TED日本語 - レイマ・ボウィ: 少女たちの知性 情熱 すばらしさを解き放て

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - レイマ・ボウィ: 少女たちの知性 情熱 すばらしさを解き放て

TED Talks

少女たちの知性 情熱 すばらしさを解き放て
Unlock the intelligence, passion, greatness of girls
レイマ・ボウィ
Leymah Gbowee

内容

ノーベル平和賞受賞者のレイマ・ボウィが二つの力強いストーリーを語ります。 彼女自身の人生の変革と世界中の少女たちが持つ潜在能力を解放することです。 私たちは少女たちの持つ素晴らしい資質を解き放つことで、世界を変えることができるでしょうか?

Script

Many times I go around the world to speak, and people ask me questions about the challenges, my moments, some of my regrets. 1998: A single mother of four,three months after the birth of my fourth child, I went to do a job as a research assistant. I went to Northern Liberia. And as part of the work, the village would give you lodgings. And they gave me lodging with a single mother and her daughter.

This girl happened to be the only girl in the entire village who had made it to the ninth grade. She was the laughing stock of the community. Her mother was often told by other women, "You and your child will die poor." After two weeks of working in that village, it was time to go back. The mother came to me, knelt down, and said, "Leymah, take my daughter. I wish for her to be a nurse." Dirt poor, living in the home with my parents, I couldn't afford to. With tears in my eyes, I said, "No."

Two months later, I go to another village on the same assignment and they asked me to live with the village chief. The women's chief of the village has this little girl, fair color like me, totally dirty. And all day she walked around only in her underwear. When I asked, "Who is that?" She said, "That's Wei. The meaning of her name is pig. Her mother died while giving birth to her, and no one had any idea who her father was." For two weeks, she became my companion, slept with me. I bought her used clothes and bought her her first doll. The night before I left, she came to the room and said, "Leymah, don't leave me here. I wish to go with you. I wish to go to school." Dirt poor, no money, living with my parents, I again said, "No." Two months later, both of those villages fell into another war. Till today, I have no idea where those two girls are.

Fast-forward,2004: In the peak of our activism, the minister of Gender Liberia called me and said, "Leymah, I have a nine-year-old for you. I want you to bring her home because we don't have safe homes." The story of this little girl: She had been raped by her paternal grandfather every day for six months. She came to me bloated, very pale. Every night I'd come from work and lie on the cold floor. She'd lie beside me and say, "Auntie, I wish to be well. I wish to go to school."

2010: A young woman stands before President Sirleaf and gives her testimony of how she and her siblings live together, their father and mother died during the war. She's 19; her dream is to go to college to be able to support them. She's highly athletic. One of the things that happens is that she applies for a scholarship. Full scholarship. She gets it. Her dream of going to school, her wish of being educated, is finally here. She goes to school on the first day. The director of sports who's responsible for getting her into the program asks her to come out of class. And for the next three years, her fate will be having sex with him every day, as a favor for getting her in school.

Globally, we have policies, international instruments, work leaders. Great people have made commitments -- we will protect our children from want and from fear. The U.N. has the Convention on the Rights of the Child. Countries like America, we've heard things like No Child Left Behind. Other countries come with different things. There is a Millennium Development called Three that focuses on girls. All of these great works by great people aimed at getting young people to where we want to get them globally, I think, has failed.

In Liberia, for example, the teenage pregnancy rate is three to every 10 girls. Teen prostitution is at its peak. In one community, we're told, you wake up in the morning and see used condoms like used chewing gum paper. Girls as young as 12 being prostituted for less than a dollar a night. It's disheartening, it's sad. And then someone asked me, just before my TEDTalk, a few days ago, "So where is the hope?"

Several years ago, a few friends of mine decided we needed to bridge the disconnect between our generation and the generation of young women. It's not enough to say you have two Nobel laureates from the Republic of Liberia when your girls' kids are totally out there and no hope, or seemingly no hope. We created a space called the Young Girls Transformative Project. We go into rural communities and all we do, like has been done in this room, is create the space. When these girls sit, you unlock intelligence, you unlock passion, you unlock commitment, you unlock focus, you unlock great leaders. Today, we've worked with over 300. And some of those girls who walked in the room very shy have taken bold steps, as young mothers, to go out there and advocate for the rights of other young women.

One young woman I met, teen mother of four, never thought about finishing high school, graduated successfully; never thought about going to college, enrolled in college. One day she said to me, "My wish is to finish college and be able to support my children." She's at a place where she can't find money to go to school. She sells water, sells soft drinks and sells recharge cards for cellphones. And you would think she would take that money and put it back into her education. Juanita is her name. She takes that money and finds single mothers in her community to send back to school. Says, "Leymah, my wish is to be educated. And if I can't be educated, when I see some of my sisters being educated, my wish has been fulfilled. I wish for a better life. I wish for food for my children. I wish that sexual abuse and exploitation in schools would stop." This is the dream of the African girl.

Several years ago, there was one African girl. This girl had a son who wished for a piece of doughnut because he was extremely hungry. Angry, frustrated, really upset about the state of her society and the state of her children, this young girl started a movement, a movement of ordinary women banding together to build peace. I will fulfill the wish. This is another African girl's wish. I failed to fulfill the wish of those two girls. I failed to do this. These were the things that were going through the head of this other young woman -- I failed, I failed, I failed. So I will do this. Women came out, protested a brutal dictator, fearlessly spoke. Not only did the wish of a piece of doughnut come true, the wish of peace came true. This young woman wished also to go to school. She went to school. This young woman wished for other things to happen, it happened for her.

Today, this young woman is me, a Nobel laureate. I'm now on a journey to fulfill the wish, in my tiny capacity, of little African girls -- the wish of being educated. We set up a foundation. We're giving full four-year scholarships to girls from villages that we see with potential.

I don't have much to ask of you. I've also been to places in this U.S., and I know that girls in this country also have wishes, a wish for a better life somewhere in the Bronx, a wish for a better life somewhere in downtown L.A., a wish for a better life somewhere in Texas, a wish for a better life somewhere in New York, a wish for a better life somewhere in New Jersey.

Will you journey with me to help that girl, be it an African girl or an American girl or a Japanese girl, fulfill her wish, fulfill her dream, achieve that dream? Because all of these great innovators and inventors that we've talked to and seen over the last few days are also sitting in tiny corners in different parts of the world, and all they're asking us to do is create that space to unlock the intelligence, unlock the passion, unlock all of the great things that they hold within themselves. Let's journey together. Let's journey together.

Thank you.

(Applause)

Chris Anderson: Thank you so much. Right now in Liberia, what do you see as the main issue that troubles you?

LG: I've been asked to lead the Liberian Reconciliation Initiative. As part of my work, I'm doing these tours in different villages and towns -- 13,15 hours on dirt roads -- and there is no community that I've gone into that I haven't seen intelligent girls. But sadly, the vision of a great future, or the dream of a great future, is just a dream, because you have all of these vices. Teen pregnancy, like I said, is epidemic.

So what troubles me is that I was at that place and somehow I'm at this place, and I just don't want to be the only one at this place. I'm looking for ways for other girls to be with me. I want to look back 20 years from now and see that there's another Liberian girl, Ghanaian girl, Nigerian girl, Ethiopian girl standing on this TED stage. And maybe, just maybe, saying, "Because of that Nobel laureate I'm here today." So I'm troubled when I see them like there's no hope. But I'm also not pessimistic, because I know it doesn't take a lot to get them charged up.

CA: And in the last year, tell us one hopeful thing that you've seen happening.

LG: I can tell you many hopeful things that I've seen happening. But in the last year, where President Sirleaf comes from, her village, we went there to work with these girls. And we could not find 25 girls in high school. All of these girls went to the gold mine, and they were predominantly prostitutes doing other things. We took 50 of those girls and we worked with them. And this was at the beginning of elections. This is one place where women were never -- even the older ones barely sat in the circle with the men. These girls banded together and formed a group and launched a campaign for voter registration. This is a real rural village. And the theme they used was: "Even pretty girls vote." They were able to mobilize young women.

But not only did they do that, they went to those who were running for seats to ask them, "What is it that you will give the girls of this community when you win?" And one of the guys who already had a seat was very -- because Liberia has one of the strongest rape laws, and he was one of those really fighting in parliament to overturn that law because he called it barbaric. Rape is not barbaric, but the law, he said, was barbaric. And when the girls started engaging him, he was very hostile towards them. These little girls turned to him and said, "We will vote you out of office." He's out of office today.

(Applause)

CA: Leymah, thank you. Thank you so much for coming to TED.

LG: You're welcome. (CA: Thank you.)

(Applause)

何度も 講演で世界中に行くたびに 人々は私に質問をしました 困難な問題について 私の契機となった出来事について そして 私の後悔について 1998年のことです 私は4人の子を持つシングルマザーでした 4番目の子を産んでわずか3ヶ月後に 私はある調査のアシスタントとして 仕事にでかけました 私はリベリア北部に行き 仕事で訪れた村が用意してくれた宿に お世話になっていました 下宿先には シングルマザーと 彼女の娘がいました

その娘はたまたま その村全体でただ一人 9年生に上がった 少女でした 少女はその村で物笑いの種でした 彼女の母親はよく他の女性から 「あなたとあなたの娘は 貧しいまま死ぬよ」と言われていました その村で2週間を過ごした後 帰る日が来ました その母親は私のところに来てひざまずき こう言いました 「娘を連れて行ってください 将来娘には 看護師になってほしいの」 極貧の中 両親と同居していた私には できないことでした 目に涙を溜めて私は "ノー"と言いました

2ヶ月後のことです 私は同じ仕事で 別の村に行き そこで村長の家に住むよう言われました 女性の村長には小さい女の子がいました 私のように肌の色が薄く 汚れ放題でした 女の子は一日中 パンツ一枚で うろつきまわっていました 「あの子は誰ですか?」と私が尋ねると 村長は答えました 「ウェイです ウェイとは豚という意味です 母親は彼女を産んだ時に死に 父親の名前は誰も知りません」 滞在中の2週間のうちに 彼女は私の友達になり 一緒に眠るようになりました 私は古着と 彼女にとって初めての 人形を買ってあげました 私が帰る前の日の夜 彼女は私の部屋に来て言いました 「ここにおいて行かないで あなたと一緒に行きたい 私は学校に行きたいの」 極貧状態で お金がなく 両親と住んでいた私は この時も "ノー"と言いました 2ヶ月の後 この2つの村はまた戦争状態に陥りました いまだに この2人の少女の消息は 全くわからないままです

早送りしましょう 2004年のことです 私たちの運動の最盛期だったころ リベリアの ジェンダーと開発省の大臣が 私を呼んで言いました 「レイマ この9歳の少女を託します 私たちには安全な家がないの」 この少女の生い立ちはこうです この少女は 父方の祖父に 6ヶ月の間 毎日 レイプされていました 彼女は 腹部がぶっくりと膨らんでいて 青白い顔をしていました 毎晩 私が仕事から戻って冷たい床に寝るとき 彼女は私の横に来て言いました 「おばちゃん 私は元気になりたい 私は学校に行きたいの」

2010年のことです 若い女性がサーリーフ大統領の前に立ち 彼女とその弟妹が 両親が戦争で死んでから どのようにして一緒に暮らしてきたか証言をしました 彼女は19歳で夢は大学に行き 弟妹を養うことでした 彼女は大変運動能力にすぐれていました 彼女が 奨学金の 申し込みをしたときの事でした 全額給与の奨学金を彼女は手にしました 彼女の夢は学校に行き 教育を受けること この夢がとうとう現実になったのです 初日に彼女が学校に行ったとき 彼女を奨学金プログラムに入れた スポーツの学部長が 彼女を教室の外に呼び出しました そして入学してからの3年間 彼女は 学校に通うために この男と毎日セックスすることを 強要されました

全世界で (子供たちのための)政策が取られ 国際組織があり 実現するための指導者がいます 偉大な人たちが 決意を表明しています 私たちは 子供たちを 貧困と恐怖から守ると 国連には国連子どもの権利委員会があります 米国などでは「落ちこぼれゼロ法」があると聞いています 他の国々も様々なことをしています ミレニアム開発目標の3番目では 少女に焦点を当てています 偉大な人々によるこれら素晴らしい仕事は 若い人々を 我々が望む方向に 導くためのものですが 失敗していると私は思います

例えばリベリアでは 10代の妊娠率は 10人中3人の割合です 10代の売春は 過去最悪となっています ある地域では 朝起きると 使用済みのコンドームが まるで ガムの紙のように捨てられているのをみかけるといいます 12歳になるかならないかの少女が 一晩1ドル以下で売春をしています 悄然とします 悲しいことです TED講演の数日前 ある人が私に尋ねました 「じゃあ 希望はどこにあるの?」

数年前 私の友人数人が 私たちの世代と分断されている 若い女性の世代との 橋渡しが必要だと決意しました 少女たちが 捨て置かれ 何の希望もないように感じるようでは リベリア共和国に ノーベル平和賞受賞者が 2人いると言うには十分ではないからです 私たちは「若い女性の変容プロジェクト」 という行動の場を作りました 私たちは農村部に出かけていき 今この会場で行われているのと同じような 場所を作っています 少女たちがそこに来て 座ったとき 彼女たちの知性を解き放ち 情熱を解き放ち 決意を解き放ち 照準を解き放ち 偉大な指導者になる素質を解き放つのです これまでに300人以上の少女に働きかけてきました 部屋に入ってきたとき非常に内気だった 若い母親であった 何人かの少女は 大胆に行動を起こし 外に出て 他の若い女性のための 権利を擁護しています

私が会ったある若い女性は 10代で4人の子供がいました 彼女はそれまで 高校教育を終えて 卒業することなど思ったこともありませんでした 大学に入学することなど 考えたこともありませんでした ある日彼女は私に言いました 「私の願いは大学を卒業し 子供を養えるようになることです」 彼女は 学校に行くためのお金を 手に入れることができない状態です 彼女は水やソフトドリンク 携帯電話のカードなどを売っています 自らの教育資金に当てるのだと 皆さんは思われるでしょう ハニータというのが彼女の名前です 彼女はそのお金を 同じ地域に住む若いシングルマザーに渡し 学校に行かせたのです 彼女は言いました 「レイマ 私の願いは教育を受けること 私が教育を受けられなくても 他の女性たちが教育を受けられれば 私の願いは叶うの より良い生活を送り 子供たちが食べ物を得られ 学校での性的虐待や性的搾取がなくなることを私は願う」と これがアフリカの少女の夢です

数年前 あるアフリカの少女がいました その少女には息子がいて 極限の飢えの中 ドーナツを食べることが夢でした 彼女のいる社会の状態に対して また我が子が置かれた状態に対して 怒りに燃え 不満を持ち 憤慨したこの若い女性は 運動を起こしました 平凡な女性の運動は お互いを結束して 平和を樹立しようというものでした 私はこの願いを実現させます この願いは別のアフリカの少女のものです 私は昔 2人の少女の願いを叶えられず 私は失敗しました この若い女性が体験したような苦難もありましたが 私は 失敗して 失敗して 失敗しました だからこれはやり抜こうと思ったのです 女性たちは 外に出てきて 残忍な独裁者に対して抗議し 恐れずに話しました ドーナツ1つを得る願いだけではなく 平和への願いも実現しました この若い女性もまた 学校に行きたいと願い そして学校に行きました この若い女性の他の願いも 叶いました

今日 この若い女性は私です ノーベル平和賞受賞者です 今私は 私の小さな力で アフリカの少女の願い 教育を受けたいという願いを 叶えるための 途上にいます 私たちは基金を設立しました 農村に住む 才能があると認めた少女に 4年間の全額給与の奨学金を与えるというものです

私は皆さんにたくさんはお願いをしません 私はここ米国に来て この国の少女たちも 願いがあることを知っています ブロンクスの少女の よりよい生活への願い ロスのダウンタウンにいる少女の よりよい生活への願い テキサスの少女の ニューヨークの少女の ニュージャージーの少女の よりよい生活への願い

あなたも私と一緒に この少女たち アフリカの アメリカの 日本の少女たちの 願いを叶え 夢を実現する 手助けをしてくれませんか? なぜなら 過去数日にわたって 私たちがここで見てきた 偉大な革新家 発明家たちは 世界の様々な国に住んでいて 彼ら全員が 少女たちが内に秘めている 知性を解き放ち 情熱を解き放ち 少女たちの内なる偉大さを解き放つ 場所を一緒に作ろうと 言ってくれているからです 一緒にやりましょう 一緒にやりとげましょう

ありがとうございました

(拍手)

ありがとうございました あなたが 現在 リベリア共和国で 一番心を痛めていることは なんでしょうか?

私は 「リベリア和解構想」の指揮を 依頼されています その一環として 舗装されていない道を13から15時間もかけて あちこちの村や町に でかけています そして 私が訪れる様々な地域で 頭脳明晰な少女がいないところはありません しかし 悲しいことに 素晴らしい未来への ビジョンや夢は そこではただの夢想です なぜならたくさんの弊害があるからです 10代の妊娠は 前述のとおり蔓延しています

私が心を痛めているのは 私もかつてあの場所にいたのに 今 はからずも このステージに立っているということです そして このステージにいるのが 私一人であって欲しくないということです 私は 他の少女も私と共にいられるような 方法を探しています 私は今から20年の後 リベリア共和国や ガーナや ナイジェリアや エチオピアの少女が このTEDのステージに立つことを望んでいます もしかしたら こう言ってくれるかもしれません 「私が今ここにあるのは ノーベル平和賞受賞者のおかげです」 そのため 少女たちに何の希望もないように 思える時 私の心は痛みます でも 悲観的になってはいません なぜなら彼らを勇気づけることは それほど難しくないからです

そして昨年のことですが ある 希望を持てることがあったと お話してくださいましたね

私が見てきた希望が持てる出来事はたくさんありますが 昨年のことです 私たちはサーリーフ大統領の出身の村へ 少女たちに働きかけるため 出かけました そこでは 高校に通っている少女は 25人に満たない数でした 彼女たち全員は金鉱へ通い 大多数が 売春や 他のことをしていました 私たちはそうした少女50人を連れて 一緒に活動をしました そしてこれが選挙の始まりでした かつて 女性が決して 年配の女性でさえも 男性と肩を並べたことがほとんどなかった分野です 少女たちは連携し グループを作って 有権者登録キャンペーンを 始めました ここは本当に田舎の村でした 彼女たちが使ったスローガンはこれです 「可愛い少女たちだって投票する」 彼女たちは若い女性を動員することができました

そればかりでなく 彼女たちは 選挙運動をしている 立候補者のところに出かけていき 「あなたが当選したら この地域に住む 少女たちに何をしてくれますか?」と問いました すでに当選した ある男性議員がいました リベリアには強力なレイプ法があり この男性議員は 議会で非常に強硬に この法律を撤回させようとしていました 彼の言い分は 野蛮な法律だというのです レイプは野蛮ではないが レイプ法は野蛮だというのです 少女たちが この男性と話しに行った際 彼は非常に敵意を持った態度を示しました 少女たちはその男に向かって言いました 「選挙であなたを追い落としてやるわ」と 今日 その男は議会にいません

(拍手)

レイマ、TEDにいらしてくださってありがとう

どういたしまして (ありがとう)

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画