TED日本語 - 二ール・マクレガー: ある物体 2600年の歴史

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - 二ール・マクレガー: ある物体 2600年の歴史

TED Talks

ある物体 2600年の歴史
2600 years of history in one object
二ール・マクレガー
Neil MacGregor

内容

アッカド人の楔形文字がびっしり書かれた粘土の円筒。キュロスの円筒印章は宗教的寛容と多文化主義を示す強力な象徴です。大英博物館館長ニール・マクレガーが、この物体を通して中東の2600年の歴史を魅力いっぱいにたどります。

Script

The things we make have one supreme quality -- they live longer than us. We perish, they survive; we have one life, they have many lives, and in each life they can mean different things. Which means that, while we all have one biography, they have many.

I want this morning to talk about the story, the biography -- or rather the biographies -- of one particular object,one remarkable thing. It doesn't, I agree, look very much. It's about the size of a rugby ball. It's made of clay, and it's been fashioned into a cylinder shape, covered with close writing and then baked dry in the sun. And as you can see, it's been knocked about a bit, which is not surprising because it was made two and a half thousand years ago and was dug up in 1879. But today, this thing is, I believe, a major player in the politics of the Middle East. And it's an object with fascinating stories and stories that are by no means over yet.

The story begins in the Iran-Iraq war and that series of events that culminated in the invasion of Iraq by foreign forces, the removal of a despotic ruler and instant regime change. And I want to begin with one episode from that sequence of events that most of you would be very familiar with, Belshazzar's feast -- because we're talking about the Iran-Iraq war of 539 BC. And the parallels between the events of 539 BC and 2003 and in between are startling. What you're looking at is Rembrandt's painting, now in the National Gallery in London, illustrating the text from the prophet Daniel in the Hebrew scriptures. And you all know roughly the story.

Belshazzar, the son of Nebuchadnezzar, Nebuchadnezzar who'd conquered Israel, sacked Jerusalem and captured the people and taken the Jews back to Babylon. Not only the Jews, he'd taken the temple vessels. He'd ransacked, desecrated the temple. And the great gold vessels of the temple in Jerusalem had been taken to Babylon. Belshazzar, his son, decides to have a feast. And in order to make it even more exciting, he added a bit of sacrilege to the rest of the fun, and he brings out the temple vessels. He's already at war with the Iranians, with the king of Persia.

And that night, Daniel tells us, at the height of the festivities a hand appeared and wrote on the wall, "You are weighed in the balance and found wanting, and your kingdom is handed over to the Medes and the Persians." And that very night Cyrus, king of the Persians, entered Babylon and the whole regime of Belshazzar fell. It is, of course, a great moment in the history of the Jewish people. It's a great story. It's story we all know. "The writing on the wall" is part of our everyday language. What happened next was remarkable, and it's where our cylinder enters the story.

Cyrus, king of the Persians, has entered Babylon without a fight -- the great empire of Babylon, which ran from central southern Iraq to the Mediterranean, falls to Cyrus. And Cyrus makes a declaration. And that is what this cylinder is, the declaration made by the ruler guided by God who had toppled the Iraqi despot and was going to bring freedom to the people. In ringing Babylonian -- it was written in Babylonian -- he says, "I am Cyrus, king of all the universe, the great king, the powerful king, king of Babylon, king of the four quarters of the world." They're not shy of hyperbole as you can see. This is probably the first real press release by a victorious army that we've got. And it's written, as we'll see in due course, by very skilled P.R. consultants. So the hyperbole is not actually surprising.

And what is the great king, the powerful king, the king of the four quarters of the world going to do? He goes on to say that, having conquered Babylon, he will at once let all the peoples that the Babylonians -- Nebuchadnezzar and Belshazzar -- have captured and enslaved go free. He'll let them return to their countries. And more important, he will let them all recover the gods, the statues, the temple vessels that had been confiscated. All the peoples that the Babylonians had repressed and removed will go home, and they'll take with them their gods. And they'll be able to restore their altars and to worship their gods in their own way, in their own place. This is the decree, this object is the evidence for the fact that the Jews, after the exile in Babylon, the years they'd spent sitting by the waters of Babylon, weeping when they remembered Jerusalem, those Jews were allowed to go home. They were allowed to return to Jerusalem and to rebuild the temple.

It's a central document in Jewish history. And the Book of Chronicles, the Book of Ezra in the Hebrew scriptures reported in ringing terms. This is the Jewish version of the same story. "Thus said Cyrus, king of Persia, 'All the kingdoms of the earth have the Lord God of heaven given thee, and he has charged me to build him a house in Jerusalem. Who is there among you of his people? The Lord God be with him, and let him go up.'" "Go up" -- aaleh. The central element, still, of the notion of return, a central part of the life of Judaism. As you all know, that return from exile, the second temple, reshaped Judaism. And that change, that great historic moment, was made possible by Cyrus, the king of Persia, reported for us in Hebrew in scripture and in Babylonian in clay.

Two great texts, what about the politics? What was going on was the fundamental shift in Middle Eastern history. The empire of Iran, the Medes and the Persians, united under Cyrus, became the first great world empire. Cyrus begins in the 530s BC. And by the time of his son Darius, the whole of the eastern Mediterranean is under Persian control. This empire is, in fact, the Middle East as we now know it, and it's what shapes the Middle East as we now know it. It was the largest empire the world had known until then. Much more important, it was the first multicultural, multifaith state on a huge scale. And it had to be run in a quite new way. It had to be run in different languages. The fact that this decree is in Babylonian says one thing. And it had to recognize their different habits, different peoples, different religions, different faiths. All of those are respected by Cyrus.

Cyrus sets up a model of how you run a great multinational, multifaith, multicultural society. And the result of that was an empire that included the areas you see on the screen, and which survived for 200 years of stability until it was shattered by Alexander. It left a dream of the Middle East as a unit, and a unit where people of different faiths could live together. The Greek invasions ended that. And of course, Alexander couldn't sustain a government and it fragmented. But what Cyrus represented remained absolutely central.

The Greek historian Xenophon wrote his book "Cyropaedia" promoting Cyrus as the great ruler. And throughout European culture afterward, Cyrus remained the model. This is a 16th century image to show you how widespread his veneration actually was. And Xenophon's book on Cyrus on how you ran a diverse society was one of the great textbooks that inspired the Founding Fathers of the American Revolution. Jefferson was a great admirer -- the ideals of Cyrus obviously speaking to those 18th century ideals of how you create religious tolerance in a new state.

Meanwhile, back in Babylon, things had not been going well. After Alexander, the other empires, Babylon declines, falls into ruins, and all the traces of the great Babylonian empire are lost -- until 1879 when the cylinder is discovered by a British Museum exhibition digging in Babylon. And it enters now another story. It enters that great debate in the middle of the 19th century: Are the scriptures reliable? Can we trust them? We only knew about the return of the Jews and the decree of Cyrus from the Hebrew scriptures. No other evidence. Suddenly, this appeared. And great excitement to a world where those who believed in the scriptures had had their faith in creation shaken by evolution, by geology, here was evidence that the scriptures were historically true. It's a great 19th century moment.

But -- and this, of course, is where it becomes complicated -- the facts were true, hurrah for archeology, but the interpretation was rather more complicated. Because the cylinder account and the Hebrew Bible account differ in one key respect. The Babylonian cylinder is written by the priests of the great god of Bablyon, Marduk. And, not surprisingly, they tell you that all this was done by Marduk. "Marduk, we hold, called Cyrus by his name." Marduk takes Cyrus by the hand, calls him to shepherd his people and gives him the rule of Babylon. Marduk tells Cyrus that he will do these great, generous things of setting the people free. And this is why we should all be grateful to and worship Marduk.

The Hebrew writers in the Old Testament, you will not be surprised to learn, take a rather different view of this. For them, of course, it can't possibly by Marduk that made all this happen. It can only be Jehovah. And so in Isaiah, we have the wonderful texts giving all the credit of this, not to Marduk but to the Lord God of Israel -- the Lord God of Israel who also called Cyrus by name, also takes Cyrus by the hand and talks of him shepherding his people. It's a remarkable example of two different priestly appropriations of the same event,two different religious takeovers of a political fact.

God, we know, is usually on the side of the big battalions. The question is, which god was it? And the debate unsettles everybody in the 19th century to realize that the Hebrew scriptures are part of a much wider world of religion. And it's quite clear the cylinder is older than the text of Isaiah, and yet, Jehovah is speaking in words very similar to those used by Marduk. And there's a slight sense that Isaiah knows this, because he says, this is God speaking, of course, "I have called thee by thy name though thou hast not known me." I think it's recognized that Cyrus doesn't realize that he's acting under orders from Jehovah. And equally, he'd have been surprised that he was acting under orders from Marduk. Because interestingly, of course, Cyrus is a good Iranian with a totally different set of gods who are not mentioned in any of these texts.

(Laughter)

That's 1879. 40 years on and we're in 1917, and the cylinder enters a different world. This time, the real politics of the contemporary world -- the year of the Balfour Declaration, the year when the new imperial power in the Middle East, Britain, decides that it will declare a Jewish national home, it will allow the Jews to return. And the response to this by the Jewish population in Eastern Europe is rhapsodic. And across Eastern Europe, Jews display pictures of Cyrus and of George V side by side -- the two great rulers who have allowed the return to Jerusalem. And the Cyrus cylinder comes back into public view and the text of this as a demonstration of why what is going to happen after the war is over in 1918 is part of a divine plan. You all know what happened. The state of Israel is setup, and 50 years later, in the late 60s, it's clear that Britain's role as the imperial power is over. And another story of the cylinder begins.

The region, the U.K. and the U.S. decide, has to be kept safe from communism, and the superpower that will be created to do this would be Iran, the Shah. And so the Shah invents an Iranian history, or a return to Iranian history, that puts him in the center of a great tradition and produces coins showing himself with the Cyrus cylinder. When he has his great celebrations in Persepolis, he summons the cylinder and the cylinder is lent by the British Museum, goes to Tehran, and is part of those great celebrations of the Pahlavi dynasty. Cyrus cylinder: guarantor of the Shah.

10 years later, another story: Iranian Revolution,1979. Islamic revolution, no more Cyrus; we're not interested in that history, we're interested in Islamic Iran -- until Iraq, the new superpower that we've all decided should be in the region, attacks. Then another Iran-Iraq war. And it becomes critical for the Iranians to remember their great past, their great past when they fought Iraq and won. It becomes critical to find a symbol that will pull together all Iranians -- Muslims and non-Muslims, Christians, Zoroastrians, Jews living in Iran, people who are devout, not devout. And the obvious emblem is Cyrus.

So when the British Museum and Tehran National Musuem cooperate and work together, as we've been doing, the Iranians ask for one thing only as a loan. It's the only object they want. They want to borrow the Cyrus cylinder. And last year, the Cyrus cylinder went to Tehran for the second time. It's shown being presented here, put into its case by the director of the National Museum of Tehran,one of the many women in Iran in very senior positions, Mrs. Ardakani. It was a huge event. This is the other side of that same picture. It's seen in Tehran by between one and two million people in the space of a few months. This is beyond any blockbuster exhibition in the West. And it's the subject of a huge debate about what this cylinder means, what Cyrus means, but above all, Cyrus as articulated through this cylinder -- Cyrus as the defender of the homeland, the champion, of course, of Iranian identity and of the Iranian peoples, tolerant of all faiths. And in the current Iran, Zoroastrians and Christians have guaranteed places in the Iranian parliament, something to be very, very proud of.

To see this object in Tehran, thousands of Jews living in Iran came to Tehran to see it. It became a great emblem, a great subject of debate about what Iran is at home and abroad. Is Iran still to be the defender of the oppressed? Will Iran set free the people that the tyrants have enslaved and expropriated? This is heady national rhetoric, and it was all put together in a great pageant launching the return. Here you see this out-sized Cyrus cylinder on the stage with great figures from Iranian history gathering to take their place in the heritage of Iran. It was a narrative presented by the president himself.

And for me, to take this object to Iran, to be allowed to take this object to Iran was to be allowed to be part of an extraordinary debate led at the highest levels about what Iran is, what different Irans there are and how the different histories of Iran might shape the world today. It's a debate that's still continuing, and it will continue to rumble, because this object is one of the great declarations of a human aspiration. It stands with the American constitution. It certainly says far more about real freedoms than Magna Carta. It is a document that can mean so many things, for Iran and for the region.

A replica of this is at the United Nations. In New York this autumn, it will be present when the great debates about the future of the Middle East take place. And I want to finish by asking you what the next story will be in which this object figures. It will appear, certainly, in many more Middle Eastern stories. And what story of the Middle East, what story of the world, do you want to see reflecting what is said, what is expressed in this cylinder? The right of peoples to live together in the same state, worshiping differently, freely -- a Middle East, a world, in which religion is not the subject of division or of debate.

In the world of the Middle East at the moment, the debates are, as you know, shrill. But I think it's possible that the most powerful and the wisest voice of all of them may well be the voice of this mute thing, the Cyrus cylinder.

Thank you.

(Applause)

人が創る もの には ある優れた特性があります もの は人より長生きします 人は死んでも もの は生き延びる 人の命はひとつですが もの にはたくさんの命があります そして それぞれに違う意味があります つまり 人の伝記は みんなひとつですが もの にはたくさんあります

私が今日 お話しする 物語 伝記は 特異な運命をたどり続ける ある もの についてです 見た目は たいしたものではありません ラグビーボールくらいの大きさで 粘土でできています 円筒型に 成形されています びっしりと文章が書かれ 日干しされました 見てのとおり 少し欠けています 2500 年前に作られたのですから 驚くことではありません 発掘されたのは 1879年です この物体は 中東の政治を 動かす 力を秘めています 魅力的で まだ終わりがない 物語に包まれています

物語のはじまりは イラン・イラク戦争と その一連の出来事により 外国の勢力が イラクに侵攻し 独裁者が排除され 政権があっという間に 交代したことです 物語は 皆様がよくご存じの ベルシャザルの饗宴 にも関係あります 実は このイラン・イラク戦争は 紀元前539年に勃発しました 紀元前539年と2003年 そしてその間の出来事には 驚くべき 共通点があります これはレンブラントの作品です ロンドン ナショナル・ギャラリー所蔵です ヘブライ語聖書 ダニエル書の一節が 描かれています 物語は ご存知のとおり

ネブカドネザル2世の息子ベルシャザル ネブカドネザル2世が イスラエルを征服し エルサレムを破壊し バビロン捕囚を断行しました 神殿から神聖な器を持ち出しました 神殿を荒らし汚しました そしてエルサレム神殿からは黄金の器を バビロンに持ち帰りました 彼の息子ベルシャザルは 宴を開きました そして宴を一層面白くするために ちょっとした冒とくに走ろうと 神聖な器を持出してきました 彼は既に イラン人 ペルシャ王と 戦争中でした

その夜 ダニエルが預言します 宴が盛り上るさなか 手が現れて 壁に書込みます "おまえは天秤にかけられ 失格者となった おまえの王国は メディア人と ペルシャ人に 征服される" そして まさにその夜 ペルシャ王キュロスが バビロンに侵攻し ベルシャザル体制は崩壊するのです ユダヤ人の歴史において きわめて重要な 出来事です 偉大な物語 ご存知のとおりです "不吉な前兆" は 慣用句になりました 次に起きたことは 驚くべきことです この円筒印章が 物語に登場します

ペルシャ王キュロスが 戦わずしてバビロン入城し 巨大なバビロン帝国 ― イラク中南部から 地中海まで至った ― が陥落したのです キュロスは宣言します それがこの円筒印章です 神に導かれた統治者の宣言は イラクの専制君主を倒し 人々に自由をもたらしました バビロニア人あて バビロニア語で宣言しました "余はキュロス 全宇宙の王 偉大な王 強大な王 バビロンの王 世界四方の王だ" まさに誇大広告そのものです これはおそらく 現存する 最古の 勝利軍発 プレス・リリースでしょう この後 見ていきますが 専門の広報担当が書きました 誇張表現は驚くことではありません

いったい 偉大で強大な 世界四方の王は 何をするというのでしょう バビロンを征服した 王は続けます ネブカドネザルと ベルシャザルに 捕えられ奴隷となった全てのバビロニア人を すぐに解放すると 宣言しました 人々は祖国に帰ることが許され さらに重要なことに 没収された 神々 像 神聖な器 を人々に返しました 抑圧され 連行されたすべての民族は 神々と共に 帰郷するのです 人々は祭壇を修復し 各々の方法 各々の場所で 神々を崇拝できるのです これが布告であり この物体が その証拠です ユダヤ人がバビロンに 追放された後 何年もの間バビロンの水辺で エルサレムを思い出しては涙したのが ついに帰還できることになったのです 彼らはエルサレムに戻り 神殿を再建するのです

ユダヤ人の歴史上 中核をなす文献です ヘブライ語聖書 エズラ書 歴代志 にも 明確に同様の記述があります ユダヤ教版では 次のとおりです "ペルシャ王キュロス曰く 「天の神 主は地上の国々をことごとく私にくださって 主の宮をユダにあるエルサレムに 建てることを私に命じられた あなたがたのうち その民である者は誰だ 彼はエルサレムにいます神である エルサレムに向かわせよ」' 「向かわせよ」 帰郷という 中心的テーマは  ユダヤ教の 本質をなしています ご存知のとおり 捕囚からの帰還 第二神殿の時期 ユダヤ教は大きく発展しました この変化 大きな歴史的瞬間こそ ペルシャ王キュロスがもたらした と ヘブライ語聖書 および 円筒印章のバビロニア語が示しています

まさにふたつの偉大な文言 では 政治はどうだったのでしょう 起こっていたのは 中東史における重大な変化です キュロス配下メディア人とペルシャ人が結託した イラン王国は 世界初の巨大帝国になりました キュロスが紀元前530年に興し 息子 ダリウス1世に至るまで 地中海東岸全体は ペルシャ人支配下におかれました この帝国は 今日 我々が認識する中東であり 我々が認識する中東を形作る原型なのです ペルシャは当時 世界最大の帝国でした さらに重要なことに ペルシャは初の 多文化 多宗教の 大規模国家でした 全く新しい行政が施行されました しかも異なる言語で バビロニア語の布告が示すのは 異なる習慣 異なる民族 異なる宗教 異なる信仰を容認するということです キュロスはそれらを尊重し

モデルを構築したのです ― いかに大規模な 多民族 多宗教 多文化の社会をまとめるか そして その結果は ご覧のとおりの 領土を持つ帝国であり 200年間余りの安定を築きました アレキサンダーに破壊されるまで 中東が一体化できるという夢 ― 異なる信仰をもつ人々が一緒に暮らせる共同体 を実現したのです ギリシャの侵略が終わりを告げました もちろんアレキサンダーは政府を維持できず 帝国は崩壊します しかしキュロスが描いたことは 中核として残りました

ギリシャ人の歴史家 クセノフォンが 『キュロスの教育』で キュロスを偉大な統治者と述べました それ以降のヨーロッパ文化を通して キュロスは模範であり続けました。 これは16世紀の絵です 彼への畏敬の念が いかに深いか わかります クセノフォンが記述した キュロスの 多様社会のまとめる手法は 素晴らしい教科書として アメリカ革命の建国の父たちを 触発したのです ジェファソンは キュロスを 熱心に信奉しました 18世紀の理想として 新しい国家において いかにして宗教的寛容を生み出すか 述べています

一方 バビロンに話を戻すと 物事はうまく進んでいませんでした アレキサンダー以後 他の帝国も バビロンも衰退し 破滅に向かいました そして 大バビロン帝国の全ての軌跡は失われつつありました ― ところが 1879年 大英博物館 バビロン調査隊が 円筒印章を発見するのです そして 次の物語が始まります 19世紀半ばになると円筒印章は 大きな論争の的になりました その聖典は信頼できるのか 信じてもよいのか 当時 ユダヤ人の帰還とキュロスの布告を記述したのは ヘブライ語聖書だけでした 他に証拠はありません 突然 これが現れたのです 聖書を信じる者にとっては 進化論と地質学の台頭により 創造への信頼が揺らいでいた最中に 発見された 円筒印章は 聖書が 歴史的に正しいという証拠になりました 19世紀の決定的出来事です

しかし 当然のように複雑な問題が発生します 史実は正しく 考古学にとっては万歳です しかし その解釈はかなり複雑でした 円筒印章とヘブライ語聖書の記述には ひとつ大きな違いがあったのです バビロニアの円筒印章は バビロンの偉大な神 マルドゥクの 司祭たちが書きました 当然ですが すべてはマルドゥクが成し遂げたと告げます "マルドゥクがキュロスの名を呼んだのだ" マルドゥクはキュロスの手を取ると 彼に人々を指導するよう命じ バビロンの統治権を与えた マルドゥクはキュロスに 寛大にも 人々を解放せよ と告げた 故に民はすべて マルドゥクを崇拝すべし

旧約聖書を書いた ヘブライ人らは 驚くことなかれ 別の見解を取るのです 彼らにとっては 当然ながら マルドゥクが成し遂げたわけがない エホバこそ成し遂げたのだ とする 故にイザヤ書にある すばらしい文章には 功績はすべて マルドゥクではなく イスラエルの主神にある ― イスラエルの主神は 同様にキュロスの名を呼び 同様にキュロスの手を取り 人々について語った この例が象徴するのは 同じ出来事に対するふたつの異なる宗教的解釈 一つの史実に対するふたつの相反した 宗教対立があることです

神は たいてい強いものの味方をします 問題は どちらの神が味方をしたのか この論争が 19世紀に物議をかもしたのは、 ヘブライ語聖書がおよぼす影響力が 宗教のより広い領域に渡っていたからです そして明らかに 円筒印章はイザヤ書より古い上に エホバはマルドゥクが 話した言葉と よく似た言葉を使ったのです イザヤも知っていたかもしれません なぜなら 曰く  もちろんこれは神の言葉です ― "汝は私を知らなかったが 私は汝の名を呼んだ" さらに注目すべきは キュロスは エホバの命令に従って 行動したと思っていないこと 同様に マルドゥクの命令に従ったとも思っていないこと なぜならば 当たり前ですが キュロスは善良なイラン人で これらの書には全く登場しない まったく異なる神々に従っていたからです

(笑)

以上は1879年のことでした 40年後 1917年になると 円筒印章は 別の世界に入ります 今度はまさに  現代政治の渦中 ― バルフォア宣言が行われた年 中東の新たな帝国主義者 英国が ユダヤ人の民族郷土を 決定し ユダヤ人が帰還することを 認めました これに対する  東欧ユダヤ人の反応は熱狂的でした 東欧のいたるところで ユダヤ人はキュロスと ジョージ5世の肖像画を 並べて エルサレムへの帰還を認めた 二人の偉大な統治者を讃えました キュロスの円筒印章は 世間の注目を浴び その文章は 1918年の終戦後に起こることが 神により運命づれられていた 証明とされました 起きたことは ご存知でしょう イスラエルが建国され 50年後 60年代後半になると 帝国主義者 英国の力が弱まり 円筒印章の さらに別な伝記が始まります

英米がこの地域を 共産主義から守ろうとして 強大な勢力を作り イランのシャーに託すのです シャーはイランの歴史をねつ造し シャーが伝統の中心にいるような イランの歴史を標榜しました 鋳造した硬貨には 自分の横顔と キュロスの円筒印章を印しました ペルセポリスで大祝賀式典を行った際 要請を受けて 円筒印章が大英博物館からテヘランに貸出され パーレビ王朝祝賀式典にあわせて 展示されたのです キュロスの円筒印章がシャーの保証人役なのです

10年後 さらに別の物語です 1979年のイラン革命 イスラム革命が起こり キュロスは忘れられます その歴史には もはや関心ありません イスラム教のイランが関心事になる最中 イラク ― もうひとつの新たに作られた超大国が 攻撃したのです またイラン・イラク戦争です イラン人にとって重要なのは 彼らの偉大な過去 ― イラクと戦って勝利した 偉大な過去を思い出すことでした イランに住む全ての人々 回教徒と回教徒以外 ― キリスト教徒 ゾロアスター教徒 ユダヤ教徒 敬虔な人 敬虔でない人全てのイラン人を一つにする 象徴が必要でした 迷いなく キュロスが選ばれます

大英博物館とテヘラン国立博物館は ずうっと協力関係を維持していました その時 イラン側が要請したのは ただひとつの もの 要請したのは それだけです キュロスの円筒印章です 昨年 キュロスの円筒印章は 再び テヘランに行ったのです 陳列される様子です テヘラン国立博物館館長アルディカニ氏です イランに多数いる女性指導者のひとりです ケースに収められます 一大イベントでした 別の角度からの写真です テヘランでは 数か月間に 100 ~200万人が 見学しました 西洋のいかなる大展覧会も しのぐ規模です またも円筒印章は大論争の的です これが何を意味するのかキュロスが何を意味するのか 円筒印章が描くキュロス 祖国の守護者 キュロスが象徴するのは イランの独自性 イランの多様な民族 あらゆる宗派への寛容です 現代イランにおいて ゾロアスター教徒 キリスト教徒は イラン議会の議席数が保証されています とても誇り高きことです

円筒印章を見るために イランに住む 多くのユダヤ人が テヘランを訪れました 偉大な象徴であり 偉大な論争の的です イランの国内外でその意義が問われています イランは今でも虐げられた人々の擁護者なのか イランはこれからも独裁者に 収容され奴隷にされた人々を解放するのか 思慮に富んだ国家規模の論争です 印章の帰還にまつわる 壮大な時代劇が 繰り広げられるのです キュロスの円筒印章は等身大以上の存在感で 歴代のイランの主要人物が 一同に会した 檀上に展示さました 大統領自らが スピーチしました

私にとっては イランに運ぶこと イランに運ぶのを許されたことは 最高位の人々とともに 類まれな論争に参加することを 許されたのを意味します ― イランとは何か イランの多面性 イランの蓄積された歴史が 今日の世界をどう形づくるか 今も続く論争です 今後も続くでしょう この物体が訴えるのは 人間の強い願望の 偉大な宣言です アメリカ憲法の根本理念のひとつです 真の自由についてマグナカルタよりも 深く言及しています イランとその地域について 多くのことを意味しています

レプリカが 国連にあります 今秋 ニューヨークで 中東の将来が議題にあがる様子を 円筒印章が見つめているでしょう 最後に皆さんに問いましょう 次にどんな物語が この物体を待っているのでしょう 間違いなく 新たな中東の伝記が生まれるでしょう 中東や世界の物語の中で 皆さんは次に 何を見たいですか ― この円筒印章が 語ることを反映して 人々が同じ国家で 異なるものを自由に崇拝し ともに生きていく権利 宗教が分割や論争の 的にならない 中東や世界

今日 中東を取り巻く議論は 叫び声に近いものがあります しかし 私は思うのです もっとも説得力がある賢明な意見を 持っているのは この物言わぬ もの キュロスの円筒印章だと

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画