TED日本語 - ラガヴァKK: 揺すぶって変えるストーリー

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ラガヴァKK: 揺すぶって変えるストーリー

TED Talks

揺すぶって変えるストーリー
Shake up your story
ラガヴァKK
Raghava KK

内容

画家であるラガヴァKKが、子ども向けの楽しい機能が詰まった新しいiPadの本を紹介します。揺すぶるとストーリーが変わり、観点が変わります。この魅力的な短い講演で彼は、自分の観点を少しばかり揺すぶってやることをみんなに勧めています。

Script

Hi everyone. I'm an artist and a dad -- second time around. Thank you. And I want to share with you my latest art project. It's a children's book for the iPad. It's a little quirky and silly. It's called "Pop-It," And it's about the things little kids do with their parents.

(Music)

So this is about potty training -- as most of you, I hope, know. You can tickle the rug. You can make the baby poop. You can do all those fun things. You can burst bubbles. You can draw, as everyone should.

But you know, I have a problem with children's books: I think they're full of propaganda. At least an Indian trying to get one of these American books in Park Slope, forget it. It's not the way I was brought up. So I said, "I'm going to counter this with my own propaganda." If you notice carefully, it's a homosexual couple bringing up a child. You don't like it? Shake it, and you have a lesbian couple. (Laughter) Shake it, and you have a heterosexual couple. You know, I don't even believe in the concept of an ideal family.

I have to tell you about my childhood. I went to this very proper Christian school taught by nuns, fathers, brothers, sisters. Basically, I was brought up to be a good Samaritan, and I am. And I'd go at the end of the day to a traditional Hindu house, which was probably the only Hindu house in a predominantly Islamic neighborhood. Basically, I celebrated every religious function. In fact, when there was a wedding in our neighborhood, all of us would paint our houses for the wedding. I remember we cried profusely when the little goats we played with in the summer became biriani. (Laughter) We all had to fast during Ramadan. It was a very beautiful time.

But I must say, I'll never forget, when I was 13 years old, this happened. Babri Masjid -- one of the most beautiful mosques in India, built by King Babur, I think, in the 16th century -- was demolished by Hindu activists. This caused major riots in my city. And for the first time, I was affected by this communal unrest. My little five-year-old kid neighbor comes running in, and he says, "Rags, Rags. You know the Hindus are killing us Muslims. Be careful." I'm like, "Dude, I'm Hindu." (Laughter) He's like, "Huh!"

You know, my work is inspired by events such as this. Even in my gallery shows, I try and revisit historic events like Babri Masjid, distill only its emotional residue and image my own life. Imagine history being taught differently.

Remember that children's book where you shake and the sexuality of the parents change? I have another idea. It's a children's book about Indian independence -- very patriotic. But when you shake it, you get Pakistan's perspective. Shake it again, and you get the British perspective.

(Applause)

You have to separate fact from bias, right. Even my books on children have cute, fuzzy animals. But they're playing geopolitics. They're playing out Israel-Palestine, India-Pakistan. You know, I'm making a very important argument. And my argument [ is ] that the only way for us to teach creativity is by teaching children perspectives at the earliest stage. After all, children's books are manuals on parenting, so you better give them children's books that teach them perspectives. And conversely, only when you teach perspectives will a child be able to imagine and put themselves in the shoes of someone who is different from them.

I'm making an argument that art and creativity are very essential tools in empathy. You know, I can't promise my child a life without bias -- we're all biased -- but I promise to bias my child with multiple perspectives.

Thank you very much.

(Applause)

こんにちは皆さん 私は画家であり 2度目に奮闘中の父親です どうも 私の最新のアートプロジェクトをご覧いただこうと思います 子ども向けのiPadの本です ちょっと奇妙でおかしな 『POP-IT』という本で 基本的に小さな子が親と一緒にすることを描いています

 

これはトイレの練習です 皆さんもやったことがあるといいのですが マットを取ったり 赤ちゃんにうんちさせたり いろんな楽しいことができます シャボン玉を割ったり もちろん絵だって描けます

子ども向けの本には問題があると思います プロパガンダでいっぱいです パークスロープでアメリカの本を買うインド人にはそうです 私の育った所とは違っています だから思ったんです 「自分のプロパガンダで対抗しよう」と よく見てもらうと 子どもを育てているのはホモのカップルです 気に入りませんか? 揺すぶってやると レズビアンのカップルになります (笑) もう一回揺すぶってやると 男女のカップルになります 私は理想の家族像なんて信じていないのです

子どもの頃の話をしましょう 私はすごくきちっとしたキリスト教の学校に行き そこで神父や尼僧や修道士から習っていました 良きサマリア人になるよう育てられ そうなりました 帰る家はというと 伝統的なヒンドゥーの家です イスラム教徒ばかりの近所の中で 唯一のヒンドゥーの家族でした あらゆる宗教行事をお祝いしていました 実際 近所で結婚式があるときには みんなで家を塗り飾ったものです 夏に一緒に遊んだ子ヤギが ビリヤニにされたのを見たときには すごく泣きましたけど (笑) ラマダンの時は断食しないわけにいきません すごくいい時代でした

それから忘れられないことが起きました 13歳の時に バーブリー・マスジド ? インドにあった最も美しいモスクで 確かバーブル王が16世紀に作ったものですが ヒンドゥー過激派によって破壊されたのです 私のいた町でも大きな暴動があり 生まれて初めて 社会の動乱を 体験したのです 近所の5歳の子が 慌ててやってきて 言いました「ラガヴァ ラガヴァ ヒンドゥーがイスラム教徒を殺しているよ 気をつけて」 「あの俺ヒンドゥーだし」と言うと (笑) その子は目を丸くして驚いていました

私の作品はそういった出来事から 発想を得ています 展覧会をするときにも バーブリー・マスジドのような 歴史的事件を再訪し 感情的な沈殿物をすくい出し 自分の人生を描き出すのです 歴史を違った教え方をしたい

さっきの本で 揺すぶったら親の性が変わりましたけど 別なアイデアがあります インド独立についての子どもの本で とても愛国的な話です でも ひと揺すりするとパキスタンの観点になり またひと揺すりするとイギリスの観点になるのです

(拍手)

偏見から事実を切り離す必要があります 私の子ども向けの本にも 可愛らしい動物は出てきますが それは地政学を扱っているのです イスラエルとパレスチナや インドとパキスタンを表していて とても大事な主張をしています 私の主張は 出来るだけ早い時期から 子どもに異なる観点を教えるのが 創造性を育てる 唯一の方法だということです 子どもの本は子育てのマニュアルですから 子どもには観点を教える本を与えることです 逆に言うと 観点を教えたときにはじめて 子どもは想像力を働かせ 自分と違った人の立場になって 考えられるようになるのです

アートと創造性は 共感のためのとても大切な道具だと言いたいです 子どもに偏見のない人生を 約束することはできません 私たちはみんな偏見を持っていますから でも複数の観点がある偏見を持つことはできるのです

どうもありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画