TED日本語 - タリン・サイモン: 隠された側面を撮る

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - タリン・サイモン: 隠された側面を撮る

TED Talks

隠された側面を撮る
Taryn Simon photographs secret sites
タリン・サイモン

内容

タリン・サイモンが、衝撃的な表現を使った写真を紹介し、私たちが目にすることのない世界や人々を公開してくれます。彼女は二つのプロジェクトに関わっています。一つは、いつもは人の目につかない別世界を記録すること。もう一つは、無実の罪に問われた者を因縁の場所で捉えることです。

Script

Okay, so 90 percent of my photographic process is, in fact, not photographic. It involves a campaign of letter writing, research and phone calls to access my subjects, which can range from Hamas leaders in Gaza to a hibernating black bear in its cave in West Virginia. And oddly, the most notable letter of rejection I ever received came from Walt Disney World, a seemingly innocuous site.

And it read -- I'm just going to read a key sentence: "Especially during these violent times, I personally believe that the magical spell cast upon guests who visit our theme parks is particularly important to protect and helps to provide them with an important fantasy they can escape to."

Photography threatens fantasy. They didn't want to let my camera in because it confronts constructed realities, myths and beliefs, and provides what appears to be evidence of a truth. But there are multiple truths attached to every image, depending on the creator's intention, the viewer and the context in which it is presented.

Over a five year period following September 11th, when the American media and government were seeking hidden and unknown sites beyond its borders, most notably weapons of mass destruction, I chose to look inward at that which was integral to America's foundation, mythology and daily functioning. I wanted to confront the boundaries of the citizen, self-imposed and real, and confront the divide between privileged and public access to knowledge.

It was a critical moment in American history and global history where one felt they didn't have access to accurate information. And I wanted to see the center with my own eyes, but what I came away with is a photograph. And it's just another place from which to observe, and the understanding that there are no absolute, all-knowing insiders. And the outsider can never really reach the core.

I'm going to run through some of the photographs in this series. It's titled, "An American Index of the Hidden and Unfamiliar," and it's comprised of nearly 70 images. In this context I'll just show you a few. This is a nuclear waste storage and encapsulation facility at Hanford site in Washington State, where there are over 1,900 stainless steel capsules containing nuclear waste submerged in water. A human standing in front of an unprotected capsule would die instantly. And I found one section amongst all of these that actually resembled the outline of the United States of America, which you can see here.

And a big part of the work that is sort of absent in this context is text. So I create these two poles. Every image is accompanied with a very detailed factual text. And what I'm most interested in is the invisible space between a text and its accompanying image, and how the image is transformed by the text and the text by the image. So, at best, the image is meant to float away into abstraction and multiple truths and fantasy. And then the text functions as this cruel anchor that kind of nails it to the ground. But in this context I'm just going to read an abridged version of those texts.

This is a cryopreservation unit, and it holds the bodies of the wife and mother of cryonics pioneer Robert Ettinger, who hoped to be awoken one day to extended life in good health, with advancements in science and technology, all for the cost of 35 thousand dollars, for forever.

This is a 21-year-old Palestinian woman undergoing hymenoplasty. Hymenoplasty is a surgical procedure which restores the virginal state, allowing her to adhere to certain cultural expectations regarding virginity and marriage. So it essentially reconstructs a ruptured hymen, allowing her to bleed upon having sexual intercourse, to simulate the loss of virginity.

This is a jury simulation deliberation room, and you can see beyond that two-way mirror jury advisers standing in a room behind the mirror. And they observe deliberations after mock trial proceedings so that they can better advise their clients how to adjust their trial strategy to have the outcome that they're hoping for. This process costs 60,000 dollars.

This is a U.S. Customs and Border Protection room, a contraband room, at John F. Kennedy International Airport. On that table you can see 48 hours' worth of seized goods from passengers entering in to the United States. There is a pig's head and African cane rats. And part of my photographic work is I'm not just documenting what's there. I do take certain liberties and intervene. And in this I really wanted it to resemble an early still-life painting, so I spent some time with the smells and items.

This is the exhibited art on the walls of the CIA in Langley, Virginia, their original headquarters building. And the CIA has had a long history with both covert and public cultural diplomacy efforts. And it's speculated that some of their interest in the arts was designed to counter Soviet communism and promote what it considered to be pro-American thoughts and aesthetics. And one of the art forms that elicited the interest of the agency, and had thus come under question, is abstract expressionism.

This is the Forensic Anthropology Research Facility, and on a six acre plot there are approximately 75 cadavers at any given time that are being studied by forensic anthropologists and researchers who are interested in monitoring a rate of corpse decomposition. And in this particular photograph the body of a young boy has been used to reenact a crime scene.

This is the only federally funded site where it is legal to cultivate cannabis for scientific research in the United States. It's a research crop marijuana grow room.

And part of the work that I hope for is that there is a sort of disorienting entropy where you can't find any discernible formula in how these things -- they sort of awkwardly jump from government to science to religion to security -- and you can't completely understand how information is being distributed.

These are transatlantic submarine communication cables that travel across the floor of the Atlantic Ocean, connecting North America to Europe. They carry over 60 million simultaneous voice conversations, and in a lot of the government and technology sites there was just this very apparent vulnerability. This one is almost humorous because it feels like I could just snip all of that conversation in one easy cut. But stuff did feel like it could have been taken 30 or 40 years ago, like it was locked in the Cold War era and hadn't necessarily progressed.

This is a Braille edition of Playboy magazine. (Laughter) And this is ... a division of the Library of Congress produces a free national library service for the blind and visually impaired, and the publications they choose to publish are based on reader popularity. And Playboy is always in the top few. (Laughter) But you'd be surprised, they don't do the photographs. It's just the text. (Laughter)

This is an avian quarantine facility where all imported birds coming into America are required to undergo a 30-day quarantine, where they are tested for diseases including Exotic Newcastle Disease and Avian Influenza. This film shows the testing of a new explosive fill on a warhead. And the Air Armament Center at Eglin Air Force Base in Florida is responsible for the deployment and testing of all air-delivered weaponry coming from the United States. And the film was shot on 72 millimeter, government-issue film. And that red dot is a marking on the government-issue film.

All living white tigers in North America are the result of selective inbreeding -- that would be mother to son, father to daughter, sister to brother -- to allow for the genetic conditions that create a salable white tiger. Meaning white fur, ice blue eyes, a pink nose. And the majority of these white tigers are not born in a salable state and are killed at birth. It's a very violent process that is little known. And the white tiger is obviously celebrated in several forms of entertainment. Kenny was born. He actually made it to adulthood. He has since passed away, but was mentally retarded and suffers from severe bone abnormalities.

This, on a lighter note, is at George Lucas' personal archive. This is the Death Star. And it's shown here in its true orientation. In the context of "Star Wars: Return of the Jedi," its mirror image is presented. They flip the negative. And you can see the photoetched brass detailing, and the painted acrylic facade. In the context of the film, this is a deep-space battle station of the Galactic Empire, capable of annihilating planets and civilizations, and in reality it measures about four feet by two feet. (Laughter)

This is at Fort Campbell in Kentucky. It's a Military Operations on Urbanized Terrain site. Essentially they've simulated a city for urban combat, and this is one of the structures that exists in that city. It's called the World Church of God. It's supposed to be a generic site of worship. And after I took this photograph, they constructed a wall around the World Church of God to mimic the set-up of mosques in Afghanistan or Iraq. And I worked with Mehta Vihar who creates virtual simulations for the army for tactical practice. And we put that wall around the World Church of God, and also used the characters and vehicles and explosions that are offered in the video games for the army. And I put them into my photograph.

This is live HIV virus at Harvard Medical School, who is working with the U.S. Government to develop sterilizing immunity.

And Alhurra is a U.S. Government- sponsored Arabic language television network that distributes news and information to over 22 countries in the Arab world. It runs 24 hours a day, commercial free. However, it's illegal to broadcast Alhurra within the United States. And in 2004, they developed a channel called Alhurra Iraq, which specifically deals with events occurring in Iraq and is broadcast to Iraq.

Now I'm going to move on to another project I did. It's titled "The Innocents." And for the men in these photographs, photography had been used to create a fantasy. Contradicting its function as evidence of a truth, in these instances it furthered the fabrication of a lie. I traveled across the United States photographing men and women who had been wrongfully convicted of crimes they did not commit, violent crimes.

I investigate photography's ability to blur truth and fiction, and its influence on memory, which can lead to severe, even lethal consequences. For the men in these photographs, the primary cause of their wrongful conviction was mistaken identification. A victim or eyewitness identifies a suspected perpetrator through law enforcement's use of images. But through exposure to composite sketches, Polaroids, mug shots and line-ups, eyewitness testimony can change.

I'll give you an example from a case. A woman was raped and presented with a series of photographs from which to identify her attacker. She saw some similarities in one of the photographs, but couldn't quite make a positive identification. Days later, she is presented with another photo array of all new photographs, except that one photograph that she had some draw to from the earlier array is repeated in the second array. And a positive identification is made because the photograph replaced the memory, if there ever was an actual memory.

Photography offered the criminal justice system a tool that transformed innocent citizens into criminals, and the criminal justice system failed to recognize the limitations of relying on photographic identifications.

Frederick Daye, who is photographed at his alibi location, where 13 witnesses placed him at the time of the crime. He was convicted by an all-white jury of rape, kidnapping and vehicle theft. And he served 10 years of a life sentence. Now DNA exonerated Frederick and it also implicated another man who was serving time in prison. But the victim refused to press charges because she claimed that law enforcement had permanently altered her memory through the use of Frederick's photograph.

Charles Fain was convicted of kidnapping, rape and murder of a young girl walking to school. He served 18 years of a death sentence. I photographed him at the scene of the crime at the Snake River in Idaho. And I photographed all of the wrongfully convicted at sites that came to particular significance in the history of their wrongful conviction. The scene of arrest, the scene of misidentification, the alibi location. And here, the scene of the crime, it's this place to which he's never been, but changed his life forever. So photographing there, I was hoping to highlight the tenuous relationship between truth and fiction, in both his life and in photography.

Calvin Washington was convicted of capital murder. He served 13 years of a life sentence in Waco, Texas.

Larry Mayes, I photographed at the scene of arrest, where he hid between two mattresses in Gary, Indiana, in this very room to hide from the police. He ended up serving 18 and a half years of an 80 year sentence for rape and robbery. The victim failed to identify Larry in two live lineups and then made a positive identification, days later, from a photo array.

Larry Youngblood served eight years of a 10 and half year sentence in Arizona for the abduction and repeated sodomizing of a 10 year old boy at a carnival. He is photographed at his alibi location.

Ron Williamson. Ron was convicted of the rape and murder of a barmaid at a club, and served 11 years of a death sentence. I photographed Ron at a baseball field because he had been drafted to the Oakland A's to play professional baseball just before his conviction. And the state's key witness in Ron's case was, in the end, the actual perpetrator.

Ronald Jones served eight years of a death sentence for rape and murder of a 28-year-old woman. I photographed him at the scene of arrest in Chicago.

William Gregory was convicted of rape and burglary. He served seven years of a 70 year sentence in Kentucky.

Timothy Durham, who I photographed at his alibi location where 11 witnesses placed him at the time of the crime, was convicted of 3.5 years of a 3220 year sentence, for several charges of rape and robbery. He had been misidentified by an 11-year-old victim.

Troy Webb is photographed here at the scene of the crime in Virginia. He was convicted of rape, kidnapping and robbery, and served seven years of a 47 year sentence. Troy's picture was in a photo array that the victim tentatively had some draw toward, but said he looked too old. The police went and found a photograph of Troy Webb from four years earlier, which they entered into a photo array days later, and he was positively identified.

Now I'm going to leave you with a self portrait. And it reiterates that distortion is a constant, and our eyes are easily deceived. That's it. Thank you. (Applause)

さて 私の写真制作の90パーセントは 実は 写真を撮ることではありません 郵便物を送付したり 調査したり 電話をかけたりして 被写体に到達できるように 準備活動をしています 被写体は ガザにいるハマスのリーダーから ウェストバージニアの洞窟で冬眠する ブラックベアにまで及びます 奇妙なことに 今までに受け取った中で いちばん目を引いた断りの手紙は ウォルトディズニーワールドからのものでした 問題など起きそうもない企業からです

ポイントになる部分をご紹介してみます 「とりわけ暴力が蔓延するこの時代 私の個人的な気持ちではありますが テーマパークを訪れる皆様にかけられた魔法の呪文を守ることはとても大切で この呪文は 心奪われる素敵なファンタジーの世界に みなさまをご案内するためにも とても大切だと考えております」

写真撮影はファンタジーを脅かすものです カメラを招き入れたくなかったのです 写真はつくられたものや 虚像や 盲信に対峙し 真実が何なのかを 明らかにするからです どのイメージにも 複数の真実が隠されています 写真家の意図や それを観る人や 公開される状況によって違うのです

9.11テロ事件から5年にわたって 米国メディアや政府が 国境を越えて 隠された 知られざる場所を探したり 特に 大量破壊兵器を探していた頃に 私は国内で アメリカ建国や 神話や 日々の営みに欠かせないものに 目を向けてみました 市民の自ら課した限界と 実在する限界に 向き合い 特権階級の知る権利と 一般市民の知る権利とを 分け隔てるものに向き合いたかったのです

アメリカの歴史を振り返っても 世界史的に見ても 市民が正確な情報を 知ることができないと感じる危機的な時代でした 私はその中心をこの目で見たかったのです しかし 私が武器にしたのは写真でした 写真を通せば見方が変わるのです そこから分かったことは 完全に精通した内部者はいないということです そして 部外者は決して核心にたどりつけないのです

私はこの連作からいくつかの写真をまとめました タイトルは「アメリカン インデックス -- 隠された 未知なる場所 --」です およそ70枚の画像からなるものです その中から何点かを紹介しましょう これは核廃棄物の貯蔵管理施設です ワシントン州のハンフォードにあります 1900以上もの ステンレス容器にくるまれた核廃棄物が 純水に沈められています 保護されていないカプセルに近づけば即死します その中から私は アメリカ合衆国の国土の形に そっくりな一画を見つけました これがその写真です

今日は紹介しませんが 私は文章制作に多くの時間を割いています つまり二本の柱を立てているのです どの写真にも とても詳細な文章で事実を付記します そして私がもっとも興味を持っているのが 文章と写真との間の 見えない空間なのです 文章が写真を 写真が文章を どのように変形させるのか 興味があるのです 写真はそもそも 抽象概念や 複数の真実や 想像の世界を漂うだけのものですが これをしっかりと現実世界につなぎ止める役割を テキストが果たしているのです 今日は その文章を要約したものを 読み上げるだけにします

これは 冷凍保存ユニットです 人体冷凍技術を開拓したロバート エッチンガーの 妻と母の体を保存しています いつか科学とテクノロジーが進歩したときに 健康な姿で再び息を吹き返すことを期待したのです 永遠の命のためのコストは 35000ドルでした

こちらは 21歳のパレスチナ人女性が 処女膜再生手術を受けているところです 処女膜を処女の状態に戻す外科手術です これを受ければ 処女のまま結婚するという慣習を 守ることができるのです 基本的には 破れた処女膜を張り直して 性交渉をした時に出血するようにして 処女を失ったように見せかけるのです

これは 陪審員が模擬審議をする部屋です マジックミラーの向こう側に 陪審裁判のアドバイザーたちが控えていて 模擬裁判をした後の 陪審員の審議を観察します より適切な裁判戦略を依頼主にアドバイスすることで 期待どおりの判決が得られるようにするのです これには 6万ドルの費用がかかります

ここは 米税関国境取締局の一室で ジョン F ケネディ国際空港の禁制品保管室です テーブルには 米国に入国してきた人々から 48時間かけて没収した品々が積まれています 豚の頭もあれば アフリカタケネズミもいます 撮影にあたっては 何がそこにあるのかをただ記録するだけではなく 勝手に手を加えることもあります このときは 初期の静物画を まねてみようと思って においや没収品と向き合ってしばし時を過ごしました

これは CIAの壁に掛けられている展示作品です バージニア州ラングレーの旧本館内にあります CIAには秘密裏にも表向きにも 文化外交に取り組んできた長い歴史があります 彼らが芸術に求めていたことには ソビエト共産主義に反対することや 親米的な思考や美学を普及させることが 含まれていたと推測できます CIAの関心を引いたことが疑問にも思える芸術形式があり それは 抽象的表現主義です

これは 法医学人類研究施設です 6エーカーの土地に 常時 およそ75の死体があり 法医学人類学者や 死体の腐敗状態の観察に関心をもつ研究者が 調査に使っています そして この写真にある少年の死体は 殺人現場を再現しています

ここは 連邦政府の資金だけで運営される 合法的に大麻を栽培する施設です 米国内での科学的調査が目的です 研究用のマリファナを栽培しています

この作品には みなさんが混乱するような無秩序さを加味していますので 作品の並びに法則を見いだすことはできません 政治から科学 宗教 安全保障へと 不自然なまでに場面が変化し 情報がどのように分散しているのかを 把握できないようになっています

これは 海底通信ケーブルです 大西洋の海底を横切って 北米とヨーロッパをつないでいます 6000万もの会話を同時につないでいます 多くの政府機関や技術系企業は このような明白な脆弱性を抱えています まったく滑稽ですね すべての会話を簡単にちょん切ってしまえるのですから まるで30年前か40年前に撮影されたようにも見えます 冷戦時代のままだと考えれば 進歩していないのは当然だとも感じられます

これは 点字版『プレイボーイ』です (笑) そしてここは 米国議会図書館の分館で 国立図書館のサービスを無料で 視覚障害者のために提供しています どの書籍を点字版として出版するかは 読者数が基準になるのですが 『プレイボーイ』は常にその上位なのです (笑) 驚くことに写真は無く テキストしかありません (笑)

これは 鳥の検疫隔離施設です 米国本土に輸入されるすべての鳥が 30日 検疫隔離されて 病気ではないか検査を受けます 外来性ニューキャスル病や 鳥インフルエンザではないか検査します この映像は 弾頭に入れる新型爆薬のテストの様子です フロリダのエグリン空軍基地にある 航空兵装センターは 米国で製造された空中投下式兵器の 配備および検証に 責任を負っています 政府が支給した72ミリフィルムで撮影されており 中央の赤い点は 政府が支給したフィルムの印です

北米に住むホワイトタイガーはすべて 選択的に近親交配した結果の産物です 母と息子 父と娘 姉妹と兄弟など 売れるホワイトタイガーに育つ遺伝子ができるように 交配するのです 白い体毛 青い瞳 ピンクの鼻があれば売れるのですが 生まれたホワイトタイガーの多くは 売り物になる特徴をもたないので 生まれると同時に殺されます ほとんど知られていない とても凶暴な行為です もちろん ホワイトタイガーはいろいろな形で人々を楽しませています このケニーは生まれてから成獣にまで育ちました 後に亡くなったのですが 精神的な遅れがあり 深刻な骨の異常に苦しんでいました

さて 軽いテーマに移りましょう これは ジョージ ルーカスが個人所蔵している 「デススター」です 向きは間違いではありません 「スターウォーズ ジェダイの復讐」では 逆向きに映っていましたが それは ネガを反転させたからです 真鍮をフォトエッチングして作った細部や 模様を描いたアクリルの表層も見えますね 映画のストーリーでは 「デススター」は惑星や文明を消滅させる力のある 銀河帝国の深宇宙戦闘基地ですが 実際に測ると 60センチ×120センチのサイズでした (笑)

ここは ケンタッキー州のフォート キャンベルに設けられた 都市部での軍事訓練をする施設です 市街戦の訓練をするために 都市構造が再現されています これは その都市にある建物のひとつで 「神の世界教会」と呼ばれていました 礼拝に集まる一般的な場所という想定です 私がこの写真を撮影した後 軍は教会の周りを壁で覆って アフガニスタンやイラクのモスクを再現しました そこで メータ ビハールという 軍の戦術訓練用にシミュレーターを制作している人物と 共同作業をして 教会の周りに壁を置いたり 軍のビデオゲーム用に作られた人や 乗り物や 爆発現場を 配置したりして 先ほどの写真に合成しました

これは 生きているHIVウィルスです ハーバード大医学部が米国政府と共同して 殺菌免疫の研究に利用しています

アルフラは 米国政府の支援を受けている アラビア語のテレビ放送局で アラブ世界の22か国以上にニュースや情報を放送しています 24時間 CMなしで放送しています ただし 米国内に放送すると違法になります 2004年にはアルフラ イラクというチャンネルを立ち上げて 主にイラク国内で起きた事件を イラクに向けて放送しています

さて 別のプロジェクトを紹介しましょう タイトルは「無実の人たち」です この写真の男性たちにとって 写真は虚構の世界を作り上げるものでした 写真が真実の証として機能せず これらの事例では でっち上げを助長しているのです 私は 米国中を旅して ほんとうは凶悪犯罪に関与していないのに 誤って有罪判決を受けた男女を撮ってまわりました

私は 真実と虚構をあいまいにする写真の力や 記憶に与える影響を調べました これらが深刻な ひいては致命的な結果をもたらすのです 写真に写った男性たちが えん罪を受けた第一の原因は 人相を見誤ったからでした 被害者や目撃者は 警察の提示するイメージを通じて 容疑者を特定していきます しかし スケッチやポラロイド写真 顔写真などを見たり 面通しをしたりすると 目撃者の証言は変わりうるのです

事例を紹介をしましょう レイプ被害者の女性に何枚かの写真を見せて 暴漢がいるか確認させたところ 彼女は 一枚の写真を見て 似ていると思いましたが 断定はできませんでした 数日後 別の写真を何枚か見せられました 新しい写真ばかりでしたが 前に気になっていた写真だけは 混ぜてあります すると彼女は確信をもって犯人を特定します 実際の記憶があったとしても 写真が記憶を塗り替えるからです

写真は 刑事司法制度において 無実の市民を犯罪者に変える道具になるのです しかし刑事司法制度は 写真で人を見分けることの限界を 認識できなかったのです

「アリバイがあった場所」でフレデリック デイを撮影しました 犯行と同時刻に13人に目撃されていた場所です 彼は全員白人の陪審員によって有罪判決を受けました レイプ 誘拐 自動車窃盗の罪です 終身刑を宣告されて10年服役した今になって DNA鑑定でフレデリックは無罪とわかり 服役していた別の男が 関与していたことがわかりました ところが被害女性は 警察が示したフレデリックの写真で 記憶が永久的に変わったので 告発はしないと言いました

チャールズ ファインは 通学中の少女を誘拐してレイプし 殺したとして有罪となり 死刑宣告を受けてから18年服役しました 犯行現場だったアイダホ州のスネーク川で 彼を撮影しました 間違って有罪となる過程で 特に重要となった場所で えん罪をこうむった人たちを撮影しました 逮捕された場所 他人と間違われた場所 アリバイのあった場所などです そして ここは犯行現場です 一度も訪れたことがないのに 完全に人生を変えた場所です こういった場所で撮影することで 彼の人生と写真の両方にみられるような 真実と虚構のぼんやりとした関係に焦点をあてたいのです

カルヴィン ワシントンは 極刑に値する殺人を犯したとして 終身刑の宣告後 テキサス州のウェーコで13年服役しました

ラリー メイズの撮影場所は 逮捕現場にしました インディアナ州ゲーリーのこの部屋で 2枚のマットレスの間に入って警察から隠れていたのです レイプと強盗の罪で 80年の懲役を宣告されて18年服役しました 被害者は 二人の容疑者の面通しでは ラリーが犯人だとは思いませんでしたが 数日後に写真を並べて見せたときには 犯人だと断定したのです

ラリー ヤングブラッドは カーニバルで10歳の男の子を 誘拐して何度も同性愛行為に及んだとして 懲役10年半と宣告され アリゾナ州で8年服役しました アリバイのあった場所で彼を撮影しました

ロン ウィリアムソンは クラブの女性バーテンダーをレイプし 殺したとして有罪になり 死刑宣告を受けてから11年服役しました 有罪判決を受ける直前には オークランド アスレチックスにプロ選手として 入団が決まっていましたので 球場で彼を撮影しました ロンの裁判で 検察側に立って証言した人物が 実は犯人でした

ロナルド ジョーンズは 28歳の女性をレイプして殺したとして 死刑を宣告されて8年服役しました 撮影場所は 逮捕現場だったシカゴの地にしました

ウィリアム グレゴリーは レイプと住居不法侵入に問われ 懲役70年を宣告されて ケンタッキー州で7年服役しました

ティモシー ダーラムの撮影場所は アリバイのあった場所です 犯行時刻に11人の目撃者がいた場所です 彼は レイプと強盗を重ねたとして 懲役3220年を宣告されて 3年半服役しました 11歳の被害者に誤認された結果です

トロイ ウェブの撮影場所は バージニアの犯行現場にしました 彼は レイプ 誘拐 強盗を犯したとして 懲役47年を宣告されて 7年服役しました トニーの写真が混じった束から 被害者は いちおう犯人らしき写真を選びましたが 年寄りすぎるといいました 警察は4歳ほど若いころのトロイ ウェブの写真を 見つけ出して 数日後 写真の束に混ぜておいたところ 犯人だと断定されたのです

最後に 私の顔写真をお見せします 歪曲はどこにでもあり 私たちの目はいとも簡単に騙される ということが 改めてわかります 以上です ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画