TED日本語 - カルロ・ラッティ: 感知し、応答する建築

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - カルロ・ラッティ: 感知し、応答する建築

TED Talks

感知し、応答する建築
Architecture that senses and responds
カルロ・ラッティ
Carlo Ratti

内容

MIT のカルロ・ラッティと SENSEable City Lab チームは、私たちが作り出すデータを読み取って興味深いものを作り出しています。例えば電話記録や廃棄ゴミといったデータから、都市生活を見事に視覚化しています。またラッティらのチームはセンサでキャプチャした簡単なジェスチャーを基礎とした、動く水や飛ぶ光などで構成されたインタラクティブな建築物を創造しています。

Script

Good afternoon, everybody. I've got something to show you. (Laughter) Think about this as a pixel, a flying pixel. This is what we call, in our lab, sensible design. Let me tell you a bit about it. Now if you take this picture -- I'm Italian originally, and every boy in Italy grows up with this picture on the wall of his bedroom -- but the reason I'm showing you this is that something very interesting happened in Formula 1 racing over the past couple of decades. Now some time ago, if you wanted to win a Formula 1 race, you take a budget, and you bet your budget on a good driver and a good car. And if the car and the driver were good enough, then you'd win the race. Now today, if you want to win the race, actually you need also something like this -- something that monitors the car in real time, has a few thousand sensors collecting information from the car, transmitting this information into the system, and then processing it and using it in order to go back to the car with decisions and changing things in real time as information is collected. This is what, in engineering terms, you would call a real time control system. And basically, it's a system made of two components -- a sensing and an actuating component.

What is interesting today is that real time control systems are starting to enter into our lives. Our cities, over the past few years, just have been blanketed with networks, electronics. They're becoming like computers in open air. And, as computers in open air, they're starting to respond in a different way to be able to be sensed and to be actuated. If we fix cities, actually it's a big deal. Just as an aside, I wanted to mention, cities are only two percent of the Earth's crust, but they are 50 percent of the world's population. They are 75 percent of the energy consumption -- up to 80 percent of CO2 emissions. So if we're able to do something with cities, that's a big deal. Beyond cities, all of this sensing and actuating is entering our everyday objects.

That's from an exhibition that Paola Antonelli is organizing at MoMA later this year, during the summer. It's called "Talk to Me." Well our objects, our environment is starting to talk back to us. In a certain sense, it's almost as if every atom out there were becoming both a sensor and an actuator. And that is radically changing the interaction we have as humans with the environment out there. In a certain sense, it's almost as if the old dream of Michelangelo ... you know, when Michelangelo sculpted the Moses, at the end it said that he took the hammer, threw it at the Moses -- actually you can still see a small chip underneath -- and said, shouted, "Perche non parli? Why don't you talk?" Well today, for the first time, our environment is starting to talk back to us. And I'll show just a few examples -- again, with this idea of sensing our environment and actuating it.

Let's starting with sensing. Well, the first project I wanted to share with you is actually one of the first projects by our lab. It was four and a half years ago in Italy. And what we did there was actually use a new type of network at the time that had been deployed all across the world -- that's a cellphone network -- and use anonymous and aggregated information from that network, that's collected anyway by the operator, in order to understand how the city works. The summer was a lucky summer -- 2006. It's when Italy won the soccer World Cup. Some of you might remember, it was Italy and France playing, and then Zidane at the end, the headbutt. And anyway, Italy won at the end.

(Laughter)

Now look at what happened that day just by monitoring activity happening on the network. Here you see the city. You see the Colosseum in the middle, the river Tiber. It's morning, before the match. You see the timeline on the top. Early afternoon, people here and there, making calls and moving. The match begins -- silence. France scores. Italy scores. Halftime, people make a quick call and go to the bathroom. Second half. End of normal time. First overtime, second. Zidane, the headbutt in a moment. Italy wins. Yeah. (Laughter) (Applause) Well, that night, everybody went to celebrate in the center. You saw the big peak. The following day, again everybody went to the center to meet the winning team and the prime minister at the time. And then everybody moved down. You see the image of the place called Circo Massimo, where, since Roman times, people go to celebrate, to have a big party, and you see the peak at the end of the day. Well, that's just one example of how we can sense the city today in a way that we couldn't have done just a few years ago.

Another quick example about sensing: it's not about people, but about things we use and consume. Well today, we know everything about where our objects come from. This is a map that shows you all the chips that form a Mac computer, how they came together. But we know very little about where things go. So in this project, we actually developed some small tags to track trash as it moves through the system. So we actually started with a number of volunteers who helped us in Seattle, just over a year ago, to tag what they were throwing away -- different types of things, as you can see here -- things they would throw away anyway. Then we put a little chip, little tag, onto the trash and then started following it. Here are the results we just obtained.

(Music)

From Seattle ... after one week. With this information we realized there's a lot of inefficiencies in the system. We can actually do the same thing with much less energy. This data was not available before. But there's a lot of wasted transportation and convoluted things happening. But the other thing is that we believe that if we see every day that the cup we're throwing away, it doesn't disappear, it's still somewhere on the planet. And the plastic bottle we're throwing away every day still stays there. And if we show that to people, then we can also promote some behavioral change. So that was the reason for the project.

My colleague at MIT, Assaf Biderman, he could tell you much more about sensing and many other wonderful things we can do with sensing, but I wanted to go to the second part we discussed at the beginning, and that's actuating our environment. And the first project is something we did a couple of years ago in Zaragoza, Spain. It started with a question by the mayor of the city, who came to us saying that Spain and Southern Europe have a beautiful tradition of using water in public space, in architecture. And the question was: How could technology, new technology, be added to that? And one of the ideas that was developed at MIT in a workshop was, imagine this pipe, and you've got valves, solenoid valves, taps, opening and closing. You create like a water curtain with pixels made of water. If those pixels fall, you can write on it, you can show patterns, images, text. And even you can approach it, and it will open up to let you jump through, as you see in this image.

Well, we presented this to Mayor Belloch. He liked it very much. And we got a commission to design a building at the entrance of the expo. We called it Digital Water Pavilion. The whole building is made of water. There's no doors or windows, but when you approach it, it will open up to let you in. (Music) The roof also is covered with water. And if there's a bit of wind, if you want to minimize splashing, you can actually lower the roof. Or you could close the building, and the whole architecture will disappear, like in this case. You know, these days, you always get images during the winter, when they take the roof down, of people who have been there and said, "They demolished the building." No, they didn't demolish it, just when it goes down, the architecture almost disappears. Here's the building working. You see the person puzzled about what was going on inside. And here was myself trying not to get wet, testing the sensors that open the water.

Well, I should tell you now what happened one night when all of the sensors stopped working. But actually that night, it was even more fun. All the kids from Zaragoza came to the building, because the way of engaging with the building became something different. Not anymore a building that would open up to let you in, but a building that would still make cuts and holes through the water, and you had to jump without getting wet.

(Video) (Crowd Noise)

And that was, for us, was very interesting, because, as architects, as engineers, as designers, we always think about how people will use the things we design. But then reality's always unpredictable. And that's the beauty of doing things that are used and interact with people.

Here is an image then of the building with the physical pixels, the pixels made of water, and then projections on them. And this is what led us to think about the following project I'll show you now. That's, imagine those pixels could actually start flying. Imagine you could have small helicopters that move in the air, and then each of them with a small pixel in changing lights -- almost as a cloud that can move in space. Here is the video.

(Music)

So imagine one helicopter, like the one we saw before, moving with others, in synchrony. So you can have this cloud. You can have a kind of flexible screen or display, like this -- a regular configuration in two dimensions. Or in regular, but in three dimensions, where the thing that changes is the light, not the pixels' position. You can play with a different type. Imagine your screen could just appear in different scales or sizes, different types of resolution. But then the whole thing can be just a 3D cloud of pixels that you can approach and move through it and see from many, many directions. Here is the real Flyfire control and going down to form the regular grid as before. When you turn on the light, actually you see this. So the same as we saw before. And imagine each of them then controlled by people. You can have each pixel having an input that comes from people, from people's movement, or so and so.

I want to show you something here for the first time. We've been working with Roberto Bolle,one of today's top ballet dancers -- the etoile at Metropolitan in New York and La Scala in Milan -- and actually captured his movement in 3D in order to use it as an input for Flyfire. And here you can see Roberto dancing. You see on the left the pixels, the different resolutions being captured. It's both 3D scanning in real time and motion capture. So you can reconstruct a whole movement. You can go all the way through. But then, once we have the pixels, then you can play with them and play with color and movement and gravity and rotation. So we want to use this as one of the possible inputs for Flyfire.

I wanted to show you the last project we are working on. It's something we're working on for the London Olympics. It's called The Cloud. And the idea here is, imagine, again, we can involve people in doing something and changing our environment -- almost to impart what we call cloud raising -- like barn raising, but with a cloud. Imagine you can have everybody make a small donation for one pixel. And I think what is remarkable that has happened over the past couple of years is that, over the past couple of decades, we went from the physical world to the digital one. This has been digitizing everything, knowledge, and making that accessible through the Internet.

Now today, for the first time -- and the Obama campaign showed us this -- we can go from the digital world, from the self-organizing power of networks, to the physical one. This can be, in our case, we want to use it for designing and doing a symbol. That means something built in a city. But tomorrow it can be, in order to tackle today's pressing challenges -- think about climate change or CO2 emissions -- how we can go from the digital world to the physical one. So the idea that we can actually involve people in doing this thing together, collectively.

The cloud is a cloud, again, made of pixels, in the same way as the real cloud is a cloud made of particles. And those particles are water, where our cloud is a cloud of pixels. It's a physical structure in London, but covered with pixels. You can move inside, have different types of experiences. You can actually see from underneath, sharing the main moments for the Olympics in 2012 and beyond, and really using it as a way to connect with the community. So both the physical cloud in the sky and something you can go to the top [ of ], like London's new mountaintop. You can enter inside it. And a kind of new digital beacon for the night -- but most importantly, a new type of experience for anybody who will go to the top.

Thank you.

(Applause)

皆さんこんにちは 今日はあるものをお持ちしました (笑い) これを空飛ぶピクセルだと考えてください これが我々のラボでセンシブルデザインと呼んでいるものです まずこれについてお話しします こちらの写真をご覧ください 私は元々イタリア人なのですが イタリアの子は寝室にこの絵を飾って育ちます この写真をお見せした理由は この数十年間で フォーミュラワンレースに とても興味深いことが起こったからです 少し前までは もし F1 レースで勝ちたければ 運営費を獲得し それを素晴らしい ドライバーと車につぎ込めば良かったのです 車とドライバーが十分に良ければレースに勝てました 今日 レースに勝ちたいと思ったら このようなものが必要になります リアルタイムに車をモニタします 千個以上のセンサで 車から情報を収集し その情報をシステムに送り 処理します 情報収集と並行して 車へ評価を送り返し リアルタイムで変更を加えていくのです これは工学用語で リアルタイム制御システムと呼ばれるものです これは基本的に二つの要素から成っています センサとアクチュエータです

本日お話しする内容で面白いのは リアルタイム制御システムが 我々の生活でも使われ始めているということです この数年で我々の都市は ネットワークや電子機器で 覆われるようになりました 空気中にコンピュータが存在するが如くです そしてこのコンピュータは 以前とは違う働きをしはじめます センシングおよびアクチュエートされるようにです 全都市を整えるのは大変なことです ちなみに 都市は地球の 2% しか占めていませんが そこは世界人口の 50% も占めています また消費エネルギーの 75 % を占め 最大で CO2 排出量の 80% を担います 以上から 都市を変化させるのは大変なことだと分かります あらゆる都市で センシングやアクチュエーティングが 私たちの日常に入り込んできています

こちらは夏に Paola Antonelli さんが運営している MoMA で発表されたものです これは”Talk to Me”というものです 物や環境が私たちに 語り返し始めてきているのです ある意味 そこに存在する原子全てが センサとアクチュエータへと変化していくかのようです それは私たち人間と環境との相互作用を 根本的に変えていっています ある意味でそれは ミケランジェロの古い夢でのことのようです ミケランジェロがモーゼスを彫ったとき ハンマーをモーゼスに投げつけ 現在でもその時の破片が下に残っているのですが 投げつけてこう叫びました 「なぜ何も語らない?」 そして今日 初めて環境が 私たちに語り返し始めています これからお見せする例もまた 環境のセンシングとアクチュエーティングというアイディアです

まずはセンシングについてお話しします 最初にお見せするプロジェクトは 実は私たちのラボの最初のプロジェクトです 4 年半前のイタリアでのことです 私たちはそこで 当時としては新しいタイプのネットワークであり 世界中に展開されている ケータイネットワークを利用しました そのネットワークから匿名な統計データを オペレータが収集し 都市の働きの理解のために 利用しました 2006 年の夏は幸運でした イタリアがサッカーワールドカップで勝利した年です 覚えている方もおいででしょうが イタリア対フランス戦でジタンが頭突きをしました とにかく イタリアが最終的には勝利しました

(笑い)

ではその日に何が起きたかを モニタ記録だけから ネットワークの動きを見ましょう こちらが都市です 真ん中にコロシアムと テベレ川があります これは試合前 朝のデータです 上部にタイムラインが表示されています お昼過ぎ 人々があちらこちらへ 電話をかけ 移動をしています 試合が始まり -- 静寂です フランスがゴールを決め イタリアがゴールを決め ハーフタイムに皆短い電話をかけたりトイレへ行きます 後半戦 そして後半の終わり 延長戦の前半 そして後半 ジダンの頭突きの瞬間です そしてイタリアの勝利 イェーイ (笑い) (拍手) その晩は皆が中央でお祝いをしに行きました 大きなピークがあるのが分かります 翌日 皆が中央へ 勝利したチームを見に行きました 時の首相もです その後皆落ち着いていきます チルコ・マッシモという場所がありますが ローマの時代より人々はここで盛大なパーティを開きました そこでその日の終わりにピークがあります 以上が今日の都市センシングの一例です ほんの数年前には 出来なかったことでした

センシングに関してもう一例挙げます 今度は人ではなく 私たちの消費に関するセンシングです 今日 私たちは物が どこから来るのか全て分かります こちらの地図が示すのは マックコンピュータに使われる全ての部品が集まる経路ですが 物がどこへ行くかについて 私たちはあまり知りません 従って私たちのプロジェクトでは 小さなタグを開発し システム内でのゴミの移動を記録しました 私たちは協力してくれた数名のボランティアと共に シアトルでプロジェクトを開始しました たった一年前のことです 人々が何を捨てるかをタグ付けました ご覧の通り捨てられる物には さまざまな物があります 私たちは小さなチップ タグを ゴミに付け 追跡を開始しました こちらはその結果です

(? 音楽 ?)

シアトルから…… 一週間後です この情報から私たちは システムに膨大な無駄があることに気づきました 同様のことが より少ないエネルギーで実現できます これはこれまで参照できなかったデータです 無駄な輸送が沢山あり 複雑なことになっています それとはまた別に 私たちが信じるのは もし毎日閲覧すると 例えばカップを捨てたとしてもそれは消えずに この惑星のどこかにまだ存在しているのが見えます そして私たちが毎日捨てる ペットボトルはそこに残ります これを人々に提示すれば 行動の変化を促していけるでしょう こういった理由でプロジェクトを始めました

私の同僚である MIT の Assaf Biderman は センシングの詳細と それを用いて 実現できる素晴らしいことについて語れますが ここで私は次に進んで 最初にお話しした 環境へのアクチュエーティングについてお話しします 最初のプロジェクトは スペインのサラゴサで数年前に行いました プロジェクトのきっかけは市長の質問で 私たちの所を訪ねて スペインや南ヨーロッパは素晴らしい伝統があり 公共の建築物に水を用いる 事の話をしている時です その時の質問は その伝統にどのように新しいテクノロジーを 付与できるかというものでした MIT のワークショップで開発されたアイデアの一つですが このようなパイプとバルブを想像してください つまみが付いた電磁弁で 開閉します 水から成るピクセルを用いたウォーターカーテンを作りました ピクセルを降らせ その上に パターン 絵 文字などを表現できます 近づくことも可能です すると ジャンプして通れるように こちらの写真のように開きます

こちらをベヨッホ市長にお見せしたところ 大変気に入られ サラゴサ国際博覧会の入り口の建物のデザインを 受注することになりました 私たちはデジタルウォーターパビリオンと名付けました 建物全体が水で出来ています ドアも窓もありませんが 近づくと 入れるように開きます (? 音楽 ?) 天井も水で覆われています また風があるときには 水しぶきを減らすために天井を下げることも可能です もしくは建物をしまうこともできます するとこのように建物全体が 消えます 知っての通り最近では 冬に持つイメージとして 建物の屋根を下げていると ここ訪れる人たちは「建物が撤去された」といつも言いますが そうではないのです 屋根が下がると建物も消えるだけです これは建物が動いている様子です 何がおこっているのか不思議そうに見ている人がいます これは私が濡れないように 水を開くセンサのテストをしているところです

さて ある夜の出来事をお話しします 全てのセンサが停止しました しかし その夜はいつもより楽しかったです サラゴサ中の子供が集まりました なぜならこの建物への関わり方が変わったからです 近づいてもウォーターカーテンは開きませんが 水に切れ目や穴は作りますので 濡れずに入るには飛び込むしかありません

(映像) (民衆の声)

それは 私たちにとって非常に興味深いことでした なぜなら 建築家 技術者 設計者として 私たちは常にユーザがどう扱うかを考えていますが 現実は常に予想が外れます そしてこれこそが人々に関わる 物作りの醍醐味です。

この画像は建物の様子と 水からできている物質的なピクセルへ 投影している様子です これこそが次にお見せするプロジェクトを 考えるきっかけとなりました このピクセルが実際に飛ぶところを想像してください 小さなヘリコプターを 空中で動き それぞれの小さいピクセルが色を変えながら 雲のように移動するのを想像して下さい こちらがそのビデオです

(? 音楽 ?)

先ほど見たような ヘリコプターを想像してください 他のピクセルと動き 同期します すると このような雲ができます このような柔軟なディスプレイを作ることも可能です 二次元の通常の構造をしています 通常の構造を三次元空間で 光を変化させます ピクセルの位置はそのまま さまざまな表現が可能です スクリーンが現れ 異なる比率 サイズ 解像度に 自在に変化するところを想像してください また 全体を 3Dピクセルの集まりとして 近づき 入り込む事を 様々な方向から行う事もできます これが本物の Flyfire です 先程の通常のグリッドを作るために下降させています 照明を付けると実はこうなっています これが人々によって制御されるところを想像してください それぞれのピクセルが 入力として人や 人の行動などから受け取ります

ここで初めて見せたい物があります 私たちは仕事を Roberto Bolle さん 当代有名なバレーダンサーで ニューヨーク メトロポリタンと ミラン スカラ座のスター と行い 3D キャプチャで彼の動きを捉え フライファイアの入力に用いました こちらが Roberto が踊っている様子です 左側のピクセルを見ると 異なる解像度でキャプチャしていることが分かります これはリアルタイムの 3D スキャンと モーションキャプチャの両方を用いています それによって動きを全て再構成できます こういったことまで可能です 一度ピクセルを作れば 好きなように使えます 色や動きを変更できます 重力や回転も利用できます 入力の一つの可能性として私たちはこれを Flyfire に使いたいのです

私は直近のプロジェクトをお見せしたいと思います これはロンドンオリンピックに向けて作っているもので The Cloud と呼びます このアイディアも想像で 人々の参画と それによる環境の変化を取り入れています 雲上げと呼ぶこの活動は 棟上げを雲で表しています 1 ピクセルに対して皆が少額の寄付を行えるのを想像してください 私は とても素晴らしく思うのは ここ数年間で行われた ここ数十年間で行われていた アナログ界から物質界への移行だと思います これによって知識など 全てがデジタル化され インターネットを通してアクセス可能になりました

今日 史上初めて オバマキャンペーンでも示されましたが 私たちはデジタルの世界から ネットワークの自己組織力を通して 物質界へ行けるようになりました これは 私達の場合 シンボルの設計と利用に使いたいと思います 都市に組み込んだ意味としてです しかし明日には 今日迫ってくる挑戦に取り組む事によって 例えば気候変動や二酸化炭素排出について考える事によって デジタル界から物質界への移行方法が実現します 私たちの人々を参画させるアイディアで 皆を集合的にまとめ行います

The Cloud は雲であり ピクセルで作られています 実際の雲と同様に 粒子から成っています 雲の粒子は水ですが 私たちの雲はピクセルの雲です これはロンドンにある物質界の建築物ですが、ピクセルで覆われています 内部で動き 様々な体験ができます 下部から見上げることもでき 重要な瞬間な共有を 2012のオリンピックとその後もできます そしてコミュニティとの繋がりに利用できます なので 空にある物質的な雲に加え 一番上まで登ることのできる ロンドンの新たな山頂のようなものとなります 中に入ることはできます 新しいデジタル灯台とも表現できますが 最も重要なの事は 登頂者全員に新しい体験をしてもらうことです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画