TED日本語 - JR: アートを通して世界をひっくり返す

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - JR: アートを通して世界をひっくり返す

TED Talks

アートを通して世界をひっくり返す
Use art to turn the world inside out
JR
JR's TED Prize wish

内容

JRは半匿名のフランスのストリート・アーティストです。彼はカメラを使って世界の真の顔を、人々の顔写真を巨大なキャンバス上に貼ることによって表現します。TED2011において、彼は「アートを通して、世界をひっくり返す」という大胆なTED Prize Wishについて話します。彼の作品をもっと知って、insideoutproject.netを通してどのように彼の活動に参加するか知りましょう。

Script

Two weeks ago I was in my studio in Paris, and the phone rang and I heard, "Hey, JR, you won the TED Prize 2011. You have to make a wish to save the world." I was lost. I mean, I can't save the world. Nobody can. The world is fucked up. Come on, you have dictators ruling the world, population is growing by millions, there's no more fish in the sea, the North Pole is melting and as the last TED Prize winner said, we're all becoming fat. (Laughter) Except maybe French people. Whatever. So I called back and I told her, "Look, Amy, tell the TED guys I just won't show up. I can't do anything to save the world." She said, "Hey, JR, your wish is not to save the world, but to change the world." "Oh, all right." (Laughter) "That's cool." I mean, technology, politics, business do change the world -- not always in a good way, but they do. What about art? Could art change the world?

I started when I was 15 years old. And at that time, I was not thinking about changing the world. I was doing graffiti -- writing my name everywhere, using the city as a canvas. I was going in the tunnels of Paris, on the rooftops with my friends. Each trip was an excursion, was an adventure. It was like leaving our mark on society, to say, "I was here," on the top of a building.

So when I found a cheap camera on the subway, I started documenting those adventures with my friends and gave them back as photocopies -- really small photos just that size. That's how, at 17 years old, I started pasting them. And I did my first "expo de rue," which means sidewalk gallery. And I framed it with color so you would not confuse it with advertising. I mean, the city's the best gallery I could imagine. I would never have to make a book and then present it to a gallery and let them decide if my work was nice enough to show it to people. I would control it directly with the public in the streets.

So that's Paris. I would change -- depending on the places I would go -- the title of the exhibition. That's on the Champs-Elysees. I was quite proud of that one. Because I was just 18 and I was just up there on the top of the Champs-Elysees. Then when the photo left, the frame was still there.

(Laughter)

November 2005: the streets are burning. A large wave of riots had broken into the first projects of Paris. Everyone was glued to the TV, watching disturbing, frightening images taken from the edge of the neighborhood. I mean, these kids, without control, throwing Molotov cocktails, attacking the cops and the firemen, looting everything they could in the shops. These were criminals, crooks, dangerous, pursuing their own environment.

And then I saw it -- could it be possible? -- my photo on a wall revealed by a burning car -- a pasting I'd done a year earlier -- an illegal one -- still there. I mean, these were the faces of my friends. I know those guys. All of them are not angels, but they're not monsters either. So it was kind of weird to see those images and those eyes stare back at me through a television.

So I went back there with a 28 mm lens. It was the only one I had at that time. But with that lens, you have to be as close as 10 inches from the person. So you can do it only with their trust. So I took four portraits of people from Le Bosquet. They were making scary faces to play the caricature of themselves. And then I pasted huge posters everywhere in the bourgeois area of Paris with the name, age, even building number of these guys.

A year later, the exhibition was displayed in front of the city hall of Paris. And we go from took images, who've been stolen and distorted by the media, who's now proudly taking over his own image. That's where I realized the power of paper and glue. So could art change the world? A year later, I was listening to all the noise about the Middle East conflict. I mean, at that time, trust me, they were only referring to the Israeli and Palestinian conflict. So with my friend Marco, we decided to go there and see who are the real Palestinians and who are the real Israelis. Are they so different? When we got there, we just went in the street, started talking with people everywhere, and we realized that things were a bit different from the rhetoric we heard in the media. So we decided to take portraits of Palestinians and Israelis doing the same jobs -- taxi-driver, lawyer, cooks. Asked them to make a face as a sign of commitment. Not a smile -- that really doesn't tell about who you are and what you feel. They all accepted to be pasted next to the other. I decided to paste in eight Israeli and Palestinian cities and on both sides of the wall. We launched the biggest illegal art exhibition ever. We called the project Face 2 Face.

The experts said, "No way. The people will not accept. The army will shoot you, and Hamas will kidnap you." We said, "Okay, let's try and push as far as we can." I love the way that people will ask me, "How big will my photo be?" "It will be as big as your house." When we did the wall, we did the Palestinian side. So we arrived with just our ladders and we realized that they were not high enough. And so Palestinians guys say, "Calm down. No wait. I'm going to find you a solution." So he went to the Church of Nativity and brought back an old ladder that was so old that it could have seen Jesus being born. (Laughter) We did Face 2 Face with only six friends,two ladders,two brushes, a rented car, a camera and 20,000 square feet of paper. We had all sorts of help from all walks of life.

Okay, for example, that's Palestine. We're in Ramallah right now. We're pasting portraits -- so both portraits in the streets in a crowded market. People come around us and start asking, "What are you doing here?" "Oh, we're actually doing an art project and we are placing an Israeli and a Palestinian doing the same job. And those ones are actually two taxi-drivers." And then there was always a silence. "You mean you're pasting an Israeli face -- doing a face -- right here?" "Well, yeah, yeah, that's part of the project." And I would always leave that moment, and we would ask them, "So can you tell me who is who?" And most of them couldn't say.

(Applause)

We even pasted on Israeli military towers, and nothing happened. When you paste an image, it's just paper and glue. People can tear it, tag on it, or even pee on it -- some are a bit high for that, I agree -- but the people in the street, they are the curator. The rain and the wind will take them off anyway. They are not meant to stay. But exactly four years after, the photos, most of them are still there. Face 2 Face demonstrated that what we thought impossible was possible -- and, you know what, even easy. We didn't push the limit; we just showed that they were further than anyone thought.

In the Middle East, I experienced my work in places without [ many ] museums. So this direction in the street were kind of interesting. So I decided to go further in this direction and go in places where there were zero museums. When you go in these developing societies, women are the pillars of their community, but the men are still the ones holding the streets. So we were inspired to create a project where men will pay tribute to women by posting their photos. I called that project Women Are Heroes. When I listened to all the stories everywhere I went on the continents, I couldn't always understand the complicated circumstances of their conflict. I just observed. Sometimes there was no words, no sentence, just tears. I just took their pictures and pasted them.

Women Are Heroes took me around the world. Most of the places I went to, I decided to go there because I've heard about it through the media. So for example, in June 2008, I was watching TV in Paris, and then I heard about this terrible thing that happened in Rio de Janeiro -- the first favela of Brazil named Providencia. Three kids -- that was three students -- were [ detained ] by the army because they were not carrying their papers. And the army took them, and instead of bringing them to the police station, they brought them to an enemy favela where they get chopped into pieces. I was shocked. All Brazil was shocked. I heard it was one of the most violent favelas, because the largest drug cartel controls it. So I decided to go there.

When I arrived -- I mean, I didn't have any contact with any NGO. There was none in place -- no tourist agent, no NGOs, nothing -- no eyewitnesses. So we just walked around, and we met a woman, and I showed her my book. And she said, "You know what? We're hungry for culture. We need culture out there." So I went out and I started with the kids. I just took a few photos of the kids, and the next day I came with the posters and we pasted them. The day after, I came back and they were already scratched. But that's okay. I wanted them to feel that this art belongs to them.

Then the next day, I held a meeting on the main square and some women came. They were all linked to the three kids that got killed. There was the mother, the grandmother, the best friend -- they all wanted to shout the story. After that day, everyone in the favela gave me the green light. I took more photos, and we started the project. The drug lords were kind of worried about us filming in the place, so I told them, "You know what? I'm not interested in filming the violence and the weapons. You see that enough in the media. What I want to show is the incredible life. And actually I've been seeing it around me the last few days." So that's a really symbolic pasting, because that's the first one we did that you couldn't see from the city. And that's where the three kids got arrested, and that's the grandmother of one of them. And on that stairs, that's where the traffickers always stand and there's a lot of exchange of fire. Everyone there understood the project. And then we pasted everywhere -- the whole hill.

(Applause)

What was interesting is that the media couldn't get in. I mean, you should see that. They would have to film us from a really long distance by helicopter and then have a really long lens, and we would see ourselves, on TV, pasting. And they would put a number: "Please call this number if you know what's going on in Providencia." We just did a project and then left so the media wouldn't know. So how can we know about the project? So they had to go and find the women and get an explanation from them. So you create a bridge between the media and the anonymous women.

We kept traveling. We went to Africa, Sudan, Sierra Leone, Liberia, Kenya. In war-torn places like Monrovia, people come straight to you. I mean, they want to know what you're up to. They kept asking me, "What is the purpose of your project? Are you an NGO? Are you the media?" Art. Just doing art. Some people question, "Why is it in black and white? Don't you have color in France?" (Laughter) Or they tell you, "Are these people all dead?" Some who understood the project would explain it to others. And to a man who did not understand, I heard someone say, "You know, you've been here for a few hours trying to understand, discussing with your fellows. During that time, you haven't thought about what you're going to eat tomorrow. This is art." I think it's people's curiosity that motivates them to come into the projects. And then it becomes more. It becomes a desire, a need, an armor. On this bridge that's in Monrovia, an ex-rebel soldier helped us pasting a portrait of a woman that might have been raped during the war. Women are always the first ones targeted during conflict.

This is Kibera, Kenya,one of the largest slums of Africa. You might have seen images about the post-election violence that happened there in 2008. This time we covered the roofs of the houses, but we didn't use paper, because paper doesn't prevent the rain from leaking inside the house -- vinyl does. Then art becomes useful. So the people kept it. You know what I love is, for example, when you see the biggest eye there, there are so [ many ] houses inside. And I went there a few months ago -- photos are still there -- and it was missing a piece of the eye. So I asked the people what happened. "Oh, that guy just moved." (Laughter) When the roofs were covered, a woman said as a joke, "Now God can see me." When you look at Kibera now, they look back.

Okay, India. Before I start that, just so you know, each time we go to a place, we don't have a tourist agent, so we set up like commandos -- we're a group of friends who arrive there, and we try to paste on the walls. But there are places where you just can't paste on a wall. In India it was just impossible to paste. I heard culturally and because of the law, they would just arrest us at the first pasting. So we decided to paste white, white on the walls. So imagine white guys pasting white papers. So people would come to us and ask us, "Hey, what are you up to?" "Oh, you know, we're just doing art." "Art?" Of course, they were confused. But you know how India has a lot of dust in the streets, and the more dust you would have going up in the air, on the white paper you can almost see, but there is this sticky part like when you reverse a sticker. So the more dust you have, the more it will reveal the photo. So we could just walk in the street during the next days and the photos would get revealed by themselves. (Applause) Thank you. So we didn't get caught this time.

Each project -- that's a film from Women Are Heroes. (Music) Okay. For each project we do a film. And most of what you see -- that's a trailer from "Women Are Heroes" -- its images, photography, taken one after the other. And the photo kept traveling even without us. (Laughter) (Applause) Hopefully, you'll see the film, and you'll understand the scope of the project and what the people felt when they saw those photos. Because that's a big part of it. There's layers behind each photo. Behind each image is a story.

Women Are Heroes created a new dynamic in each of the communities, and the women kept that dynamic after we left. For example, we did books -- not for sale -- that all the community would get. But to get it, they would have to [ get ] it signed by one of the women. We did that in most of the places. We go back regularly. And so in Providencia, for example, in the favela, we have a controlled center running there. In Kibera, each year we cover more roofs. Because of course, when we left, the people who were just at the edge of the project said, "Hey, what about my roof?" So we decided to come the year after and keep doing the project.

A really important point for me is that I don't use any brand or corporate sponsors. So I have no responsibility to anyone but myself and the subjects. (Applause) And that is for me one of the more important things in the work. I think, today, as important as the result is the way you do things. And that has always been a certain part of the work. And what's interesting is that fine line that I have with images and advertising. We just did some pasting in Los Angeles on another project in the last weeks. And I was even invited to cover the MOCA museum. But yesterday the city called them and said, "Look, we're going to have to tear it down. Because this can be taken for advertising, and because of the law, it has to be taken down." But tell me, advertising for what?

The people I photograph were proud to participate in the project and to have their photo in the community. But they asked me for a promise basically. They asked me, "Please, make our story travel with you." So I did. That's Paris. That's Rio. In each place, we built exhibitions with a story, and the story traveled. You understand the full scope of the project. That's London. New York. And today, they are with you in Long Beach.

All right, recently I started a public art project where I don't use my artwork anymore. I use Man Ray, Helen Levitt, Giacomelli, other people's artwork. It doesn't matter today if it's your photo or not. The importance is what you do with the images, the statement it makes where it's pasted. So for example, I pasted the photo of the minaret in Switzerland a few weeks after they voted the law forbidding minarets in the country. (Applause) This image of three men wearing gas masks was taken in Chernobyl originally, and I pasted it in Southern Italy, where the mafia sometimes bury the garbage under the ground.

In some ways, art can change the world. Art is not supposed to change the world, to change practical things, but to change perceptions. Art can change the way we see the world. Art can create an analogy. Actually the fact that art can not change things makes it a neutral place for exchanges and discussions, and then enables you to change the world. When I do my work, I have two kinds of reactions. People say, "Oh, why don't you go in Iraq or Afghanistan. They would be really useful." Or, "How can we help?" I presume that you belong to the second category, and that's good, because for that project, I'm going to ask you to take the photos and paste them.

So now my wish is: (mock drum roll) (Laughter) I wish for you to stand up for what you care about by participating in a global art project, and together we'll turn the world inside out. And this starts right now. Yes, everyone in the room. Everyone watching. I wanted that wish to actually start now. So a subject you're passionate about, a person who you want to tell their story or even your own photos -- tell me what you stand for. Take the photos, the portraits, upload it -- I'll give you all the details -- and I'll send you back your poster. Join by groups and reveal things to the world. The full data is on the website -- insideoutproject.net -- that is launching today.

What we see changes who we are. When we act together, the whole thing is much more than the sum of the parts. So I hope that, together, we'll create something that the world will remember. And this starts right now and depends on you.

Thank you.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

二週間前 パリにある自分のスタジオにいると 電話が鳴って 「ちょっと JR TED Prize 2011受賞だって 世界を救おうって願いを伝えるのよ」 戸惑いました 世界なんて救えない だれにも出来ない この世界はめちゃくちゃです 独裁者が世界を支配 人口は100万単位で増える 魚は海に全然いない 北極は溶けている 前回のTED Prize受賞者は だれもが肥満だと言う (笑) たぶんフランス人以外ですが それは置いといて 電話をかけ直して 彼女に伝えました 「TEDの人には 行かないって伝えといて 世界なんて救えないよ」 彼女は「ねえ JR 救う気はなくても 変える気はあるでしょ」 「ああ そうだね」 (笑) 「それならクールだ」 技術や政治やビジネスは 実際に世界を変えます いつも正しいわけじゃないけど じゃあアートは? アートは世界を変えられるのか?

アートを始めたのは15歳 世界を変えようなんて考えもせず 落書きするだけでした 自分の名前を書きまくり 街中をキャンバスにしました パリのトンネルに入ったり 友人と屋上に登ったり どれも遠足の様で まさにアドベンチャーでした 社会に足跡を残して 「俺はここにいた」とビルの上から伝える旅です

地下鉄で安物のカメラを見つけてからは 友人と このアドベンチャーを写真に収めて 写真のコピーを残していくようになりました このくらいの 本当に小さな写真です そんな経緯で 17歳から 写真を貼り始めて 初めて "expo de rue" を開きました 「歩道のギャラリー」です 写真の周りを 額のように色付けして 広告に間違われないようにしました 私にとって 街は最高のギャラリーです 作品集を用意してギャラリーに持ち込む必要などなく 人様に見せられる作品か 判断を仰ぐ必要もありません 道で会う人々と 直接向き合います

これはパリです 場所によって 展示のタイトルは 変わります これはシャンゼリゼ通りです これは自信作です まだ18歳で シャンゼリゼ通りに展示できたからです 写真がなくなっても 額は残っていました

(笑)

2005年11月 道が燃えていました 大きな暴動のうねりが パリの郊外の公団へ突入しました 皆がテレビに釘付けで 街の隅から撮られた 心をかき乱す 恐ろしい映像を見ていました 子供たちが 野放図に 火炎ビンを投げたり 警官や消防隊を攻撃して 商品を奪い尽くしていました 彼らは犯罪者で 悪党で 危険で 自分の置かれた状況に乗るやつらです

その時 見た光景に まさかと思いました 私が壁に貼った写真が 車の炎で浮かび上がったのです 一年前に貼った写真です 違法な作品ですが 残っていました 「友人の顔じゃないか 知っている奴らだ 天使じゃないけど モンスターでもないんだ」 写真に写った目が テレビから見つめ返しているのは 何とも奇妙でした

私は 28mmレンズを持って その場所に向かいました それしかなかったのですが そのレンズだと 被写体に25cmまで近づかないといけません 信頼がないと撮影できません ル・ボスケで4枚のポートレイトを撮りました 怖い顔を作って 自分を風刺しています 巨大なポスターにして パリの富裕層地域で 至る所に貼りました 彼らの名前 年齢 住所まで書いてあります

一年後 パリ市庁舎の前に展示されました かつて 彼らのイメージといえば メディアがかすめ取って歪めたものでしたが ここでは誇りを持って自らイメージを掲げています そこで気がつきました 紙と糊の力です アートは世界を変えられるのか? 一年後 中東紛争の話題に 耳を傾けていました 当時耳にしたのは イスラエルとパレスチナの紛争ばかりでした そこで友人のマルコと 現地に行って 真のパレスチナ人と真のイスラエル人に会うことにしました そんなに違うのでしょうか? 現地に着くと 通りに出て あちこちで いろんな人に話しかけました そうするうちに気付きました メディアの伝える情報とは違っているのです そこで 同じ仕事をしている パレスチナ人とイスラエル人の ポートレイトを撮ることにしました タクシー運転手 弁護士 料理人などです 必ず表情を作るようにお願いしました 笑顔では 人柄や気持ちが 伝わらないので駄目です 対立国の人と並べて貼ることに だれもが同意してくれました イスラエルとパレスチナの 8つの街に貼ることにしました 壁の両側です 史上最大の違法アート展の開幕です 「Face 2 Face」と名付けました

専門家は言います「やめとけ だれも受け入れてくれないよ 軍に撃たれてハマスに監禁される」 私たちの気持ちは「OK やれるとこまでやろう」 こんな質問は大好きです 「どのくらい大きくなるの?」 「あなたの家と同じくらいだよ」 パレスチナで壁に貼ろうと思って はしごを持って行ったら 高さが足りませんでした するとパレスチナの人が 「大丈夫 すぐ解決できるよ」と言って 降誕教会に行って 古いはしごを持ってきました そのはしごはキリスト誕生を見たかもしれません (笑) 「Face 2 Face」をやるのは たった6人の友人と 2つのはしご 2つのブラシ 1台のレンタカーと 1台のカメラ そして約2,000平方メートルの紙です あらゆる人々から いろんな支援を受けました

これはパレスチナのラマッラーで ポートレイトを貼る様子です にぎわう市場の通りに 両国民の写真を貼るのです 人が集まって 尋ねてきます 「ここで何をしてるの?」 「アートプロジェクトだよ 同じ職業のイスラエル人とパレスチナ人を貼るんだ これは二人ともタクシー運転手なんだ」 すると いつも沈黙があってから 「つまり イスラエル人の顔を -- そこに 貼ってるわけ?」 「そうそう それがこのプロジェクトの一環だから」 そして 少し間を置いてから 必ずこう聞くことにしています 「どちらの国民か見分けられる?」 だれも答えられないのです

(拍手)

イスラエルの監視棟にも貼りましたが 何もされませんでした 使うのは 紙と糊だけです やぶけるし 落書きできるし おしっこもかけられます とどかない所もありますが でもストリートにいる人たちが 学芸員なのです 雨や風ではがれますが それでいいのです でも ちょうど4年たった今でも ほとんどの写真が残っています 「Face 2 Face」が実証したのは 不可能に思えたことが 実は可能だったことです むしろ簡単でした 境界を広げたわけではなく 想像より遠くへ行けることを証明しただけです

中東では 美術館のない場所で制作しました 道に作品を展示するという方向性が 面白いと感じたので 更に突き進めようと思って 美術館が一つもない地域へ行くことにしました このような発展途上の社会へ行くと 女性がそのコミュニティーの中心的な存在ですが それでもストリートを仕切っているのは男性です そこに私たちは触発されて 女性たちの写真を貼ることで 男性から女性に 感謝の気持ちを表すプロジェクトを始めました プロジェクト名は「Women Are Heroes」です さまざまな大陸に行って いろいろな話を聞いても 彼らの複雑な葛藤を いつも理解できるわけではありませんでした ただ傍観するしかなく 言葉も出ず 意見も言えず 涙を流すしかないこともありました 彼らの写真を撮って 貼るだけです

「Women Are Heroes」は世界中を巡りました 行き先のほとんどは メディアで聞いたことがある という理由で選びました 例えば 2008年6月に パリでテレビを見ている時 リオ・デ・ジャネイロで起きていた ひどい状況を知りました プロヴィデンシアというブラジル初のファヴェーラ(貧民街)で 三人の学生が 軍に拘束されました 身分証明を持っていなかったからです 学生たちは 警察署ではなく 敵のファヴェーラへ連行されて 切り刻まれてしまいました ショックでした ブラジル中が衝撃を受けました 一番暴力的なファヴェーラといわれ 最大の麻薬組織が牛耳っていました 私はそこに行くことにしました

到着しても NGOに接触することはありませんでした 観光客も NGOも だれもいないのです 目撃者がいないのです 歩き回るうちに 一人の女性に会ったので 私の本を見せると 彼女はこう言いました 「文化に飢えてるの ここには文化が必要だわ」 まずは子供たちから始めました 子供たちの写真を何枚か撮って 次の日 ポスターにして貼りました その次の日には 傷がありましたが それでいいんです 自分たちのアートだと感じて欲しいのです

その次の日に 広場でミーティングを開くと 何人かの女性が来ました 殺された三人の学生につながりのある人たちです 母親や 祖母や 親友もいて 事件のことを声高に訴えていました その日から ファーベラに受け入れられて 撮影も進み プロジェクトが動き出しました 麻薬密売組織のボスは そこでの撮影を危惧していたので こう言いました 「暴力や武器を撮る気はない メディアで十分見たからね 私は素晴らしい人々を見せたいんだ この数日間 目の当たりにしてきたんだ」 これはとてもシンボリックな作品です 初めて中心街から見えない作品を作ったのです 三人の学生が拘束された場所です 写真は 一人の学生の祖母です この階段には いつも売人が立っていて よく銃撃が交わされています だれもがプロジェクトを理解してくれて 丘一面に作品を貼ることができました

(拍手)

面白いことにメディアは入れません つまり ヘリコプターで遠くから 望遠レンズを使って撮影しなければならなかったのです 私たちはテレビで 自分たちの貼る作業を見たものです テロップには「何をしているか ご存じの方は お電話を」 プロジェクトを終えると 私たちは立ち去ったので メディアは知る由もありませんでした プロジェクトについて知るには 現地で女性たちを見つけて 説明を求めるしかありません このプロジェクトが メディアと 名も知れぬ女性たちとの架け橋になったのです

私たちは旅を続けました アフリカ スーダン シエラレオネ リベリア ケニア 戦争で荒れたモンロビアもです 人々はまっすぐにやってきて 何をしてるのか知りたがります 「どうして こんなプロジェクトをやっているの? NGOなの? メディアなの?」 「アートだよ アートをやってるだけ」 「なんで白黒なの? フランスにカラーは無いの?」 (笑) 「みんな死んだ人たち?」 プロジェクトを理解した人は ほかの人に教えていました ある人は 理解できない男に こう説明していました 「なあ 君はここで数時間もこうして 理解しようと 話し合ってるだろう その間 君はきっと 明日の食事なんて考えてない それがアートなんだ」 プロジェクトに人を引き込む -- モチベーションになっているのは 人々の好奇心だと思います さらに それが大きくなって 欲望になり 必要なものとなるのです モンロビアの橋で 元反乱軍兵士が手伝ってくれました 戦争中にレイプされたとされる女性の写真です 女性はいつでも 紛争の最初の犠牲者となります

ここはケニアにあるキベラです アフリカで一番大きなスラムの一つです 選挙後の暴動を見たことがあるかと思います 2008年に ここで起こった事件です 屋根の上に貼りました でも紙は使いませんでした 家の中まで雨漏りするのを 紙では防げないからです でもビニールなら防げます アートが実用的になったのです だから残っているのです 面白い事があって 一番大きな目が見えますね 中に家がたくさんあるのですが 数ヶ月前に また訪ねてみると 写真はあるのですが 一部が欠けていました どうしたのかと聞くと 「ああ 彼なら引っ越したよ」 (笑) 屋根を覆うと ある女性がジョークを言いました 「神様が見つけてくれるわ」 キベラを見ると キベラも見つめ返します

では インドです 言っておきますが どこへ行くにも ガイドは付けずに 現地を訪れた仲間で 部隊のようなものを作って 壁に写真を貼っています でも壁に写真を貼れない地域もあります インドがそうです 文化的にも法律的にもいけないようで 貼ったらすぐに逮捕されるので 白い紙を貼ることにしました 白だけです 白人の男が 白い紙を貼っていると こう尋ねてきます 「ねえ そこで何してるの?」 「ああ アートをやってるだけだよ」「アート?」 よくのみ込めないようでした インドの道には 砂がつもっているので たくさんの砂ぼこりが 舞い上がります うっすら見えていますが 白い紙には ステッカーの裏のように 接着剤が塗ってあるので 砂ぼこりが舞うごとに 写真が浮かび上がってきます 貼った後 何日か歩き回るだけで 写真が自然と現れるのです (拍手) ありがとう だから 逮捕されずにすみました

この映像は 「Women Are Heroes」を撮影したものです (音楽) OK プロジェクトのたびに 映像を作ります これは「Women Are Heroes」の紹介ビデオの一部です ご覧いただいているものは ほとんどが 時の流れに沿って撮影した写真です 私たちがいなくても 写真は旅を続けています (笑) (拍手) ぜひ この映像を見て プロジェクトの意図をつかんで 現地の感情をくみ取ってください それもプロジェクトにとって大事な要素です どの写真にも 多くのストーリーが隠されています

「Women Are Heroes」がコミュニティーに 新たな潮流をもたらして 私たちが去った後も 女性たちが受け継いでいます 例えば 私たちは非売品の本を作りました どのコミュニティーも入手できますが 写真の女性からサインをもらうことが条件です どの地域でもやりました 定期的に戻ることもしています 例えば プロビデンシアのファヴェーラには 管理事務所を設置しました キベラでは年々 貼る屋根が増えます 私たちが立ち去る時に 近くに住む人たちが 尋ねるのです「ねえ 私の屋根は?」 だから 翌年も行くことになっていて プロジェクトが続いているのです

重要なのは ブランドや企業スポンサーに頼らないことです だから責任がありません 責任があるのは 自分と 被写体に対してだけです (拍手) それが 作品作りにおいて 一番大事なことの一つです どうやるかが 結果と同じくらい重要です それが いつも作品作りの中核になっています 面白いことに 単なる画像と 広告との境界はあいまいです 先週 ある別のプロジェクトで ロサンゼルスで写真を貼りました MOCA美術館を覆うという誘いも受けました でも昨日 市から電話が来ました 「広告と誤認されるので はがさないといけなくなります 法律で決まっていますから やめてください」 いったい 何の広告だっていうのでしょう?

被写体の皆さんは 参加することも コミュニティーの中に貼られることも 誇りに思っていますが お願いされたことがあります 「私たちのストーリーも一緒に広めてください」 だからそうしています これはパリです これはリオ どこでもストーリーを交えて展示するので ストーリーも広まって プロジェクトの意図が伝わります これはロンドンです ニューヨーク 今日は ここロングビーチに参加しています

最近 あるパブリックアートを始めました 私の作品は使っていません マン・レイ ヘレン・レヴィット ジャコメリなどの作品を使います 今日では 自分の写真かどうかは関係ありません その写真を使って 何をするかが大事なのです 貼る場所が 主張を伝えます 例えば ミナレットの写真を スイスで貼りました 建設禁止を支持する国民投票があった数週間後です (拍手) ガスマスクをした三人の男の写真は チェルノブイリで撮影されたものですが 貼った場所は 南イタリアです マフィアがときどきゴミを埋める場所です

アートは世界を変えます アートは直接的に物事を 変えるわけではありませんが ものの見方を変えます アートが変えるのは 世界の見方です アートは比喩となります アートは物事を変えられないからこそ 意見を交換して議論する -- 中立な場を提供してくれるのです その結果として 世界を変えることができます 作品を作っていると 二種類の反応があります 「イラクやアフガニスタンに行ったら? とても役に立つよ」と言う人と 「何か手伝える?」と言う人 皆さんは きっと後者でしょう その方がいい このプロジェクトとしては 写真を撮って貼ることを お願いしたいからです

私の願いは -- (ドラムロールの真似) (笑) 何か思うところがあるなら 解決のために立ち上がってください グローバル・アート・プロジェクトに参加してください そうすれば 一緒に世界をひっくり返すことができます この場から始まります ここにいる皆さん 集まった皆さんが始めるのです まさに今ここから 始めて欲しいのです 情熱を持っているテーマや 伝えたい人のこと 自分の写真でも結構です 主張を聞かせてください ポートレイトを撮って アップロードしてください -- やり方は説明します -- そうすれば ポスターを返送します グループに分かれて 世界に発信しましょう データはすべてウェブサイト上にあります 「insideoutproject.net」 今日から始動します

目にするものが 人を変えます 共に行動すれば 全体は 単なる足し算より大きくなります 世界の歴史に残るものを 一緒に作り上げたいのです ここがスタートです そして 皆さんに懸かっているのです

ありがとう

(拍手)

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画