TED日本語 - インゲ・ミスマール: アフガニスタンの心に平穏をもたらす。

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - インゲ・ミスマール: アフガニスタンの心に平穏をもたらす。

TED Talks

アフガニスタンの心に平穏をもたらす。
Inge Missmahl brings peace to the minds of Afghanistan
インゲ・ミスマール

内容

ユング分析家インゲ・ミスマールがアフガニスタンを訪れた際、彼女は戦争による内面の傷、絶望、トラウマ、鬱病の蔓延、を目の当たりにした。この国では、3千万の人口に対して、24名の精神科医しかいませんでした。ミスマールは、個人と恐らく国家の治療を発展させた、国の精神社会カウンセリングシステム構築に関する彼女の取組みについて話します。

Script

So I want to tell you a story -- an encouraging story -- about addressing desperation, depression and despair in Afghanistan, and what we have learned from it, and how to help people to overcome traumatic experiences and how to help them to regain some confidence in the time ahead -- in the future -- and how to participate again in everyday life. So, I am a Jungian psychoanalyst, and I went to Afghanistan in January 2004, by chance, on an assignment for Medica Mondiale. Jung in Afghanistan -- you get the picture. Afghanistan is one of the poorest countries in the world, and 70 percent of the people are illiterate. War and malnutrition kills people together with hope. You may know this from the media, but what you may not know is that the average age of the Afghan people is 17 years old, which means they grow up in such an environment and -- I repeat myself -- in 30 years of war.

So this translates into ongoing violence, foreign interests, bribery, drugs, ethnic conflicts, bad health, shame, fear and cumulative traumatic experiences. Local and foreign military are supposed to build peace together with the donors and the governmental and non-governmental organizations. And people had hope, yes, but until they realized their situation worsens every day -- either because they are being killed or because, somehow, they are poorer than eight years ago. One figure for that: 54 percent of the children under the age of five years suffer from malnutrition.

Yet, there is hope. One day a man told me, "My future does not look brilliant, but I want to have a brilliant future for my son." This is a picture I took in 2005, walking on Fridays over the hills in Kabul, and for me it's a symbolic picture of an open future for a young generation.

So, doctors prescribe medication. And donors are supposed to bring peace by building schools and roads. Military collect weapons, and depression stays intact. Why? Because people don't have tools to cope with it, to get over it. So, soon after my arrival, I had confirmed something which I had already known; that my instruments come from the heart of modern Europe, yes. However, what can wound us and our reaction to those wounds -- they are universal. And the big challenge was how to understand the meaning of the symptom in this specific cultural context. After a counseling session, a woman said to me, "Because you have felt me, I can feel myself again, and I want to participate again in my family life." This was very important, because the family is central in Afghans' social system.

No one can survive alone. And if people feel used, worthless and ashamed, because something horrible has happened to them, then they retreat, and they fall into social isolation, and they do not dare to tell this evil to other people or to their loved ones, because they do not want to burden them. And very often violence is a way to cope with it. Traumatized people also easily lose control -- symptoms are hyper-arousal and memory flashbacks -- so people are in a constant fear that those horrible feelings of that traumatic event might come back unexpectedly, suddenly, and they can not control it. To compensate this loss of inner control, they try to control the outside, very understandably -- mostly the family -- and unfortunately, this fits very well into the traditional side, regressive side, repressive side, restrictive side of the cultural context. So, husbands start beating wives, mothers and fathers beat their children, and afterward, they feel awful. They did not want to do this, it just happened -- they lost control. The desperate try to restore order and normality, and if we are not able to cut this circle of violence, it will be transferred to the next generation without a doubt. And partly this is already happening.

So everybody needs a sense for the future, and the Afghan sense of the future is shattered. But let me repeat the words of the woman. "Because you have felt me, I can feel myself again." So the key here is empathy. Somebody has to be a witness to what has happened to you. Somebody has to feel how you felt. And somebody has to see you and listen to you. Everybody must be able to know what he or she has experienced is true, and this only goes with another person. So everybody must be able to say, "This happened to me, and it did this with me, but I'm able to live with it, to cope with it, and to learn from it. And I want to engage myself in the bright future for my children and the children of my children, and I will not marry-off my 13 year-old daughter," -- what happens too often in Afghanistan.

So something can be done, even in such extreme environments as Afghanistan. And I started thinking about a counseling program. But, of course, I needed help and funds. And one evening, I was sitting next to a very nice gentleman in Kabul, and he asked what I thought would be good in Afghanistan. And I explained to him quickly, I would train psycho-social counselors, I would open centers, and I explained to him why. This man gave me his contact details at the end of the evening and said, "If you want to do this, call me." At that time, it was the head of Caritas Germany.

So, I was able to launch a three-year project with Caritas Germany, and we trained 30 Afghan women and men, and we opened 15 counseling centers in Kabul. This was our sign -- it's hand-painted, and we had 45 all over Kabul. Eleven thousand people came -- more than that. And 70 percent regained their lives. This was a very exciting time, developing this with my wonderful Afghan team. And they are working with me up to today. We developed a culturally-sensitive psycho-social counseling approach. So, from 2008 up until today, a substantial change and step forward has been taking place.

The European Union delegation in Kabul came into this and hired me to work inside the Ministry of Public Health, to lobby this approach -- we succeeded. We revised the mental health component of the primary health care services by adding psycho-social care and psycho-social counselors to the system. This means, certainly, to retrain all health staff. But for that, we already have the training manuals, which are approved by the Ministry and moreover, this approach is now part of the mental health strategy in Afghanistan.

So we also have implemented it already in some selected clinics in three provinces, and you are the first to see the results. We wanted to know if what is being done is effective. And here you can see the patients all had symptoms of depression, moderate and severe. And the red line is the treatment as usual -- medication with a medical doctor. And all the symptoms stayed the same or even got worse. And the green line is treatment with psycho-social counseling only, without medication. And you can see the symptoms almost completely go away, and the psycho-social stress has dropped significantly, which is explicable, because you can not take away the psycho-social stresses, but you can learn how to cope with them. So this makes us very happy, because now we also have some evidence that this is working.

So here you see, this is a health facility in Northern Afghanistan, and every morning it looks like this all over. And doctors usually have three to six minutes for the patients, but now this will change. They go to the clinics, because they want to cure their immediate symptoms, and they will find somebody to talk to and discuss these issues and talk about what is burdening them and find solutions, develop their resources, learn tools to solve their family conflicts and gain some confidence in the future.

And I would like to share one short vignette. One Hazara said to his Pashtun counselor, "If we were to have met some years ago, then we would have killed each other. And now you are helping me to regain some confidence in the future." And another counselor said to me after the training, "You know, I never knew why I survived the killings in my village, but now I know, because I am part of a nucleus of a new peaceful society in Afghanistan." So I believe this kept me running. And this is a really emancipatory and political contribution to peace and reconciliation. And also -- I think -- without psycho-social therapy, and without considering this in all humanitarian projects, we can not build-up civil societies.

I thought it was an idea worth spreading, and I think it must be, can be, could be replicated elsewhere.

I thank you for your attention.

(Applause)

今日は皆さんにとても希望に溢れる話をしたいと思います それは アフガニスタンでの 絶望や失望 自暴自棄を乗り越える話と そこから私たちが学んだこと また トラウマ経験を乗り越えるために どのような支援ができるのかについての話 そして彼らの今後 つまり将来における 自信を取り戻すための支援の方法や 日常生活へ復帰する方法についての話です 私はユング派の精神分析医で 2004年1月にメディカ・モンディアルの仕事で たまたまアフガニスタンへ行きました ユングとアフガニスタン これが写真です アフガニスタンは世界で最も貧しい国の1つで 人口の70%は読み書きができません 戦争と栄養失調により 希望と共に人々の命が奪われています これはメディアの情報で既にご存知でしょう しかし アフガニスタンの平均年齢が 17歳だということは御存じないでしょう これは 彼らはこのような環境と -繰り返しますが - 30年に渡る戦争の中で 成長するということを意味しています

つまりこのことは 現在進行形の暴力や 外部の利害 汚職 薬物 民族紛争 不衛生 恥 恐怖 そして継続的なトラウマ経験と言い換えることができます 現地と海外の軍隊は 支援者や政府組織 NGOとともに 平和を築くはずでした 人々には希望がありました しかしそれは 日々状況が 悪化していることに気付くまででした 殺人事件が続いたり なぜか8年前よりも より貧しくなっているからです このことを示す1つの数字があります 5歳以下の子供の54%は 栄養失調に見舞われています

しかし まだ希望はあります ある日 男性が私にこう言いました 「私の未来は明るくないでしょう でも 自分の子供には明るい未来を送ってほしい」 これは2005年に撮った写真で ある金曜日にカブールの丘を散歩したものです 私にとって この写真は 新しい世代の未来を開く象徴的なものです

医者は薬を処方し 支援者は 学校や道を造ることで 平和をもたらそうとします 軍隊は武器を回収します しかし うつ病は放り出されたままです なぜでしょうか? それは現地の人たちが そのような問題に 対処し 乗り越えるための術を知らないからです 私は現地に着いてすぐに あることを再確認しました それは 私の手法は最新のヨーロッパのものですが 私たちを傷つけるものと それに対する我々の反応は 普遍的だと言うことです 難しかったのは アフガン特有の文化的背景において病気の兆候を どのようにして把握するかということです カウンセリングの終了後にある女性がこう言いました 「あなたが私を感じてくれたから 自分を再び感じることができるようになりました また家庭生活に復帰したいです」 これはとても大事なことです アフガンの社会システムでは 家族が中心だからです

誰もが一人では生きられません もしなにか恐ろしいことが起こり 自分が 利用されている 役立たず 恥ずかしい と思ったら 人々は引き込もり 社会的に孤立してしまいます そして その体験を周囲の人や 愛する人たちに話そうとしません 周りの人たちの重荷になりたくないのです そして往々にして暴力が問題への対処方法になります 心に傷を負った人たちは 簡単にコントロールを失います 不意に 前触れも無く 過覚醒とフラッシュバックにより 衝撃的な出来事による恐怖が 甦るかもしれないと 常に怯えているのです それらはコントロールできないのです 自分自身のコントロールができないため 彼らは代わりに自分以外 とても理解しやすいことに 多くの場合家族をコントロールしようとします そして不幸なことに これは 伝統的 退行的 抑圧的 束縛的な文化的背景に 非常によく一致してしまうのです 夫は妻に暴力を振るい 両親は子供を虐待します その後 彼らは恐怖心を抱きます 本心とは違い 無意識なのです コントロールを失っているのです 絶望した人たちは 秩序と平穏を取り戻そうとします もし この暴力の連鎖を断ち切ることができなければ これは間違いなく次の世代にも伝わります そして一部では既に起こっているのです

そのため 全員に未来に対するセンスが必要です そして アフガンの未来へのセンスは 打ち砕かれています ですが 先ほどの女性の言葉を繰り返させてください 「あなたが私を感じてくれたから 自分を再び感じることができました」 重要なのは共感することです 誰かがその人に対して起こったことの 立会人にならなければいけないのです その人が感じた事に共感し そして 目を見て 話を聞く必要があるのです その人に対して起こったことが 真実であると 全員が知らなければならないのです これは一人では出来ません だから全員がこう言う必要があります 「これは以前私も経験し 私の時はこうだったと でも私はそれと向き合い 対処し 学びとることができた そして 自分の子供や孫のための 輝かしい未来に 貢献したい そして私は13歳の娘を嫁に出したりしない」と これはアフガニスタンではよくあることです

アフガニスタンのような苛酷な環境でも 何か行動を起こすことができます 私はカウンセリングプログラムについて考え始めました しかし 当然ですが援助と資金が必要です ある日のことです カブールである紳士の横に座ると アフガニスタンのために何をすれば良いか と尋ねてきました 私は 精神・社会的カウンセラーを養成し カウンセリングセンターを開設したいと回答し そしてその理由を説明しました その後 彼は私に連絡先を伝え こう言いました 「もし今言ったことを実行したかったら 連絡してください」 彼はCaritas?Germanyの代表だったのです そして

Caritas?Germanyで3年間のプロジェクトを始めました 私たちは30人の現地の男女を養成し カブールに15のカウンセリングセンターを開設しました これが私たちのサインです 手作りで カブール中の45箇所にあります これまでに11,000人以上の人たちが訪れ その内の70%が元の生活を取り戻しました すばらしいアフガンのチームとともに プロジェクトを発展させ 本当に充実した時でした 彼らとは今でも一緒に仕事をしています 私たちは 文化的感覚を伴った 精神・社会的カウンセリングアプローチを作り上げたのです 2008年から今日までの間に 大きな変化を起こし 前進することができました

ある日 カブールのEU代表団がやって来て 公衆衛生省で仕事をし このアプローチを広めるために 私を雇ってくれました うまくいったのです 私たちは一次医療サービスの メンタルヘルスの部分を改定し このシステムに精神・社会的ケアと 精神・社会的カウンセラーを追加しました これは 全てのスタッフに再教育を実施することを意味していますが 私たちは教育用マニュアルを作成していました そしてこのマニュアルは衛生省で承認され さらにこの取組は 今や アフガニスタンのメンタルヘルス政策の一部になっています

私たちは3つの州にある一部のクリニックで すでにこれを実施しており 結果を見るのは皆さんが初めてです 私たちは どの治療が効果的であったか に興味がありました そしてこれが結果です 全ての患者には中度と重度の うつ病の症状がありました 写真の中の赤線は通常の治療 つまり医者による投薬治療を示しており 全ての症状において 症状はそのままか 一部では悪化していました 緑の線は 精神・社会的カウンセリングによる治療のみで 薬は用いていません 症状がほぼなくなっているのが分かります そして精神・社会的ストレスも大幅に低下しています ストレスが完全になくならない理由は 精神・社会的ストレスは取り除けないからです しかし ストレスの対処法を学ぶことが出来ます このシステムがうまく機能しているという 結果が得られ 私たちは非常に喜びました

この写真は アフガニスタン北部にある保健施設です 毎朝どこでもこのような光景が見られます 現在 医者の診察時間は通常 各患者に3分から6分です しかし 今後これは変わるでしょう 彼らはクリニックに来ますが それは初期の徴候を治療したいからです そして そこで話し相手を見つけて 問題について話し合います 何が重荷になっているのか語り合い 解決策を見つけ 腕を磨き 家族の対立を解決する手法を学び そして未来の自信を得るのです

ここで皆さんにあるエピソードをお話したいと思います あるハザラ人がパシュトゥーン人のカウンセラーにこう言いました 「もし 私たちが数年前に会っていたら 恐らくお互いを殺していただろう でも今あなたは私の未来への自信を 取り戻すための手助けをしてくれている」 別のカウンセラーは養成訓練の後に私にこう言いました 「私は今まで なぜ村であった虐殺を生き残れたのか わかりませんでした でもその理由が分かりました それは私が アフガニスタンの新しい平和社会の輪の一部だからです」 この言葉が私を動かしてるのだと思います これは本当の 平和と和解への 解放的で政治的な貢献です そしてまた 精神社会療法なしに そして全ての人道的事業においても これを考えること抜きに 私たちは市民社会を構築することはできません

これは皆に知ってもらう価値のある考えであると思います そして この考えは 多くの場所で 繰り返されるべきだと考えています

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画