TED日本語 - ミッチェル・ジョーチム: 家は建てるな、育てろ!

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ミッチェル・ジョーチム: 家は建てるな、育てろ!

TED Talks

家は建てるな、育てろ!
Don't build your home, grow it!
ミッチェル・ジョーチム
Mitchell Joachim

内容

TED Fellowであり都市デザイナーのミッチェル・ジョーチムがエコで、有機的な家を紹介します。環境にやさしく植物からなる住まいで、将来は筋肉のものも?

Script

Why grow homes? Because we can. Right now, America is in an unremitting state of trauma. And there's a cause for that, all right. We've got McPeople, McCars, McHouses. As an architect, I have to confront something like this.

So what's a technology that will allow us to make ginormous houses? Well, it's been around for 2,500 years. It's called pleaching, or grafting trees together, or grafting inosculate matter into one contiguous, vascular system. And we do something different than what we did in the past; we add kind of a modicum of intelligence to that. We use CNC to make scaffolding to train semi-epithetic matter, plants, into a specific geometry that makes a home that we call a Fab Tree Hab. It fits into the environment. It is the environment. It is the landscape, right?

And you can have a hundred million of these homes, and it's great because they suck carbon. They're perfect. You can have 100 million families, or take things out of the suburbs, because these are homes that are a part of the environment. Imagine pre-growing a village -- it takes about seven to 10 years -- and everything is green.

So not only do we do the veggie house, we also do the in-vitro meat habitat, or homes that we're doing research on now in Brooklyn, where, as an architecture office, we're for the first of its kind to put in a molecular cell biology lab and start experimenting with regenerative medicine and tissue engineering and start thinking about what the future would be if architecture and biology became one.

So we've been doing this for a couple of years, and that's our lab. And what we do is we grow extracellular matrix from pigs. We use a modified inkjet printer, and we print geometry. We print geometry where we can make industrial design objects like, you know, shoes, leather belts, handbags, etc., where no sentient creature is harmed. It's victimless. It's meat from a test tube. So our theory is that eventually we should be doing this with homes.

So here is a typical stud wall, an architectural construction, and this is a section of our proposal for a meat house, where you can see we use fatty cells as insulation, cilia for dealing with wind loads and sphincter muscles for the doors and windows.

(Laughter)

And we know it's incredibly ugly. It could have been an English Tudor or Spanish Colonial, but we kind of chose this shape. And there it is kind of grown, at least one particular section of it.

We had a big show in Prague, and we decided to put it in front of the cathedral so religion can confront the house of meat. That's why we grow homes. Thanks very much.

(Applause)

なぜ家を育てるかって?出来るからです アメリカは長くトラウマ状態に陥っています それには理由があります いいですか マック中毒の人 それに酷似した車や家 建築家として放っておけない問題です

巨大な家屋の建築に寄与する 技術とはなんでしょう? 2500年ほど用いられてきた 接ぎ木という手法で 木々を切れ目なく繋ぎあわせるのです 我々は以前とは 少し違うことをしています 少し手を加えるんです 骨組みをコンピューターで作成して 植物を 任意の配置になるよう育て Fab Tree Hab(すごい樹の家)を作ります 自然に馴染み これ自体自然の一部です 風景に溶け込んでるでしょ

この家はいくつでも育てることができます 素晴しいのは炭素を吸収するという点です 完璧です 膨大な人数が暮らしたり 郊外からの引越しも可能です 自然の一部であり家であるからです 成長する村だと思ってください 7年から10年経つと 全てが緑になります

緑の家だけでなく 筋肉の家も建てています ブルックリンで研究をしており 建築事務所としては初となる 分子細胞生物学の研究室を備えており 再生医療と 組織工学の実験をしながら 建築と生物学がひとつになる 将来のあり方について思考しています

ここ数年取り組んできました これは研究室です 我々はブタの 細胞外基質を培養しています 改造したインクジェットプリンタを使って それの形状を設計します ハンドバッグや、皮のベルト、靴の様な 工業製品の形状を デザインしています 培養した肉を用いているので 被害を受けるものはありません 我々の理論を最終的に先ほどの 家屋に応用しなくてはなりません

これは建築物を構成する 典型的な間柱の図面です これが我々の提案する 筋肉の家の断面図です 脂肪細胞を断熱材として使用し 耐風用に繊毛をあしらい 括約筋をドアと窓にしています

(笑)

かなりえぐいと我々も認識しています 英国チューダー朝かスペインの植民地風にもできたのですが 我々はこの形を選んでみました これが少し発展したものの一部です

プラハでは大きな展示会があり 大聖堂の前にこれを置くことにしました 宗教人が肉の家と向き合えるようにね 家は育てるべきです ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画