TED日本語 - ダニエル・ゴールドステイン: 「現在の自分」と「未来の自分」との戦い

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ダニエル・ゴールドステイン: 「現在の自分」と「未来の自分」との戦い

TED Talks

「現在の自分」と「未来の自分」との戦い
The battle between your present and future self
ダニエル・ゴールドステイン
Daniel Goldstein

内容

日々私たちは物事を選択、決定していますが、それが未来の自分に良い影響を及ぼすこともあれば悪影響をもたらすこともあります。ダニエル=ゴールドステインは、長期的に未来を想像しやすくする選択ツールを作り出しました。これで私たちは未来の自身にとってより賢明な選択をしていくことができるのです。

Script

Do you remember the story of Odysseus and the Sirens from high school or junior high school? There was this hero, Odysseus, who's heading back home after the Trojan War. And he's standing on the deck of his ship, he's talking to his first mate, and he's saying, "Tomorrow, we will sail past those rocks, and on those rocks sit some beautiful women called Sirens. And these women sing an enchanting song, a song so alluring that all sailors who hear it crash into the rocks and die." Now you would expect, given that, that they would choose an alternate route around the Sirens, but instead Odysseus says, "I want to hear that song. And so what I'm going to do is I'm going to pour wax in the ears of you and all the men -- stay with me -- so that you can't hear the song, and then I'm going to have you tie me to the mast so that I can listen and we can all sail by unaffected." So this is a captain putting the life of every single person on the ship at risk so that he can hear a song.

And I'd like to think if this was the case, they probably would have rehearsed it a few times. Odysseus would have said, "Okay, let's do a dry run. You tie me to the mast, and I'm going to beg and plead. And no matter what I say, you can not untie me from the mast. All right, so tie me to the mast." And the first mate takes a rope and ties Odysseus to the mast in a nice knot. And Odysseus does his best job playacting and says, "Untie me. Untie me. I want to hear that song. Untie me." And the first mate wisely resists and doesn't untie Odysseus. And then Odysseus says, "I see that you can get it. All right, untie me now and we'll get some dinner." And the first mate hesitates. He's like, "Is this still the rehearsal, or should I untie him?" And the first mate thinks, "Well, I guess at some point the rehearsal has to end." So he unties Odysseus, and Odysseus flips out. He's like, "You idiot. You moron. If you do that tomorrow, I'll be dead, you'll be dead, every single one of the men will be dead. Now just don't untie me no matter what." He throws the first mate to the ground. This repeats itself through the night -- rehearsal, tying to the mast, conning his way out of it, beating the poor first mate up mercilessly. Hilarity ensues.

Tying yourself to a mast is perhaps the oldest written example of what psychologists call a commitment device. A commitment device is a decision that you make with a cool head to bind yourself so that you don't do something regrettable when you have a hot head. Because there's two heads inside one person when you think about it. Scholars have long invoked this metaphor of two selves when it comes to questions of temptation. There is first, the present self. This is like Odysseus when he's hearing the song. He just wants to get to the front row. He just thinks about the here and now and the immediate gratification. But then there's this other self, the future self. This is Odysseus as an old man who wants nothing more than to retire in a sunny villa with his wife Penelope outside of Ithaca -- the other one.

So why do we need commitment devices? Well resisting temptation is hard, as the 19th century English economist Nassau William Senior said, "To abstain from the enjoyment which is in our power, or to seek distant rather than immediate results, are among the most painful exertions of the human will." If you set goals for yourself and you're like a lot of other people, you probably realize it's not that your goals are physically impossible that's keeping you from achieving them, it's that you lack the self-discipline to stick to them. It's physically possible to lose weight. It's physically possible to exercise more. But resisting temptation is hard.

The other reason that it's difficult to resist temptation is because it's an unequal battle between the present self and the future self. I mean, let's face it, the present self is present. It's in control. It's in power right now. It has these strong, heroic arms that can lift doughnuts into your mouth. And the future self is not even around. It's off in the future. It's weak. It doesn't even have a lawyer present. There's nobody to stick up for the future self. And so the present self can trounce all over its dreams. So there's this battle between the two selves that's being fought, and we need commitment devices to level the playing field between the two.

Now I'm a big fan of commitment devices actually. Tying yourself to the mast is the oldest one, but there are other ones such as locking a credit card away with a key or not bringing junk food into the house so you won't eat it or unplugging your Internet connection so you can use your computer. I was creating commitment devices of my own long before I knew what they were. So when I was a starving post-doc at Columbia University, I was deep in a publish-or-perish phase of my career. I had to write five pages a day towards papers or I would have to give up five dollars.

And when you try to execute these commitment devices, you realize the devil is really in the details. Because it's not that easy to get rid of five dollars. I mean, you can't burn it; that's illegal. And I thought, well I could give it to a charity or give it to my wife or something like that. But then I thought, oh, I'm sending myself mixed messages. Because not writing is bad, but giving to charity is good. So then I would kind of justify not writing by giving a gift. And then I kind of flipped that around and thought, well I could give it to the neo-Nazis. But then I was like, that's more bad than writing is good, and so that wouldn't work. So ultimately, I just decided I would leave it in an envelope on the subway. Sometimes a good person would find it, sometimes a bad person would find it. On average, it was just a completely pointless exchange of money that I would regret. (Laughter) Such it is with commitment devices.

But despite my like for them, there's two nagging concerns that I've always had about commitment devices, and you might feel this if you use them yourself. So the first is, when you've got one of these devices going, such as this contract to write everyday or pay, it's just a constant reminder that you have no self-control. You're just telling yourself, "Without you, commitment device, I am nothing, I have no self-discipline." And then when you're ever in a situation where you don't have a commitment device in place -- like, "Oh my God, that person's offering me a doughnut, and I have no defense mechanism," -- you just eat it. So I don't like the way that they take the power away from you. I think self-discipline is something, it's like a muscle. The more you exercise it, the stronger it gets.

The other problem with commitment devices is that you can always weasel your way out of them. You say, "Well, of course I can't write today, because I'm giving a TEDTalk and I have five media interviews, and then I'm going to a cocktail party and then I'll be drunk after that. And so there's no way that this is going to work." So in effect, you are like Odysseus and the first mate in one person. You're putting yourself, you're binding yourself, and you're weaseling your way out of it, and then you're beating yourself up afterwards.

So I've been working for about a decade now on finding other ways to change people's relationship to the future self without using commitment devices. In particular, I'm interested in the relationship to the future financial self. And this is a timely issue. I'm talking about the topic of saving. Now saving is a classic two selves problem. The present self does not want to save at all. It wants to consume. Whereas the future self wants the present self to save. So this is a timely problem. We look at the savings rate and it has been declining since the 1950s. At the same time, the Retirement Risk Index, the chance of not being able to meet your needs in retirement, has been increasing. And we're at a situation now where for every three baby boomers, the McKinsey Global Institute predicts that two will not be able to meet their pre-retirement needs while they're in retirement.

So what can we do about this? There's a philosopher, Derek Parfit, who said some words that were inspiring to my coauthors and I. He said that, "We might neglect our future selves because of some failure of belief or imagination." That is to say, we somehow might not believe that we're going to get old, or we might not be able to imagine that we're going to get old some day. On the one hand, it sounds ridiculous. Of course, we know that we're going to get old. But aren't there things that we believe and don't believe at the same time?

So my coauthors and I have used computers, the greatest tool of our time, to assist people's imagination and help them imagine what it might be like to go into the future. And I'll show you some of these tools right here. The first is called the distribution builder. It shows people what the future might be like by showing them a hundred equally probable outcomes that might be obtained in the future. Each outcome is shown by one of these markers, and each sits on a row that represents a level of wealth and retirement. Being up at the top means that you're enjoying a high income in retirement. Being down at the bottom means that you're struggling to make ends meet. When you make an investment, what you're really saying is, "I accept that any one of these 100 things could happen to me and determine my wealth."

Now you can try to move your outcomes around. You can try to manipulate your fate, like this person is doing, but it costs you something to do it. It means that you have to save more today. Once you find an investment that you're happy with, what people do is they click "done" and the markers begin to disappear, slowly,one by one. It simulates what it is like to invest in something and to watch that investment pan out. At the end, there will only be one marker left standing and it will determine our wealth in retirement.

Yes, this person retired at 150 percent of their working income in retirement. They're making more money while retired than they were making while they were working. If you're like most people, just seeing that gave you a small sense of elation and joy -- just to think about making 50 percent more money in retirement than before. However, had you ended up on the very bottom, it might have given you a slight sense of dread and/or nausea thinking about struggling to get by in retirement. By using this tool over and over and simulating outcome after outcome, people can understand that the investments and savings that they undertake today determine their well-being in the future.

Now people are motivated through emotions, but different people find different things motivating. This is a simulation that uses graphics, but other people find motivating what money can buy, not just numbers. So here I made a distribution builder where instead of showing numerical outcomes, I show people what those outcomes will get you, in particular apartments that you can afford if you're retiring on 3,000,2,500,2,000 dollars per month and so on. As you move down the ladder of apartments, you see that they get worse and worse. Some of them look like places I lived in as a graduate student. And as you get to the very bottom, you're faced with the unfortunate reality that if you don't save anything for retirement, you won't be able to afford any housing at all. Those are actual pictures of actual apartments renting for that amount as advertised on the Internet.

The last thing I'll show you, the last behavioral time machine, is something that I created with Hal Hershfield, who was introduced to me by my coauthor on a previous project, Bill Sharpe. And what it is is an exploration into virtual reality. So what we do is we take pictures of people -- in this case, college-age people -- and we use software to age them and show these people what they'll look like when they're 60,70,80 years old. And we try to test whether actually assisting your imagination by looking at the face of your future self can change you investment behavior.

So this is one of our experiments. Here we see the face of the young subject on the left. He's given a control that allows him to adjust his savings rate. As he moves his savings rate down, it means that he's saving zero when it's all the way here at the left. You can see his current annual income -- this is the percentage of his paycheck that he can take home today -- is quite high,91 percent, but his retirement income is quite low. He's going to retire on 44 percent of what he earned while he was working. If he saves the maximum legal amount, his retirement income goes up, but he's unhappy because now he has less money on the left-hand side to spend today. Other conditions show people the future self. And from the future self's point of view, everything is in reverse. If you save very little, the future self is unhappy living on 44 percent of the income. Whereas if the present self saves a lot, the future self is delighted, where the income is close up near 100 percent.

To bring this to a wider audience, I've been working with Hal and Allianz to create something we call the behavioral time machine, in which you not only get to see yourself in the future, but you get to see anticipated emotional reactions to different levels of retirement wealth. So for instance, here is somebody using the tool. And just watch the facial expressions as they move the slider. The younger face gets happier and happier, saving nothing. The older face is miserable. And slowly, slowly we're bringing it up to a moderate savings rate. And then it's a high savings rate. The younger face is getting unhappy. The older face is quite pleased with the decision. We're going to see if this has an effect on what people do. And what's nice about it is it's not something that biasing people actually, because as one face smiles, the other face frowns. It's not telling you which way to put the slider, it's just reminding you that you are connected to and legally tied to this future self.

Your decisions today are going to determine its well-being. And that's something that's easy to forget. This use of virtual reality is not just good for making people look older. There are programs you can get to see how people might look if they smoke, if they get too much exposure to the sun, if they gain weight and so on. And what's good is, unlike in the experiments that Hal and myself ran with Russ Smith, you don't have to program these by yourself in order to see the virtual reality. There are applications you can get on smartphones for just a few dollars that do the same thing. This is actually a picture of Hal, my coauthor. You might recognize him from the previous demos. And just for kicks we ran his picture through the balding, aging and weight gain software to see how he would look. Hal is here, so I think we owe it to him as well as yourself to disabuse you of that last image. And I'll close it there.

On behalf of Hal and myself, I wish all the best to your present and future selves. Thank you.

(Applause)

オデュッセウスとセイレーンの物語を みなさんは覚えていますか? おそらく学生の頃読んだことがあるのではないでしょうか。 この物語のヒーロー、オデュッセウスは トロイヤ戦争を終え、故郷に帰るところでした。 彼は船のデッキに立って 一等航海士に話しかけました。 「明日我々は 例の岩場の近くを通る。 そこにはセイレーンと呼ばれる 美しい女性たちがいるだろう。 彼女たちは魅惑的な歌を歌っている。 それはもううっとりするような歌を。 その歌を聴いた者は一人残らず 岩にぶつかって死ぬと言われている。」 彼の話しぶりから普通なら この海路は避けるべきだと考えるでしょう。 オデュッセウスはこう言うのです。 「私はその歌を聴いてみたい。 だから私はこうしようと思う。 船上にいる全ての者の耳を 蝋でふさぎます。 (聞いて続いてくださいね) こうすれば彼らに歌声は聞こえない。 そして、私はマストに縛り付けてもらうことで 歌を聴く。 これで問題なく航海できるというわけだ」と。 このように、船長は船員全員の命を 危険にさらすことで ある歌を聞くことができるためです。

こういった場合、彼らは数回にリハーサルをしたはずです。 オデュッセウスはこう言ったのではないでしょうか。 「今から予行練習をしよう。 マストに縛り付けられたら、私は縄を解くよう懇願するだろう。 しかし、私が何と言おうと縄をほどいてはならない。 分かったな。じゃあマストに縛り付けてくれ。」 そこで航海士はロープを持ってきて 彼をマストに固く縛り付けました。 するとオデュッセウスは迫真の演技を始めました。 「縄をほどいてくれ!自由にしてくれ! あの歌が聴きたいんだ!」 一等航海士は忠実に言いつけを守り 縄をほどきませんでした。 するとオデュッセウスは「よくやった。それでいい。 縄をほどいてくれ。夕食にしよう。」と言います。 一等航海士は迷いました。 「まだ練習中なのか、いや、もう終わったのか」と。 散々迷ったものの、彼は「練習は既に 終わったんだろう」と思い、縄を解きました。 するとオデュッセウスは激高して 一等航海士の胸ぐらをつかみました。 「馬鹿野郎! もし明日同じことをしたら、私もおまえも 他の船員も皆死ぬはめになるんだ! 何があろうと私の縄をほどいてはならない。わかったな!」 こう言って彼を床に突き飛ばしました。 結局このリハーサルは夜通し行われたのです。 かわいそうな航海士は周りの者が笑う中 何度もオデュッセウスをマストに縛り付けては、 彼の演技に毎回だまされ、 情け容赦なく殴られ続けました。

このオデュッセウスのように 自らの動きを制限するこのやり方 心理学者が背水の陣法と呼ぶものです。 冷静に自身を抑制することで 賢明な決断をすることができます。 かっとなってしまった時でも、後々の後悔に つなげないための方法です。 物事を考えるとき 我々人には二種類の頭脳があります 学者たちはこの二種類の頭脳についてのメタファーを 誘惑を論じる際いつも引き合いに出してきました 一つ目は「現在の自分」です。 オデュッセウスが歌を聴き、 セイレーンに近づきたくなるこの心理が一例です。 その場、その時、その瞬間の満足感だけが全てなのです。 しかし同時に「未来の自分」も存在します 未来のオデュッセウスは妻のペネロペと どこか暖かい場所でのんびりと老後を過ごすことを 望んでいる、といったものです。 イサカの郊外辺りなどきっといいですね。

では、なぜ我々には背水の陣法が必要なのでしょうか。 上手に誘惑を制することはなかなか難しいです 19世紀のイギリス人経済学者の ナッソー=ウィリアム=シニアはこう言っています。 「活力の源となる楽しみを慎むこと、または、 簡単に答えを出さずに長期的に探求することは 人間の意志の中で最も困難を伴うことです。」 他の多くの人々と同じように、 あなたも何か自分自身のゴールを設定するとします。 すると、あなたはきっと気付くでしょう。 なかなか目標を達成できないのは ゴールが物理的に不可能だからでなく 自制心の欠如に原因があることに。 体重を減らすことは物理的に可能ですし、 もっと頻繁に運動することだってできるんです。 難しいのは 誘惑からの自制なのです。

これが難しい理由はもう一つあります。 それは誘惑からの自制が 現在の自分と未来の自分の間で繰り広げられる 不平等な戦いだからです。 もっと詳しく話しましょう。現在の自分は常に存在し、 現在における主導権、決定権を握っています。 あなたの口にドーナツを運ぶことだって たやすいことなのです。 このとき、未来の自分は全く姿を見せません。 未来の自分は立場が弱く、 現在においては、弁護士も雇えません。 誰も支持してくれないのです。 というわけで現在の自分が、未来における 目標達成という夢を全て打ち砕いてしまうのです。 このように現在と未来の自分の戦いが頻繁に起こるので、 戦いのフィールドを等しくするために 私たちには背水の陣法が必要なのです。

実際に私はこの考え方を大変気に入っています。 マストに自分を縛り付ける以外にも方法はあります。 例えばクレジットカードを金庫にしまう、 ジャンクフードを家に持ち込まない、 インターネットのプラグを抜くこともできるのです。 そうすればネットサーフィンで時間を無駄にしないでしょう。 私も以前、まだ背水の陣法を知らなかった頃ですが、 個人的に背水の陣法をつくりました。 コロンビア大学で 博士号を取ろうと奮闘していた頃、いわゆる 「研究業績を出せ、さもなければ消えよ」 というプレッシャーに耐えていた時期です。 毎日5ページ書かなくてはいけなかったので できない日は5ドル手放すというルールを設定しました。

実際にこの背水の陣法を実行しようとしてみると いたるところに悪魔が存在することが分かるでしょう。 というのも5ドルと縁を切るのは思うほど簡単ではないのです。 焼却することは違法なのでできません。 そこで私はチャリティーに寄付しようと考えました。 または妻にあげるとかそんな感じです。 しかし何かが違うと感じました。なぜなら 書かないことは悪ですが、寄付することは善だからです。 これでは私は書かないことを 正当化することができてしまいます。 私は他にもいろいろと考えを巡らせてみました。 例えば私の5ドルをナチスにあげることもできるとも。 しかしこれは書く書かないの善悪のレベルを超えて悪です。 これではお話になりません。 そこで私は結局、ただ単純に 電車の中に封筒を置いておくことに決めたのです。 時にはそれを善人が拾い、 時には悪人がそれを見つけることもあるでしょう。 概して、これは完全に不毛な交換でした。 今では後悔しています。 笑 背水の陣法はこのように用いることができるのです。

私はこのアイディアが好きですが 用いるたびに感じる懸念が二点あります。 みなさんももしこの背水の陣法を使えば 感じると思います。 まず一つ目ですが、 みなさんが私のように 背水の陣法を始めたとします。 しかしこれはセルフコントロールのない 単なる定期的なお知らせ機能に過ぎないのです。 「背水の陣法なしには何もできないし、 私には強い自制心もないわ。」 などと言っていては何もならないのです。 この方法が適用しない状況に置かれたとき、 例えば「あら、ドーナツいただいちゃったわ。 でも背水の陣法にドーナツを防御する方法なんてなかったし…」 などと言って食べてしまうのです。 私はこの方法が当人から権限を奪い取ってしまうことがいやなのです。 自制とは筋肉のようなものであると私は考えます。 筋肉は鍛えれば鍛えるほど強くなりますよね。

二つ目の問題は 私たちはいつでもこの背水の陣法から逃げられるということです。 「今日は5ページも書けないよ。 だってTEDTalkでのスピーチもしなきゃいけないし、他にもインタビューが5個もある。 その後はカクテルパーティに行く予定だから…酔っ払っていては書けないだろう。 この通り、今日はどうやったって論文に取り掛かることなんてできない!」 これは事実上、あなたの中に オデュッセウスと一等航海士がいるようなものです。 あなたは自分の状況を考え、自制を促しながらも 逃げだそうともします。 そして最後には自分を責めてしまうのです。

そこで私は10年に渡って 背水の陣法を使わずに 未来の自分との付き合い方を変える 他の道を見つけ出そうとしてきました。 いかなるデバイスにも頼ることなくです。 とりわけ、将来の経済状況との関係性は 興味深いです。 これはとてもタイムリーな問題なのです。 貯金について話していきましょう。 ここには典型的な二つの問題がありますね。 まず、現在の自分は貯金なんてしたくありません。 とにかく消費したいのです。一方で 未来の自分は現在の自分に貯金してもらいたい。 これは実にタイムリーな問題です。 貯蓄率の推移を見ると 1950年代から減少していることが見て取れます。 同時に、全米退職リスク=インデックスを見ると 退職後の生活のために十分に貯蓄できない可能性が 増えていることがわかります。 マッキンゼー=グローバル機関は既に、 ベビーブーマー世代の3人に2人が これから来る老後のための 金銭的準備が十分にできないだろうと 予測しています。

私たちは一体どうすればよいのでしょうか? 私と友人は、デレク=パーフィットという哲学者の 次の言葉から着想を得ました。 「私たちはときに、失敗を思い込み、失敗を想像することで 未来の自分たちを軽視してしまうかもしれない。 言い換えると、 私たちは、歳をとっていくことを信じにくく、 またはいつかは老いるということを 想像できないのです。 これは馬鹿馬鹿しく聞こえることでもあるでしょう。 もちろん、私たちは老いていく現実を知っています。 ですが、信じながらも信じられない、そんな事柄は世の中にたくさんありますよね。

そこで私は相棒と共に、現代における 最もすばらしい道具、コンピューターを使って、 人々の想像をサポートし 自分たちの将来がどんな風になっていくかを 予想するお手伝いをしました。 では、いくつかツールを紹介しましょう。一つ目は ディストリビューション=ビルダーと呼ばれる分布表です。 未来に含まれるであろう 起こりうる結果を100個提示することで 人々に自分の未来がどのようであるかを示すのです。 それぞれの結果はこのようなマーカーで表され 列になっています。 これは財産の水準と退職を示しています。 上に行けば行くほど 高い所得をもって退職後の生活を楽しんでいるということです。 反対に、下に行けば行くほど 生活のやりくりに苦労している状態を示します。 あなたが何か投資をするとき、 こう断言するのではないでしょうか。 「これら100のうちの一つが自分の未来となり、 将来の財産を確定することを受け入れよう」と。

それではマーカーをいろいろ動かしてみましょう。 こんな風にあなたの運命をコントロールできるのです。 しかしそのためには手間をかける必要もあります。 その手間とは、今もっと貯蓄することです。 何か満足いく投資を見出したら、 「完了ボタン」をクリックします。 するとこれらのマーカーが消えていくのです。 ゆっくりと、しかし一つずつ確実に。 これは行った投資がもたらす影響をシュミレーションし、 その投資が成功するか否かを判断するのです。 最後には、たった一つのマーカーが残り、 それがあなたの老後における裕福さを示しているのです。

そう、例えばこの人の退職後の収入は 働いているときの収入比150パーセントです。 現役で働いているときよりも 定年後の方がお金を得ているのです。 もしあなたが他の多くの人々と同じように 現在のあなたに小さな満足感や喜びをもたらすものを望むだけなら、 単純に退職後に今よりも収入を 50%増やすことを考えてください。 しかし、もしあなたが結局最も下の位置に 行き着いたとしたら、 不安や悪心といった絶望を感じ、 老後を切り抜けることに苦悶を抱くことでしょう。 このツールを繰り返し使い、 様々な結果をシュミレーションすることで、 人々は理解するでしょう。 私たちが今日行う投資や貯蓄こそが より豊かな未来の決め手になるということを。

将来に希望や不安を抱く人々はやる気を持ち、 各々が意欲的にとりかかるものを見つけ出すのです。 これはグラフを使った シュミレーションです。 数字ではなく、金で買えるものに対して モチベーションを感じる人のために、 数値的な収入の代わりに、 それぞれの所得に相応した物件を示す 分布表を作りました。 退職後にそれぞれ月に3000ドル、2500ドル、 2000ドル...の収入がある場合に、 買うことができる部屋をお見せしましょう。 所得高別に部屋を一つずつ見ていくと どんどん質が悪くなっていることが分かります。 いくつかは私が大学院生時代に住んでいた部屋のように質素です。 そして一番下まで行くと、 とても残念な現実を目の当たりにすることになります。 定年後のための貯蓄を全くしないでいると、 そもそも家を買うことすらできないのです。 これらはインターネット上で見つけた それぞれの所得に見合った賃料の、 実存する部屋の写真です。

みなさんに最後にお見せするのは 生涯の最後にとる行動が分かるタイムマシーンです。 これは、先に紹介したプロジェクトの相棒から 紹介された金融行動の専門家であるハーシュ=フィールドと共に 考案したものです。 これは何かと言うと バーチャル=リアリティ診断です。 何をするかというと、まず人々の写真を撮ります。 ここでは大学生の年代の人々ですね。 そしてソフトウェアを使って彼らを老いさせます。 そして彼らが60歳、70歳、80歳になったときに どんな風になっているかを示すのです。 自身の将来への投資姿勢を変えられる 未来の自分の顔を見ることで、 実際にあなたがたの未来の想像の手伝いが できているかどうか、これを使って検証するのです。

これは我々の試みの一つです。 左側に若い被験者の顔があります。 彼は自由に 彼の貯蓄率を調整することができます。 彼が貯蓄率を下げ、 この目盛りが一番左に来たときは 彼の貯蓄がゼロということを意味します。 この数字は彼の手取り分のパーセンテージです。 現在の手取りは、91%と とても高いことが分かります。 しかし彼の老後の所得はとても低いです。 彼は退職後、現役時代の収入の たった44%分しか得られないことになります。 もし彼が可能な限り貯蓄すると 彼の退職後の所得は上がります。 しかし、彼は今使えるお金が減ったので 不満のようです。 他の状況も人々に自身の将来を示しています。 また未来の自分から見ると、全ては逆になります。 もしあなたが本当に少ししか貯蓄しなかった場合、 未来のあなたはとても不幸でしょう。 だって以前の所得の44%で生きていかなくてはいけないのですから。 しかし、もし現在のあなたが貯蓄をたくさんしたら 今とほぼ変わらない所得を得ることができる 未来のあなたはとてもうれしいでしょう。

私はより多くの人に分布表ツールを使ってもらうために このタイムマシーンづくりに ハルとアリアンツと共に携わってきました。 ただ未来の自分を見ることができるだけでなく 退職後の財産の水準に応じて 予測される情緒反応まで見ることができるように。 例えば、 このツールを使ってみましょう。 つまみの左右の動きに応じて変わる 表情を見てください。 若者の表情がどんどんうれしそうになっていますが、 貯蓄はゼロなので、老人の表情は本当に哀れです。 少しずつつまみを適度な貯蓄率にまで動かしてみましょう。 そして貯蓄率を上げると、 若者の表情はどんどん悲しげになり、 老人はなんともうれしそうです。 私たちはこのツールを使うことで 行動が及ぼす影響の有無を見ることができるのです。 このツールのよい点は これが笑顔としかめっ面を用いて 人々に偏見を抱かせるものではないということです。 これはつまみをどちらに動かすべきか 指示するものではありません。 このタイムマシーンツールは、 あなたが未来の自分と密接につながっているということを 思い出させるものです。

今日の決断が未来の豊かさの決め手となります。 しかし人々はこの事実を忘れがちです。 また、このバーチャル体験は、ただ単に 自分の老後の顔を見られるだけではないのです。 もしあなたが喫煙をしたらどのようになるか、 もし日焼けをしすぎたらどうなるか、 もし太ったら・・・など 他にも様々なプログラムがあるのです。 こちらの良い点は 私がハルと、ラス=スミスと一緒に実行したプログラムと違い、 このバーチャルリアリティを体験するために あなた方自身でプログラミングする必要がないということです。 数ドルでインストールできるスマートフォンのアプリがあり、 それで同じことができます。 これは私の相棒ハルの写真です。 この私のスピーチの中にも出てきた彼です。 冗談半分ではありますが、写真の彼を ソフトウェアを使ってはげさせ、年取らせ、太らせてみました。 彼のこの写真を見て私たちは 将来こんな風になりたくないと改めて感じ、 将来に向けて投資をしていく意志が強まったのではないでしょうか。 それでは、ここで終わりたいと思います。

ハルと私自身を代表し、 現在のあなた、そして未来のあなた方皆さんに多くの幸せが訪れることをお祈りします。 ありがとうございました。

拍手

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画