TED日本語 - ジョナサン・クレイン: 世界を変えた写真

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジョナサン・クレイン: 世界を変えた写真

TED Talks

世界を変えた写真
Photos that changed the world
ジョナサン・クレイン
Jonathan Klein

内容

写真は歴史を保存するだけではありません-写真は歴史を作るのです。ゲッティ イメージズのジョナサン・クレインがTEDユニバーシティで、その最も象徴的な写真を公開します。強烈な印象を心に焼き付ける写真は、一度見ると目をそらすことができません。もう知らないふりはできないのです。

Script

In my industry, we believe that images can change the world. Okay, we're naive, we're bright-eyed and bushy-tailed. The truth is that we know that the images themselves don't change the world, but we're also aware that, since the beginning of photography, images have provoked reactions in people, and those reactions have caused change to happen.

So let's begin with a group of images. I'd be extremely surprised if you didn't recognize many or most of them. They're best described as iconic: so iconic, perhaps, they're cliches. In fact, they're so well-known that you might even recognize them in a slightly or somewhat different form.

(Laughter)

But I think we're looking for something more. We're looking for something more. We're looking for images that shine an uncompromising light on crucial issues, images that transcend borders, that transcend religions, images that provoke us to step up and do something -- in other words, to act. Well, this image you've all seen. It changed our view of the physical world. We had never seen our planet from this perspective before. Many people credit a lot of the birth of the environmental movement to our seeing the planet like this for the first time -- its smallness, its fragility.

Forty years later, this group, more than most, are well aware of the destructive power that our species can wield over our environment. And at last, we appear to be doing something about it. This destructive power takes many different forms. For example, these images taken by Brent Stirton in the Congo. These gorillas were murdered, some would even say crucified, and unsurprisingly, they sparked international outrage. Most recently, we've been tragically reminded of the destructive power of nature itself with the recent earthquake in Haiti.

Well, I think what is far worse is man's destructive power over man. Samuel Pisar, an Auschwitz survivor, said, and I'll quote him, "The Holocaust teaches us that nature, even in its cruelest moments, is benign in comparison with man, when he loses his moral compass and his reason."

There's another kind of crucifixion. The horrifying images from Abu Ghraib as well as the images from Guantanamo had a profound impact. The publication of those images, as opposed to the images themselves, caused a government to change its policies. Some would argue that it is those images that did more to fuel the insurgency in Iraq than virtually any other single act. Furthermore, those images forever removed the so-called moral high ground of the occupying forces.

Let's go back a little. In the 1960s and 1970s, the Vietnam War was basically shown in America's living rooms day in, day out. News photos brought people face to face with the victims of the war: a little girl burned by napalm, a student killed by the National Guard at Kent State University in Ohio during a protest. In fact, these images became the voices of protest themselves.

Now, images have power to shed light of understanding on suspicion, ignorance, and in particular -- I've given a lot of talks on this but I'll just show one image -- the issue of HIV/AIDS. In the 1980s, the stigmatization of people with the disease was an enormous barrier to even discussing or addressing it. A simple act, in 1987, of the most famous woman in the world, the Princess of Wales, touching an HIV/AIDS infected baby did a great deal, especially in Europe, to stop that. She, better than most, knew the power of an image.

So when we are confronted by a powerful image, we all have a choice: We can look away, or we can address the image. Thankfully, when these photos appeared in The Guardian in 1998, they put a lot of focus and attention and, in the end, a lot of money towards the Sudan famine relief efforts. Did the images change the world? No, but they had a major impact. Images often push us to question our core beliefs and our responsibilities to each other. We all saw those images after Katrina, and I think for millions of people they had a very strong impact. And I think it's very unlikely that they were far from the minds of Americans when they went to vote in November 2008.

Unfortunately, some very important images are deemed too graphic or disturbing for us to see them. I'll show you one photo here, and it's a photo by Eugene Richards of an Iraq War veteran from an extraordinary piece of work, which has never been published, called War Is Personal. But images don't need to be graphic in order to remind us of the tragedy of war. John Moore set up this photo at Arlington Cemetery. After all the tense moments of conflict in all the conflict zones of the world, there's one photograph from a much quieter place that haunts me still, much more than the others.

Ansel Adams said, and I'm going to disagree with him, "You don't take a photograph, you make it." In my view, it's not the photographer who makes the photo, it's you. We bring to each image our own values, our own belief systems, and as a result of that, the image resonates with us. My company has 70 million images. I have one image in my office. Here it is. I hope that the next time you see an image that sparks something in you, you'll better understand why, and I know that speaking to this audience, you'll definitely do something about it.

And thank you to all the photographers.

(Applause)

私の業界には 写真は世界を変えることができるという信念があります そう 無邪気で根拠のないやる気に満ちています 実は分かっています 写真そのものは世界を変えることはありません その一方で 写真が登場した頃から分かっていたことは 人が写真に反応して その反応が何らかの変化を起こすということです

実際にいくつか写真を見てみましょう これらほとんどを みなさんご存じのはずです 象徴的な写真ばかりですね 象徴的すぎて陳腐だと思われるかもしれません あまりによく知られているので 少し違ったかたちでお見せしても 認識できるかもしれません

(笑い)

しかし私たちはそれ以上のことを探しています 象徴以上の何かを 重要な問題に妥協なく光をあてる写真を- 国境や宗教を超える写真を- 私たちに立ちあがって 何かをさせる 言い換えると 行動させる写真を 私たちは探しているのです こちらの写真は 見たことがありますね 自然界への見方を変えることになった写真です それまで このような角度から地球を見たことがありませんでした こう信じる人がたくさんいますー 環境保護運動が盛んに始まったのは このような角度から 地球を初めて見て 地球の小ささと脆さを知ったからだと

40年後にはこのグループは 人類が地球環境を変えるほどの 破壊力を持っていることに気づきました 人類はやっとこの問題に立ち向かいはじめたようです この破壊力には様々な形があります これらの写真はブレント スティアトンが コンゴで撮影したものです ゴリラが殺され はりつけにされています 当然のことながら 国際的な非難が向けられました 最近のものでは ハイチでの地震の悲惨な状況から 自然の破壊力を思い知らされました

これよりさらにひどいのは 人間の人間に対する破壊力です アウシュビッツからの生還者である― サミュエル パイサーの言葉を引用します 「自然がどれだけ荒れ狂おうと それは人間が倫理基準と理性を失ったときほど 冷酷には振舞えまいということを ホロコーストは私たちに教えてくれた」

こちらはまた別のはりつけです アブグレイブ刑務所と グアンタナモ収容所からの恐ろしい写真からは 深い衝撃を受けます これらの写真を公開することは 写真そのものとは違って 政府の政策を変えさせる力があります イラクでの暴動を煽ったのは 実際にとられた行動より これらの写真だという人もいます さらにこれらの写真は 占領軍の高い倫理基準など永遠に信じられないものにしました

少し過去を振り返ってみましょう 1960年代 1970年代には アメリカの家庭には明けても暮れても ベトナム戦争のニュースが流れていました ニュースの中の写真を通して人々は 戦争被害者と直面することとなりました ナパーム弾でやけどを負った少女や ケント州立大学で抗議中に州兵に殺された学生 これらの写真は実際に 抗議活動そのものとなりました

写真には 疑いや無知に対して 理解の光をあてる力があります 特に―多くの写真のなかから また一枚お見せしましょう エイズ問題です 1980年代はエイズに対しての人々の非難が 大きな障害となって 話し合いをすることさえ出来ませんでした 1987年 世界で最も有名な女性ダイアナ妃の ほんの小さな行動― エイズに感染した子供に触れたことは 特にヨーロッパで この差別をなくす大きな理由となりました 彼女は写真の力をよく知っていたのです

強烈な印象を持つ写真に遭遇したとき 選択肢は2つあります 目をそらすか 立ち向かうかです ありがたいことに1998年にこれらの写真が ガーディアン誌に載ったときは 多くの人が問題に目をむけ スーダンの飢餓に対して 多くの救済金が集まりました 写真は世界を変えたのでしょうか? 答えはノーですが大きな影響を与えました 写真は私たちの信念と責任感に 疑問を投げかけてくれます ハリケーン カトリーナの罹災後に誰もが見た写真です 何百万という人が 強い衝撃を受けたことでしょう そしてこの感情は 2008年の大統領選のときのアメリカ人の感情と そう変わらないのではと思います

残念なことに重要な意味を持つ写真には あまりに鮮明で見るに堪えないものもあります 1枚写真をお見せします ユージン リチャードがイラク帰還兵を撮った写真で― まだ出版されていない傑作― 「兵士たちの戦争」の作品です しかし写真は戦争の悲劇を伝えるために 鮮明である必要はありません アーリントン国立墓地でジョン ムーアが撮影した1枚です 世界中の紛争地域からの 張りつめた空気を感じ取ったあとに見る 静かな場所からの写真には 他のどの写真よりも心を打たれます

アンセル アダムスの「写真家は写真を撮影するのでなく― 作るのだ」という言葉は間違いだと思います 私が思うに 写真を作るのは写真家ではなく あなたなのです それぞれの写真に 自分の価値観や思想を重ねると 写真がそれに反響してくれるのです 私の会社には7000万もの写真がありますが 私のオフィスには1枚です こちらです 次にみなさんが 何かを語りかけてくる写真に出会ったとき なぜなのかもっと良く理解し 何らかの行動に移してくださることを 今日皆さんとお話をして確信しました

協力してくださった写真家の皆さまにも感謝しています

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画