TED日本語 - ハンス・ロスリング: 10年の良いニュース?

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ハンス・ロスリング: 10年の良いニュース?

TED Talks

10年の良いニュース?
The good news of the decade?
ハンス・ロスリング
Hans Rosling

内容

ハンス・ロスリングは、(ほとんど報告されることのなかった)驚くべき重大な価値あるニュースに光を当て、すばらしい統計グラフによって国連の10年間のデータを再構成します。彼は、その過程において、統計値に対するひとつの欠陥を指摘します。

Script

We are here today because [ the ] United Nations have defined goals for the progress of countries. They're called Millennium Development Goals. And the reason I really like these goals is that there are eight of them. And by specifying eight different goals, the United Nations has said that there are so many things needed to change in a country in order to get the good life for people. Look here -- you have to end poverty, education, gender, child and maternal health, control infections, protect the environment and get the good global links between nations in every aspect from aid to trade.

There's a second reason I like these development goals, and that is because each and every one is measured. Take child mortality; the aim here is to reduce child mortality by two-thirds, from 1990 to 2015. That's a four percent reduction per year -- and this, with measuring. That's what makes the difference between political talking like this and really going for the important thing, a better life for people. And what I'm so happy about with this is that we have already documented that there are many countries in Asia, in the Middle East, in Latin America and East Europe that [ are ] reducing with this rate. And even mighty Brazil is going down with five percent per year, and Turkey with seven percent per year. So there's good news. But then I hear people saying, "There is no progress in Africa. And there's not even statistics on Africa to know what is happening." I'll prove them wrong on both points.

Come with me to the wonderful world of statistics. I bring you to the webpage, ChildMortality.org, where you can take deaths in children below five years of age for all countries -- it's done by U.N. specialists. And I will take Kenya as an example. Here you see the data. Don't panic -- don't panic now, I'll help you through this. It looks nasty, like in college when you didn't like statistics. But first thing, when you see dots like this, you have to ask yourself: from where do the data come? What is the origin of the data? Is it so that in Kenya, there are doctors and other specialists who write the death certificate at the death of the child and it's sent to the statistical office? No -- low-income countries like Kenya still don't have that level of organization. It exists, but it's not complete because so many deaths occur in the home with the family, and it's not registered. What we rely on is not an incomplete system. We have interviews, we have surveys. And this is highly professional female interviewers who sit down for one hour with a woman and ask her about [ her ] birth history. How many children did you have? Are they alive? If they died, at what age and what year? And then this is done in a representative sample of thousands of women in the country and put together in what used to be called a demographic health survey report. But these surveys are costly, so they can only be done [ in ] three- to five-year intervals. But they have good quality. So this is a limitation. And all these colored lines here are results; each color is one survey. But that's too complicated for today, so I'll simplify it for you, and I give you one average point for each survey.

This was 1977,1988,1992,'97 and 2002. And when the experts in the U.N. have got these surveys in place in their database, then they use advanced mathematical formulas to produce a trend line, and the trend line looks like this. See here -- it's the best fit they can get of this point. But watch out -- they continue the line beyond the last point out into nothing. And they estimated that in 2008, Kenya had per child mortality of 128. And I was sad, because we could see this reversal in Kenya with an increased child mortality in the 90s. It was so tragic. But in June, I got a mail in my inbox from Demographic Health Surveys, and it showed good news from Kenya. I was so happy. This was the estimate of the new survey. Then it just took another three months for [ the ] U.N. to get it into their server, and on Friday we got the new trend line -- it was down here. Isn't it nice -- isn't it nice, yeah? I was actually, on Friday, sitting in front of my computer, and I saw the death rate fall from 128 to 84 just that morning. So we celebrated.

But now, when you have this trend line, how do we measure progress? I'm going into some details here, because [ the ] U.N. do it like this. They start [ in ] 1990 -- they measure to 2009. They say, "0.9 percent, no progress." That's unfair. As a professor, I think I have the right to propose something differently. I would say, at least do this -- 10 years is enough to follow the trend. It's two surveys, and you can see what's happening now. They have 2.4 percent. Had I been in the Ministry of Health in Kenya, I may have joined these two points. So what I'm telling you is that we know the child mortality. We have a decent trend. It's coming into some tricky things then when we are measuring MDGs. And the reason here for Africa is especially important, because '90s was a bad decade, not only in Kenya, but across Africa. The HIV epidemic peaked. There was resistance for the old malaria drugs, until we got the new drugs. We got, later, the mosquito netting. And there was socio-economic problems, which are now being solved at a much better scale. So look at the average here -- this is the average for all of sub-Saharan Africa. And [ the ] U.N. says it's a reduction with 1.8 percent.

Now this sounds a little theoretical, but it's not so theoretical. You know, these economists, they love money, they want more and more of it, they want it to grow. So they calculate the percent annual growth rate of [ the ] economy. We in public health, we hate child death, so we want less and less and less of child deaths. So we calculate the percent reduction per year, but it's sort of the same percentage. If your economy grows with four percent, you ought to reduce child mortality four percent; if it's used well and people are really involved and can get the use of the resources in the way they want it. So is this fair now to measure this over 19 years? An economist would never do that. I have just divided it into two periods. In the 90s, only 1.2 percent, only 1.2 percent. Whereas now, second gear -- it's like Africa had first gear, now they go into second gear. But even this is not a fair representation of Africa, because it's an average, it's an average speed of reduction in Africa.

And look here when I take you into my bubble graphs. Still here, child death per 1,000 on that axis. Here we have [ the ] year. And I'm now giving you a wider picture than the MDG. I start 50 years ago when Africa celebrated independence in most countries. I give you Congo, which was high, Ghana -- lower. And Kenya -- even lower. And what has happened over the years since then? Here we go. You can see, with independence, literacy improved and vaccinations started, smallpox was eradicated, hygiene was improved, and things got better. But then, in the '80s, watch out here. Congo got into civil war, and they leveled off here. Ghana got very ahead, fast. This was the backlash in Kenya, and Ghana bypassed, but then Kenya and Ghana go down together -- still a standstill in Congo. That's where we are today. You can see it doesn't make sense to make an average of this zero improvement and this very fast improvement. Time has come to stop thinking about sub-Saharan Africa as one place. Their countries are so different, and they merit to be recognized in the same way, as we don't talk about Europe as one place. I can tell you that the economy in Greece and Sweden are very different -- everyone knows that. And they are judged, each country, on how they are doing.

So let me show the wider picture. My country, Sweden: 1800, we were up there. What a strange personality disorder we must have, counting the children so meticulously in spite of a high child death rate. It's very strange. It's sort of embarrassing. But we had that habit in Sweden, you know, that we counted all the child deaths, even if we didn't do anything about it. And then, you see, these were famine years. These were bad years, and people got fed up with Sweden. My ancestors moved to the United States. And eventually, soon they started to get better and better here. And here we got better education, and we got health service, and child mortality came down. We never had a war; Sweden was in peace all this time. But look, the rate of lowering in Sweden was not fast. Sweden achieved a low child mortality because we started early. We had primary school actually started in 1842. And then you get that wonderful effect when we got female literacy one generation later. You have to realize that the investments we do in progress are long-term investments. It's not about just five years -- it's long-term investments. And Sweden never reached [ the ] Millennium Development Goal rate,3.1 percent when I calculated. So we are off track -- that's what Sweden is. But you don't talk about it so much. We want others to be better than we were, and indeed, others have been better.

Let me show you Thailand, see what a success story, Thailand from the 1960s -- how they went down here and reached almost the same child mortality levels as Sweden. And I'll give you another story -- Egypt, the most hidden, glorious success in public health. Egypt was up here in 1960, higher than Congo. The Nile Delta was a misery for children with diarrheal disease and malaria and a lot of problems. And then they got the Aswan Dam. They got electricity in their homes, they increased education and they got primary health care. And down they went, you know. And they got safer water, they eradicated malaria. And isn't it a success story. Millennium Development Goal rates for child mortality is fully possible. And the good thing is that Ghana today is going with the same rate as Egypt did at its fastest. Kenya is now speeding up. Here we have a problem. We have a severe problem in countries which are at a standstill.

Now, let me now bring you to a wider picture, a wider picture of child mortality. I'm going to show you the relationship between child mortality on this axis here -- this axis here is child mortality -- and here I have the family size. The relationship between child mortality and family size. One,two,three,four children per woman: six,seven,eight children per woman. This is, once again,1960 -- 50 years ago. Each bubble is a country -- the color, you can see, a continent. The dark blue here is sub-Saharan Africa. And the size of the bubble is the population. And these are the so-called "developing" countries. They had high, or very high, child mortality and family size,six to eight. And the ones over there, they were so-called Western countries. They had low child mortality and small families. What has happened? What I want you [ to do ] now is to see with your own eyes the relation between fall in child mortality and decrease in family size. I just want not to have any room for doubt -- you have to see that for yourself. This is what happened. Now I start the world. Here we come down with the eradication of smallpox, better education, health service. It got down there -- China comes into the Western box here. And here Brazil is in the Western Box. India is approaching. The first African countries coming into the Western box, and we get a lot a new neighbors. Welcome to a decent life. Come on. We want everyone down there. This is the vision we have, isn't it. And look now, the first African countries here are coming in. There we are today.

There is no such thing as a "Western world" and "developing world." This is the report from [ the ] U.N., which came out on Friday. It's very good -- "Levels and Trends in Child Mortality" -- except this page. This page is very bad; it's a categorization of countries. It labels "developing countries," -- I can read from the list here -- developing countries: Republic of Korea -- South Korea. Huh? They get Samsung, how can they be [ a ] developing country? They have here Singapore. They have the lowest child mortality in the world, Singapore. They bypassed Sweden five years ago, and they are labeled a developing country. They have here Qatar. It's the richest country in the world with Al Jazeera. How the heck could they be [ a ] developing country? This is crap. (Applause) The rest here is good -- the rest is good.

We have to have a modern concept, which fits to the data. And we have to realize that we are all going to into this, down to here. What is the importance now with the relations here. Look -- even if we look in Africa -- these are the African countries. You can clearly see the relation with falling child mortality and decreasing family size, even within Africa. It's very clear that this is what happens. And a very important piece of research came out on Friday from the Institute of Health Metrics and Evaluation in Seattle showing that almost 50 percent of the fall in child mortality can be attributed to female education. That is, when we get girls in school, we'll get an impact 15 to 20 years later, which is a secular trend which is very strong. That's why we must have that long-term perspective, but we must measure the impact over 10-year periods. It's fully possible to get child mortality down in all of these countries and to get them down in the corner where we all would like to live together.

And of course, lowering child mortality is a matter of utmost importance from humanitarian aspects. It's a decent life for children, we are talking about. But it is also a strategic investment in the future of all mankind, because it's about the environment. We will not be able to manage the environment and avoid the terrible climate crisis if we don't stabilize the world population. Let's be clear about that. And the way to do that, that is to get child mortality down, get access to family planning and behind that drive female education. And that is fully possible. Let's do it.

Thank you very much.

(Applause)

本日お集まりいただきましたのは、 世界各国の発展のため 国連が開発目標を定めたことを ご説明するためです ミレニアム開発目標といいます この目標の良いところは 8つ定義されているところです 8つの目標がそれぞれあり、 全世界の人々が 良い生活を送るために 何が必要で、何を変えていかなくては いけないのか、国連が示したのです ご覧ください、貧困の撲滅、 教育、ジェンダー、 幼児死亡率、妊婦の健康、 感染症の防止、環境保護、 援助から貿易までのさまざまな面での 国と国との連携が 必要になります

この開発目標の良いところの二つ目は どの目標も数値化されているところです 幼児死亡率を見てみましょう 目的は幼児死亡率の削減で、 1990年から2015年の間に 2/3にすることです 年4パーセントの削減です この数値化によって、 口先だけの政策論議と 実際の国民の生活向上という 重要な仕事とを 区別することができるのです 喜ばしいことに すでに報告書にあるとおり 多くの国で アジアも、中東も、 ラテンアメリカも、東ヨーロッパも、 幼児死亡率が低下しつつあるのです 大国ブラジルであっても、5%の低下です トルコでは7%の低下です とても良いことです 一方で、「アフリカでは進展がない、 アフリカでは何が起きているのか知る術の 統計すら存在しない」と言う人もいます どちらも間違っていることをお見せしましょう

さあ、すてきな統計の世界を覗いてみましょう 私はChildMortality.orgというページを作りました このページでは世界中の国における 5歳未満の子供の死亡数を掲示しています 国連の専門家による数値です たとえばケニアを見てみましょう これがケニアのデータです あわてないで、おちついて、ちゃんと説明していきますよ 大学で統計学が嫌いだった方には これは不快かもしれませんね とはいえ、最初にこのようなグラフの点を見て、 気になることがあるでしょう このデータはどこから来たのか? このデータの元は何か? ケニアでは、医者あるいは専門家が 子供の死亡に立会い、死亡診断書を発行し 統計局に届け出るように、 機能しているものだろうか? だめです、ケニアのような低所得国では そのような組織はまだありません あったとしても、十分に機能していません というのも家庭内での死亡が多くて 家族が立ち会うだけで 記録されていないのです このような不完全なシステムに頼ることなく、 私たちは聞き取り調査を行いました 高度な専門家である 女性が面談したのです アフリカの女性一人ひとりに一時間ずつかけて その人が生んだ子供のことを尋ねたのです 何人子供を生みましたか? 皆さん生きてますか? 死んだとしたら、何年に何歳で死んだのですか? このように、何千人もの女性を対象に 聞き取り調査を行いました その結果をまとめて、 人口保健調査結果として発行したのです しかしこの調査は費用がかかります そのため3年から5年に一度しかできません とはいえ良い精度の数値が得られます これが限界です この色のついた線が調査結果です 調査ごとに色がわけてあります この話は複雑なため、単純にします 調査結果の平均値をみましょう

これが1977年、1988年、 1992年、1997年、 そして2002年です 国連の専門家がこの調査結果を 彼らのデータベースに入力し、 数学の公式を使って導き出した予測は このような曲線です 見てください、この点に最も近い曲線です しかし、注意してください 予測は、あくまで 過去の結果を結んで 未来へ延長したものです 国連はケニアの2008年幼児死亡率を 128と予測しました。 恐ろしいことに 90年代に入って ケニアでは幼児死亡率が 増加してしまったのです 悲惨なことです しかし、6月になって私のところに 人口保健調査のメールがとどきました ケニアの良いデータでした とてもうれしかった これが新しい調査結果に基づく予測です 3か月かかりましたが、 国連がサーバーにデータをいれました 先週の金曜日です、新しい予測曲線が見られます 幼児死亡率が低下しました どうです、いいでしょう、ねえ まさしくその金曜日、私はPCの前にいて 死亡率が128から84に低下した 曲線を朝から見ていました お祝いです

さて、傾向をつかむときに どうやって進捗を計るべきでしょうか くわしく見ていきましょう 国連ではこのようにしています 1990年から初めて、2009年のデータです 「0.9%で進歩が無い」と言われました これはフェアではない 私も教授ですから、申し上げる権利があるでしょう このようなやり方です 10年あれば、傾向をつかむには十分です 二つの調査結果です、何が起きているかわかるでしょう 2.4%でした もし、ケニアの保健省で働いていたなら、 この二つをつなげてみます 申し上げたいことは、 幼児死亡率を知っているということです 最近の動向を知っています ミレニアム開発目標のため 詳しく調べたのです アフリカにとってとても重要なことですが、 90年代は最悪でした ケニアに限らず、アフリカ全土で HIV感染がピークでした 新しいマラリアの薬品が届くまで、古いマラリアの薬による副作用がありました その後、蚊帳を使うようになりました また、社会経済的問題がありましたが、 今ではかなり解決しつつあります この平均値をみてください サハラ以南のアフリカの平均です 国連では 1.8%の低下としています

理論的なように見えますが、 それほど理論的なわけではありません ご存知のとおり経済学者はお金が好きです お金を儲けて、もっともっと増やすことが好きです 経済の年間成長率を%で計算します 私たちは公衆衛生が専門で、子供の死亡が大嫌いです 子供の死亡をもっと、ずっと減らしていきたい 年に何%低下したか計算します 同じように%で表されます もし経済成長が4%なら、 子供の死亡率も4%減ってもよいでしょう 国民がちゃんと関心をもち、 リソースを何に使うかちゃんと把握しさえすれば。 この19年間の統計はフェアといえるでしょうか? 経済学者なら決してしないことです 私なら二つの期間に分けてみます 90年代は、ほんの1.2%でした ほんの1.2% いまではセカンドギアに変速しました アフリカはローギアから セカンドギアに変速しつつあります しかし、それであっても アフリカを正しく表現しているとは言えません 平均値だからです アフリカの幼児死亡率低下スピードの平均です

この、私のグラフをご覧ください ここです 縦軸は1000人当たりの幼児死亡数 横軸は西暦年です MDGよりも広い視点で紹介します 50年前から始めます アフリカの多くの国が独立し始めた頃です コンゴをみてください、こんなに高い、 ガーナは低い、ケニアはさらに低い 時代が変わるとどのようなことが起きるか見てみましょう、さあ始めます 独立して、リテラシーが向上します ワクチン接種も始まります、天然痘を撲滅しました 衛生状態も向上しました、物事が良い方向に向かっています しかし80年代に入って、ここを見てください コンゴでは内戦が起きました このようにレベルが落ちました ガーナは急速に向上しました ケニアでは反動があります、ガーナではありません ケニアもガーナもともに低下しています コンゴだけは取り残されています これが今の世界です 見てのとおり、進歩が無い国と 急速な進歩をする国との平均を取ることは 意味が無いのです 時代は変わりました サハラ以南のアフリカを一地域として捉えることはやめましょう 国によってかなり違いがあります ヨーロッパをひとつの場所だと扱わないことと同様に アフリカもひとつの場所だと認識してはいけません ギリシャ経済とスウェーデン経済とでは大きく違うことは、 みなさんご存知ですよね すべての国が、どんな政策を取るかで評価されるのです

もう少し広い視点で見てみましょう 私の国、スウェーデンです 1800年は、ここでした 私たちは何を間違っていたのか、おかしなことをしていました 子供の死亡率が高ったにも関わらず子供の人口統計は正確にとっていたのです とてもおかしなことです スウェーデンでは、子供の死亡について 何ら対策を講じなかったにもかかわらず 統計だけはちゃんととっていました そして、この期間は、飢餓の年でした この年は最悪でした、国民はスウェーデンに見切りをつけました 私の祖先は、アメリカに移住しました 結局、すぐに、スウェーデンはもっとより良くなったのです ここで教育が良くなり、医療サービスもできました 幼児死亡率も下がりました 戦争を経験することもなく、スウェーデンはずっと平和でした。 しかしご覧ください、スウェーデンにおける 削減スピードは 速くはありませんでした スウェーデンではスタートが早かったから 幼児死亡率の削減もできたのです 初等教育を1842年に 始めました その結果、すばらしい影響がありました 一世代後に女性の識字率が 向上したのです いま行っている投資は、長期間にわたるものだと 理解しておくべきです ほんの5年ではありません 長期間の投資なのです スウェーデンはミレニアム開発目標に到達していません 計算したところ3.1パーセントでした 脱線してしまいましたね、これがスウェーデンです それほど興味はないでしょう 他の国には、私たち以上に良くなってほしい。事実、そうなりつつあります。

タイを見てみましょう よくやっています、1960年代での 高い死亡率から始まって、 スウェーデンと同じぐらいの幼児死亡率に低下しました 他にもエジプトがあります 公衆衛生における隠れた大成功です エジプトは1960年にここです コンゴよりも悪かった ナイル川デルタ地帯は子供にとってひどい場所でした 下痢、マラリア、 無数の問題がありました その後、アスワンダムが作られ、家庭に電気が届きました 教育も進みました プライマリ・ヘルス・ケアが宣言され このように、死亡率は低下しました 安全な水が飲めるようなり、マラリアを撲滅しました まさしく成功そのものです ミレニアム開発目標における幼児死亡率の削減は、 現実的に可能なものです すばらしいことに 現在のガーナでは達成しています エジプトでは最速で成し遂げました ケニアは今、加速しています ここでは問題があります ここの国では問題があって、削減が進んでいません

では、より広く捉えた全体像をごらんいただきましょう 幼児死亡率に関する大きな全体の動きです このグラフで相関をみていただきます 縦軸には、幼児死亡率をとります 縦軸に幼児死亡率です 横軸には家族の人数をとります 幼児死亡率と家族数との相関をみてください 女性一人に子供が、1、2、3、4、 女性一人に6、7、8人の子供です 1960年に戻ります 50年前です 一つ一つの丸が国です 色は、大陸ごとにつけました 紺色はサハラ以南のアフリカです 丸の大きさは人口です ここの国は、 途上国と呼ばれています 高い幼児死亡率、とても高い死亡率です 家族数も6から8です 一方で、こちら側にいる国は 西洋諸国と呼ばれています 幼児死亡率が低くて、 家族数も少ない 何がおきるでしょうか 皆さんの目でよくご覧になってください 幼児死亡率の低下と 家族数の減少との相関を 何も準備は要りません 見るだけで結構です これが現実に起きたことです、はじめますよ 死亡率が減ります、天然痘の撲滅 教育の向上 医療サービス ここに集まります、中国は西洋諸国のところに入ります ほらブラジルも西洋諸国に入ってきました インドも接近中です、アフリカの最初の国が西洋諸国に入りました たくさん隣人が引っ越してきました 長寿命の国へようこそ いらっしゃい、全人類がここに集まってほしいものです これが新しいビジョンです 見てください、アフリカの最初の国が入ってきました これが現在です

西洋諸国も、途上国も、 今では関係ないのです これは、金曜日(2010.9.17)に出たばかりの 国連の報告書です 「子どもの死亡率の推移」、とても良い内容です このページを除いては このページは最悪です 国をカテゴリーで分類しています 途上国と書かれているのは、次のような国です 途上国:大韓民国 えぇ? サムスンの国ですよ、どうして途上国なのでしょうか シンガポールもあります 世界で最も幼児死亡率が低い国です スウェーデンを5年前に追い越しました それでも途上国扱いです カタールもあります アルジャジーラもあり最も裕福な国です なぜこのような国が途上国といえるのでしょうか これはゴミです (拍手) 残りの部分は大丈夫です、良い内容です

データに合う新しい考え方を 持たなくてはなりません すべての国がここに 集ってくることをよく理解しなくてはなりません この関係は重要です 見てください、アフリカです これがアフリカ諸国です 幼児死亡率の減少と家族数の減少との 関係がわかります アフリカにあっても同じです 何が起きているか明白でしょう シアトルにある保健指標・評価研究所から 金曜日に発表された研究結果によると、 幼児死亡率を約50%削減 することが可能とのことです 女性への教育によって 女の子が学校に行き、 15年から20年がたち その結果がでるのです だから私たちは長期間の展望が必要なのです とはいえ10年間ごとに 統計をとります このすべての国で 幼児死亡率を低下させることは可能です そして、ここに集まってくるのです 私たちみんなが一緒に生きていくように

もちろん、幼児死亡率の低下は 人道的な面では、 最重要課題です 今、話題にしているのは、 子供のまともな生活です しかし、未来の全人類への 戦略的投資でもあります なぜなら、環境問題でもあるからです 環境を制御することはできません 恐ろしい天候破壊を逃れることもできません 全世界の人口を安定させなくては。 それをはっきりさせましょう そのためには、 幼児死亡率を下げ、女性の教育がもたらす 家族計画へつなげましょう 必ず可能です、やりましょう

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画