TED日本語 - ガブリエル・バルシア=コロンボ: 思い出をビデオアートに詰め込んで

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ガブリエル・バルシア=コロンボ: 思い出をビデオアートに詰め込んで

TED Talks

思い出をビデオアートに詰め込んで
Capturing memories in video art
ガブリエル・バルシア=コロンボ
Gabriel Barcia-Colombo

内容

アーティストであるガブリエル・バルシア=コロンボは、思い出や交友をビデオマッピングとビデオプロジェクションを用いて記録し、シェアします。TED Fellow Talks にて瓶、スーツケース、そしてミキサーに詰め込んだ彼の魅力的で想像豊かな作品が公開されます。

Script

I love to collect things. Ever since I was a kid, I've had massive collections of random stuff, everything from bizarre hot sauces from all around the world to insects that I've captured and put in jars.

Now, it's no secret, because I like collecting things, that I love the Natural History Museum and the collections of animals at the Natural History Museum in dioramas. These, to me, are like living sculptures, right, that you can go and look at, and they memorialize a specific point of time in this animal's life.

So I was thinking about my own life, and how I'd like to memorialize my life, you know, for the ages, and also - (Laughter) - the lives of my friends, but the problem with this is that my friends aren't quite keen on the idea of me taxidermy-ing them. (Laughter)

So instead, I turned to video, and video is the next best way to preserve and memorialize someone and to capture a specific moment in time. So what I did was, I filmed six of my friends and then, using video mapping and video projection, I created a video sculpture, which was these six friends projected into jars. (Laughter) So now I have this collection of my friends I can take around with me whenever I go, and this is called Animalia Chordata, from the Latin nomenclature for human being, classification system. So this piece memorializes my friends in these jars, and they actually move around. (Laughter)

So, this is interesting to me, but it lacked a certain human element. (Laughter) It's a digital sculpture, so I wanted to add an interaction system. So what I did was, I added a proximity sensor, so that when you get close to the people in jars, they react to you in different ways. You know, just like people on the street when you get too close to them. Some people reacted in terror. (Laughter) Others reacted in asking you for help, and some people hide from you.

So this was really interesting to me, this idea of taking video off the screen and putting it in real life, and also adding interactivity to sculpture. So over the next year, I documented 40 of my other friends and trapped them in jars as well and created a piece known as Garden, which is literally a garden of humanity.

But something about the first piece, the Animali Chordata piece, kept coming back to me, this idea of interaction with art, and I really liked the idea of people being able to interact, and also being challenged by interacting with art. So I wanted to create a new piece that actually forced people to come and interact with something, and the way I did this was actually by projecting a 1950s housewife into a blender. (Laughter) This is a piece called Blend, and what it does is it actually makes you implicit in the work of art. You may never experience the entire thing yourself. You can walk away, you can just watch as this character stands there in the blender and looks at you, or you can actually choose to interact with it. So if you do choose to interact with the piece, and you press the blender button, it actually sends this character into this dizzying disarray of dishevelment. By doing that, you are now part of my piece. You, like the people that are trapped in my work - (Blender noises, laughter) - have become part of my work as well. (Laughter) (Laughter) (Applause)

But, but this seems a bit unfair, right? I put my friends in jars, I put this character, this sort of endangered species character in a blender. But I'd never done anything about myself. I'd never really memorialized myself. So I decided to create a piece which is a self-portrait piece. This is sort of a self-portrait taxidermy time capsule piece called A Point Just Passed, in which I project myself on top of a time card punch clock, and it's up to you. If you want to choose to punch that punch card clock, you actually age me. So I start as a baby, and then if you punch the clock, you'll actually transform the baby into a toddler, and then from a toddler I'm transformed into a teenager. From a teenager, I'm transformed into my current self. From my current self, I'm turned into a middle-aged man, and then, from there, into an elderly man. And if you punch the punch card clock a hundred times in one day, the piece goes black and is not to be reset until the next day. So, in doing so, you're erasing time. You're actually implicit in this work and you're erasing my life.

So I like this about interactive video sculpture, that you can actually interact with it, that all of you can actually touch an artwork and be part of the artwork yourselves, and hopefully,one day, I'll have each and every one of you trapped in one of my jars. (Laughter)

Thank you. (Applause)

私は収集が大好きです 子どもの頃から膨大なコレクションを持っていました 世界中の辛いソースやら 捕まえた昆虫を入れた瓶など さまざまな物を集めていました

私は収集が好きですし 自然史博物館や 動物の剥製が大好きなのは 秘密でも何でもありません 剥製のジオラマは私にとって 目で見られる 生きた彫刻のようなものです 動物の歴史の 特定の一コマを 再現してくれます

自分自身の歴史はどうかと考えました どのようにして私の歴史を 後世に伝えていくのか (笑) それと友人の歴史も... ただ問題となるのは どうも友人たちは 剥製という方法が嫌なようです (笑)

そこで私が注目したのはビデオです 特定の時間と人物を記録しておくのに ビデオは剥製に次ぐ優れた方法です 6 人の友人を映した動画を ビデオマッピングとビデオプロジェクションで編集して ビデオ彫刻を作りました そして友人を瓶の中に入れちゃいました (笑) こうして持ち歩ける 友達コレクションができたわけです ラテン語の学名分類法に基づいて この作品には「人間」を意味する 「アニマリア コルダータ」と名付けました 彼らは思い出を想起させてくれますし なんと実際に動き回ります

これはこれで面白いのですが 少し人間味に欠けていました (笑) せっかくのデジタル彫刻なので インタラクションが欲しいと思い 近接センサーを追加しました 近づくとさまざまな反応をします 道端で他人に近づき過ぎた時のような反応をします 道端で他人に近づき過ぎた時のような反応をします おびえるやつもいますし (笑) 助けを求めるやつもいれば 隠れるやつもいます

ビデオというものを画面上から取り出し 実生活の中に落とし込み インタラクションを 付与するというのは非常に面白いアイディアです この作品以降 他にも 40 人の友達を 記録し 瓶の中に入れました それらで「ガーデン」という 文字通り人間のガーデンを作り上げました

ですが最初の作品で用いた 芸術とのインタラクションというアイディアが 頭から離れずにいました 人々が試行錯誤しながら作品と やりとりするというアイディアが好きでした 私は人々が見て遊べる 新しい作品を作り出したかったのです そこから実際にできあがったのは ミキサーに入った 1950 年代の奥さんです (笑) この作品の名前は「ブレンド」です 人を芸術という作品に引き込みます 一人で全てを体験し尽くすことはできないでしょう 放っておくこともできますし 見つめ合うこともできます あるいはインタラクトすることも可能です つまりもし皆さんがインタラクトすることにして ミキサーのボタンを押せば 中のキャラクターを この主婦をぐるぐると回すこともできます そうすることで皆さんが私の作品の一部となるのです 私の作品に囚われた人々のように (ミキサーの音 - 笑) 私の作品の一部となるのです (笑) (拍手)

ですが これでは少し不公平ですよね? 友人を瓶に入れ 絶滅危惧種のような このキャラクターをミキサーに入れましたが 私自身には何もしていませんでしたからね ですので自画像的作品を作ることにしました これは一種の自己剥製タイムカプセル的作品で これは一種の自己剥製タイムカプセル的作品で 「過ぎ去ったあの瞬間」という作品です 私自身をタイムカードレコーダーに投影したものです 遊び方は自由です タイムカードを押せば 私の年齢をいじることができます つまり赤ん坊の私から始まり タイムカードを押せば幼児となり そこからティーネイジャーへと成長し ティーネイジャーから現在の私になり 次に中年の私になり そして老年の私になります タイムカードを一日に百回と押していると 作品は真っ黒になり 翌日までリセットされなくなります この作品の一部となった皆さんが パンチをするごとに私の人生から 時間を消してしまっているんです

インタラクティブビデオ彫刻が好きな理由は 実際にインタラクトできること 皆が作品に触れられること 更には作品の一部となれることです いつの日か皆さん全員を 私の瓶に入れられたらなと思っています (笑)

ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画