TED日本語 - ブレネー・ブラウン: 恥について考えましょう

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ブレネー・ブラウン: 恥について考えましょう

TED Talks

恥について考えましょう
Listening to shame
ブレネー・ブラウン
Brene Brown

内容

恥は語られることのない病であり、私たちを苦しめる様々な行動を引き起こしています。前回の“無防備さ”についての TEDTalk がバイラルな大ヒットとなったブレネー・ブラウンが、恥に真っ向から向き合った時に何が起きるのかを探っています。ブレネーのユーモア、人間性、そして“無防備さ”が一言一言の中に光っています。

Script

I'm going to tell you a little bit about my TEDxHouston Talk. I woke up the morning after I gave that Talk with the worst vulnerability hangover of my life. And I actually didn't leave my house for about three days.

The first time I left was to meet a friend for lunch. And when I walked in, she was already at the table. And I sat down, and she said, "God, you look like hell." I said, "Thanks. I feel really -- I'm not functioning." And she said, "What's going on?" And I said, "I just told 500 people that I became a researcher to avoid vulnerability. And that when being vulnerable emerged from my data, as absolutely essential to whole-hearted living, I told these 500 people that I had a breakdown. I had a slide that said Breakdown. At what point did I think that was a good idea?" (Laughter)

And she said, "I saw your Talk live-streamed. It was not really you. It was a little different than what you usually do. But it was great."

And I said, "This can't happen. YouTube, they're putting this thing on YouTube. And we're going to be talking about 600,700 people." (Laughter) And she said, "Well, I think it's too late." And I said, "Let me ask you something." And she said, "Yeah." And I said, "Do you remember when we were in college and really wild and kind of dumb?" And she said, "Yeah." And I said, "Remember when we'd leave a really bad message on our ex-boyfriend's answering machine? Then we'd have to break into his dorm room and then erase the tape?" (Laughter) And she goes, "Uh ... no." (Laughter) So of course, the only thing I could think of to say at that point was, "Yeah, me neither. That ... me neither."

And I'm thinking to myself, "Brene, what are you doing? What are you doing? Why did you bring this up? Have you lost your mind? Your sisters would be perfect for this." So I looked back up and she said, "Are you really going to try to break in and steal the video before they put it on YouTube?" And I said, "I'm just thinking about it a little bit."

(Laughter) She said, "You're like the worst vulnerability role model ever." (Laughter) And then I looked at her and I said something that at the time felt a little dramatic, but ended up being more prophetic than dramatic. I said, "If 500 turns into 1,000 or 2,000, my life is over." (Laughter) I had no contingency plan for four million. (Laughter)

And my life did end when that happened. And maybe the hardest part about my life ending is that I learned something hard about myself, and that was that, as much as I would frustrated about not being able to get my work out to the world, there was a part of me that was working very hard to engineer staying small, staying right under the radar. But I want to talk about what I've learned.

There's two things that I've learned in the last year. The first is vulnerability is not weakness. And that myth is profoundly dangerous. Let me ask you honestly -- and I'll give you this warning, I'm trained as a therapist, so I can out-wait you uncomfortably -- so if you could just raise your hand that would be awesome -- how many of you honestly, when you're thinking about doing something vulnerable or saying something vulnerable, think, "God, vulnerability's weakness. This is weakness?" How many of you think of vulnerability and weakness synonymously? The majority of people. Now let me ask you this question: This past week at TED, how many of you, when you saw vulnerability up here, thought it was pure courage? Vulnerability is not weakness. I define vulnerability as emotional risk, exposure, uncertainty. It fuels our daily lives. And I've come to the belief -- this is my 12th year doing this research -- that vulnerability is our most accurate measurement of courage -- to be vulnerable, to let ourselves be seen, to be honest.

One of the weird things that's happened is, after the TED explosion, I got a lot of offers to speak all over the country -- everyone from schools and parent meetings to Fortune 500 companies. And so many of the calls went like this, "Hey, Dr. Brown. We loved your TEDTalk. We'd like you to come in and speak. We'd appreciate it if you wouldn't mention vulnerability or shame." (Laughter) What would you like for me to talk about? There's three big answers. This is mostly, to be honest with you, from the business sector: innovation, creativity and change. So let me go on the record and say, vulnerability is the birthplace of innovation, creativity and change. (Applause) To create is to make something that has never existed before. There's nothing more vulnerable than that. Adaptability to change is all about vulnerability.

The second thing, in addition to really finally understanding the relationship between vulnerability and courage, the second thing I learned is this: We have to talk about shame. And I'm going to be really honest with you. When I became a "vulnerability researcher" and that became the focus because of the TEDTalk -- and I'm not kidding.

I'll give you an example. About three months ago, I was in a sporting goods store buying goggles and shin guards and all the things that parents buy at the sporting goods store. About from a hundred feet away, this is what I hear: "Vulnerability TED! Vulnerability TED!"

(Laughter) I'm a fifth generation Texan. Our family motto is "Lock and load." I am not a natural vulnerability researcher. So I'm like, just keep walking, she's on my six. (Laughter) And then I hear, "Vulnerability TED!" I turn around, I go, "Hi." She's right here and she said, "You're the shame researcher who had the breakdown." (Laughter) At this point parents are, like, pulling their children close. "Look away." And I'm so worn out at this point in my life, I look at her and I actually say, "It was a frickin' spiritual awakening." (Laughter)

(Applause)

And she looks back and does this, "I know." And she said, "We watched your TEDTalk in my book club. Then we read your book and we renamed ourselves 'The Breakdown Babes.'" And she said, "Our tagline is: 'We're falling apart and it feels fantastic.'" (Laughter) You can only imagine what it's like for me in a faculty meeting.

So when I became Vulnerability TED, like an action figure -- like Ninja Barbie, but I'm Vulnerability TED -- I thought, I'm going to leave that shame stuff behind, because I spent six years studying shame before I really started writing and talking about vulnerability. And I thought, thank God, because shame is this horrible topic, no one wants to talk about it. It's the best way to shut people down on an airplane. "What do you do?" "I study shame." "Oh." (Laughter) And I see you. (Laughter)

But in surviving this last year, I was reminded of a cardinal rule -- not a research rule, but a moral imperative from my upbringing -- you've got to dance with the one who brung ya. And I did not learn about vulnerability and courage and creativity and innovation from studying vulnerability. I learned about these things from studying shame. And so I want to walk you in to shame. Jungian analysts call shame the swampland of the soul. And we're going to walk in. And the purpose is not to walk in and construct a home and live there. It is to put on some galoshes and walk through and find our way around. Here's why.

We heard the most compelling call ever to have a conversation in this country, and I think globally, around race, right? Yes? We heard that. Yes? Can not have that conversation without shame, because you can not talk about race without talking about privilege. And when people start talking about privilege, they get paralyzed by shame. We heard a brilliant simple solution to not killing people in surgery, which is have a checklist. You can't fix that problem without addressing shame, because when they teach those folks how to suture, they also teach them how to stitch their self-worth to being all-powerful. And all-powerful folks don't need checklists.

And I had to write down the name of this TED Fellow so I didn't mess it up here. Myshkin Ingawale, I hope I did right by you. (Applause) I saw the TED Fellows my first day here. And he got up and he explained how he was driven to create some technology to help test for anemia because people were dying unnecessarily. And he said, "I saw this need. So you know what I did? I made it." And everybody just burst into applause, and they were like "Yes!" And he said, "And it didn't work. And then I made it 32 more times, and then it worked."

You know what the big secret about TED is? I can't wait to tell people this. I guess I'm doing it right now. (Laughter) This is like the failure conference. No, it is. (Applause) You know why this place is amazing? Because very few people here are afraid to fail. And no one who gets on the stage, so far that I've seen, has not failed. I've failed miserably, many times. I don't think the world understands that because of shame.

There's a great quote that saved me this past year by Theodore Roosevelt. A lot of people refer to it as the "Man in the Arena" quote. And it goes like this: "It is not the critic who counts. It is not the man who sits and points out how the doer of deeds could have done things better and how he falls and stumbles. The credit goes to the man in the arena whose face is marred with dust and blood and sweat. But when he's in the arena, at best he wins, and at worst he loses, but when he fails, when he loses, he does so daring greatly."

And that's what this conference, to me, is about. That's what life is about, about daring greatly, about being in the arena. When you walk up to that arena and you put your hand on the door, and you think, "I'm going in and I'm going to try this," shame is the gremlin who says, "Uh, uh. You're not good enough. You never finished that MBA. Your wife left you. I know your dad really wasn't in Luxembourg, he was in Sing Sing. I know those things that happened to you growing up. I know you don't think that you're pretty enough or smart enough or talented enough or powerful enough. I know your dad never paid attention, even when you made CFO." Shame is that thing.

And if we can quiet it down and walk in and say, "I'm going to do this," we look up and the critic that we see pointing and laughing,99 percent of the time is who? Us. Shame drives two big tapes -- "never good enough" and, if you can talk it out of that one, "who do you think you are?" The thing to understand about shame is it's not guilt. Shame is a focus on self, guilt is a focus on behavior. Shame is "I am bad." Guilt is "I did something bad." How many of you, if you did something that was hurtful to me, would be willing to say, "I'm sorry. I made a mistake?" How many of you would be willing to say that? Guilt: I'm sorry. I made a mistake. Shame: I'm sorry. I am a mistake.

There's a huge difference between shame and guilt. And here's what you need to know. Shame is highly, highly correlated with addiction, depression, violence, aggression, bullying, suicide, eating disorders. And here's what you even need to know more. Guilt, inversely correlated with those things. The ability to hold something we've done or failed to do up against who we want to be is incredibly adaptive. It's uncomfortable, but it's adaptive.

The other thing you need to know about shame is it's absolutely organized by gender. If shame washes over me and washes over Chris, it's going to feel the same. Everyone sitting in here knows the warm wash of shame. We're pretty sure that the only people who don't experience shame are people who have no capacity for connection or empathy. Which means, yes, I have a little shame; no, I'm a sociopath. So I would opt for, yes, you have a little shame. Shame feels the same for men and women, but it's organized by gender.

For women, the best example I can give you is Enjoli the commercial: "I can put the wash on the line, pack the lunches, hand out the kisses and be at work at five to nine. I can bring home the bacon, fry it up in the pan and never let you forget you're a man." For women, shame is do it all, do it perfectly and never let them see you sweat. I don't know how much perfume that commercial sold, but I guarantee you, it moved a lot of antidepressants and anti-anxiety meds. (Laughter) Shame, for women, is this web of unobtainable, conflicting, competing expectations about who we're supposed to be. And it's a straight-jacket.

For men, shame is not a bunch of competing, conflicting expectations. Shame is one, do not be perceived as what? Weak. I did not interview men for the first four years of my study. And it wasn't until a man looked at me one day after a book signing, said, "I love what you have to say about shame, I'm curious why you didn't mention men." And I said, "I don't study men." And he said, "That's convenient." (Laughter) And I said, "Why?" And he said, "Because you say to reach out, tell our story, be vulnerable. But you see those books you just signed for my wife and my three daughters?" I said, "Yeah." "They'd rather me die on top of my white horse than watch me fall down. When we reach out and be vulnerable we get the shit beat out of us. And don't tell me it's from the guys and the coaches and the dads, because the women in my life are harder on me than anyone else."

So I started interviewing men and asking questions. And what I learned is this: You show me a woman who can actually sit with a man in real vulnerability and fear, I'll show you a woman who's done incredible work. You show me a man who can sit with a woman who's just had it, she can't do it all anymore, and his first response is not, "I unloaded the dishwasher," but he really listens -- because that's all we need -- I'll show you a guy who's done a lot of work.

Shame is an epidemic in our culture. And to get out from underneath it, to find our way back to each other, we have to understand how it affects us and how it affects the way we're parenting, the way we're working, the way we're looking at each other. Very quickly, some research by Mahalik at Boston College. He asked, what do women need to do to conform to female norms? The top answers in this country: nice, thin, modest and use all available resources for appearance. When he asked about men, what do men in this country need to do to conform with male norms, the answers were: always show emotional control, work is first, pursue status and violence.

If we're going to find our way back to each other, we have to understand and know empathy, because empathy's the antidote to shame. If you put shame in a Petri dish, it needs three things to grow exponentially: secrecy, silence and judgment. If you put the same amount of shame in a Petri dish and douse it with empathy, it can't survive. The two most powerful words when we're in struggle: me too.

And so I'll leave you with this thought. If we're going to find our way back to each other, vulnerability is going to be that path. And I know it's seductive to stand outside the arena, because I think I did it my whole life, and think to myself, I'm going to go in there and kick some ass when I'm bulletproof and when I'm perfect. And that is seductive. But the truth is that never happens. And even if you got as perfect as you could and as bulletproof as you could possibly muster when you got in there, that's not what we want to see. We want you to go in. We want to be with you and across from you. And we just want, for ourselves and the people we care about and the people we work with, to dare greatly.

So thank you all very much. I really appreciate it.

(Applause)

まずは TEDxHouston で行った講演について 少しお話します あの講演の翌朝 最悪の“無防備さ”の悪酔いとともに 目を覚ましました 非常にひどかったので 3日間も家に こもっていました

その後やっとのことで家を出たのは 友達とお昼の約束をしていたためでした 店に入ると 彼女はもう席にいて 私が座ると 彼女は 「もう ひどい顔してるよ」と切り出し 私は「そうでしょう? 今は? 何も考えられないわ」と答えました 彼女が「何があったの?」と聞くので 私はこう答えました 「自分が研究者になったのは “無防備さ”を避けようと してのことだけど 研究していく中で “無防備さ”というのは 誠実に生きるために絶対不可欠と分かって そのことで自分は 大きな 挫折を経験した と 500人を前に話してしまったの 大きく『挫折』と書いたスライドまで付けて 何でそれが良い考えだと思ったのか自分でも気が知れない」 (笑)

彼女は「講演のライブ配信を見たわ あなたらしくはなかったし いつもとは少し違ってたけど すごくよかったわよ」と言い

私は「でも受け入れがたいわ YouTube よ YouTube で あれを公開しようとしていて 600人とか700人という人があれを見ることになるのよ」 (笑) 彼女は「まぁ でももう遅いわね」と言いました 私は「ちょっと聞くけどさ」と言い 彼女は「ええ」と答え 私は「大学時代の私達って もう めちゃくちゃで バカやってたじゃない?」 彼女は「ええ」と言い 私は「ひどい伝言を元カレの 留守電に残したの覚えてる? その後 寮の部屋に忍び込んで 伝言消したことあったわよね?」 (笑) 彼女は「・・・・・ないわ」 (笑) もちろん咄嗟に答えました 「そりゃそうよ 私だってそんなことない・・・」

心の中でこう思いました 「私って いったい何考えてるの? こんな話をして? 気でも狂った? そんな話は妹にでもすればいいじゃない」 気を取り直して 彼女を見ると彼女がこう言いました 「本気で忍び込んでビデオを 盗んでこようと思ってる? YouTube に上げられる前に?」 「ちょっと考えてみただけよ」

(笑) 彼女は「“無防備さ”のロールモデルとしちゃ最悪ね」と言いました (笑) その時はちょっと大げさに 言ったつもりだったけど 後から思うと予言のようなことを 言いました 「もし 500人が1,000人や2,000人に なったとしたら もう私の人生は終わりよ」 (笑) 400万人に備えるなんて考えもしませんでした・・・ (笑)

まぁ その通り多くの人が見て 人生終わりました 人生の終わっていく中で おそらく もっともつらかったのは 自分自身の認めたくないところに気づいたことで それは 研究成果を世に出せず 苛立つのと 同じくらい 小さくまとまって 目立つまいとすることに一生懸命な 自分がいるということです でも何が分かったか話します

去年分かったことが2つあります 1つ目は “無防備さ”は弱さでないということです “無防備さ”が弱さだという思い込みは 非常に危険なものです 正直に答えてください 念のために言っておきますと 私はセラピストとして訓練を受けているので いくらでも辛抱強く待てますけど 手を挙げて答えていただけると助かります 正直に 手を挙げてください “無防備な”ことをしようと思うとき あるいは“無防備な”話をする時 「“無防備”は弱さだ 正にそうだ」と “無防備さ”と弱さは同じ意味だと思う人は? 大部分ですね 次に この質問です 今週の TED で このステージで“無防備さ”を目にして それを純粋な勇気だと思った人は? “無防備さ”は弱さではないのです 私は“無防備さ”を 感情面のリスク 傷つく可能性 不確実さであると定義します “無防備さ”は日々の生活の原動力です 私は12年の研究を通して こう信じるようになりました “無防備さ”は 勇気を示す 最も正確な指標なのです “無防備”に自分をさらけ出し 正直であるという勇気です

あの TEDTalk の“爆発的”ヒットの― 後に起きた奇妙なことのひとつは 全国から講演依頼が来るようになったことでした その中には 学校や保護者会から フォーチュン500企業まで様々なところがありました 多くの依頼はこんな感じでした 「ブラウン先生 素晴らしい講演でした 是非 いらして講演をしてください 話の内容ですが “無防備さ”や“恥”には触れないでいただけると幸いです」 (笑) では何を話してほしいのでしょうか? 多いのは3つです たいてい企業からの依頼ですが イノベーション 創造性 変革です イノベーション 創造性 変革です 記録に残るようにここで 言わせていただきたいと思います “無防備さ”からこそ イノベーション 創造性 変革は生まれるのです (拍手) 創造というのはこれまでに存在していない 何かを作るということです これ以上に“無防備”なことはありません 変化に適応できるというのは “無防備”になれるということです

去年分かった 2つ目? 1つ目の“無防備さ”と勇気の関係を理解したことに続いて― 1つ目の“無防備さ”と勇気の関係を理解したことに続いて― 2つ目に分かったのは 恥について話さないといけないことです 本当のところを正直に言います 私が“無防備さの研究者”になり “無防備さ”を研究の中心にするようになったのは あのTEDTalkがきっかけでした 冗談ではなく本当の話で

その1例をお話しします 3か月程前 スポーツ用品店で ゴーグルやサポーターやら 親が買うようなものを買い物していた時のことです 30メートルくらい離れたところから こんな声が聞こえました 「無防備TED! 無防備TED!」

(笑) 私は5代続くテキサスの住人で わが家のモットーは「銃に弾込めろ」ですよ 生まれもっての“無防備さの研究者”ではないんです だから気にしないように歩き続けました 敵は6時の方向と意識しつつです (笑) そしたら すぐ背後で「無防備TED!」という声がしました 振り向いて 「どうも」と言いました 彼女はすぐ目の前にいて 「あなた 挫折した恥の研究者でしょう?」 (笑) こうなった頃には 周りにいた親たちは 子供を引き寄せて 「見ちゃだめよ」って言ってました 人生のこの時は疲れ切っていたので ガンと見て 言っちゃっいました 「あれはスピリチュアルな目覚めだったわ」 (笑)

(拍手)

相手はこんな仕草をしながら 「わかってるって」と言いました そしてこう続けました 「読書クラブで あの TEDTalk を見て それから あなたの本を読んで 私達自身をこう呼ぶことにしたの 挫折女子って」 そして「決めのセリフは バラバラに崩れ去って すっごく最高の気分」だそうです (笑) 大学の学部会議が どんなものになったか 想像できるでしょう?

ニンジャ・バービーみたいな アクションフィギュアでもあるかのように 「無防備TED」に私がなったとき 恥の研究は もうやめようと思っていました “無防備さ”について執筆したり講演するようになる前に 恥の研究をもう6年もやっていましたし それはもう ひどい話題ですから 誰も話したがりません 飛行機で隣の人を黙らせるのにも一番効きます 「お仕事は?」「恥の研究を」「おっと・・・」 (笑) もちろん あなたの心も丸見えですから (笑)

しかし 去年のことを乗り越える中で 重要で基本的なルールを思い出させられました 研究上のルールではなく 子どもの頃から教えられてきた 道徳的なルールです 「誘ってくれたヤツと踊るもんだ」 私が“無防備さ”や 勇気や 創造性やイノベーションについて学べたのは “無防備さ”を研究したからではありません 恥の研究を通して 学んだのです そういうわけなので 恥の世界へご案内いたします ユング派の精神分析者は 恥を「魂のぬかるみ」と呼びます 今からそこに足を踏み入れましょう 目的は 沼に浸かって 家を建てて住むためじゃないですよ そうじゃなく 雨靴をはいて 歩いてみて どんなところか見てくるのです 理由はこうです

この国で あるいは世界的にも 人種問題への取り組みを求める これ以上はない程に説得力のある 訴えを聞きました どうです? 皆さん 聞きましたよね? 恥を感じずには この話題について話せませんよね 特権に触れずに人種問題について話せません 特権のことを話すとすれば 恥で凍りついてしまいます また手術で患者を間違って死なせない 単純で素晴らしい解決策を聞きました チェックリストを使う方法です 恥のことを語らずには この手術の問題は解決できません 手術で縫い合わせる方法を教えるのと同時に 全能になるべく自尊心を縫い合わせる方法も 教えているからです 全能になれば チェックリストは要らないというわけです

あと このTEDフェローの話です 名前を間違えないようにメモしてきました ミシュキン・インガワレ 正しく言えましたかね (拍手) 初日に TEDフェローの講演を見ました 彼はステージで どんな経緯から 貧血検査の技術を開発する? ことになったのか説明しました 人々が無駄に亡くなっていたからです 彼は「必要だと感じて どうしたでしょう? 作っちゃいました」と言うと 聴衆はすぐさま「よくやった」と拍手喝采しましたが 彼は「でも うまく検査できませんでした」と言い 「だから 32回試作を繰り返して そして やっと 検査できるようになりました」と続けました

TED の最大の秘密ってなんだと思います? 言いたくてうウズウズしているので 答えを待たずに言ってしまいます (笑) TED は失敗コンファレンスみたいです 冗談じゃなく 失敗コンファレンスです (拍手) TED がなぜ素晴らしいかわかります? 登壇する人のほとんどが 失敗を恐れてないからです 私が見ている限りでは 登場する人で失敗していない人なんていません 私は何度もみじめな失敗をしてます 恥が邪魔していて 世の中はこのことを 分かっていません

去年私を救ってくれたのは ルーズベルトの言葉でした 「競技場に立つ人」として有名な言葉です こんな言葉です 「批判する人に価値は無い 観客席から行動した人間を指して どうすれば良かったとか どんな風に躓き失敗したのかと 指摘するだけの人に価値は無い 埃と血と汗にまみれて努力した 競技場に立つ人に 名誉は与えられるのだ 競技場に立つ人は うまくいけば勝利を得るし 失敗すれば敗北を喫する しかし失敗し 敗北したとしても それは果敢に挑んだ結果なのだ」

私にとっては これこそがこのカンファレンスの意義です 果敢に挑み 競技場に立つこと これこそが人生の意義です 競技場に向い 入口に手をかけて こう考えます 「さぁやるぞ これをやってみよう」 しかし恥が悪さをして こんな風に言うのです「おいおい できると思ってるの? MBA も取ってない 女房には見限られた 親父がいたのは ルクセンブルグじゃなくって シンシン刑務所だ 育ちがよくないのを知ってるぞ そんなに綺麗でも 賢くもない 才能もなければ力もないって 自分でわかってるだろ? CFO になったときでさえ 親父は全く気にかけてなかっただろう?」 恥とはこういうものです

そういう声を押さえ込んで 競技場に入り 「さぁやるぞ」と思い 目を上げて 指差し笑っている批評家を見ると それは誰でしょう? 99パーセントの場合? 自分自身です 恥はこんな2つのレッテルで縛ります 「お前は十分じゃない」 それを攻略できたら 次は 「何様のつもりだい?」 恥で理解すべきなのは罪悪感との違いです 恥はその人自身に 罪悪感は行為に焦点があります 恥は「私が悪い」 罪悪感は「私は悪いことをした」 皆さんが私に何か 害があることをしたとして 「ごめんなさい 私の間違いです」 と言える人はどれくらいいますか? 手を挙げてください 罪悪感は「ごめんなさい 私の間違いです」ということで 恥は「ごめんなさい 私みたいな人間は間違です」ということです

恥と罪悪感は大きく違います 知っておかなければならないのは 恥は様々な問題と高い相関性があることです 依存症 うつ状態 暴力 攻撃性 いじめ 自殺 摂食障害 さらに知っておかないといけないのは 罪悪感が これらの問題と逆相関していることです 誤った行いや失敗した行いを意識し ありたい姿と 比較して振り返る能力は 驚くほど適応力が高いのです 居心地悪くとも 適応していけるのです

恥について知るべき もう一つのことは 何が恥かはジェンダー次第で決まるということです 恥が私やクリスの心をよぎるとしたら 2人とも同じように感じるはずです ここにいる皆さんも 恥の感覚はご存知のはずです 恥を感じたことがないなんて人は 人間関係を持てない人や同情心を 持ち合わせていない人くらいでしょう つまり 恥を知っているか 社会病質者のどちらかということです だから皆さんは恥を知っているものとします 男性も女性も同じように恥を感じますが 何が恥かはジェンダーで決まります

女性にとっての恥の 一番良い例は エンジョリの香水の コマーシャルでしょう 「女は 洗濯物を干して みんなの弁当を作って キスで みんなを送り出し 9時5時で働いて ペーコンを買ってきて 料理をしながらも 女らしさを 漂わせ いつでもあなたが男だって思わせてあげる」 女性にとっての恥は 全てを完璧に こなしながらも なんなくやっている? ように見せられるかどうかにかかっています このコマーシャルで香水がどれだけ売れたか知りませんが 抗うつ薬や抗不安薬はきっと たくさん売れたことでしょう (笑) 女性にとって恥は「女性はこうあるべき」という 達成し得ない 矛盾に満ち 相反する 期待に取り巻かれた状態です まるで拘束衣のようです

男性にとっての恥は 矛盾に満ちた相反する期待ではなく 恥はただ1つのこと こうとだけは絶対思われたくないこと それは何でしょう? 「弱い」ということです 研究し始めの4年間は 男性を対象にしていませんでした 本のサイン会で男性がこう言うまでは・・・ 「恥についてのお話大変興味深いです でも男性の場合がないのはどうしてです?」 私が「男性は研究してないんです」と言うと 彼は 「それは助かります」と言いました (笑) 私が「どうして?」と言うと 彼は「だって あなたはこの本で 手を差し伸べて 自分のことを話し 弱さを見せ“無防備”になれと言うわけでしょう? 本にサインしてもらったのは 妻と娘たちのためだってわかりますよね?」 私は「ええ」と言いました 「家族は 私が英雄のように戦って死ぬ方が 落馬して生きているよりもいいと思っていますよ もし救いを求めて弱いところを見せたりしたら 叩きのめされます 男や コーチや 父親に 弱さを見せろなんてことは書かないようにしてくださいよ 私の人生で妻や娘ほど厳しい人間はいないのですから」

この時から男性からも聞き取りをし 研究対象にするようになりました 研究から分かったのはこんな答えです もし男が本当の弱さや恐れを 話し合えるような女性がいるなら これは信じられないくらいの偉業を成し遂げた女性ということです もし 女性が完璧にこなす日々に? 疲れてしまった時 そばにいて 話し合えるような男性がいるなら・・・いやいや家事をして こんな風に言う男性じゃないですよ 「食洗機から 皿出して片づけたから もういいだろう!」 よく話を聞いてくれるような男性がいるなら? それが必要なすべてなんです? これは偉業を成し遂げた男性ということです

恥は私たちの文化に蔓延しています この取り巻かれた状態から逃れて 支え合えるようになるためには 恥が私たちにどう影響するのか 私たちの子育てのやり方にどう影響するのか 私たちの働き方や お互いを見る見方にどう影響するのか 理解する必要があります ボストンカレッジのマハリク博士の研究を駆け足で説明しますが 彼は 女性が女性らしくある為にすべきことは何か尋ねました この国で最も多かった回答は 感じ良く 痩せていて 控え目で あらゆる手を尽くして 容姿に気を使うことです 男性について 男性らしくあるために どうするべきか尋ねると 主な回答は 常に感情を抑え 仕事第一で 高い地位を求め 暴力的であることです

もし 支え合う方法を見つけようとするなら 共感を理解し どう共感を示すか知らなければなりません 共感は恥への解毒剤だからです シャーレに入れた恥が 爆発的に増殖するには 3つのものが必要です 秘密 沈黙 判定 です 同じ量の恥をシャーレに入れ 共感に浸したなら 恥は増殖できず生き残れません 苦しんでいる時に最も強力な言葉は 「私も そう」という言葉です

最後に この考えをお話しして締めくくります もし 支え合う方法を 見つけようとするなら “無防備さ”こそが通るべき道です 競技場の外にいたいのはわかります これまでの人生でそうしてきたし こんな風に考えるからです 「弾を跳ね返せるぐらい 完璧になったら 競技場に乗り込んでガツンと言わせやろう」 これには惹かれます しかし 現実には そんな状態にはなれません たとえ最高に完璧になれ どんな弾も跳ね返せるようになって 競技場に登場したとしても そんな完璧な姿をみんな見たいわけではないのです ただ競技場に足を踏み入れ 一緒に向き合いたいのです みんな ただ自分自身や 自分が気にかける人や 一緒に働く人のために 果敢に挑みたいだけなのです

ありがとうございました お話できて とても感謝しています

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画