TED日本語 - エドワード・バーティンスキー: 石油の風景

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - エドワード・バーティンスキー: 石油の風景

TED Talks

石油の風景
Edward Burtynsky photographs the landscape of oil
エドワード・バーティンスキー

内容

驚く程美しい巨大な写真を使い、エドワード・バーティンスキーが油井からパイプラインや自動車のエンジン -- そして予期されているオイルピークの終わりの先 -- にいたるまで、現代社会の隅々にある石油の道筋を追います。

Script

I started my journey 30 years ago. And I worked in mines. And I realized that this was a world unseen. And I wanted, through color and large format cameras and very large prints, to make a body of work that somehow became symbols of our use of the landscape, how we use the land. And to me this was a key component that somehow, through this medium of photography, which allows us to contemplate these landscapes, that I thought photography was perfectly suited to doing this type of work.

And after 17 years of photographing large industrial landscapes, it occurred to me that oil is underpinning the scale and speed. Because that is what has changed, is the speed at which we're taking all our resources. And so then I went out to develop a whole series on the landscape of oil. And what I want to do is to kind of map an arc that there is extraction, where we're taking it from the ground, refinement. And that's one chapter.

The other chapter that I wanted to look at was how we use it -- our cities, our cars, our motorcultures, where people gather around the vehicle as a celebration. And then the third one is this idea of the end of oil, this entropic end, where all of our parts of cars, our tires, oil filters, helicopters, planes -- where are the landscapes where all of that stuff ends up?

And to me, again, photography was a way in which I could explore and research the world, and find those places. And another idea that I had as well, that was brought forward by an ecologist -- he basically did a calculation where he took one liter of gas and said, well, how much carbon it would take, and how much organic material? It was 23 metric tons for one liter. So whenever I fill up my gas, I think of that liter, and how much carbon.

And I know that oil comes from the ocean and phytoplankton, but he did the calculations for our Earth and what it had to do to produce that amount of energy. From the photosynthetic growth, it would take 500 years of that growth to produce what we use, the 30 billion barrels we use per year.

And that also brought me to the fact that this poses such a risk to our society. Looking at 30 billion per year, we look at our two largest suppliers, Saudi Arabia and now Canada, with its dirty oil. And together they only form about 15 years of supply. The whole world, at 1.2 trillion estimated reserves, only gives us about 45 years. So, it's not a question of if, but a question of when peak oil will come upon us.

So, to me, using photography -- and I feel that all of us need to now begin to really take the task of using our talents, our ways of thinking, to begin to deal with what I think is probably one of the most challenging issues of our time, how to deal with our energy crisis.

And I would like to say that, on the other side of it,30,40 years from now, the children that I have, I can look at them and say, "We did everything we possibly, humanly could do, to begin to mitigate this, what I feel is one of the most important and critical moments in our time. Thank you. (Applause)

私の旅路は30年前に始まりました 炭鉱に足を踏み入れたとき それが目にされることのない世界だと気づき カラーで大判のカメラと とても大きな用紙を使って 我々が大地を いかに利用しているかの 象徴となる作品群を 作りたいと思いました 私にとって重要なのは この写真という媒体を通して 大地を熟視できるということで 写真はそのような作品を作るのに 完全に適したものだと思いました

巨大な産業が展開される風景を17年撮り続けた後 その規模とスピードを支えているのは 石油であると気付きました 変わったのは 我々がすべての資源を絞り取るスピードだったからです そして「石油の風景」をテーマとした シリーズに着手しました 私がやりたかったのは、その道筋の地図を描き出すということで 第1章は大地から取り出して精製する 抽出のシーンです

次の章で扱いたかったのは 我々がそれを如何に消費しているのか 都市と 車と 人々が車の周りに集って祝うところ 車文化です 3番目の章は 石油の終焉という考え エントロピー的な終焉です 車のあらゆる部品、タイヤ オイルフィルター ヘリコプター、飛行機 -- それら全てが終わりを迎える風景はどこにあるのか?

そして私にとっては、写真が 世界を探求し、調査し、それらの場所を発見する 方法だったのです そしてもう1つ あるエコロジストによりもたらされた考えがありました 1リットルのガソリンを生み出すために どれだけの炭素が必要か どれだけの有機物が必要かを 彼は計算しました 答えは1リットルに対して23トンでした 車に給油するときには いつもそのことを思います

石油は海と植物プランクトンによりもたらされます それだけのエネルギーを生み出すために どれだけのことが必要になるかも計算しました 我々が1年に消費する 300億バレルの石油を生み出すためには 光合成による成長が500年分必要なのです

それは我々の社会に対する 大いなる脅威を実感させました 1年に300億バレルです 2つの大きな石油の供給国 サウジアラビアと オイルサンドを持つカナダ これら2つの国を合わせても 供給量は15年分ほどにしかなりません 世界全体で1.2兆バレルと推定される埋蔵量をもってしても 45年間しかもちません オイルピークは「あるかどうか」という問題ではなく 「いつなのか」という問題なのです

私は写真を使いますが みんな真剣に取り組み始めなければならないと感じています 各々の才能と それぞれの考え方を持ち寄り 対処し始めることです 我々の時代における最大の難問であろう エネルギー危機に

その別な面として 「我々の時代における 最も重大な瞬間において 問題の緩和のために 人間として なし得ることはすべてした」と 30年、40年後に子供達の目を見て 言えることを望みます どうもありがとう (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画