TED日本語 - エリック・ヨハンソン: 不可能な写真

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - エリック・ヨハンソン: 不可能な写真

TED Talks

不可能な写真
Impossible photography
エリック・ヨハンソン
Erik Johansson

内容

エリック・ヨハンソンは不可能な情景のリアルな写真を制作しています。彼が切り取るのは瞬間ではなくアイデアです。この軽妙な解説では、Photoshopの達人である彼がもっともらしく見えながらも奇妙な光景に命を与えるために従っている原則について話しています。

Script

I'm here to share my photography. Or is it photography? Because, of course, this is a photograph that you can't take with your camera.

Yet, my interest in photography started as I got my first digital camera at the age of 15. It mixed with my earlier passion for drawing, but it was a bit different, because using the camera, the process was in the planning instead. And when you take a photograph with a camera, the process ends when you press the trigger. So to me it felt like photography was more about being at the right place and the right time. I felt like anyone could do that.

So I wanted to create something different, something where the process starts when you press the trigger. Photos like this: construction going on along a busy road. But it has an unexpected twist. And despite that, it retains a level of realism. Or photos like these -- both dark and colorful, but all with a common goal of retaining the level of realism. When I say realism, I mean photo-realism. Because, of course, it's not something you can capture really, but I always want it to look like it could have been captured somehow as a photograph. Photos where you will need a brief moment to think to figure out the trick. So it's more about capturing an idea than about capturing a moment really.

But what's the trick that makes it look realistic? Is it something about the details or the colors? Is it something about the light? What creates the illusion? Sometimes the perspective is the illusion. But in the end, it comes down to how we interpret the world and how it can be realized on a two-dimensional surface. It's not really what is realistic, it's what we think looks realistic really.

So I think the basics are quite simple. I just see it as a puzzle of reality where you can take different pieces of reality and put it together to create alternate reality. And let me show you a simple example. Here we have three perfectly imaginable physical objects, something we all can relate to living in a three-dimensional world. But combined in a certain way, they can create something that still looks three-dimensional, like it could exist. But at the same time, we know it can't. So we trick our brains, because our brain simply doesn't accept the fact that it doesn't really make sense. And I see the same process with combining photographs. It's just really about combining different realities.

So the things that make a photograph look realistic, I think it's the things that we don't even think about, the things all around us in our daily lives. But when combining photographs, this is really important to consider, because otherwise it just looks wrong somehow. So I would like to say that there are three simple rules to follow to achieve a realistic result. As you can see, these images aren't really special. But combined, they can create something like this.

So the first rule is that photos combined should have the same perspective. Secondly, photos combined should have the same type of light. And these two images both fulfill these two requirements -- shot at the same height and in the same type of light. The third one is about making it impossible to distinguish where the different images begin and end by making it seamless. Make it impossible to say how the image actually was composed. So by matching color, contrast and brightness in the borders between the different images, adding photographic defects like depth of field, desaturated colors and noise, we erase the borders between the different images and make it look like one single image, despite the fact that one image can contain hundreds of layers basically.

So here's another example. (Laughter) One might think that this is just an image of a landscape and the lower part is what's manipulated. But this image is actually entirely composed of photographs from different locations. I personally think that it's easier to actually create a place than to find a place, because then you don't need to compromise with the ideas in your head. But it does require a lot of planning. And getting this idea during winter, I knew that I had several months to plan it, to find the different locations for the pieces of the puzzle basically. So for example, the fish was captured on a fishing trip. The shores are from a different location. The underwater part was captured in a stone pit. And yeah, I even turned the house on top of the island red to make it look more Swedish.

So to achieve a realistic result, I think it comes down to planning. It always starts with a sketch, an idea. Then it's about combining the different photographs. And here every piece is very well planned. And if you do a good job capturing the photos, the result can be quite beautiful and also quite realistic. So all the tools are out there, and the only thing that limits us is our imagination.

Thank you.

(Applause)

今日は 僕の写真をご覧に入れます でも写真と言っていいのかわかりません この写真はもちろん カメラでは撮れません

僕が写真に興味を持つようになったのは 初めてのカメラを手にした 15歳のときで それは以前からの 絵への情熱と混じり合っていましたが 違いもありました カメラで重要なのは 構想の段階になります カメラで写真を撮る場合 シャッターを切った瞬間にプロセスは終わります だから写真というのは しかるべき時にしかるべき場所にいるということが大部分で 誰にでもできることに思えたのです

僕は何かもっと違ったものを作りたいと思いました シャッターを切った瞬間に プロセスが始まるような何かです たとえばこんな写真です 往来の激しい通りで 工事が行われていますが 予想外の捻りが加えられています それでいて リアルさも依然保たれています あるいはこのような写真 暗いのも色鮮やかなのもありますが 共通するのは 一定のリアルさを 保っているということです 僕がリアルと言っているのは フォトリアリズム的ということです もちろんこのようなものを 実際に撮すことはできませんけど 何か本当にカメラで撮ったような感じを 出したいと いつも思っています 仕掛けに気づくのに 一瞬 考えなければならないような写真です だから瞬間を切り取るというよりは アイデアを切り取るというのに近いでしょう

では これをリアルに 見せているものは何でしょう? ディテールでしょうか 色でしょうか それとも光でしょうか? 何がイリュージョンを生み出しているのでしょう? 見え方がイリュージョンということもあります つまるところ 僕たちが世界をどう解釈し 二次元平面上でどう表現できるかということにかかっているのです 何がリアルかというよりは 何がリアルに見えるか というのがポイントなんです

基本は ごく単純です 現実の別々な断片を組み合わせて 新たな現実を作り出す? パズルのようなものです 簡単な例をお見せしましょう ここに想像上の物体が3つあります 三次元世界の物として捉えることができます しかしある種の組み合わせ方をすると 依然 三次元的に? ありえそうに見えながら 存在しえないものができます 脳が騙されるのです 脳はそれが意味をなさないという事実を 受け入れようとしないからです 写真を組み合わせるときにも この現象を利用します 異なる現実の組み合わせ方が大事なんです

写真をリアルに見せるのは 僕たちが意識さえしないもの 身の回りにある日常的なものです 写真を組み合わせるときには これをよく考える必要があります そうしないと どこか変に見えてしまうからです リアルな結果が得られるためのシンプルなルールが 3つあると思います これらの画像には特別なところは何もありません しかし組み合わせると このようなものができます

第一のルールは 組み合わせる写真は 同じ視点でなければならないということ 第二に 組み合わせる写真は 光の条件が同じである必要があります この2枚の写真は どちらの条件も充たしています 同じ高さから撮られ 光の条件も同じです 第三のルールは 別な画像が どこから始まるのか分からないよう 継ぎ目をなくすということです 画像がどう組み合わされたのか 分からなくするのです 境界部分の 色とコントラストと 明るさを合わせ 被写界深度や彩度を落としたり ノイズを入れるなど 写真に効果を加え 画像の間の境界を消して 実際には何百ものレイヤがあっても 1枚の写真であるかのように 見せかけるのです

これは別な例です (笑) ただの風景写真の下の方の部分を 加工したように見えますが 実際には別な場所で撮った たくさんの写真から構成されています 場所を探し出すよりも 作り出してしまう方が 簡単だと思います その方が頭の中のアイデアを そのまま実現できますから でもよく構想する必要があります このアイデアは冬に思いついたんですが パズルのピースとなる場所を 見つけるために 何ヶ月も検討しました たとえば 魚は釣り旅行で捕まえたものです 岸辺は別な場所で撮りました 水中の部分は石切場です そして島の上の家を赤くして スウェーデンっぽくしました

リアルな結果を得るためには 構想が重要ということです 僕はいつもアイデアのスケッチから始めます それから別の写真を組み合わせます それぞれのパーツは とてもしっかり構想されています 写真の撮影がうまくいけば 結果はとても素晴らしく すごくリアルなものになります 必要な道具はすべて揃っており できることを制限するのは 自分自身の想像力だけです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画