TED日本語 - モニカ・ブラジ: アフガニスタンの隠された光

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - モニカ・ブラジ: アフガニスタンの隠された光

TED Talks

アフガニスタンの隠された光
The hidden light of Afghanistan
モニカ・ブラジ
Monika Bulaj

内容

写真家モニカ・ブラジはパワフルで親近感のわくアフガニスタンのイメージを紹介します。一般家庭、儀式、男性、女性。ニュースのヘッドラインの影で、世界はこの場所について何を知っているのでしょうか?

Script

My travels to Afghanistan began many, many years ago on the eastern border of my country, my homeland, Poland. I was walking through the forests of my grandmother's tales. A land where every field hides a grave, where millions of people have been deported or killed in the 20th century.

Behind the destruction, I found a soul of places. I met humble people. I heard their prayer and ate their bread. Then I have been walking East for 20 years -- from Eastern Europe to Central Asia -- through the Caucasus Mountains, Middle East, North Africa, Russia. And I ever met more humble people. And I shared their bread and their prayer. This is why I went to Afghanistan.

One day, I crossed the bridge over the Oxus River. I was alone on foot. And the Afghan soldier was so surprised to see me that he forgot to stamp my passport. But he gave me a cup of tea. And I understood that his surprise was my protection.

So I have been walking and traveling, by horses, by yak, by truck, by hitchhiking, from Iran's border to the bottom, to the edge of the Wakhan Corridor. And in this way I could find noor, the hidden light of Afghanistan. My only weapon was my notebook and my Leica. I heard prayers of the Sufi -- humble Muslims, hated by the Taliban. Hidden river, interconnected with the mysticism from Gibraltar to India. The mosque where the respectful foreigner is showered with blessings and with tears, and welcomed as a gift.

What do we know about the country and the people that we pretend to protect, about the villages where the only one medicine to kill the pain and to stop the hunger is opium? These are opium-addicted people on the roofs of Kabul 10 years after the beginning of our war. These are the nomad girls who became prostitutes for Afghan businessmen.

What do we know about the women 10 years after the war? Clothed in this nylon bag, made in China, with the name of burqa. I saw one day, the largest school in Afghanistan, a girls' school. 13,000 girls studying here in the rooms underground, full of scorpions. And their love [ for studying ] was so big that I cried.

What do we know about the death threats by the Taliban nailed on the doors of the people who dare to send their daughters to school as in Balkh? The region is not secure, but full of the Taliban, and they did it.

My aim is to give a voice to the silent people, to show the hidden lights behind the curtain of the great game, the small worlds ignored by the media and the prophets of a global conflict.

Thanks.

(Applause)

私がアフガニスタンへ旅に 出始めたのはもうずっと昔のことです 私の国、ポーランドの 東側の国境にある国です 私は祖母がするおとぎ話の 森の中を歩いていました どこの土を踏んでもその下には墓があり 何百万人もの人が 追放され殺された場所 20世紀にです

破壊の影に 私は魂の場所を見つけました つつましく生活する人達に会いました 彼らの祈りを聞きました 彼らと一緒に生活しました そして20年間、東側諸国を歩き続けました 東ヨーロッパから中央アジア、 コーカサス山脈、 中東 北アフリカ ロシアと でもこれほどまでに謙虚な人達には会ったことがない 彼らと祈り、食事を共にしました だから私はアフガニスタンに行ったんです

ある日、オクサス川にかかる 橋を渡っていました 私は1人で歩いていました アフガンの戦士は私を見てすごく驚いていました 私のパスポートにスタンプするのを忘れていたんです でも、彼はお茶をくれた で、私はわかったんです 彼の驚きは安全の証拠だったって

で、私は旅を続けました 馬、ヤク、トラック、ヒッチハイキングしながら イランの国境から 下まで。ワハーン回廊の端までです ここに行く途中で ノア、アフガニスタンの隠れた光を見つけたんです 私の唯一の武器は 私のノートとライカでした 私はスーフィ教のお祈りを聞きました つつましいムスリム教の人達 タリバンから嫌われている人達です この隠れた川は ジブラルタルからインドまでの 神秘主義とつながっています 礼儀正しい外国人を 涙とともに祝福してくれ プレゼントとして私を受け入れてくれた モスクです

私たちが知っているのは 私たちが守っていると見せかけている この国と人々、 村です 痛みと空腹を癒す 唯一の薬は アヘンでしょうか? この人達はアヘン中毒で、 カブールにある家の屋根の上に乗っています 戦争が始まった10年後です これは遊牧民の女の子たちです アフガンのビジネスマン達の娼婦になりました

戦争が終わった10年後のこれらの 女性たちについて私たちは何を知っていますか このナイロンバック製の服を着て 中国製です ブルカという名前です ある日、 アフガニスタンで最大の学校で 女学校です 1万3000人の女の子が ここで勉強しています 地下の教室は さそりだらけです 彼女たちの勉強に対する愛が とても強くて私は泣きました

タリバンの死の警告について 私たちは何を知っているのでしょうか ドアは釘で閉められている家が多い中 誰が自分の娘をあえて学校に行かせるのでしょう この地域は危険で、タリバンだらけです でも、あえて彼らはそうした

私のねらいは、声を持たない人達に 声を与えること 隠れた光を見せること 駆け引きの裏に隠され メディアに無視された小さな世界 地球規模の紛争の未来です

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画