, where we have constant violence, you end up having generations of kids that are seeing all this violence. And if I was a young girl, somewhere in a violent area, you know, a 14 year old, and I want to find a mate, I'd find some tough guy, right, to protect me. Well what the problem is this tends to concentrate these genes. And now the boys and the girls get them. So I think after several generations, and here is the idea, we really have a tinderbox.

So that was the idea. But then my mother said to me, "I hear you've been going around talking about psychopathic killers. And you're talking as if you come from a normal family." I said, "What the hell are you talking about?" She then told me about our own family tree. Now she blamed this on my father's side, of course. This was one of these cases, because she has no violence in her background, but my father did.

Well she said, "There is good news and bad news. One of your cousins is Ezra Cornell, founder of Cornell university. But the bad news is that your cousin is also Lizzie Borden.

Now I said, "Okay, so what? We have Lizzie."

She goes, "No it gets worse, read this book."

And here is this "Killed Strangely," and it's this historical book. And the first murder of a mother by a son was my great-great-great-great-great-great-grandfather. Okay, so that's the first case of matricide. And that book is very interesting. Because it's about witch trials, and how people thought back then.

But it doesn't stop there. There were seven more men, on my father's side, starting then, Cornells, that were all murderers. Okay, now this gives one a little pause. (Laughter) Because my father himself, and my three uncles, in World War II, were all conscientious objectors, all pussycats. But every once in a while, like Lizzie Borden, like three times a century, and we're kind of due. (Laughter)

So the moral of the story is: people in glass houses shouldn't throw stones. But more likely is this. (Laughter) And we had to take action. Now our kids found out about it. And they all seemed to be OK. But our grandkids are going to be kind of concerned here. So what we've done is I've started to do PET scans of everybody in the family. (Laughter) We started to do PET scans, EEGs and genetic analysis to see where the bad news is. Now the only person -- it turns out one son and one daughter, siblings, didn't get along and their patterns are exactly the same. They have the same brain, and the same EEG. And now they are close as can be. But there's gonna be bad news somewhere. And we don't know where it's going to pop up. So that's my talk. (Laughter)

私は神経科学者で、カリフォルニア大学の教授です 過去35年間に渡り 私は行動について研究を行っています その行動は、遺伝子や 神経伝達物質やドーパミンなどに基づいています 研究は、回路分析で行っています そのような感じの研究を普段しています ところが、どういうわけか最近 ちょっと違った趣旨の研究をすることになったのです そもそも同僚との会話がきっかけでした 彼が精神異常の殺人者の脳を 分析してみたらどう? と言ったのです

これがこれからお話する内容になります 問題は「どのようにして精神異常の殺人者になるのか?」です 私が言う精神異常の殺人者というのは これからお話する人々のことを言います 私が研究した脳には 皆さんが御存じの人の脳も含まれているでしょう 私が脳を手にした時点では何を調べているのかわかりません これはブラインドテストで、正常な人の脳も含まれていました

70個ほどの脳を調べたところ いくつかのデータが抽出されました これらのデータを遺伝子、脳の損傷 脳と環境との相互作用に基づいて 理論的に調べ その仕組みがどのように機能するのか調べるのです 脳の具体的な部位 脳の最も重要な部位に興味があります これらを調べてきました 遺伝子の相互関係 後成的影響と呼ばれるもの 脳の損傷、環境 これらがどうつながっているかということです どの様に精神異常の連続殺人者になるかは いつ脳に損傷が発生したかによります まさにタイミングの問題なのです いろんなタイプの精神異常者がいます

パターンを紹介します 殺人者と連続殺人者の脳を 一人ずつ見ていったところ、共通点がありました 眼窩前頭皮質に損傷があったのです 眼窩前頭皮質とは、目のすぐ上で 眼窩と側頭葉の内部のことを言います 調査した全員に損傷がありましたが 損傷はすべて少しずつ違いました 他のタイプの脳の損傷もありました 鍵となるのは 主な暴力的な遺伝子 MAO-A遺伝子の影響です

暴力的な遺伝子は、正常な人にも存在します 皆さんの中にも、この遺伝子が存在しています この遺伝子は判性遺伝子で、X染色体上に存在します 母親からのみこの遺伝子は受け継がれます つまり、こういう理由でたいていの場合 男性が精神異常の殺人者になるか もしくは攻撃的になるのです 娘は父親から1つのX染色体を、もうひとつのX染色体は 母親から受け継ぐので、遺伝子の影響が弱くなります しかし息子の場合、母親からしか X染色体を受け継ぐことができないのです

こうして母親から息子に遺伝子が受け継がれます 発育中、脳のセロトニンに非常に関係があります セロトニンは、人を落ち着かせたりリラックスさせたりする 効果があるとされているので、とても興味深いですね しかしこの遺伝子があると 胎児の脳がセロトニンに浸されます そのため脳全体がセロトニンに反応しなくなるのです その後の人生において機能しなくなります

私はこの話をイスラエルで発表しました ちょうど昨年の事です その事はいくつかの結果をもたらしています 理論上この事が意味するのは この遺伝子が思春期よりもずっと早い段階で 暴力的な方法で現れるには ささいなストレスや叩かれたりといった事ではない 本当に心を苦しめるトラウマ的な何かに 関わっている必要があります しかし実際のところ、暴力を見たり 関わったりするのは、三次元空間の中なのです ミラーニューロンシステムが機能しています

そのため、この遺伝子を持っていて ある特定の状況で 多くの暴力を目にしたら 目も当てられない状態が起こります 私が考えていることが世界中で 絶えず暴力がある地域で起こるかもしれません 結果としてこの暴力の全てを見る 子供たちの世代となるのです もし私が少女で、暴力事件の多い地域に住む 14歳の少女だったら、仲間を求めるでしょう 自分を守ってくれるタフな男を求めるでしょう 問題は、この遺伝子が凝縮される傾向にあることです 現代の少年少女たちがこの遺伝子を持っています そのため、私は数世代後に 危険な状態になるかもしれないと考えています

これは思いつきだったのです しかし、私の母がこう言ったのです 「精神異常の殺人者について講演をしているそうね 自分が正常な家の出身であるかのように話しているのね」 私は言いました、「一体何について話しているの?」 母は私の家族の系譜について話しました もちろん、母は父方の責任だと非難しています 母の非難は問題の内の一つです 母方には暴力に 関係した人がいませんが、父方にはいたのです

母は言いました、「いいニュースと悪いニュースがあるわ あなたのいとこは、コーネル大学創設者エズラ・コーネル でも、リジー・ボーデンもあなたのいとこなの」

私は言いました、「だから?僕達の縁戚にリジーがいるだけだよ」

母が「いいえ、更に悪いの、この本を読んで」と言いました

「異常な殺し(Killed Strangely)」という本があります これは史実に基づいた本です 初めての息子による母殺しは 私の7世代前の先祖によるものです それが最初の母殺しの事件です この本はとても興味深いものです なぜなら魔女裁判や 当時の人々の考えが記されているからです

しかし、これでは終わらないのです 父方のコーネル家の7人の男性が 皆殺人者だったのです ちょっと一呼吸しましょうか (笑) 第二次世界大戦中、私の父や3人の伯父は皆 良心的兵役拒否者でおとなしい人たちでした しかし、時々リジー・ボーデンのような人が 100年に3度ほど現れるのです いわば予定されているような感じなのです (笑)

この話の教訓は 「我が身をつねって人の痛さを知れ」ですが むしろこういった感じなのです (笑) 行動を起こすべきだったのです。子供たちはそれに気付きました 子供たちは皆、大丈夫そうに見えます しかし、孫たちはここで懸念されていることになるでしょう それで家族全員のPETスキャンを 開始したのです (笑) PETスキャン・EEG・遺伝子分析をして 悪い知らせがどこかにないか見るのです 現在、一つの兄弟(息子と娘)だけが 仲が良くなかったということが判明しています 彼らのパターンは全く同じです 同じ脳・EEGを持っています 彼らは今できるだけ近くにいます しかし、悪いニュースがどこかで起こるでしょう それがいつ出現するか分かりません 私の話は以上です (笑)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画