TED日本語 - ベッキー・ブラントン: 私のホームレス体験

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ベッキー・ブラントン: 私のホームレス体験

TED Talks

私のホームレス体験
The year I was homeless
ベッキー・ブラントン
Becky Blanton

内容

ベッキー・ブラントンは、一年間バン暮らしながら旅をして回ろうと考えました。しかし鬱になり、フリーランスの職を失った時、彼女のキャンプ旅行はホームレス状態に変わりました。この個人的トークで、彼女は自分がアメリカのワーキングホームレスの一人になった時の体験を語ります。

Script

I'm a writer and a journalist, and I'm also an insanely curious person, so in 22 years as a journalist, I've learned how to do a lot of new things. And three years ago,one of the things I learned how to do was to become invisible. I became one of the working homeless. I quit my job as a newspaper editor after my father died in February of that same year, and decided to travel. His death hit me pretty hard. And there were a lot of things that I wanted to feel and deal with while I was doing that.

I've camped my whole life. And I decided that living in a van for a year to do this would be like one long camping trip. So I packed my cat, my Rottweiler and my camping gear into a 1975 Chevy van, and drove off into the sunset, having fully failed to realize three critical things. One: that society equates living in a permanent structure, even a shack, with having value as a person. Two: I failed to realize how quickly the negative perceptions of other people can impact our reality, if we let it. Three: I failed to realize that homelessness is an attitude, not a lifestyle.

At first, living in the van was great. I showered in campgrounds. I ate out regularly. And I had time to relax and to grieve. But then the anger and the depression about my father's death set in. My freelance job ended. And I had to get a full-time job to pay the bills. What had been a really mild spring turned into a miserably hot summer. And it became impossible to park anywhere -- (Laughs) -- without being very obvious that I had a cat and a dog with me, and it was really hot. The cat came and went through an open window in the van. The doggy went into doggy day care. And I sweated. Whenever I could, I used employee showers in office buildings and truck stops. Or I washed up in public rest rooms.

Nighttime temperatures in the van rarely dropped below 80 degrees Fahrenheit, making it difficult or impossible to sleep. Food rotted in the heat. Ice in my ice chest melted within hours, and it was pretty miserable. I couldn't afford to find an apartment, or couldn't afford an apartment that would allow me to have the Rottweiler and the cat. And I refused to give them up, so I stayed in the van. And when the heat made me too sick to walk the 50 feet to the public restroom outside my van at night, I used a bucket and a trash bag as a toilet.

When winter weather set in, the temperatures dropped below freezing. And they stayed there. And I faced a whole new set of challenges. I parked a different place every night so I would avoid being noticed and hassled by the police. I didn't always succeed.

But I felt out of control of my life. And I don't know when or how it happened, but the speed at which I went from being a talented writer and journalist to being a homeless woman, living in a van, took my breath away. I hadn't changed. My I.Q. hadn't dropped. My talent, my integrity, my values, everything about me remained the same. But I had changed somehow. I spiraled deeper and deeper into a depression.

And eventually someone referred me to a homeless health clinic. And I went. I hadn't bathed in three days. I was as smelly and as depressed as anyone in line. I just wasn't drunk or high. And when several of the homeless men realized that, including a former university professor, they said, "You aren't homeless. Why are you really here?" Other homeless people didn't see me as homeless, but I did. Then the professor listened to my story and he said, "You have a job. You have hope. The real homeless don't have hope." A reaction to the medication the clinic gave me for my depression left me suicidal. And I remember thinking, "If I killed myself, no one would notice."

A friend told me, shortly after that, that she had heard that Tim Russert, a nationally renowned journalist, had been talking about me on national T.V. An essay I'd written about my father, the year before he died, was in Tim's new book. And he was doing the talk show circuit. And he was talking about my writing. And when I realized that Tim Russert, former moderator of "Meet the Press," was talking about my writing, while I was living in a van in a Wal-Mart parking lot, I started laughing. You should too. (Laughter)

I started laughing because it got to the point where, was I a writer, or was I a homeless woman? So I went in the bookstore. And I found Tim's book. And I stood there. And I reread my essay. And I cried. Because I was a writer. I was a writer. Shortly after that I moved back to Tennessee. I alternated between living in a van and couch surfing with friends. And I started writing again. By the summer of the following year I was a working journalist. I was winning awards. I was living in my own apartment. I was no longer homeless. And I was no longer invisible.

Thousands of people work full and part-time jobs, and live in their cars. But society continues to stigmatize and criminalize living in your vehicle or on the streets. So the homeless, the working homeless, primarily remain invisible. But if you ever meet one, engage them, encourage them, and offer them hope. The human spirit can overcome anything if it has hope. And I'm not here to be the poster girl for the homeless. I'm not here to encourage you to give money to the next panhandler you meet. But I am here to tell you that, based on my experience, people are not where they live, where they sleep, or what their life situation is at any given time. Three years ago I was living in a van in a Wal-Mart parking lot, and today I'm speaking at TED. Hope always, always finds a way. Thank you. (Applause)

私は作家兼ジャーナリストです そしてものすごく好奇心も強いんです ジャーナリストとしての22年間 たくさんのことを覚えてきました そして3年前には 透明人間になったのです 私は「働くホームレス」になったのです 同じ年の2月、父が亡くなり、 私は新聞の編集員の仕事を辞めました そして旅行する事にしました 父の死はつらかった そして旅の間に、感じたい事、やりたい事がたくさんありました

子どもの頃からキャンプをしてきたので 一年間バンで暮らすのは、キャンプしながら 旅行するようなものだと思うことにしました 私の猫や、ロットワイラー犬や、 キャンプ道具を1975年型のシボレーのバンに荷造りし 夕日に向かって旅立ちましたが その時、三つの重大な事をまったく気づいていませんでした 一つ:社会は、ぼろ小屋でもいいから 固定的な建物に住んでいる人を 価値ある人と思う事 二つ:自分に対する、他人の否定的な認識が もしそれを許せば、いとも簡単に 自分の現実感に影響する事 三つ:ホームレスである事は 態度の問題であり ライフスタイルではないこと

最初のうち、バンに住むのはすばらしい事でした キャンプ場でシャワーを浴び、定期的に外食しました リラックスし、喪に服する余裕がありました しかしそのうち、父の死についての怒りと憂鬱が忍び込んできました フリーランスの仕事が終わり、支払いのために 定職につかなくてはなりませんでした とても穏やかだった春は ひどい猛暑に変わりました もうどこにも駐車できなくなりました― (笑) ―犬と猫が一緒にいて ものすごく暑い状態ではね 猫はバンの窓をすり抜けて出入りし 犬は犬用デイケアへ行き 私は汗だく 可能なときはいつも トラック停車場やオフィスビルの職員用シャワーを使いました それか公衆トイレで身ぎれいにするか

夜間のバンの室内温度は、めったに摂氏27度以下にはならず ほとんど眠れませんでした 食べ物は暑さで傷み アイスボックスの氷は数時間で溶け 本当にひどかった アパートが借りられず つまり犬猫付きで借りられる アパートを借りる余裕がなく でも彼らを手放す事はできない だからバンで暮らしました 暑さであまりに具合が悪くて 20メートルもないところの公衆トイレに行けない時は 夜、バンの外で バケツとゴミ箱に用を足しました

冬になると気温が下がって来て 氷点下になり そのままになりました 新しい問題に直面しました 私は毎晩別の場所に駐車して 警察に見つかって面倒な事にならないようにしていましたが いつも上手くいったわけではありませんでした

人生のコントロールを失ったようでした しかもいつそうなったかはわからないですが 自分が、才能ある作家兼ジャーナリストから バン住まいのホームレス女性に なってしまった早さには 驚きました 私は変わってない IQレベルも変わらない 才能も、誠実さも、価値観も、 私のすべては前と同じなのに でもどこかが変わってしまった 私はどんどん鬱状態に落ち込んでいき

とうとう誰かが私をホームレス向け診療所に紹介してくれたのです そこへ行きました 3日もお風呂に入ってなかった 列の皆と同じく、臭くて落ち込んでいました ただ酔っぱらいでもドラッグハイでもなかっただけ 何人かのホームレスの人たちが― 中には元大学教授もいましたが― 言いました:「あんたはホームレスじゃない なんでここにいるんだ?」 他のホームレスの人たちは私はそうでないと思った でも私はホームレスだったんです そして大学教授が私の話を聞いて、言いました: 「あなたには仕事がある 希望があるんだ 本物のホームレスは希望がないんだ」 診療所が鬱に対して処方した薬への反応で 私は自殺企図を持ちました そして思った: 「私が自殺しても誰も気にしないんだわ」と

それから程なく、私の友人が言うには、 全国的に有名なジャーナリストの ティムラッサートが、全国テレビで 私の話をしているのを聞いたそうです 父の死の前の年、私が父について書いたエッセイが 彼の本に載っている、と 彼はトークショーで全国を回っていて、私の文章について話している、と 私は、かつての「Meet the Press」の司会者、ティムラッサートが 私の文章について語っている時、 自分はウォルマートの駐車場のバンに住んでいたんだと知って 笑い出しました あなた方も笑ってよ (笑)

私は笑いました なぜなら 私は作家なの? それとも ホームレスの女? と思ったからです 私は書店に行って、彼の本を見つけました 私はそこに立って、自分の文章を読み直し そして泣き出しました なぜなら、わたしは確かに 作家だったからです それから間もなく、私はテネシー州に戻りました バン生活だけでなく知人の家にも寝泊まりするようになりました そしてまた書き始めました その次の年の夏には、現役のジャーナリストに戻っていました 賞をもらい、自分のアパートに住んでいました もうホームレスではありません また、透明でもなくなりました

何千人もの人が定職やパートタイムで働いていて、 しかも車で生活しています しかし社会は、車や路上で生活する事を 犯罪と見なし、批判し続けています 働くホームレスは、本質的に透明なままです しかし、もし彼らと相まみえる事があれば 彼らと関わり、勇気づけ、希望を与えてください 希望さえあれば、人間はどんな事も乗り越えられる 私はここに、ホームレスの代表として来ているわけではありません あなたが出会う物乞いに恵んでやれ、と言っているのでもありません そうではなく、私の経験に照らして、 人間は、その人が住む場所や、 寝る場所や、 ある時点での人生の状況では判断できない、と言いたいのです 3年前、私はウォルマートの駐車場の バンに住んでいました そして今日、TEDで話している 希望は、いついかなる時でも、道を見いだすのです ありがとう (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画