TED日本語 - ジェーン・フォンダ: 人生の第三幕

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジェーン・フォンダ: 人生の第三幕

TED Talks

人生の第三幕
Life's third act
ジェーン・フォンダ
Jane Fonda

内容

今の時代を生きる人たちは、以前よりも30年長い平均寿命を持っています。そしてそれは、ただ付け加えられただけのものではありませんし、病気のようなものでもありません。TEDxWomenで、ジェーン・フォンダは、この人生の新たな段階をどのように考えるべきかを問いかけました。

Script

There have been many revolutions over the last century, but perhaps none as significant as the longevity revolution. We are living on average today 34 years longer than our great-grandparents did. Think about that. That's an entire second adult lifetime that's been added to our lifespan. And yet, for the most part, our culture has not come to terms with what this means. We're still living with the old paradigm of age as an arch. That's the metaphor, the old metaphor. You're born, you peak at midlife and decline into decrepitude. (Laughter) Age as pathology.

But many people today -- philosophers, artists, doctors, scientists -- are taking a new look at what I call the third act, the last three decades of life. They realize that this is actually a developmental stage of life with its own significance -- as different from midlife as adolescence is from childhood. And they are asking -- we should all be asking -- how do we use this time? How do we live it successfully? What is the appropriate new metaphor for aging?

I've spent the last year researching and writing about this subject. And I have come to find that a more appropriate metaphor for aging is a staircase -- the upward ascension of the human spirit, bringing us into wisdom, wholeness and authenticity. Age not at all as pathology; age as potential. And guess what? This potential is not for the lucky few. It turns out, most people over 50 feel better, are less stressed, are less hostile, less anxious. We tend to see commonalities more than differences. Some of the studies even say we're happier.

This is not what I expected, trust me. I come from a long line of depressives. As I was approaching my late 40s, when I would wake up in the morning my first six thoughts would all be negative. And I got scared. I thought, oh my gosh. I'm going to become a crotchety old lady. But now that I am actually smack-dab in the middle of my own third act, I realize I've never been happier. I have such a powerful feeling of well-being. And I've discovered that when you're inside oldness, as opposed to looking at it from the outside, fear subsides. You realize, you're still yourself -- maybe even more so. Picasso once said, "It takes a long time to become young."

(Laughter)

I don't want to romanticize aging. Obviously, there's no guarantee that it can be a time of fruition and growth. Some of it is a matter of luck. Some of it, obviously, is genetic. One third of it, in fact, is genetic. And there isn't much we can do about that. But that means that two-thirds of how well we do in the third act, we can do something about. We're going to discuss what we can do to make these added years really successful and use them to make a difference.

Now let me say something about the staircase, which may seem like an odd metaphor for seniors given the fact that many seniors are challenged by stairs. (Laughter) Myself included. As you may know, the entire world operates on a universal law: entropy, the second law of thermodynamics. Entropy means that everything in the world, everything, is in a state of decline and decay, the arch. There's only one exception to this universal law, and that is the human spirit, which can continue to evolve upwards -- the staircase -- bringing us into wholeness, authenticity and wisdom.

And here's an example of what I mean. This upward ascension can happen even in the face of extreme physical challenges. About three years ago, I read an article in the New York Times. It was about a man named Neil Selinger -- 57 years old, a retired lawyer -- who had joined the writers group at Sarah Lawrence where he found his writer's voice. Two years later, he was diagnosed with ALS, commonly known as Lou Gehrig's disease. It's a terrible disease. It's fatal. It wastes the body, but the mind remains intact. In this article, Mr. Selinger wrote the following to describe what was happening to him. And I quote, "As my muscles weakened, my writing became stronger. As I slowly lost my speech, I gained my voice. As I diminished, I grew. As I lost so much, I finally started to find myself." Neil Selinger, to me, is the embodiment of mounting the staircase in his third act.

Now we're all born with spirit, all of us, but sometimes it gets tamped down beneath the challenges of life, violence, abuse, neglect. Perhaps our parents suffered from depression. Perhaps they weren't able to love us beyond how we performed in the world. Perhaps we still suffer from a psychic pain, a wound. Perhaps we feel that many of our relationships have not had closure. And so we can feel unfinished. Perhaps the task of the third act is to finish up the task of finishing ourselves.

For me, it began as I was approaching my third act, my 60th birthday. How was I supposed to live it? What was I supposed to accomplish in this final act? And I realized that, in order to know where I was going, I had to know where I'd been. And so I went back and I studied my first two acts, trying to see who I was then, who I really was -- not who my parents or other people told me I was, or treated me like I was. But who was I? Who were my parents -- not as parents, but as people? Who were my grandparents? How did they treat my parents? These kinds of things.

I discovered a couple of years later that this process that I had gone through is called by psychologists "doing a life review." And they say it can give new significance and clarity and meaning to a person's life. You may discover, as I did, that a lot of things that you used to think were your fault, a lot of things you used to think about yourself, really had nothing to do with you. It wasn't your fault; you're just fine. And you're able to go back and forgive them and forgive yourself. You're able to free yourself from your past. You can work to change your relationship to your past.

Now while I was writing about this, I came upon a book called "Man's Search for Meaning" by Viktor Frankl. Viktor Frankl was a German psychiatrist who'd spent five years in a Nazi concentration camp. And he wrote that, while he was in the camp, he could tell, should they ever be released, which of the people would be okay and which would not. And he wrote this: "Everything you have in life can be taken from you except one thing, your freedom to choose how you will respond to the situation. This is what determines the quality of the life we've lived -- not whether we've been rich or poor, famous or unknown, healthy or suffering. What determines our quality of life is how we relate to these realities, what kind of meaning we assign them, what kind of attitude we cling to about them, what state of mind we allow them to trigger."

Perhaps the central purpose of the third act is to go back and to try, if appropriate, to change our relationship to the past. It turns out that cognitive research shows when we are able to do this, it manifests neurologically -- neural pathways are created in the brain. You see, if you have, over time, reacted negatively to past events and people, neural pathways are laid down by chemical and electrical signals that are sent through the brain. And over time, these neural pathways become hardwired, they become the norm -- even if it's bad for us because it causes us stress and anxiety.

If however, we can go back and alter our relationship, re-vision our relationship to past people and events, neural pathways can change. And if we can maintain the more positive feelings about the past, that becomes the new norm. It's like resetting a thermostat. It's not having experiences that make us wise, it's reflecting on the experiences that we've had that makes us wise -- and that helps us become whole, brings wisdom and authenticity. It helps us become what we might have been.

Women start off whole, don't we? I mean, as girls, we start off feisty -- "Yeah, who says?" We have agency. We are the subjects of our own lives. But very often, many, if not most of us, when we hit puberty, we start worrying about fitting in and being popular. And we become the subjects and objects of other people's lives. But now, in our third acts, it may be possible for us to circle back to where we started and know it for the first time. And if we can do that, it will not just be for ourselves. Older women are the largest demographic in the world. If we can go back and redefine ourselves and become whole, this will create a cultural shift in the world, and it will give an example to younger generations so that they can reconceive their own lifespan.

Thank you very much.

(Applause)

20世紀には さまざまな大変化が起きました 中でも最も重要なのは 恐らく長寿革命でしょう 私たちの平均寿命は 3世代前より 34年長くなりました 考えてみて下さい 成人してからの人生が 2倍に伸びたのです でも 私たちの文化は この変化にあまり上手く対応できていません 私たちは未だに 人生はアーチのようなものだという 古い考えに捉われています アーチというのは古いたとえで 人生の真ん中でピークに達し その後は衰えていくというものです (笑) 加齢を病気のように捉えています

でも今では 多くの人が - 哲学者や芸術家から医者や科学者まで - 私が第三幕と呼ぶ人生最後の30年を 新たな見方で考えています この時期は それ自身が重要な 発展期だと気づいているのです 青年期が子ども時代と異なるのと同様 人生の第三幕は中年期とは異なります この時期をどう過ごすのか 考えなければなりません どうやって上手く過ごすのか? 年を取ることは 何に例えればよいのでしょう?

1年かけてこのテーマを研究し 年を取ることは 階段を上るようなものだと考えるのが ふさわしいと思うようになりました 精神的な成長が 知性や全体性 信頼性に つながるのです 年を取ることは病気ではなく 将来性のあることなのです そしてこの将来性は 少数の幸運な人だけのものではなく 50歳以上の人の多くが 精神状態が良く ストレスが少なく 敵対心も不安も少ないことが わかっています 50歳以上の人は 違いより共通点に目を向けます 50歳を超えるとより幸せになるという 調査結果さえあります

これは予想もしていなかったことでした 私は長いこと鬱を抱えていました 40代の後半を迎えた頃は 朝目覚めて最初に考えることは 全て悲観的なことでした 私は怯えていました あぁ なんてことだ 自分は偏屈な年寄りになろうとしている でも今 私は人生の第三幕のど真ん中にいますが これまでになかったほど幸せです 大きな幸福感に満たされています 私は気づきました 自らが老年期に差しかかると 外から見ているのとは対照的に 恐れは弱まるのです 自分らしさはそのままですし 一層自分らしくなるかもしれません かつてピカソはこう言いました「若くなるには時間がかかる」

(笑)

加齢を美化したい訳ではありません 老年期が実りと成長の時期になる 保証などないのはもちろんです 運の問題や 遺伝的なことも関わってきます 遺伝的な要素は3分の1を占めます それに対してできることはあまりありません でも 老年期の幸せを決める要素の 3分の2は 自分で何とかできることなのです 長くなった老年期を上手に過ごし その期間を使って変化を生み出すために 何ができるのかをお話ししていきましょう

まず 階段モデルについて説明します 年配者の方々は階段に苦労することが多いので 階段を例えに使うのは変だと思うかもしれません (笑) 私も階段は苦手です ご存知かもしれませんが この世界は普遍的法則の上に成り立っています エントロピー すなわち熱力学の第二法則です エントロピーが意味するのは 全てのものは 衰え朽ちていくということです 先にお話ししたアーチのようなものです この基本法則には一つだけ例外があります 人間の精神です 人間の精神は 階段を上るように 上に向かって発展し 全体性 信頼性 そして知性へと 我々を導きます

1つの例をお話ししましょう この上昇は 肉体的な困難に 直面した時にでさえ起きることがあります 3年ほど前 私はニューヨーク・タイムズの 記事を読みました ニール・セリンガーという 57歳の 引退した弁護士についての記事でした 彼はサラ・ローレンス大学の作家コースに参加し そこで自らの作家としての内なる声に気づきました 2年後彼は筋萎縮側索硬化症にかかりました ルー・ゲーリック病として知られる 命に関わる難病です この病気は体を蝕みますが 心は侵しません 記事の中で セリンガー氏は自らに起きていることを このように書き記していました 引用します 「筋肉が衰えるにつれて 私の文章は力強さを増した 少しずつ会話ができなくなるにつれて 私は自分の声を得た 私は衰えるにつれて成長し 数多くのものを失う一方で ついに自分自身を見つけ始めた」 私にとってニール・セリンガー氏は 人生の第三幕で階段を上ることを 体現した人です

人は皆 生まれた時には元気いっぱいです しかし暴力 虐待 育児放棄など 人生の困難が立ちはだかる中 時にそれは抑えつけられてしまいます 両親は鬱で苦しんでいたかもしれません 子どものことを どれほど活躍したかという 視点でしか愛せなかったのかもしれません 私たちは今でも 心の痛みや傷に 苦しんでいるかもしれません そして そうした関係の多くには結末がなく まだ終わっていないと感じているかもしれません 恐らく 人生の第三幕が果たす役割は 人生の最後に向けての仕上げをすることです

私は60歳の誕生日を迎え 自らが人生の第三幕に 入ろうとする頃 そう気づきました 自分はこれからどう過ごせばよいか? この人生の最終章で何を成し遂げるべきか? 向かうべき方向を知るためには 自分がこれまで辿ってきた 道筋を知らねばならないと思いました そこで私は自分の人生の 最初の二幕を振り返り その時自分がどういう人物だったのか 自分は何者だったのかを知ろうとしました 両親や他の人が私のことをどう語ったり どう接したのかということではありません 私とは何者だったのでしょう? 両親は 親でなく人間としてどんな人だったのでしょう? 私の祖父母はどうでしょう? どのように両親に接したのでしょう? そうしたことを知ろうとしたのです

数年後に知ったのですが 私が体験した過程は 心理学者たちの間では 「回想法」と呼ばれていて その人の人生に 新たな意義や 明瞭さ 意味合いを 与えるとされています やってみると気づくかもしれません ずっと自分のせいだと思っていたことや 自分について考えていたことの多くが 実は自分とは何の関係もなかったのだと 自分の落ち度ではなく 何も問題はないのだと知ると 人は当時に思いを巡らせ 相手も自分も 許すことができます 自分を過去から解放することが できるのです 自らの過去との関係性を変えるために できることがあるのです

このことを書き物にまとめている時 ヴィクトール・フランクルの 「夜と霧」に出会いました フランクルはオーストリアの精神科医で 5年間 ナチスの強制収容所に入れられていました 彼は 収容所にいた時 もし解放されたとして 問題なく社会復帰できる人と そうでない人を見分けられたと言います そしてこう記しています 「人生で得たものは全て奪い去られかねないが 一つだけ例外がある それは 与えられた状況に どのようにふるまうかという 選択の自由だ それが私たちの人生の 質を決めるのだ 人生の質は 金持ちか貧乏か 有名か無名か 健康か病気かによって 決まるものではない 人生の質を決めるのは そうした現実をいかに関連づけ そこにどんな意味を与え いかなる態度で臨み どのような思いを引き出すのかということだ」

人生の第三幕の核となる目的は 必要に応じて 過去との関係性を 変えることなのだと思います 認知研究によると 過去との関係性を変えることができると 神経学的にも変化が現れ 脳内に神経経路が作られるのだそうです もし長年に渡って 過去の出来事や人に否定的な対応をしていると 脳からの化学的・電気的な信号により 否定的な考えの神経経路が形成されます その神経回路は 時間の経過とともに硬くなり それが常態になります でもこれは望ましいことではありません ストレスや不安の原因になります

でも もし私たちが 昔に戻って 過去の人や出来事との 関係性を変え それを再構築することができれば 神経経路も変わります 過去に対してより肯定的な感覚を 保つことができれば それが新しい常態になります 温度調節器をリセットするようなものです 私たちを賢くするような 経験を新たにするということではありません これまでにあった 自分を賢くする体験に しっかり向き合うことで 全体性を高め 知性と信頼性を得る助けとするのです それは自らの可能性を発揮させる一助となります

女性は思春期までは全き存在です 少女の頃は元気が良いものです - 「へえ 誰が言ったのよ?」 実行力があり 自らの人生の主人公です でも 多くの場合 思春期を迎えると 周りに合わせて上手くやろうと心配し始めます 他人の人生の主役や脇役になるのです でも今 人生の第三幕を迎えると 自分の出発点にぐるりと戻って 生きるべきは自分の人生なのだと 初めて気づくことができるかもしれません もしそうすることができれば それは自分以外の人のためにもなります 年配の女性は 世界で最大の人口集団です 私たちが過去に戻り 自らを再定義して 全き人間になることができれば 世界の文化が変わることになりますし 若い人たちが生き方を見直すための モデルを提示することにもなります

どうもありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画